So-net無料ブログ作成

2010年度アメリカ映画俳優組合賞 受賞発表

2010年度アメリカ映画俳優組合賞 受賞発表
(The Screen Actors Guild Awards/SAG Awards)


【映画 Theatrical Motion Pictures】
アンサンブル演技賞(キャスト賞) 
Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture
   英国王のスピーチ
     コリン・ファース 
     ジェフリー・ラッシュ 
     ヘレナ・ボナム=カーター 
     ガイ・ピアース 
     ティモシー・スポール
     デレク・ジャコビ 
     マイケル・ガンボン
     ジェニファー・イーリー
     アンソニー・アンドリュース 
     クレア・ブルーム  

主演男優賞 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Leading Role
   コリン・ファース (英国王のスピーチ)

主演女優賞 
Outstanding Performance by a Female Actor in a Leading Role
   ナタリー・ポートマン (ブラック・スワン)

助演男優賞 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Supporting Role
   クリスチャン・ベール (ザ・ファイター)

助演女優賞 
Outstanding Performance by a Female Actor in a Supporting Role
   メリッサ・レオ (ザ・ファイター)

スタントアンサンブル賞
Outstanding Performance by a Stunt Ensemble in a Motion Picture
   インセプション



以下は、TV部門。
【TV(プライムタイム) Primetime Television】

主演男優賞<ドラマシリーズ部門> 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Drama Series
   スティーヴ・ブシェミ (Boardwalk Empire)

主演女優賞<ドラマシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Drama Series
   ジュリアナ・マルグリーズ (グッド・ワイフ)

主演男優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Comedy Series
   アレック・ボールドウィン (30 ROCK/サーティー・ロック)

主演女優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Comedy Series
   ベティ・ホワイト (Modern Family Hot in Cleveland)  ※間違えていました。すみません。

主演男優賞<TV映画・TVミニシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Television Movie or Miniseries
   アル・パチーノ (死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実)

主演女優賞<TV映画・TVミニシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Television Movie or Miniseries
   クレア・デインズ (Temple Grandin)

アンサンブル演技賞<ドラマシリーズ部門> 
Outstanding Performance by an Ensemble in a Drama Series
   Boardwalk Empire
    スティーヴ・ブシェミ 
    マイケル・ピット 
    ケリー・マクドナルド 
    マイケル・シャノン 
    シェー・ウィガム 
    アレクサ・パラディノ 
    マイケル・スタールバーグ 
    スティーヴン・グレアム 
    ヴィンセント・ピアッツァ 
    パス・デ・ラ・ウエルタ 
    マイケル・ケネス・ウィリアムズ 
    グレッチェン・モル
    ポール・スパークス 
    アントニー・ラシューラ  
    ダブニー・コールマン 

アンサンブル演技賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by an Ensemble in a Comedy Series
   Modern Family
    エド・オニール 
    ソフィア・ベルガラ 
    ジュリー・ボーウェン 
    タイ・バーレル 
    ジェシー・タイラー・ファーガソン   
    エリック・ストーンストリート 
    サラ・ハイランド  
    リコ・・ロドリゲス  
    アリエル・ウィンター 
    ノーラン・グールド

スタントアンサンブル賞 
Outstanding Performance by a Stunt Ensemble in a Television Series
   トゥルーブラッド


功労賞 (2010年08月18日付けでアナウンス済み)
The Screen Actors Guild Life Achievement Award
   アーネスト・ボーグナイン


タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2010年度アメリカ監督組合賞 受賞発表  

やややっ!! この結果は!! ―  記事 → こちら 


アメリカ監督組合賞
(The Directors Guild of America Awards/DGA Awards) 受賞発表

Outstanding Directorial Achievement in Feature Film for 2010
監督賞(劇場映画)
   トム・フーパー (英国王のスピーチ)


Outstanding Directorial Achievement in Documentary for 2010
監督賞(ドキュメンタリー映画)
   チャールズ・ファーガソン (Inside Job)


Outstanding Directorial Achievement in Movies for Television and Mini-Series for 2010
監督賞(TV映画/TVミニシリーズ)
   ミック・ジャクソン (Temple Grandin)


Outstanding Directorial Achievement in Dramatic Series for 2010
監督賞(TV:ドラマ・シリーズ)
   マーティン・スコセッシ (Boardwalk Empire)


Outstanding Directorial Achievement in Comedy Series for 2010
監督賞(TV:コメディ・シリーズ)
   マイケル・スピラー (Modern Family)


Outstanding Directorial Achievement in Musical Variety for 2010
監督賞(TV:ミュージカル・バラエティ)
   グレン・ワイス  (第64回トニー賞〔授賞式〕) 


Outstanding Directorial Achievement in Reality Programs for 2010
監督賞(TV:リアリティ・ショー)
   エイタン・ケラー (The Next Iron Chef, "Episode #301")


Outstanding Directorial Achievement in Daytime Serials for 2010
監督賞(TV:デイタイム・シリアル〔昼放送の連続もの〕)
   ラリー・カーペンター (One Life to Live, "Episode #10,687")


Outstanding Directorial Achievement in Children's Programs for 2010
監督賞(子供向け番組)
   エリック・ブロス (The Boy Who Cried Werewolf)


Outstanding Directorial Achievement in Commercials for 2010
監督賞(TV:TVコマーシャル)
   ステイシー・ウォール
     "Rise," Nike; 
     "Really?," Microsoft;  
     "Slim Chin & D Rose," Adidas;  
     "Handshake," Nike



なんか…アレかねぇ、デヴィッド・フィンチャーは「アカデミー賞のあれやこれや(=キャンペンーン)は嫌いだ」って公言してしまったのがまずかったのかねえ。それともGG賞でのスピーチがよくなかった(便箋3枚!!くらいに書いてきた文章を見ながらスピーチ)のかねえ。まぁ、関係ない……か。

なお、アメリカ監督組合にはアニメーション作品の監督は加入していません。実写映画・実写TVドラマ・実写TV番組、実写のTVCMの監督が対象ということのようです。


タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2011年(第27回)サンダンス映画祭 受賞発表

2011年(第27回)サンダンス映画祭の受賞結果の発表がありました。

昨年のこの賞の受賞リスト Wikipedia - List of Sundance Film Festival award winners を見てもわかるとおり、受賞作がアカデミー賞へも絡んでくることが年々多くなってきて、ますます重要度・注目度が高まっているサンダンス映画祭です。

【参照記事】 → こちら とか こちら


● サンダンス・インスティテュート 公式サイト(トップページ) Sundance Institute

-----------------------------------------------------------------------------------------

2011年(第27回)サンダンス映画祭 受賞結果
(Sundance Film Festival)


グランプリ〔審査員大賞〕(ドラマ部門)
Grand Jury Prize: Dramatic 
  今日、キミに会えたら Like Crazy 
  製作国:アメリカ U.S.A.
  監督:ドレイク・ドレマス Drake Doremus
※ 昨年の『ウインターズ・ボーン』に引き続き、ジェニファー・ローレンス出演作が大賞受賞。
  彼女は、「持っている」人、なんでしょうね。
※ パラマウント・ヴァンテージが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



グランプリ〔審査員大賞〕(ドキュメンタリー部門)
Grand Jury Prize: Documentary
  How to Die in Oregon  
  監督:ピーター・D・リチャードソン Peter D. Richardson



ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕(ドラマ部門)
World Cinema Jury Prize:Dramatic
  Happy, Happy  原題:Sykt lykkelig 
  監督:Anne Sewitsky



ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Jury Prize:Documentary
  Hell and Back Again 
  監督:ダンファン・デニス Danfung Dennis
※ New Videoが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



観客賞(USドラマ部門)
Audience Award: U.S. Dramatic
  Circumstance  
  監督:Maryam Keshavarz
※ パーティシパント・メディアとロードサイド・アトラクションズが
  北米での配給権を獲得。2011年08月に北米公開。



観客賞(USドキュメンタリー部門)
Audience Award: U.S. Documentary
  Buck  
  監督:シンディ・ミール Cindy Meehl
※ IFC Filmsが北米での配給権を獲得。
  2011年06月に北米公開(限定公開)。



ワールド・シネマ 観客賞(ドラマ部門)
World Cinema Audience Award: Dramatic
  キニアルワンダ Kinyarwanda  
  監督:アルリック・ブラウン Alrick Brown



ワールド・シネマ 観客賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Audience Award: Documentary
  アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ Senna  
  監督:アシフ・カパディア Asif Kapadia



ベスト・オブ・ネクスト 観客賞
Best of NEXT Audience Award
  To.get.her  
  監督: Erica Dunton



US監督賞(ドラマ部門)
U.S. Directing Award: Dramatic
  マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene  
  監督:ショーン・ダーキン Sean Durkin
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



US監督賞(ドキュメンタリー部門)
U.S. Directing Award: Documentary
  Resurrect Dead: The Mystery of the Toynbee Tiles  
  監督: Jon Foy


 
ワールド・シネマ 監督賞(ドラマ部門)
World Cinema Directing Award: Dramatic
  思秋期 Tyrannosaur  
  監督: パディ・コンシダイン Paddy Considine


 
ワールド・シネマ 監督賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Directing Award: Documentary
  プロジェクト・ニム Project Nim  
  監督:ジェームズ・マーシュ James Marsh
※ ロードサイド・アトラクションズが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。



ウォルド・ソルト脚本賞
Waldo Salt Screenwriting Award
  アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち Another Happy Day  
  監督 / 脚本:サム・レヴィンソン Sam Levinson



ワールド・シネマ 脚本賞
World Cinema Screenwriting Award
  Restoration (原題:Boker tov adon fidelman)
  脚本:Erez Kav-El  
  監督: Yossi Madmoni



US編集賞(ドキュメンタリー部門)
U.S. Documentary Editing Award
  もしもぼくらが木を失ったら
  If a Tree Falls: A Story of the Earth Liberation Front
  監督:マーシャル・カリー Marshall Curry
      サム・カルマン Sam Cullman
※ オシロスコープ・ラボラトリーズ(Oscilloscope Laboratories)が
  北米での配給権を獲得。



ワールド・シネマ 編集賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Documentary Editing Award
  The Black Power Mixtape 1967-1975



撮影におけるエクセレンス賞(USドラマ部門)
Excellence in Cinematography Award: U.S. Dramatic
  Pariah 
  撮影: ブラッドフォード・ヤング Bradford Young 
  監督: ディー・リース Dee Rees
※ フォーカス・フューチャーズが北米での配給権を獲得。



撮影におけるエクセレンス賞(USドキュメンタリー部門)
Excellence in Cinematography Award: U.S. Documentary
  The Redemption of General Butt Naked
  撮影: Ryan Hill
       Peter Hutchens
       Eric Strauss
  監督: Daniele Anastasion 
       Eric Strauss



ワールド・シネマ 撮影賞(ドラマ部門)
World Cinema Cinematography Award: Dramatic
  All Your Dead Ones (原題:Todos tus muertos)



ワールド・シネマ 撮影賞(ドキュメンタリー部門)
World Cinema Cinematography Award: Documentary
  Hell and Back Again
  監督:ダンファン・デニス Danfung Dennis
※ New Videoが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



USドラマ 審査員特別賞
U.S. Dramatic Special Jury Prize
  アナザー プラネット Another Earth
  監督:マイク・ケイヒル Mike Cahill
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。



USドラマ 審査員特別賞(演技に対して)
U.S. Dramatic Special Jury Prize for Acting
  フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones 
  作品:今日、キミに会えたら Like Crazy
※ パラマウント・ヴァンテージが北米での配給権を獲得。
  2011年10月に北米公開。



ワールド・シネマ 審査員特別賞(演技に対して)
World Cinema Dramatic Special Jury Prize for Acting
  思秋期 Tyrannosaur



USドキュメンタリー 審査員特別賞 
World Cinema Documentary Special Jury Prize
  Being Elmo: A Puppeteer's Journey



ワールド・シネマ・ドキュメンタリー 審査員特別賞 
World Cinema Documentary Special Jury Prize
  Position Among The Stars (原題:Stand van de Sterren)




サンダンス・NHK国際映像作家賞
The Sundance/NHK International Filmmaker Award
  Cherien Dabis



アルフレッド・P・スローン賞
The Alfred P. Sloan Feature Film Prizes
  アナザー プラネット Another Earth
  監督:マイク・ケイヒル Mike Cahill
※ フォックス・サーチライトが北米での配給権を獲得。
  2011年07月に北米公開。




短編映画製作 審査員賞
The Jury Prize in Short Filmmaking
  Brick Novax pt 1 and 2  
  監督: Matt Piedmont



国際短編映画製作 審査員賞
The Jury Prize in International Short Filmmaking
  Deeper Than Yesterday  
  監督: Ariel Kleiman



短編映画製作 佳作
Honorable Mentions in Short Filmmaking
  ・Choke, writer-director Michelle Latimer
  ・Diarchy, writer-director Ferdinando Cito Filomarino
  ・The External World, writer-director David O'Reilly
  ・The Legend of Beaver Dam, director Jerome Sable
  ・Out of Reach, writer-director Jakub Stozek
  ・Protoparticles, writer-director Chema Garcia Ibarra





共通テーマ:映画

アカデミー賞 最多ノミネート作品の数々  

Nathaniel Rogers氏 (ブロードキャスト批評家協会の会員である映画コラムニストで、NYのフリーランスのライターだそうです)のブログ The Film Experience の記事 12+ Nominations. An Elite Club Gets a New Member.

これによると、83回のアカデミー賞のうち ノミネート数が12以上の作品は25作品のみ、だそうです。


25作品のリストは以下のとおり。

Gone With the Wind (1939) 13 ノミネート/ 8 受賞
風と共に去りぬ

Mrs. Miniver (1942) 12 ノミネート/ 6 受賞
ミニヴァー夫人

The Song of Bernadette (1943) 12 ノミネート/4 受賞
聖処女

Johnny Belinda (1948)  12 ノミネート/ 1 受賞
ジョニー・ベリンダ

All About Eve (1950)  14 ノミネート/ 6 受賞
イヴの総て

A Streetcar Named Desire (1951)  12 ノミネート/ 4 受賞
欲望という名の電車

From Here To Eternity (1953)  13 ノミネート/ 8 受賞
地上(ここ)より永遠に   

On the Waterfront (1954) 12 ノミネート/ 8 受賞
波止場

Ben Hur (1959) 12 ノミネート/ 11 受賞
ベン・ハー

My Fair Lady (1964)  12 ノミネート/ 8 受賞
マイ・フェア・レディ

Becket (1964) 12 ノミネート/ 1 受賞
ベケット

Mary Poppins (1964)  13 ノミネート/ 5 受賞
メリー・ポピンズ

Who's Afraid of Virginia Woolf? (1966) 13 ノミネート/ 5 受賞
バージニア・ウルフなんかこわくない

Reds (1981)  12 ノミネート/ 3 受賞
レッズ

Dances With Wolves (1990)  12 ノミネート/ 7 受賞
ダンス・ウィズ・ウルブズ

Schindler's List (1993)  12 ノミネート/ 7 受賞
シンドラーのリスト

Forrest Gump (1994)  13 ノミネート/ 6 受賞
フォレスト・ガンプ/一期一会

The English Patient (1996)  12 ノミネート/ 9 受賞
イングリッシュ・ペイシェント

Titanic (1997)  14 ノミネート/ 11 受賞
タイタニック

Shakespeare in Love (1998)  13 ノミネート/ 7 受賞
恋におちたシェイクスピア

Gladiator (2000)  12 ノミネート/ 5 受賞
グラディエーター

The Lord of the Ring: The Fellowship of the Ring (2001)  13 ノミネート/ 4 受賞
ロード・オブ・ザ・リング

Chicago (2003) 13 ノミネート/ 6 受賞
シカゴ

The Curious Case of Benjamin Button (2008)  13 ノミネート/ 3 受賞
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

The King's Speech (2010)  12 ノミネート/ ???
英国王のスピーチ


上記25作品のうち、最もノミネート数が多かった作品 (2作品)
  タイタニック (1997) 14 ノミネート/ 11 受賞
  イヴの総て (1950) 14 ノミネート/ 6 受賞

上記25作品のうち、最も受賞数が多かった作品 (2作品)
  ベン・ハー (1959) 12 ノミネート/ 11 受賞
  タイタニック (1999) 14 ノミネート/ 11 受賞

************************************************************************************************************
この「ノミネート数が12以上の25作品」を受賞数順に並び替えてみると……
そして、作品賞を受賞した作品には◎を、受賞できなかった作品には×を付けてみると……

◎タイタニック (1997)                14 ノミネート/11 受賞    
◎ベン・ハー (1959)                 12 ノミネート/11 受賞

◎イングリッシュ・ペイシェント (1996)        12 ノミネート/ 9 受賞

◎風と共に去りぬ (1939)              13 ノミネート/8 受賞    
◎地上(ここ)より永遠に (1953)          13 ノミネート/8 受賞
◎波止場 (1954)                   12 ノミネート/8 受賞
◎マイ・フェア・レディ (1964)             12 ノミネート/8 受賞

◎ダンス・ウィズ・ウルブズ (1990)          12 ノミネート/7 受賞
◎シンドラーのリスト (1993)             12 ノミネート/7 受賞
◎恋におちたシェイクスピア (1998)         13 ノミネート/7 受賞

◎ミニヴァー夫人 (1942)                12 ノミネート/6 受賞
◎イヴの総て (1950)                  14 ノミネート/6 受賞
◎フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)       13 ノミネート/6 受賞
◎シカゴ (2003)                     13 ノミネート/6 受賞

×メリー・ポピンズ (1964)                13 ノミネート/5 受賞   
×バージニア・ウルフなんかこわくない (1966)    13 ノミネート/5 受賞
◎グラディエーター (2000)               12 ノミネート/5 受賞

×聖処女 (1943)                     12 ノミネート/4 受賞
×欲望という名の電車 (1951)              12 ノミネート/4 受賞
×ロード・オブ・ザ・リング (2001)            13 ノミネート/4 受賞

×レッズ (1981)                      12 ノミネート/3 受賞
×ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)      13 ノミネート/3 受賞

×ジョニー・ベリンダ (1948)               12 ノミネート/1 受賞
×ベケット (1964)                     12 ノミネート/1 受賞

 英国王のスピーチ (2010)               12 ノミネート/???
   

作品賞を 受賞できた作品は  (「英国王のスピーチ」を除く) 24作品中 15 作品
      できなかった作品は ………………………………  24作品中 09 作品 

これを「12以上ノミネートされた作品の約6割が受賞している」と捉えるか「12以上ノミネートされた作品のうち約4割が受賞できずに終わっている」と捉えるか、さて?



共通テーマ:映画

ミュージック・クリップ|2010年度(第83回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)ノミネート曲


【2010年度(第83回)アカデミー賞 主題歌賞(歌曲賞) ノミネート曲(4曲)】






楽曲名|「僕らはひとつ」
英題|We Belong Together
歌唱|ランディ・ニューマン Randy Newman

作品|トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3 
作詞/作曲|ランディ・ニューマン Randy Newman


Toy Story 3 - We Belong Together - Randy Newman



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「輝く未来」
英題|I See the Light
歌唱|マンディ・ムーア Mandy Moore
   ザカリー・リーヴァイ Zachary Levi

作品|塔の上のラプンツェル
英題|Tangled 
作詞|グレン・スレイター Glenn Slater
作曲|アラン・メンケン Alan Menken


Mandy Moore & Zachary Levi - I See The Light - Tangled



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「If I Rise」(英題)
歌唱|ディド Dido
   A・R・ラフマーン A.R. Rahman

作品|127時間
英題|127 Hours 
作詞|ディド Dido
   ロロ・アームストロング Roland 'Rollo' Armstrong
作曲|A・R・ラフマーン A.R. Rahman


Music Video|If I Rise - 127 Hours



--------------------------------------------------------------------------------------------


楽曲名|「Coming Home」(英題)
歌唱|グウィネス・パルトロー Gwyneth Paltrow

作品|カントリー・ストロング
英題|Country Strong 
作詞/作曲|トム・ダグラス Tom Douglas
     トロイ・ヴァージス Troy Verges
     ヒラリー・リンジー Hillary Lindsey


Gwyneth Paltrow - Coming Home (from Country Strong)



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2010年度(第83回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)
★ …… 受賞


「僕らはひとつ」
 作品|トイ・ストーリー3
 英題|Toy Story 3



「輝く未来」
作品|塔の上のラプンツェル
英題|Tangled



「If I Rise」
作品|127時間
英題|127 Hours



「Coming Home」
作品|カントリー・ストロング
英題|Country Strong



ミュージック・クリップ|2010年度(第83回)アカデミー賞作曲賞ノミニー


2010年度(第83回)アカデミー賞 作曲賞ノミニー





トレント・レズナー Trent Reznor
アッティカス・ロス Atticus Ross
作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network


Hand Covers Bruise - Soundtrack - The Social Network






The Social Network - Regatta Sequence
(Score: In the Hall of the Mountain King)



-------------------------------------------------------------------------------------------


ジョン・パウエル John Powell
作品|ヒックとドラゴン
英題|How to Train Your Dragon


How to Train Your Dragon - Flying theme



-------------------------------------------------------------------------------------------


ハンス・ジマー Hans Zimmer
作品|インセプション
英題|Inception


Inception - Soundtrack - 12. Time







エディット・ピアフの『水に流して』(Non, je ne regrette rien)と『インセプション』 のスコアとの比較。

Inception Music Comparison




-------------------------------------------------------------------------------------------


アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech


The King's Speech - Soundtrack - The Rehearsal



-------------------------------------------------------------------------------------------


A・R・ラフマーン A.R. Rahman
作品|127時間 
英題|127 Hours


127 Hours - Soundtrack - Liberation



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2010年度(第83回)アカデミー賞作曲賞ノミニーのメドレー・クリップ



Best Score|Oscars Soundtrack Medley 2011(2010年度/メドレー)


1. ソーシャル・ネットワーク

2. ヒックとドラゴン

3. 英国王のスピーチ

4. 127時間

5. インセプション


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


★ …… 2010年度(第83回)アカデミー賞作曲賞受賞


ソーシャル・ネットワーク
 ヒックとドラゴン
 インセプション
 英国王のスピーチ
 127時間



今年の俳優4部門 ― 2010年度(第83回)アカデミー賞 ―

【主演男優賞】 (5人の平均年齢:42.2歳)

ハヴィエル・バルデム Javier Bardem (41歳/スペイン)
作品|Biutiful ビューティフル
英題|Biutiful



ジェフ・ブリッジス Jeff Bridges (61歳/アメリカ)
作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit



ジェシー・アイゼンバーグ Jesse Eisenberg (27歳/アメリカ)
作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network



コリン・ファース Colin Firth (50歳/イギリス)
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech



ジェームズ・フランコ James Franco (32歳/アメリカ)
作品|127時間
英題|127 Hours


落選組
ロバート・デュヴァル Robert Duvall (80歳)
作品|Get Low(英題)

ライアン・ゴズリング Ryan Gosling (30歳)
作品|ブルーバレンタイン
英題|Blue Valentine


30代になったばかりのゴズリング、今回ノミネートされれば2度目の主演男優賞部門へのノミネートということになるはずでしたが、若くして主演男優賞へ2度目のノミネートということになるとそこは厳しい目でジャッジされる、ということでしょうか。今回は超ベテラン枠(超高齢者枠)は発動されず、20代から60代の各世代が欠けることなくきっちりノミネートされました。主演男優賞部門のノミニーが20代から60代までばらけるという結構珍しい結果です。

------------------------------------------------------------------------------------------

【主演女優賞】 (5人の平均年齢:34.8歳)

アネット・ベニング Annette Bening (52歳/アメリカ)
作品|キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right



ニコール・キッドマン Nicole Kidman (43歳/豪州)
作品|ラビット・ホール
英題|Rabbit Hole



ジェニファー・ローレンス Jennifer Lawrence (20歳/アメリカ)
作品|ウインターズ・ボーン
英題|Winter's Bone



ナタリー・ポートマン Natalie Portman (29歳/アメリカ [イスラエル生まれ]
作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan



ミシェル・ウィリアムス Michelle Williams (30歳/アメリカ)
作品|ブルーバレンタイン
英題|Blue Valentine


落選
ヒラリー・スワンク Hilary Swank (35歳)
作品|ディア・ブラザー
英題|Conviction


主演女優賞のほうはメインとなる年齢20代後半~30代で、主演男優賞より10歳程度若くなるのですが、今回も同様の傾向が出ました。 若干若めですかね。

若い男優に厳しく若い女優には優しい結果がでるのは「アカデミー会員には中高年の男性が多いから」です。女性のアカデミー会員が増えてくれば今後は傾向も変化してくるかもしれませんが、それは数年単位では到底変らず、十数年単位もしくは数十年単位でしか変化しないでしょう。アカデミー会員が一時(いちどき)に大幅なメンバーチェンジをするということはなく、自然減にまかせ自然に減ったぶんを補充するかのような新規メンバーの追加という方式を採っているからです。ある程度の実績を認められた人物がアカデミー会員として招待されるわけですから、新規で招待された時点で新規招待者の年齢がそれなりに高くなっているのは当然。若くして招待される人もいますが少数だし、若くして招待された人もどんどんと高齢になります。男女の比率は徐々にでも変わることはあっても、意識的に若い人間をそうとう大量に補充しない限り中高年が多いという傾向は今後もおそらく変わりません。でも、若手をいっぺんに大量招待ということは起こらないでしょう。

------------------------------------------------------------------------------------------

【助演男優賞】 (5人の平均年齢:45.6歳)

クリスチャン・ベール Christian Bale (36歳/イギリス)
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter



ジョン・ホークス John Hawkes (51歳/アメリカ)
作品|ウインターズ・ボーン
英題|Winter's Bone



ジェレミー・レナー Jeremy Renner (39歳/アメリカ)
作品|ザ・タウン
英題|The Town



マーク・ラファロ Mark Ruffalo (43歳/アメリカ)
作品|キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right



ジェフリー・ラッシュ Geoffrey Rush (59歳/豪州)
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech


落選
アンドリュー・ガーフィールド Andrew Garfield (26歳)
作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network


映画オンリーというわけでなくTVドラマシリーズなどにも出演し地道にキャリアを積み上げてきた地味な俳優が、好役を得て突如日の目を見ることがあるのが助演部門。地味な役を演じている俳優の中にも巧い俳優がごまんといるということです。アメリカの演劇業界の層の厚さを感じる部門でもあります。また、助演男優賞にしろ助演女優賞にしろ、地味なキャリア・小さな役を演じ続けている俳優たちの励みになる部門ではないでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------------

【助演女優賞】 (5人の平均年齢:41.4歳)

エイミー・アダムス Amy Adams (36歳/アメリカ [イタリア生まれ] )
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter



ヘレナ・ボナム=カーター Helena Bonham Carter (44歳/イギリス)
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech



メリッサ・レオ Melissa Leo (50歳/アメリカ)
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter



ヘイリー・ステインフィールド Hailee Steinfeld (14歳/アメリカ)
作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit



ジャッキー・ウィーヴァー Jacki Weaver (63歳/豪州)
作品|アニマル・キングダム
英題|Animal Kingdom


落選
ミラ・クニス Mila Kunis (26歳)
作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan


助演女優部門も20代はいませんが各世代が比較的まんべんなく分布しました。18歳以下の子役女優があっさりとノミネートされるという傾向は以前からありますが、そういう結果を見る度にちょっと複雑な気分になります。子役女優はノミネートされやすいけれど子役男優はそうでもない、ですしね。この部門は助演と言っても出番がほんの少ししか無いような役でノミネートされるケースもありますが、今年はまずまず“助演らしい”役を得た方々が入ったということでしょうか。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今年は、オーストラリア出身者とイギリス出身者が多いですね。




共通テーマ:映画

2010年度(第83回)アカデミー賞:作品別ノミネート数

2010年度(第83回)アカデミー賞:作品別ノミネート数


【12】 英国王のスピーチ
作品賞
監督賞
主演男優賞
助演男優賞
助演女優賞
脚本賞
編集賞
撮影賞
美術賞
衣装デザイン賞
作曲賞
音響調整賞(録音賞 / Sound Mixing)




【10】 トゥルー・グリット
作品賞
監督賞
主演男優賞
助演女優賞
脚色賞
撮影賞
美術賞
衣装デザイン賞
音響調整賞(録音賞 / Sound Mixing)
音響編集賞(音響効果賞 / Sound Editing)




【8】 ソーシャル・ネットワーク
作品賞
監督賞
主演男優賞
脚色賞
編集賞
撮影賞
作曲賞
音響調整賞(録音賞 / Sound Mixing)




【8】 インセプション
作品賞
脚本賞
撮影賞
美術賞
作曲賞
音響調整賞(録音賞 / Sound Mixing)
音響編集賞(音響効果賞 / Sound Editing)
視覚効果賞




【7】 ザ・ファイター
作品賞
監督賞
助演男優賞
助演女優賞(2人)
脚本賞
編集賞




【6】 127時間
作品賞
主演男優賞
脚色賞
編集賞
作曲賞
主題歌賞




【5】 ブラック・スワン
作品賞
監督賞
主演女優賞
撮影賞
編集賞




【5】 トイ・ストーリー3
作品賞
脚色賞
主題歌賞
音響編集賞(音響効果賞 / Sound Editing)
長編アニメ映画賞




【4】 キッズ・オールライト
作品賞
主演女優賞
助演男優賞
脚本賞




【4】 ウインターズ・ボーン
作品賞
主演女優賞
助演男優賞
脚色賞




【2】 Biutiful ビューティフル
主演男優賞
外国語映画賞




【2】 アリス・イン・ワンダーランド
美術賞
衣装デザイン賞




【2】 ヒックとドラゴン
作曲賞
長編アニメ映画賞




【2】 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
美術賞
視覚効果賞




【1】 ザ・タウン
助演男優賞



【1】 ラビット・ホール
主演女優賞
 


【1】 ブルーバレンタイン
主演女優賞



【1】 アニマル・キングダム
助演女優賞



【1】 家族の庭
脚本賞



【1】 籠の中の乙女
外国語映画賞



【1】 未来を生きる君たちへ
外国語映画賞



【1】 灼熱の魂
外国語映画賞



【1】 Outside the Law(英題)
外国語映画賞



【1】 イリュージョニスト
長編アニメ映画賞



【1】 ミラノ、愛に生きる
衣装デザイン賞



【1】 テンペスト
衣装デザイン賞



【1】 ウルフマン
メイクアップ賞



【1】 バーニーズ・バージョン ローマと共に
メイクアップ賞



【1】 ウェイバック 脱出6500km
メイクアップ賞



【1】 塔の上のラプンツェル
主題歌賞



【1】 カントリー・ストロング
主題歌賞



【1】 アイアンマン2
視覚効果賞



【1】 ヒア アフター
視覚効果賞



【1】 ソルト
音響調整賞(録音賞 / Sound Mixing)



【1】 トロン:レガシー
音響編集賞(音響効果賞 / Sound Editing)



【1】 アンストッパブル
音響編集賞(音響効果賞 / Sound Editing)


※ 長編ドキュメンタリー映画賞、短編映画賞3賞は除く。




共通テーマ:映画

2010年度(第83回)アカデミー賞 ノミネーション発表

● 映画芸術科学アカデミー 公式サイト(トップページ)
 The Academy of Motion Picture Arts and Sciences


--------------------------------------------------------------------------------------------

2010年度(第83回)アカデミー賞 ノミネーション結果
The 83rd Academy Awards



【作品賞】 Best Film (9作品)

127時間
英題|127 Hours
プロデューサー|クリスチャン・コルソン Christian Colson
        ダニー・ボイル  Danny Boyle
        ジョン・スミッソン John Smithson
米国配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




ブラック・スワン
英題|Black Swan
プロデューサー|マイク・メダヴォイ Mike Medavoy
        ブライアン・オリヴァー Brian Oliver
        スコット・フランクリン Scott Franklin
米国配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




ザ・ファイター
英題|The Fighter
プロデューサー|デヴィッド・ホバーマン David Hoberman
        トッド・リーバーマン Todd Lieberman
        マーク・ウォールバーグ Mark Wahlberg
米国配給|パラマウント・ピクチャーズ




インセプション
英題|Inception
プロデューサー|クリストファー・ノーラン Christopher Nolan
        エマ・トーマス Emma Thomas
米国配給|ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ



キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right
プロデューサー|ゲイリー・ギルバート Gary Gilbert
        ジェフリー・レヴィ=ヒント Jeffrey Levy-Hinte
        セリーヌ・ラトレイ Celine Rattray
米国配給|フォーカス・フィーチャーズ




英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
プロデューサー|イアン・カニング Iain Canning
        エミール・シャーマン Emile Sherman
        ギャレス・アンウィ Gareth Unwin
米国配給|ワインスタイン・カンパニー




ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
プロデューサー|スコット・ルーディン Scott Rudin
        デイナ・ブルネッティ Dana Brunetti
        マイケル・デ・ルカ Michael De Luca
        セアン・チャフィン Ceán Chaffin
米国配給|コロンビア・ピクチャーズ




トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
プロデューサー|ダーラ・K・アンダーソン Darla K. Anderson
米国配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ・モーション・ピクチャーズ




トゥルー・グリット
英題|True Grit
プロデューサー|イーサン・コーエン Ethan Coen
        ジョエル・コーエン Joel Coen
        スコット・ルーディン Scott Rudin
米国配給|パラマウント・ピクチャーズ




ウィンターズ・ボーン
英題|Winter's Bone
プロデューサー|アン・ロッセリーニ Anne Rosellini
        アリックス・マディガン Alix Madigan
米国配給|ロードサイド・アトラクションズ
    (北米ビデオ販売|ライオンズゲイト・ホーム・エンターテインメント)


配給会社別
パラマウント・ピクチャーズ …… 2
フォックス・サーチライト・ピクチャーズ …… 2
ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ …… 1
コロンビア・ピクチャーズ …… 1
ウォルト・ディズニー・スタジオズ・モーション・ピクチャーズ …… 1
ワインスタイン・カンパニー …… 1
フォーカス・フィーチャーズ …… 1
ロードサイド・アトラクションズ …… 1
(北米ビデオ販売|ライオンズゲイト・ホーム・エンターテインメント)




【監督賞】 Best Directer

ダーレン・アロノフスキー Darren Aronofsky
作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan




デヴィッド・O・ラッセル David O. Russell
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter




トム・フーパー Tom Hooper
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech




デヴィッド・フィンチャー David Fincher
作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network




ジョエル・コーエン Joel Coen
イーサン・コーエン Ethan Coen
作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit




【主演男優賞】 Best Leading Actor

ハヴィエル・バルデム Javier Bardem
作品|Biutiful ビューティフル
英題|Biutiful




ジェフ・ブリッジス Jeff Bridges
作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit




ジェシー・アイゼンバーグ Jesse Eisenberg
作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network




コリン・ファース Colin Firth
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech




ジェームズ・フランコ James Franco
作品|127時間
英題|127 Hours




【主演女優賞】 Best Leading Actress

アネット・ベニング Annette Bening
作品|キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right




ニコール・キッドマン Nicole Kidman
作品|ラビット・ホール
英題|Rabbit Hole




ジェニファー・ローレンス Jennifer Lawrence
作品|ウインターズ・ボーン
英題|Winter's Bone




ナタリー・ポートマン Natalie Portman
作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan




ミシェル・ウィリアムス Michelle Williams
作品|ブルーバレンタイン
英題|Blue Valentine




【助演男優賞】 Best Supporting Actor

クリスチャン・ベール Christian Bale
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter




ジョン・ホークス John Hawkes
作品|ウインターズ・ボーン
英題|Winter's Bone




ジェレミー・レナー Jeremy Renner
作品|ザ・タウン
英題|The Town




マーク・ラファロ Mark Ruffalo
作品|キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right




ジェフリー・ラッシュ Geoffrey Rush
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech




【助演女優賞】 Best Supporting Actress

エイミー・アダムス Amy Adams
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter




ヘレナ・ボナム=カーター Helena Bonham Carter
作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech




メリッサ・レオ Melissa Leo
作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter




ヘイリー・ステインフィールド Hailee Steinfeld
作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit




ジャッキー・ウィーヴァー Jacki Weaver
作品|アニマル・キングダム
英題|Animal Kingdom




【脚本賞】 Best Original Screenplay

作品|家族の庭
英題|Another Year
脚本|マイク・リー Mike Leigh




作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter
脚本|スコット・シルヴァー Scott Silver
   ポール・タマシー Paul Tamasy
   エリック・ジョンソン Eric Johnson




作品|インセプション
英題|Inception
脚本|クリストファー・ノーラン Christopher Nolan




作品|キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right
脚本|リサ・チョロデンコ Lisa Cholodenko
   スチュアート・ブルムバーグ Stuart Blumberg




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
脚本|デヴィッド・サイドラー David Seidler




【脚色賞】 Best Adapted Screenplay

作品|127時間
英題|127 Hours
脚本|サイモン・ビューフォイ Simon Beaufoy
   ダニー・ボイル Danny Boyle




作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
脚本|アーロン・ソーキン Aaron Sorkin




作品|トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
脚本|マイケル・アーント Michael Arndt
原案|ジョン・ラセター John Lasseter
   アンドリュー・スタントン Andrew Stanton
   リー・アンクリッチ Lee Unkrich




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
脚本|ジョエル・コーエン Joel Coen
   イーサン・コーエン Ethan Coen




作品|ウインターズ・ボーン
英題|Winter's Bone
脚本|デブラ・グラニク Debra Granik
   アン・ロッセリーニ Anne Rosellini




【編集賞】 Best Editing

作品|127時間
英題|127 Hours
編集|ジョン・ハリス Jon Harris




作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan  
編集|アンドリュー・ワイスブラム Andrew Weisblum




作品|ザ・ファイター
英題|The Fighter
編集|パメラ・マーティン Pamela Martin




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
編集|タリク・アンウォー Tariq Anwar




作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
編集|カーク・バクスター Kirk Baxter
   アンガス・ウォール Angus Wall




【撮影賞】 Best Cinematography

作品|ブラック・スワン
英題|Black Swan
撮影|マシュー・リバティーク Matthew Libatique




作品|インセプション
英題|Inception
撮影|ウォーリー・フィスター Wally Pfister




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
撮影|ダニー・コーエン Danny Cohen




作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
撮影|ジェフ・クローネンウェス Jeff Cronenweth




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
撮影|ロジャー・ディーキンス Roger Deakins




【美術賞】 Best Art Direction

作品|アリス・イン・ワンダーランド
英題|Alice in Wonderland
美術|ロバート・ストロンバーグ Robert Stromberg
   カレン・オハラ Karen O'Hara




作品|ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
英題|Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1
美術|スチュアート・クレイグ Stuart Craig
   ステファニー・マクミラン Stephenie McMillan




作品|インセプション
英題|Inception
美術|ガイ・ヘンドリックス・ディアス Guy Hendrix Dyas
   ラリー・ディアス Larry Dias
   ダグラス・モワット Doug Mowat




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
美術|イヴ・スチュワート Eve Stewart
   ジュディ・ファー Judy Farr




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
美術|ジェス・ゴンコール Jess Gonchor
   ナンシー・ハイ Nancy Haigh




【衣装デザイン賞】 Best Costume Design

作品|アリス・イン・ワンダーランド
英題|Alice in Wonderland
衣装|コリーン・アトウッド Colleen Atwood




作品|ミラノ、愛に生きる
英題|I Am Love
原題|Io sono l'amore
衣装|アントネッラ・カナロッツィ Antonella Cannarozzi





作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
衣装|ジェニー・ビーヴァン Jenny Beavan




作品|テンペスト
英題|The Tempest 
衣装|サンディ・パウエル Sandy Powell




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
衣装|メアリー・ゾフレス Mary Zophres




【メイクアップ賞】 Best Makeup

作品|バーニーズ・バージョン ローマと共に
英題|Barney's Version
メイクアップ|Adrien Morot




作品|ウェイバック 脱出6500km
英題|The Way Back
メイクアップ|Edouard F. Henriques
       Greg Funk
       Yolanda Toussieng




作品|ウルフマン
英題|The Wolfman
メイクアップ|リック・ベイカー Rick Baker
       デイヴ・エルゼイ Dave Elsey




【作曲賞】 Best Music (Original Score)

作品|127時間
英題|127 Hours
作曲|A・R・ラフマーン A. R. Rahman




作品|ヒックとドラゴン
英題|How to Train Your Dragon 
作曲|ジョン・パウエル John Powell




作品|インセプション
英題|Inception
作曲|ハンス・ジマー Hans Zimmer




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
作曲|アレクサンドル・デプラ Alexandre Desplat




作品|ソーシャル・ネットワーク 
英題|The Social Network
作曲|トレント・レズナー Trent Reznor
   アッティカス・ロス Atticus Ross




【主題歌賞】 Best Original Song

楽曲名|「輝く未来」(英題|I See the Light)
作詞|グレン・スレイター Glenn Slater
作曲|アラン・メンケン Alan Menken
歌唱|マンディ・ムーア
   ザカリー・リーヴァイ
作品|塔の上のラプンツェル
英題|Tangled




楽曲名|If I Rise
作詞|Rollo Armstrong
   ディド Dido
作曲|A・R・ラフマーン A. R. Rahman
歌唱|ディド Dido
   A・R・ラフマーン A. R. Rahman
作品|127時間
英題|127 Hours




楽曲名|「僕らはひとつ」(英題|We Belong Together)
作詞/作曲|ランディ・ニューマン Randy Newman
歌唱|ランディ・ニューマン Randy Newman
作品|トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3




楽曲名|Coming Home
作詞/作曲|トム・ダグラス Tom Douglas
      ヒラリー・リンジー Hillary Lindsey
      トロイ・ヴァージェス Troy Verges
歌唱|グウィネス・パルトロー Gwyneth Paltrow
作品|カントリー・ストロング
英題|Country Strong




【音響調整賞(録音賞)】 Best Sound Mixing

作品|インセプション
英題|Inception
音響|Lora Hirschberg
   Gary Rizzo
   Ed Novick




作品|英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
音響|Paul Hamblin
   Martin Jensen
   John Midgley




作品|ソルト
英題|Salt
音響|Jeffrey J. Haboush
   Greg P. Russell
   Scott Millan
   William Sarokin




作品|ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
音響|Ren Klyce
   David Parker
   Michael Semanick
   Mark Weingarten




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
音響|Skip Lievsay
   Craig Berkey
   Greg Orloff
   Peter Kurland




【音響編集賞(音響効果賞)】 Best Sound Editing

作品|インセプション
英題|Inception
音響|Richard King




作品|トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
音響|Tom Myers
   Michael Silvers




作品|トロン:レガシー
英題|Tron: Legacy
音響|Gwendolyn Yates Whittle
   Addison Teague




作品|トゥルー・グリット
英題|True Grit
音響|Skip Lievsay
   Craig Berkey




作品|アンストッパブル
英題|Unstoppable
音響|Mark Stoeckinger




【視覚効果賞】 Best Visual Effects

作品|アリス・イン・ワンダーランド
英題|Alice in Wonderland
視覚効果|Ken Ralston
     David Schaub
     Carey Villegas
     Sean Phillips




作品|ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
英題|Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1
視覚効果|Tim Burke
     John Richardson
     Christian Manz
     Nicolas Aithadi




作品|ヒア アフター
英題|Hereafter
視覚効果|Michael Owens
     Bryan Grill
     Stephan Trojanski
     Joe Farrell




作品|インセプション
英題|Inception
視覚効果|Paul Franklin
     Chris Corbould
     Andrew Lockley
     Peter Bebb




作品|アイアンマン2
英題|Iron Man 2
視覚効果|Janek Sirrs
     Ben Snow
     Ged Wright
     Dan Sudick




【長編アニメーション映画賞】 Best Animated Film

ヒックとドラゴン
英題|How to Train Your Dragon
監督|クリス・サンダース Chris Sanders
   ディーン・デュボア Dean DeBlois




イリュージョニスト
英題|The Illusionist
監督|シルヴァン・ショメ Sylvain Chomet




トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
監督|リー・アンクリッチ Lee Unkrich




【外国語映画賞】  Best Foreign Language Film

Biutiful ビューティフル
英題/原題|Biutiful
監督|アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
製作国|メキシコ




籠の中の乙女
英題|Dogtooth
原題|Kynodontas
監督|ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos
製作国|ギリシャ




未来を生きる君たちへ
旧邦題|イン・ア・ベター・ワールド
英題|In a Better World
原題|Hævnen
監督|スサンネ・ビア Susanne Bier
製作国|デンマーク




灼熱の魂
英題|Incendies
監督|デニ・ヴィルヌーヴ Denis Villeneuve
製作国|カナダ




Outside the Law(英題)
原題|Hors-la-loi
監督|ラシッド・ブシャール  Rachid Bouchareb
製作国|アルジェリア




【長編ドキュメンタリー映画賞】 Best Documentary Film

イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ
英題|Exit Through the Gift Shop
監督|バンクシー Banksy
製作|Jaimie D'Cruz




ガスランド ~アメリカ 水汚染の実態~
英題|Gasland
監督|ジョシュ・フォックス Josh Fox
製作|ジョシュ・フォックス Josh Fox
   Trish Adlesic




インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
英題|Inside Job
監督|チャールズ・ファーガソン Charles H. Ferguson
製作|チャールズ・ファーガソン Charles H. Ferguson
   オードリー・マーズ Audrey Marrs




レストレポ ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録~
英題|Restrepo
監督|ティム・ヘザリントン Tim Hetherington
   セバスチャン・ユンガー Sebastian Junger
製作|ティム・ヘザリントン Tim Hetherington
   セバスチャン・ユンガー Sebastian Junger




ヴィック・ムニーズ ごみアートの奇跡
英題|Waste Land
監督|ルーシー・ウォーカー Lucy Walker
製作|アンガス・エインズリー Angus Aynsley




【短編実写映画賞】 Best Live Action Short Film

The Confession(英題)
監督|タネル・トゥーム Tanel Toom




The Crush(英題)
監督|マイケル・クレイ Michael Creagh




ゴッド・オブ・ラブ
英題|God of Love
監督|ルーク・マセニー




Na Wewe(原題)
監督|ワン・ゴルトシュミット Ivan Goldschmidt




Wish 143(英題)
監督|イアン・バーンズ Ian Barnes




【短編アニメーション映画賞】 Best Animated Short Film

デイ&ナイト
英題|Day & Night
監督|テディ・ニュートン Teddy Newton




グラファロ もりでいちばんつよいのは?
英題|The Gruffalo
監督|ジェイコブ・シュアー Jakob Schuh
   マックス・ラング Max Lang




Let's Pollute(英題)
監督|ジーフィー・ボードー Geefwee Boedoe




落としもの
英題|The Lost Thing
監督|ショーン・タン Shaun Tan
   アンドリュー・ルエーマン Andrew Ruhemann




マダガスカルのトラベルノート
別邦題|マダガスカル 旅の日記
英題|Madagascar, a Journey Diary
原題|Madagascar, Carnet de Voyage
監督|バスティーン・デュボイ Bastien Dubois




【短編ドキュメンタリー映画賞】 Documentary, Short Subjects

Killing in the Name(英題)
監督|Jed Rothstein




Poster Girl(英題)
監督|Sara Nesson




Strangers No More(英題)
監督|Karen Goodman
   Kirk Simon




Sun Come Up(英題)
監督|Jennifer Redfearn




The Warriors of Qiugang(英題)
監督|ルビー・ヤン Ruby Yang
   トーマス・レノン Thomas Lennon


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【作品賞】作品自体も評価が高く売上げも好調だった『ザ・タウン』(米国配給|ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ)は惜しくも落選。『ブルーバレンタイン』(米国配給|ワインスタイン・カンパニー)も落選。最後の一席には各地の批評家協会賞で強さをみせた『ウィンターズ・ボーン』がノミネート。

【監督賞】クリストファー・ノーラン(『インセプション』)、落選!! 監督組合賞へ3度ノミネートされ3度ともアカデミー賞監督賞部門で落選。妬まれてる?可哀想過ぎると思うけど。

【主演男優賞】外国語映画の主演という不利を克服しハヴィエル・バルデムがノミネート。俳優組合賞ノミネートのロバート・デュヴァル(『Get Low』)は落選。

【主演女優賞】俳優組合賞にはノミネートされたヒラリー・スワンク(『Conviction』)は落選。『ブルーバレンタイン』の男性側主演のライアン・ゴズリングは落選しましたが、女性側主演のミシェル・ウィリアムスはノミネート。若手の男優には厳しく若手の女優には優しい、アカデミー会員らしいチョイス。

【助演男優賞】俳優組合賞と同じ顔ぶれ。アンドリュー・ガーフィールド(ソーシャル・ネットワーク)は落選。同じように才能ある若い男優でも、小柄なジェシー・アイゼンバーグ(小柄は言い過ぎか…すこーし小柄、くらいか)はノミネートさせ、背が高く見た目の良い俳優には厳しい、それがアカデミー賞。

【助演女優賞】ジャッキー・ウィーヴァー、オーストラリアのインディペンデント映画からノミネート果たす。英語作品とはいえども『Animal Kingdom』は外国作品。しかも監督は新人。ご本人もアメリカに軸を置いて俳優活動しているわけじゃない(はず)。そういう不利をはねのけてのノミネート。よほどの強力パフォーマンスなんでしょうね、これは。

【脚本賞】マイク・リーの脚本は英国アカデミー賞で落選したので今回は無理かなあと思っていたのですが、マイク・リー脚本の人気の高さ・底力をみた、って感じでしょうか。

【脚色賞】『ザ・タウン』は落選。でも、ほぼ順当ですね。

【編集賞】『インセプション』(リー・スミス)は落選!! ええー、びっくり。

【撮影賞】『127時間』(エンリケ・シャディアック、アンソニー・ドッド・マントル)は落選。そうか…。撮影賞部門はノミネートも受賞も激戦。

【美術賞】『ブラック・スワン』『シャッター アイランド』『トロン:レガシー』『ソーシャル・ネットワーク』 は落選。

【衣装デザイン賞】『ブラック・スワン』『バーレスク』『トロン:レガシー』、落選。『Io sono l'amore(英題:I Am Love)』はサプライズノミネート。作品自体の評価が伸びない、または作品自体は出来が良くても何らかの理由で見逃されてしまっている場合でも衣装は見落とされること無く評価される、それが衣装デザイン賞部門ですね。

【メイクアップ賞】えー、『アリス・イン・ワンダーランド』、落選!! こりゃ、びっくり。この部門が今回のアカデミー賞で一番のサプライズ部門かも。メイクデザインより老けメイクの技術が評価された年、ということでしょうか。

【作曲賞】『トロン:レガシー』(ダフト・パンク)、『アリス・イン・ワンダーランド』(ダニー・エルフマン)は落選。『ソーシャル・ネットワーク』がノミネートされ更に加えてダフト・パンクのような楽曲がノミネートというのはちょっと難しかったようですね。

【主題歌賞】今年は4曲だけのようですね。ま、エントリーリストから3~5曲が選ばれるのがルールですから。今年はエントリー曲数自体が少なかったですしね。『バーレスク』の曲はどちらも落選。 とすると、シェール姐さんは授賞式に来ない??? …残念。

【音響調整賞(録音賞/Best Sound Mixing)】『ブラック・スワン』『アイアンマン2』『127時間』『トロン:レガシー』『トイ・ストーリー3』『アンストッパブル』、落選。

【音響編集賞(音響効果賞/Best Sound Editing)】『ブラック・スワン』『アイアンマン2』はともに、音響2部門で落選。

【視覚効果賞】『トロン:レガシー』、この部門でまさかの落選!! その替わりにノミネートされたのが『ヒア アフター』。『Scott Pilgrim vs. the World』じゃなくて『ヒア アフター』 …… へ~。

【外国語映画賞】残念、中島監督の『告白」は惜しくも落選。『Dogtooth』のような作品がノミネートされるとはねぇ。

【長編ドキュメンタリー映画賞】『Waiting for Superman』(監督:デイヴィス・グッゲンハイム)、『The Tillman Story』(監督:アミール・バーレヴ)、『Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer』(監督:アレックス・ギブニー)は、落選。どれがノミネートされてもおかしくないラインナップでしたが、『Waiting for Superman』が落ちるとは。落ちるとすれば『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』かなと思っていたのですが……。

【短編ドキュメンタリー映画賞】エントリーが8作品だったのでノミネートは4作品かなと思ったのですが、5作品がノミネートされました。




共通テーマ:映画

2010年度アメリカ製作者組合賞(アメリカ・プロデューサー組合賞) 受賞結果

2010年度(第22回)アメリカ製作者組合賞(アメリカ・プロデューサー組合賞)の授賞式が2011年1月22日に行われ、受賞結果が発表されました。



【参考】 The Wrap   2011/1/22付き記事
Oscar Race Twist! Producers Guild Goes For ‘The King’s Speech’



● アメリカ製作者組合(アメリカ・プロデューサー組合) 公式サイト(トップページ)  
 The Producers Guild of America

---------------------------------------------------------------------------------------------

2010年度(第22回)アメリカ製作者組合賞 受賞結果
(The Producers Guild of America Awards/PGA Awards)
(映画部門のみ。他部門は省略します。)


★印 … 受賞



ダリル・F・ザナック賞(劇場用映画賞 / 作品賞) 
The Darryl F. Zanuck Award for Outstanding Producer of Theatrical Motion Pictures

英国王のスピーチ
英題|The King's Speech
プロデューサー|イアン・カニング Iain Canning
        エミール・シャーマン Emile Sherman
        ギャレス・アンウィン Gareth Unwin
北米配給|ワインスタイン・カンパニー




127時間
英題|127 Hours
プロデューサー|ダニー・ボイル Danny Boyle
        クリスチャン・コルソン Christian Colson
北米配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




ブラック・スワン
英題|Black Swan
プロデューサー|スコット・フランクリン Scott Franklin
        マイク・メダヴォイ Mike Medavoy
        ブライアン・オリヴァー Brian Oliver
北米配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




インセプション
英題|Inception
プロデューサー|クリストファー・ノーラン Christopher Nolan
        エマ・トーマス Emma Thomas
北米配給|ワーナー・ブラザース




ザ・ファイター
英題|The Fighter
プロデューサー|デヴィッド・ホバーマン David Hoberman
        トッド・リーバーマン Todd Lieberman
        マーク・ウォールバーグ Mark Wahlberg
北米配給|パラマウント・ピクチャーズ




キッズ・オールライト
英題|The Kids Are All Right
プロデューサー|ゲイリー・ギルバート Gary Gilbert
        ジェフリー・レヴィ=ヒント Jeffrey Kusama-Hinte
        セリーヌ・ラトレイ Celine Rattray
北米配給|フォーカス・フューチャーズ




ソーシャル・ネットワーク
英題|The Social Network
プロデューサー|デイナ・ブルネッティ Dana Brunetti
        セアン・チャフィン Ceán Chaffin
        マイケル・デ・ルカ Michael De Luca
        スコット・ルーディン Scott Rudin
北米配給|コロンビア・ピクチャーズ




ザ・タウン
英題|The Town
プロデューサー|ベイジル・イヴァニク Basil Iwanyk
        グレアム・キング Graham King
北米配給|ワーナー・ブラザース




トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
プロデューサー|ダーラ・K・アンダーソン Darla K. Anderson
北米配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ




トゥルー・グリット
英題|True Grit
プロデューサー|イーサン・コーエン Ethan Coen
        ジョエル・コーエン Joel Coen
        スコット・ルーディン Scott Rudin
北米配給|パラマウント・ピクチャーズ



----------------------------------------------------------------------------------------------

劇場用アニメーション映画賞 
The Award for Outstanding Producer of Animated Theatrical Motion Pictures

トイ・ストーリー3
英題|Toy Story 3
プロデューサー|ダーラ・K・アンダーソン Darla K. Anderson




怪盗グルーの月泥棒
英題|Despicable Me
プロデューサー|ジョン・コーエン John Cohen
        ジャネット・ヒーリー Janet Healy
        クリス・メレダンドリ Christopher Meledandri




ヒックとドラゴン
英題|How to Train Your Dragon
プロデューサー|ボニー・アーノルド Bonnie Arnold



----------------------------------------------------------------------------------------------

劇場用ドキュメンタリー映画賞
The Award for Outstanding Producer of Documentary Theatrical Motion Pictures

スーパーマンを待ちながら
 別邦題|スーパーマンを待ちわびて
 英題|Waiting for 'Superman'
 監督|デイヴィス・グッゲンハイム Davis Guggenheim
 プロデューサー|レスリー・チルコット Lesley Chilcott




Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer(英題)
監督|アレックス・ギブニー Alex Gibney
プロデューサー|アレックス・ギブニー Alex Gibney
        Maiken Baird
        Jedd Wider
        Todd Wider




Earth Made of Glass(英題)
監督|Deborah Scranton
プロデューサー|リード・カロリン Reid Carolin
        Deborah Scranton




インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
英題|Inside Job
監督|チャールズ・ファーガソン Charles Ferguson
プロデューサー|チャールズ・ファーガソン Charles Ferguson
        オードリー・マーズ Audrey Marrs




Smash His Camera(英題)
監督|Leon Gast
プロデューサー|Linda Saffire
        アダム・シュレシンジャー Adam Schlesinger




The Tillman Story(英題)
監督|Amir Bar-Lev
プロデューサー|ジョン・バトセック John Battsek


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

作品賞は意外な結果が!! でも、これでアカデミー賞レースも少し面白くなってきました。1998年度(各地の批評家組合賞を圧勝した『プライベート・ライアン』を『恋におちたシェイクスピア』が逆転)のようなことが起こるのでしょうか。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画