So-net無料ブログ作成

2011年ロンドン映画祭 受賞結果発表

2011年(第55回)ロンドン映画祭(BFI London Film Festival)の受賞結果です。


BFIはBritish Film Institute(=英国映画協会)の略式表記。英国映画協会は1933年設立。アメリカ映画協会(American Film Institute / AFI)よりずっと歴史が長いみたいですね。


2011年度 (第55回) ロンドン映画祭は(現地日付で)2011年10月12日から10月27日まででした。



2011年(第55回)ロンドン映画祭 公式サイト 55th BFI London Film Festival


-----------------------------------------------------------------------------------------

2011年 (第55回) ロンドン映画祭 受賞結果
(55th BFI London Film Festival Awards)



作品賞 Best Film

少年は残酷な弓を射る
英題|We Need To Talk About Kevin
監督|リン・ラムジー Lynne Ramsay
製作国|イギリス / アメリカ




オフィシャル・コンペティション部門へ選出された作品は以下のとおり。

Official Competition (Best Film Shortlist 2011)

360  英題|360

アーティスト  英題|The Artist

愛情は深い海の如く(2011年)  英題|The Deep Blue Sea

ファミリー・ツリー  英題|The Descendants

ファウスト  英題|Faust

少年と自転車  英題|The Kid With A Bike

SHAME シェイム  英題|Shame

トリシュナ  英題|Trishna

少年は残酷な弓を射る  英題|We Need To Talk About Kevin


-------------------------------------------------------------------------------------------

グリアスン賞(ドキュメンタリー映画賞)
The Grierson Award for Best Documentary

Into the Abyss
別英題|Into The Abyss: A Tale of Death, A Tale of Life
監督|ヴェルナー・ヘルツォーク Werner Herzog
製作国|ドイツ / カナダ




ドキュメンタリー部門へ選出された作品は以下のとおり。

Documentary - Best Documentary Shortlist 2011

Bernadette: Notes on a Political Journey

Better This World

The Black Power Mixtape 1967-1975

Dragonslayer

Dreams of a Life

Into The Abyss: A Tale of Death, A Tale of Life

Last Days Here

Whores' Glory


-------------------------------------------------------------------------------------------

サザーランド賞(新人監督賞) The Sutherland Award
〔長編映画第一回監督作(=長編映画デビュー作)が対象〕

アカシアの通る道
英題/原題|Las Acacias
監督|パブロ・ジョルジェッリ Pablo Giorgelli
製作国|アルゼンチン / スペイン




長編映画第一回監督作品部門(First Feature Competition)へ選出された作品は以下のとおり。

First Feature Competition - The Sutherland Award Shortlist 2011

Corpo Celeste

Eternity

HERE

The House

Las Acacias

Last Winter

Michael

Mourning

She Monkeys

Snowtown

The Sun-Beaten Path

Without


-------------------------------------------------------------------------------------------

ブリティッシュ・ニューカマー賞(英国新人賞) Best British Newcomer Award
〔第一回作品(=デビュー作)における、新人脚本家・新人プロデューサー・新人監督・新人俳優が対象〕

Candese Reid(女優)
作品|Junkhearts
製作国|イギリス




ブリティッシュ・ニューカマー賞候補者は以下のとおり。

Best British Newcomer Award Shortlist 2011

Nick Murphy, Director, The Awakening

Tinge Krishnan, Director, Junkhearts

Candese Reid, Actress, Junkhearts

Nirpal Bhogal, Writer/Director, Sket

Aimee Kelly, Actress, Sket

Tom Cullen, Actor, Weekend 

Chris New, Actor, Weekend

D.R. Hood, Writer/Director, Wreckers


------------------------------------------------------------------------------------------

BFI フェローシップ (功労賞) BFI Fellowship
〔映画またはTV文化において顕著な貢献をした人物(個人)に贈られる〕

デヴィッド・クローネンバーグ David Cronenberg

レイフ・ファインズ Ralph Fiennes



タグ:映画祭

共通テーマ:映画

2011年ゴッサム賞 ノミネーション発表

アメリカ製インディペンデント系映画を審査対象とする映画賞、ゴッサム賞(開催地はニューヨーク)のノミネーション発表がありました。


【参照】 indieWIRE
“Descendants,” “Martha Marcy” Lead the Fox Searchlight-Friendly Gotham Award Nominations



『ツリー・オブ・ライフ』はインディペンデント作品にしては多めの製作費がかけられていたようで、審査対象作品の製作費用としてゴッサム賞が定めているラインを超えてしまい対象外とされるのではないかという懸念もあったようですが、無事(?)ノミネートされました。



2011年(第21回)ゴッサム賞の受賞発表は(現地時間で)2011年11月28日です。(Cipriani Wall Street 〔ニューヨーク〕 にて) 授賞式の司会はオリヴァー・プラットとイーディ・ファルコ。



● ゴッサム賞 公式サイト(トップページ)
 The Gotham Independent Film Awards


-----------------------------------------------------------------------------------------

2011年(第21回)ゴッサム賞 ノミネーション発表
(The Gotham Independent Film Awards)



【作品賞】 Best Feature
 
人生はビギナーズ Beginners
監督:マイク・ミルズ Mike Mills




ファミリー・ツリー The Descendants
監督:アレクサンダー・ペイン Alexander Payne




Meek’s Cutoff
監督:ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt




テイク・シェルター Take Shelter
監督:ジェフ・ニコルズ Jeff Nichols




ツリー・オブ・ライフ The Tree of Life
監督:テレンス・マリック Terrence Malick




【アンサンブル演技賞】 Best Ensemble Cast Performance

人生はビギナーズ Beginners 
(配給:フォーカス・フューチャーズ)
ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、
ゴラン・ヴィシュニック、カイ・レノックス、
メアリー・ペイジ・ケラー、キーガン・ブース




ファミリー・ツリー The Descendants 
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)
ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドレー、
ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、
マシュー・リラード、ニック・クラウズ、アマラ・ミラー、
メアリー・バードソング、ロブ・ヒューベル




マージン・コール Margin Call
(配給:ロードサイド・アトラクションズ)
ケヴィン・スペイシー、ポール・ベタニー、
ジェレミー・アイアンズ、ザカリー・クイント、ペン・バッジリー、
サイモン・ベイカー、メアリー・マクドネル、デミ・ムーア、
スタンリー・トゥッチ、アーシフ・マンドヴィ




マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene 
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)
エリザベス・オルセン、クリストファー・アボット、
ブラディ・コーベット、ヒュー・ダンシー、
マリア・ディッツィア、ジュリア・ガーナー、
ジョン・ホークス、ルイザ・クラウス、サラ・ポールソン




テイク・シェルター Take Shelter 
(配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)
マイケル・シャノン、ジェシカ・チャステイン、トヴァ・スチュワート、
シェー・ウィガム、ケイティ・ミクソン、キャシー・ベイカー、
レイ・マッキノン、リサ・ゲイ・ハミルトン、ロバート・ロングストリート




【ブレイクスルー監督賞】 Best Breakthrough Director

マイク・ケイヒル Mike Cahill
作品: アナザー プラネット  Another Earth
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)




ショーン・ダーキン Sean Durkin
作品:マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene 
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)




ヴェラ・ファーミガ Vera Farmiga
作品:Higher Ground
(配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)




エヴァン・グローデル Evan Glodell
作品:ベルフラワー Bellflower
(配給:オシロスコープ・ラボラトリーズ)




ディー・リース Dee Rees
作品:Pariah 
(配給:フォーカス・フューチャーズ)




【ブレイクスルー演技(男優/女優)賞】 Best Breakthrough Actor/Actress

フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones
作品:今日、キミに会えたら Like Crazy
(配給:パラマウント・ヴァンテージ)




エリザベス・オルセン Elizabeth Olsen
作品:マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)




ハーモニー・サンタナ Harmony Santana
作品:Gun Hill Road 
(配給:モーション・フィルム・グループ)




シャイリーン・ウッドレー Shailene Woodley
作品:ファミリー・ツリー The Descendants 
(配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)




ジェイコブ・ワイソッキー Jacob Wysocki
作品:Terri
(配給:ATO ピクチャーズ)




【ドキュメンタリー映画賞】 Best Documentary

Better This World
監督:ケイティ・カロウェイ Katie Galloway,
   ケリー・デュアン Kelly Duane (Kelly Duane de la Vega)




Bill Cunningham New York
監督:リチャード・プレス Richard Press




Hell and Back Again
監督:ダンファン・デニス Danfung Dennis




The Interrupters
監督:スティーヴ・ジェームズ Steve James




The Woodmans
監督:C・スコット・ウィリス C. Scott Willis




【未公開映画賞】 Best Film Not Playing at a Theater Near You

Codependent Lesbian Space Alien Seeks Same
監督:Madeleine Olnek




Green
監督:Sophia Takal




The Redemption of General Butt Naked
監督:Eric Strauss
   Daniele Anastasion




Scenes of a Crime
監督:Blue Hadaegh
   Grover Babcock




Without
監督:マーク・ジャクソン Mark Jackson




【カルバン・クライン 女性映画監督へのスポットライト 'Live the Dream' 奨学金】
Calvin Klein Spotlight on Women Filmmakers 'Live the Dream' grant

Jenny Deller
作品:Future Weather




Lucy Mulloy
作品:Una Noche




Rola Nashef
作品:Detroit Unleaded




【観客賞】 Audience Award

Girlfriend (2010年)
監督:ジャスティン・ラーナー Justin Lerner




Buck (2011年)
監督:シンディ・ミール Cindy Meehl




Being Elmo: A Puppeteer's Journey (2011年)
監督:コンスタンス・マークス Constance Marks




Wild Horse, Wild Ride
監督:アレックス・ドーソン Alex Dawson
    Greg Gricus




おじいさんと草原の小学校 (2010年) The First Grader
監督:ジャスティン・チャドウィック Justin Chadwick


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニコラス・ウィンディング・レフン監督『ドライヴ』、ケイリー・ジョージ・フクナガ監督『ジェーン・エア』、ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』、オーレン・ムーヴァーマン監督『Rampart』、トーマス・マッカーシー監督『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々(英題:Win Win)』はノミネートを逃しました。

なお、ゴッサム賞はアメリカのインディペンデント映画を対象としているため、有望視されているインディペンデント系作品のいくつか(例えばトーマス・アルフレッドソン監督『裏切りのサーカス』、スティーヴ・マックィーン監督『SHAME シェイム』、リン・ラムジー監督『少年は残酷な弓を射る』、パディ・コンシダイン監督『思秋期(英題:Tyrannosaur)』、サラ・ポーリー監督『テイク・ディス・ワルツ』など)は入っていませんが、これらは審査対象外ということでしょう。また、上記の『ジェーン・エア』『ミッドナイト・イン・パリ』など、複数の国が関わっている作品は出資の割合がアメリカより他国のほうが多いとかそういう問題もひょっとしたらあるのかもしれません。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画