So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年東京フィルメックス 受賞結果発表

2014年(第15回)東京フィルメックスの受賞結果が発表になりました。



● 公式サイト内 発表 (2014/11/29付け)
 第15回東京フィルメックス受賞結果



2014年(第15回)東京フィルメックスは2014年11月22日(土)から11月30日(日)まで。



【コンペティション部門 審査員団】   
審査員長
ジャ・ジャンクー Jia Zhangke / 賈樟柯
(中国の映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)

審査員
柳島克己 Katsumi Yanagijima 
(日本の撮影監督)

中村由紀子 Yukiko Nakamura
(日本のプログラミング・プロデューサー〔東急文化村美術・映像事業部〕)

張昌彦 Chang Yann
(台湾の映画評論家)

リチャード・ローマンド Richard Lormand
(アメリカのプレス・アタッシェ / フィルム・プレス・プラス代表)




● 2014年(第15回)東京フィルメックス(トップページ) http://filmex.net/2014/

-------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第15回)東京フィルメックス 受賞結果
(15th Tokyo FILMeX / Tokyo FILMeX 2014)

 

最優秀作品賞 Grand Prize
クロコダイル
英題:Crocodile
原題:Bwaya
監督:フランシス・セイビヤー・パション Francis Xavier Pasion
製作国:フィリピン
※2014年シネマラヤ映画祭(Cinemalaya Independent Film Festival) 作品賞/作曲賞/撮影賞/NETPAC賞(New Breed部門) 受賞。




審査員特別賞 Special Jury Prize
彼女のそばで
英題:Next to Her
監督:アサフ・コルマン Asaf Korman
製作国:イスラエル
※2014年カンヌ国際映画祭併催「監督週間」出品作。




スペシャル・メンション Special Mention
シャドウデイズ
英題:Shadow Days
原題:鬼日子 / Gui ri zi
監督:チャオ・ダーヨン Dayong Zhao(Zhao Dayong)
製作国:中国
※ 2014年ベルリン映画祭 フォーラム部門 出品作。




観客賞 Audience Award
観客の投票により選出。コンペティション作品および特別招待作品が対象(クロージング作品を除く)。
プレジデント
劇場公開時の邦題:独裁者と小さな孫
英題:The President
監督 モフセン・マフマルバフ Mohsen Makhmalbaf
製作国 ジョージア(旧表記:グルジア) / フランス / イギリス / ドイツ
※ 2014年ベネチア映画祭 オリゾンティ部門 オープニング作品。




学生審査員賞 Student Jury Prize
学生審査員賞は東京学生映画祭が主催。3人の学生審査員がコンペティション部門の作品を対象に審査。
彼女のそばで
英題:Next to Her
監督:アサフ・コルマン Asaf Korman
製作国:イスラエル



【学生審査員】
清水 俊平
東京藝術大学 大学院 映像研究科
監督作品:『ふざけるんじゃねえよ』/第26回東京学生映画祭 実写部門 グランプリ受賞


大河原 恵
多摩美術大学3年
監督作品:『襟売ってよ』/第26回東京学生映画祭実写部門本選出場


千葉 花桜里
日本大学3年(第26回東京学生映画祭企画委員代表)


-------------------------------------------------------------------------------------------


【タレンツ・トーキョー 2014】 旧「タレント・キャンパス・トーキョー」
Talents Tokyo Award

タレンツ・トーキョー(旧「タレント・キャンパス・トーキョー」)は、「次世代の巨匠」になる可能性を秘めた「才能(=talent,タレント)」(公募によって選抜されたアジアの映画監督とプロデューサー15名)を東京に招き実施する、映画分野の人材育成プログラム。

2014年度のタレンツ・トーキョーの紹介文では
Talents Tokyo(TT)は、東京都などが主催する映画の人材育成プロジェクトです(2010年にNext Masters Tokyoの名称で始まり、その後2013年までTalent Campus Tokyoの名称で実施)。Berlinale Talentsはベルリン映画祭で2003年に始まったプロジェクトで、完成作品を上映する映画祭が、映画のプロを目指す若者を集め、講義を受けたりネットワークの場を提供する機会としてはじめた事業です。TTはそのアジア版で、日本を含む、東アジア、東南アジアの方が参加できる6日間のワークショップです(*1)。参加者は、監督かプロデューサーを目指す若者ばかりで、5/15〜6/15の間にオンライン上でエントリーをして、事前の審査で選ばれた15名だけが参加出来ます。 *1.日本を含む、東アジア、東南アジアの国と地域に居住する人、もしくはそれらの国の国籍を持つ人が対象です。

……と書かれています。 (わずか4年で3回も名称が変わっている……)



タレンツ・トーキョー賞 Talents Tokyo Award
Somewhere South of Reality
監督:Giancarlo Abrahan (フィリピン)




スペシャル・メンション  
A Family
監督:Moon Kwon (韓国)



------

【タレント・キャンパス・トーキョー 2014:参加者】
監督 Directors
Giancarlo ABRAHAN (フィリピン)
Soe Moe AUNG (ミャンマー)
Zay Yar AUNG (ミャンマー)
Chuck GUTIERREZ (フィリピン)
早川千絵 HAYAKAWA Chie (日本)
HSU Chen-Chieh (台湾)
KIM Juri (韓国)
Siege LEDESMA (フィリピン)
LI Jheng-Neng (台湾)
MOON Kwon (韓国)
Nelson YEO (シンガポール)


プロデューサー Producers
Alemberg ANG (フィリピン)
Armi Rae CACANINDIN (フィリピン)
MA Ruiqing (中国)
Archibald PEI (中国)



【選考委員】  The Selection Committee
IKEDA Takaaki (フィルムバイヤー/ NHKエンタープライズ株式会社)
林加奈子 (東京フィルメックス、フェスティバル·ディレクター)
市山尚三 (東京フィルメックス、プログラム・ディレクター)
KAMIYA Naoki (東京フィルメックス)
OKAZAKI Tadashi (東京フィルメックス)
金谷重朗 (東京フィルメックス)



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2014年報知映画賞 受賞結果

2014年(第39回)報知映画賞の受賞結果が発表になりました。


●スポーツ報知  2014年11月28日付け
【報知映画賞】安藤桃子監督「妹暴れてくれた」サクラと姉妹初タッグ(作品賞)
【報知映画賞】小泉堯史監督「人生撮っただけ」無意識のうち黒澤監督“伝承” (監督賞)
【報知映画賞】岡田准一、ジャニーズ初受賞「健さん追いかけて日本男児の心つなぐ」(主演男優賞)
【報知映画賞】津川雅彦、じじい代表として受賞「何よりの励み」(助演男優賞)
【報知映画賞】宮沢りえ、7年ぶり主演作で栄冠「役者で良かった」 (主演女優賞)
【報知映画賞】大島優子、AKBから女優へ第一歩「すべてをかける」(助演女優賞)
【報知映画賞】三代目・登坂広臣「歌と芝居は同じ」伝えたい思いがある(新人賞)
【報知映画賞】小松菜奈、大器の怪演!18歳モデル出身「自信になった」(新人賞)
【報知映画賞】西田征史監督「救い」ある作品を「もう一度」(新人賞)
【報知映画賞】イーストウッド監督、海外作品賞「名誉と感謝」(海外作品賞)
【報知映画賞】「アナ雪」監督、特別賞受賞に「心から感謝」 (特別賞)
【報知映画賞】健さん、選考会1時間前に突然の悲報 次世代が功績受け継ぐ(特別賞)




【選考委員】(2014年度) (五十音順)
見城徹(株式会社幻冬舎代表取締役社長)
齋藤安弘(ラジオパーソナリティー)
品田雄吉(映画評論家)
福永聖二(読売新聞編集委員・映画担当)
藤田晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)
松本志のぶ(フリーアナウンサー)
LiLiCo(映画コメンテーター)
渡辺祥子(映画評論家)の各氏

そして、報知新聞映画担当記者



-------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第39回)報知映画賞 受賞結果

★印 … 受賞



【作品賞(邦画)】  ノミネート:26作品
0.5ミリ  
 監督:安藤桃子  配給:彩プロ


愛の渦  
監督:三浦大輔  配給:クロックワークス


イン・ザ・ヒーロー  
監督:武正晴  配給:東映


WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常  
監督:矢口史靖  配給:東宝


永遠の0  
監督:山崎貴  配給:東宝


小野寺の弟・小野寺の姉  
監督:西田征史  配給:ショウゲート


思い出のマーニー  
監督:米林宏昌  配給:東宝


紙の月  
監督:吉田大八  配給:松竹


渇き。  
監督:中島哲也  配給:ギャガ


寄生獣  
監督:山崎貴  配給:東宝


近キョリ恋愛  
監督:熊澤尚人  配給:東宝映像事業部


柘榴坂の仇討(ざくろざかのあだうち)  
監督:若松節朗  配給:松竹


白ゆき姫殺人事件  
監督:中村義洋  配給:松竹


STAND BY ME ドラえもん  
監督:山崎貴、八木竜一  配給:東宝


そこのみにて光輝く  
監督:呉美保  配給:東京テアトル


小さいおうち  
監督:山田洋次  配給:松竹


春を背負って  
監督:木村大作  配給:東宝


蜩ノ記(ひぐらしのき)  
監督:小泉堯史  配給:東宝


ふしぎな岬の物語  
監督:成島出  配給:東映


ぼくたちの家族  
監督:石井裕也  配給:ファントム・フィルム


舞妓はレディ  
監督:周防正行  配給:東宝


まほろ駅前狂騒曲  
監督:大森立嗣  配給:東京テアトル、リトルモア


百瀬、こっちを向いて。  
監督:耶雲哉治  配給:スールキートス


るろうに剣心 京都大火編 
監督:大友啓史  配給:ワーナー・ブラザース映画


るろうに剣心 伝説の最期編  
監督:大友啓史  配給:ワーナー・ブラザース映画


私の男  
監督:熊切和嘉  配給:日活



【監督賞】  ノミネート:15名
小泉堯史  
 作品:蜩ノ記


石井裕也  
作品:ぼくたちの家族


大友啓史  
作品:るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編

  
呉美保  
作品:そこのみにて光輝く


木村大作  
作品:春を背負って


熊切和嘉  
作品:私の男


熊澤尚人  
作品:近キョリ恋愛


周防正行  
作品:舞妓はレディ


中島哲也  
作品:渇き。


耶雲哉治  
作品:百瀬、こっちを向いて。


矢口史靖  
作品:WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常


山崎貴  
作品:永遠の0
   STAND BY ME ドラえもん
   寄生獣


山田洋次  
作品:小さいおうち


吉田大八  
作品:紙の月


若松節朗  
作品:柘榴坂の仇討



【主演男優賞】  ノミネート:12名
岡田准一  
 作品:永遠の0


浅野忠信  
作品:私の男


綾野剛  
作品:そこのみにて光輝く


大泉洋  
作品:青天の霹靂
   ぶどうのなみだ
   トワイライト ささらさや


小栗旬  
作品:ルパン三世


佐藤健 
作品:カノジョは嘘を愛しすぎてる
   るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編


染谷将太  
作品:WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常
  ドライブイン蒲生
   寄生獣


妻夫木聡  
作品:ジャッジ!
   ぼくたちの家族


中井貴一  
作品:柘榴坂の仇討


向井理  
作品:小野寺の弟・小野寺の姉


役所広司  
作品:渇き。
   蜩ノ記


山下智久  
作品:近キョリ恋愛



【主演女優賞】  ノミネート:11名
宮沢りえ  
 作品:紙の月


安藤サクラ  
作品:0.5ミリ


池脇千鶴  
作品:そこのみにて光輝く


井上真央  
作品:白ゆき姫殺人事件


片桐はいり  
作品:小野寺の弟・小野寺の姉


黒木華  
作品:小さいおうち


二階堂ふみ  
作品:ほとりの朔子
   私の男


能年玲奈  
作品:ホットロード


松たか子  
作品:小さいおうち


三輪ひとみ  
捨てがたき人々


吉永小百合  
作品:ふしぎな岬の物語



【助演男優賞】  ノミネート:11名
津川雅彦  
作品:0.5ミリ


阿部寛  
作品:柘榴坂の仇討
   ふしぎな岬の物語


綾野剛  
作品:白ゆき姫殺人事件
   闇金ウシジマくん Part2
   ルパン三世


新井浩文  
作品:永遠の0
   春を背負って
   近キョリ恋愛 ほか


池松壮亮  
作品:ぼくたちの家族
   海を感じる時
   紙の月  ほか


伊藤英明  
作品:WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 
   喰女 クイメ


岡田准一  
作品:蜩ノ記


菅田将暉  
作品:そこのみにて光輝く
    闇金ウシジマくん Part2


長谷川博己  
作品:舞妓はレディ


藤竜也  
作品:サクラサク
   私の男
   柘榴坂の仇討


藤原竜也  
作品:神様のカルテ2
   るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編



【助演女優賞】  ノミネート:10名
大島優子  
 作品:紙の月


蒼井優  
作品:春を背負って
   るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編


門脇麦  
作品:闇金ウシジマくん Part2


貫地谷しほり  
作品:偉大なる、しゅららぼん
   白ゆき姫殺人事件
   救いたい


黒木華  
作品:小さいおうち
    銀の匙 Silver Spoon


小林聡美  
作品:紙の月


竹内結子  
作品:ふしぎな岬の物語


土屋太鳳  
作品:るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編


原田美枝子  
作品:ぼくたちの家族
   蜩ノ記


富司純子  
作品:舞妓はレディ
   トワイライト ささらさや



【新人賞】  (3名の受賞) ノミネート:15名
小松菜奈  
 作品:渇き。
    近キョリ恋愛

登坂広臣  
作品:ホットロード


西田征史監督  
作品:小野寺の弟・小野寺の姉


大原櫻子  
作品:カノジョは嘘を愛しすぎてる
   舞妓はレディ


門脇麦  
作品:愛の渦
   闇金ウシジマくん Part2
   シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸


上白石萌音  
作品:舞妓はレディ


劇団ひとり監督 
作品:青天の霹靂


小芝風花  
作品:魔女の宅急便


高橋メアリージュン  
作品:闇金ウシジマくん Part2
   キカイダー REBOOT
   るろうに剣心 京都大火編
   るろうに剣心 伝説の最期編 ほか


菜々緒  
作品:白ゆき姫殺人事件


早見あかり  
作品:百瀬、こっちを向いて。


広瀬アリス  
作品:銀の匙 Silver Spoon


村上虹郎  
作品:2つ目の窓


山本美月  
作品:黒執事
   近キョリ恋愛
   小野寺の弟・小野寺の姉 ほか


吉永淳  
作品:2つ目の窓



【作品賞(海外作品)】  23作品
ジャージー・ボーイズ  
配給:ワーナー・ブラザース映画


アデル、ブルーは熱い色  
配給:コムストック・グループ


アナと雪の女王  
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


アメリカン・ハッスル  
配給:ファントム・フィルム


怪しい彼女 
配給:CJ Entertainment Japan


ウルフ・オブ・ウォールストリート  
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン


オール・ユー・ニード・イズ・キル  
配給:ワーナー・ブラザース映画


鑑定士と顔のない依頼人  
配給:ギャガ


グランド・ブダペスト・ホテル  
配給:20世紀フォックス映画


グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子  
配給:ギャガ


GODZILLA ゴジラ  
配給:東宝


ゼロ・グラビティ  
配給:ワーナー・ブラザース映画


大統領の執事の涙  
配給:アスミック・エース


ダラス・バイヤーズクラブ  
配給:ファインフィルムズ


チョコレートドーナツ  
配給:ビターズ・エンド


天才スピヴェット  
配給:ギャガ


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅  
配給:ロングライド


マダム・イン・ニューヨーク  
配給:彩プロ


マレフィセント  
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


ミリオンダラー・アーム  
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


ラッシュ プライドと友情  
配給:ギャガ


レッド・ファミリー  
配給:ギャガ


私の、息子  
配給:マジックアワー



【特別賞】
アナと雪の女王  
 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

高倉健


------------------------------------------------------------------------------------------

報知映画賞とは……
(スポーツ報知公式サイト内 紹介文より)
報知映画賞はスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として、1976年に誕生しました。 <中略> 報知映画賞誕生の翌年には日本アカデミー賞もスタート。ブルーリボン賞をはじめさまざまな映画賞、また作品や俳優を表彰する 映画祭が年末から年明けにかけて日本各地で開催されています。報知映画賞は、その先陣を切って発表されるため、 その年の受賞者・受賞作品を占う意味でも大きな注目を集めています。


2014年度(第39回)の報知映画賞ノミネーション発表時の記事では、以下の通りに紹介されています。
◆報知映画賞 映画界の発展を願い、1976年に始まった。2008年から読者投票の結果も加味したノミネート制を導入。この作品部門、個人部門の中から選考委員会で受賞者・受賞作を決める。公開規模の大小、興行収入、観客動員数などにとらわれることなく選考され、賞レースのトップを切って発表、表彰されることから、映画界以外からも高い関心を集めている。





【対象作品】
前年12月1日から当該年11月30日までの期間、首都圏において有料で1週間以上公開、または公開予定の新作。(地方での先行公開があった場合も首都圏での公開日を基準とする)
  ● 作品賞 …… 日本映画
  ● 海外作品賞 …… 外国映画
  ● 個人部門 …… 邦画~海外作品




【選考方法】
読者投票の上位を基本に、報知映画賞事務局と選考委員の1名が、個人部門最大10人、作品部門最大20本のノミネートを選出。報知新聞社の映画担当記者と映画評論家などの外部選考委員が、事前ノミネートの中からその年を代表するに最もふさわしい作品・役者・監督を決定。


2014年に更新された報知映画賞コーナー(「スポーツ報知」のサイト内)の「報知映画賞とは?」という説明にはこんなふうに書いてあります。
各賞ともファン投票上位から報知映画賞事務局(顧問・品田雄吉氏)が、原則作品20、個人10をノミネート。その中から選考委員会で決定します。
「原則、作品20、個人10」ってなっていますけれど、その原則は殆ど守られていません。まぁ「原則として」だから、例外があってもいいということでしょうが、毎年「例外ばかり」です。




【選考委員】(2014年度) (五十音順)
見城徹(株式会社幻冬舎代表取締役社長)
齋藤安弘(ラジオパーソナリティー)
品田雄吉(映画評論家)
福永聖二(読売新聞編集委員・映画担当)
藤田晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)
松本志のぶ(フリーアナウンサー)
LiLiCo(映画コメンテーター)
渡辺祥子(映画評論家)の各氏

そして、報知新聞映画担当記者




【読者投票】
報知映画賞の大きな特徴の1つである読者投票。毎年10月ごろ11月中旬にかけて報知新聞紙面、報知ホームページ、協賛社ホームページ、専用投票用紙など報知映画賞事務局が認める投票方法で一般投票を実施。

●歴代受賞一覧 こちら



2014年(第39回)報知映画賞 ノミネート一覧(「スポーツ報知」サイト内)
http://www.hochi.co.jp/entertainment/hochi_eigashou/nominate.html


------------------------------------------------------------------------------------------

毎年の教訓……「日本の映画賞に期待すんな」。大島優子さんもよかったけれど、『紙の月』から助演部門で受賞者を出すとすれば(作品内での役割の重さからしても印象度の点でも)小林聡美さんに授与するほうが妥当だわね。 ― そもそも今の日本では、作品にしろ人物にしろ、審査対象の「粒」が揃わない / 映画賞の審査対象になってしかるべきというものが少ないのではないかと思うのだけれど、どうでしょうかねえ。だから、余計に ”水増し”感、満点 になる、っていうかねえ。



共通テーマ:映画