So-net無料ブログ作成

2013アカデミー賞外国語映画賞:イランからの出品作が決定(『ある過去の行方』)

イランは2013年カンヌ国際映画祭にて女優賞(受賞者|ベレニス・ベジョ)を受賞したアスガー・ファルハディ監督作『ある過去の行方』を代表作に選出しました。

2013年ダーバン国際映画祭でも脚本賞を受賞。2013年トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門へも選出されました。



なお、イランは昨年度(2012年度)はアカデミー賞参加をボイコットしました。(注:イラン政府はアメリカ映画芸術アカデミーが反イスラム映画『イノセンス・オブ・ムスリム〔The Innocence of Muslims〕』を非難することを要求。その結果、ボイコットを決定。)


アスガー・ファルハディ監督は2011年度に『別離』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞しています。イランは同監督作で再び外国語映画賞受賞を狙います。


『ある過去の行方』はフランスからも出資を受け製作されていますのでイラン代表作になる権利があるのかどうかが疑問視されていましたが、イランは同作品を選出してきました。『ある過去の行方』は代表作として出品されてくれば外国語映画賞部門の有力候補になるだろうと目されていましたので、このまま無事に出品が受理されるといいですね。



イランからの出品作
ある過去の行方
英題|The Past
仏題|Le Passé
監督|アスガー・ファルハディ Asghar Farhadi
製作国|フランス / イラン
『ある過去の行方』はソニー・ピクチャーズ・クラシックスが北米での配給権を獲得済み。


IMDb|Le passé
http://www.imdb.com/title/tt2404461/



(カンヌ国際映画祭公式サイト[日本語版]内の作品紹介より) 4年間の別居の後、離婚の手続きを踏もうとするフランス人の妻Marie(ベレニス・ベジョ)の頼みによりAhmad(アリ・モサファ)がテヘランからパリに到着します。 短い滞在の間、AhmadはMarieが娘Lucie(ポリーヌ・ビュルレ)と対立しているのに気づきます。関係改善を試みる彼の努力は過去の秘密のベールをめくるのでした。


(シネマトゥデイの作品紹介より)こちら)【ストーリー】 フランス人の妻マリー(ベレニス・ベジョ)と別れて4年、テヘランに住むアフマド(アリ・モサファ)は正式な離婚手続きを取るためにパリへと戻ってくる。マリーと娘ルーシー(ポリーヌ・ビュルレ)の不和に気付いたアフマドは仲を取り持とうとするものの、思いがけず過去の秘密が暴かれてしまう。 / 【ここに注目】 前作『別離』(2011)でベルリン国際映画祭金熊賞やアカデミー賞外国語映画賞など、世界中の映画賞を席巻したイランのアスガー・ファルハディ監督。新作は国籍の異なる家族が登場する複雑な心理ドラマで、夫婦をメインにイラン社会の縮図を描いた『別離』を思わせる内容。国際的地位を高めたファルハディ監督がフランスでメガホンを取り、『アーティスト』のベレニス・ベジョや『預言者』のタハール・ラヒムが出演していることにも注目だ。




Le passé (The Past) - Trailer





『ある過去の行方』日本版予告編



------------------------------------------------------------------------------------------

イランは、最終選考に残った12作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。


 ・ある過去の行方  英題:The Past

 ・Snow on the Pines

 ・Needlessly and Causelessly

 ・Modest Reception

 ・The Last Step

 ・The Acting Class

 ・Bending the Rules

 ・Painting Pool

 ・Trapped

 ・Hush… Girls Don’t Scream

 ・The Vestibule

 ・The Sinners




共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:カンボジアからの出品作が決定(『消えた画 クメール・ルージュの真実』)

2013年カンヌ国際映画祭 ある視点部門賞(=ある視点部門の最高賞)を受賞した、リティー・パニュ監督作『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』がカンボジア代表作に決まりました。


『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』は2013年ロンドン映画祭ドキュメンタリー部門へ選出。先日終了したサン・セバスティアン国際映画祭パールズ部門にも選ばれていました。2013年東京フィルメックスのクロージング作品にもなっています。


●『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』は2013年度(第86回)アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。(受賞ならず)



カンボジアからの出品作
消えた画(え) クメール・ルージュの真実
英題|The Missing Picture
原題|l'image manquante
監督|リティー・パニュ Rithy Panh
製作国|カンボジア / フランス


IMDb|L'image manquante
http://www.imdb.com/title/tt2852470/


(カンヌ国際映画祭公式サイト[日本語版]内の作品紹介より) 世界には多くの画像があり、私たちは全て見尽くし、考え尽くしたと思い込んでいます。私は数年前から失くした画像を探しています。カンボジアを統治していたクメールルージュによって1975年から1979年の間に撮られたものを。写真一枚だけでは大量犯罪を証明できなませんが、私たちに考え、瞑想させてくれます。歴史の構築。アーカイブや、書類、私の国の田舎で探しても無駄でした。今なら知っています、この画像が足りないことを。そして探しません。わいせつで意味がないのでしょうか。だから私が製作します。今日あなた方に私が与えるのは画像や、一枚の画像の追求でなく、追及の画像です。映画がそれを可能にしてくれます。いくつかの画像はいつまでも足りないままですが、他のもので間に合わせられます。このムーブメントの中には人生、戦い、苦しみ、美しさ、失くした顔の悲しみ、理解、そしてたまに気高さ、勇気までもがあります。しかし忘却は永遠にあり得ません。



The Missing picture - Trailer





『消えた画(え) クメール・ルージュの真実』日本版予告編





共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:パレスチナからの出品作が決定(『オマールの壁』)

2013年カンヌ国際映画祭ある視点部門にて審査員賞を受賞したハニ・アブ・アサド監督作『オマールの壁』がパレスチナ代表作に決まりました。『オマールの壁』は2013年トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門へも選出されました。


ハニ・アブ・アサド監督作は2005年度に『パラダイス・ナウ』でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされています。パレスチナは同監督作で再度のノミネートそしてさらにその上を狙います。


●『オマールの壁』は2013年度(第86回)アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。(受賞ならず)



パレスチナからの出品作
オマール、最後の選択 オマールの壁
英題/原題|Omar
監督|ハニ・アブ・アサド Hany Abu-Assad


IMDb|Omar
http://www.imdb.com/title/tt2852406/



(カンヌ国際映画祭公式サイト[日本語版]内の作品紹介より)占領下のパレスチナ、3人の幼馴染と1人の若い娘が、自由を求める闘いの中で傷ついていきます...


(シネマトゥデイの作品紹介より)こちら)【ストーリー】ひたむきに仕事をこなすパン職人でありながら、仲間たちと一緒に反イスラエルの闘士として活動するパレスチナ人青年オマール(アダム・バクリ)。彼は監視塔から撃ち込まれる銃弾を回避しつつ分離壁を乗り越え、恋人ナディア(リーム・リューバニ)のもとに通う日々を送っていた。そんな中、彼はイスラエル兵士を殺害したとして拘束されてしまう。イスラエル軍から壮絶な拷問を受けたオマールは、解放を条件にスパイになるように迫られる。幼なじみでもある仲間との絆を壊され、ナディアとの仲も引き裂かれたオマールは……。



Omar - Trailer





『オマールの壁』日本版予告編





共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:エジプトからの出品作が決定

エジプト代表作は『Winter of Discontent(英題)』に決まりました。

『Winter of Discontent(英題)』は2012年ドバイ国際映画祭コンペティションへ選出され、ムア・アラブ賞(Muhr Arab Award)男優賞を受賞しています。



エジプトからの出品作
Winter of Discontent(2012年)
原題|El sheita elli fat
監督|Ibrahim El-Batout


IMDb|El sheita elli fat (2012)
http://www.imdb.com/title/tt2380594/




Winter of Discontent (2012) - Official UK Trailer(英語字幕付き)





共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:カザフスタンからの出品作が決定

カザフスタン代表作は Ermek Tursunov 監督作『The Old Man(英題)』に決まりました。

Ermek Tursunov 監督は2009年度(第82回)にも『Kelin』でカザフスタン代表に選ばれています。(この時には最終選考に残る9作品に入っています。)



カザフスタンからの出品作
The Old Man(2012年)
原題|Shal / Шал
監督|Ermek Tursunov


IMDb|Shal (2012)
http://www.imdb.com/title/tt2182115/




Shal (2012) - Trailer(英語字幕付き)


アクション映画撮るの、カザフスタンのほうが日本より上手(うわて)だね。主演の男優の顔つきも素晴らしい。今の日本にこういう顔つきの俳優、いる?




共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:イスラエルからの出品作が決定(『ベツレヘム 哀しみの凶弾』)

イスラエルはオフィール賞(The Ophir Awards)作品賞を受賞した『ベツレヘム 哀しみの凶弾』)を代表作として出品することを発表しました。イスラエルは例年、オフィール賞受賞作を同国代表作としてアカデミー賞外国語映画賞部門へ送っています。



『ベツレヘム 哀しみの凶弾』は2013年ベネチア国際映画祭併催「ベニス・デイズ(The Venice Days)」Fedora Prize 最優秀作品賞を受賞。 2013年トロント国際映画祭ディスカバリー部門へも選出されました。



イスラエルからの出品作
ベツレヘム 哀しみの凶弾
英題|Bethlehem
原題|Beit-Lehem
監督|ユヴァル・アドラー Yuval Adler
製作国|イスラエル / ドイツ / ベルギー


IMDb|Bethlehem (2013)
http://www.imdb.com/title/tt2915160/




Bethlehem (2013) - Trailer(英語字幕付き)


かっこいいトレーラー。BGMの付け方と映像の編集、巧い。




『ベツレヘム 哀しみの凶弾』 日本版予告篇


BGMと編集の違いでこうなる。これだと「本編、もしかしてつまらないのでは?」と思ってしまう。


------------------------------------------------------------------------------------------

イスラエルは最終選考に残った5作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。


 ・ ベツレヘム 哀しみの凶弾  英題|Bethlehem


 ・ Candies


 ・ Hunting Elephants


 ・ Magic Men


 ・ Six Times




共通テーマ:映画

2013年サン・セバスティアン国際映画祭 受賞結果発表

2013年(第61回)サン・セバスティアン国際映画祭の受賞結果が発表になりました。

2013年(第61回)サン・セバスティアン国際映画祭(The San Sebastian International Film Festival/スペイン)は、2013年09月20日から09月28日まででした。


オフィシャル・セレクション Official Selection
審査員長
  トッド・ヘインズ Todd Haynes
    (アメリカの映画監督 / 脚本家)
 
審査員
  マリエラ・ベスイエフスキー Mariela Besuievsky
    (アルゼンチンのプロデューサー)
  ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ Valeria Bruni Tedeschi
    (フランスの女優 / 映画監督)
  デヴィッド・バーン David Byrne
    (ミュージシャン〔ロックバンド「トーキング・ヘッズ」元メンバー〕)
  パウリナ・ガルシア Paulina García
    (チリの女優)
  セスク・ゲイ Cesc Gay
    (スペインの映画監督)
  ディエゴ・ルナ Diego Luna
    (メキシコの男優)


審査員団が(オフィシャル・セレクション内で)受賞を決定する部門は以下のとおり。
 ・ゴールデン・シェル(作品賞)
 ・シルバー・シェル(監督賞)
 ・シルバー・シェル(女優賞)
 ・シルバー・シェル(男優賞)
 ・審査員賞(撮影賞)
 ・審査員賞(脚本賞)
さらに、相応の理由があれば審査員特別賞も授与できる。


● サン・セバスティアン国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  The San Sebastian International Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第61回)サン・セバスティアン国際映画祭 受賞結果
(The San Sebastian International Film Festival)


ゴールデン・シェル(作品賞) Golden Shell for The Best Film
※ 賞はプロデューサーに対して贈られる。
Bad Hair
原題:Pelo Malo
監督  マリアナ・ロンドン Mariana Rondón
製作国 ベネズエラ / ペルー / ドイツ


シルバー・シェル(監督賞) Silver Shell for the best director
フェルナンド・エインビッケ Fernando Eimbcke
  作品:Club Sandwich
  原題:Club Sándwich
  製作国 メキシコ


シルバー・シェル(女優賞) Silver Shell for the best actress
マリアン・アルバレス Marian Álvarez
  作品:Wounded
  原題:La herida
  監督  フェルナンド・フランコ Fernando Franco
  製作国 スペイン


シルバー・シェル(男優賞) Silver Shell for the best actor
ジム・ブロードベント Jim Broadbent
  作品:ウィークエンドはパリで
  原題:Le Week-end (Le Week-End)
  監督  ロジャー・ミッシェル Roger Michell
  製作国 イギリス


審査員賞(撮影賞) Jury Prize for the best cinematography
撮影:Pau Esteve Birba
  作品:カニバル
  英題:Cannibal
  原題:Caníbal    
  監督  マヌエル・マルティン・クエンカ Manuel Martín Cuenca
  製作国  スペイン / ルーマニア / ロシア / フランス


審査員賞(脚本賞) Jury Prize for the best screenplay
クリストフ・ブラン Christophe Blain 
アベル・ランザック Abel Lanzac
  作品:Quai d'Orsay
  監督  ベルトラン・タヴェルニエ Bertrand Tavernier
  製作国 フランス


審査員特別賞 Special Jury Prize
Wounded
原題:La herida
監督  フェルナンド・フランコ Fernando Franco
製作国 スペイン


------------------------------------------------------------------------------------------

新人監督賞 New Directors Award
馬々と人間たち(←2013東京国際映画祭時の邦題)
英題:Of Horses and Men  
原題:Hross í oss
監督 ベネディクト・エルリングソン Benedikt Erlingsson


------------------------------------------------------------------------------------------

オリゾンテ賞 Horizontes Award for the best film in the Horizontes Latinos section
オリゾンテ・ラテーノス部門出品作のうちで最優秀の作品を表彰。
A Wolf at the Door
原題:O Lobo atrás da Porta
監督:フェルナンド・コインブラ Fernando Coimbra
製作国:ブラジル


------------------------------------------------------------------------------------------

観客賞(パールズ部門エントリー作品が対象)  Audience Award for Best Film
そして父になる
英題:Like Father, Like Son
監督  是枝裕和 Hirokazu Kore-eda
製作国 日本


観客賞(パールズ部門エントリーのヨーロッパ映画が対象)
Audience Award for Best European Film
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
英題:About Time
監督  リチャード・カーティス Richard Curtis
製作国 イギリス


※ 観客賞の得票数一覧(各作品の得票数が分かります。)
http://www.sansebastianfestival.com/in/pagina.php?ap=3&id=3485


------------------------------------------------------------------------------------------

ユース・アワード Youth Award by Desigual
一般の学校と映画学校の学生から抽選で選ばれた200名の審査員の投票により決定。新人監督作品、そしてオリゾンテ・ラテーノス部門にエントリーされている映画のうち第一回監督作品&第二回監督作品が審査対象作品となり、選ばれた200名の審査員は対象となる作品すべてを見ることに同意した上で投票。
Wolf
監督:Jim Taihuttu
製作国:オランダ


------------------------------------------------------------------------------------------

バスク映画賞 Basque Film Award
ワールド・プレミアとなるバスク映画(注:バスク自治州・・・スペインの自治州の一つ)に与えられる。エントリー部門は不問。作品全体の少なくとも20%がバスクでの製作ならばOK。未公開作品でも前記の条件を満たせば受賞可。
Asier ETA biok
別題:Asier y yo
監督:Aitor Merino
   Amaia Merino
製作国:スペイン / エクアドル


------------------------------------------------------------------------------------------

TVE アナザー・ルック賞 TVE Another Look Award 
〔TVE はスポンサー名/TVE・・・スペインの国営TV局〕
"女性" に関した作品が対象。受賞作はTV放映される権利を得る。
17歳
英題:Young and Beautiful
原題:Jeune et jolie / Jeune & jolie
監督 フランソワ・オゾン François Ozon
製作国 フランス


------------------------------------------------------------------------------------------

国際映画学生会議賞 International Film Students Meeting Awards
映画製作技術習得を目指す若い学生による企画の支援を目的とした賞。受賞作の配給や国際進出も支援。短編映画が審査対象。

● パナビジョン賞 The Panavision Award
「映画製作のために4週間 Sony EX IIIカメラをレンタル」もしくは「あらゆるパナビジョン用具をレンタルする費用に充てることの出来る商品券(10,000ユーロ相当)」のどちらかを授与。
Escenas previas
監督:Aleksandra Maciuszek
製作国:キューバ


● インディペンデント・フィルム・エージェンシー賞 Freak Independent Film Agency Award
受賞作は50の国際映画祭に参加料無料で提供・上映される。また、来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典もあり。
受賞 Winner
Escenas previas
監督:Aleksandra Maciuszek
製作国:キューバ


第二位 The second prize
来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典付き。
In Praise of the Day
原題:Beshivhey hayom
監督:Oren Adaf
製作国:イスラエル


第三位 The third prize
来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典付き。
原題:Guillaume le désespéré
監督:Bérenger Thouin
製作国:フランス


------------------------------------------------------------------------------------------

フィルム・イン・プログレス賞 Films in Progress 25 Industry Award
協賛企業数社が受賞作の英語字幕付きDCPとスペインにおける配給を得るまでのポスト・プロダクションを請け負う。
La Salada
監督:Juan Martín Hsu
製作国:アルゼンチン


------------------------------------------------------------------------------------------

ドノスティア賞(生涯功労賞) Donostia Award - Lifetime Achievement Award
※ 2名が受賞
● カルメン・マウラ Carmen Maura

● ヒュー・ジャックマン Hugh Jackman


------------------------------------------------------------------------------------------

2013ヨーロッパ-ラテンアメリカ共同製作フォーラム賞(最優秀企画に対して) 
Europe-Latin America Co-Production Forum Award 2013 for the best Project
El Acompañante
監督:Pavel Giroud
製作:Areté Audiovisual
製作国:キューバ / フランス
スポンサー:EGEDA, (Audiovisual Producer’s Rights Management Association)


2013ヨーロッパ-ラテンアメリカ共同製作フォーラム賞 スペシャル・メンション 
Special Mention to the Project
La Tierra Y La Sombra
監督:César Augusto Acevedo
製作:Burning Blue
製作国:コロンビア / フランス


------------------------------------------------------------------------------------------

【併設賞】

サン・セバスティアン国際映画祭:国際映画批評家連盟賞 FIPRESCI Award
原題:Quai d'Orsay
監督  ベルトラン・タヴェルニエ Bertrand Tavernier
製作国 フランス


SIGNIS Award
SIGNIS・・・正式名称:World Catholic Association for Communication(カトリックメディア協議会)
レイルウェイ 運命の旅路
英題:The Railway Man
監督  ジョナサン・テプリツキー Jonathan Teplitzky
製作国 イギリス / 豪州


SIGNIS Award スペシャル・メンション Special Mention ※ 2作品が受賞
● Bad Hair
 原題:Pelo Malo
 監督  マリアナ・ロンドン Mariana Rondón
 製作国 ベネズエラ

● October November
 原題:Oktober November
 監督  ゴッツ・シュピルマン(ゴッツ・スピルマン) Götz Spielmann
 製作国 オーストリア



Guipuzcoan Blood-Donors' Association Corresponding to The Solidarity Award
My Soul Healed by You
原題:Mon âme par toi guérie
監督  フランソワ・デュペイロン François Dupeyron
製作国 フランス



セバスティアン2013賞 Sebastiane 2013 Award
GEHITU(バスク自治州のゲイ/レスビアン/性転換者/トランスジェンダー/バイセクシャルの協会)がLGTB(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー)をテーマにした映画を審査対象にし、賞を授与。
ダラス・バイヤーズクラブ
英題:Dallas Buyers Club
監督  ジャン=マルク・ヴァレ Jean-Marc Vallée
製作国 アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------------

また、今映画祭のオープニング・ガラにて「国際映画批評家連盟賞グランプリ」の表彰が行われました。


国際映画批評家連盟賞:グランプリ FIPRESCI Award: Grand Prix
国際映画批評家連盟所属の批評家245名の投票により、この12ヶ月間に初公開された作品のうちから選出。
アデル、ブルーは熱い色
英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)




タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画

2013年サン・セバスティアン国際映画祭:観客賞 結果 (順位&獲得票数)

サン・セバスティアン国際映画祭の観客賞はこの映画祭に来場した観客の投票によって決定されます。観客賞の投票対象はパールズ部門にエントリーされた作品です。パールズ部門は、他の国際映画祭で賞を受賞したり批評家に賞賛された作品で且つスペイン国内で劇場未公開の作品が選出されます。


サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞には2種あり、 Audience Award for Best Film (観客賞:投票の第一位作品)と Audience Award for Best European Film (観客賞:ヨーロッパ映画の中で第一位の作品)があります。 また、観客賞受賞作品には賞金も出ます。(ただし、賞金は受賞作をスペインで配給する配給会社が受け取ります。)



● 2013年サン・セバスティアン国際映画祭:観客賞 Audience Award
  http://www.sansebastianfestival.com/in/pagina.php?ap=3&id=3485



● サン・セバスティアン国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  The San Sebastian International Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第61回)サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞:順位(獲得票数)
(The San Sebastian International Film Festival - Audience Award for the Pearls Section)



第1位(= 観客賞 受賞)  8,470票
そして父になる
英題:Like Father, Like Son
監督  是枝裕和 Hirokazu Kore-eda
製作国 日本



第2位(=パールズ部門エントリーのヨーロッパ映画が対象の観客賞 受賞)  8,311票
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
英題:About Time
監督  リチャード・カーティス Richard Curtis
製作国 イギリス



3位
消えた画 クメール・ルージュの真実  8,224票
英題:The Missing Picture  
原題:l'image manquante
監督  リティー・パニュ Rithy Panh
製作国 フランス / カンボジア



4位
ゼロ・グラビティ  8,185票
英題:Gravity
監督  アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón
製作国 アメリカ / イギリス



5位
ダラス・バイヤーズクラブ  8,077票
英題:Dallas Buyers Club
監督  ジャン=マルク・ヴァレ Jean-Marc Vallée
製作国 アメリカ



6位
禁錮9ヶ月(パールズ部門クロージング・ナイト作品)  7,999票
英題:9 Month Stretch
原題:9 mois ferme
監督  アルベール・デュポンテル Albert Dupontel
製作国 フランス



7位
風立ちぬ  7,953票
英題:The Wind Rises
監督  宮崎駿 Hayao Miyazaki
製作国 日本



8位
フェイス・オブ・ラブ (パールズ部門 オープニング上映作品)  7,844票
英題:The Face of Love
監督   アリー・ポジン Arie Posin
製作国 アメリカ



9位
フルートベール駅で  7,842票(8位とは2票差!)
英題:Fruitvale Station
監督  ライアン・クーグラー Ryan Coogler
製作国 アメリカ



10位
グロリアの青春  7,765票
英題:Gloria
監督  セバスティアン・レリオ Sebastián Lelio
製作国 チリ / スペイン



11位
17歳   7,331票
英題:Young And Beautiful
原題:Jeune et jolie / Jeune & jolie
監督  フランソワ・オゾン François Ozon
製作国 フランス



12位
皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇  7,230票
原題:Narco Cultura
監督  シャウル・シュワルツ Shaul Schwarz
製作国 アメリカ / メキシコ



13位
私の、息子  7,000票
英題:Child's Pose
原題:Poziţia Copilului
監督  カリン・ピーター・ネッツァー Călin Peter Netzer(Calin Peter Netzer) 
製作国 ルーマニア



14位
罪の手ざわり  6,558票
英題:A Touch of Sin  
原題:Tian Zhu Ding / 天注定
監督  ジャ・ジャンクー(賈樟柯) JIA Zhangke(Jia Zhang Ke)
製作国 中国 / 日本



15位
ゼロの未来  6,251票
英題:The Zero Theorem
監督  テリー・ギリアム Terry Gilliam
製作国 イギリス / アメリカ / ルーマニア



16位
愛の犯罪者  5,871票
別邦題:ラヴ・イズ・パーフェクト・クライム(←2013東京国際映画祭時の邦題)
英題:Love is the Perfect Crime
原題:L'amour est un crime parfait
監督 アルノー・ラリユー Arnaud Larrieu
   ジャン=マリー・ラリユー Jean-Marie Larrieu
製作国 フランス / スイス



タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:アルゼンチンからの出品作が決定(『見知らぬ医師』)

2013年カンヌ国際映画祭 ある視点部門へ選出された『見知らぬ医師』がアルゼンチン代表作に決まりました。



アルゼンチンからの出品作
見知らぬ医師
別邦題|ワコルダ(←2013年ラテンビート映画祭での邦題)
英題:The German Doctor
原題:Wakolda
監督 ルシア・プエンソ Lucía Puenzo


IMDb|Wakolda
http://www.imdb.com/title/tt1847746/


(2013年(第10回)ラテンビート映画祭の作品紹介より)こちら ) 舞台は1960年代のパタゴニア。美しい自然に囲まれたバリローチェの湖畔で民宿を始めた夫婦は、ある品のいいドイツ人医師を最初の客として招き入れる。医師は、年よりも幼く見える12歳の娘リリスに興味を示し、リリスもまた、孤独な彼に、次第に心を開いていく…。第二次大戦中、多くのユダヤ人に人体実験を行ったナチスの将校ヨーゼフ・メンゲレが、身分を偽り、アルゼンチン人の家族と暮らしていたという衝撃の実話を映画化。重大な秘密を抱えた男と、汚れのない少女の危うい関係を繊細に描いた心理サスペンス。




Wakolda (The German Doctor) - US Trailer(英語字幕付き)



------------------------------------------------------------------------------------------

アルゼンチンは、最終選考に残った3作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。


 ・ Tesis sobre un homicidio
   英題|Thesis on a Homocide
   監督|Hernán Goldfrid


 ・ 見知らぬ医師
   原題|Wakolda
   監督|ルシア・プエンソ Lucía Puenzo


 ・ La Reconstruction with Peretti
   英題|The Reconstruction
   監督|Juan Taratuto




共通テーマ:映画

2013アカデミー賞外国語映画賞:リトアニアからの出品作が決定

2013年ズリーン国際映画祭インフォーマティブ・セレクションのドキュメンタリー部門へ選出された『Conversations on Serious Topics(英題)』がリトアニア代表作に決まりました。



リトアニアからの出品作
Conversations on Serious Topics
原題|Pokalbiai rimtomis temomis
監督|Giedre Beinoriute


IMDb|Pokalbiai rimtomis temomis
http://www.imdb.com/title/tt3246158/


2013年ズリーン国際映画祭(チェコ共和国 / Zlin International Film Festival)時の作品紹介 http://www.zlinfest.cz/en/film/detail?id=2827




Conversations on Serious Topics - Trailer





共通テーマ:映画