So-net無料ブログ作成
検索選択

【ドイツ】2014年(第64回)ドイツ映画賞|ノミネーション発表

第64回ドイツ映画賞(独:Deutscher Filmpreis / Lola|英:German Film Awards / German Film Academy Awards)のノミネーションが発表になりました。

ドイツ映画賞の授賞式は2014年05月09日の予定。(ベルリンにて。)

いつからいつまでに公開されたものが審査対象になるのか調べてみたのですが分かりませんでした。2013年の公開の作品もあるし、でも最多ノミネートの『The Dark Valley』(原題:Das finstere Tal)は2014年に入ってからの映画祭へ出品されていてドイツ国内での劇場公開も2014年2月なんですよねえ。


【参照】 
●The Hollywood Reporter 2014/03/28付け記事
German Film Academy Awards Announce Nominees

● Berliner Zeitung 2014/03/28付け記事
"Das finstere Tal" ist Favorit auf die Lola



● ドイツ映画賞 公式サイト(トップページ)  Deutscher Filmpreis 2014


----------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第64回)ドイツ映画賞 ノミネーション
(独:Deutscher Filmpreis / Lola|英:German Film Awards / German Film Academy Awards)



作品賞 Best Picture (6作品)

Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht
監督:エドガー・ライツ Edgar Reitz
プロデューサー:Christian Reitz
製作国:ドイツ / フランス
※ 2013年トロント国際映画祭マスター部門へエントリー。



ゲーテなんて クソくらえ(←2014年〔第6回〕沖縄国際映画祭時の邦題)
英題:Suck Me Shakespeer
原題:Fack ju Göthe
監督:ボラ・ダグテキン Bora Dagtekin
プロデューサー:Lena Schomann
        Christian Becker
製作国:ドイツ



The Dark Valley
原題:Das finstere Tal
監督:アンドレアス・プロハスカ Andreas Prochaska
プロデューサー:Helmut Grasser
        Stefan Arndt
製作国:オーストリア / ドイツ



Finsterworld
原題:同上
監督:Frauke Finsterwalder
プロデューサー:Tobias Walker
        Philipp Worm
製作国:ドイツ



Love Steaks
原題:同上
監督:Jakob Lass
プロデューサー:Ines Schiller
        Golo Schultz
製作国:ドイツ



ふたつの人生 (←2013年大阪ヨーロッパ映画祭時の邦題)
英題:Two Lives  
原題:Zwei Leben
監督:ゲオルグ・マース Georg Maas
プロデューサー:Dieter Zeppenfeld
        Rudi Teichmann
        Axel Helgeland
※ 2013年度アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作。



落選した、主な作品
● フィリップ・グレーニング(Philip Gröning)監督作
 『Die Frau des Polizisten』(英題:The Police Officer's Wife)
 ※ 2013年ベネチア国際映画祭審査員特別賞を受賞。

● ディートリヒ・ブリュッゲマン(Dietrich Brüggemann)監督作
 『Kreuzweg』(英題:Stations of the Cross)
 ※ 2014年ベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)を受賞。

● カトリン・ゲビー(Katrin Gebbe)監督作
 『Tore tanzt』(英題:Nothing Bad Can Happen)
 ※ 2013年カンヌ国際映画祭 ある視点部門へエントリー。




監督賞 Best Direction (3名)
カトリン・ゲビー Katrin Gebbe
作品:Nothing Bad Can Happen
原題:Tore tanzt


アンドレアス・プロハスカ Andreas Prochaska
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


エドガー・ライツ Edgar Reitz
作品:Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht




主演男優賞 Best Actor (3名)
Sascha Alexander Gersak
作品:Five Years
原題:Fünf Jahre Leben(Kurnaz - Fünf Jahre Leben)


ディーター・ハラーフォルデン Dieter Hallervorden
作品:陽だまりハウスでマラソンを
原題:Sein letztes Rennen


ハンノ・コフラー Hanno Koffle
作品:フリー・フォール(←2014年[第23回]東京国際レズビアン&ゲイ映画祭時の邦題)
英題:Free Fall
原題:Freier Fall



主演女優賞 Best Actress (3名)
Carla Juri
作品:Wetlands
原題:Feuchtgebiete


ユリアーネ・ケーラー Juliane Kohler
作品:ふたつの人生 (←2013年大阪ヨーロッパ映画祭時の邦題)
英題:Two Lives  
原題:Zwei Leben


ヨルディス・トリーベル(イェルディス・トリーベル) Jordis Triebel
作品:西という希望の地(←ドイツ映画特集2014での邦題)
英題:Westen(West)
原題:Westen (旧ドイツ題:Lagerfeuer)



助演男優賞 Best Supporting Actor (3名)
ミヒャエル・メルテンス Michael Maertens
作品:Finsterworld
原題:同上


トビアス・モレッティ Tobias Moretti
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


Kida Khodr Ramadan
作品(原題):UMMAH - Unter Freunden



助演女優賞 Best Supporting Actress (3名)
Jella Haase
作品:ゲーテなんて クソくらえ(←2014年〔第6回〕沖縄国際映画祭時の邦題)
英題:Suck Me Shakespeer
原題:Fack ju Göthe


サンドラ・フラー Sandra Huller
作品:Finsterworld
原題:同上


カッチャ・リーマン Katja Riemann
作品:ゲーテなんて クソくらえ(←2014年〔第6回〕沖縄国際映画祭時の邦題)
英題:Suck Me Shakespeer
原題:Fack ju Göthe



児童映画賞 Best Children's Film (3作品)
Bibi & Tina
原題:Bibi & Tina - Der Film
監督:デトレフ・ブック Detlev Buck
プロデューサー:Christoph Daniel
        Marc Schmidheiny
        デトレフ・ブック Detlev Buck
        Sonja Schmitt
製作国:ドイツ


Ostwind - Zusammen sind wir frei
監督:カーチャ・フォン・ガルニエル Katja von Garnier
プロデューサー:Ewa Karlstroom
        Andreas Ulmke-Smeaton
製作国:ドイツ


Sputnik
監督:Markus Dietrich
プロデューサー:Marcel Lenz
        Guido Schwab
        Dorothe Beinemeier
        Leontine Petit
        Joost de Vries
製作国:ドイツ / ベルギー / チェコ共和国



ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary (3作品)
Alphabet
監督:エルヴィン・ヴァーゲンホーファー Erwin Wagenhofer
プロデューサー:Mathias Forberg
        Peter Rommel
製作国:ドイツ / オーストリア


Beltracchi: The Art of Forgery
原題:Beltracchi – Die Kunst Der Falschung
監督:アルネ・ビルケンストック Arne Birkenstock
プロデューサー:アルネ・ビルケンストック Arne Birkenstock
        Helmut G. Weber
        Thomas Springer
製作国:ドイツ


Master of the Universe
監督:マーク・バウダー Marc Bauder
プロデューサー:マーク・バウダー Marc Bauder
製作国:オーストリア / ドイツ



脚本賞 Best Screenplay (3作品)
ボラ・ダグテキン Bora Dagtekin
作品:ゲーテなんて クソくらえ(←2014年〔第6回〕沖縄国際映画祭時の邦題)
英題:Suck Me Shakespeer
原題:Fack ju Göthe


Frauke Finsterwalder
Christian Kracht
作品:Finsterworld
原題:同上


エドガー・ライツ Edgar Reitz
ゲルト・ハイデンライヒ Gert Heidenreich
作品:Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht



撮影賞 Best Cinematography (5作品)
ミヒャエル・ベルトル Michael Bertl
作品:Mr. Morgan's Last Love


ハーゲン・ボグダンスキー Hagen Bogdanski
作品:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
英題:The Physician
原題:Der Medicus


ダニエル・ゴットシャルク Daniel Gottschalk
作品:ふたつの名前を持つ少年
英題:Run Boy Run
原題:Lauf Junge Lauf


トマス・キエナスト Thomas W. Kiennast(Thomas Kienast)
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


ゲルノット・ロール(ジャーノット・ロール / ジャエノ・ロール) Gernot Roll
作品:Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat



編集賞 Best Editing (3作品)
アンネ・ファビニ Anne Fabini
作品(原題):Houston


ハンスエルク・ヴァイスブリッヒ Hansjorg Weissbrich
作品:ふたつの人生 (←2013年大阪ヨーロッパ映画祭時の邦題)
英題:Two Lives  
原題:Zwei Leben


アンドレアス・ヴォドラシュケ Andreas Wodraschke
作品:Wetlands
原題:Feuchtgebiete



セット・デザイン賞(美術賞) Best Set Design (3作品)
Claus Rudolf Amler
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


Toni Gerg
Hucky Hornberger
作品:Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht


ウド・クラマー Udo Kramer
作品:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
英題:The Physician
原題:Der Medicus


マティアス・ミュッセ Matthias Müsse
作品:ふたつの名前を持つ少年
英題:Run Boy Run
原題:Lauf junge lauf



衣装デザイン賞 Best Costume Design (3作品)
Esther Amuser
作品:Home From Home: Chronicle of a Vision
原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht


ナターシャ・クルティオス=ノス Natascha Curtius-Noss
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


トマス・オラー Thomas Olah
作品:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
英題:The Physician
原題:Der Medicus



メイクアップ賞 Best Make-Up (3作品)
Helene Lang
Roman Braunhofer
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


Kitty Kratschke
Juliane Hubner
作品:ふたつの名前を持つ少年
英題:Run Boy Run
原題:Lauf Junge Lauf


Heike Merker
作品:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
英題:The Physician
原題:Der Medicus



映画音楽賞 Best Film Music (4作品)
アネッテ・フォックス Annette Focks
作品:Ostwind - Zusammen sind wir frei


Johannes Lehniger
Peter Folk
作品:Nothing Bad Can Happen
原題:Tore tanzt


Michaela Melian
作品:Finsterworld
原題:同上


マシアス・ウェバー Matthias Weber
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal



音響賞(サウンド・デザイン賞) Best Sound Design (3作品)
Michael Kranz
Stefan Busch
Roland Winke
作品:3096 Days
原題:3096 Tage


Guido Zettier
Max Thomas Meindl
Benjamin Rosenkind
作品:千年医師物語 ペルシアの彼方へ
英題:The Physician
原題:Der Medicus


Dietmar Zuson
Christof Ebhardt
Tschangis Chahrokh
作品:The Dark Valley
原題:Das finstere Tal


------------------------------------------------------------------------------------------

作品別 ノミネート数


【9】 The Dark Valley 原題:Das finstere Tal
作品賞 監督賞 助演男優賞 撮影賞 セット・デザイン賞(美術賞) 
衣装デザイン賞 メイクアップ賞 映画音楽賞 音響賞(サウンド・デザイン賞)


【6】 Home From Home: Chronicle of a Vision
    原題:Die andere Heimat - Chronik einer Sehnsucht
作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞 セット・デザイン賞(美術賞) 
衣装デザイン賞


【5】 Finsterworld 
作品賞 助演男優賞 助演女優賞 脚本賞 映画音楽賞


【5】 千年医師物語 ペルシアの彼方へ
    英題:The Physician 原題:Der Medicus
撮影賞 セット・デザイン賞(美術賞) 衣装デザイン賞 メイクアップ賞 
音響賞(サウンド・デザイン賞)


【4】 ゲーテなんて クソくらえ(←2014年〔第6回〕沖縄国際映画祭時の邦題)
    英題:Suck Me Shakespeer 原題:Fack ju Göthe
作品賞 助演女優賞(2名) 脚本賞


【3】 ふたつの人生 (←2013年大阪ヨーロッパ映画祭時の邦題)
    英題:Two Lives 原題:Zwei Leben
作品賞 主演女優賞 編集賞


【2】 Nothing Bad Can Happen 原題:Tore tanzt
監督賞 映画音楽賞


【2】 Wetlands 原題:Feuchtgebiete 
主演女優賞 編集賞


【2】 Ostwind - Zusammen sind wir frei
児童映画賞 映画音楽賞


【2】 Run Boy Run 原題:Lauf Junge Lauf
撮影賞 メイクアップ賞


【1】 Love Steaks 
作品賞


【1】 Five Years 原題:Fünf Jahre Leben(Kurnaz - Fünf Jahre Leben)
主演男優賞


【1】 Sein letztes Rennen 
主演男優賞


【1】 Free Fall 原題:Freier Fall 
主演男優賞


【1】 西という希望の地(←ドイツ映画特集2014での邦題)
    英題:Westen(West) 原題:Westen(旧ドイツ題:Lagerfeuer)
主演女優賞


【1】 UMMAH - Unter Freunden  
助演男優賞


【1】 Mr. Morgan's Last Love 
撮影賞


【1】 Houston
編集賞


【1】 3096 Days 原題:3096 Tage
音響賞(サウンド・デザイン賞)


【1】Bibi & Tina  原題:Bibi & Tina - Der Film 
児童映画賞


【1】 Sputnik   
児童映画賞


【1】 Alphabet 
ドキュメンタリー映画賞


【1】 Beltracchi – Die Kunst Der Falschung
ドキュメンタリー映画賞


【1】 Master of the Universe  
ドキュメンタリー映画賞



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2013年度(第23回)日本映画批評家大賞 受賞結果発表

【参考記事】 シネマトゥデイ 2014/03/28付け記事
第23回日本映画批評家大賞発表!作品賞は『舟を編む』


● 日本映画批評家大賞(Japan Movie Critics Award) 公式サイト  
 http://jmc-award.com/    film Critics Award じゃないのね。
(受賞作の作品名が間違っている箇所があるので、そろそろ訂正したほうがいいですよ。)


-----------------------------------------------------------------------------------

【日本映画批評家大賞】  1991年、創設。

(ウィキペディアより)
ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞などに倣い、映画評論家のみを選考委員にむかえた映画の賞。発起人は映画評論家の水野晴郎。水野の没後、映画界・演劇界に功績を残した人物をたたえる「ゴールデン・グローリー賞」に「水野晴郎賞」の副名称がつけられている。


<選考委員>
渡部保子   日本映画批評家大賞 選考委員会代表
福田千秋   日本映画批評家大賞 選考委員会副代表
平山允
島敏光
国弘よう子
津島令子
野島孝一
垣井道弘

公式サイト内には内閣総理大臣の安倍普三氏や文部科学大臣の下村博文氏の祝辞も記載されていますけど、お役所からなにか補助金のようなものでも出ているんですかね? 選考委員8名という小さい所帯の割には公式サイトにもそれなりにお金をかけているように見受けられます。(ブルーリボン賞なんて公式サイトすらない。) スポンサーさんも複数いるようです。


-----------------------------------------------------------------------------------

2013年度(第23回)日本映画批評家大賞 受賞結果  (2014年03月28日付け)


作品賞 
舟を編む
監督:石井裕也 
配給:松竹、アスミック・エース


監督賞
吉田恵輔
作品:ばしゃ馬さんとビッグマウス
配給:東映


新人監督賞(2名)
●中野量太 
 作品:チチを撮りに
 配給:デジタルSKIPステーション

●白石和彌
 作品:凶悪
 配給:日活


主演男優賞
松田龍平
作品:舟を編む


主演女優賞
麻生久美子
作品:ばしゃ馬さんとビッグマウス


助演男優賞
リリー・フランキー
作品:凶悪
   そして父になる


助演女優賞
伊藤蘭
作品:少年H


新人女優賞(小森和子賞)(2名)
● 黒木華
 作品:草原の椅子

● 大原櫻子
 作品:カノジョは嘘を愛しすぎてる


新人男優賞(南俊子賞)
● 星野源
 作品:箱入り息子の恋


編集賞(浦岡敬一賞) 
井上秀明
作品:青木ヶ原


ドキュメンタリー作品賞 
オース!バタヤン
監督:田村孟太雲(たむら・もうたうん)
配給:アルタミラピクチャーズ


アニメーション作品賞 
かぐや姫の物語
監督:高畑勲   
配給:東宝


アニメーション監督賞 
高畑勲
作品:かぐや姫の物語


アニメーション功労賞(2名)
● 小島俊彦(編集)
 作品:かぐや姫の物語 他

● 伊藤克已(音響効果)
 作品:キタキツネ物語 -35周年リニューアル版- 他


ゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞)(3名)
● 加賀まりこ
● 吉行和子
● ミッキー・カーチス


ダイヤモンド大賞(淀川長治賞)
有馬稲子


-----------------------------------------------------------------------------------

公式サイトでの受賞者速報の記事では、作品賞や監督賞がトップに来ずに俳優賞が一番上段に掲載されています。(このブログでは並べ替えています。) 日本の映画賞ではこういうパターン(俳優賞が作品賞や監督賞の前に置かれる)が割と多いように思います。日本の映画賞には一般観客への宣伝を目的として創設されたものもあり、そういう映画賞は受賞した俳優を前面に押し出して発表するわけです。でも、まさか映画批評家たちが表彰する賞でもこういうミーハーな掲載の仕方をするとは。

技術部門は編集賞のみ表彰。撮影部門や音楽部門の表彰をしている年もあるようですけど、表彰項目は固定されているわけじゃないんですね。なぜ?

選考者が8名、ってのはいかにも少なすぎる。日本の映画批評家たちの間には派閥みたいなのがあって、一つにはまとまらないんでしょうなあ。



タグ:邦画 映画賞

共通テーマ:映画