So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

曲目リスト|NHK FM『ディスカバー・マイケル』|「マイケル・ジャクソンの生涯 後編」2019年4月21日(日)放送 


NHK FM 日曜日 21:00~22:00 『ディスカバー・マイケル』
(NHK FM初の1年間限定・定時番組)
出演者|西寺郷太さん(ノーナ・リーヴス)

番組公式サイト ディスカバー・マイケル - NHK

※ NHKラジオ「らじる★らじる」にて聞き逃し配信あり。(一週間限定)
(2019年4月29日(月) 午後3:00 配信終了)





第3回|2019年4月21日(日)「今現在のポップミュージックから聞こえてくるマイケル」
ゲスト|高橋芳朗(たかはし・よしあき)さん(音楽ジャーナリスト)

【曲目リスト】

スレトゥンド(2001年) [ 西寺郷太さん|本日のMJチョイス ]
英題|Threatened
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson




《 MJインフルエンス 》コーナー

ドント・マター・トゥ・ミー(2018年)
英題|Don’t Matter To Me
歌唱|ドレイク feat.マイケル・ジャクソン  Drake featuring Michael Jackson




ホールド・オン、ウィア・ゴーイング・ホーム
英題|Hold On, We're Going Home
歌唱|ドレイク feat. マジッド・ジョーダン Drake featuring Majid Jordan




D.D.(ディー・ディー)(2012年)
英題|D.D.
歌唱|ザ・ウィークエンド The Weeknd
※「ダーティー・ダイアナ」(Dirty Diana)のカバー





キャント・フィール・マイ・フェイス(マーティン・ギャリックス リミックス)
英題|Can’t Feel My Face (Martin Garrix Remix)
歌唱|ザ・ウィークエンド The Weeknd

The Weeknd – Can’t Feel My Face (Official Video)


今までこの歌にマイケル・ジャクソンの影響を感じ取りつつ聴いたことはなかった……『I Feel It Coming』くらいマイケル丸出し感があれば私でも分かるのだけれど。ザ・ウィークエンドは声自体がマイケルによく似てる。






HUMAN NATURE(ヒューマン・ネイチャー)
英題|HUMAN NATURE (MICHAEL JACKSON)
歌唱|ノーナ・リーヴス NONA REEVES
※ アルバム『"CHOICE II" BY NONA REEVES』(2012年)より
※ 『ヒューマン・ネイチャー』のカバー

西寺さんの「マイケルが亡くなったとき、ラジオ番組に呼ばれて局にむかう途中でラジオから『ヒューマン・ネイチャー』が流れてきた。ミュージシャン同士としていつかは対面出来ると信じていたけれど、もうそういうチャンスは無くなってしまったのだなと思ったら涙が溢れてしまい、車を止めて号泣した」という言葉に胸を衝かれます。この世のどこかに生きて存在していてくれるのとそうでないのとではやっぱり……いつかはお別れがくるのだけれどマイケルの場合は早過ぎました。





Physical(フィジカル)
歌唱|ノーナ・リーヴス NONA REEVES
※ アルバム『未来』(2019年)より


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ブルーノ・マーズが紹介されるかなと思っていたけれど無かった、残念。 ― 来週(2019年4月28日)のゲストはティト・ジャクソン!!(マイケル・ジャクソンの兄で、ジャクソン一家の次男) すごい大物がいきなり来た!



2019年(第72回)カンヌ国際映画祭|オフィシャル・セレクション 発表

2019年(第72回)カンヌ国際映画祭は現地日付けで2019年5月14日(火)から5月25日(土)まで開催される予定。 なお、作品は今後も追加される可能性があります。



コンペティション部門の審査員長はメキシコの映画監督/プロデューサー/脚本家であるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥです。



是枝裕和監督の初めての英語作品『La Verite(仮・仏題)』は仕上げが間に合わず、秋のフェスティバルシーズンへ回る模様。(仕上げが間に合うならオープニング・ナイト・フィルムに選ばれるのではないかと予想されていました。)



【参照】
● indiewire  2019/04/18付け記事
2019 Cannes Film Festival Lineup: Terrence Malick, Xavier Dolan, Almodovar Compete for Palme d’Or



■ 公式サイトでの発表(2019/04/18付け)
The 2019 Official Selection


(2019/04/19付け)
The Short Films Selections at the 72nd Festival de Cannes



● カンヌ国際映画祭 公式サイト (英語版)
 http://www.festival-cannes.com/en/

-------------------------------------------------------------------------------------


【2019年(第72回)カンヌ国際映画祭|審査員長】


コンペティション部門

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro Gonzalez Inarritu
(メキシコの映画監督 / プロデューサー / 脚本家)



ある視点部門

ナディーン・ラバキー Nadine Labaki
(レバノンの映画監督 / 女優)



シネフォンダシヨン部門&短編映画部門

クレール・ドゥニ(クレール・ドニ) Claire Denis
(フランスの映画監督)


-------------------------------------------------------------------------------------


【2019年(第72回)カンヌ国際映画祭|オフィシャル・セレクション】
2019 Cannes Film Festival / Festival de Cannes 2019|Official Selection



オープニング・ナイト・フィルム Opening Night Film
※ 2019年度のオープニング・ナイト・フィルムはコンペティションに参加します。

The Dead Don't Die
監督|ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
製作国|アメリカ


-------------------------------------------------------------------------------------


コンペティション部門 Competition


Pain and Glory
原題|Dolor y gloria
監督|ペドロ・アルモドバル Pedro Almodovar
製作国|スペイン




The Traitor
原題|Il traditore
監督|マルコ・ベロッキオ Marco Bellocchio
製作国|イタリア / フランス / ブラジル / ドイツ




The Wild Goose Lake
原題|Nan Fang Che Zhan De Ju Hui/南方車站的聚会
監督|ディアオ・イーナン Diao Yinan(Yi'nan Diao)
製作国|中国




Parasite
監督|ポン・ジュノ Bong Joon-ho
製作国|韓国




Young Ahmed
原題|Le jeune Ahmed
監督|ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
   リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne
製作国|ベルギー





Oh Mercy!
原題|Roubaix, une lumiere
監督|アルノー・デプレシャン Arnaud Desplechin
製作国|フランス




Atlantique
監督|マティ・ディオップ Mati Diop
製作国|フランス




Matthias and Maxime
原題|Matthias et Maxime
監督|グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
製作国|カナダ




Little Joe
監督|ジェシカ・ハウスナー Jessica Hausner
製作国|オーストリア / イギリス / ドイツ




Sorry We Missed You
監督|ケン・ローチ Ken Loach
製作国|イギリス / フランス / ベルギー




Les Miserables(2019年)
監督|Ladj Ly
製作国|フランス
● カメラドール審査対象




A Hidden Life
監督|テレンス・マリック Terrence Malick
製作国|アメリカ / ドイツ




Nighthawk
原題|Bacurau
監督|クレベール・メンドンサ・フィリオ Kleber Mendonca Filho
   Juliano Dornelles
製作国|ブラジル




The Whistlers
別英題|The Passenger
監督|コルネリュ・ポルンボイュ Corneliu Porumboiu
製作国|ルーマニア / フランス / ドイツ




Frankie
監督|アイラ・サックス Ira Sachs
製作国|フランス / ポルトガル / ベルギー / アメリカ




Portrait of a Lady on Fire
原題|Portrait de la jeune fille en feu
監督|セリーヌ・シアマ Celine Sciamma
製作国|フランス




It Must Be Heaven
監督|エリア・スレイマン Elia Suleiman
製作国|フランス / カナダ




Sibyl
監督|ジュスティーヌ・トリエ Justine Triet
製作国|フランス


-------------------------------------------------------------------------------------


ある視点部門 Un Certain Regard


Invisible Life
原題|Vida invisivel
監督|カリン・アイヌー Karim Ainouz
製作国|ブラジル




Evge
監督| Nariman Aliev
製作国|ウクライナ
● カメラドール審査対象




Beanpole
原題|Dylda
監督|カンテミール・バラゴ Kantemir Balagov
製作国|ロシア




The Swallows of Kabul
原題|Les Hirondelles de Kaboul
監督|ザブー・ブライトマン Zabou Breitman (ザブー Zabou)
   Elea Gobe Mevellec
製作国|フランス




A Brother's Love
原題|La Femme de mon frere
監督|モニア・ショクリ Monia Chokri
製作国|カナダ
● カメラドール審査対象




The Climb
監督|マイケル・コヴィーノ Michael Covino
製作国|アメリカ
● カメラドール審査対象




Joan of Arc
原題|Jeanne
監督|ブリュノ・デュモン Bruno Dumont
製作国|フランス




Room 212
原題|Chambre 212
監督|クリストフ・オノレ Christophe Honore
製作国|フランス




A Sun That Never Sets
原題|O que arde (Viendra le feu)
監督|オリヴェル・ラセ Olivier Laxe
製作国|フランス / ルクセンブルグ / スペイン




Port Authority
監督|Danielle Lessovitz
製作国|アメリカ
● カメラドール審査対象




Papicha
監督|Mounia Meddour
製作国|フランス




Nina Wu
原題|Zhuo Ren Mi Mi/灼人秘密
監督|ミディ・Z Midi Z
製作国|台湾




Freedom
原題|Liberte
監督|アルベルト・セラ Albert Serra
製作国|スペイン




Bull
監督|アニー・シルヴァースタイン Annie Silverstein
製作国|アメリカ
● カメラドール審査対象




Adam
監督|Maryam Touzani
製作国|モロッコ




Summer of Changsha
原題|六欲天
監督|ズー・フォン Zu Feng
製作国|中国
● カメラドール審査対象


-------------------------------------------------------------------------------------


コンペティション外部門 Out of Competition


The Best Years of Life
英題|Les plus belles annees d'une vie
監督|クロード・ルルーシュ Claude Lelouch
製作国|フランス




ロケットマン
英題|Rocketman
監督|デクスター・フレッチャー Dexter Fletcher
製作国|イギリス




Too Old to Die Young (2 Episodes)
監督|ニコラス・ウィンディング・レフン Nicolas Winding Refn
製作国|アメリカ
※ Amazon Video 配信のテレビシリーズ




Diego Maradona
監督|アシフ・カパディア Asif Kapadia
製作国|イギリス
※ ディエゴ・マラドーナのドキュメンタリー




Belle Epoque
原題|La Belle Époque
監督|ニコラ・ブドス Nicolas Bedos
製作国|フランス


-------------------------------------------------------------------------------------


深夜上映(ミッドナイト・スクリーニング)部門 Midnight Screenings


The Gangster, The Cop, The Devil
監督|イ・テウォン Lee Won-Tae
製作国|韓国


-------------------------------------------------------------------------------------


特別上映(スペシャル・スクリーニング)部門 Special Screenings


Share
監督|ピッパ・ビヤンコ Pippa Bianco
製作国|アメリカ
● カメラドール審査対象




For Sama
監督|Waad Al Kateab
   エフォワード・ワッツ Edward Watts
製作国|イギリス




Family Romance, LLC
監督|ヴェルナー・ヘルツォーク Werner Herzog
製作国|ドイツ
※ 日本で撮影した日本語作品とのこと。




Tommaso
監督|アベル・フェラーラ Abel Ferrara
製作国|アメリカ




To Be Alive and Know It
原題|Être vivant et le savoir
監督|アラン・カヴァリエ Alain Cavalier
製作国|フランス




Que Sea Ley
監督|フアン・ソラナス Juan Solanas
製作国|アルゼンチン


-------------------------------------------------------------------------------------


短編映画部門 Short films


The Van
監督|Erenik Beqiri Albania
製作国|フランス




Anna
監督|Dekel Berenson
製作国|ウクライナ / イスラエル / イギリス




The Jump
監督|Vanessa Dumont
   Nicolas Davenel
製作国|フランス




The Distance Between Us and the Sky
監督|Vasilis Kekatos
製作国|ギリシャ / フランス




All Inclusive
監督|Teemu Nikki
製作国|フィンランド




Who Talks
原題|Ingen lyssnar
監督|Elin Övergaard
製作国|スウェーデン




And Then the Bear
監督|Agnès Patron
製作国|フランス




Butterflies
原題|Parparim
監督|Yona Rozenkier
製作国|イスラエル



Monster God
原題|Monstruo Dios
監督|Agustina San Martín
製作国|アルゼンチン




White Echo
監督|Chloë Sevigny
製作国|アメリカ




The Nap
原題|La Siesta
監督|Federico Luis Tachella
製作国|アルゼンチン


-------------------------------------------------------------------------------------


シネフォンダシヨン部門 Cinefondation


Ambience
監督|Wisam Al Jafari
学校|Dar al-Kalima University College of Arts and Culture
国|パレスチナ




Mano a mano
監督|Louise Courvoisier
学校|CinéFabrique
国|フランス




One Hundred and Twenty-Eight Thousand
原題|Sto dvacet osm tisíc
監督|Ondřej Erban
学校|FAMU
国|チェコ共和国




Jeremiah
監督|Kenya Gillespie
学校|University of Texas at Austin
国|アメリカ




Pura vida
監督|Martin Gonda
学校|FTF VŠMU – Film and Television Faculty, Academy of Performing Arts
国|スロバキア




Adam
監督|Shoki Lin
学校|NTU
国|シンガポール




Rift
原題|Netek
監督|Yarden Lipshitz
学校|Louz Sapir College
国|イスラエル




Solar Plexus
監督|David McShane
学校|NFTS
国|イギリス




Rosso: A True Lie About a Fisherman
原題|Rosso : La Vera storia falsa del pescatore Clemente
監督|Antonio Messana
学校|La Fémis
国|フランス




As Up to Now
原題|Ahogy eddig
監督|Katalin Moldovai
学校|Budapest Metropolitan University (METU)
国|ハンガリー




Favourites
原題|Favoriten
監督|Martin Monk
学校|Filmakademie Wien
国|オーストリア




Roadkill
監督|Leszek Mozga
学校|UAL
国|イギリス




The Little Soul
原題|Duszyczka
監督|Barbara Rupik
学校|PWSFTviT
国|ポーランド




Hiêu
監督|Richard Van
学校|CalArts
国|アメリカ




Bamboe
監督|Flo Van Deuren
学校|RITCS
国|ベルギー




Complex Subject
原題|Slozhnopodchinennoe
監督|Olesya Yakovleva
学校|St Petersburg State University of Film and Television
国|ロシア




Alien
原題|Reonghee
監督|Yeon Jegwang
学校|Korea National University of Arts
国|韓国




共通テーマ:映画

チャゲ&飛鳥(CHAGE and ASKA)|デビュー曲『ひとり咲き』(1979年)


今年(2019年)8月25日でデビュー40周年です。



RollingStone Japan  2019年4月17日付け記事
デビュー40周年のASKA、「万里の河」をめぐる出会いのストーリー

僕らはヤマハからデビューしたんですけど、当時はヤマハのパワーがすごくて、そのヤマハが総力を挙げて宣伝してくれたんですよ。異例のデビューですよね。それで発売直後は10何位までは行ったんだけど続かなくて、75、76位になったんです。そしたら突然『夜のヒットスタジオ』から連絡があって、来週番組に出演出来ると。『夜のヒットスタジオ』って月曜の夜10時からの1時間番組だったんだけど、ものすごい視聴率で、ヒットチャート50位以内に入っていないと出られないというルールのようなものがありましたからね。でも、俺達70位代なわけで……何が起こったんだろうと思って。レコード会社もビックリしているわけ(笑)。

ASKA:<中略> リハーサルはTVサイズでやったんですけど、ランスルーは急遽フルサイズでやったんです。で、本番。歌う僕らに雪がバンバン降るわの(笑)、すごい演出で。なぜ「ひとり咲き」で雪なのか分からなかったけど、とに角、新人で初出演でフルサイズの5分半。それで、翌日からレコードが一気に動き始めた。そこで初めて全国区になったんです。で、何でそのことが起きたかというと吉田拓郎さんがドタキャンしたらしく、拓郎さんが歌う予定だったのが「外は白い雪の夜」(笑)。 <中略> 拓郎さんが1週間前にドタキャンして、5分半に合う曲はどれだって探した結果が「ひとり咲き」。あの曲、5分27秒の曲で、ほぼ尺が一緒だった。それで、じゃあチャゲアスで!って出演出来たわけです。拓郎さんがその後、「俺のドタキャンも新人のためになるんだな」って(笑)。


それがこれ ↓ だね!
確かに新人のセットにしては豪華だなあと思ったらそんなことが。
「翌日からレコードが一気に動き始めた。そこで初めて全国区になった」ってすごく解る。



デビュー曲|ひとり咲き  1979年(昭和54年)8月25日リリース

チャゲ&飛鳥(CHAGE and ASKA) 『ひとり咲き』






チャゲ&飛鳥(CHAGE and ASKA) 『ひとり咲き』


私はチャゲ&飛鳥がテレビで『ひとり咲き』を歌うのを見て彼らを好きになったので、ワーナー・パイオニアからキャニオン・レコードへ移籍したときには正直、寂しかった。移籍後の『モーニングムーン』を見て聞いて「こういうのをやりたかったのだな」と納得し「なぜ今までのところでは出来なかったのか?」と不思議に思った記憶があります。

チャゲアスの代表曲として、初期の『ひとり咲き』『流恋情歌』やアルバム『風舞』(かぜまい)『熱風』も忘れないで、って思ってしまう。







これ、初めて見た。『風舞』をテレビで歌ったんですね。貴重。

チャゲ&飛鳥|風舞(かぜまい)


向かい合ってラジオ形式でやっているんですね。自己紹介で血液型と星座と体重と身長を発表とか(笑) 「コッキーポップ」ってラジオ番組だけじゃなくてテレビ番組もあったんですね!知らなかった。





夢から夢へ / 終章(エピローグ)~追想の主題(アルバム『風舞』より)







熱風 / 花暦(アルバム『熱風』より)(1981年)






あばんぎゃるど / 翼(アルバム『熱風』より)(1981年)


テレビで新人グループのアルバム曲をこんなにたっぷりと歌わせてくれるなんて。贅沢な番組。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


RollingStone Japan  2019年4月17日付け記事
デビュー40周年のASKA、「万里の河」をめぐる出会いのストーリー

ASKA:そうですね。言葉に関しては、歌を歌う時に語呂がいいものが乗っかっていればそれでいいやって思っていましたら。ただ、「ひとり咲き」は今から考えても、若い作品だけどそれなりに狙って書いているので、20歳の作品にしては、それなりに完成度の高い作品だと思っています。それは、楽曲の完成度ではなく、コンテスト用としてという意味です。それ以外の当時の曲は本当に「ど」が付くほどアマチュアで。特に詞に関しては全くダメでした。デビューした時、プロデューサーがすごく厳しい人で、歌詞の大切さをこんこんと突きつけられたんですよ。ところが本人は、「歌詞なんて」ってところがまだあったので。 ASKA:そうですね。でも、ちゃんとした歌詞が上がらないとプロデューサー権限で次のレコーディングをやらせてもらえなくて。で、2枚目のシングル「流恋情歌」は、結局書いた楽曲があまりに駄作だったんでしょうね、順位がやっぱりへこんで、ヤマハの僕らへの応援ムードも一気にへこみかけたんだけど、ここは踏ん張りどころだなと思って、ヤマハの当時の部長に直接会いに行ったんですよ。

―どうしたんですか?|ASKA:「次の曲は絶対ヒットさせるので応援お願いします。必ずヒット曲書きます」と公言しましたね。それで書いたのが「万里の河」。なので「万里の河」は何もかもヒット曲狙いで書いた曲です。今にして思えば、若造の大したことのないものですが、ヒット曲はどうやって作るかの自分なりのhow toみたいなのがあって、そのhow toで書いた曲です。で、それがヒットしたために、「ひとり咲き」と「万里の河」でアーティスト色が決まってしまって、今度はそこで苦しむことになるんです。いわゆる「CHAGE and ASKA=演歌フォーク的なものを歌う人」「CHAGE and ASKA=大陸的な歌を歌う人」ってやつです。僕自身は映画音やカーペンターズ、サイモン&ガーファンクルとかが大好きで、当時、ヒット曲になりそうな「演歌フォーク」的な曲を書きました。しかし、体の中から自然に湧いてきたものじゃないから、底が見えるわけです。

ASKA:それで、従来自分が聴いてきたポップス路線に早く乗り換えないと駄目になるなと思ったんです。しかし、プロデューサーは、「演歌フォークだから売れた。ポップスの世界はお前が考えているものより幅があり激戦区だ。それだと、きっと埋もれてしまう可能性が高いから、そこに行くことはすすめない」と。けれど、自分としては行き詰まっているのが分かっていたので、少しずつ路線を変更して行ったんですけど、一度ついた印象を払拭するのは本当に大変で。ラジオに出ても、「CHAGE and ASKAと言えば大陸的な〜」っていう類の紹介しかしてくれなくて。で、これを変えるには、もう根底からイメージを変えなくちゃと思ってロンドンに行ったんです。1年になるか2年になるか分からないっていう気持ちで行ったんですけど、結果は半年で帰ってきちゃいました。ただ、たかが半年向こうに住んだだけで、日本のメディアは「ASKA、ロンドンへ音楽留学」とか取り上げてくれて。あれは体を張ったイメチェンで、成功しましたね。

これ、言われちゃうとなあ……この時代の作品も好きだった者としては辛い。私もカーペンターズ、サイモン&ガーファンクルみたいなポップスも好きだけど、デビュー直後のこの感じも好きだったよ。売れたことでプロデューサーに路線変更を反対されたんですね。移籍前にもポップス路線の曲はあったのだから、それが大きく当たっていれば事情は変わったのかあ?わからない。でも路線変更は正解ですよ。1980年代へ入って数年、演歌フォーク調の大陸的イメージの楽曲はもうちょっと……な時期だったし。



タグ:その他

曲目リスト|NHK FM『ディスカバー・マイケル』|「マイケル・ジャクソンの生涯 後編」2019年4月14日(日)放送


西寺郷太さん「今年2019年はマイケル・ジャクソンが亡くなって10年、そしてジャクソン5でモータウンからデビューして50年という記念すべき年です」……もう10年も経つのですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

NHK FM 日曜日 21:00~22:00 『ディスカバー・マイケル』
(NHK FM初の1年間限定・定時番組)
出演者|西寺郷太さん

番組公式サイト ディスカバー・マイケル - NHK


※ NHKラジオ「らじる★らじる」にて聞き逃し配信あり。(一週間限定)
(2019年4月22日(月) 午後3:00 配信終了)




第2回|2019年4月14日(日)「マイケル・ジャクソンの生涯 後編」

【曲目リスト】


セイ・セイ・セイ(1983年) [ 西寺郷太さん|本日のMJチョイス ]
英題|Say Say Say
歌唱|ポール・マッカートニー Paul McCartney
   マイケル・ジャクソン Michael Jackson




BAD(バッド)(1987年)
英題|Bad
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson
初のワールドツアー「Bad World Tour(バッド・ワールド・ツアー)」(1987年9月12日から1989年1月27日まで)は日本から開始。マイケルはチンパンジーのバブルスくんを伴って来日。(バブルスくんは別便で)




ブラック・オア・ホワイト(1991年)
英題|Black or White
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson




スクリーム(1995年)
英題|Scream
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson
   ジャネット・ジャクソン Janet Jackson




ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア(1997年)
英題|Blood on the Dance Floor
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson

西寺郷太さん「1991年『デンジャラス』(Dangerous)のときに作った楽曲。当時ちょっと古いなと正直、思ったが、今(=2010年代)になるとこの曲がもしかしたら典型的な This is Michael Jackson (=これこそがマイケル・ジャクソン)という、サウンドをひっくるめた完成型じゃないかという気がする。1997年に1991年のサウンドそのまま出した(=1997年当時ふうにリミックスしなかった)ところにマイケル・ジャクソンの先見性というか、1991年の曲を1997年に作り直さなかったことがマイケル・ジャクソンのド真ん中を貫くこの大傑作に繋がっているのかなという気がする」「マイケルにしか出せないサウンド」

西寺郷太さん「アルバム『デンジャラス』のころ、マドンナにコラボレーションしようとマイケルから声をかけたことがあった。マイケルはマドンナから『ひとつ条件がある。私と一緒にニューヨークのクラブに行かない?あなたみたいな恰好をしている人、もういないわよ』と言われた。これは僕の好きな話なんですが。」

西寺郷太さん「マドンナは90年代にどんどんどんどんメタモルフォーゼ(変身/転生)して、その当時一番新しい若い男性・若い女性と絡んでいって、30代40代と自分を革新していった。 ”去年までの私じゃない、今年の私はこれ” を繰り返しながら90年代に即したサウンドを作り、2000年代に入ってもヒット曲を出した。マイケルは This is Michael Jackson というファッションやサウンドを守った。どちらがえらかったかは分からない。結局マドンナとのコラボはマイケルから断るという形になり『デンジャラス』にマドンナが参加することはなかった。最終的に何十年も経った今、これはこれとしてマスターピースとして残っている。アーティストの生き残り方というかアーティストの美学というか、そのマイケルとマドンナとの話で(=このエピソードを通じて)感じるところがあるかな、と」

Michael Jackson - Blood On The Dance Floor (Official Video)








バタフライズ(2001年)
英題|Butterflies
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson




ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド(2014年リリース)
英題|Love Never Felt So Good
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson
1983年にポール・アンカと共に制作、マイケルのデモ音源が残っていた。






【郷太先生の音楽講座】

Why(ホワイ)(1996年)
英題|Why
歌唱|3T(スリー・ティー) featuring マイケル・ジャクソン 3T featuring Michael Jackson

3T - Why? (Official Video) ft. Michael Jackson



-------------------------------------------------------------------------------------

毎月 第3週めは音楽ジャーナリストの高橋芳朗(たかはし・よしあき)さんと共に「MJインフルエンス」と題してお届け。次回(2019年4月21日)は「今現在のポップミュージックから聞こえてくるマイケル」という切り口でマイケルの影響を受けた現在の人気アーティストをピックアップ、だそうです。楽しみ!



曲目リスト|NHK FM『ディスカバー・マイケル』|「マイケル・ジャクソンの生涯 前編」2019年4月7日(日)放送

あっという間の1時間!久しぶりに聴いた曲もあって、楽しかったです。1年に渡って毎週、一人のミュージシャン限定で特集するなんて贅沢な企画!(番組が終わった後はどうしてももっと聴きたくなって YouTube 漁りをしたり spotify でマイケルのプレイリストを聴いてしまう)

『ディスカバー・マイケル』は radiko のタイムフリーでは聞けないのですね。あららら。途中、コーヒー淹れていて少し聞き逃したところがある。番組は一年間あるのに聞き逃したら最後とは。一期一会。スリリング! (2019/04/14 追記) NHKラジオ「らじる★らじる」にて聞き逃し配信があるそうです。(一週間限定)

(2019/04/15 追記)「らじる★らじる」で再聴しました。民放ラジオのように老人向け健康食品や過払い金を取り戻そうとかの法律事務所のCMが入らないので正直とても快適♪ 曲もたっぷり長尺で流してくれるし、聞き逃し配信もあるし、つくづく贅沢な番組です。

-------------------------------------------------------------------------------

NHK FM 日曜日 21:00~22:00 『ディスカバー・マイケル』
(NHK FM初の1年間限定・定時番組)
出演者|西寺郷太さん


番組公式サイト ディスカバー・マイケル - NHK


※ NHKラジオ「らじる★らじる」にて聞き逃し配信あり(一週間限定) (2019年4月7日放送ぶんは 2019年4月15日午後3:00 配信終了)




第1回|2019年4月7日(日)「マイケル・ジャクソンの生涯 前編」

【曲目リスト】

キャント・ストップ・ラヴィング・ユー(1987年) [ 西寺郷太さん|本日のMJチョイス ]
(冒頭にマイケルの囁き台詞入りのバージョン)
英題|I Just Can't Stop Loving You
歌唱|マイケル・ジャクソン ft.サイーダ・ギャレット Michael Jackson feat. Siedah Garrett

Michael Jackson - I Just Can't Stop Loving You (Feat. Siedah Garrett)







帰ってほしいの(1969年)
英題|I Want You Back
歌唱|ジャクソン5 The Jackson 5

I Want You Back - The Jackson 5
("Goin Back To Indiana" TV special in 1971)







アイル・ビー・ゼア(1970年)
英題|I'll Be There
歌唱|ジャクソン5 The Jackson 5




ベンのテーマ(1972年)
英題|Ben
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson




ダンシング・マシーン(1973年)
(1973年『ゲット・イット・トゥゲザー』アルバム収録/1974年にシングルとしてリリース)
英題|Dancing Machine
歌唱|ジャクソン5 The Jackson 5

Dancing Machine - The Jackson 5
(1974年3月16日『キャロル・バーネット・ショー』The Carol Burnett Show)







今夜はブギー・ナイト(1978年)
英題|Blame It on the Boogie
歌唱|ザ・ジャクソンズ The Jacksons




今夜はドント・ストップ(1979年)
英題|Don't Stop 'Til You Get Enough
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson




今夜はビート・イット(1983年)
英題|Beat It
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson





【リスナーからのリクエストに応えて】

ミュージック・アンド・ミー(1973年)
英題|Music and Me
歌唱|マイケル・ジャクソン Michael Jackson

Michael Jackson - Music And Me




前の5件 | -