So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャーニー(Journey)|『オープン・アームズ』(Open Arms)|映画『海猿 ウミザル』(2004年 / シリーズ第一作目)主題歌

『オープン・アームズ』(Open Arms)は、ジャーニーが1981年7月にリリースしたアルバム『エスケイプ』(Escape)に収録。アメリカのビルボード・ホット・ワンハンドレッド(US Billboard Hot 100)チャートの最高位2位。(6週連続2位をキープした) ジャーニーのシングル曲のうちシングル・チャートの最も高位を確保した曲となりました。1982年ビルボード・ホット100の年間チャート第34位。


ということで、

『オープン・アームズ』(Open Arms)という曲のオリジナルはジャーニー(Journey)です。マライア・キャリーやボーイズIIメンが歌っているのはジャーニーのカバーということになります。





ジャーニー『オープン・アームズ』(リリース当時の邦題『翼をひろげて』)
1981年 ヒューストン・ライブ(アメリカ)

Journey - Open Arms (Live in Houston, USA, 1981) (November 1981) 
ボーカル|スティーヴ・ペリー(Steve Perry)


『Open Arms』の作曲はジョナサン・ケイン(キーボード担当)。ケインがジャーニー加入前に入っていたバンド ” ベイビーズ ”(The Babys)時代に作った曲でしたが、ベイビーズではボーカルのジョン・ウェイトに「甘ったるい」「感傷的過ぎる」と却下。ジャーニー加入後に、ケインが「実はこんな曲があるのだけれど、センチメンタルだと言われたんだ」とスティーヴ・ペリーに披露。ペリーは「良い曲だ。ベイビーズには向かなかったかもしないけれど、ジャーニーなら歌える」と言い、その場で詞を書き(30分程度で詞を書き上げたとのこと。)バンドのメンバーの前で歌って見せたのだけれど、ベイビーズと同様に「甘ったるい」「ペリー・コモの歌みたいだ」とさほどウケなかったとのこと。とはいえ、一応、ファンの前で歌ってみて反応をみようということになりステージで披露したところ女性ファンを中心にウケたので、アルバムに入れる曲として採用されることになったそうです。「女性ウケしたので急に ”良い曲だ” ”この曲、イケるよ” と言い出したメンバー(つまり、ニール・ショーンのこと)にムカついた。(最初からこれは良い曲だったのに…)」とスティーヴ・ペリーは語っています。



● ジャーニー『オープン・アームズ』(Open Arms) 英語歌詞(Lyricsfreak.com より)
 http://www.lyricsfreak.com/j/journey/open+arms_20075675.html







『オープン・アームズ』スタジオ録音バージョン。
アルバム『エスケイプ』(Escape)より。

Journey - Open Arms (Studio)
ボーカル|スティーヴ・ペリー(Steve Perry)








1983年3月3日 ジャーニーの東京武道館ライブ
ボーカル|スティーヴ・ペリー(Steve Perry)

Journey - Open Arms (Live at Budokan, Tokyo, Japan) (3rd March, 1983)








ジャーニーの現在のボーカル、アーネル・ピネダ(Arnel Pineda)のバージョン。
2016年5月11日、エレン・デジェネレスが司会を務める『エレンの部屋』出演時。

Journey Performs 'Open Arms'
(YouTube TheEllenShow チャンネルより)


以前よりちょっとキー低くなった、…か? もう48歳だからなあ。





アーネル・ピネダ、ジャーニーのボーカルとしてのデビュー・ステージ(2008年)。

Journey - Open Arms|Festival de Viña (Feb. 2008)




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


『海猿 -UMIZARU-』(2004年)(プレビュー)
(YouTube Fuji TV Movie Store より)




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【カバー・バージョン】



● マライア・キャリー(Mariah Carey)『オープン・アームズ』
1995年のアルバム『デイドリーム』(Daydream)に収録。


Mariah Carey - Open Arms (Live)
(YouTube MariahCareyVEVO チャンネルより)








● ボーイズIIメン(Boyz II Men)『オープン・アームズ』
2009年リリースのカバーアルバム『ラヴ』(Love)に収録。

Boyz II Men - Open Arms (Live)








● バリー・マニロウ(Barry Manilow)『オープン・アームズ』
2007年リリースのカバーアルバム『The Greatest Songs of the Eighties』に収録。

Barry Manilow - Open Arms (Live, 2008)








● セリーヌ・ディオン(Céline Dion)『オープン・アームズ』
2013年リリースのアルバム『ラヴド・ミー・バック・トゥ・ライフ』(Loved Me Back to Life)の日本盤にのみボーナストラックとして収録。

Céline Dion - Open Arms (Studio)








検索していたら、こういうのもありました。


● EXO(エクソ)『オープン・アームズ』

Global Request Show : A Song For You - Open Arms by EXO (2013.08.23)




そして、こんな間違いが……
[EXO]この歌の名前ってなんですか?読み方も教えてください!! - LINE Q

「元は、BOYZ II MENさんの歌で…」「マライアキャリーのopen armsです」とか……違う。『オープン・アームズ』(Open Arms)という曲のオリジナルはジャーニー(Journey)ですよ。






『オープン・アームズ』のカバーははっきり言って、『アメリカン・アイドル』等の素人オーデション番組で歌っている人たちのほうがよかったりする。プロのカバーはどうしても自己流のアレンジが加わるから……。




トレーラー公開|ジェフ・ニコルズ監督作『ラビング 愛という名前のふたり』(英題|Loving)|ジョエル・エドガートン×ルース・ネッガ×マイケル・シャノン 出演

今年度(=2016年度 / 第89回)アカデミー賞作品賞ノミネートの有望候補として挙げられている1本、ジェフ・ニコルズ監督作『ラビング 愛という名前のふたり』(英題|Loving)のトレーラーです。『ラビング 愛という名前のふたり』は2016年(第69回)カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へも選出されました。


主演の二人、ジョエル・エドガートンとルース・ネッガも、それぞれ、主演男優賞/主演女優賞候補に名前が挙がっています。はたしてどうなりますか…。



(ムービープラス & シネマトゥデイ 第69回カンヌ映画祭スペシャル の作品紹介 より)
ストーリー|1958年、17歳のミルドレッドは6歳年上の建設作業員リチャードと出会い、その後ワシントンD.C.で結婚する。しかし当時、自宅のあるバージニア州では異人種間の結婚が禁止されていた為、後日保安官に逮捕されてしまう





Loving (2016) - Official Trailer 1


(2016/07/13 記) タイムリーな題材。カンヌで「これはむしろアカデミー賞向き」と言われたし、フォーカス・フィーチャーズ配給作は(毎年、確実にノミネートされてくるという程ではないものの)賞実績はあるので、ノミネートはイケるんじゃないかなあ。さてどうなるでしょうか。ただ、今年は黒人問題を扱った映画でノミネート有望作品がいくつかあるので、はたして黒人問題を扱った作品が2つ3つ…と複数ノミネートされてくるものなのかどうか? 期待されてはノミネートならず…で終わっていたジェフ・ニコルズ監督作がアカデミー賞作品賞に絡んでくる年になるか!?




(2016/07/13 PM11:45 記)
当ブログ記事を「映画好きによる映画好きのためのWebマガジン - シネフィル -」というサイトにパクられました。
記念として記載しておきましょう。http://cinefil.tokyo/_ct/16977665
素人ブログから記述をパクる本職の映画サイト、お手軽な仕事ぶりが素敵です。当ブログではアフリエイトはしておりませんが、彼らはサイトのアクセス数でお金を稼いでいる本職の人たちです。私は参照先や引用先&引用部はそれと判るように載せる。彼らは載せない。


------------------------------------------------------------------------------------------

ラビング 愛という名前のふたり(2016年) 英題|Loving (ドラマ)
米国公開 2016年11月4日
日本公開 2017年3月予定


● IMDb 『Loving』(2016年)のページ
http://www.imdb.com/title/tt4669986/?ref_=fn_al_tt_1


監督
  ジェフ・ニコルズ Jeff Nichols

製作国
イギリス / アメリカ

製作会社
レインドッグ・フィルムズ Raindog Films
ビッグ・ビーチ・フィルムズ Big Beach Films

製作
ナンシー・バースキー
ゲッド・ドハティ
コリン・ファース
サラ・グリーン
ピーター・サラフ
マーク・タートルトーブ

製作総指揮
ジャレッド・ゴールドマン
ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
ジャック・ターナー

米国配給
フォーカス・フィーチャーズ


脚本
ジェフ・ニコルズ

音楽
デヴィッド・ウィンゴ

撮影
アダム・ストーン

編集
ジュリー・モンロー

プロダクション・デザイン
チャド・キース

衣装デザイン
エリン・ベナッチ


出演
ジョエル・エドガートン  リチャード・ラヴィング
ルース・ネッガ      ミルドレッド・ラヴィング
マイケル・シャノン    グレイ・ヴィレット
マートン・ソーカス    ブルックス保安官


--------------------------------------------------------------------------------------------
【更新記録】
※ 追記しました。 (2016/07/13)
※ 修正・追記しました。 (2016/12/21)




共通テーマ:映画