So-net無料ブログ作成
検索選択

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『私の好きな21世紀映画』(2017年6月付け)|ニューヨーク・タイムズ紙より


ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『私の好きな21世紀映画』(2017年6月9日付け)
Denis Villeneuve's Favorite Films of the 21st-Century|(JUNE 9, 2017)
(ドゥニ・ヴィルヌーヴのリスト [ 9作品 ] にはランク付けのためのナンバリングがなされていません)


【参照】The New York Times(ニューヨーク・タイムズ) 2017年6月9日付け
Six Directors Pick Their Favorite Films of the 21st-Century(6人の映画監督が選んだ「私の好きな21世紀映画」)



ゼア・ウィル・ビー・ブラッド  2007年
英題|There Will Be Blood
監督|ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson




ノーカントリー  2007年
英題|No Country for Old Men
監督|ジョエル・コーエン Joel Coen
   イーサン・コーエン Ethan Coen




預言者  2009年
英題|A Prophet
原題|Un prophète
監督|ジャック・オーディアール Jacques Audiard




アンダー・ザ・スキン 種の捕食  2013年
英題|Under the Skin
監督|ジョナサン・グレイザー Jonathan Glazer




籠の中の乙女  2009年
英題|Dogtooth
原題|Kynodontas
監督|ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos




ドッグヴィル  2003年
英題|Dogville
監督|ラース・フォン・トリアー Lars von Trier




トゥモロー・ワールド  2006年
英題|Children of Men
監督|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón




インセプション  2010年
英題|Inception
監督|クリストファー・ノーラン Christopher Nolan




アモーレス・ペロス  2000年
原題|Amores Perros
監督|アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu



ドゥニ・ヴィルヌーヴ:コメント|(自己流 訳 / ネタバレがあるため一部省略)『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』か『ノーカントリー』か? どちらの映画がベスト映画か?…… おかしな質問です。私はそれらの映画が持つ衝撃にやられてしまっています。その衝撃は今もなお続いています。”時間” は究極の 判事/鑑定家 です。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』には、私の頭を一直線に突き抜けたショット(それはまるで、私の脳を打ち抜きそれが周囲に飛び散るほど木っ端微塵にする弾丸のよう。)が幾つかあります。そういうショットの数々によってこの作品は(時の試練を得ずとも)即座に ”新たなる古典作品” となったのです。同じことをコーエン兄弟の監督作『ノーカントリー』を見ているときにも感じます。/『預言者』と『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』とどちらがいいか? それってリンゴとオレンジです。(=リンゴとオレンジを比べるようなもの)/『籠の中の乙女』の狂気は、私が長らく映画を見てきた中で最も斬新なものでした。ヨルゴス・ランティモスは今活動中の映画製作者の中で最もエキサイティングな人物の一人かもしれません。/ラース・フォン・トリアーの『ドッグヴィル』のことは今でも鮮やかに記憶しています。あのセットのアイデアは天才的でした。/ああ神様、私は映画(シネマ)が大好きです。愛しています。出来るならば自分が大好きな映画をもっと挙げたかった。『トゥモロー・ワールド』『インセプション』『アモーレス・ペロス』のような映画を。/20世紀の終わりに私が映画製作を始めたとき、前の世代の映画製作者たちは「映画(シネマ)は死んだ」と言いました。さて……映画(シネマ)よ、長生きして!



ポール・フェイグ監督の『私の好きな21世紀映画』(2017年6月付け)|ニューヨーク・タイムズ紙より


ポール・フェイグ監督の『私の好きな21世紀映画』(2017年6月9日付け)
Paul Feig's Favorite Films of the 21st-Century|(JUNE 9, 2017)
(ポール・フェイグのリストにはランク付けのためのナンバリングがなされていません。順不同となっています。)


【参照】The New York Times(ニューヨーク・タイムズ) 2017年6月9日付け
Six Directors Pick Their Favorite Films of the 21st-Century(6人の映画監督が選んだ「私の好きな21世紀映画」)



ナポレオン・ダイナマイト  2004年
旧邦題|バス男
別邦題|バス男~ナポレオン★ダイナマイト~
英題|Napoleon Dynamite
監督|ジャレッド・ヘス Jared Hess
※「何度でも繰り返し見ることが出来る映画のひとつ。それはこの映画が非常に風変わりで思いもよらないものだから。コメディって、こういうの見たことがあるなあというものや自分がこういうことやらかしたことあるなあって感じるものが殆どですが、その一方で、独自性のある表現が現れたりします。でしょ?」




ムーラン・ルージュ  2001年
英題|Moulin Rouge!
監督|バズ・ラーマン Baz Luhrmann




シング・ストリート 未来へのうた  2016年
英題|Sing Street
監督|ジョン・カーニー John Carney




デッドプール  2016年
英題|Deadpool
監督|ティム・ミラー Tim Miller




ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日  2013年
英題|This Is the End
監督|セス・ローゲン Seth Rogen
   エヴァン・ゴールドバーグ Evan Goldberg
※「10年か15年おきにコメディは大きな進歩を遂げるものですが、それは誰かがリスクのある冒険的なことをやるからです。で、私にとって今作がそういう作品だったのです。彼らは出来そうにないように思える要素をすべてやってのけました ー 感動的で、面白い」




アメリ  2001年
英題|Amélie
原題|Le fabuleux destin d'Amélie Poulain
監督|ジャン=ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet
※「オドレイ・トトゥは信じられないくらいチャーミングで、あの役は見ていて楽しい。その一方で、あの映画のメイキング・スタイルに一体化しています。基本に忠実でそれでいてスタイリッシュ。皆、彼女にすぐさま恋してしまいます。私の唯一の不満|彼女がスクーターに乗っているシーンで、スクーターに乗る彼女のうしろに自分が乗っていないことですね」




ラブ・アクチュアリー  2003年
英題|Love Actually
監督|Richard Curtis リチャード・カーティス
※「この世で最も不可能な事柄は ”多重のストーリー・ラインを効果的に手際よく動かす” ということ。私は今も映画というものを勉強中です ― で、自分でも驚いてしまうのですが、(今作の監督である)リチャード・カーティスがそれをどうやってやり遂げたのかが未だに分からないのです」




シングルマン  2009年
英題|A Single Man
監督|トム・フォード Tom Ford




月に囚われた男  2009年
英題|Moon
監督|ダンカン・ジョーンズ Duncan Jones
※「最高傑作。今作のサントラは自分のお気に入りサントラのひとつ」




007/カジノ・ロワイヤル  2006年
英題|Casino Royale
監督|マーティン・キャンベル Martin Campbell
※「この作品も私が毎日でも見ることが可能な作品のひとつ。ダニエル・クレイグは私のお気に入りのボンドです。オープニングのパルクール・シーンは今作の素晴らしきアクション・シーンのひとつです。そして、タンカード・トラックが登場する空港のでのシーン ― ここは、ただ大騒ぎするだけのシーンではなく、ちゃんとドラマがあるし、観客がキャラクター(登場人物)について理解するシーンでもあります。あなたがこの暴力的なアクションを見ている間に物語の中へ引き寄せられていったとしたら、それこそが私の言いたい事なんです。私にとってもそれが(この作品の)肝なんです」




裸足の季節  2015年
英題|Mustang
監督|デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン Deniz Gamze Erguven
※「私は今作に完全にぶっ飛ばされました。はっきり言って、自分の道を見つけようとする女性に関する映画はどんなものでも大好きです。胸が引き裂かれるような作品だけれど、とても美しく演出されていました」



ポール・フェイグ:コメント|(自己流 訳)私は非冷笑的な映画製作者です。気持ちが高揚するエンディングが好き。そう、フィール・グッド・ムービー(幸せな気分になる映画)とか、ロマンス映画が大好き。これまでの最高の体験は映画を見ているということを忘れている時(=「今、映画を見ているのだ」という忘れてしまうほど没入している瞬間) もしくは、映画製作者として見ていても「これ、どうやってやったの?」と思ってしまうような時。 ― さて、これが私の好きな映画です。(順不同)