So-net無料ブログ作成

2010年度アメリカ映画俳優組合賞 受賞発表

2010年度アメリカ映画俳優組合賞 受賞発表
(The Screen Actors Guild Awards/SAG Awards)


【映画 Theatrical Motion Pictures】
アンサンブル演技賞(キャスト賞) 
Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture
   英国王のスピーチ
     コリン・ファース 
     ジェフリー・ラッシュ 
     ヘレナ・ボナム=カーター 
     ガイ・ピアース 
     ティモシー・スポール
     デレク・ジャコビ 
     マイケル・ガンボン
     ジェニファー・イーリー
     アンソニー・アンドリュース 
     クレア・ブルーム  

主演男優賞 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Leading Role
   コリン・ファース (英国王のスピーチ)

主演女優賞 
Outstanding Performance by a Female Actor in a Leading Role
   ナタリー・ポートマン (ブラック・スワン)

助演男優賞 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Supporting Role
   クリスチャン・ベール (ザ・ファイター)

助演女優賞 
Outstanding Performance by a Female Actor in a Supporting Role
   メリッサ・レオ (ザ・ファイター)

スタントアンサンブル賞
Outstanding Performance by a Stunt Ensemble in a Motion Picture
   インセプション



以下は、TV部門。
【TV(プライムタイム) Primetime Television】

主演男優賞<ドラマシリーズ部門> 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Drama Series
   スティーヴ・ブシェミ (Boardwalk Empire)

主演女優賞<ドラマシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Drama Series
   ジュリアナ・マルグリーズ (グッド・ワイフ)

主演男優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Comedy Series
   アレック・ボールドウィン (30 ROCK/サーティー・ロック)

主演女優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Comedy Series
   ベティ・ホワイト (Modern Family Hot in Cleveland)  ※間違えていました。すみません。

主演男優賞<TV映画・TVミニシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Television Movie or Miniseries
   アル・パチーノ (死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実)

主演女優賞<TV映画・TVミニシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Television Movie or Miniseries
   クレア・デインズ (Temple Grandin)

アンサンブル演技賞<ドラマシリーズ部門> 
Outstanding Performance by an Ensemble in a Drama Series
   Boardwalk Empire
    スティーヴ・ブシェミ 
    マイケル・ピット 
    ケリー・マクドナルド 
    マイケル・シャノン 
    シェー・ウィガム 
    アレクサ・パラディノ 
    マイケル・スタールバーグ 
    スティーヴン・グレアム 
    ヴィンセント・ピアッツァ 
    パス・デ・ラ・ウエルタ 
    マイケル・ケネス・ウィリアムズ 
    グレッチェン・モル
    ポール・スパークス 
    アントニー・ラシューラ  
    ダブニー・コールマン 

アンサンブル演技賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by an Ensemble in a Comedy Series
   Modern Family
    エド・オニール 
    ソフィア・ベルガラ 
    ジュリー・ボーウェン 
    タイ・バーレル 
    ジェシー・タイラー・ファーガソン   
    エリック・ストーンストリート 
    サラ・ハイランド  
    リコ・・ロドリゲス  
    アリエル・ウィンター 
    ノーラン・グールド

スタントアンサンブル賞 
Outstanding Performance by a Stunt Ensemble in a Television Series
   トゥルーブラッド


功労賞 (2010年08月18日付けでアナウンス済み)
The Screen Actors Guild Life Achievement Award
   アーネスト・ボーグナイン


タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2010年度アメリカ監督組合賞 受賞発表  

やややっ!! この結果は!! ―  記事 → こちら 


アメリカ監督組合賞
(The Directors Guild of America Awards/DGA Awards) 受賞発表

Outstanding Directorial Achievement in Feature Film for 2010
監督賞(劇場映画)
   トム・フーパー (英国王のスピーチ)


Outstanding Directorial Achievement in Documentary for 2010
監督賞(ドキュメンタリー映画)
   チャールズ・ファーガソン (Inside Job)


Outstanding Directorial Achievement in Movies for Television and Mini-Series for 2010
監督賞(TV映画/TVミニシリーズ)
   ミック・ジャクソン (Temple Grandin)


Outstanding Directorial Achievement in Dramatic Series for 2010
監督賞(TV:ドラマ・シリーズ)
   マーティン・スコセッシ (Boardwalk Empire)


Outstanding Directorial Achievement in Comedy Series for 2010
監督賞(TV:コメディ・シリーズ)
   マイケル・スピラー (Modern Family)


Outstanding Directorial Achievement in Musical Variety for 2010
監督賞(TV:ミュージカル・バラエティ)
   グレン・ワイス  (第64回トニー賞〔授賞式〕) 


Outstanding Directorial Achievement in Reality Programs for 2010
監督賞(TV:リアリティ・ショー)
   エイタン・ケラー (The Next Iron Chef, "Episode #301")


Outstanding Directorial Achievement in Daytime Serials for 2010
監督賞(TV:デイタイム・シリアル〔昼放送の連続もの〕)
   ラリー・カーペンター (One Life to Live, "Episode #10,687")


Outstanding Directorial Achievement in Children's Programs for 2010
監督賞(子供向け番組)
   エリック・ブロス (The Boy Who Cried Werewolf)


Outstanding Directorial Achievement in Commercials for 2010
監督賞(TV:TVコマーシャル)
   ステイシー・ウォール
     "Rise," Nike; 
     "Really?," Microsoft;  
     "Slim Chin & D Rose," Adidas;  
     "Handshake," Nike



なんか…アレかねぇ、デヴィッド・フィンチャーは「アカデミー賞のあれやこれや(=キャンペンーン)は嫌いだ」って公言してしまったのがまずかったのかねえ。それともGG賞でのスピーチがよくなかった(便箋3枚!!くらいに書いてきた文章を見ながらスピーチ)のかねえ。まぁ、関係ない……か。

なお、アメリカ監督組合にはアニメーション作品の監督は加入していません。実写映画・実写TVドラマ・実写TV番組、実写のTVCMの監督が対象ということのようです。


タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2011年(第27回)サンダンス映画祭 受賞発表

2011年(第27回)サンダンス映画祭の受賞結果の発表がありました。

昨年のこの賞の受賞リスト Wikipedia - List of Sundance Film Festival award winners を見てもわかるとおり、受賞作がアカデミー賞へも絡んでくることが年々多くなってきて、ますます重要度・注目度が高まっているサンダンス映画祭です。

【参照記事】 → こちら とか こちら


● サンダンス・インスティテュート 公式サイト(トップページ) Sundance Institute

-----------------------------------------------------------------------------------------

2011年(第27回)サンダンス映画祭 受賞結果
(Sundance Film Festival)


グランプリ〔審査員大賞〕(ドラマ部門)
Grand Jury Prize: Dramatic 
  今日、キミに会えたら Like Crazy 
  製作国:アメリカ U.S.A.
  監督:ドレイク・ドレマス Drake Doremus
※ 昨年の『ウインターズ・ボーン』に引き続き、ジェニファー・ローレンス出演作が大賞受賞。
  彼女は、「持っている」人、なんでしょうね。
※ パラマウント・ヴァンテージが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



グランプリ〔審査員大賞〕(ドキュメンタリー部門)
Grand Jury Prize: Documentary
  How to Die in Oregon  
  監督:ピーター・D・リチャードソン Peter D. Richardson



ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕(ドラマ部門)
World Cinema Jury Prize:Dramatic
  Happy, Happy  原題:Sykt lykkelig 
  監督:Anne Sewitsky



ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Jury Prize:Documentary
  Hell and Back Again 
  監督:ダンファン・デニス Danfung Dennis
※ New Videoが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



観客賞(USドラマ部門)
Audience Award: U.S. Dramatic
  Circumstance  
  監督:Maryam Keshavarz
※ パーティシパント・メディアとロードサイド・アトラクションズが
  北米での配給権を獲得。2011年08月に北米公開。



観客賞(USドキュメンタリー部門)
Audience Award: U.S. Documentary
  Buck  
  監督:シンディ・ミール Cindy Meehl
※ IFC Filmsが北米での配給権を獲得。
  2011年06月に北米公開(限定公開)。



ワールド・シネマ 観客賞(ドラマ部門)
World Cinema Audience Award: Dramatic
  キニアルワンダ Kinyarwanda  
  監督:アルリック・ブラウン Alrick Brown



ワールド・シネマ 観客賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Audience Award: Documentary
  アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ Senna  
  監督:アシフ・カパディア Asif Kapadia



ベスト・オブ・ネクスト 観客賞
Best of NEXT Audience Award
  To.get.her  
  監督: Erica Dunton



US監督賞(ドラマ部門)
U.S. Directing Award: Dramatic
  マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene  
  監督:ショーン・ダーキン Sean Durkin
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



US監督賞(ドキュメンタリー部門)
U.S. Directing Award: Documentary
  Resurrect Dead: The Mystery of the Toynbee Tiles  
  監督: Jon Foy


 
ワールド・シネマ 監督賞(ドラマ部門)
World Cinema Directing Award: Dramatic
  思秋期 Tyrannosaur  
  監督: パディ・コンシダイン Paddy Considine


 
ワールド・シネマ 監督賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Directing Award: Documentary
  プロジェクト・ニム Project Nim  
  監督:ジェームズ・マーシュ James Marsh
※ ロードサイド・アトラクションズが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。



ウォルド・ソルト脚本賞
Waldo Salt Screenwriting Award
  アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち Another Happy Day  
  監督 / 脚本:サム・レヴィンソン Sam Levinson



ワールド・シネマ 脚本賞
World Cinema Screenwriting Award
  Restoration (原題:Boker tov adon fidelman)
  脚本:Erez Kav-El  
  監督: Yossi Madmoni



US編集賞(ドキュメンタリー部門)
U.S. Documentary Editing Award
  もしもぼくらが木を失ったら
  If a Tree Falls: A Story of the Earth Liberation Front
  監督:マーシャル・カリー Marshall Curry
      サム・カルマン Sam Cullman
※ オシロスコープ・ラボラトリーズ(Oscilloscope Laboratories)が
  北米での配給権を獲得。



ワールド・シネマ 編集賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Documentary Editing Award
  The Black Power Mixtape 1967-1975



撮影におけるエクセレンス賞(USドラマ部門)
Excellence in Cinematography Award: U.S. Dramatic
  Pariah 
  撮影: ブラッドフォード・ヤング Bradford Young 
  監督: ディー・リース Dee Rees
※ フォーカス・フューチャーズが北米での配給権を獲得。



撮影におけるエクセレンス賞(USドキュメンタリー部門)
Excellence in Cinematography Award: U.S. Documentary
  The Redemption of General Butt Naked
  撮影: Ryan Hill
       Peter Hutchens
       Eric Strauss
  監督: Daniele Anastasion 
       Eric Strauss



ワールド・シネマ 撮影賞(ドラマ部門)
World Cinema Cinematography Award: Dramatic
  All Your Dead Ones (原題:Todos tus muertos)



ワールド・シネマ 撮影賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Cinematography Award: Documentary
  Hell and Back Again
  監督:ダンファン・デニス Danfung Dennis
※ New Videoが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



USドラマ 審査員特別賞
U.S. Dramatic Special Jury Prize
  アナザー プラネット Another Earth
  監督:マイク・ケイヒル Mike Cahill
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。



USドラマ 審査員特別賞(演技に対して)
U.S. Dramatic Special Jury Prize for Acting
  フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones 
  作品:今日、キミに会えたら Like Crazy
※ パラマウント・ヴァンテージが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



ワールド・シネマ 審査員特別賞(演技に対して)
World Cinema Dramatic Special Jury Prize for Acting
  思秋期 Tyrannosaur



USドキュメンタリー 審査員特別賞 
World Cinema Documentary Special Jury Prize
  Being Elmo: A Puppeteer's Journey



ワールド・シネマ・ドキュメンタリー 審査員特別賞 
World Cinema Documentary Special Jury Prize
  Position Among The Stars (原題:Stand van de Sterren)




サンダンス・NHK国際映像作家賞
The Sundance/NHK International Filmmaker Award
  Cherien Dabis



アルフレッド・P・スローン賞
The Alfred P. Sloan Feature Film Prizes
  アナザー プラネット Another Earth
  監督:マイク・ケイヒル Mike Cahill
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。




短編映画製作 審査員賞
The Jury Prize in Short Filmmaking
  Brick Novax pt 1 and 2  
  監督: Matt Piedmont



国際短編映画製作 審査員賞
The Jury Prize in International Short Filmmaking
  Deeper Than Yesterday  
  監督: Ariel Kleiman



短編映画製作 佳作
Honorable Mentions in Short Filmmaking
  ・Choke, writer-director Michelle Latimer
  ・Diarchy, writer-director Ferdinando Cito Filomarino
  ・The External World, writer-director David O'Reilly
  ・The Legend of Beaver Dam, director Jerome Sable
  ・Out of Reach, writer-director Jakub Stozek
  ・Protoparticles, writer-director Chema Garcia Ibarra





共通テーマ:映画

アカデミー賞 最多ノミネート作品の数々  

Nathaniel Rogers氏 (ブロードキャスト批評家協会の会員である映画コラムニストで、NYのフリーランスのライターだそうです)のブログ The Film Experience の記事 12+ Nominations. An Elite Club Gets a New Member.

これによると、83回のアカデミー賞のうち ノミネート数が12以上の作品は25作品のみ、だそうです。


25作品のリストは以下のとおり。

Gone With the Wind (1939) 13 ノミネート/ 8 受賞
風と共に去りぬ

Mrs. Miniver (1942) 12 ノミネート/ 6 受賞
ミニヴァー夫人

The Song of Bernadette (1943) 12 ノミネート/4 受賞
聖処女

Johnny Belinda (1948)  12 ノミネート/ 1 受賞
ジョニー・ベリンダ

All About Eve (1950)  14 ノミネート/ 6 受賞
イヴの総て

A Streetcar Named Desire (1951)  12 ノミネート/ 4 受賞
欲望という名の電車

From Here To Eternity (1953)  13 ノミネート/ 8 受賞
地上(ここ)より永遠に   

On the Waterfront (1954) 12 ノミネート/ 8 受賞
波止場

Ben Hur (1959) 12 ノミネート/ 11 受賞
ベン・ハー

My Fair Lady (1964)  12 ノミネート/ 8 受賞
マイ・フェア・レディ

Becket (1964) 12 ノミネート/ 1 受賞
ベケット

Mary Poppins (1964)  13 ノミネート/ 5 受賞
メリー・ポピンズ

Who's Afraid of Virginia Woolf? (1966) 13 ノミネート/ 5 受賞
バージニア・ウルフなんかこわくない

Reds (1981)  12 ノミネート/ 3 受賞
レッズ

Dances With Wolves (1990)  12 ノミネート/ 7 受賞
ダンス・ウィズ・ウルブズ

Schindler's List (1993)  12 ノミネート/ 7 受賞
シンドラーのリスト

Forrest Gump (1994)  13 ノミネート/ 6 受賞
フォレスト・ガンプ/一期一会

The English Patient (1996)  12 ノミネート/ 9 受賞
イングリッシュ・ペイシェント

Titanic (1997)  14 ノミネート/ 11 受賞
タイタニック

Shakespeare in Love (1998)  13 ノミネート/ 7 受賞
恋におちたシェイクスピア

Gladiator (2000)  12 ノミネート/ 5 受賞
グラディエーター

The Lord of the Ring: The Fellowship of the Ring (2001)  13 ノミネート/ 4 受賞
ロード・オブ・ザ・リング

Chicago (2003) 13 ノミネート/ 6 受賞
シカゴ

The Curious Case of Benjamin Button (2008)  13 ノミネート/ 3 受賞
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

The King's Speech (2010)  12 ノミネート/ ???
英国王のスピーチ


上記25作品のうち、最もノミネート数が多かった作品 (2作品)
  タイタニック (1997) 14 ノミネート/ 11 受賞
  イヴの総て (1950) 14 ノミネート/ 6 受賞

上記25作品のうち、最も受賞数が多かった作品 (2作品)
  ベン・ハー (1959) 12 ノミネート/ 11 受賞
  タイタニック (1999) 14 ノミネート/ 11 受賞

************************************************************************************************************
この「ノミネート数が12以上の25作品」を受賞数順に並び替えてみると……
そして、作品賞を受賞した作品には◎を、受賞できなかった作品には×を付けてみると……

◎タイタニック (1997)                14 ノミネート/11 受賞    
◎ベン・ハー (1959)                 12 ノミネート/11 受賞

◎イングリッシュ・ペイシェント (1996)        12 ノミネート/ 9 受賞

◎風と共に去りぬ (1939)              13 ノミネート/8 受賞    
◎地上(ここ)より永遠に (1953)          13 ノミネート/8 受賞
◎波止場 (1954)                   12 ノミネート/8 受賞
◎マイ・フェア・レディ (1964)             12 ノミネート/8 受賞

◎ダンス・ウィズ・ウルブズ (1990)          12 ノミネート/7 受賞
◎シンドラーのリスト (1993)             12 ノミネート/7 受賞
◎恋におちたシェイクスピア (1998)         13 ノミネート/7 受賞

◎ミニヴァー夫人 (1942)                12 ノミネート/6 受賞
◎イヴの総て (1950)                  14 ノミネート/6 受賞
◎フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)       13 ノミネート/6 受賞
◎シカゴ (2003)                     13 ノミネート/6 受賞

×メリー・ポピンズ (1964)                13 ノミネート/5 受賞   
×バージニア・ウルフなんかこわくない (1966)    13 ノミネート/5 受賞
◎グラディエーター (2000)               12 ノミネート/5 受賞

×聖処女 (1943)                     12 ノミネート/4 受賞
×欲望という名の電車 (1951)              12 ノミネート/4 受賞
×ロード・オブ・ザ・リング (2001)            13 ノミネート/4 受賞

×レッズ (1981)                      12 ノミネート/3 受賞
×ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)      13 ノミネート/3 受賞

×ジョニー・ベリンダ (1948)               12 ノミネート/1 受賞
×ベケット (1964)                     12 ノミネート/1 受賞

 英国王のスピーチ (2010)               12 ノミネート/???
   

作品賞を 受賞できた作品は  (「英国王のスピーチ」を除く) 24作品中 15 作品
      できなかった作品は ………………………………  24作品中 09 作品 

これを「12以上ノミネートされた作品の約6割が受賞している」と捉えるか「12以上ノミネートされた作品のうち約4割が受賞できずに終わっている」と捉えるか、さて?



共通テーマ:映画

ミュージック・クリップ|2010年度(第83回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)ノミネート曲


【2010年度(第83回)アカデミー賞 主題歌賞(歌曲賞) ノミネート曲(4曲)】






楽曲名|「僕らはひとつ」
英題|We Belong Together
歌唱|ランディ・ニューマン Randy Newman

作品|トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3 
作詞/作曲|ランディ・ニューマン Randy Newman


Toy Story 3 - We Belong Together - Randy Newman



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「輝く未来」
英題|I See the Light
歌唱|マンディ・ムーア Mandy Moore
   ザカリー・リーヴァイ Zachary Levi

作品|塔の上のラプンツェル
英題|Tangled 
作詞|グレン・スレイター Glenn Slater
作曲|アラン・メンケン Alan Menken


Mandy Moore & Zachary Levi - I See The Light - Tangled



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「If I Rise」(英題)
歌唱|ディド Dido
   A・R・ラフマーン A.R. Rahman

作品|127時間
英題|127 Hours 
作詞|ディド Dido
   ロロ・アームストロング Roland 'Rollo' Armstrong
作曲|A・R・ラフマーン A.R. Rahman


Music Video|If I Rise - 127 Hours



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「Coming Home」(英題)
歌唱|グウィネス・パルトロー Gwyneth Paltrow

作品|カントリー・ストロング
英題|Country Strong 
作詞/作曲|トム・ダグラス Tom Douglas
     トロイ・ヴァージス Troy Verges
     ヒラリー・リンジー Hillary Lindsey


Gwyneth Paltrow - Coming Home (from Country Strong)



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2010年度(第83回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)
★ …… 受賞


「僕らはひとつ」
 作品|トイ・ストーリー3
 英題|Toy Story 3



「輝く未来」
作品|塔の上のラプンツェル
英題|Tangled



「If I Rise」
作品|127時間
英題|127 Hours



「Coming Home」
作品|カントリー・ストロング
英題|Country Strong