So-net無料ブログ作成

【更新】クリストファー・ノーラン監督作『インターステラー』、四国でも上映される見通し(香川県は10月28日現在、不明)

9月末だったか10月初頭だったかそのあたりで、シネマサンシャイン北島さんへ『インターステラー』の上映予定の有る無しを電話で問い合わせたら「(インターステラーは)上映予定がある」というお答えでした。 が、その後、変更になったということでしょうか。(シネマサンシャインは全館、上映しないみたいですね。) こちらの映画館には、配給元が『インターステラー』と同じワーナー・ブラザース映画の『ジャージー・ボーイズ』も来なかったのですが、電話で問い合わせた際には「ワーナー・ブラザース映画配給作だから来ないということではない」とのことでした。(電話の応対に出たおそらくアルバイトと思われる方に「個々の作品ごとに(上映する/しないを)判断するということですか?」と問うと「はい」というお返事でした。) 

(2014/10/28 追記)シネマサンシャインでも上映するようです。徳島県、愛媛県、そして高知(TOHOシネマズ高知)でも上映スケジュールに載るようになりました。(『インターステラー』公式サイトの前売券販売劇場リストには10月28日現在、載っていません。)



『インターステラー』前売券販売劇場(中国・四国地区)
前売り券情報(上映劇場情報)はこちら

【2014.10.10現在】 9館


MOVIX日吉津(鳥取県/イオンモール日吉津)

T・ジョイ出雲(島根県/ゆめタウン出雲)

TOHOシネマズ岡南(岡山県/シネマタウン岡南)

MOVIX倉敷(岡山県/イオンモール倉敷)

TOHOシネマズ緑井(広島県/フジグラン緑井)

T・ジョイ東広島(広島県/フジグラン東広島)

広島バルト11(広島県/イオンモール広島府中)

MOVIX周南(山口県/ザ・モール周南)

TOHOシネマズ新居浜(愛媛県/イオンモール新居浜)



(2014/10/25 記) 中国地方は一応、全県公開される。四国は4県のうち1県のみ。 『ジャージー・ボーイズ』は中四国で3館(MOVIX倉敷 / 109シネマズ広島 / 広島バルト11)だったらから、それよりは多いよね。 ― シネマサンシャイン北島さんは「ワーナー・ブラザース配給だから来ないというわけではない。個々の作品ごとに上映する/しないを判断する」とおっしゃったけれど、「ほんとにそうかなのかな?」と疑いたくなるなあ。 (2014/10/28 追記) なんで上映スケジュール発表が遅かったんだろ?



映画『インターステラー』は2014年11月22日公開の予定です。
(109シネマズではIMAXシアターにて上映するそうです。)
『インターステラー』日本版公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/
IMDbによると『インターステラー』の上映時間は169分(2時間49分)です。


----------------------------------------------------------------------------------------

「アレが来ない」「コレも来ない」と文句ばっかりじゃよくない、当地での洋画動員にささやかでも貢献しようと思って、この間の日曜日に洋画を見に行きましたよ。85席の箱で約15名ほどの観客でした。(当地での上映最終週の作品でしたので、たとえ15名でもまぁ入っているほうだったのかも。)

いずれにしても、健康体でないと映画館で映画を見るということはできませんよ。映画館へ出かけて行って、見知らぬお客さんと一緒に暗がりの中で不安なく、数時間、光る画面を見る……そういうことが可能な身体を維持出来ているということは幸せなことです。これからも映画館で映画を沢山見たいということであれば、身体に/健康に気を付ける、ってことですね。映画館も全国津々浦々にいつまでも在るとは限らない。(人口が都市部ほど多くない土地では「映画館で映画を見る/見せる」という商業形態はもう完全に、間尺に合わなくなっている。) お金やフリーな時間は勿論、自分の身体の健全さもいつまでも有るわけじゃない。(本だって「年とっても読める」なんて思ってても案外無理だったりする。)

人が映画館へなかなか足を運ばない/運べないのには、それぞれ理由(わけ)がある。「(評判が良いのに)なぜあの映画の動員数が伸びないのか?」にも。



タグ:その他

2014年ゴッサム賞 ノミネーション発表

アメリカ製インディペンデント系映画を審査対象とする映画賞、ゴッサム賞(開催地はニューヨーク)のノミネーション発表がありました。


ゴッサム賞は(一応)アメリカのインディペンデント映画(アメリカ人製作のインディペンデント映画)を審査対象としています。



【参考記事】
● The Wrap 2014/10/23付け(AM8:41) 
‘Boyhood’ Tops Gotham Award Nominations


● indiewire 2014/10/23付け(AM10:24)
'Boyhood' Leads Gotham Awards Nominations




2014年(第24回)ゴッサム賞の授賞式は(現地日付で)2014年12月1日(日)の予定です。(Cipriani Wall Street 〔ニューヨーク〕 にて)



● ゴッサム賞 公式サイト(トップページ)
 The Gotham Independent Film Awards


---------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第24回)ゴッサム賞 ノミネーション
(The Gotham Independent Film Awards)



作品賞 Best Feature

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
北米配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
監督 リチャード・リンクレイター Richard Linklater
北米劇場配給 IFCフィルムズ
北米ビデオ販売 パラマウント・ホーム・メディア




グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel
監督 ウェス・アンダーソン Wes Anderson
北米配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




人生は小説よりも奇なり
英題:Love Is Strange
監督 アイラ・サックス Ira Sachs
北米配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin
監督 ジョナサン・グレイザー Jonathan Glazer
北米配給 A24 Films




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary

Actress
監督 ロバート・グリーン Robert Greene
北米配給 The Cinema Guild




シチズンフォー スノーデンの暴露
英題:Citizenfour
監督 ローラ・ポイトラス Laura Poitras
北米配給 RADiUS
     Participant Media
     HBO Documentary Films




Life Itself
監督 スティーヴ・ジェームズ Steve James
北米配給 Magnolia Pictures
     CNN Films
※ 2013年に他界したアメリカの映画評論家ロジャー・イーバートに関するドキュメンタリー。




マナカマナ(←イメージフォーラム・フェスティバル2014での邦題)
英題:Manakamana
監督 ステファニー・スプレイ Stephanie Spray
   パチョ・ヴェレス Pacho Velez
北米配給 The Cinema Guild




Point and Shoot
監督 マーシャル・カリー Marshall Curry
北米配給 The Orchard
     American Documentary / POV




ビンガム・レイ・ブレイクスルー監督賞
Bingham Ray Best Breakthrough Director Award

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女
英題:A Girl Walks Home Alone at Night
監督 アナ・リリー・アマポアー Ana Lily Amirpour
北米配給 キノ・ローバー




ランダム 存在の確率
英題:Coherence
監督 ジェームズ・ウォード・バーキット James Ward Byrkit
北米配給 オシロスコープ・ラボラトリーズ




ナイトクローラー
英題:Nightcrawler
監督 ダン・ギルロイ Dan Gilroy
北米配給 オープン・ロード・フィルムズ




It Felt Like Love
監督 イライザ・ヒットマン Eliza Hittman
北米配給 Variance Films




Dear White People
監督 ジャスティン・シミエン Justin Simien
北米配給 ライオンズゲート
     ロードサイド・アトラクションズ




男優賞 Best Actor

ビル・ヘイダー Bill Hader
作品 スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方
英題:The Skeleton Twins
監督 クレイグ・ジョンソン Craig Johnson
北米配給 ライオンズゲート
     ロードサイド・アトラクションズ




イーサン・ホーク Ethan Hawke
作品 6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
監督 リチャード・リンクレイター Richard Linklater
北米劇場配給 IFCフィルムズ
北米ビデオ販売 パラマウント・ホーム・メディア




オスカー・アイザック Oscar Isaac
作品 アメリカン・ドリーマー 理想の代償
英題:A Most Violent Year
監督 J・C・チャンダー J.C. Chandor
北米配給 A24フィルムズ




マイケル・キートン Michael Keaton
作品 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
北米配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




マイルズ・テラー Miles Teller
作品 セッション
英題:Whiplash
監督 デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
北米配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




※ なお、本年度は特別に以下の賞を授与することになったそうです。

ゴッサム賞 審査員特別賞(アンサンブル演技に対して)
Special Gotham Jury Award

受賞
スティーヴ・カレル Steve Carell
マーク・ラファロ Mark Ruffalo
チャニング・テイタム Channing Tatum
  作品|フォックスキャッチャー
  英題|Foxcatcher
  監督|ベネット・ミラー Bennett Miller
  北米配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




女優賞 Best Actress

パトリシア・アークエット Patricia Arquette
作品 6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
監督 リチャード・リンクレイター Richard Linklater
北米劇場配給 IFCフィルムズ
北米ビデオ販売 パラマウント・ホーム・メディア




ググ・ンバータ=ロー Gugu Mbatha-Raw
作品 Beyond the Lights
監督 ジーナ・プリンス=バイスウッド Gina Prince-Bythewood
北米配給 レラティビティ・メディア




ジュリアン・ムーア Julianne Moore
作品 アリスのままで
英題:Still Alice
監督 リチャード・グラツァー Richard Glatzer
   ワッシュ・ウェストモーランド(ワッシュ・ウェストモアランド) Wash Westmoreland
北米配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




スカーレット・ヨハンソン Scarlett Johansson
作品 アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin
監督 ジョナサン・グレイザー Jonathan Glazer
北米配給 A24 Films




ミア・ワシコウスカ Mia Wasikowska
作品 奇跡の2000マイル
英題:Tracks
監督 ジョン・カラン John Curran
北米配給 ワインスタイン・カンパニー




ブレイクスルー演技(男優/女優)賞 Best Breakthrough Actor/Actress

リズ・アーメッド Riz Ahmed
作品 ナイトクローラー
英題:Nightcrawler
監督 ダン・ギルロイ Dan Gilroy
北米配給 オープン・ロード・フィルムズ




メーコン・ブレア Macon Blair
作品 ブルー・リベンジ
英題:Blue Ruin
監督 ジェレミー・ソウルニエ Jeremy Saulnier
北米配給 RADiUS




エラー・コルトレーン Ellar Coltrane
作品 6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
監督 リチャード・リンクレイター Richard Linklater
北米劇場配給 IFCフィルムズ
北米ビデオ販売 パラマウント・ホーム・メディア




ジョーイ・キング Joey King
作品 WISH I WAS HERE 僕らのいる場所
英題:Wish I Was Here
監督 ザック・ブラフ Zach Braff
北米配給 フォーカス・フィーチャーズ




ジェニー・スレイト Jenny Slate
作品 Obvious Child
監督 Gillian Robespierre
北米配給 ライオンズゲート
     ロードサイド・アトラクションズ




テッサ・トンプソン Tessa Thompson
作品 Dear White People
監督 ジャスティン・シミエン Justin Simien
北米配給 ライオンズゲート
     ロードサイド・アトラクションズ
(2014/12/01 追記) ノミニーのひとり、テッサ・トンプソンの記載が漏れていました。すみません。




カルバン・クライン 女性映画監督へのスポットライト 'Live the Dream' 奨学金
Calvin Klein Spotlight on Women Filmmakers 'Live the Dream' grant

ギャレット・ブラッドリー Garrett Bradley
作品 Below Dreams




クレア・カレ Claire Carre
作品 Embers




クロエ・ツァオ Chloe Zhao
作品 Songs My Brothers Taught Me


-----------------------------------------------------------------------------------------

以下は受賞決定済みでした。


功績賞(キャリア・トリビュート) Career Tributes

ベネット・ミラー Bennett Miller


テッド・サランドス Ted Sarandos
 (Netflix|Chief Content Officer ネットフリックス社 コンテンツ最高責任者)


ティルダ・スウィントン Tilda Swinton


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『フォックスキャッチャー』『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』『セッション』は作品賞ノミネートならず。

女優賞ノミネートの『奇跡の2000マイル』、IMDbでは豪州製作作品ということになっているけれど、アメリカ資本も入っているのかな。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画