So-net無料ブログ作成

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|日本からの出品作 決定(『湯を沸かすほどの熱い愛』)|日本代表作選考への出品作リスト、選考者名等は公表されず。選考過程は毎度明らかにされず。|Trailer - "Her Love Boils Bathwater"|Japan has selected "Her Love Boils Bathwater" for the Best Foreign-Language Film category at the 90th Academy Awards

日本代表作は宮沢りえ主演×中野量太監督作『湯を沸かすほどの熱い愛』に決まりました。



【参照】一般社団法人 日本映画製作者連盟  2017年9月5日付け
第90回米国アカデミー賞外国語映画賞部門への出品作品として「湯を沸かすほどの熱い愛」中野量太 監督(出品会社:株式会社 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)が決定しました。( ttp://www.eiren.org/academy/exhibition.html )



日本からの出品作
湯を沸かすほどの熱い愛
英題|Her Love Boils Bathwater
監督|中野量太 Ryōta Nakano
製作国|日本
劇場配給|クロックワークス
出品会社|株式会社 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ



『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイト http://atsui-ai.com/




『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編
Her Love Boils Bathwater (Yu o Wakasu Hodo no Atsui Ai) - Trailer


昨年のカンヌ国際映画祭で賞を獲った『淵に立つ』(昨年の10月公開だから、今年のアカデミー賞外国語映画賞部門へは出品可能)とか、今年のベネチア国際映画祭のコンペティションに選出されている『三度目の殺人』など、3大国際映画祭に絡んだ作品を出品しないというチョイスをする国は珍しい。変わった国だ。毎年のことだけど。

(2017/09/08 追記) 9月8日現在、各国代表作の約3分の1程度が決定してきました。他国の代表作の予告編と見比べてみて予告編の段階ですでに見劣っている感あり。内容的には社会派要素のあるもの、映像的にはアーティスティックなものが多いので、余計……。2011年度以降ずっとそうなんですが、日本代表作はこの部門の潮流から外れてる。特に映像面で。




(2017/09/06 追記) 今、『湯を沸かすほどの熱い愛』見ました。エンディングはホラーだったね(笑。 これを代表作として送るのか。ほんと変わってるな、アカデミー賞外国語映画賞日本代表作の選考委員。銭湯 とか しゃぶしゃぶ とか、日本の暮らしぶりがウケるとでも思ったのか。他の候補作にはどんなものがあったのか、知りたいわ。外国語映画賞レースを勝ち抜く気、無しだよね。/他国の代表作は(今のところ)社会情勢を色濃く反映した作品が多い。そんな中で、ほぼ家族の中だけで物語が完結してしまうという、いかにも「The 日本映画」な作品が勝ち抜くのは……大変厳しいと思う。あたかも温かい家族映画のふりをしたままで進行しエンディングにきて あれを さも ”善きこと” として扱い一気にサイコパス映画化するという珍奇さを好意的に理解してもらえるといいけどねえ。

(2017/09/08 追記) 『淵に立つ』見ました。これ、キリスト教的色使い・モチーフがふんだんに使われていて、キリスト教圏の人々ならそういうところから意味を受け取ってくれるはず。(だからこそのカンヌでの受賞かもしれない) だからこっち送ったほうが……。それかベネチアで撮影や音楽が高評価を受けている『三度目の殺人』かどっちかが行けば……あーあ。




『湯を沸かすほどの熱い愛』特報
(YouTube Klockworx VOD より)
Her Love Boils Bathwater (Yu o Wakasu Hodo no Atsui Ai) - Teaser Trailer


配給元が出す公式の予告編に英語字幕付きのものが無い。有志の方が勝手に英語字幕をつけている非公式の予告編はある。海外からアクセスしてくる人はみな英語字幕付きの非公式版予告編へ行ってしまう。(日本の映画会社や配給会社は YouTube に置いてある予告編から世界の観客を呼び込むという意識、ゼロだよね。今のこの時代になってまだこんな感じ……びっくりする。なぜ英語字幕付きの公式予告編が動画サイトで公開出来ないのか?費用の問題?『湯を沸かすほどの熱い愛』だって外国の映画祭とかに出品しているのでしょうし、その際には英語字幕用意するんでしょ? なのに…予告編は国内向けのものしか用意しない。)




共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|フィンランドからの出品作 決定

フィンランド代表作は2017年トライベッカ映画祭インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門へ選出された『Tom of Finland(原題)』に決まりました。


ドメ・カルコスキ監督作は2008年度(第81回)にも同国の代表作(作品|『The Home of Dark Butterflies(英題)』)として選出されています。



フィンランドからの出品作
Tom of Finland(英題/原題)
監督|ドメ・カルコスキ Dome Karukoski
製作国|フィンランド / デンマーク / ドイツ / アイスランド / アメリカ


IMDb|Tom of Finland
http://www.imdb.com/title/tt5226984/




Tom Of Finland - Trailer(英語字幕付き)


フィンランドの画家トム・オブ・フィンランド(本名|トウコ・ラークソネン)の伝記もの映画。




共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ラトビアからの出品作 決定

ラトビア代表作は『The Chronicles of Melanie(英題)』に決まりました。



ラトビアからの出品作
The Chronicles of Melanie
原題|Melanijas hronika
監督|ヴィエストゥール・カイリシュ Viestur Kairish
製作国|ラトビア / チェコ共和国 / フィンランド


IMDb|Melanijas hronika (2016)
http://www.imdb.com/title/tt5541426/




The Chronicles of Melanie - Trailer(英語字幕付き)


BGMに特徴がありますが、それは今作の監督は舞台演出家だからでしょうか。




共通テーマ:映画