So-net無料ブログ作成

2014年度アカデミー賞(アメリカ)|宮崎駿監督を含む3名にアカデミー名誉賞を授与することを決定

● 映画芸術科学アカデミー 公式サイト内 プレスリリース (2014年08月28日付け)
Harry Belafonte, Jean-Claude Carrière, Hayao Miyazaki And Maureen O'Hara To Receive Academy's Governors Awards



2014年度 アカデミー賞名誉賞 受賞者 (姓のアルファベット順)
The Governors Awards(Academy Honorary Award)

 ジャン=クロード・カリエール Jean-Claude Carrière
 宮崎駿 Hayao Miyazaki
 モーリン・オハラ Maureen O’Hara



2014年度 ジーン・ハーショルト友愛賞 受賞者
Jean Hersholt Humanitarian Award

 ハリー・ベラフォンテ Harry Belafonte


----------------------------------------------------------------------------------------


● NHKニュース 2014年08月29日付け(午前8時48分)
宮崎駿監督にアカデミー名誉賞

アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞を選考する、映画芸術科学アカデミーは、28日、世界で高い評価を受けるアニメーション作品を制作した宮崎駿監督に、長年の業績などをたたえ、アカデミー名誉賞を授与すると発表しました。 <中略> アメリカの映画芸術科学アカデミーは、28日、アカデミー名誉賞を、去年、長編映画の制作からの引退を表明した世界的なアニメーション映画の巨匠、宮崎駿監督など3人に授与すると発表しました。アカデミー名誉賞は、映画界における長年の業績や貢献をたたえるもので、日本人が受賞するのは1990年の黒澤明監督以来、2人目です。 <中略> 日本人で2人目となるアカデミー名誉賞の受賞について宮崎駿さんは「リタイアした人間に賞なんかいらないのにと本当はおもっています。でも光栄です。名誉なことだと思います」というコメントを出しました。宮崎さんは、ことし11月にアメリカのロサンゼルスで行われる授賞式に出席する予定だということです。

駿氏はアカデミー会員への招待も受諾したということかしらね。



2014アカデミー賞外国語映画賞:ルクセンブルクからの出品作が決定

ルクセンブルク代表作はドキュメンタリー映画『Never Die Young』に決まりました。



ルクセンブルクからの出品作
Never Die Young(2013年)
監督|ポル・クリュシュトン Pol Cruchten


IMDb|Never Die Young
http://www.imdb.com/title/tt2936222/




Never Die Young - Official Trailer