So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

オフィシャル・ティーザー・トレーラー公開|『Guardians of the Galaxy Vol. 2』(2017年)|トレーラー・ソングはスウィート(Sweet)の「Fox On The Run」(1975年)

『Guardians of the Galaxy Vol. 2』のオフィシャル・ティーザー・トレーラーが公開されました。

トレーラーに使われている楽曲は、スウィート(Sweet)の「Fox On The Run」(1975年)



Guardians of the Galaxy Vol. 2 - Teaser Trailer




----------------------------------------------------------------------------------------

スウィート(Sweet)
「Fox On The Run」(1975年)



Sweet - Fox On The Run - Promo Clip (OFFICIAL)




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2016年10月に登場した最初のトレーラー(チラ見せ)(=Sneak Peek)



Guardians of the Galaxy Vol. 2 - Sneak Peek





タグ:Movie Trailer

共通テーマ:映画

海外版予告編公開|マーティン・スコセッシ監督作『沈黙 -サイレンス-』(2016年)|原作は遠藤周作 著『沈黙』|日本が舞台となる物語でありながらも全編台湾ロケ|日本はロケの招致出来ず

撮影はロドリゴ・プリエト。


Silence Official Trailer (2016) - Paramount Pictures





映画『沈黙 -サイレンス-』日本版公式サイト  http://chinmoku.jp/

邦題はどう読めばいいのか? 今作の公式ツイッターアカウントによると『ちんもく さいれんす』だそうです。


----------------------------------------------------------------------------------------


シネマトゥデイ 2015年1月7日付け記事
浅野忠信、スコセッシ新作に出演!遠藤周作「沈黙」ハリウッド映画版( ttp://www.cinematoday.jp/page/N0069541 )
俳優の浅野忠信が、マーティン・スコセッシ監督の最新作『サイレンス(原題) / Silence』に出演すると、Deadline.comはじめ各メディアが報じた。スケジュールの都合から同作を降板した、渡辺謙の代役を務めるようだ。 <中略> 浅野が演じるのはロドリゴの通訳を務める日本人。当初は渡辺が演じる予定だったが、『サイレンス(原題)』の撮影が延期となり、今月からリハーサルが始まるというブロードウェイミュージカル「王様と私」のスケジュールと重なるため、映画への参加を断念したとのこと。渡辺自身もツイッターに「マーチンとは10年越しの企画だったので残念です」と無念をつづっていた。





クランクイン  2015年2月2日付け記事
遠藤周作原作の映画『沈黙』ロケ地でセット崩壊、作業員死亡( ttp://www.crank-in.net/movie/news/35114 )
マーティン・スコセッシ監督の最新作『沈黙 Silence』のロケ地・台北で、建設中の映画セットが崩壊。作業員1名が死亡、ほか2名がけがを負う惨事となった。The Guardianなどが報じている。 映画の広報はこの事故について、台湾のCMPCスタジオにて倒壊の危険を伴う建物を撮影の安全のため補修・強化する作業中であったこと、被害にあったのは委託していた第三者の業者であったことを明かし「関係者は皆、大きなショックを受けています。亡くなられた方、そのご家族へのお悔やみと、けがを負われた方へ心よりお見舞い申し上げます」と述べている。





映画ナタリー  2015年5月7日付け記事
遠藤周作の「沈黙」を映画化するM・スコセッシ、台湾でクランクアップ( ttp://natalie.mu/eiga/news/146336 )
マーティン・スコセッシが、「Silence(原題)」のクランクアップ会見を現地時間5月4日にロケ地であった台湾で行い、主演のアンドリュー・ガーフィールド、プロデューサーのエマ・ティリンガー・コスコフも参加した。 <中略> 会見では、スコセッシが、キーパーソンであるキチジロー役には非常に多くの俳優をオーディションして窪塚洋介を起用したことや、通詞役の浅野忠信は「モンゴル」や多くの三池崇史作品に出演していることなどを説明。さらに、加瀬亮、小松菜奈、笈田ヨシ、中村嘉葎雄、SABUらの名前を挙げ、モキチ役の塚本晋也については塚本の監督最新作「野火」にも言及した。





映画.com  2016年9月6日付け記事
遠藤周作×M・スコセッシ監督「沈黙」17年公開!メイキング画像も初披露( ttp://eiga.com/news/20160906/3/ )
キリスト教の布教活動のため日本に渡った高名な宣教師クリストバン・フェレイラ(ニーソン)が、キリシタン弾圧に屈して棄教したとの知らせを受け、弟子でイエズス会のポルトガル人宣教師であるセバスチャン・ロドリゴ(ドライバー)と、フランシス・ガルベ(ガーフィールド)が日本に赴く。2人は日本人キチジロー(窪塚)の案内で五島列島に潜入するが厳しい弾圧を受け、自らの中にある信仰心と向き合っていく。





リアルサウンド映画部  2016年10月19日付け
スコセッシ監督『沈黙ーサイレンスー』記者会見レポ 窪塚洋介と浅野忠信がキャスティングされた理由は?( ttp://realsound.jp/movie/2016/10/post-3008.html )
本日10月19日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて『沈黙ーサイレンスー』の記者会見が行われ、来日中のマーティン・スコセッシ監督、キチジロー役の窪塚洋介、通詞役の浅野忠信が登壇した。 <中略> 世界初公開となる約15分間の本編映像の上映後、スコセッシ監督、窪塚、浅野が登壇。スコセッシ監督は今回の作品について、「最初に原作を読んだのは1988年でした。そして、原作を完読したのは、黒澤明監督の『夢』の撮影中、ちょうど日本に滞在している時でした。映画に関しては、原作小説が表現していることをどう伝えるかがテーマでしたが、この作品に20年という歳月を費やしている間に、私は父になり、夫になり、フィルムの修復活動などを行い、小説とともに成長を遂げました。その間に原作小説の権利関係が複雑なことになったりもしたけど、ようやく映画化に漕ぎ着けることができました」と思いを語った。


窪塚と浅野のキャスティングについての質問が飛ぶと、スコセッシ監督は「ほとんどの役は、2009年にロケハンで長崎を訪れた際にオーディションで決めましたが、その時点でキチジロー役と通詞役は決まっていませんでした。その後、映画の製作が止まったり動き出したりを繰り返している間に、窪塚さんがキチジローを演じているビデオを観ました。窪塚さんは力強く、心から正直にキチジローを演じていました。私は彼が役を心から理解していると感じ、2014年に初めて会った際にこの人に決めようと思ったのです」と、キチジロー役の窪塚のキャスティングの経緯を説明。さらに、当初は浅野もキチジロー役でオーディションを受けていたことも明かしながら、「『モンゴル』『アカルイミライ』『殺し屋1』などの彼の過去の出演作を観て、通詞役がいいんじゃないかと思いました。この2人なら、過酷な撮影の中でもきちんと演じきってくれるという確信がありましたし、私は日本語を話せませんが、言葉にしなくても通じるものを感じました」と述べた。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


沈黙 -サイレンス- (2016年) (ドラマ) 2時間39分
英題|Silence

米国公開 2016年12月23日[限定公開] 2017年1月[拡大公開](予定)
日本公開 2017年01月21日(予定)


● IMDb『沈黙 -サイレンス-』(2016年)のページ
 http://www.imdb.com/title/tt0490215/


監督
マーティン・スコセッシ Martin Scorsese

製作国
アメリカ / イタリア / 日本 / メキシコ
  
米国配給
パラマウント・ピクチャーズ

日本配給
KADOKAWA


出演
アンドリュー・ガーフィールド
アダム・ドライバー
リーアム・ニーソン
キアラン・ハインズ
浅野忠信
塚本晋也
小松菜奈
加瀬亮
窪塚洋介
笈田ヨシ
美知枝
イッセー尾形
中村嘉葎雄
高田靖士
江藤漢斉
SABU



タグ:Movie Trailer

共通テーマ:映画
前の2件 | -