So-net無料ブログ作成

2017年(第74回)ベネチア国際映画祭|「ベネチア国際映画祭はNetflixやAmazonなど配信会社を差別しない」|シネマトゥデイ 2017年8月31日付け記事より       

シネマトゥデイ  2017年8月31日付け記事
ベネチア映画祭はNetflixを差別しない!カンヌ騒動にも言及( ttps://www.cinematoday.jp/news/N0094095 )

現地時間30日、第74回ベネチア国際映画祭にて審査員会見が行われ、今年5月にNetflix作品がコンペティション部門に選出され物議をかもしたフランスのカンヌ国際映画祭とは違い、Netflix作品がコンペティション部門に選出されなかったことについて、本映画祭ディレクターのアルバート・バルベーラが語った。 (中略) バルベーラは2015年にNetflix作品『ビースト・オブ・ノー・ネーション』がコンペティション部門に選ばれていたことに触れながら、「2年前は、誰も何も言わなかった」と口を開く


バルベーラは「あのような規制は他の国にはない」と、フランスには映画館を守るためにNetflixなどのオンラインストリーミングサービスでの映画配信が劇場公開後36か月経たないとできない厳密な規制があることを引き合いにだし、カンヌの大論争が特殊なケースであったことを指摘。 (中略) 「NetflixやAmazonは現在、映画製作や配給において大きな役割を担うようになっています。もし、(マーティン・)スコセッシやコーエン兄弟のような、監督たちが彼らと働くと決めたなら、単純に劇場公開されていないからという理由だけで、映画祭のディレクターがそれらの映画を差別する理由が私にはわかりません」と言い切り、今年こそ出品はなかったものの、劇場公開されていない作品もコンペティション部門に選出していく姿勢を見せた。

ベネチアがカンヌに追随したらサイテーだなっと思っていたけれど、やっぱりそうきますよね。「単純に劇場公開されていないからという理由だけで、映画祭のディレクターがそれらの映画を差別する理由が私にはわかりません」ほんと、そのとおり。




共通テーマ:映画

Netflix Japan のCM|『人間、明石家さんま。』シリーズ

11本それぞれが明石家さんまさんに関する素晴らしい短編ドキュメンタリー。全部興味深いし、面白い! そのうちの3本を。




人間、明石家さんま。「NETFLIX」の話
(YouTube Netflix Japan さんより)


Netflix、番組的には興味がある。海外の面白い番組を流してくれるんで。お金払って見るTV(=有料チャンネル/有料配信)がこんだけ増えてきて、俺たちのやってる地上波TVが苦しくなってんのも事実なので、なんかビミョーやね。

ものすごく制作費もよく出していただいて……正直言うと、民放(=地上波民放TV)さんよりもいい制作費を出していただいて…それでちゃんとしたもの作れるなら……そしてこっち(=Netflix)は自由に作れるから。『Jimmy(ジミー)』というものを民放に企画書出していたらどうやったろか(=企画が通ったかどうかわからない)…と思う感じ。そういうの(=そういう企画)をやっていただけるというのは非常にありがたい。やりたいことが出来て……。

「放送コードがゆるいというのはどうですか?魅力に感じますか?」の問いに対して|それはあんまり感じない。サッカーとかスポーツやってきた人間はルールの中でやりたい。「枠を超えて無茶出来るから」っていう芸人さんも沢山いらっしゃるんですけど、たぶん(そういう方々は)スポーツやってない人やと思う。俺ら(=スポーツやってきた人間)はルールがあるから面白いというのがあんねんな。だから、それ(=放送コードがゆるいから無茶出来る)というのは好きではない。枠の中でやっていきたい、ということですけど。







人間、明石家さんま。「賞」の話
(YouTube Netflix Japan さんより)


「賞に興味なくなったきっかけ、って何でしょうねえ」の問いに|これ、言うていいのかな。何かの投票で俺が1位やったんやけど、でもその表彰式に俺が行けないとなったら「すいません、この人(=別の人)にしますんで。さんまさんは2位で」と言われた。「えっ、そんなもん?賞ってそんなもん?」ってなって……。TV局の演芸賞で金賞が決まったって言われて、あの演芸賞の金賞をもらえるのかあと思っていたら、それ(=その賞の受賞)を決めている人に深い関係の愛人がいてて、(受賞が決まったって言われたあとで)「その人になったから」って言われた。「もう賞なんか要らんわー」ってなった(笑。

だから、面白いものだけ作ればおそらく賞は関係ない、と思う。そこで「あれ、なんで賞を獲られへんかったんやろ」ってのがすごいな。「(受賞させるのであれば / 本当に面白い・価値があるのは)こっちやろ」って言わすほうがすごいと思うわ、俺は。









人間、明石家さんま。「見えない敵たち」の話
(YouTube Netflix Japan さんより)


TVもラジオも時代的に(自分が)大事にし過ぎかわからへんけども。(苦笑。 今の若い人とはたぶんズレてるような気がするねんけども。でも、ズレててもいい、というか、ズレててもしゃあない、っていう感じですよね。

「TVもそうですか?」という問いに|TVも、うーん、なんかズレてるかと思うけど、僕の番組はけっこう見ていただいているんで……まだ、いまだに。それはありがたいと思うねんけど……視聴者の層ね。自分たちと同じ層は大丈夫やねんけど、今の20代、30代、10代はTVをどう見てんのか? 俺らはTVをすごいもんやと思ってやり過ぎているから。今の子はTVはすごいもんだと思って見てないから、そのへんのズレは絶対あるね。

「NetflixのCMに出るにあたっても心の整理が?」の問いに|(苦笑しつつ)だからほんとはNetflixも敵やねんな、俺たち民放TVをやってる人間にとっては。今、もう敵が多過ぎて。TV番組やYouTubeより携帯(スマホ)が敵やから。素人が自分でYouTubeを立ち上げて、流して、スターになることもあんねんから……そんなバカな、って……TVに出てレギュラー取るまでみんなどんだけ大変か……それでも(YouTubeから)スターが生まれてしまうから、どうしようもないのよね、いまのところ。

「(他のベテラン芸人は)ちょっとスタンスが変わったりするじゃないですか」の返答に|スタンス変えたいねん(笑。 スタンスも変えたいねんけど、変えられない技量不足(笑。 度量不足?技量不足?どっちなのか分からへんけども(笑。



地上波民放TVの現場で働く人はものすごく危機感を持っている。現場では危機感を持っていて、それで地上波民放TVの今のあの有り様って……なんだろうね。出演者はいまだにこれだけ地上波民放TVやラジオに愛着を持って働いている。

TV視聴者の動向を当然気にはしている。でも、TVを見なくなっている視聴者側を責めるということがない。それ、ちょっと感動的。(日本の映画業界に関わりをもっている人は「(映画を見ない・映画館へ来ない)客が悪い」って言うでしょ?)私もTVと共に育った世代だけど、今の地上波TVにここまで愛着はないかも。だからこれを見て、さんまさんに対してなんか申し訳ない気がしてしまった。だって、さんまさんとほぼ同時代を生き、さんまさんのTVを長らく見てきたんだから。そのこと、普段忘れてるけど。

継続し切れなかった家庭生活にこんなに悔恨の情があるとは意外。お子さん二人への愛情深さも印象的。

TV画面を通じて見る時よりも実年齢を感じさせる表情。大きく重いもの背負って疾走してきた、長い道のりを感じる。60歳超える年齢になってここまで喰らいついていくスタンス、衰えない知識欲、ファンへの接し方……精神も肉体もどんだけエネルギッシュなのか。凄いな。語彙不足で申し訳ないけど、凄いとしか言いようがない。



他のビデオクリップでは、家庭・結婚/ファンに対して/笑いについて など お話しされています。 YouTube Netflix Japan チャンネル



タグ:その他

共通テーマ:映画