So-net無料ブログ作成

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|各国からの出品作リスト 発表|本年度は過去最高の92か国が出品

映画芸術科学アカデミーは2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞部門へ対し各国から出品された作品名を10月5日付けで発表しました。そのリストです。本年度は、ハイチ、ホンジュラス、ラオス、モザンビーク、セネガル、シリアから同部門へ初めて代表作が出品されました。



2017年度は92か国の作品が受理されました。これはアカデミー賞外国語映画賞への出品数としては過去最高の数です。(ちなみに昨年度〔2016年度 / 第89回〕は85か国からの出品でした。)



【参照】 映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース(2017/10/05付け)
92 COUNTRIES IN COMPETITION FOR 2017 FOREIGN LANGUAGE FILM OSCAR





このあとは、まず第一段階として「外国語映画賞部門の最終選考に進む9作品」が選ばれます。この9作品の中からノミネート作5作品が選ばれます。


2017年度(第90回)アカデミー賞のノミネーション発表は(現地時間で)2018年1月23日(木)の早朝に行われる予定です。


そして2017年度(第90回)アカデミー賞授賞式は2018年3月4日(日)にハリウッド&ハイランドセンター内ドルビー・シアター(The Dolby Theatre)にて開催され、授賞式の模様は米・ABCテレビ・ネットワークを通じ 225か国を超える地域で放映されます。



● 映画芸術科学アカデミー 公式サイト(トップページ)
 The Academy of Motion Picture Arts and Sciences


-------------------------------------------------------------------------------------------


2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞:各国からの出品作一覧
(92か国)

国名(英語表記)のアルファベット順

※ 日本語表記は後日追記する予定です。また、各国からの代表作の予告編も現在71か国ぶんを当ブログに載せていますが、これもそのうち追加し全92か国ぶんを掲載するつもりでおります。(ただいま引越しの荷解き中で、ばたばたしておりまして……加齢による体力低下で身体もヘトヘトで。すみません。)



Afghanistan, “A Letter to the President,” Roya Sadat, director;


Albania, “Daybreak,” Gentian Koçi, director;


Algeria, “Road to Istanbul,” Rachid Bouchareb, director;


Argentina, “Zama,” Lucrecia Martel, director;


Armenia, “Yeva,” Anahit Abad, director;


Australia, “The Space Between,” Ruth Borgobello, director;


Austria, “Happy End,” Michael Haneke, director;


Azerbaijan, “Pomegranate Orchard,” Ilgar Najaf, director;


Bangladesh, “The Cage,” Akram Khan, director;


Belgium, “Racer and the Jailbird,” Michaël R. Roskam, director;


Bolivia, “Dark Skull,” Kiro Russo, director;


Bosnia and Herzegovina, “Men Don’t Cry,” Alen Drljević, director;


Brazil, “Bingo - The King of the Mornings,” Daniel Rezende, director;


Bulgaria, “Glory,” Petar Valchanov, Kristina Grozeva, directors;


Cambodia, “First They Killed My Father,” Angelina Jolie, director;


Canada, “Hochelaga, Land of Souls,” François Girard, director;


Chile, “A Fantastic Woman,” Sebastián Lelio, director;


China, “Wolf Warrior 2,” Wu Jing, director;


Colombia, “Guilty Men,” Iván D. Gaona, director;


Costa Rica, “The Sound of Things,” Ariel Escalante, director;


Croatia, “Quit Staring at My Plate,” Hana Jušić, director;


Czech Republic, “Ice Mother,” Bohdan Sláma, director;


Denmark, “You Disappear,” Peter Schønau Fog, director;


Dominican Republic, “Woodpeckers,” Jose Maria Cabral, director;


Ecuador, “Alba,” Ana Cristina Barragán, director;


Egypt, “Sheikh Jackson,” Amr Salama, director;


Estonia, “November,” Rainer Sarnet, director;


Finland, “Tom of Finland,” Dome Karukoski, director;


France, “BPM (Beats Per Minute),” Robin Campillo, director;


Georgia, “Scary Mother,” Ana Urushadze, director;


Germany, “In the Fade,” Fatih Akin, director;


Greece, “Amerika Square,” Yannis Sakaridis, director;


Haiti, “Ayiti Mon Amour,” Guetty Felin, director;


Honduras, “Morazán,” Hispano Durón, director;


Hong Kong, “Mad World,” Wong Chun, director;


Hungary, “On Body and Soul,” Ildikó Enyedi, director;


Iceland, “Under the Tree,” Hafsteinn Gunnar Sigurðsson, director;


India, “Newton,” Amit V Masurkar, director;


Indonesia, “Turah,” Wicaksono Wisnu Legowo, director;


Iran, “Breath,” Narges Abyar, director;


Iraq, “Reseba - The Dark Wind,” Hussein Hassan, director;


Ireland, “Song of Granite,” Pat Collins, director;


Israel, “Foxtrot,” Samuel Maoz, director;


Italy, “A Ciambra,” Jonas Carpignano, director;


Japan, “Her Love Boils Bathwater,” Ryota Nakano, director;


Kazakhstan, “The Road to Mother,” Akhan Satayev, director;


Kenya, “Kati Kati,” Mbithi Masya, director;


Kosovo, “Unwanted,” Edon Rizvanolli, director;


Kyrgyzstan, “Centaur,” Aktan Arym Kubat, director;


Lao People’s Democratic Republic, “Dearest Sister,” Mattie Do, director;


Latvia, “The Chronicles of Melanie,” Viestur Kairish, director;


Lebanon, “The Insult,” Ziad Doueiri, director;


Lithuania, “Frost,” Sharunas Bartas, director;


Luxembourg, “Barrage,” Laura Schroeder, director;


Mexico, “Tempestad,” Tatiana Huezo, director;


Mongolia, “The Children of Genghis,” Zolbayar Dorj, director;


Morocco, “Razzia,” Nabil Ayouch, director;


Mozambique, “The Train of Salt and Sugar,” Licinio Azevedo, director;


Nepal, “White Sun,” Deepak Rauniyar, director;


Netherlands, “Layla M.,” Mijke de Jong, director;


New Zealand, “One Thousand Ropes,” Tusi Tamasese, director;


Norway, “Thelma,” Joachim Trier, director;


Pakistan, “Saawan,” Farhan Alam, director;


Palestine, “Wajib,” Annemarie Jacir, director;


Panama, “Beyond Brotherhood,” Arianne Benedetti, director;


Paraguay, “Los Buscadores,” Juan Carlos Maneglia, Tana Schembori, directors;


Peru, “Rosa Chumbe,” Jonatan Relayze, director;


Philippines, “Birdshot,” Mikhail Red, director;


Poland, “Spoor,” Agnieszka Holland, Kasia Adamik, directors;


Portugal, “Saint George,” Marco Martins, director;


Romania, “Fixeur,” Adrian Sitaru, director;


Russia, “Loveless,” Andrey Zvyagintsev, director;


Senegal, “Félicité,” Alain Gomis, director;


Serbia, “Requiem for Mrs. J.,” Bojan Vuletic, director;


Singapore, “Pop Aye,” Kirsten Tan, director;


Slovakia, “The Line,” Peter Bebjak, director;


Slovenia, “The Miner,” Hanna A. W. Slak, director;


South Africa, “The Wound,” John Trengove, director;


South Korea, “A Taxi Driver,” Jang Hoon, director;


Spain, “Summer 1993,” Carla Simón, director;


Sweden, “The Square,” Ruben Östlund, director;


Switzerland, “The Divine Order,” Petra Volpe, director;


Syria, “Little Gandhi,” Sam Kadi, director;


Taiwan, “Small Talk,” Hui-Chen Huang, director;


Thailand, “By the Time It Gets Dark,” Anocha Suwichakornpong, director;


Tunisia, “The Last of Us,” Ala Eddine Slim, director;


Turkey, “Ayla: The Daughter of War,” Can Ulkay, director;


Ukraine, “Black Level,” Valentyn Vasyanovych, director;


United Kingdom, “My Pure Land,” Sarmad Masud, director;


Uruguay, “Another Story of the World,” Guillermo Casanova, director;


Venezuela, “El Inca,” Ignacio Castillo Cottin, director;


Vietnam, “Father and Son,” Luong Dinh Dung, director



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

アカデミー賞外国語映画賞


まず、アメリカの映画芸術科学アカデミーから各国へ外国語映画賞部門への出品要請が行われます。アカデミー賞外国語映画賞のコンペティションに参加する意志のある国は、それぞれの国の代表作品(1作品)を選出し、出品します。その際には映画芸術科学アカデミーにより決められた外国語映画賞部門の出品規定をクリアしていることが前提です。(出品後、映画芸術科学アカデミーにより出品規定が守られているかどうかが審査され、規定をクリアできていない作品は受理されません。後日、取り消しを受ける場合もあります。)


なお日本代表作選考ですが、同部門へ出品する意思が有る作品が日本映画製作者連盟の"アカデミー賞外国語映画賞部門への出品募集"に対して応募します。そのうえで、定められている出品規定に反していないかどうかを含め選考されます。応募しなければ選ばれませんし、出品規定に則していない作品もはじかれます。


各国共通の出品条件として、出品国にて前年の10月から該当年の9月末までに一週間以上劇場公開されたことが定められています。(国内での劇場初公開が条件。劇場公開より先にTV放映されたものはダメ。) ほかにも、使用言語の割合(出品国で使われている言語と他国の言語との割合) / (他国との共同製作の場合)出品国の出資比率などの規定もあるようです。


参加国は年々増え、2014年度には80か国を超えました。本年度(=2017年度 / 第90回)は92か国からの出品があり、2014年度に80か国を超えた参加国数はわずか3年で90か国を突破しました。参加国はここ10年で約20か国増加しています。


各国からの出品の締め切りは10月1日。各国代表作のフルリストが映画芸術科学アカデミーから正式発表されるのは例年10月上旬(10月8日前後)です。



そのあとは、まず第一段階として「外国語映画賞部門の最終選考に進む9作品」が選ばれます。この9作品の中からノミネート作5作品が選ばれます。ちなみに、2016年度(第89回)は2016年12月15日に「外国語映画賞部門の最終選考に進む9作品」が発表されました。



アカデミー賞外国語映画賞の最終選考に進む9作品のうち6作品は、外国語映画賞部門を担当する委員会の一般会員(Foreign-Language Film Award General committee)による投票によって決まり、残りの3作品は外国語映画賞執行委員会(Foreign-Language Film Award Executive Committee)からの推薦で決まります。外国語映画賞執行委員会はロサンゼルスを活動拠点としているアカデミー会員20名から成り立っています。(The Wrap のSteve Pond 氏の記事による) ということで、外国語映画賞部門へ出品された各国代表作はノミネートの時点でアカデミー会員に必ずしも広く鑑賞されるわけではありません。


アカデミー賞外国語映画賞部門のノミネート5作品に入った作品の関係者がアカデミー賞授賞式に招待されます。(外国語映画賞部門のノミネート5作品に入らなければ授賞式には行けません。) 本年度(=2017年度)ノミネーション発表は2018年1月23日(木)の予定です。


そして授賞式にて受賞作(1作品)が発表・表彰されます。本年度(=2017年度)の授賞式は、(現地日付で)2018年3月4日(日)の予定です。



外国語映画賞部門受賞作決定までの流れ
各国からの出品の締め切り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2017年10月1日

各国からの出品作全リスト発表・・・・・・・・・・・・・・・・・・2017年10月上旬

「外国語映画賞部門の最終選考に進む9作品」(ショートリスト)の発表・・・2017年12月半ばから翌年1月半ばまでの時期に

アカデミー賞ノミネーション発表・・・・・・・・・・・・・・・・・2018年1月23日予定

アカデミー賞授賞式 (受賞作発表)・・・・・・・・・・・・・・・・2018年3月4日予定


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【アカデミー賞外国語映画賞|出品国数】


2017年度(第90回) 92か国

2016年度(第89回) 85か国
(89か国から出品、うち1か国が不受理。出品したと報道されたもののリストに載らなかった国が3か国)

2015年度(第88回) 81か国

2014年度(第87回) 83か国

2013年度(第86回) 76か国

2012年度(第85回) 71か国

2011年度(第84回) 63か国(65か国から出品、うち2か国が不受理)

2010年度(第83回) 66か国(※『告白』が”最終選考に進む9作品”のリスト入り)

2009年度(第82回) 65か国(67か国から出品、うち2か国が不受理)

2008年度(第81回) 67か国(※『おくりびと』が同部門を受賞)

2007年度(第80回) 63か国(64か国から出品、うち1か国が不受理)