So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年カンヌ国際映画祭:追加作品 発表

● 公式サイト内での発表 Updated Selection Line-up

● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ:トップ) → こちら

-----------------------------------------------------------------------------------------

2012年(第65回)カンヌ国際映画祭 追加作品
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival )


ある視点部門 Un Certain Regard
※ ある視点部門は、この3作品を足し、全部で20作品となります。

Children of Sarajevo
原題:Djeca
監督  アイーダ・ベジック Aida Begic
製作国 ボスニア・ヘルツェゴビナ / ドイツ / フランス / トルコ
脚本  アイーダ・ベジック
撮影  Erol Zubcevic  
編集  Miralem S. Zubcevic
美術  Sanda Popovac  
出演  Marija PIKIC、Ismir GAGULA、他



Gimme the Loot  (犯罪 / ドラマ)
監督  アダム・レオン Adam Leon
製作国 アメリカ
脚本  アダム・レオン
音楽  ニコラス・ブリテル
撮影  ジョナサン・ミラー
編集  モーガン・ファウスト
美術  Katie Hickman
     Sammy Lisenco
出演  タイ・ヒックソン、ジョシュア・リベラ、Zoë Lescaze、Sam Soghor、他
※ (長編映画)初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st film
※ サンダンス・セレクツ(Sundance Selects)が北米での配給権を獲得。
  (2012/05/24付け)



ルノワール 陽だまりの裸婦
Renoir ● ある視点部門 クロージング作品
監督  ジル・ブルドス Gilles Bourdos
製作国 フランス
脚本  ジル・ブルドス
     ジェローム・トネール
     ミシェル・スピノザ  
音楽  アレクサンドル・デプラ(アレクサンドル・デスプラ)
撮影  リー・ピンビン(李屏賓) Mark Lee Ping-Bin
編集  ヤニク・ケルゴー
美術  ブノワ・バルー   
出演  ミシェル・ブーケ、Christa Théret、ヴァンサン・ロティエ、トマ・ドレ、他 
※ サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ(Samuel Goldwyn Films)が
  北米での配給権を獲得。 (2012/05/20付け)





特別上映 Special Screening
ゴミ地球の代償 (←2012年東京国際映画祭での邦題)
Trashed (ドキュメンタリー作品)
監督  Candida Brady
製作国 イギリス
出演  ジェレミー・アイアンズ




ミッドナイト上映 Midnight Screenings
The Sapphires (コメディ / ドラマ / ミュージカル)
監督  ウェイン・ブレア Wayne Blair
製作国 オーストラリア
脚本  トニー・ブリッグス
     キース・トンプソン
音楽  チェザリー・スカビスゼウスキー
撮影  ワーウィック・ソーントン
編集  ダニー・クーパー
出演  クリス・オダウド、デボラ・メイルマン、ジェシカ・マーボイ、
     トリー・キトルズ、他
※ (長編映画)初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st film
※ ワインスタイン・カンパニーが北米での配給権を獲得。 (2012/05/15付け)




マニアック
Maniac (犯罪 / ホラー / サスペンス / ミステリー)
〔1980年『Maniac(マニアック)』のリメイク〕
監督  フランク・カルフン Franck Khalfoun
製作国 アメリカ / フランス 
脚本  ウィリアム・ ラスティグ(オリジナル版脚本)
     アレクサンドル・アジャ
     グレゴリー・ルヴァスール
撮影  マキシム・アレクサンドル
編集  フランク・カルフン
出演  イライジャ・ウッド、アメリカ・ オリーヴォ、ノラ・アルネデゼール、
     リアーヌ・バラバン、サミ・ロティビ、サル・ランディ、他





カンヌ・クラシックス Cannes Classics  ● カンヌ・クラシックスのクロージング作品
ファイナル・カット (2012年)(←大阪ヨーロッパ映画祭時の邦題)
英題:Final Cut – Ladies and Gentlemen
原題:Final cut - Hölgyeim És Uraim
監督  パールフィ・ジョルジ(ジョルジ・パールフィ / ジョルジュ・パールフィ) György Pálfi
製作国 ハンガリー
製作  タル・ベーラ Béla Tarr
脚本  パールフィ・ジョルジ(ジョルジ・パールフィ / ジョルジュ・パールフィ)  
     ジョーフィア・ルットカイ 
音楽  バラジュ・バーナ


以上



共通テーマ:映画

2012年カンヌ国際映画祭:カメラ・ドールの審査員長 発表

● カンヌ映画祭公式サイトでの発表(日本語/略歴付き) → こちら

公式サイトによると「カメラドールは 1978年に設置され、オフィシャルセレクション(コンペティション部門、非コンペティション部門、ある視点部門)、批評家週間、監督週間で上映された最優秀処女作品に授与されます。 2012年度は合計22作品にのぼります」とのこと。


カメラ・ドールの審査員長  President of the Jury for the Caméra d’or

カルロス・ディエギス Carlos Diegues (ブラジルの映画監督)

カルロス・ディエギス監督作品は1980年代にカンヌ国際映画祭のメイン・コンペティションに3度ピックアップされています。



共通テーマ:映画