So-net無料ブログ作成

2013年米国インディペンデント・スピリット賞 ノミネーション発表

2013年度(米国)インディペンデント・スピリット賞(The Independent Spirit Awards / 開催地:ロサンゼルス)のノミネーションが発表されました。 今年度より編集賞が創設された模様。

【参照記事】 indiewire
'12 Years a Slave' Leads 2014 Spirit Award Nominations


『大統領の執事の涙』(英題|Lee Daniels' The Butler)、『8月の家族たち』(英題|August: Osage County)、『 あなたを抱きしめる日まで』(英題|Philomena)はノミネート規則に不適合(予算面で基準をオーバーしている、または、英語作品であっても製作国がアメリカ以外であるため)とされました。

ベン・スティラー監督作『LIFE!』(英題|The Secret Life of Walter Mitty)はインディ扱いじゃないのか?(配給がメジャースタジオの20世紀フォックスだから?)  昨年はメジャースタジオ配給の『マジック・マイク』がこの賞にノミネート(助演男優賞)されているので、必ずしもメジャースタジオ配給だからダメというわけでもないんですね、実は。 意外と曖昧なんですが、『LIFE!』はCG使っているから予算的に基準オーバーなのかも。


2013年米国インディペンデント・スピリット賞の授賞式は2014年03月01日(現地日付) (アカデミー賞授賞式の前日)です。
授賞式のホストはパットン・オズワルト(Patton Oswalt)です。



● 米国インディペンデント・スピリット賞 公式サイト(トップページ)
  The Independent Spirit Awards

-------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第29回)米国インディペンデント・スピリット賞 ノミネーション
(The Independent Spirit Awards)


作品賞 Best Film (Best Feature)
※ プロデューサーに与えられます。

それでも夜は明ける
英題:12 Years a Slave
製作:Dede Gardner
   Anthony Katagas
   Jeremy Kleiner
   スティーブ・マックイーン Steve McQueen
   アーノン・ミルチャン Arnon Milchan
   ブラッド・ピット Brad Pitt
   Bill Pohlad


オール・イズ・ロスト 最後の手紙
英題:All Is Lost
製作:ニール・ドッドソン Neal Dodson
   アンナ・ガーブ(アンナ・ゲルブ) Anna Gerb 


フランシス・ハ
英題:Frances Ha
製作:ノア・バームバック Noah Baumbach
   スコット・ルーディン Scott Rudin
   ホドリゴ・テイシェイラ Rodrigo Teixeira
   リラ・ヤコブ Lila Yacoub


インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
英題:Inside Llewyn Davis
製作:イーサン・コーエン Ethan Coen
   ジョエル・コーエン Joel Coen
   スコット・ルーディン Scott Rudin


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
英題:Nebraska
製作:アルバート・バーガー Albert Berger
   ロン・ヤークサ Ron Yerxa



監督賞 Best Director
シェーン・カルース Shane Carruth
  作品:Upstream Color

J・C・チャンダー  J.C. Chandor
  作品:オール・イズ・ロスト 最後の手紙
  英題:All Is Lost

スティーブ・マックイーン Steve McQueen
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave

ジェフ・ニコルズ Jeff Nichols
  作品:MUD マッド
  英題:Mud

アレクサンダー・ペイン Alexander Payne
  作品:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  英題:Nebraska


第一回作品賞 Best First Feature
※ 監督とプロデューサーに与えられます。

Blue Caprice
  監督/製作:アレクサンドル・ムーアス Alexandre Moors
  製作:Kim Jackson
     Brian O’Carroll
     Isen Robbins
     Will Rowbotham
     Ron Simons
     Aimee Schoof
     Stephen Tedeschi


アビーと秘密の部屋(←2014年[第23回]東京国際レズビアン&ゲイ映画祭時の邦題)
英題:Concussion
  監督:ステイシー・パッソン Stacie Passon
  製作:Rose Troche


フルートベール駅で
英題:Fruitvale Station
  監督:ライアン・クーグラー Ryan Coogler
  製作:Nina Yang Bongiovi
     フォレスト・ウィテカー Forest Whitaker


Una Noche
  監督/製作:Lucy Mulloy
  製作:Sandy Pérez Aguila
     Maite Artieda
     Daniel Mulloy
     Yunior Santiago
  製作国:イギリス / キューバ / アメリカ


少女は自転車にのって
英題:Wadjda
独題:Das Mädchen Wadjda
  監督:ハイファ・アル=マンスール Haifaa al-Mansour
  製作:Gerhard Meixner
     Roman Paul 
  製作国:サウジアラビア / ドイツ



ジョン・カサヴェテス賞 John Cassavetes Award
※ 50万ドル以下の製作費の作品が対象。 賞は、脚本家・監督・プロデューサーに与えられます。

Computer Chess
  脚本/監督:アンドリュー・ブジャルスキ Andrew Bujalski
  製作:Houston King
     Alex Lipschultz


Crystal Fairy(Crystal Fairy & the Magical Cactus and 2012)
  脚本/監督:セバスチャン・シルヴァ(セバスティアン・シルバ) Sebastiàn Silva
  製作:Juan de Dios Larraín
     Pablo Larraín


Museum Hours
  脚本/監督:ジェム・コーエン Jem Cohen
  製作:Paolo Calamita
     Gabriele Kranzelbinder


Pit Stop
  脚本/監督:Yen Tan
  脚本:デイヴィッド・ローリー David Lowery
  製作:Jonathan Duffy
     James M. Johnston
     Eric Steele
     Kelly Williams


This is Martin Bonner
  脚本/監督:チャド・ハーティガン Chad Hartigan
  製作:Cherie Saulter



脚本賞 Best Screenplay
ウディ・アレン Woody Allen
  作品:ブルージャスミン
  英題:Blue Jasmine

ジュリー・デルピー Julie Delpy
イーサン・ホーク Ethan Hawke
リチャード・リンクレイター Richard Linklater
  作品:ビフォア・ミッドナイト
  英題:Before Midnight

ニコール・ホロフセナー Nicole Holofcener
  作品:おとなの恋には嘘がある
  英題:Enough Said

スコット・ノイスタッター Scott Neustadter
マイケル・H・ウェバー Michael H. Weber
  作品:The Spectacular Now

ジョン・リドリー John Ridley
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave



第一回脚本賞 Best First Screenplay
レイク・ベル Lake Bell
  作品:私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望
  英題:In A World...

ジョセフ・ゴードン=レヴィット Joseph Gordon-Levitt
  作品:ドン・ジョン
  英題:Don Jon

ボブ・ネルソン Bob Nelson
   作品:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 
   英題:Nebraska

ジル・ソロウェイ Jill Soloway
  作品:Afternoon Delight

マイケル・スターブリー Michael Starrbury
  作品:The Inevitable Defeat of Mister and Pete



主演男優賞 Best Actor (Best Male Lead) (通常5名、今回は6名)
ブルース・ダーン Bruce Dern
  作品:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  英題:Nebraska

キウェテル・イジョフォー Chiwetel Ejiofor
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave

オスカー・アイザック Oscar Isaac
  作品:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
  英題:Inside Llewyn Davis

マイケル・B・ジョーダン Michael B. Jordan
  作品:フルートベール駅で
  英題:Fruitvale Station

マシュー・マコノヒー Matthew McConaughey
  作品:ダラス・バイヤーズクラブ
  英題:Dallas Buyers Club

ロバート・レッドフォード Robert Redford
  作品:オール・イズ・ロスト 最後の手紙
  英題:All Is Lost



主演女優賞 Best Actress (Best Female Lead)
ケイト・ブランシェット Cate Blanchett
  作品:ブルージャスミン
  英題:Blue Jasmine

ジュリー・デルピー Julie Delpy
  作品:ビフォア・ミッドナイト
  英題:Before Midnight

ギャビー・ホフマン Gaby Hoffmann
  作品:Crystal Fairy(Crystal Fairy & the Magical Cactus and 2012)

ブリー・ラーソン Brie Larson
  作品:ショート・ターム
  英題:Short Term 12

シェイリーン・ウッドリー Shailene Woodley
  作品:The Spectacular Now



助演男優賞 Best Supporting Actor (Best Supporting Male)
マイケル・ファスベンダー Michael Fassbender
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave

ウィル・フォーテ Will Forte
  作品:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  英題:Nebraska

ジェームズ・ガンドルフィーニ James Gandolfini
  作品:おとなの恋には嘘がある
  英題:Enough Said

ジャレッド・レト Jared Leto
  作品:ダラス・バイヤーズクラブ
  英題:Dallas Buyers Club

キース・スタンフィールド Keith Stanfield
  作品:ショート・ターム
  英題:Short Term 12



助演女優賞 Best Supporting Actress (Best Supporting Female)
メロニー・ディアス Melonie Diaz
  作品:フルートベール駅で
  英題:Fruitvale Station

サリー・ホーキンス Sally Hawkins
  作品:ブルージャスミン
  英題:Blue Jasmine

ルピタ・ニョンゴ Lupita Nyong’o
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave

ヨランダ・ロス Yolonda Ross
  作品:Go For Sisters

ジューン・スキッブ June Squibb
  作品:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  英題:Nebraska



撮影賞 Best Cinematography
ショーン・ボビット Sean Bobbitt
  作品:それでも夜は明ける
  英題:12 Years a Slave

ブノワ・デビエ Benoit Debie
  作品:スプリング・ブレイカーズ
  英題:Spring Breakers

ブリュノ・デルボネル Bruno Delbonnel
  作品:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
  英題:Inside Llewyn Davis

フランク・G・デマルコ Frank G. DeMarco
  作品:オール・イズ・ロスト 最後の手紙
  英題:All Is Lost

Matthias Grunsky
  作品:Computer Chess



編集賞 Best Editing
シェーン・カルース Shane Carruth
デイヴィッド・ローリー David Lowery
  作品:Upstream Color

ジェム・コーエン Jem Cohen
マーク・ビベス(マーク・ヴィヴス) Marc Vives
  作品:Museum Hours

ジェニファー・レイム Jennifer Lame
  作品:フランシス・ハ
  英題:Frances Ha

シンディ・リー Cindy Lee
  作品:Una Noche

ナット・サンダーズ Nat Sanders
  作品:ショート・ターム
  英題:Short Term 12



ドキュメンタリー賞 Best Documentary
※ 監督に与えられます。

バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
英題:20 Feet From Stardom
  監督/製作:モーガン・ネヴィル Morgan Neville
  製作:Gil Friesen
     Caitrin Rogers

After Tiller
  監督/製作:マーサ・シェーン Martha Shane
        ラナ・ウィルソン Lana Wilson

Gideon’s Army
  監督/製作:Dawn Porter
  製作:Julie Goldman


アクト・オブ・キリング 
英題:The Act of Killing
  監督/製作:ジョシュア・オッペンハイマー Joshua Oppenheimer
  製作:Joram Ten Brink
     Christine Cynn
     Anne Köhncke
     Signe Byrge Sørensen
     Michael Uwemedimo


The Square
  監督:Jehane Nouja im
  製作:Karim Amer



外国映画賞(国際映画賞) Best International Film
※ 監督に与えられます。

罪の手ざわり
英題:A Touch of Sin
  監督:ジャ・ジャンクー Jia Zhang-Ke
  製作国:中国 / 日本


アデル、ブルーは熱い色
英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)
  監督:アブドゥラティフ・ケシシュ Abdellatif Kechiche
  製作国:フランス


グロリアの青春
原題:Gloria
  監督:セバスティアン・レリオ Sebastián Lelio
  製作国:チリ


グレート・ビューティー 追憶のローマ
英題:The Great Beauty
原題:La grande bellezza
  監督:パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
  製作国:イタリア / フランス


偽りなき者
英題:The Hunt
原題:Jagten
  監督 トマス・ヴィンターベア Thomas Vinterberg
  製作国:デンマーク



ロバート・アルトマン賞 Robert Altman Award
※ 監督、キャスティング・ディレクター、演者たち〔アンサンブル・キャスト〕に与えられます。

MUD マッド
英題:Mud
  監督:ジェフ・ニコルズ Jeff Nichols
  キャスティング・ディレクター:Francine Maisler
  出演:ジョー・ドン・ベイカー Joe Don Baker
     ジェイコブ・ロフランド Jacob Lofland
     マシュー・マコノヒー Matthew McConaughey
     レイ・マッキノン Ray McKinnon
     サラ・ポールソン Sarah Paulson
     マイケル・シャノン Michael Shannon
     サム・シェパード Sam Shepard
     タイ・シェリダン Tye Sheridan
     ポール・スパークス Paul Sparks
     ボニー・スターディバント Bonnie Sturdivant
     リース・ウィザースプーン Reese Witherspoon



Truer Than Fiction Award
※ 大きな認知をまだ受けていないノンフィクション映画の映画製作者に贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

Kalyanee Mam
  作品:A River Changes Course

Jason Osder
  作品:Let the Fire Burn

Stephanie Spray
Pacho Velez
  作品:Manakamana



Someone to Watch Award
※ 適切な認知を受けていない映画製作者に贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

My Sister’s Quinceañera
監督:Aaron Douglas Johnston

Newlyweeds
監督:Shaka King

The Foxy Merkins
監督:Madeline Olnek



製作者賞 Producers Award
※ 新進のプロデューサーに贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

● Toby Halbrooks & James M. Johnston

● Jacob Jaffke

● Andrea Roa

● Frederick Thornton


以上


-------------------------------------------------------------------------------------------
45作品がノミネート。

【作品別ノミネート数】
それでも夜は明ける  12 Years a Slave – 7

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅  Nebraska – 6

オール・イズ・ロスト 最後の手紙  All Is Lost – 4

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 Inside Llewyn Davis - 3

フルートベール駅で  英題:Fruitvale Station – 3

ブルージャスミン  Blue Jasmine – 3

ショート・ターム  Short Term 12 – 3



【配給会社別ノミネート数】

フォックス・サーチライト Fox Searchlight Pictures – 9
  •12 Years a Slave, Best Cinematography
  •12 Years a Slave, Best Director
  •12 Years a Slave, Best Feature
  •12 Years a Slave, Best Male Lead
  •12 Years a Slave, Best Screenplay
  •12 Years a Slave, Best Supporting Female
  •12 Years a Slave, Best Supporting Male
  •Enough Said, Best Screenplay
  •Enough Said, Best Supporting Male

IFCフィルムズ IFC Films – 8
  •Blue is the Warmest Color, Best International Film
  •Blue Caprice, Best First Feature
  •Crystal Fairy, Best Female Lead
  •Crystal Fairy, John Cassavetes Award
  •Frances Ha, Best Editing
  •Frances Ha, Best Feature
  •Una Noche, Best Editing
  •Una Noche, Best First Feature

ソニー・ピクチャーズ・クラシックス Sony Pictures Classics – 6
  •Before Midnight, Best Female LeadBefore Midnight, Best Screenplay
  •Blue Jasmine, Best Female Lead
  •Blue Jasmine, Best Screenplay
  •Blue Jasmine, Best Supporting Female
  •Wadjda, Best First Feature

パラマウント・ピクチャーズ Paramount Pictures – 6
  •Nebraska, Best Director
  •Nebraska, Best Feature
  •Nebraska, Best First Screenplay
  •Nebraska, Best Male Lead
  •Nebraska, Best Supporting Female
  •Nebraska, Best Supporting Male

ロードサイド・アトラクションズ/ライオンズゲート Roadside Attractions/Lionsgate – 4
  •All Is Lost, Best Cinematography
  •All Is Lost, Best Director
  •All Is Lost, Best Feature
  •All Is Lost, Best Male Lead

ロードサイド・アトラクションズ(単独) Roadside Attractions – 4
  •Gloria, Best International Film
  •In A World, Best First Screenplay
  •Mud, Best Director
  •Mud, Robert Altman Award

ワインスタイン・カンパニー The Weinstein Company – 3
  •Fruitvale Station, Best First Feature
  •Fruitvale Station, Best Male Lead
  •Fruitvale Station, Best Supporting Female

CBSフィルムズ CBS – 3
  •Inside Llewyn Davis, Best Cinematography
  •Inside Llewyn Davis, Best Feature
  •Inside Llewyn Davis, Best Male Lead

A24 – 3
  •Spring Breakers, Best Cinematography
  •The Spectacular Now, Best Female Lead
  •The Spectacular Now, Best Screenplay

シネダイム Cinedigm – 3
  •Short Term 12, Best Editing
  •Short Term 12, Best Female Lead
  •Short Term 12, Best Supporting Male

ザ・シネマ・ガイド The Cinema Guild – 3
  •Manakamana, Stella Artois Truer Than Fiction Award
  •Museum Hours, Best Editing
  •Museum Hours, John Cassavetes Award

キノ・ローバー Kino Lorber – 3
  •A Touch of Sin, Best International Film
  •Computer Chess, Best Cinematography
  •Computer Chess, John Cassavetes Award

フォーカス・フューチャーズ Focus Features – 2
  •Dallas Buyers Club, Best Male Lead
  •Dallas Buyers Club, Best Supporting Male

RADiUS-TWC Radius-TWC – 2
  •20 Feet From Stardom, Best Documentary
  •Concussion, Best First Feature


-------------------------------------------------------------------------------------------

ノミネートが期待されたけれど落選した、主な候補たち

作品賞部門
● MUD マッド  英題:Mud
● ショート・ターム  英題:Short Term 12
● フルートベール駅で  英題:Fruitvale Station
● ビフォア・ミッドナイト  英題:Before Midnight
● スプリング・ブレーカーズ  英題:Spring Breakers
● プールサイド・デイズ  英題:The Way, Way Back
● セインツ 約束の果て  英題:Ain't Them Bodies Saints
● ギミー・ザ・ルート~NYグラフィティ~  英題:Gimme the Loot
● Mother Of George
● セルフィッシュ・サマー  英題:Prince Avalanche
ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人の未満の甘い方程式 英題:Drinking Buddies


国際映画賞(外国語映画賞)部門
● ある過去の行方  英題:The Past
● あなたを抱きしめる日まで  英題:Philomena
※ 『あなたを抱きしめる日まで』は、作品賞部門では(イギリス製作でアメリカ作品ではないため)ノミネート規則に不適合、外国語映画賞部門では(英語作品なので)同部門のノミネート規則に不適合、ということらしい。


第一回作品賞部門
● キル・ユア・ダーリン  英題:Kill Your Darlings
● ドン・ジョン  英題:Don Jon
● 私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望  英題:In A World...


俳優部門
● グレタ・ガーウィグ Greta Gerwig
  (作品:フランシス・ハ  英題:Frances Ha)
● マイルズ・テラー Miles Teller
  (作品:The Spectacular Now)
● ジェームズ・フランコ James Franco 
  (作品:スプリング・ブレーカーズ  英題:Spring Breakers)
● サム・ロックウェル Sam Rockwell 
  (作品:プールサイド・デイズ  英題:The Way, Way Back)
● ジュリア・ルイス=ドレイファス Julia Louis-Dreyfus
  (作品:おとなの恋には嘘がある  英題:Enough Said)
● オクタヴィア・スペンサー Octavia Spencer
  (作品:フルートベール駅で  英題:Fruitvale Station)
● マイケル・セラ Michael Cera
  (作品:Crystal Fairy 〔Crystal Fairy & the Magical Cactus and 2012〕 )
● イーサン・ホーク Ethan Hawke
  (作品:ビフォア・ミッドナイト  英題:Before Midnight)
● ルーニー・マーラ Rooney Mara
  (作品:セインツ 約束の果て  英題:Ain't Them Bodies Saints)
● ケイシー・アフレック Casey Affleck
  (作品:セインツ 約束の果て  英題:Ain't Them Bodies Saints)
● ベン・フォスター Ben Foster
  (作品:セインツ 約束の果て  英題:Ain't Them Bodies Saints)



監督部門
● コーエン兄弟 Coen Bros.
  (作品:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 Inside Llewyn Davis)
● ハーモニー・コリン Harmony Korine
  (作品:スプリング・ブレーカーズ  英題:Spring Breakers)
● ニコール・ホロフセナー Nicole Holofcener
  (作品:おとなの恋には嘘がある  英題:Enough Said)
● ライアン・クーグラー Ryan Coogler
  (作品:フルートベール駅で  英題:Fruitvale Station)
● ノア・バームバック Noah Baumbach
  (作品:フランシス・ハ  英題:Frances Ha)
● リチャード・リンクレイター Richard Linklater
  (作品:ビフォア・ミッドナイト  英題:Before Midnight)
● デイヴィッド・ロウリー David Lowery
  (作品:セインツ 約束の果て  英題:Ain't Them Bodies Saints)
● アダム・レオン Adam Leon
  (作品:ギミー・ザ・ルート~NYグラフィティ~  英題:Gimme the Loot)



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2013年ナント三大陸映画祭 受賞結果 発表

2013年(第35回)ナント三大陸映画祭の受賞結果です。 日本人監督作が最高賞を受賞しています。 また、日本が製作に関わっている作品が最高賞である金の気球賞と第二席である銀の気球賞の上位2賞を受賞しました。

● 公式サイト内 発表
  http://www.3continents.com/fr/actu/reprise-du-palmares/


2013年度(第35回)ナント三大陸映画祭は(現地日付で)2013年11月19日から11月26日まででした。


ナント三大陸映画祭とは…
(ウィキペディアより) ナント三大陸映画祭(ナントさんたいりくえいがさい、Festival des 3 Continents)は、フランス・ナントで1979年から開催されている映画祭。アジア・アフリカ・ラテンアメリカの三大陸の作品に特化している。Philippe JalladeauとAlain Jalladeauによって設立された。毎年11月から12月ごろに開催される。



● ナント三大陸映画祭
  (仏:Festival des 3 Continents / 英:The Festival of the Three Continents)
  公式サイト(英語版トップページ) Festival des 3 Continents

------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第35回)ナント三大陸映画祭 受賞結果
(Festival des 3 Continents / The Festival of the Three Continents)

なお、審査対象となるインターナショナル・コンペティション部門へエントリーされたのは9作品でした。
 

金の気球賞(=ナント三大陸映画祭 最高賞) La Montgolfière d'Or
ほとりの朔子 (ほとりのさくこ)
仏題:Au revoir l' été
  監督:深田晃司 Koji Fukada
  製作国:日本 / アメリカ



予告編だけでは人物設定や筋書きがつかみにくい。


(東京国際映画祭の作品紹介より)こちら ) 東京国際映画祭から世界に羽ばたいた『歓待』から3年、杉野希妃プロデュース、深田晃司監督コンビの最新作。海と山のほとりで、子供と大人のほとりで揺れる主人公・朔子の淡い恋心がキュートな社会派青春夏物語。 / 大学受験浪人中の夏に、母の妹の地域研究学者である海希江叔母さんの誘いで、海と山のほとりの避暑地を訪れる朔子。そこで海希江の幼なじみの兎吉と、その甥で福島から避難してきている同年代の孝史と出会う。孝史と幾度か会う度にふたりの距離が近づいていく。子供と大人のほとりにいる朔子が、大人たちのなかで人生の複雑さを少しだけ覗きみる夏物語。  2010年の東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で作品賞に輝き、世界100ヶ所以上の映画祭からオファーが殺到した『歓待』の深田晃司監督と杉野希妃プロデューサーコンビが、二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治等を迎えて新たに制作した社会派青春夏物語。






銀の気球賞 La Montgolfière d'Argent
収容病棟
英題:'Til Madness Do Us Part
原題:瘋愛 / Feng Ai
  監督:ワン・ビン(王兵) Bing Wang
  製作国:香港 / フランス / 日本





観客賞  Prix du Public
ルールを曲げろ(←2013年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Bending the Rules
原題:Ghaedeye Tasadof
  監督:ベーナム・ベーザディ Behnam Behzadi
  製作国:イラン





審査員特別賞 Mention spéciale du Jury
私は彼ではない(←アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014時の邦題)
英題:I'm Not Him (I Am Not Him)
原題:Ben O Değilim
仏題:Je ne suis pas lui
  監督:タイフン・ピルセリムオウル Tayfun Pirselimoglu
  製作国:トルコ / フランス / ギリシャ / ドイツ

Ben O Değilim (I'm not Him) - Trailer






若年審査員賞(若い審査員賞) Prix du Jeury Jeune
ほとりの朔子 (ほとりのさくこ)
仏題:Au revoir l' été
  監督 深田晃司 Koji Fukada
  製作国 日本 / アメリカ


以上



タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画

2013年度アカデミー賞:短編実写映画賞 第一次審査通過作品10作品のリスト発表

映画芸術科学アカデミーは2013年度(第86回)アカデミー賞短編実写映画賞の第一次審査通過作品10作品のリストを発表しました。 この作品から3~5作品が2013年度アカデミー賞短編実写映画賞へノミネートされることになります。

【参照】 映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース (2013/11/22日付け)
10 Live Action Shorts Advance in 2013 Oscar[レジスタードトレードマーク] Race


2013年度(第86回)アカデミー賞ノミネーション発表は2014年01月16日です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

2013年度(第86回)アカデミー賞短編実写映画賞 第一次審査通過作品 (10作品)
(映画タイトル〔原題〕のアルファベット順)


That Wasn’t Me
原題:Aquel No Era Yo
  監督:Esteban Crespo
  製作国:スペイン
  製作会社:Producciones Africanauan


全てを失う前に (←2013年フランス映画祭時の邦題)
英題:Just before Losing Everything
原題:Avant Que De Tout Perdre
  監督:ザヴィエ・ルグラン Xavier Legrand
  製作国:フランス
  製作会社:KG Productions


Two
原題:Dva
  監督:Mickey Nedimovic
  製作国:ドイツ / クロアチア
  製作会社:Filoufilm Dani Barsch


Helium
  監督:Anders Walter
  製作国:デンマーク
  製作会社:M & M Productions


Kush
  監督:Shubhashish Bhutiani
  製作国:インド
  製作会社:Red Carpet Moving Pictures


結婚式の朝 (←フィンランド短編映画上映会 in 札幌 2013 での邦題)
英題:Do I Have to Take Care of Everything?
原題:Pitaako Mun Kaikki Hoitaa?
  監督:セルマ・ヴィルフネン Selma Vilhunen
  製作国:フィンランド
  製作会社:Tuffi Films


Record/Play
  監督:ジェシー・アトラス Jesse Atlas
  製作国:アメリカ
  製作会社:Collaboration Factory


Throat Song
  監督:ミランダ・ドゥ・ペンシエ Miranda de Pencier
  製作国:カナダ
  製作会社:Northwood Productions


Tiger Boy
  監督:ガブリエル・マイネッティ Gabriele Mainetti
  製作国:イタリア
  製作会社:Goon Films


The Voorman Problem
  監督:マーク・ギル Mark Gill
  製作国:イギリス
  製作会社:Honlodge Productions

以上

------------------------------------------------------------------------------------------------

アメリカ映画が一作品しか無い。




共通テーマ:映画

ビージーズ Bee Gees|『glee/グリー』 シーズン3: 第16話 「サタデー・ナイト・グリーバー!」 (英題:Saturday Night Glee-Ver)

『glee/グリー』 シーズン3
第16話 「サタデー・ナイト・グリーバー!」 (英題:Saturday Night Glee-Ver)
2013年11月20日(水) NHK総合 午前0:40~1:25



● You Should Be Dancing ユー・シュッド・ピー・ ダンシング
 オリジナル: ビージーズ (Bee Gees) (1976年リリース)

【glee 版】
glee-You Should Be Dancing (Full Performance)


この第16話、本来ならば良いミュージカル・シーン揃いになるはずなのに編集がダメで台無しに。(全身が入った画も撮っているのにあんまり使っていない。パフォーマーたちの動き、見えないよ。) 特にこの『You Should Be Dancing』のシーンなんて本当に残念。




【オリジナル】
ビージーズ
Bee Gees - You Should Be Dancing (Live, 1979)
歌詞の和訳付き。


ギブ兄弟の末っ子アンディ・ギブ(Andy Gibb)。 アンディ・ギブは1977年にソロでデビュー。 1988年3月に30歳で他界していたとは。




映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)より。
監督:ジョン・バダム John Badham
出演:トニー役・・・ジョン・トラボルタ John Travolta  
   ※ 1977年度(第50回)アカデミー賞主演男優賞ノミネート。

You Should Be Dancing (from "Saturday Night Fever", 1977)







グルーもミニオンも踊る。

『怪盗グルーの月泥棒 3D』(英題: Despicable Me)(2010年)より。
Minions - You Should Be Dancing (from "Despicable Me", 2010)




-------------------------------------------------------------------------------------------------

● Night Fever 恋のナイト・フィーバー
オリジナル: ビージーズ (Bee Gees) (1978年リリース)

【glee 版】
glee - Night Fever (Full Performance)





【オリジナル】
ビージーズ
Bee Gees - Night Fever (Music Video, 1977)





映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)より。
Night Fever (from "Saturday Night Fever", 1977)




-------------------------------------------------------------------------------------------------

● Disco Inferno ディスコ・インフェルノ
オリジナル: ザ・トランプス (The Trammps) (1977年リリース)

【glee 版】
glee - Disco Inferno (Full Performance)





【オリジナル】
ザ・トランプス The Trammps - Disco Inferno
(Live, TV Sow "The Midnight Special", 1976)





-------------------------------------------------------------------------------------------------

● If I Can't Have You イフ・アイ・キャント・ハヴ・ユー
オリジナル: ビージーズ (Bee Gees) (1977年リリース)
カバー版:イヴォンヌ・エリマン (Yvonne Elliman) (1978年リリース)


【glee 版】
glee - If I Can't Have You (Full Performance)





【オリジナル】
ビージーズ
Bee Gees - If I Can't Have You (1977)





【カバー・バージョン】
イヴォンヌ・エリマン Yvonne Elliman - If I Can't Have You (Live, 1978)




-------------------------------------------------------------------------------------------------

● How Deep Is Your Love  愛はきらめきの中に
オリジナル: ビージーズ (Bee Gees) (1977年リリース)

【glee 版】
glee - (Full Performance)





【オリジナル】
ビージーズ
Bee Gees - How Deep Is Your Love (Official Music Video) (1977)




-------------------------------------------------------------------------------------------------

● Boogie Shoes ブギー・シューズ
オリジナル: K.C.&サンシャイン・バンド (KC and the Sunshine Band) (1975年リリース)

【glee 版】
glee - Boogie Shoes (Full Performance)





【オリジナル】
K.C.&サンシャイン・バンド 
KC and the SunshineBand - Boogie Shoes (1978)





-------------------------------------------------------------------------------------------------

● More Than a Woman モア・ザン・ア・ウーマン
オリジナル:ビージーズ (Bee Gees) / タヴァレス (Tavares) (1977年リリース)
※ 映画内ではビージーズ版が使われた(・・・と思う。タヴァレス版は映画内では使われていないと思うのですが。間違っていたらごめんなさい。) サントラには両方が収録されているらしい。

【glee 版】
glee - More Than a Woman (Full Performance)





【オリジナル】
ビージーズ版。
Bee Gees - More Than a Woman (1977)





タヴァレス版。
Tavares - More Than a Woman (1977)




-------------------------------------------------------------------------------------------------

● Stayin' Alive  ステイン・アライヴ
オリジナル: ビージーズ (Bee Gees) (1977年リリース)

【glee 版】
glee - Stayin' Alive (Full Performance)






【オリジナル】
映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)より。
  曲:ステイン・アライヴ  
  歌唱:ビージーズ
Stayin' Alive (from "Saturday Night Fever", 1977)


今振り返ってみると、1977年は結構エポックメイキングな年だったのですね。アカデミー賞へ絡んだ作品群をみるとそんな印象を受けます。

確かに『glee/グリー』のメンバーの状況って『サタデー・ナイト・フィーバー』の登場人物たちの状況と類似点多いわなあ。 『サタデー・ナイト・フィーバー』の″その後″なんていう映画は見たくはないけれど、「主人公トニーはどうなっていっただろうか」と彼のその後に想いを馳せてしまうというところはある。『サタデー・ナイト・フィーバー』という映画のことを考える度にそう思う。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

『glee/グリー』は″スクール・カーストの最下層にいる生徒″の尊厳の確立というところから始まっていたのだけれど、話が進むうちに″或る点において非常に有能な生徒″だということが露わになっていくので、彼らがスクール・カーストの最下層にいる生徒だという設定に真実味が失われていく。シリーズが長くなればそうなっていくのも止むを得ないことなのだけれど。だから、マイノリティである同性愛者の立場を強調していく方向へ行って、いまや完全にゲイ・ドラマ。マイノリティとかスクール・カーストの最下層に置かれている人々ってなにも同性愛者だけじゃないだろうに。


2013年ローマ国際映画祭 受賞結果発表

2013年(第8回)ローマ国際映画祭の受賞結果です。 日本映画が2賞を受賞しています。 また、日本人キャストが出演している作品もシネマ21部門で受賞しています。


● 公式サイト内発表  The Official Awards of the 8th Rome Film Festival


2013年(第8回)ローマ国際映画祭は(現地日付で)2013年11月08日から11月17日まででした。



◆◆ 審査員 ◆◆
【インターナショナル・コンペティション部門】 (=メイン・コンペティション)
審査員長
  ジェームズ・グレイ James Gray 
   (アメリカの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)
審査員
  ヴェロニカ・チェン Verónica Chen 
    (アルゼンチンの映画監督)
  ルカ・グァダニーノ Luca Guadagnino
    (イタリアの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)
  アレクセイ・グシュコブ Aleksei Guskov
    (ロシアの男優 / プロデューサー)
  ノエミ・ルボフスキー Noémie Lvovsky
    (フランスの映画監督 / 脚本家 / 女優)
  アミール・ナデリ Amir Naderi
    (イランの映画監督)
  チャン・ユアン(ツァン・ユァン) Zhang Yuan(張元)
    (中国の映画監督)


【シネマ21 部門】
審査員長
  ラリー・クラーク Larry Clark 
    (アメリカの映画監督 / 写真家 / 作家 / 映画プロデューサー)
審査員
  アシム・アルワリア Ashim Ahluwalia
    (インドの映画監督 / 脚本家 / 映画プロデューサー)
  ユーリ・アンカラーニ Yuri Ancarani
    (イタリアのヴィジュアル・アーティスト / 映画監督)
  Laila Pakalnina
    (ラトビアの映画監督 / 脚本家)
  マイケル ・ウォーマン Michael Wahrmann
    (イスラエル / ウルグアイの映画監督 / 脚本家 / 編集者)


【プロスペクティブ・ドキュメンタリー・イタリア部門】
審査員長
  Marco Visalberghi 
    (イタリアのプロデューサー / 映画監督)
審査員
  Christian Carmosino  
    (イタリアの映画監督 / プロデューサー)
  Giusi Santoro 
    (イタリアの映画編集者 / プロデューサー)
  Gerardo Panichi 
    (イタリアの映画監督 / プロデューサー)
  サブリナ・ヴァラーニ Sabrina Varani 
    (イタリアの映画撮影技師[Cinematographer] / 映画監督)


【第1回および第2回監督作品賞(新人監督作品賞)】
審査員長
  ロベルト・ファエンツァ Roberto Faenza
    (イタリアの映画監督 / 脚本家)
審査員
  ファウスト・ブリッツィ Fausto Brizzi
    (イタリアの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)
  アンドレア・オキピンティ Andrea Occhipinti
    (イタリアの男優 / プロデュサー)
  Alessandra Mammì
    (イタリアのジャーナリスト / 歴史家)
  ヴァレリオ・ミエーリ Valerio Mieli 
    (イタリアの映画監督 / 脚本家)
  カミーラ・ネスビット Camilla Nesbitt
    (イタリアのプロデュサー)
  Carlo Freccero
     (イタリアのプロデュサー)


● ローマ国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  International Rome Film Festival


---------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第8回)ローマ国際映画祭 受賞結果
(International Rome Film Festival / Festival Internazionale del Film di Roma)



【インターナショナル・コンペティション部門】
An international competition - Official Selection

ゴールデン・マークアウレリオ賞(作品賞) (=ローマ国際映画祭 最高賞)
Golden Marc’Aurelio Award for Best Film
Tir(TIR)  ※ ドキュメンタリー作品
監督:アルベルト・ファズーロ Alberto Fasulo
製作国:クロアチア / イタリア



監督賞 Best Director Award
黒沢清 Kiyoshi Kurosawa
  作品:Seventh Code  (読み|セブンス・コード)
  英題:Seventh Code
  製作国:日本

【参考】 TOWER RECORDS ONLINE  2013年11月15日付け記事
前田敦子、新シングル“セブンスコード”発売決定! 主演映画「Seventh Code」DVD付タイプも
〈Type-A〉のDVDには“セブンスコード”のPV、トールケース仕様となる〈劇場公開記念特別盤〉のDVDには、あっちゃんが主演を務めた黒沢清監督の映画「Seventh Code」などが収録される。
本作は「こういう形で特典として世に出す予定で作った中編作品(『Seventh Code』はランタイム60分)で、それを映画祭に出品してみた」ということでしょうか。

シネマトゥデイ 2013年12月06日付け記事
ローマ映画祭2冠の前田敦子主演作、急きょ劇場公開決定!
第8回ローマ国際映画祭で2冠に輝いた映画『Seventh Code』が、2014年1月11日より1週間限定で劇場公開されることがわかった。 <中略> 国内で緊急公開されることになった。
たった一週間のみ急遽公開するということで「やっぱり、最初からCDのおまけとして付ける用に作ったのね」ということが判る、という・・・。これで一応″劇場公開作″に格上げされた、ってことか。 黒沢清作品がCDのおまけとして公開されることにブリブリ怒っていた人、これで満足できましたか? ばかばかしい。 中編作だし、おまけだって別にいいじゃないか、見てもらえるんだから。 

シネマトゥデイ 2013年12月20日付け記事
前田敦子、ローマ2冠主演作はソロシングルMVとして制作!ロシア語披露の予告編公開!
歌手で女優の前田敦子が主演し、第8回ローマ国際映画祭で2冠に輝いた映画『Seventh Code』の予告編が公開された。本作はもともと、来年3月のリリースが決定した前田のソロシングル「セブンスコード」のミュージックビデオ(以下、MV)として制作された作品だったという。
中編作品だし、やっぱり、シングル曲のプロモビデオ用に作ったんですね。なまじ賞なんて獲っちゃったもんだからがちゃがちゃ言われて劇場公開作という体裁を整えることにした、ってことですね。ローマ国際映画祭はまだ歴史も浅いし、もしかしてローマもモントリオール世界映画祭同様、賞が…だったりして。




審査員特別賞 Special Jury Prize
Quod Erat Demonstrandum
監督:Andrei Gruzsniczki
製作国:ルーマニア



男優賞 Best Actor Award
マシュー・マコノヒー Matthew McConaughey
  作品:ダラス・バイヤーズクラブ  
  英題:Dallas Buyers Club
  製作国:アメリカ



女優賞 Best Actress Award
スカーレット・ヨハンソン(声) Scarlett Johansson
  作品:her/世界でひとつの彼女
  英題:Her
  製作国:アメリカ



新進俳優賞 Award for Emerging Actor or Actress
『Gass』(原題:Acrid)のキャスト
  作品Gass
  原題:Acre /Acrid
  製作国:イラン



技術貢献賞 Award for Best Technical Contribution
高橋幸一 [編集] Koichi Takahashi
  作品:Seventh Code  (読み|セブンス・コード)
  英題:Seventh Code
  製作国:日本



脚本賞 Award for Best Screenplay
タイフン・ピルセリムオウル Tayfun Pirselimoglu
  作品:私は彼ではない(←アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014時の邦題)
  英題:I'm Not Him
  原題:Ben O Değilim
  製作国:トルコ / フランス / ギリシャ / ドイツ



脚本賞 スペシャル・メンション Special mentions
ツイ・ジェン(崔健) Jian Cui
  作品(英題):Blue Sky Bones
  原題:蓝色骨头 / Lanse gutou
  製作国:中国


---------------------------------------------------------------------------------------------------

【シネマ21 部門】 CinemaXXI

シネマ21賞(長編映画が対象)
CinemaXXI Award (reserved for feature-length films)
Nepal Forever
監督:Aliona Polunina
製作国:ロシア



シネマ21 審査員特別賞
Special Jury Prize – CinemaXXI (reserved for feature-length films)
Birmingham Ornament 2
原題:Birmingemskij ornament 2
監督:アンドレイ・シルヴェストロフ Andrey Silvestrov
    ユーリー・レイデルマン Yury Leiderman
製作国:ロシア
【参考】 CINRA.NET  2013/10/22付け記事
渋さ知らズのフロントマン・玄界灘渡部がロシア映画で主演、音楽は渋さ知らズ



シネマ21 短編映画賞 CinemaXXI Award for Short Films
The Incomplete
原題:Der Unfertige
監督:Jan Soldat
製作国:ドイツ



シネマ21 短編映画賞 スペシャル・メンション Special Mention CinemaXXI Short Films
The Buried Alive Videos
監督:Roee Rosen
制作国:イスラエル


---------------------------------------------------------------------------------------------------

【プロスペクティブ・ドキュメンタリー・イタリア部門】 Prospettive Doc Italia

プロスペクティブ賞(ドキュメンタリー映画に対し)
Perspectives Award for best documentary
Dal profondo
監督:Valentina Pedicini



スペシャル・メンション Special mentions
Fuoristrada
監督:Elisa Amoruso


---------------------------------------------------------------------------------------------------

【第1回および第2回監督作品】 Award For Best First / Second Film

ゴールデン・カメラ賞(新人監督作品賞) 
Taodue Golden Camera Award for Best First/Second Film
ファーナス 訣別の朝  ※ 監督第二作目
英題:Out of the Furnace
監督:スコット・クーパー Scott Cooper 
製作国:アメリカ / イギリス



新進プロデューサー賞 Taodue Award for the Best Emerging Producer
● Jean Denis Le Dinahet
● Sébastien Msika
   作品:存在しない南(←2014イタリア映画祭時の邦題)
   英題:South is Nothing  
   原題:Il sud è niente
   製作国:イタリア
※ 併催の「都会のアリス」部門 エントリー作品


---------------------------------------------------------------------------------------------------

観客賞  Audience Award for Best Film
ダラス・バイヤーズクラブ  
英題:Dallas Buyers Club
監督:ジャン=マルク・ヴァレ Jean-Marc Vallee
製作国:アメリカ


---------------------------------------------------------------------------------------------------

生涯業績賞 Lifetime Achievement Award
アレクセイ・ゲルマン(アレクセイ・ユーリィヴィチ・ゲルマン)  ※ 2013年2月21日 逝去。
Aleksei Yuryevich German


************************************************************************

(2013/11/20 記)

日刊ゲンダイ(Gendai.net) 2013年11月19日付け
前田敦子の主演作 ローマ国際映画祭2冠は運か実力か

黒沢清監督による前田敦子(22)主演の「Seventh Code」が、第8回ローマ国際映画祭で最優秀監督賞と技術貢献賞を受賞し、2冠を達成したというニュース。本映画祭で日本人初の受賞で快挙――というわりに発表翌日(18日)のスポーツ各紙の記事はこぢんまりとした扱いだったが、「大人の事情」が絡んでいたというわけだ。 <中略> 「ロッテルダムやロカルノ、ベネチアといった国際映画祭のディレクターを務めてきたマルコ・ミュラー氏が、昨年からローマの同職に就任。彼のヤリ手ぶりは有名です。ローマは商業性よりアート系の作品を重視する流れになりつつあり、日本映画に造詣が深いミュラー氏は以前から黒沢清監督を高く評価しています。今回の受賞は納得ですね」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)


こぢんまりした扱いどころかローマ国際映画祭の割にはずいぶんと大々的に扱われたと思うけどなあ。それも前田敦子主演作だったからこそ、でしょう。たとえ黒沢清監督作がローマ国際映画祭でなにか賞を獲ったとしてもニュースバリューの低い俳優が主演だったらこんなふうに取り上げられない。 それに、コンペティションに黒沢清監督作がピックアップされたのはマルコ・ミュラーの影響が大きいのだろうけど、何を受賞させるかは審査員団が一応決めているわけだしこんな言い方では受賞もすべてマルコ・ミュラーが決定しているかのように聞こえる。それとも、実際、審査員団はお飾り/傀儡に過ぎないということ?大高宏雄氏はどういうつもりで発言したのでしょう?

この時期の映画祭、出品作をワールドプレミアにこだわって決めれば小粒にならざるを得ないでしょう。秋のプレミア作品は品薄なのでしょうから。 それでも、国際映画祭としての体裁を保つため/華やかさやバリュー感を出すためには国際映画祭での知名度のある監督も混ぜたい。だから、本来、国際映画祭のコンペ向きじゃない作品内容のものも時には選ぶ。今年、ベネチアでもローマでも最高賞を受賞したのはドキュメンタリー作品でした。それは裏を返せば、実写映画にインパクトを感じる作品が無かったということでもあるでしょう。 イタリアの映画産業もお金がなくて低迷しているらしいしベネチアとローマで覇権争いみたいなことしている場合じゃないんだろうけど、金が無くて低迷すると逆に一致団結できなくなるのかねえ。

前田敦子のCDの付録扱いで販売されることに多くの黒沢清ファンが嘆いています。まぁ気持ちはわからないでもないですが、こういう形であっても″作れるだけマシ″という状況なんじゃないの? 実際、前作の首長竜の映画もずっこけているし、興行収益が上がりにくい作品ばっかり撮っているのだからだんだん製作資金が集まりにくくなっていて、映像作品を作って世に出すには厳しい事態になっているんじゃないのでしょうか。 ″あなた方が愛する黒沢清監督″は世間的には知名度もなく需要も少ないのですよ。 そういう現実はあるわけで、それは受け止めないと。 それに、普段、黒沢清監督作など見たこともないような人々に見てもらえるかもしれないのだから、そう考えればこれもまた良しなんじゃないかな。



タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画

2013年ローマ国際映画祭:併設賞の受賞結果

2013年(第8回)ローマ国際映画祭 併設賞の受賞結果です。
※ 公式表彰(The Official Awards)の受賞結果は こちら に載せてあります。


● 公式サイト内 発表  Collateral Awards: the winners


● ローマ国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  International Rome Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第8回)ローマ国際映画祭 併設賞 受賞結果
(International Rome Film Festival / Festival Internazionale del Film di Roma)
(The Collateral Awards)


金の蝶(ゴールデン・バタフライ)賞
Farfalla d’oro Prize (The Golden Butterfly Award) – Agiscuola
ダラス・バイヤーズクラブ  
英題:Dallas Buyers Club
監督:ジャン=マルク・ヴァレ Jean-Marc Vallee
製作国:アメリカ



The L.A.R.A.賞(イタリア人俳優賞)
The L.A.R.A. (Libera Associazione Rappresentanza di Artisti) Award for Best Italian Actor
ヴァレリア・ゴリノ Valeria Golino
  作品:Like the Wind    (※ コンペティション外部門エントリー作品)
  原題:Come il vento
  製作国:イタリア



AMC賞(編集賞) The AMC Award for Best Editing (AMC Best Editing)
ヨハネス・ヒロシ・ナカジマ Johannes Hiroshi Nakajima
  作品:Tir(TIR)
  監督:アルベルト・ファズーロ Alberto Fasulo
  製作国:クロアチア / イタリア



SORRIDENDO ONLUS 賞 Prize SORRIDENDO ONLUS
アンナ・フォリエッタ Anna Foglietta



AIC賞(撮影賞) AIC Prize for Best Cinematography
イヴ・ベランジェ Yves Belanger
  作品:ダラス・バイヤーズクラブ  
  英題:Dallas Buyers Club



音響編集賞 Best Sound Editing Award - A.I.T.S.
Border   (※ コンペティション外部門エントリー作品)
監督:Alessio Cremonini
製作国:イタリア



メイクアップ賞 - "La Chioma di Berenice” Award 
“La Chioma di Berenice” Award for Best Make up
ナディア・フェラーリ  Nadia Ferrari
  作品:La luna su Torino    (※ コンペティション外部門エントリー作品)
  監督:デヴィデ・フェラーリオ Davide Ferrario

 

ヘアスタイリング賞 - "La Chioma di Berenice” Award 
“La Chioma di Berenice” Award for Best Hairstyling in international movies
パブロ・J・カベーリョ Pablo J Cabello  
  作品:La luna su Torino
  監督:デヴィデ・フェラーリオ Davide Ferrario



マウリツィオ・ポジャーリ賞(ドキュメンタリー映画賞)
Maurizio Poggiali Award for Best Documentary
The Stone River
監督:Giovanni Donfrancesco
製作国:イタリア / フランス / アメリカ



スタジオ・ユニバーサル短編映画賞 Studio Universal Short Film Award
Na pravakh reklamy (Promotional)
監督:Ivan Vyrypaev



Centenario BNL Award Centenario BNL Award: #100sec per il futuro
● Premonizione
  監督:Salvatore Centoducati

● Futuro
  監督:Accursio Graffeo



タグ:映画祭

共通テーマ:映画

2013年 AFI Fest|受賞結果 発表

アメリカ映画協会(American Film Institute, AFI )が開催する 2013年AFI Festの受賞結果が発表になりました。


● 公式サイト内での発表  2013 AWARD WINNERS


【参考記事】  In-Contention
Brit favorite 'The Selfish Giant,' foreign Oscar hopefuls take gold at AFI Fest



● AFI Fest 公式サイト(トップページ) http://afi.com/afifest/default.aspx

------------------------------------------------------------------------------------------------

2013年AFI Fest 受賞結果 (The 2013 AFI Fest winners)


【新人映画監督セクション】 New Auteurs Section

新人映画監督 批評家賞 New Auteurs Section Critics' Award
Nothing Bad Can Happen
原題:Tore tanzt
監督:カトリン・ゲビー Katrin Gebbe
製作国:ドイツ




新人映画監督 特別賞(演出に対して) New Auteurs Special Award for Direction
The Selfish Giant
監督:クリオ・バーナード Clio Barnard   
製作国:イギリス




新人映画監督 特別賞(個人的なストーリーテリングに対して) 
New Auteurs Special Award for Personal Storytelling
花咲くころ(←2013年東京フィルメックス時の邦題)
英題:In Bloom  
原題:Grzeli nateli dgeebi
監督:ナナ・エクチミシヴィリ Nana Ekvtimishvili
    ジーモン・グロス Simon Groß / Simon Gross
製作国:グルジア / ドイツ / フランス
※ 2013年度アカデミー賞外国語映画賞 グルジア代表作。


------------------------------------------------------------------------------------------------

【観客賞】  Audience Award

ワールド・シネマ部門:観客賞 Audience Award (World Cinema)
The Rocket
監督:キム・モダン Kim Mordaunt
製作国:豪州
※ 2013年度アカデミー賞外国語映画賞 豪州代表作。




新人映画監督部門:観客賞 Audience Award (New Auteurs)
The Selfish Giant
監督:クリオ・バーナード Clio Barnard   
製作国:イギリス




アメリカン・インディペンデンツ部門:観客賞 Audience Award (American Independents)
We Gotta Get Out of This Place
監督:サイモン・ホーキンス Simon Hawkins
    ジーク・ホーキンス Zeke Hawkins
製作国:アメリカ




ブレイクスルー部門:観客賞 Audience Award (Breakthrough)
B for Boy
監督:チカ・アナドュ Chika Anadu   
製作国:ナイジェリア


------------------------------------------------------------------------------------------------

【批評家賞】 Jury Award

批評家大賞(実写短編映画) Grand Jury Award (Live Action Shorts)
チベットの埃
英題:Butter Lamp
原題:La lampe au beurre de yak
監督:Hu Wei
製作国:中国 / フランス




批評家大賞(アニメ短編映画) Grand Jury Award (Animated Shorts)
The Places Where We Lived
監督:ベルナルド・ブリット Bernardo Britto
製作国:アメリカ




特別審査員賞 Special Jury Award
Balcony
原題:Ballkoni
監督:Lendita Zeqiraj
製作国:コソボ共和国




審査員特別賞(演出に対して) Special Jury Award for Direction
Syndromeda
監督:パトリック・エクランド Patrik Eklund




審査員特別メンション(最優秀データモッシュ) Special Jury Mention for Best Datamosh
※ データモッシュ(datamosh)……動画ファイルの情報を意図的に破壊することによって映像にある種の美的効果を与える、グリッチアートの手法の一つ。
Datamosh
監督:Yung Jake
製作国:アメリカ



タグ:映画祭

共通テーマ:映画

2013年ゴールデン・グローブ賞|外国語映画賞部門の候補作58作品のリスト、発表

2013年度ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞部門の候補作 48作品 58作品の発表がありました。 なお、これはゴールデン・グローブ賞外国語映画賞部門のノミネート作品ではありません。この 48作品 58作品の中から最終的に5作品がノミネート作として選出されます。 今までゴールデン・グローブ賞外国語映画賞部門の候補作リストが発表されたことなどあったでしょうか?

(2013/11/13 追記) 元になった The Wrap の記事 に修正があり、候補作は48作品から58作品に増えたようです。 追記・修正し、追加された作品も載せました。


ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人映画記者協会が主催しています。「知名度があり、華やかで、世界各国でニュースになる顔ぶれ」を重視・優先したチョイスをする映画賞です。 


【参考記事】  The Wrap  (2013/11/11付け)
Golden Globes Foreign-Film Lineup: Is This List (Gasp) More Respected Than the Oscars’? (Exclusive)



この48作品のうち、2013年度アカデミー賞外国語映画賞部門へ各国代表作として出品されているものは32作品。 

2013年度アカデミー賞外国語映画賞部門へ出品された76作品のうちゴールデン・グローブ賞外国語映画賞部門候補リストへ入っていない作品で主なものは『エリ(原題:Heli)』(メキシコ)、『Neighboring Sounds(原題:O Som ao Redor)』(ブラジル)、『The Missing Picture(原題:l'image manquante)』(カンボジア)、『ボーグマン(原題:Borgman)』(オランダ)、など。

アカデミー賞外国語映画賞部門のように「一国につき一作品」という決まり事がないので、一つの国から複数作品がピックアップされているケースもあります。

今年度(2013年度)のアカデミー賞外国語映画賞部門は、代表作として出品されてくると期待されていた作品が国内選考で落選したり同部門への出品規則不適合で出品不可になった有力候補作品があったりで物議を醸し出しました。アカデミー賞外国語映画賞部門の代表作選考はこのままでいいのかという意見記事も出たりで、オスカー・ウォッチャーたちの間ではちょっとした話題になっています。 ゴールデン・グローブ賞ではアカデミー賞外国語映画賞部門へ出品されなかった有力作品をピックアップすることで話題作りに役立てています。 そしてこれは、北米での賞レースにおける、ちょっとした救済措置のような恰好にもなりました。 ということで、日本映画『そして父になる』『風立ちぬ』、インド映画『The Lunchbox』、フランス映画『アデル、ブルーは熱い色』、チェコ共和国の『Burning Bush(英題)』、スペイン映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』などがリスト入りしています。
追加作品に『舟を編む』は無し。 Steve Pond 氏が書いたThe Wrap の記事の中でも「日本の『そして父になる』『風立ちぬ』はアカデミー賞外国語映画賞日本代表作にはなっていない」と、その2作品の落選にわざわざ触れている。・・・。


2013年度(第71回)ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表は、(現地日付で)2013年12月12日の予定です。


● ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人映画記者協会)公式サイト(トップページ)
  Hollywood Foreign Press Association, HFPA)


----------------------------------------------------------------------------------------

2013年度(第71回)ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞部門の候補作リスト( 48作品 58作品)
(The Golden Globe Awards)

映画タイトルの最後に * (アスターリスク)が付いているものは2013年度アカデミー賞外国語映画賞部門へ各国代表作として出品されている作品。


アルゼンチン
ワコルダ(←2013年ラテンビート映画祭時の邦題) * 
英題:The German Doctor  
原題:Wakolda
監督:ルシア・プエンソ Lucía Puenzo


豪州(オーストラリア)
英題:The Rocket *
監督:キム・モダン Kim Mordaunt


カナダ
英題:Another House
仏題:L'autre maison
監督:マチュー・ロワ Mathieu Roy

英題:Gabrielle *
監督:ルイーズ・アルシャンボール Louise Archambault


チリ
グロリアの青春 *
原題:Gloria
監督:セバスティアン・レリオ Sebastian Lelio

英題:The Vineyard
原題:Tierra De Sangre
監督:ジェームズ・カッツ James Katz


中国
英題:Back to 1942 *
原題:温故一九四二 / Yi Wu Si Er
監督:フォン・シャオガン(馮小剛) Feng Xiaogang

キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー
英題:Man of Tai Chi
監督:キアヌ・リーヴスKeanu Reeves
製作国:中国 / アメリカ

英題:Fall of Ming
原題:Da Ming Jie
監督:Wang Jing

罪の手ざわり
英題:A Touch of Sin
原題:Tian Zhu Ding / 天注定
監督  ジャ・ジャンクー(賈樟柯) JIA Zhangke(Jia Zhang Ke)
製作国 中国 / 日本


チェコ共和国
英題:Burning Bush
原題:Hořící keř
監督:アニエスカ・ホランド Agnieszka Holland


デンマーク
偽りなき者 *
英題:The Hunt
原題:Jagten
監督:トマス・ヴィンターベア Thomas Vinterberg


フィンランド
英題:Above Dark Waters
原題:Tumman veden päällä
監督:ペーテル・フランツェーン(ペーター・ブランゼーン) Peter Franzén  

灯台守の少年(←2013年フィンランド映画祭での邦題) * 
英題:Disciple
原題:Larjungen / Oppipoika
監督:ウルリーカ・ベングドゥス Ulrika Bengts

英題:8-ball
原題:8-Pallo
監督:アク・ロウヒミエス Aku Louhimies 



フランス
原題:Augustine
監督:Alice Winocour

アデル、ブルーは熱い色
英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)
監督:アブドゥラティフ・ケシシュ Abdellatif Kechiche

アーネストとセレスティーヌ 
英題:Ernest and Celestine
原題:Ernest et Celestine
監督:ステファン・オービエ Stephane Aubier
    ヴァンサン・パタール Vincent Patar
    ベンジャミン・レナー Benjamin Renner

タイピスト! 
原題:Populaire
監督:レジス・ロワンサル Regis Roinsard(Régis Roinsard)

ルノワール 陽だまりの裸婦 *
原題:Renoir
監督:ジル・ブルドス Gilles Bourdos


ドイツ
英題:Two Lives *
原題:Zwei Leben
監督:ゲオルグ・マース Georg Maas


ギリシャ
英題:Boy Eating the Bird's Food *
原題:To agori troei to fagito tou pouliou
監督:Ektoras Lygizos

英題:What If…
原題:Αν... / An...
監督:Christoforos Papakaliatis


香港
グランド・マスター *
英題:The Grandmasters  
原題:一代宗師
監督:ウォン・カーウァイ Wong Kar-wai


ハンガリー
英題:Aglaya
原題:Aglaja
監督:クリスティナ・デアーク Krisztina Deák  

悪童日記 *
英題:The Notebook 
ハンガリー題:A nagy Füzet  
フランス題:Le Grand Cahier
監督 ヤーノシュ・サース János Szász(Janos Szasz)
製作国 ハンガリー / ドイツ / フランス / オーストリア


インド
めぐり逢わせのお弁当
英題:The Lunchbox
原題:Dabba    
監督:リテシュ・バトラ Ritesh Batra


イラン
ある過去の行方 *
英題:The Past
仏題:Le Passe
監督:アスガー・ファルハディ Asghar Farhadi


イスラエル
英題:Bethlehem *
原題:Beit-Lehem
監督:ユバール・アドラー Yuval Adler


イタリア
グレート・ビューティー 追憶のローマ *
英題:The Great Beauty
原題:La grande bellezza
監督:パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino

英題:The Mother
原題:?
監督:?


日本
そして父になる
英題:Like Father, Like Son
監督:是枝裕和 Hirokazu Kore-eda

風立ちぬ
英題:The Wind Rises
監督:宮崎駿 Hayao Miyazaki


ラトビア
英題:Mother I Love You *
原題:Mammu, es Tevi milu
監督:Janis Nords


レバノン
英題:The Attack
監督:ジアド・ドゥエイリ Ziad Doueiri
製作国:レバノン / フランス / カタール / ベルギー


メキシコ
英題:Instructions Are Not Included
原題:No se Aceptan Devoluciones
監督:エウヘニオ・デルベス Eugenio Derbez

英題:The Last Call
原題:Tercera llamada
監督:フランシスコ・フランコ Francisco Franco

英題:We Are Nobles(The Noble Family)
原題:Nosotros los Nobles
監督:ゲイリー・アラズラキ Gary Alazraki


モルドバ
英題:All God’s Children *
原題:Toti Copiii Domnului
監督:Adrian Popovici


モロッコ
英題:God's Horses *
原題:Les Chevaus De Dieu
監督:Nabil Ayouch


オランダ
オーバー・ザ・ブルー・スカイ * (※ アカデミー賞にはベルギー代表作として出品)
英題:The Broken Circle Breakdown
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン Felix van Groeningen
製作国:ベルギー / オランダ


ノルウェイ
英題:I Am Yours *
原題:Jeg er din
監督:Iram Haq


パレスチナ
オマール、最後の選択 *
原題:Omar
監督:ハニ・アブ・アサド Hany Abu-Assad


ペルー
英題:The Cleaner *
原題:El limpiador
監督:Adrian Saba


フィリピン
英題:Thy Womb
原題:Sinapupunan
監督:ブリランテ・メンドーサ Brillante Mendoza

トランジット(←2013年東京フィルメックス時の邦題) *
英題:Transit
監督:ハンナ・ エスピア Hannah Espia


ポーランド
ワレサ 連帯の男 *
英題:Walesa. Man of Hope
原題:Walesa. Czlowiek z nadziei
監督:アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda


ルーマニア
私の、息子 *
英題:Child's Pose
原題:Pozitia copilului
監督:カリン・ピーター・ネッツァー Călin Peter Netzer(Calin Peter Netzer)


ロシア
英題:Stalingrad *
原題:Сталинград
監督:フョードル・ボンダルチュク Fedor Bondarchuk


サウジアラビア
少女は自転車にのって *
英題:Wadjda
独題:Das Madchen Wadjda
監督:ハイファ・アル=マンスール Haifaa al-Mansour


セネガル
英題:Tey (Today)
原題:Aujourd'hui
監督:アラン・ゴミ Alain Gomis
製作国:セネガル / フランス


セルビア
英題:Circus *
原題:Krugovi
監督:スルダン・ゴルボヴィッチ Srdan Golubovic


シンガポール
イロイロ ぬくもりの記憶 *
英題:Ilo Ilo
原題:爸媽不在家
監督:アンソニー・チェン Anthony Chen


韓国
未熟な犯罪者 (←2012年東京国際映画祭での邦題) *
英題:Juvenile Offender
原題:Beom-joe-so-nyeon
監督:カン・イグァン Yi-kwan Kang


スペイン
アイム・ソー・エキサイテッド!
英題:I'm So Excited!
原題:Los amantes pasajeros
監督:ペドロ・アルモドバル Pedro Almodóvar

英題:15 Years Plus A Day *
原題:15 anos y un dia
監督:グラシア・ケレヘタ Gracia Querejeta


スイス
英題:More than Honey *
監督:マルクス・インホフ Markus Imhoof


トルコ
英題:The Butterfly's Dream / The Dream of a Butterfly *
原題:Kelebegin ruyasi
監督:ユルマズ・エルドアン Yilmaz Erdogan


以上



タグ:邦画 映画賞

共通テーマ:映画

2013年英国インディペンデント映画賞 ノミネーション発表

2013年(第16回)英国インディペンデント映画賞(ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード)のノミネーションの発表がありました。ノミネーションのアナウンスはユアン・マクレガーが務めました。(ユアン・マクレガーは英国インディペンデント映画賞の公式後援者のひとりです。)



● 公式サイト内の発表 (2013/11/11付け)
2013 Nominations Announced for the 16th Annual British Independent Film Awards



2013年(第16回)英国インディペンデント映画賞の授賞式は、(現地日付で)2013年12月08日に開催される予定です。


● 英国インディペンデント映画賞 公式サイト(トップページ)
 The British Independent Film Awards

-------------------------------------------------------------------------------------------

2013年(第16回)英国インディペンデント映画賞 ノミネーション
(The British Independent Film Awards)
 


作品賞 Best British Independent Film

メトロマニラ 世界で最も危険な街
英題:Metro Manila
監督:ショーン・エリス Sean Ellis
※ 2013年度アカデミー賞外国語映画賞イギリス代表作。 (『Metro Manila』はタガログ語映画)




あなたを抱きしめる日まで
英題:Philomena
監督:スティーヴン・フリアーズ Stephen Frears




The Selfish Giant
監督:クリオ・バーナード Clio Barnard




名もなき塀の中の王
英題:Starred Up
監督:デヴィッド・マッケンジー David Mackenzie




ウィークエンドはパリで
原題:Le Week-end (Le Week-End)
監督:ロジャー・ミッシェル Roger Michell




監督賞 Best Director

ショーン・エリス Sean Ellis
作品:メトロマニラ 世界で最も危険な街
英題:Metro Manila




ジョン・S・ベアード Jon S Baird
作品:フィルス
英題:Filth




クリオ・バーナード Clio Barnard
作品(英題):The Selfish Giant




ジョナサン・グレイザー Jonathan Glazer
作品:アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




デヴィッド・マッケンジー David Mackenzie
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




ダグラス・ヒコックス賞(新人監督賞)
The Douglas Hickox Award [Best Debut Director]

ポール・ライト Paul Wright
作品(英題):For Those in Peril




チャーリー・キャトラル Charlie Cattrall
作品(英題):Titus




Tina Gharavi
作品(英題):I Am Nasrine




ジェレミー・ラヴリング Jeremy Lovering
作品(英題):In Fear




Omid Nooshin
作品(英題):Last Passenger





脚本賞 Best Screenplay

スティーヴン・ナイト Steven Knight
作品:オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
英題:Locke




ジョナサン・アッセル Jonathan Asser
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




クリオ・バーナード Clio Barnard
作品(英題):The Selfish Giant




ハニフ・クレイシ Hanif Kureishi
作品:ウィークエンドはパリで
原題:Le Week-end




ジェフ・ポープ Jeff Pope
スティーヴ・クーガン Steve Coogan
作品:あなたを抱きしめる日まで
英題:Philomena





主演女優賞 Best Actress

リンゼイ・ダンカン Lindsay Duncan
作品:ウィークエンドはパリで
原題:Le Week-end




ジュディ・デンチ Judi Dench
作品:あなたを抱きしめる日まで
英題:Philomena




スカーレット・ヨハンソン Scarlett Johansson
作品:アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones
作品(英題):The Invisible Woman




シアーシャ・ローナン Saoirse Ronan
作品:わたしは生きていける
英題:How I Live Now




主演男優賞 Best Actor

ジェームズ・マカヴォイ James McAvoy
作品:フィルス
英題:Filth




ジム・ブロードベント Jim Broadbent
作品:ウィークエンドはパリで
原題:Le Week-end




スティーヴ・クーガン Steve Coogan
作品:あなたを抱きしめる日まで
英題:Philomena




トム・ハーディ Tom Hardy
作品:オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
英題:Locke




ジャック・オコンネル Jack O'Connell
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




助演女優賞 Best Supporting Actress

イモージェン・プーツ Imogen Poots
作品(英題):The Look Of Love




シヴォーン・フィネラン Siobhan Finneran
作品(英題):The Selfish Giant




シャーリー・ヘンダーソン Shirley Henderson
作品:フィルス
英題:Filth




クリスティン・スコット・トーマス Kristin Scott Thomas
作品(英題):The Invisible Woman




ミア・ワシコウスカ Mia Wasikowska
作品:嗤う分身
英題:The Double




助演男優賞 Best Supporting Actor

ベン・メンデルソーン Ben Mendelsohn
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up



ジョン・アルシリヤ John Arcilla
作品:メトロマニラ 世界で最も危険な街
英題:Metro Manila




ルパート・フレンド Rupert Friend
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




ジェフ・ゴールドブラム Jeff Goldblum
作品:ウィークエンドはパリで
原題:Le Week-end




エディ・マーサン Eddie Marsan
作品:フィルス
英題:Filth




有望新人賞 Most Promising Newcomer

クロエ・ピリー Chloe Pirrie
作品(英題):Shell




ハーレー・バード Harley Bird
作品:わたしは生きていける
英題:How I Live Now




コナー・チャップマン Conner Chapman
ショーン・トーマス Shaun Thomas
作品(英題):The Selfish Giant




ケイティ・ロッツ Caity Lotz
作品(英題):The Machine




ジェイク・マカパガル Jake Macapagal
作品:メトロマニラ 世界で最も危険な街
英題:Metro Manila




製作における業績賞 Best Achievement In Production

作品:メトロマニラ 世界で最も危険な街
英題:Metro Manila



A Field in England



フィルス
英題:Filth



The Selfish Giant



名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




技術業績賞 Best Technical Achievement

エイミー・ハバード Amy Hubbard [キャスティング]
作品(英題):The Selfish Giant




シャヒーン・ベイグ Shaheen Baig [キャスティング]
作品:名もなき塀の中の王
英題:Starred Up




ジョニー・バーン Johnnie Burn [音響デザイン] 
作品:アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




ミカ・レヴィ Mica Levi [音楽] 
作品:アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




ジャスティン・ライト Justine Wright [編集]
作品:オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
英題:Locke




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary

Pussy Riot: A Punk Prayer
ロシア語題:Pokazatelnyy protsess: Istoriya Pussy Riot
監督:マイク・ラーナー Mike Lerner
   Maxim Pozdorovkin




The Great Hip Hop Hoax
監督:ジェニー・フィンレー Jeanie Finlay




The Moo Man
監督:アンディ・ヒースコート Andy Heathcote
   Heike Bachelier(共同監督)




The Spirit of '45
監督:ケン・ローチ Ken Loach




The Stone Roses: Made of Stone
監督:シェーン・メドウス Shane Meadows




英国短編映画賞 Best British Short Film

Z1
監督:ガブリエル・ゴーシェ Gabriel Gauchet




L'Assenza
監督:ジョナサン・ロムニー Jonathan Romney

 


Dr. Easy
監督:ジェイソン・グローヴス Jason Groves
   クリストファー・ハーディング Chris Harding
   リチャード・ケン ウォーシー Richard Kenworthy




Dylan's Room
監督:レイク・アンダーソン Layke Anderson




Jonah
監督:Kibwe Tavares




国際インディペンデント映画賞 Best International Independent Film

アデル、ブルーは熱い色
英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)
監督:アブドゥラティフ・ケシシュ Abdellatif Kechiche
製作国:フランス




ブルージャスミン
英題:Blue Jasmine
監督:ウディ・アレン Woody Allen  
製作国:アメリカ




フランシス・ハ
英題:Frances Ha
監督:ノア・バームバック Noah Baumbach 
製作国:アメリカ




グレート・ビューティー 追憶のローマ
英題:The Great Beauty
原題:La grande bellezza
監督:パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
製作国:イタリア / フランス




少女は自転車にのって
英題:Wadjda
独題:Das Mädchen Wadjda
監督:ハイファ・アル=マンスール Haifaa al-Mansour 
製作国:サウジアラビア / ドイツ




レインダンス賞 The Raindance Award
※ 企業から援助が得られない(得られたとしてもごくわずか)という状況で、商業的勝算に反しながら映画作りをしている映画製作者に与えられる賞。

The Machine
監督:カラドッグ・W・ジェームズ Caradog W. James




Everyone's Going to Die
監督:ジョーンズ Jones




The Patrol
監督:トム・ペティ Tom Petch




Sleeping Dogs
監督:Floris Ramaekers




Titus
監督:チャーリー・キャトラル Charlie Cattrall


--------------------------------------------------------------------------------------------


以下は受賞決定済みです。 ★印 … 受賞


リチャード・ハリス賞 Richard Harris Award
※ 英国映画に対し顕著な貢献のある俳優に贈られる。

ジュリー・ウォルターズ Julie Walters




バラエティ賞 The Variety Award

ポール・グリーングラス Paul Greengrass




審査員特別賞 The Special Jury Prize

ケン・ローチ Ken Loach
 (=Sixteen Films & Friends 〔Aka Team Loach〕)


以上


タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2013年ヨーロッパ映画賞 ノミネーション発表

2013年(第26回)ヨーロッパ映画賞のノミネーションが発表になりました。今年、コメディ作品賞という部門が創設されたようです。


● ヨーロッパ映画賞 公式サイト内 プレスリリース (2013年11月09日付け、ベルリン発)
  NOMINATIONS FOR THE EUROPEAN FILM AWARDS 2013
先に「2013年ヨーロッパ映画賞の作品賞候補46作品のリスト」が発表されましたが、そこに載っていない作品も選出されています。(こんなだったら、あのリストは必要ないような・・・。何のために作られているんだろう。)


なお、以下の部門はすでにノミネーションが発表になっています。
  ● ディスカバリー賞 http://aw5656.blog.so-net.ne.jp/2013-10-27-3
  ● アニメーション映画賞 http://aw5656.blog.so-net.ne.jp/2013-10-27-2
  ● 短編映画賞 http://europeanfilmawards.eu/en_EN/home/156079(公式サイト内)
  ● 観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード) http://aw5656.blog.so-net.ne.jp/2013-09-12-4



2013年(第26回)ヨーロッパ映画賞(European Film Awards)授賞式は 2013年12月07日 に開催予定です。今年はドイツのベルリンにて開催される予定。  <ヨーロッパ映画賞の授賞式開催国(開催都市)は毎年変わります。>


● ヨーロッパ映画賞 公式サイト(トップページ) European Film Awards


------------------------------------------------------------------------------------------

2012年(第25回)ヨーロッパ映画賞 ノミネーション
2012 The EFA(European Film Awards)


作品賞 Best European Film
アデル、ブルーは熱い色
  英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
  原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)
  監督:アブドゥラティフ・ケシシュ Abdellatif Kechiche
  製作国 フランス


鑑定士と顔のない依頼人
  英題:The Best Offer
  原題:La migliore offerta
  監督:ジュゼッペ・トルナトーレ Giuseppe Tornatore
  製作国:イタリア


ブランカニエベス
  原題:Blancanieves
  英題:Snow White
  監督:パブロ・ベルガー Pedro Berger
  製作国:スペイン / フランス


オーバー・ザ・ブルー・スカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown
  監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン Felix van Groeningen
  製作国:ベルギー


The Great Beauty
  原題:La grande bellezza
  監督:パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
  製作国:イタリア / フランス


コーヒーをめぐる冒険
  英題:Oh Boy (Oh Boy!)   
  監督:ヤン・オーレ・ゲルスター Jan Ole Gerster
  製作国:ドイツ



コメディ作品賞 Best European Comedy
アイム・ソー・エキサイテッド!
  英題:I'm So Excited!
  原題:Los amantes pasajeros
  監督:ペドロ・アルモドバル Pedro Almodóvar
  製作国:スペイン


愛さえあれば
  英題:Love Is All You Need
  原題:Den skaldede frisor
  監督:スサンネ・ビア Susanne Bier
  製作国:デンマーク


The Priest's Children
  原題:Svecenikova djeca
  監督:Vinko Brešan(Vinko Bresan)
  製作国:コスタリカ / セルビア


Welcome Mr. President!
  原題:Benvenuto Presidente!
  監督:リカルド・ミラニ Riccardo Milani
  製作国:イタリア


監督賞 European Director
パブロ・ベルガー Pedro Berger
  作品:ブランカニエベス
  原題:Blancanieves
  英題:Snow White
  製作国:スペイン / フランス


アブドゥラティフ・ケシシュ Abdellatif Kechiche
  作品:アデル、ブルーは熱い色
  英題:The Life of Adele  別英題:Blue Is the Warmest Color
  原題:La Vie d'Adèle - Chapitre 1&2 (Le bleu est une couleur chaude)
  製作国 フランス


フランソワ・オゾン François Ozon
  作品:危険なプロット
  英題:In The House
  原題:Dans La Maison
  製作国:フランス


パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
  作品(英題):The Great Beauty
  原題:La grande bellezza
  製作国:イタリア / フランス


ジュゼッペ・トルナトーレ Giuseppe Tornatore
  作品:鑑定士と顔のない依頼人
  英題:The Best Offer
  原題:La migliore offerta
  製作国:イタリア


フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン Felix van Groeningen
  作品:オーバー・ザ・ブルー・スカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown  
  製作国:ベルギー



男優賞 European Actor
ヨハン・ヘルデンベルグ Johan Heldenbergh
  作品:オーバー・ザ・ブルー・スカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown 
  製作国:ベルギー


ジュード・ロウ Jude Law
  作品:アンナ・カレーニナ
  英題:Anna Karenina
  製作国:イギリス


ファブリス・ルキーニ Fabrice Luchini
  作品:危険なプロット
  英題:In The House
  原題:Dans La Maison
  製作国:フランス


トム・シリング Tom Schilling
  作品:コーヒーをめぐる冒険
  英題:Oh Boy (Oh Boy!)   
  製作国:ドイツ


トニー・セルヴィッロ Toni Servillo
  作品(英題):The Great Beauty
  原題:La grande bellezza
  製作国:イタリア / フランス



女優賞 European Actress
フィーラ・バーテンス Veerle Baetens
  作品:オーバー・ザ・ブルー・スカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown 
  製作国:ベルギー


ルミニツァ・ゲオルジウ Luminita Gheorghiu
  作品(英題):Child's Pose
  原題:Poziţia Copilului
  製作国:ルーマニア


キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
  作品:アンナ・カレーニナ
  英題:Anna Karenina
  製作国:イギリス


バルバラ・スコヴァ Barbara Sukowa
  作品:ハンナ・アーレント
  英題:Hannah Arendt
  製作国:ドイツ / ルクセンブルク / フランス / イスラエル


ナオミ・ワッツ Naomi Watts
  作品:インポッシブル
  英題:The Impossible
  原題:Lo Imposible
  製作国:スペイン


脚本賞 European Screenwriter
フランソワ・オゾン François Ozon
  作品:危険なプロット
  英題:In The House
  原題:Dans La Maison
  製作国:フランス


パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
ウンベルト・コンタレッロ Umberto Contarello
  作品(英題):The Great Beauty
  原題:La grande bellezza
  製作国:イタリア / フランス


トム・ストッパード Tom Stoppard
  作品:アンナ・カレーニナ
  英題:Anna Karenina
  製作国:イギリス


ジュゼッペ・トルナトーレ Giuseppe Tornatore
  作品:鑑定士と顔のない依頼人
  英題:The Best Offer
  原題:La migliore offerta
  製作国:イタリア


フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン Felix van Groeningen
カール・ヨース Carl Joos
  作品:オーバー・ザ・ブルー・スカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown 
  製作国:ベルギー


------------------------------------------------------------------------------------------

なお、以下の技術部門はすでに 受賞者 が決定しています


撮影賞 Carlo Di Palma European Cinematographer Award
Asaf Sudri
  作品:Fill The Void
  原題:Lemale Et Ha’Chalal
  製作国 イスラエル


編集賞 European Editor
クリスティアーノ・トラヴァリョーリ Cristiano Travaglioli
  作品:The Great Beauty
  原題:La grande bellezza
  製作国 イタリア / フランス


プロダクション・デザイン賞(美術賞) European Production Designer
サラ・グリーンウッド Sarah Greenwood
  作品:アンナ・カレーニナ
  英題:Anna Karenina
  製作国 イギリス / フランス



衣装デザイン賞 European Costume Designer
パコ・デルガド Paco Delgado
  作品:ブランカニエベス
  英題:Snow White  
  原題:Blancanieves
  製作国 スペイン / フランス


作曲賞 European Composer
エンニオ・モリコーネ Ennio Morricone
  作品:鑑定士と顔のない依頼人
  英題:The Best Offer
  原題:La migliore offerta
  作国 イタリア


音響賞 European Sound Designer
マッツ・ミュラー Matz Müller
Erik Mischijew
   作品:パラダイス:神
   英題:Paradise: Faith
   原題:Paradise: Glaube
   製作国 オーストリア


-------------------------------------------------------------------------------------------

以下の功労賞もすでに受賞が決定しています。


ヨーロッパ世界業績賞 European Achievement in World Cinema
ペドロ・アルモドバル Pedro Almodóvar


ヨーロッパ生涯業績賞 European Lifetime Achievement Award
カトリーヌ・ドヌーヴ Catherine Deneuve


ヨーロッパ共同製作賞
European Co-Production Award - Prix Eurimages

to be announced


t
タグ:映画賞

共通テーマ:映画