So-net無料ブログ作成

2013年度(第86回)アカデミー賞|主題歌賞(歌曲賞)候補から1作品を除外

アメリカの映画芸術科学アカデミーは、2013年度(第86回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)へノミネートされている「Alone Yet Not Alone」に規則違反があったためノミネートを取り消すと決定したと発表しました。


映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)のプレスリリース(2014/01/29付け)
Academy Rescinds Original Song Nomination For "Alone Yet Not Alone"



「Alone Yet Not Alone」は、アカデミー賞音楽分科会(Music Branch)の前理事(分科会トップ / Governor)であり現在も同分科会エクゼクティヴであるブルース・ブロートン(Bruce Broughton)氏によって作曲されましたが、ブロートン氏が自分の作曲した「Alone Yet Not Alone」のノミネートを促すような内容のメール(自分の曲が主題歌賞部門にエントリーされていることに気づいて欲しいという旨)をノミネーションのための投票期間中に同分科会所属のアカデミー会員に送付したことが発覚したことにより取消が決まりました。

「悪意からではないにしろ前理事であり現エクゼクティヴであるという立場を利用し自身のアカデミー賞ノミネーションの個人的プロモーションをすることは不当な優位さを作り出す」と映画芸術科学アカデミー会長 Cheryl Boone Isaacs は言い、映画芸術科学アカデミー理事会(Board of Governors)はブロートン氏の行動はアカデミーのプロモーション規則に違反していると断定しました。







共通テーマ:映画

ビデオ・クリップ|神田沙也加と松たか子による「生まれてはじめて」(英題:For The First Time In Forever)|ディズニー・ミュージカルアニメ映画『アナと雪の女王』|FROZEN "For The First Time In Forever" Japanese version sung by Sayaka Kanda and Takako Matsu

(2014/03/18 追記)

2014年3月19日(水)より、「アナと雪の女王」デジタルアルバム(日本語版) 配信開始。
価格:1800円(税込)


● ディズニー・ジャパンhttp://www.disney.co.jp/home.html内で試聴できます。
 こちら ⇒ アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 日本版



tvgroov.com(TVグルーヴ) 2014年03月18日付け記事
緊急配信決定! 映画「アナと雪の女王」日本版サントラ3/19リリース! 松たか子「Let It Go」など収録の豪華版
ディズニー最新作「アナと雪の女王」が、3月14日(金)、ついに全国公開となった。そしてこの度、公開前からの多数の問い合わせを受け、アルバム未収録だった日本語版トラックがデジタルアルバムにて3月19日(水)よりリリースされることが緊急決定した。このアルバムは、世界からも絶賛されたエルサ役の松たか子が歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」をはじめ、アナ役:神田沙也加の圧倒的な歌唱力でアナの魅力を表現し、松とのデュエットも披露した「生まれてはじめて」、また“雪だるま”のオラフを演じたピエール瀧がソロで歌い上げる「あこがれの夏」、更にMay J.が歌う主題歌♪「Let It Go~ありのままで~」もスペシャルトラックとして収録される豪華版だ。



「アナと雪の女王」デジタルアルバム日本語版 - 収録曲リスト
"frozen" - Soundtrack (Japanese Version)|List

1. 氷の心【日本語歌】  英題:Frozen Heart
  小西のりゆき Kuma 岡田誠 村上勧次朗 加藤凱也
  鹿志村篤臣 朝隈濯朗 根本泰彦

2. 雪だるまつくろう【日本語歌】  英題:Do You Want to Build a Snowman?
  神田沙也加  稲葉菜月  諸星すみれ

3. 生まれてはじめて【日本語歌】  英題:For the First Time in Forever
  神田沙也加  松たか子

4. とびら開けて【日本語歌】  英題:Love Is an Open Door
  神田沙也加  津田英佑

5. レット・イット・ゴー~ありのままで~【日本語歌】  英題:Let It Go
  松たか子

6. トナカイのほうがずっといい【日本語歌】 英題:Reindeer(s) Are Better Than People
  原慎一郎

7. あこがれの夏【日本語歌】  英題:In Summer
  ピエール瀧

8. 生まれてはじめて(リプライズ)【日本語歌】 英題:For the First Time in Forever (Reprise)
  神田沙也加  松たか子

9. 愛さえあれば【日本語歌】  英題:Fixer Upper
  杉村理加  安崎求 

<スペシャル・トラック>
10. レット・イット・ゴー~ありのままで~【日本語歌】
  May J. 


----------------------------------------------------------------------------------------

(2014/03/11 追記)

神田沙也加さんと松たか子さんが歌う「生まれてはじめて」(後半部)のビデオクリップが公開されました。
"For The First Time In Forever"(The latter half part) Japanese version sung by Sayaka Kanda(神田沙也加) and Takako Matsu(松たか子) is released on 11 March, 2014.


生まれてはじめて(後半部)
英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
   松たか子(エルサ女王役) by Takako Matsu as Elsa
(YouTube ディズニー公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever" japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加) and Takako Matsu(松たか子).




-------------------------------------------------------------------------------


シネマトゥデイ 2014年1月30日付け記事
神田沙也加の歌声に涙!来日したディズニー最新作の監督「あまりに美しい」と絶賛
30日、ディズニー最新作『アナと雪の女王』来日記者会見が都内で行われ、クリス・バック&ジェニファー・リー監督とプロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョ、日本語吹き替え版でWヒロインとなる姉妹の妹・アナ役の声優を務めた神田沙也加らが出席。神田が披露した劇中歌「For The First Time In Forever」の生歌にリー監督が感激し、思わず涙を流す一幕もあった。 <中略> 中でもリー監督は神田の声が相当気に入った様子で「アナのエネルギーや喜び、ユーモア、全てを素晴らしく演じてくださった」とコメント。その後、神田の生歌に突然涙ぐんで、「あまりに美しい。感動しました。素晴らしく歌いあげてくれてありがとう」と声を震わせた。




生まれてはじめて(前半部) 
英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
(YouTube ディズニー公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever" japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加).


(2014/01/30 記) 確かに神田沙也加さん、いいですよ。




生まれてはじめて(後半部)
英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
   松たか子(エルサ女王役) by Takako Matsu as Elsa
(YouTube ディズニー公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever" japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加)and Takako Matsu(松たか子).





「生まれてはじめて」
英題:For The First Time In Forever 
歌唱:クリスティン・ベル Kristen Bell
   イディナ・メンゼル Idina Menzel
作品:アナと雪の女王(2013年)  作品英題: Frozen
作詞&作曲:ロバート・ロペス Robert Lopez
      クリスティン・アンダーソン=ロペス Kristen Anderson-Lopez



オリジナル(英語)版  
歌唱:クリスティン・ベル(アナ役)
   イディナ・メンゼル(エルサ女王役)
For the First Time in Forever (from Frozen)
by Kristen Bell & Idina Menzel


”For the First Time in Forever ” (英語歌詞) (MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/for-the-first-time-in-forever-lyrics-kristen-bell.html



-------------------------------------------------------------------------------

『アナと雪の女王』 日本版予告編
Frozen (Ana To Yuki No Jouou) - Japanese Official Trailer





日本版 ボイス・キャスト "frozen" - Voice Cast (Japanese Version)
 アナ……………………………………神田沙也加 Sayaka kanda as Anna 
 エルサ女王…………………………松たか子 Takako Matsu as Elsa
 オラフ…………………………………ピエール瀧 Pierre Taki as Olaf
 クリストフ……………………………原慎一郎 Shin-ichiro Hara as Kristoff
 ハンス王子……………………………津田英佑 Eisuke Tsuda as Hans
 幼少期のアナ(声/歌唱)………稲葉菜月 Natsuki Inaba as Young Anna (singing and voice)
 9歳時のアナ(歌唱)……………諸星すみれ Sumire Morohoshi as 9-year-old Anna (singing)
 年少期のエルサ(声)……………佐々木りお Rio Sasaki as Young Elsa (voice)
 ティーンエイジ期のエルサ(声)……小林柚葉 Yuzuha Kobayashi as Teenage Elsa (voice)
 ウェーゼルトン公爵………………多田野曜平 Yohei Tadano as the Duke of Weselton 
 パビー…………………………………安崎求 Motomu Azaki as Grand Pabbie
 オーケン………………………………北川勝博 Katsuhiro Kitagawa as Oaken
 バルダ…………………………………杉村理加 Rika Sugimura as Bulda
 アレンデール国王…………………根本泰彦 Yasuhiko Nemoto as the King of Arendelle
 カイ……………………………………飯島肇 Hajime IIjima as Kai
 ゲルダ…………………………………増岡裕子 Yuko Masuoka as Gerda




オリジナル(英語版) ボイス・キャスト
 アナ……………………………………クリスティン・ベル Kristen Bell
 エルサ女王…………………………イディナ・メンゼル Idina Menzel
 クリストフ…………………………ジョナサン・グロフ Jonathan Groff
 オラフ………………………………ジョシュ・ギャッド Josh Gad
 ハンス王子…………………………サンティノ・フォンタナ Santino Fontana
 幼少期のアナ(声)………………リビー・スタベンラッチ Livvy Stubenrauch
 幼少期のアナ(歌唱)……………ケイティ・ロペス Katie Lopez  
 9歳時のアナのアナ(歌唱)…アガサ・リー・モン Agatha Lee Monn
 年少期のエルサ(声)………………エヴァ・べラ Eva Bella
 ティーンエイジ期のエルサ(声)…スペンサー・レイシー・ガーナス Spencer Lacey Ganus
 ウェーゼルトン公爵…………………アラン・テュディック Alan Tudyk
 パビー……………………………………キーラン・ハインズ Ciarán Hinds
 オーケン………………………………クリス・ウィリアムズ Chris Williams
 バルダ…………………………………マイア・ウィルソン Maia Wilson
 アレンデール国王…………………モーリス・ラマルシェ Maurice LaMarche
 カイ……………………………………ステファン・アンダーソン Stephen J. Anderson
 ゲルダ…………………………………エディ・マッククラーグ Edie McClurg




共通テーマ:映画

日本映画製作者連盟が発表した、2013年度(平成25年)日本での興行収入10億円以上の映画

社団法人日本映画製作者連盟 発表(2014年01月28日付け)


2013年度(平成25年)日本での興行収入10億円以上の映画

【邦画】 (興収10億円超えは 35作品)

01. 風立ちぬ 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年07月 
  興行収入:120億2,000万円



02. ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット 
  配給:東映
  劇場公開日:2012年12月 
  興行収入:68億7,000万円



03. 映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)  
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年03月   
  興行収入:39億8,000万円



04. 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ) 
  劇場公開日:2013年04月
  配給:東宝 
  興行収入:36億3,000万円



05. 真夏の方程式 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年06月   
  興行収入:33億1,000万円



06. 映画 謎解きはディナーのあとで 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年08月   
  興行収入:32億5,000万円



07. そして父になる 
  配給:ギャガ
  劇場公開日:2013年09月   
  興行収入:32億円



08. 劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速(しんそく)のゲノセクト ミュウツー覚醒
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年07月   
  興行収入:31億7,000万円



09. DRAGON BALL Z 神と神
  配給:東映、20世紀フォックス
  劇場公開日:2013年03月   
  興行収入:29億9,000万円



10. 清須会議 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年11月   
  興行収入:29億6,000万円



11. 劇場版 SPEC 結(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年11月   
  興行収入:27億5,000万円



12. プラチナデータ 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年03月   
  興行収入:26億4,000万円



13. 謝罪の王様
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年09月   
  興行収入:21億8,000万円



14. ストロベリーナイト 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年01月    
  興行収入:21億5,000万円



15. 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 
  配給:ワーナー・ブラザース
  劇場公開日:2013年10月   
  興行収入:20億8,000万円



16. 劇場版 SPEC 結(クローズ) 爻(コウ)ノ篇 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年11月
  興行収入:20億6,000万円



17. 劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年09月   
  興行収入:18億5,000万円



18. 藁の楯 わらのたて
  配給:ワーナー・ブラザース
  劇場公開日:2013年04月 
  興行収入:18億3,000万円



19. 東京家族
  配給:松竹
  劇場公開日:2013年01月
  興行収入:18億2,000万円



20. 陽だまりの彼女
  配給:東宝、アスミック・エース
  劇場公開日:2012年10月 
  興行収入:17億9,000万円



21. 今日、恋をはじめます
  配給:東宝
  劇場公開日:2012年12月 
  興行収入:17億7,000万円



22. 図書館戦争
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年04月 
  興行収入:17億2,000万円



23. 劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
  配給:ワーナー・ブラザース
  劇場公開日:2013年07月
  興行収入:17億円



24. 少年H 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年08月 
  興行収入:15億6,000万円



25. 相棒シリーズ X DAY
  配給:東映
  劇場公開日:2013年03月 
  興行収入:13億4,000万円



26. 映画クレヨンしんちゃんバカうまっ!B級グルメサバイバル!! 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年04月 
  興行収入:13億円



27.脳男 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年02月
  興行収入:12億7,000万円



28. 劇場版 仮面ライダーウィザード イン マジックランド/
  劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック
  配給:東映
  劇場公開日:2013年08月
  興行収入:12億3,000万円



29. 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年01月 
  興行収入:12億3,000万円



30. 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
  配給:東映
  劇場公開日:2012年12月
  興行収入:11億9,000万円



31. 映画 妖怪人間ベム 
  配給:東宝
  劇場公開日:2012年12月 
  興行収入:11億7,000万円



32. 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  配給:アニプレックス
  劇場公開日:2013年08月 
  興行収入:10億4,000万円



33. 映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち
  配給:東映
  劇場公開日:2013年03月
  興行収入:10億3,000万円



34. クロユリ団地
  配給:松竹
  劇場公開日:2013年05月 
  興行収入:10億2,000万円



35.奇跡のリンゴ 
  配給:東宝
  劇場公開日:2013年06月 
  興行収入:10億2,000万円



2013年 日本映画 第10位の作品の興収 29億6,000万円(作品:清須会議)
2012年 日本映画 第10位の作品の興収 31億3,000万円(作品:映画 怪物くん)
2011年 日本映画 第10位の作品の興収 24億6,000万円(作品:映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~)
2010年 日本映画 第10位の作品の興収 32億円(作品:名探偵コナン 天空の難破船)



2013年日本映画 上位10作品の興収合計:453億4,000万円
2012年日本映画 上位10作品の興収合計:453億8,000万円

120億のメガヒット作があっても上位10作品の合計興収はほぼ同じ。ということは……。





2013年日本映画
アニメ作品トップ …… 風立ちぬ  興収:120億2,000万円
実写作品トップ ……… 真夏の方程式  興収:33億1,000万円
2012年日本映画
アニメ作品トップ …… ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  興収:53億円
実写作品トップ ……… BRAVE HEARTS 海猿  興収:73億3,000万円



メガヒットを生む実写人気シリーズが昨年で終了してしまい唯一残った「相棒」シリーズももうこの程度しか稼げない。ということで邦画実写のトップ作品は40億も興収が下がっています。前3作品がすべて30億超えしていて日本の映画監督で唯一「監督の名で客が呼べる」三谷幸喜作品も今回は30億ラインを突破出来ませんでした。そのかわり、『そして父になる』が”カンヌ受賞+今までとは異なる役どころの福山氏”効果でヒットを飛ばしました。こういうのは数十年に一度あるか無いかのケースでしょう。でも是枝監督のような手法の演出でもヒットは生み出せるという実績は確実に残しました。

『謎解きは~』『劇場版 SPEC』『ストロベリーナイト』『劇場版 ATARU』『相棒シリーズ』『プラチナデータ』このあたりの作品で日本国内だけでこれだけ売り上げるんだから……こんなに易々と稼がせてくれるんだからそりゃあTVの連続ドラマを映画化もするだろうし大手芸能事務所の俳優やタレントだって使うでしょうよ。

朝も夕方も深夜もアニメをやっているし幼い頃からそうやってアニメをたっぷり見ているのだからティーンエイジになっても成人になってもアニメを見ますわな。アニメ作品のほうがアクション・シーンでの動きがダイナミックでスピーディで、邦画実写映画のアクション・シーンは完全にアニメ作品のそれに負けているわけだし。 TV(地上波)がもたらす影響は今後は減ってくるのではないかと言われていますが今現在ではまだ相当にあり、興行収入上位に入っているアニメ作品はみなTVの地上波で放映されたものの劇場版です。邦画実写映画もTVの連続ドラマの劇場版が何本も上位に入っています。浮動層が映画館で見たがるものは常日頃から馴染んでいるTV放映されたもの/TVに出演している人です。

今後、俳優のライバルとなるのは同業の俳優ではなくアニメ作品のキャラクターでしょう。今だって生身の俳優やタレントがアニメ・キャラのようなルックスにどんどん近づいていっているし。さて、アニメ作品の登場人物たちに生身の俳優が(特に日本の俳優たちが)どこまで立ち向かえるか。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【洋画】 (興収10億円超えは 21作品)

01. モンスターズ・ユニバーシティ
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2013年07月 
   興行収入:89億6,000万円



02. レ・ミゼラブル 
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2012年12月  
   興行収入:58億9,000万円



03. テッド 
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2013年01月  
   興行収入:42億3,000万円



04. シュガー・ラッシュ 
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2013年03月 
   興行収入:30億円



05. 007 スカイフォール 
   日本配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
   劇場公開日:2013年12月  
   興行収入:27億5,000万円  



06. アイアンマン3 
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2013年04月 
   興行収入:25億7,000万円



07. 怪盗グルーのミニオン危機一発
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2013年09月  
   興行収入:25億円 (前作『怪盗グルーの月泥棒 3D』は12億円)



08. ローン・レンジャー
   日本配給:>ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2013年08月 
   興行収入:20億9,000万円



09. ダイ・ハード ラスト・デイ
   日本配給:20世紀フォックス
   劇場公開日:2013年02月  
   興行収入:20億6,000万円



10. ワイルド・スピード EURO MISSION
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2013年07月  
   興行収入:20億2,000万円



11. ワールド・ウォーZ
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2013年08月  
   興行収入:19億3,000万円


12. ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
   日本配給:20世紀フォックス
   劇場公開日:2013年01月  
   興行収入:19億1,000万円



13. オズ はじまりの戦い
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2013年03月
   興行収入:17億8,000万円  



14. ホビット 思いがけない冒険
   配給:ワーナー・ブラザース
   劇場公開日:2012年12月
   興行収入:17億円



15. パシフィック・リム
   配給:ワーナー・ブラザース
   劇場公開日:2013年08月
   興行収入:15億5000万円



16. オブリビオン   
   日本配給:東宝東和
   劇場公開日:2013年05月  
   興行収入:13億1,000万円



17. 終戦のエンペラー
   配給:松竹
   劇場公開日:2013年07月
   興行収入:12億円



18. アウトロー
   配給:パラマウント・ピクチャーズ・ジャパン
   劇場公開日:2013年02月
   興行収入:11億3,000万円



18. 華麗なるギャツビー
   配給:ワーナー・ブラザース
   劇場公開日:2013年06月
   興行収入:11億3,000万円



20. スター・トレック イントゥ・ダークネス  
   配給:パラマウント・ピクチャーズ・ジャパン
   劇場公開日:2013年08月
   興行収入:10億8,000万円(前作 2009年『スター・トレック』は約6億円)



21. リンカーン
   日本配給:20世紀フォックス
   劇場公開日:2013年04月
   興行収入:10億2,000万円



2013年 外国映画 第10位の作品の興収 20億2,000万円(作品:ワイルド・スピード EURO MISSION)
2012年 外国映画 第10位の作品の興収 18億2,000万円(作品:TIME/タイム)
2011年 外国映画 第10位の作品の興収 21億2,000万円(作品:トロン:レガシー)
2010年 外国映画 第10位の作品の興収 20億5,000万円(作品:ソルト)

洋画の第10位ラインは20億円、ってことですよね。2012年度はそのラインが少し下がっていますが、シリーズものでありながら興収20億円を突破出来なかったワーナーの2作品 『ダークナイト ライジング』『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』があったため。




2013年外国映画上位10作品の興収合計:360億7,000万円
2012年外国映画上位10作品の興収合計:290億4,000万円




2013年外国映画
アニメ作品トップ …… モンスターズ・ユニバーシティ 興収:89億6,000万円
実写作品トップ ……… レ・ミゼラブル 興収:58億9,000万円

2012年外国映画
アニメ作品トップ …… マダガスカル3 興収:20億5,000万円
実写作品トップ ……… ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 興収:53億8,000万円

2012年度と2013年度の興収の差は洋画アニメのメガヒット一作が稼いだ分が上乗せされているだけ、ってことですね。



『スター・トレック イントゥ・ダークネス』はあれほどの長期に渡る大宣伝したのに前作の2倍にも達しなかったのですねえ…これじゃあ大失敗ですよ。″スター・トレックはスタートレック・オタクしか楽しめないもの″というイメージを払拭できなかった/女性向け宣伝にしたことで逆に男性客を取りこぼすことになった/日本公開が遅すぎた/ジブリを恐れ洋画大作が集中した8月公開で埋没した…こんなところか。 最大のミスは地上波で第一作めを放映しなかった(出来なかった?)ことですね。あれさえ見ればスター・トレックというのは何もオタクだけが楽しむものではないということが充分に分かるし、第一作目は出来が良いから続編も見たくなるのに。それに、あんなに早く宣伝を始めた(前の年の12月から始まった)ので北米と同時公開するのかと思いきや日本公開が8月だもん。待機時間が長いとダレちゃうよ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


公開本数
   H25年度(2013年度)   H24年度(2012年度) H23年度(2011年度) 
全体 1,117本(前年比:+134本)  983 本        799 本
邦画  591本(前年比:+ 37本)  554 本        441 本
洋画  526本(前年比:+ 97本)  429 本        358 本

洋画の公開本数の増加率のほうが邦画のそれよりも高い。洋画は映画祭などで公開されているものも含むのだろうか?




平均入場料金
H25年度(2013年度) H24年度(2012年度) H23年度(2011年度)
1,246円        1,258円        1,252円

多少下がっているけれど、ほぼ一定。 消費税増税でどうなるか?配給側はこんな調子。増税で端数が出るし切の良い値段にするためにもたぶん値上げしてくるでしょう。料金据え置きもしくは値下げする気があればアピールのためにも記者会見で明言するでしょうし。




映画.com 2014年01月27日付け
2013年の映画概況、史上初の1000本以上公開も総興収は微減
2013年の入場人員は1億5588万8000人、興行収入は1942億3700万円だったことが発表された。<中略> 東映の岡田裕介社長は、「どんどん伸ばしていくもの」と認めながらも、「都内や大阪の一部だけで、まだまだ都市型のコンテンツ。これからどう地方に広げていくかだ」と課題を表明。「映画館に行こう!」実行委員会の委員長も務め、かねて映画人口2億人を目標に掲げており、「いろいろな施策をやっていく。(映画館で上映している盗撮防止キャンペーンCMのキャラクター)カメラ男を、ふなっしーに次ぐ人気キャラクターにするため、グッズなどの販売も決まっている。いずれは『仮面ライダーVSカメラ男』も」とジョーク交じりに怪気炎を上げていた。


でもまぁ、動員数も興行収入も客単価もほぼ横ばいで安定してる、ってところか。動員数は微増/興行収入は微減/平均入場料金も微減、ということは、単純に考えると”客単価の安い観客が増えている”(老齢者/子供料金が適用されるような若年齢者)ってことかしらん。”自由時間””映画を見る程度のお小遣い”をセットで持ち合わせているのはそういう人たちかもね。(人が集まる娯楽の場所はどこ行っても年寄りばっかだもんなあ。)

地方へ広げるって言ったって東映さんが映画館建ててくれるわけじゃなし。カメラ男のグッズ販売、ってそりゃそちら様が儲かるだけ。



タグ:その他 邦画

2013年度(2014年 / 第56回)グラミー賞|主要4部門の受賞結果

2013年度(2014年 / 第56回)グラミー賞の受賞結果です。


授賞式は2014年1月26日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われ、司会はLL・クール・J(LL Cool J)でした。授賞式は例年2月第2日曜日に行われますが、 第56回は冬季オリンピック(2014年2月)があるため1月開催となりました。


2013年度(2014年 / 第56回)グラミー賞の審査対象となる作品は2012年10月1日から2013年9月30日までに発表されたものです。



● グラミー賞 公式サイト(トップページ)  http://www.grammy.com/


----------------------------------------------------------------------------------


2013年度(2014年 / 第56回)グラミー賞 Grammy Awards

★印 … 受賞


【ゼネラル(一般)】 General


年間最優秀レコード賞(レコード・オブ・ザ・イヤー) Record of the Year

ゲット・ラッキー
 英題|Get Lucky
 パフォーマー|ダフト・パンク ft. ファレル・ウィリアムス
        Daft Punk featuring Pharrell Williams

Daft Punk - Get Lucky (Full Video)

ダフト・パンクは第56回グラミー賞にて5賞にノミネート。5賞を受賞。
ファレル・ウィリアムスは第56回グラミー賞にて7賞にノミネート。4賞を受賞。





レディオアクティヴ
英題|Radioactive
パフォーマー|イマジン・ドラゴンズ Imagine Dragons




ロイヤルズ
英題|Royals
パフォーマー|ロード Lorde




ロックド・アウト・オブ・ヘヴン
英題|Locked Out of Heaven
パフォーマー|ブルーノ・マーズ Bruno Mars




ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪
英題|Blurred Lines
パフォーマー|ロビン・シック ft. T.I. and ファレル・ウィリアムス
       Robin Thicke featuring T.I. and Pharrell Williams






年間最優秀アルバム賞(アルバム・オブ・ザ・イヤー) Album of the Year 

ランダム・アクセス・メモリーズ
 英題|Random Access Memories
 パフォーマー|ダフト・パンク Daft Punk



ザ・ブレスド・アンレスト
英題|The Blessed Unrest
パフォーマー|サラ・バレリス Sara Bareilles



グッド・キッド、マッド・シティー
英題|Good Kid, M.A.A.D City
パフォーマー|ケンドリック・ラマー Kendrick Lamar



レッド
英題|Red
パフォーマー|テイラー・スウィフト Taylor Swift



The Heist(英題)
パフォーマー|マックルモアー&ライアン・ルイス Macklemore & Ryan Lewis







年間最優秀楽曲賞(ソング・オブ・ザ・イヤー) Song of the Year

 作詞/作曲|エラ・マリア・ラニ・イェリッチ=オコナー Ella Maria Lani Yelich-O'Connor
       ジョエル・リトル Joel Little
 作品|ロイヤルズ
 英題|Royals
 パフォーマー|ロード Lorde

Lorde - Royals (US Version)

ロードは第56回グラミー賞にて4賞にノミネート。2賞を受賞。






作詞/作曲|ピンク Pink
     ジェフ・バスカー Jeff Bhasker
     ネイト・ルエス Nate Ruess
作品|Just Give Me a Reason(英題)
パフォーマー|ピンク feat. ネイト・ルエス Pink(P!nk) featuring Nate Ruess





作詞/作曲|ブルーノ・マーズ Bruno Mars
     フィリップ・ローレンス Philip Lawrence
     アリ・レヴァイン Ari Levine
作品|ロックド・アウト・オブ・ヘヴン
英題|Locked Out of Heaven
パフォーマー|ブルーノ・マーズ Bruno Mars





作詞/作曲|ケイティ・ペリー Katy Perry
     ルーカス・ゴットワルド Lukasz Gottwald
     マックス・マーティン Max Martin
     ボニー・マッキー Bonnie McKee
     ヘンリー・ウォルター Henry Walter
作品|ロアー ~最強ガール宣言!
英題|Roar
パフォーマー|ケイティ・ペリー Katy Perry






作詞/作曲|ベン・ハガティ Ben Haggerty
     ライアン・ルイス Ryan Lewis
     マリー・ランバート Mary Lambert
     カーティス・メイフィールド Curtis Mayfield
作品|Same LovE(英題)
パフォーマー|マックルモア&ライアン・ルイス ft. マリー・ランバート
       Macklemore & Ryan Lewis featuring Mary Lambert







最優秀新人賞 Best New Artist 

マックルモア&ライアン・ルイス Macklemore & Ryan Lewis

Macklemore & Ryan Lewis - Thrift Shop (featuring Wanz)

マックルモア&ライアン・ルイスは第56回グラミー賞にて7賞にノミネート。
ベスト・ラップ・アルバム賞をはじめ4賞を受賞。





ジェイムス・ブレイク James Blake



ケンドリック・ラマー Kendrick Lamar



ケイシー・マスグレイヴス Kacey Musgraves



エド・シーラン Ed Sheeran


----------------------------------------------------------------------------------

ロック部門がなんというかすごいことになっていて……レッド・ツェッペリンがベスト・ロック・アルバム賞受賞で、ノミニーにはブラック・サバスとかデヴィッド・ボウイとかニール・ヤングがいる。私が洋楽というものを知る以前からスターであらせられた皆様方がこうして2010年代にグラミー賞のノミニーとしてまだ健在だ、っていう…。みなさまご健勝でなによりと言うべきなのかもしれないけれど、これじゃねえ、そりゃ若い人は聞かんよね。ロックはいまや日本で言ったら演歌とか民謡とか浪曲のイメージなんじゃないのかな。

親世代や祖父世代が第一線で大活躍しているというのはそのジャンルにとってみれば拙い状況じゃないのかな。年長者たちが「うーん、これ、良いのか悪いのかよく分からない」と首を傾げるようなものが続々と生まれてくるところこそ活況/将来性がある場所であり、音楽であっても映画であっても私たち世代が大喜びするようなもの/師匠や先輩から褒められるようなものばっか作ってちゃ(そのジャンルにおいては)まずいことになるんじゃないの。中年が好みそうなものをたまに作ってくれるとそりゃ嬉しいけど、でも若い人たちは中高年が「うーん(いいと思えない)」というのを作ったほうがいいよ。(ああ、でも年長者に引き立ててもらわないと世に出れないだろうし、難しいところだね。)

●ニール・パトリック・ハリス(Neil Patrick Harris)はプレゼンターとして登場したようですが、トニー賞(司会)・エミー賞(司会)・グラミー賞(プレゼンター)…と米エンタメ業界の4大アワードのうち3つに呼ばれているんですね。これでアカデミー賞にも呼ばれれば全制覇だけど…。

●グラミー賞授賞式の様子を初めて見た時にはそりゃあ衝撃的だった。グラミー賞は表彰部門が細分化されていて数が多いので、ノミニーはじめ来場者の数も多い。アカデミー賞やトニー賞とは会場の仕様もちょっと異なり、だだっ広い体育館のようなところでみなパイプ椅子に座らされて、スターも何もあったもんじゃない(笑)。参加者の衣装もパフォーマンスも露出度が高い。見えちゃいけないところが見えちゃうんじゃないかとハラハラする。なんでそんなに脱ぎたがる?(笑)



2014年サンダンス映画祭 受賞結果発表

2014年(第30回)サンダンス映画祭の受賞結果の発表がありました。


【参考】 
● indiewire
'Whiplash' Owns the 2014 Sundance Film Festival Awards Netting Two Top Prizes

● In Contention
2014 Sundance Film Festival jury and audience award winners


● 公式サイト内の発表
Sundance Festival Award Winners



2014年(第30回)サンダンス映画祭は、(現地日付で)2014年01月16日から01月26日まで。 授賞式は、(現地時間で)01月25日午後6:00からでした。


なお、2014年サンダンス映画祭への応募総数は12,218作品。(昨年度より72作品多い。) そのうち、長編作品は4,057作品。(アメリカ国内からの応募は2,014作品、アメリカ以外の国からの応募は2,043作品) 短編作品は8,161作品。

【参照】 Thompson on Hollywood  2013/12/04付け記事
Sundance Fest Programmers Talk US & World Competition & NEXT Section Trends



● 2013サンダンス映画祭 2012 Sundance Film Festival
● サンダンス・インスティテュート 公式サイト(トップページ) Sundance Institute

------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第30回)サンダンス映画祭 受賞結果
(Sundance Film Festival)


【USドラマ部門】  U.S Dramatic Competition

USドラマ:グランプリ〔審査員大賞〕
Grand Jury Prize: Dramatic
作品:セッション
英題:Whiplash
監督:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作国:アメリカ
※『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013年)の脚本家。
※ ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが北米での配給権を獲得。 (2014/04/25 記)



USドラマ:観客賞
Audience Award: U.S. Dramatic presented by Acura
作品:セッション
英題:Whiplash
監督:デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作国:アメリカ



USドラマ:US監督賞
U.S. Directing Award: Dramatic
作品:Fishing Without Nets
監督:Cutter Hodierne
製作国:アメリカ / ソマリア / ケニア
※ 2012年サンダンス映画祭 短編映画 審査員賞を受賞した同名短編映画『Fishing Without Nets』を長編映画化。




USドラマ:撮影におけるエクセレンス賞
Excellence in Cinematography Award: U.S. Dramatic
撮影:クリストファー・ブロヴェルト Christopher Blauvelt
作品:Low Down
監督:ジェフ・プレイス Jeff Preiss
製作国:アメリカ



USドラマ:審査員特別賞(躍進する才能に対して)
U. S. Dramatic Special Jury Award for Breakthrough Talent
監督/脚本:ジャスティン・シミエン Justin Simien
作品:Dear White People
製作国:アメリカ



USドラマ:審査員特別賞(音楽に対し)
U. S. Dramatic Special Jury Award for Musical Score
音楽:オクトパス・プロジェクト The Octopus Project
作品:トレジャーハンター・クミコ
英題:Kumiko, The Treasure Hunter
監督:デヴィッド・ゼルナー David Zellner
出演:菊地凛子、他
製作国:アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------

【USドキュメンタリー部門】  U.S. Documentary Competition

USドキュメンタリー:グランプリ〔審査員大賞〕
Grand Jury Prize: Documentary
作品:リッチヒル 貧困社会に生きる子どもたち
英題:Rich Hill
監督:トレイシー・ドロス・トラゴス Tracy Droz Tragos
   アンドリュー・ドロス・パレルモ Andrew Droz Palermo
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:観客賞
Audience Award: U.S. Documentary presented by Acura
作品:パーソナルソング
英題:Alive Inside (Alive Inside: A Story of Music & Memory)
監督:マイケル・ロサト=ベネット Michael Rossato-Bennett
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:US監督賞
U.S. Directing Award: Documentary
作品:アゲンスト8(←2014年[第23回]東京国際レズビアン&ゲイ映画祭時の邦題)
英題:The Case Against 8
監督:ベン・コトナー Ben Cotner
   ライアン・ホワイト Ryan White
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:US編集賞
U.S. Documentary Editing Award
編集:ジェニー・ゴールデン Jenny Golden
   カレン・シム Karen Sim
作品:Watchers in the Sky
監督:Edet Belzberg
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:撮影におけるエクセレンス賞
Excellence in Cinematography Award: U.S. Documentary
撮影:レイチェル・ベス・アンダーソン Rachel Beth Anderson
   ロス・カウフマン Ross Kauffman
作品:E-Team
監督:Katy Chevigny
   ロス・カウフマンRoss Kauffman
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:審査員特別賞(直観的な映画製作に対して)
U.S. Documentary Special Jury Prize for Intuitive Filmmaking
作品:The Overnighters
監督:ジェシー・モス Jesse Moss
製作国:アメリカ



USドキュメンタリー:審査員特別賞(アニメーション使用に対して)
U. S. Documentary Special Jury Award for Use of Animation
作品:Watchers of the Sky
監督:Edet Belzberg
製作国:アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------

【ワールド・ドラマ部門】  World Dramatic Competition

ワールド・ドラマ:ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕
World Cinema Jury Prize:Dramatic
作品:殺せ(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
英題:To Kill a Man
監督:アレハンドロ・フェルナンデス・アルメンドラス Alejandro Fernández Almendras
製作国:フランス / チリ



ワールド・ドラマ:ワールド・シネマ 観客賞
World Cinema Audience Award: Dramatic
作品:Difret
監督:Zeresenay Berhane Mehari
製作国:エチオピア



 
ワールド・ドラマ:ワールド・シネマ 監督賞
World Cinema Directing Award: Dramatic
作品:52チューズデイ(←2014年[第23回]東京国際レズビアン&ゲイ映画祭時の邦題)
英題:52 Tuesdays
監督:ソフィー・ハイ(ソフィー・ハイド) Sophie Hyde
製作国:豪州



ワールド・ドラマ:ワールド・シネマ 撮影賞
World Cinema Cinematography Award: Dramatic
撮影:ウラ・ポンティコス Ula Pontiklos(Urszula Pontikos)
作品:追憶と、踊りながら
英題:Lilting
監督:ホン・カウ Hong Khaou
製作国:イギリス



ワールド・シネマ:審査特別賞(アンサンブル演技に対して)
World Cinema Dramatic Special Jury Award for Ensemble Performance
キャスト Cast
  エミリー・ブラウニング Emily Browning
  オリー・アレクサンデル Olly Alexander
  ハンナ・マリー Hannah Murray
  ピエール・ブーランジェ Pierre Boulanger
  コーラ・ビセット Cora Bissett       他
作品:ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール
英題:God Help the Girl
監督:スチュアート・マードック Stuart Murdoch
製作国:イギリス


------------------------------------------------------------------------------------

【ワールド・ドキュメンタリー部門】  World Documentary Competition

ワールド・ドキュメンタリー:ワールド・シネマ グランプリ〔審査員大賞〕
World Cinema Jury Prize:Documentary
作品:Return to Homs
監督:Talal Derki
製作国:シリア / ドイツ



ワールド・ドキュメンタリー:ワールド・シネマ 観客賞
World Cinema Audience Award: Documentary
作品:The Green Prince
監督:Nadav Schirman
製作国:ドイツ / イスラエル / イギリス



ワールド・ドキュメンタリー:ワールド・シネマ 監督賞
World Cinema Directing Award: Documentary
作品:ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース
英題:20, 000 Days on Earth
監督:イアン・フォーサイス Iain Forsyth
   ジェーン・ポラード Jane Pollard
製作国:イギリス



ワールド・ドキュメンタリー:ワールド・シネマ 編集賞
World Cinema Documentary Editing Award
編集:ジョナサン・エイモス Jonathan Amos
作品:ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース
英題:20, 000 Days on Earth
監督:イアン・フォーサイス Iain Forsyth
   ジェーン・ポラード Jane Pollard
製作国:イギリス



ワールド・ドキュメンタリー:ワールド・シネマ 撮影賞
World Cinema Cinematography Award: Documentary
撮影:トマ・バルメ Thomas Balmès
   ニーナ・バーンフェルド Nina Bernfeld
作品:Happiness
監督:トマ・バルメ Thomas Balmes(Thomas Balmès)
   ニーナ・バーンフェルド Nina Bernfeld
製作国:フランス / フィンランド



ワールド・シネマ・ドキュメンタリー:審査員特別賞(映画的な勇敢さに対して) 
World Cinema Documentary Special Jury Award for Cinematic Bravery
作品:We Come As Friends
監督:Hubert Sauper
製作国:フランス / オーストリア


------------------------------------------------------------------------------------

【NEXT部門】 NEXT<=>

NEXT:ベスト・オブ・ネクスト 観客賞
Best of NEXT Audience Award
作品:Imperial Dreams
監督:Malik Vitthal
製作国:アメリカ



------------------------------------------------------------------------------------

USドラマ:ウォルド・ソルト脚本賞
Waldo Salt Screenwriting Award: U.S. Dramatic
脚本:クレイグ・ジョンソン Craig Johnson
   マーク・ハイマン Mark Heyman
作品:The Skeletons Twins
監督:クレイグ・ジョンソン Craig Johnson
製作国:アメリカ



ワールド・シネマ:脚本賞
World Cinema Screenwriting Award
脚本:エスキル・フォクト Eskil Vogt
作品:ブラインド 視線のエロス
英題:Blind
監督:エスキル・フォクト Eskil Vogt
製作国:ノルウェイ


------------------------------------------------------------------------------------

アルフレッド・P・スローン賞
The Alfred P. Sloan Feature Film Prizes
作品:アイ・オリジンズ
英題:I Origins
監督:マイク・ケイヒル Mike Cahill
製作国:アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------

【短編映画部門】


短編映画:観客賞 
Short Film Audience Award, Presented by YouTube
作品:Chapel Perilous
監督:マシュー・レスナー Matthew Lessner
製作国:アメリカ



短編映画:審査員大賞
Short Film Grand Jury Prize
作品:Of God and Dogs
監督:Abounaddara Collective
製作国:シリア



USフィクション短編映画:審査員賞
Short Film Jury Award: US Fictionction
作品:Gregory Go Boom
監督/脚本:Janicza Bravo
製作国:アメリカ



国際フィクション短編映画:審査員賞
Short Film Jury Award: International Fiction
作品:The Cut
監督:Geneviève Dulude-Decelles
製作国:カナダ



ノンフィクション短編映画:審査員賞
Short Film Jury Award: Non-fiction
作品:I Think This Is the Closest to How the Footage Looked
監督:Yuval Hameiri
   Michal Vaknin
製作国:イスラエル



アニメーション短編映画:審査員賞
Short Film Jury Award: Animation
作品:Yearbook
監督/脚本:Bernardo Britto
製作国:アメリカ



短編映画:審査員特別賞(ユニークなビジョンに対して)
Short Film Special Jury Award for Unique Vision
作品:Rat Pack Rat
監督:Todd Rohal
製作国:アメリカ



短編映画:審査員特別賞(ノンフィクションに対して)
Short Film Special Jury Award for Non-Fiction
作品:Love. Love. Love.
監督:Sandhya Daisy Sundaram
製作国:ロシア



短編映画:審査員特別賞(演出とアンサンブル演技に対して)
A Short Film Special Jury Award for Direction and Ensemble Acting
作品:Burger
監督/脚本:Magnus Mork
製作国:イギリス / ノルウェイ



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2013年度アメリカ監督組合賞 受賞結果発表

2013年度(第66回)アメリカ監督組合賞の授賞式が行われ、受賞結果が発表になりました。


【参考】 Thompson on Hollywood
 2014 Directors Guild Awards


● 公式サイトでの発表
The winners of the Directors Guild of America Outstanding Directorial Achievement Awards for 2013


● アメリカ監督組合 公式サイト(トップページ)
 The Directors Guild of America


-----------------------------------------------------------------------------------------

2013年度(第66回)アメリカ監督組合賞 受賞結果
(The Directors Guild of America Awards / DGA)
(バラエティ番組/リアリティショー番組/子供向け番組/CMの各部門は省略します。公式サイトの発表をご覧ください。)


★印 & ピンク文字 … 受賞


長編映画部門 Feature Film
★アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuaron アメリカ監督組合賞初ノミネート、初受賞。
作品:ゼロ・グラビティ 
英題:Gravity



ポール・グリーングラス Paul Greengrass 
作品:キャプテン・フィリップス 
英題:Captain Phillips



スティーブ・マックイーン Steve McQueen 
作品:それでも夜は明ける 
英題:12 Years a Slave



デヴィッド・O・ラッセル David O. Russell  
作品:アメリカン・ハッスル 
英題:American Hustle



マーティン・スコセッシ Martin Scorsese
作品:ウルフ・オブ・ウォールストリート 
英題:The Wolf of Wall Street


-----------------------------------------------------------------------------------------

ドキュメンタリー画部門 Documentary
★ジェヘイン・ヌジェーム Jehane Noujaim
作品:The Square
原題:Al Midan
製作国:エジプト / アメリカ
製作会社:Noujaim Films and Maktube Productions
北米配給(配信):Netflix

『The Square』の監督は女性なのですね。(それもまたお綺麗な方で…)



ザッカリー・ハインザーリング Zachary Heinzerling
作品:キューティー&ボクサー
英題:Cutie and the Boxer  
製作国:アメリカ
製作会社:Ex Lion Tamer and Cine Mosaic
北米配給:Radius TWC



ジョシュア・オッペンハイマー Joshua Oppenheimer
作品:アクト・オブ・キリング 
英題:The Act of Killing
製作国:デンマーク / ノルウェイ / イギリス
製作会社:Final Cut for Real
北米配給:ドラフトハウス・フィルムズ Drafthouse Films



サラ・ポーリー Sarah Polley
作品:物語る私たち
英題:Stories We Tell
製作国:カナダ
製作会社:National Film Board of Canada
北米配給:ロードサイド・アトラクションズ Roadside Attractions



ルーシー・ウォーカー Lucy Walker
作品:The Crash Reel
製作国:アメリカ
製作会社:KP Rides Again
北米配給:HBO・ドキュメンタリー・フィルムズ HBO Documentary Films


-----------------------------------------------------------------------------------------

TVムービー&TVミニ・シリーズ部門 Movies for Television and Mini-Series
★スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh
作品:恋するリベラーチェ
英題:Behind the Candelabra (HBO)



スティーヴン・フリアーズ Stephen Frears
作品:Muhammad Ali’s Greatest Fight (HBO)



デヴィッド・マメット David Mamet
作品:Phil Spector (HBO)



ロブ・アシュフォード Rob Ashford
ベス・マッカーシー=ミラーBeth McCarthy-Miller
作品:The Sound of Music Live! (NBC)



ネルソン・マコーミック Nelson McCormick
作品:Killing Kennedy (National Geographic Channel)


-----------------------------------------------------------------------------------------

ドラマ部門(TV) Dramatic Series
★ヴィンス・ギリガン Vince Gilligan
作品:ブレイキング・バッド シーズン5「Felina」
英題:Breaking Bad, “Felina” (AMC)



ブライアン・クランストン Bryan Cranston
作品:ブレイキング・バッド シーズン5「Blood Money」
英題:Breaking Bad, “Blood Money” (AMC)



デヴィッド・フィンチャー David Fincher
作品:ハウス・オブ・カード 野望の階段  第1話
英題:House of Cards, “Chapter 1” (Netflix)



レスリー・リンカ・グラッター Lesli Linka Glatter
作品:HOMELAND/ホームランド シーズン3「The Star」
英題:Homeland, “The Star” (Showtime)



デヴィッド・ナッター David Nutter
作品:ゲーム・オブ・スローンズ 第三章「The Rains of Castamere」
英題:Game of Thrones, “The Rains of Castamere” (HBO)


-----------------------------------------------------------------------------------------

コメディ・シリーズ部門(TV) Comedy Series
★ベス・マッカーシー=ミラーBeth McCarthy-Miller
作品:30 Rock サーティー・ロック 
   シーズン7「Hogcock!」「Last Lunch」
英題:30 Rock, “Hogcock!/Last Lunch” (NBC)



マーク・チェンドロフスキー Mark Cendrowski
作品:ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則 
   シーズン7「The Hofstadter Insufficiency」
英題:The Big Bang Theory, “The Hofstadter Insufficiency” (CBS)



ブライアン・クランストン Bryan Cranston
作品:モダン・ファミリー 
   シーズン5「The Old Man & The Tree」
英題:Modern Family, “The Old Man & The Tree” (ABC)



ゲイル・マンキューソ Gail Mancuso
作品:モダン・ファミリー 
   シーズン5「My Hero」
英題:Modern Family, “My Hero” (ABC)



アンソニー・リッチ Anthony Rich (Anthony Joseph Rich)
作品:ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則 
   シーズン7「The Love Spell Potential」
英題:The Big Bang Theory, “The Love Spell Potential” (CBS)


-----------------------------------------------------------------------------------------

以下はすでに受賞が決定しています。

ロバート・B・アルドリッチ賞 Robert B. Aldrich Award for Service
スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh


フランクリン・J・シャフナー業績賞 Franklin J. Schaffner Achievement Award
Vince DeDario


フランク・キャプラ業績賞 Frank Capra Achievement Award
リー・ブレイン  Lee Blaine


ダイバーシティ・アワード(多様性賞) Diversity Award
ションダ・ライムズ Shonda Rhimes
ベッツィ・ビアーズ Betsy Beers


-----------------------------------------------------------------------------------------

アカデミー賞作品賞受賞レースも本格的に三つ巴ですなあ。長編ドキュメンタリー映画賞部門も本命視されている作品が必ずしも鉄板ってわけじゃないのかも。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

映画『アナと雪の女王』(2013年)|サウンドトラック 曲目リスト

(2014/04/02 追記)

『アナと雪の女王』のサントラCD(英語版と日本語版の両方がセットされたもの)の発売日が発表されました。


アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-
2014年05月03日 発売。 2枚組で全48曲。 価格は¥3,780(税込)

なお、税込価格2,700円の「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」(デラックス・エディションではないほう)には日本人吹替キャストによる楽曲は入っていませんので、ご注意を。


詳しくはディズニー・ジャパン公式サイト内サウンドトラック欄の こちら でどうぞ。


----------------------------------------------------------------------------------------

(2014/03/18 追記)

2014年3月19日(水)より、「アナと雪の女王」デジタルアルバム(日本語版) 配信開始。
価格:1,800円(税込) 


● ディズニー・ジャパンhttp://www.disney.co.jp/home.html内で試聴できます。
 こちら ⇒ アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 日本版



tvgroov.com(TVグルーヴ) 2014年03月18日付け記事
緊急配信決定! 映画「アナと雪の女王」日本版サントラ3/19リリース! 松たか子「Let It Go」など収録の豪華版
ディズニー最新作「アナと雪の女王」が、3月14日(金)、ついに全国公開となった。そしてこの度、公開前からの多数の問い合わせを受け、アルバム未収録だった日本語版トラックがデジタルアルバムにて3月19日(水)よりリリースされることが緊急決定した。このアルバムは、世界からも絶賛されたエルサ役の松たか子が歌う「レット・イット・ゴー~ありのままで~」をはじめ、アナ役:神田沙也加の圧倒的な歌唱力でアナの魅力を表現し、松とのデュエットも披露した「生まれてはじめて」、また“雪だるま”のオラフを演じたピエール瀧がソロで歌い上げる「あこがれの夏」、更にMay J.が歌う主題歌♪「Let It Go~ありのままで~」もスペシャルトラックとして収録される豪華版だ。



「アナと雪の女王」デジタルアルバム日本語版 - 収録曲リスト
"frozen" - Soundtrack (Japanese Version)|List


劇中歌 日本語訳詞:高橋知伽江(たかはし・ちかえ)


1. 氷の心【日本語歌】  英題:Frozen Heart
  小西のりゆき Noriyuki Konishi
  Kuma
  岡田誠 Makoto Okada
  村上勧次朗 Kanjiro Murakami
  加藤凱也 Gaiya Kato
  鹿志村篤臣 Atsushi Kashimura
  朝隈濯朗 Takuro Asakuma
  根本泰彦 Yasuhiko Nemoto


2. 雪だるまつくろう【日本語歌】  英題:Do You Want to Build a Snowman?
  神田沙也加 Sayaka kanda
  稲葉菜月 Natsuki Inaba
  諸星すみれ Sumire Morohoshi


3. 生まれてはじめて【日本語歌】  英題:For the First Time in Forever
  神田沙也加 Sayaka kanda
  松 たか子 Takako Matsu


4. とびら開けて【日本語歌】  英題:Love Is an Open Door
  神田沙也加 Sayaka kanda
  津田英佑 Eisuke Tsuda


5. レット・イット・ゴー~ありのままで~【日本語歌】  英題:Let It Go
  松 たか子 Takako Matsu


6. トナカイのほうがずっといい【日本語歌】  英題:Reindeer(s) Are Better Than People
  原慎一郎 Shin-ichiro Hara


7. あこがれの夏【日本語歌】  英題:In Summer
  ピエール瀧 Pierre Taki


8. 生まれてはじめて(リプライズ)【日本語歌】 英題:For the First Time in Forever (Reprise)  
  神田沙也加 Sayaka kanda
  松 たか子 Takako Matsu


9. 愛さえあれば【日本語歌】  英題:Fixer Upper
  杉村理加 Rika Sugimura
  安崎求 Motomu Azaki 


<スペシャル・トラック>
10. レット・イット・ゴー~ありのままで~【日本語歌】
  May J. 


----------------------------------------------------------------------------------------


映画『アナと雪の女王』日本版 ボイス・キャスト "frozen" - Voice Cast (Japanese Version)


 アナ……………………………………神田沙也加 Sayaka kanda as Anna
 エルサ女王…………………………松たか子 Takako Matsu as Elsa
 オラフ…………………………………ピエール瀧 Pierre Taki as Olaf
 クリストフ……………………………原慎一郎 Shin-ichiro Hara as Kristoff
 ハンス王子……………………………津田英佑 Eisuke Tsuda as Hans
 幼少期のアナ(声/歌唱)………稲葉菜月 Natsuki Inaba as Young Anna (singing and voice)
 9歳時のアナ(歌唱)……………諸星すみれ Sumire Morohoshi as 9-year-old Anna (singing)
 年少期のエルサ(声)……………佐々木りお Rio Sasaki as Young Elsa (voice)
 ティーンエイジ期のエルサ(声)……小林柚葉 Yuzuha Kobayashi as Teenage Elsa (voice)
 ウェーゼルトン公爵………………多田野曜平 Yohei Tadano as the Duke of Weselton
 パビー…………………………………安崎求 Motomu Azaki as Grand Pabbie
 オーケン………………………………北川勝博 Katsuhiro Kitagawa as Oaken
 バルダ…………………………………杉村理加 Rika Sugimura as Bulda
 アレンデール国王…………………根本泰彦 Yasuhiko Nemoto as the King of Arendelle
 カイ……………………………………飯島肇 Hajime IIjima as Kai
 ゲルダ…………………………………増岡裕子 Yuko Masuoka as Gerda


----------------------------------------------------------------------------------------


【映画『アナと雪の女王』 サウンドトラック(オリジナル英語版)曲目リスト】
 

詞/曲:クリスティン・アンダーソン=ロペス Kristen Anderson-Lopez
    ロバート・ロペス Robert Lopez


1. Frozen Heart  邦題:氷の心
 歌唱:キャスト Cast


この動画は音声のみ。
Frozen Heart (from "Frozen") (Audio)


”Frozen Heart”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/frozen-heart-lyrics-soundtrack.html








2. Do You Want to Build a Snowman?   邦題:雪だるまつくろう
 歌唱:アガサ・リー・モン Agatha Lee Monn
    ケイティ・ロペス Katie Lopez
    クリスティン・ベル Kristen Bell
ケイティ・ロペスは『アナと雪の女王』の楽曲の作詞作曲家コンビであるクリスティン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペス夫妻の娘。 また、アガサ・リー・モンは『アナと雪の女王』の監督の一人であるジェニファー・リーの娘。


この動画は音声のみ。
Do You Want to Build a Snowman? (from "Frozen") (Audio)


”Do You Want to Build a Snowman?”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/do-you-wanna-build-a-snowman-lyrics-kristen-bell.html








3. For the First Time in Forever  邦題:生まれてはじめて
 歌唱:クリスティン・ベル  Kristen Bell
    イディナ・メンゼル  Idina Menzel


この動画は音声のみ。
For the First Time in Forever (from "Frozen") (Audio)
(You-Tube DisneyMusicVEVO チャンネルより)


”For the First Time in Forever”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/for-the-first-time-in-forever-lyrics-kristen-bell.html





日本語による吹替版
『アナと雪の女王』ミュージック・クリップ
生まれてはじめて(前半部) 英題:For the First Time in Forever
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
(YouTube ディズニー・ジャパン公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever"(First half part) japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加).





日本語による吹替版
『アナと雪の女王』ミュージック・クリップ
生まれてはじめて(後半部) 英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
   松たか子(エルサ女王役) by Takako Matsu as Elsa
(YouTube ディズニー・ジャパン公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever"(The latter half part) japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加) and Takako Matsu(松たか子).





「東京おもちゃショー2014」(2014/06/15)
歌は2:19あたりから。









4. Love Is an Open Door  邦題:とびら開けて
 歌唱:クリスティン・ベル Kristen Bell
    サンティノ・フォンタナ(ハンス王子役) Santino Fontana


この動画は音声のみ。
Love Is An Open Door (from "Frozen") (Audio)


”Love Is an Open Door”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/love-is-an-open-door-lyrics-kristen-bell.html




Love Is An Open Door (from "Frozen")






アナの英語版吹替役クリスティン・ベルとハンス王子の英語版吹替役サンティノ・フォンタナ本人による、"Love Is An Open Door"(邦題「とびら開けて」)のパフォーマンス。

"Love Is An Open Door"
Performed by Kristen Bell and Santino
(YouTube Disney Animation Studios 公式チャンネルより)






「とびら開けて」 日本語による吹替版
歌唱:神田沙也加
   津田英佑(つだ・えいすけ)
"Love Is an Open Door" - Japanese Version


 


FNSうたの夏まつり2014  2014年8月13日









5. Let It Go  邦題:レット・イット・ゴー(Let It Go)
 歌唱:イディナ・メンゼル Idina Menzel
● 2013年度(第86回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)受賞。(2014/03/02付け)

Disney's Frozen "Let It Go" Sequence Performed by Idina Menzel
一緒に歌おう♪ <歌詞付Ver.>
(YouTube ディズニー・ジャパン公式チャンネル disneyjp より)


”Let It Go”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/let-it-go-lyrics-idina-menzel.html






25ヶ国語によって歌われる「Let It Go」
各言語の吹き替え歌唱を担当した歌い手さんが録音したときの様子をつないだビデオクリップ

Let It Go - Multi--language "Behind The Mic" version (In 25 Languages)
(You-Tube 公式 DisneyMusicVEVO チャンネルより)







松たか子さんが歌う「レット・イット・ゴー」(Let It Go)
歌唱:松たか子(エルサ女王役) by Takako Matsu as Elsa
(YouTube ディズニー・ジャパン公式チャンネル disneyjp より)
一緒に歌おう♪ <歌詞付Ver.>
"Let It Go" Sing-Along : Japanese Version
"Let It Go" Japanese version was sung by Takako Matsu(松たか子). 








6. Reindeer(s) Are Better Than People  邦題:トナカイのほうがずっといい 
 歌唱:ジョナサン・グロフ(山の青年クリストフ役) Jonathan Groff


この動画は音声のみ。
Reindeer(s) Are Better Than People (from "Frozen") (Audio)


”Reindeer(s) Are Better Than People”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/reindeers-are-better-than-people-lyrics-jonathan-groff.html








7. In Summer  邦題:あこがれの夏
 歌唱:ジョシュ・ギャッド(雪だるま オラフ役) Josh Gad


この動画は音声のみ。
Josh Gad - "In Summer" (from "Frozen") (Audio)
(You-Tube DisneyMusicVEVO チャンネルより)


”In Summer”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/in-summer-lyrics-anastacia.html




"In Summer" by Josh Gad (Official) (from "Frozen")
(You-Tube WaltDisneyStudiosUK チャンネルより)





日本語による吹替版
『アナと雪の女王』ミュージック・クリップ
「あこがれの夏」 英題:In Summer
歌唱:ピエール瀧(オラフ役) by Pierre Taki as Olaf
"In Summer" Japanese version was sung by Pierre Taki(ピエール瀧).









8. For the First Time in Forever (Reprise)   邦題:生まれてはじめて(リプライズ)
 歌唱:クリスティン・ベル  Kristen Bell
    イディナ・メンゼル  Idina Menzel


この動画は音声のみ。
For the First Time in Forever (Reprise) 
(from "Frozen") (Audio)


”For the First Time in Forever (Reprise)”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/for-the-first-time-in-forever-reprise-lyrics-kristen-bell.html








9. Fixer Upper  邦題:愛さえあれば
 歌唱:マイア・ウィルソン(バルダ役) Maia Wilson
    キャスト Cast


この動画は音声のみ。
Fixer Upper (from "Frozen") (Audio)


”Fixer Upper”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/fixer-upper-lyrics-soundtrack.html








10. Let It Go(Demi Lovato Version) 邦題:レット・イット・ゴー(エンドソング)
  歌唱:デミ・ロヴァート Demi Lovato

Demi Lovato - Let It Go (from "Frozen") [Official]
"Let It Go" American pop version - sung by Demi Lovato.


デミ・ロヴァートの ”Let It Go”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/let-it-go-lyrics-demi-lovato.html





以下、Score

曲:ロバート・ロペス Robert Lopez (Tracks 11~32)
  フローデ・フェルハイム Frode Fjellheim (Tracks 11, 31)


11. Vuelie (Featuring Cantus) (Score)  邦題:ヴェリィ(フィーチャリング・カントゥス)

12. Elsa and Anna (Score)  邦題:エルサとアナ

13. The Trolls (Score)  邦題:トロールたち

14. Coronation Day (Score)  邦題:戴冠式の日

15. Heimr Àrnadalr (Score)  邦題:アレンデール王国

16. Winter's Waltz (Score)  邦題:雪の国のワルツ

17. Sorcery (Score)  邦題:秘められた力

18. Royal Pursuit (Score)  邦題:アナの追跡

19. Onward and Upward (Score)  邦題:前に、上に

20. Wolves (Score)  邦題:オオカミだ!

21. The North Mountain (Score)  邦題:ノースマウンテン

22. We Were So Close (Score)  邦題:ほんとに仲良しだったよね

23. Marshmallow Attack! (Score)  邦題:マシュマロウ・アタック!

24. Conceal, Don't Feel (Score)  邦題:落ち着くのよ

25. Only An Act of True Love (Score)  邦題:真実の愛だけだ

26. Summit Siege (Score)  邦題:囲われた山頂

27. Return to Arendelle (Score)  邦題:アレンデールに戻る

28. Treason (Score)  邦題:本当の狙い

29. Some People Are Worth Melting For (Score)  邦題:溶けたってかまわないさ

30. Whiteout (Score)  邦題:氷原

31. The Great Thaw (Vuelie Reprise) (Score) 邦題:大氷解(ヴェリィ リプライズ)

32. Epilogue (Score)  邦題:エピローグ

33. レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング) / May J.
  (日本盤ボーナス・トラック)

May J. / 『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』 from 『アナと雪の女王』
"Let It Go" Japanese pop version - sung by May J.


May J.「Let It Go~ありのままで~」 歌詞 (歌ネットより)
http://www.uta-net.com/song/160390/



----------------------------------------------------------------------------------------


映画『アナと雪の女王』英語版 ボイス・キャスト The Original Voice Cast

 アナ……………………………………クリスティン・ベル Kristen Bell
 エルサ女王…………………………イディナ・メンゼル Idina Menzel
 クリストフ…………………………ジョナサン・グロフ Jonathan Groff
 オラフ………………………………ジョシュ・ギャッド Josh Gad
 ハンス王子…………………………サンティノ・フォンタナ Santino Fontana
 幼少期のアナ(声)………………リビー・スタベンラッチ Livvy Stubenrauch
 幼少期のアナ(歌唱)……………ケイティ・ロペス Katie Lopez
 ケイティ・ロペスは『アナと雪の女王』の楽曲の作詞作曲家コンビであるクリスティン・アンダーソン=ロペスとロバート・ロペス夫妻の娘。
 9歳時のアナのアナ(歌唱)…アガサ・リー・モン Agatha Lee Monn
 アガサ・リー・モンは『アナと雪の女王』の監督の一人であるジェニファー・リーの娘。
 年少期のエルサ(声)………………エヴァ・べラ Eva Bella
 ティーンエイジ期のエルサ(声)…スペンサー・レイシー・ガーナス Spencer Lacey Ganus
 ウェーゼルトン公爵…………………アラン・テュディック Alan Tudyk
 パビー……………………………………キーラン・ハインズ Ciarán Hinds
 オーケン………………………………クリス・ウィリアムズ Chris Williams
 バルダ…………………………………マイア・ウィルソン Maia Wilson
 アレンデール国王…………………モーリス・ラマルシェ Maurice LaMarche
 カイ……………………………………ステファン・アンダーソン Stephen J. Anderson
 ゲルダ…………………………………エディ・マッククラーグ Edie McClurg


----------------------------------------------------------------------------------------

(2014/05/05 追記)

オリコンスタイル 2014/05/05付け記事
【オリコン】『アナ雪』サントラが12週目で初1位 累計30万枚異例のヒット

観客動員数が6年ぶりに1000万人の大台を突破したディズニー映画『アナと雪の女王』のサウンドトラックが週間15.3万枚(累計30.0万枚)を売り上げ、初登場から12週目となる5/12付週間アルバムランキングで初の首位を獲得した。映画サントラでは異例のヒットといえる週間売上15万枚を突破したのは、97年10/6付の『THE END OF EVANGELION』(週間16.5万枚)以来16年7ヶ月ぶり。  3月12日発売の通常盤に加え、これまで配信でのみ発売されていた日本版キャスト・松たか子、神田沙也加、ピエール瀧らによる「レット・イット・ゴー~ありのままで~」などを追加収録したデラックス盤が今月3日に発売されたことで売上が加速し、合算で15.3万枚をセールス。3月14日の映画公開週を集計した3/24付(集計期間:3/10~16)で前週の190位から9位に急上昇して以来、5位→4位→3位→2位→3位→4位と推移し、登場12週目でついに週間1位に上りつめた。


----------------------------------------------------------------------------------------

(2014/05/14 追記)

THE PAGE 2014/05/13付け記事
『アナと雪の女王』が約44年ぶりの快挙 アニメ映画のサントラ売上を更新

大ヒットディズニー映画『アナと雪の女王』のサウンドトラック『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』(ウォルト・ディズニー・レコード)も映画同様、快進撃を続けている。5月5日~11日の間に16.6万枚を販売し、累計販売枚数は46.6万枚。アニメ映画サントラとしては、『宇宙戦艦ヤマト』(1978年8月発売)の記録、38.6万枚大きく上回り、歴代1位に躍り出た。




朝日新聞デジタル 2014年5月13日付け記事
映画館に響き渡る「レリゴ―」 アナ雪、大ヒットのわけ
筆:河村能宏 (全文を読むには会員登録が必要。登録は無料。)


主人公の主体性、か……まぁ、積極的に前向きになろうとする歌詞に変換されていますよね。英語版はどちらかと言うと”開き直りソング”だから。 ―「ブロードウェーで上り調子の作曲家をうまく起用した」……長年ディズニーを支えたアラン・メンケン、哀し……。でも、ディズニー・ミュージカルにとっては新鮮な風が必要な時期だったのでしょうね。成功して良かったです。

『レ・ミゼラブル』(2012年)のサントラCDは11万枚の売り上げだったですね。


----------------------------------------------------------------------------------------

(2014/05/14 追記)

オリコンスタイル 2014/07/29付け記事
【オリコン】『アナ雪』サントラ、20週連続TOP10…映画CD初快挙
大ヒット中のアニメ映画『アナと雪の女王』のサウンドトラック(3月12日発売)が週間1.6万枚(累積90.0万枚)を売り上げ、8/4付週間アルバムランキング4位にランクイン。3/24付で9位に入ってから20週連続でTOP10入りを果たすロングヒットとなっている。  映画のサントラ盤が20週連続TOP10入りしたのは、LP『フットルース』(1984年4/30付~10/15付=25週連続)以来29年10ヶ月ぶり。映画サントラCDとしては、これまで『ボディガード』(1992年12月発売)が持っていた19週連続(1992年12/14付~1993年4/19付)記録を21年3ヶ月ぶりに塗り替え、史上初の快挙となった。

1984年『フットルース』以来、29年10ヶ月ぶり! 約30年ぶり、か!すごいな。『フットルース』のサントラ盤もたくさん売れたね。25週連続トップ10入りしていたんですねえ。




共通テーマ:映画

誕生日記念|スティーヴ・ペリー Steve Perry (元・ジャーニー)の歌声

(2014/01/23 記)

Fan Asylum に誕生日コメントと近況報告が出ました。
ケリー・ナッシュさんと交わした誕生日にまつわる会話……そうか、年を取るということは命あって今生きているという証拠ですね。

The Guitar Center(アメリカ大手の楽器店チェーン) Walk of Fame に選ばれたアヴェレージ・ホワイト・バンド(Average White Band)のドラマー、スティーヴ・フェローン(Steve Ferrone)のパフォーマンスが2014年01月18日にあり、スティーヴ・ペリーはそのステージへ上がった、とのこと。会場は、Guitar Center が主催する Drum Off という全米一大きなドラマーのコンテストの最終戦(Grand Finals)だそうです。


インタビューも受けていますね。珍しい。 元気そうです。

Ex Journey vox Steve Perry resurfaces at guitar center drum-off,
talks Ferrone, studio recording




amass 2014/01/21付け記事
元ジャーニーのスティーヴ・ペリーがスティーヴ・フェローンの最新ライヴのゲスト参加、アヴェレージ・ホワイト・バンド楽曲を披露
演奏といってもちょこっとだけドラム(?)をたたいているだけなんですけどね。


--------------------------------------------------------------------------------------

スティーヴ・ペリー Steve Perry (元・ジャーニー)
1949年01月22日生まれ



2004年の映画『海猿 ウミザル』(シリーズ第一作め)でもおなじみ、
「オープン・アームズ」

1981年11月 米国:ヒューストン・ライブにて。
Journey - Open Arms (Live)








バドワイザー(Budweiser)のラジオ用コマーシャル(1979年)

Journey Budweiser Commercials  音声のみ


「Feeling That Way」のPV(http://youtu.be/vg5vziU-qIs)でピアノの上にバドワイザーの缶が置かれているのはタイアップだった、ってことなのね。







ライブでしかやらなかった ”Dixie Highway”
(ライブ・アルバム「Captured」(1981年)には収録されています。)

Journey (with Steve Perry) - Dixie Highway
1980年メリーランド州ラーゴ公演








ドキュメンタリー「Frontiers and Beyond」(1983年)より。

Journey - Chain Reaction (in Philadelphia)
from Documentary "Frontiers and Beyond" (1983)








1983年03月 東京:武道館ライブ
ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)とスティーヴ・ペリーとの
デュエット曲「Don't Fight It」(アルバム「High Adventure」1982年)を
ジャーニーのライブで。

Journey - Don't Fight It  音声のみ
(Live in Tokyo, 1983)








ソロ・アルバム「ストリート・トーク」(Street Talk)(1984年)より。

Steve Perry - Go Away 








1986年12月31日
カリフォルニア州ロングビーチ(Long Beach)の年越しライブにて。
フォー・トップス(The Four Tops)の
1966年の曲「Reach Out I'll Be There」をカバー。

Journey - Reach Out (Live)  音声のみ 
(Dec 31, 1986)
※ 映像は1986年のツアー時のマッシュアップ。








「サムシン・トゥ・ハイド」(Somethin' To Hide)のデモ・バージョン
「サムシン・トゥ・ハイド」は1978年リリースのアルバム『インフィニティ』(Infinity)に収録。

Journey (with Steve Perry)
"Somethin' To Hide" Demo Version  
音声のみ


超甘々高音ボイス。すばらしい。






デビューする予定だったペリーのバンド「Alien Project」のデモ・テープ
このデモテープを聞いてジャーニーの当時のマネージャーがペリーに「君が『僕のことが必要なら電話して』って歌っていたから」と言ってジャーニー加入への誘いの電話をかけてきた。

Steve Perry - If You Need Me Call Me ("Alien Project" Demo)  
音声のみ


ナイス・クリップです。S・ペリーの良い写真と良い動画の連続。






1978年放送のラジオ番組「King Biscuit/Super Jams 2」にて
サム・クック(Sam Cooke)の「Good Times」(1964年)をカバー。
スティーヴ・ペリーは確かにサム・クックの影響を受けて歌手を目指した人であるしペリーにとってクックは”心の師匠” 的な存在ではあるかもしれないけど、でもそれだけで「サム・クックの弟子」とは言わないわな(笑)。 クックはペリーが15歳のときに亡くなっているし直接的な接点は無いと思う。

Journey - Goodtimes
(Radio Live "King Biscuit/Super Jams 2", 1978)








1996年のアルバム「トライアル・バイ・ファイアー」(Trial By Fire)より。

Journey - Trial By Fire (1996)


Journey – Trial By Fire 英語歌詞
http://www.lyricsfreak.com/j/journey/trial+by+fire_20075866.html







『魔法の剣 キャメロット』(英題:Quest for Camelot)1998年
※ ワーナー・ブラザーズ・アニメーションの初の劇場用長編アニメ映画

アーサー王(声:ピアース・ブロスナン)の歌唱部分を
スティーヴ・ペリーが吹き替えて歌っています。
Quest for Camelot - United We Stand (Steve Perry Vocals)


『魔法の剣 キャメロット』でスティーヴ・ペリーは挿入歌"I Stand Alone"も(本編の中で歌われた時とは一部歌詞を変更し)歌っています。(エンディング・ロール時) PV:http://youtu.be/TIG2GX3u6Xc ←この時は股関節の手術前で身体の具合が悪く、覇気が無く目にも力がありません。このPVが現役最後のPVとなったのですが、こんなに元気がなく具合の悪そうな姿が最後に残ってしまっているなんて気の毒です。声だけ聴くと身体の具合が悪いなどということは感じないのですが、映像は正直です。



ビデオ・クリップ|25ヶ国語によって歌われる「レット・イット・ゴー」(英題:Let It Go)|ディズニー・ミュージカルアニメ映画『アナと雪の女王』主題歌

(2014/04/06 追記)

25ヶ国語によって歌われる「Let It Go」、各国版の歌唱を担当した歌い手さんが「Let It Go」を録音したときの様子をつないだビデオクリップが You-Tube の公式 DisneyMusicVEVO チャンネルを通じて2014年04月01日付けでリリースされました。


Let It Go - Multi--language "Behind The Mic" version
(In 25 Languages)




------------------------------------------------------------------------------------

(2014/01/22 記)

ぴあ映画生活 2014年01月
松たか子、ディズニー新作『アナと雪の女王』吹替版で歌声を披露!
資料によると松は劇中で3曲(『Let It Go ~ありのままで~』『For the First Time in Forever』『For the First Time in Forever(Reprise)』)のミュージカルナンバーを披露しているが、「いやもう大変でしたね。でも監督やスタッフの皆さんに支えていただき、励ましていただき、引っ張って導いていただけたので、最後まで歌えました。何もないところからやる大変さももちろんあったでしょうから、そこに近づく方法を一生懸命探りながら、やるのは、とても勉強になりました」と明かす。


映画本編での歌声は松たか子さんということですよね? ですから、下の25ヶ国語によって歌われる「Let It Go」("Let It Go" Multi-Language Full Sequence)のビデオ・クリップで使われている歌声は松さんの声ということですね。



25ヶ国語によって歌われる「Let It Go」(『アナと雪の女王』主題歌)
Disney's Frozen
"Let It Go" Multi-Language Full Sequence (In 25 Languages)
(You-Tube disneyanimation チャンネルより)
The Japanese version was sung by Takako Matsu(松たか子).


♪Let It Go~、Let It Go~ をどこの国の吹替の人が歌うのか?とちょっとドキドキしながら聞いていると……なんと!! 日本版吹替(松さん)が!! ―ディズニー・ミュージカルの歌の部分を吹き替えする、って、大いに自慢していいことだと思う。

毎回、「全世界に同一イメージを売る」「(出来るかぎり地域色は付けず)米国オリジナルを確実に定着させる」というディズニーのこだわり(と、執念めいたもの)を感じさせる各国の吹替声。続けて聞いても言語/声質の差による違和感が殆ど無いんだから、すごいよ。ビデオ・クリップの編集自体も巧い。しかし…各国、才能のある歌い手がいるもんだね。

(2013/01/23 追記) 日本版、You-Tube のコメント欄で評判いいですねえ。この曲の日本版フル・バージョンが早く聞きたい、って。私も聞きたい。


0:29 英語 English
0:34 フランス語 French
0:42 ドイツ語 German
0:48 オランダ語 Dutch
0:56 マンダリン(北方話) Mandarin
  (※当ビデオクリップでは「普通話」、日本語バージョンでは「北京語」の表記)
1:03 スウェーデン語 Swedish
1:13 日本語 Japanese
1:20 スペイン語(ラテンアメリカ) Latin American Spanish
1:27 ポーランド語 Polish
1:35 ハンガリー語 Hungarian
1:45 スペイン語(カスティーリャ) Castilian Spanish
1:51 カタロニア語(カタルーニャ語) Catalan
1:59 イタリア語 Italian
2:06 韓国語 Korean
2:14 セルビア語 Serbian
2:21 広東語 Cantonese
2:28 ポルトガル語 Portuguese
2:47 マレーシア語 bahasa Malaysia
2:53 ロシア語 Russian
3:00 デンマーク語 Danish
3:07 ブルガリア語 Bulgarian
3:15 ノルウェー語 Norwegian
3:22 タイ語 Thai
3:50 カナダフランス語 Canadian French
3:59 フラマン語 Flemish



------------------------------------------------------------------------------------


「レット・イット・ゴー」  英題:Let It Go
歌唱:イディナ・メンゼル Idina Menzel
作品:アナと雪の女王(2013年)
英題:Frozen
作詞&作曲:ロバート・ロペス Robert Lopez
      クリスティン・アンダーソン=ロペス Kristen Anderson-Lopez



オリジナル(英語)版  歌唱:イディナ・メンゼル
● 2013年度(第86回)アカデミー賞主題歌賞(歌曲賞)受賞。(2014/03/02付け)
Disney's Frozen "Let It Go" Sequence Performed by Idina Menzel
(You-Tube disneyanimation チャンネルより)


”Let It Go”(英語歌詞)
Idina Menzel ”Let It Go” Lyrics (MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/let-it-go-lyrics-idina-menzel.html

(2014/01/22 記) 各国の吹替バージョンを聞いた後だとエルサ女王の顔立ちにはイディナ・メンゼルの歌声は猛々し過ぎるんじゃないかという気がしてきた……カタロニアやノルウェーやタイの人くらいがちょうどいいのかも。松さんもいいですよねえ、声に可憐さがあって。

(2014/01/31 記) 松さんの歌声を聞いたあとではやっぱりイディナ・メンゼルの歌声は猛々しくどう猛過ぎな気がするよなあ。それにたぶんエルサ女王は20代でしょ?(もしかしたら10代後半かもしれない) イディナ・メンゼルの歌声はどう聞いても中年のそれだもの。 ―それにしても、高音域が多くて勢いよく歌い上げなくてはならない曲なので(歌うのには)大変な歌ですよね。




「レリゴー音頭」的(?)別バージョン「Let It Go」
ジミー・ファロン司会の「ザ・トゥナイト・ショー」にて。
歌はイディナ・メンゼルご本人。






イディナ・メンゼル Idina Menzel
・1996年度(第50回)トニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネート。
  『レント』(英題:Rent)モーリーン役
・2004年度(第58回)トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞。
  『ウィキッド/ウィケッド』(英題:Wicked)エルファバ役・
ドラマ『glee/グリー』のレイチェル・ベリー(演:リア・ミシェル)の
 母親シェルビー役でもおなじみ。


2004年度トニー賞授賞式での『Wicked』チームのパフォーマンス。
Defying Gravity (58th Tony Awards)
緑色の魔女がイディアナ・メンデル。
もうひとりの魔女グリンダ役はクリスティン・チェノウェス。







シネマトゥデイ 2014年3月18日付け記事
『アナと雪の女王』のイディナ・メンゼル、主演ミュージカルのチケット売り上げが1週間で約1億円の快進撃
記録的な売り上げとなったのはミュージカル「イフ/ゼン(原題) / If/Then」の7回のプレビュー上演のチケットで、Broadway Leagueの発表によると、売り上げは90万9,159ドル(約9,092万円)だったとのこと。The Hollywood Reporterによると正式な開幕日は3月30日で、それまではプレビュー上演が続くため、今後も売り上げは伸び続けるだろう。(1ドル100円計算)


------------------------------------------------------------------------------------


サイゾーウーマン 2014年01月10付け記事
メリル・ストリープ、米最大のタブー“W・ディズニーの人種差別主義”を真っ向批判
『彼はオンナとネコを信用しない奴だった』って」と、ディズニーが誇る9人の伝説的アニメーター、ナイン・オールドメンの1人であるウォードの言葉を引用。続けてメリルは「何億もの人々に喜びをもたらしてくれたと言っても過言ではないディズニーは、おそらく……若干……人種差別主義者の傾向がありました。反ユダヤ主義のロビー活動を支援していましたし、彼の会社の方針を見れば明白ですが、性別に強い偏見を持つ人だったのです」と単刀直入にぶった切った。

これがあってディズニーの『ウォルト・ディズニーの約束』はアカデミー賞で惨敗したのでは?…なんて言われましたが、このスピーチがあったのは1月7日でノミネーションに向けた投票は1月8日が締切なので、すでに大方の会員は投票を済ましていたと思われ、ノミネーションに対するこのスピーチの影響は実際にはなかったんじゃないでしょうか。 ウォルト・ディズニーは猫が嫌いなのか。だからネズミなの?

ディズニーが長らく提唱してきたお姫さま像には辟易する部分は確かにありますね。でもディズニーもここのところ現代に合った姫さま像を模索していて、有色人種の女性主人公を描いたり、この「Let It Go」でも”よいこでいなくてもいい””感情を表に現わさずにいるなんて事、しなくていい”と主人公の一人に歌い上げさせています。いくらディズニーのお姫さまといえども、そういう”今”に合った姫さま像でなければもう支持されないから。



------------------------------------------------------------------------------------


日本版の『アナと雪の女王』エンディング・ソングとしてMay J.が歌う「Let It Go~ありのままで~(エンドソング)」というのも存在するようで。(こういうのがあるからややこしい)

May J. / 『Let It Go~ありのままで~(エンドソング)』 from 『アナと雪の女王』
"Let It Go" Japanese pop version - sung by May J.




------------------------------------------------------------------------------------


この中では松さんの歌声は使われておらず、
歌はオリジナル(英語)のものを使っているんですね。

『アナと雪の女王』 日本版予告編
Frozen (Ana To Yuki No Jouou) - Japanese Official Trailer


この予告編の声も本編で吹き替えるみなさんがやっているのでしょうか?(ピエールさんってこんな声だっけ?)




生まれてはじめて(前半部) 
英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
(YouTube ディズニー公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever" japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加).





生まれてはじめて(後半部)
英題:For The First Time In Forever  
歌唱:神田沙也加(アナ役) by Sayaka Kanda as Anna
   松たか子(エルサ女王役) by Takako Matsu as Elsa
(YouTube ディズニー公式チャンネル disneyjp より)
"For The First Time In Forever" japanese version was sung by Sayaka Kanda(神田沙也加)and Takako Matsu(松たか子).






日本版 ボイス・キャスト "frozen" - Voice Cast (Japanese Version)
 アナ……………………………………神田沙也加 Sayaka kanda as Anna 
 エルサ女王…………………………松たか子 Takako Matsu as Elsa
 オラフ…………………………………ピエール瀧 Pierre Taki as Olaf
 クリストフ……………………………原慎一郎 Shin-ichiro Hara as Kristoff
 ハンス王子……………………………津田英佑 Eisuke Tsuda as Hans
 幼少期のアナ(声/歌唱)………稲葉菜月 Natsuki Inaba as Young Anna (singing and voice)
 9歳時のアナ(歌唱)……………諸星すみれ Sumire Morohoshi as 9-year-old Anna (singing)
 年少期のエルサ(声)……………佐々木りお Rio Sasaki as Young Elsa (voice)
 ティーンエイジ期のエルサ(声)……小林柚葉 Yuzuha Kobayashi as Teenage Elsa (voice)
 ウェーゼルトン公爵………………多田野曜平 Yohei Tadano as the Duke of Weselton 
 パビー…………………………………安崎求 Motomu Azaki as Grand Pabbie
 オーケン………………………………北川勝博 Katsuhiro Kitagawa as Oaken
 バルダ…………………………………杉村理加 Rika Sugimura as Bulda
 アレンデール国王…………………根本泰彦 Yasuhiko Nemoto as the King of Arendelle
 カイ……………………………………飯島肇 Hajime IIjima as Kai
 ゲルダ…………………………………増岡裕子 Yuko Masuoka as Gerda




オリジナル(英語版) ボイス・キャスト
 アナ……………………………………クリスティン・ベル Kristen Bell
 エルサ女王…………………………イディナ・メンゼル Idina Menzel
 クリストフ…………………………ジョナサン・グロフ Jonathan Groff
 オラフ………………………………ジョシュ・ギャッド Josh Gad
 ハンス王子…………………………サンティノ・フォンタナ Santino Fontana
 幼少期のアナ(声)………………リビー・スタベンラッチ Livvy Stubenrauch
 幼少期のアナ(歌唱)……………ケイティ・ロペス Katie Lopez  
 9歳時のアナのアナ(歌唱)…アガサ・リー・モン Agatha Lee Monn
 年少期のエルサ(声)………………エヴァ・べラ Eva Bella
 ティーンエイジ期のエルサ(声)…スペンサー・レイシー・ガーナス Spencer Lacey Ganus
 ウェーゼルトン公爵…………………アラン・テュディック Alan Tudyk
 パビー……………………………………キーラン・ハインズ Ciarán Hinds
 オーケン………………………………クリス・ウィリアムズ Chris Williams
 バルダ…………………………………マイア・ウィルソン Maia Wilson
 アレンデール国王…………………モーリス・ラマルシェ Maurice LaMarche
 カイ……………………………………ステファン・アンダーソン Stephen J. Anderson
 ゲルダ…………………………………エディ・マッククラーグ Edie McClurg




共通テーマ:映画

2013年度アメリカ製作者組合賞(アメリカ・プロデューサー組合賞) 受賞結果発表

これはすごい結果……作品賞のタイ受賞なんて過去にあったでしょうか?(追記|やはりアメリカ製作者組合賞史上初、だそうです。)



【参照】
● The Hollywood Reporter  2014/01/19付け記事
 Producers Guild Awards: Winners List


● AwardsDaily
 Gravity and 12 Years a Slave TIE at Producers Guild Awards



● アメリカ製作者組合(アメリカ・プロデューサー組合) 公式サイト(トップページ)  
 The Producers Guild of America

--------------------------------------------------------------------------------------------

2013年度(第25回)アメリカ製作者組合賞(アメリカ・プロデューサー組合賞) 受賞結果
(The Producers Guild of America Awards/PGA Awards)


★印 … 受賞



ダリル・F・ザナック賞(劇場用映画賞 / 作品賞) 
The Darryl F. Zanuck Award for Outstanding Producer of Theatrical Motion Pictures
※ 2作品のタイ受賞


ゼロ・グラビティ
英題|Gravity
プロデューサー|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón
        デヴィッド・ハイマン David Heyman
北米配給|ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ




それでも夜は明ける
英題|12 Years a Slave
プロデューサー|アンソニー・カタガス Anthony Katagas
        ジェレミー・クライナー Jeremy Kleiner
        スティーブ・マックイーン Steve McQueen
        ブラッド・ピット Brad Pitt
        デデ・ガードナー Dede Gardner
北米配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




アメリカン・ハッスル  
英題|American Hustle
プロデューサー|ミーガン・エリソン Megan Ellison
        ジョン・ゴードン Jon Gordon
        チャールズ・ローヴェン Charles Roven
        リチャード・サックル Richard Suckle
北米配給|コロムビア・ピクチャーズ




ブルージャスミン  
英題|Blue Jasmine
プロデューサー|レッティ・アロンソン Letty Aronson
        スティーヴン・テネンバウム Stephen Tenenbaum
北米配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




キャプテン・フィリップス  
英題|Captain Phillips
プロデューサー|デイナ・ブルネッティ Dana Brunetti
        マイケル・デ・ルカ Michael De Luca
        スコット・ルーディン Scott Rudin
北米配給|コロンビア・ピクチャーズ




ダラス・バイヤーズクラブ  
英題|Dallas Buyers Club
プロデューサー|ロビー・ブレナー Robbie Brenner
        レイチェル・ウィンター Rachel Winter
北米配給|フォーカス・フューチャーズ




her/世界でひとつの彼女
英題|Her
プロデューサー|ミーガン・エリソン Megan Ellison
        スパイク・ジョーンズ Spike Jonze
        ヴィンセント・ランディ Vincent Landay
北米配給|ワーナー・ブラザース




ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅  
英題|Nebraska
プロデューサー|アルバート・バーガー Albert Berger
        ロン・ヤークサ Ron Yerxa
北米配給|パラマウント・ピクチャーズ




ウォルト・ディズニーの約束  
英題|Saving Mr. Banks
プロデューサー|イアン・コーリー Ian Collie
        アリソン・オーウェン Alison Owen
        フィリップ・ステュアー Philip Steuer
北米配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ




ウルフ・オブ・ウォールストリート  
英題|The Wolf of Wall Street
プロデューサー|リザ・アジズ Riza Aziz
        エマ・ティリンジャー・コスコフ Emma Koskoff    
        ジョーイ・マクファーランド Joey McFarland
北米配給|パラマウント・ピクチャーズ


---------------------------------------------------------------------------------------------

劇場用アニメーション映画賞 
The Award for Outstanding Producer of Animated Theatrical Motion Pictures

アナと雪の女王
英題|Frozen
プロデューサー|ピーター・デル・ヴェッチョ Peter Del Vecho
制作|ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
北米配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ




クルードさんちのはじめての冒険 
英題|The Croods
プロデューサー|クリスティン・ベルソン Kristine Belson
        ジェーン・ハートウェル Jane Hartwell
制作|ドリームワークス・アニメーション
北米配給|20世紀フォックス




怪盗グルーのミニオン危機一発 
英題|Despicable Me 2
プロデューサー|ジャネット・ヒーリー Janet Healy
        クリス・メレダンドリ Chris Meledandri
制作|ユニバーサル・ピクチャーズ / イルミネーション・エンターテインメント
北米配給|ユニバーサル・ピクチャーズ




メアリーと秘密の王国
英題|Epic
プロデューサー|ジェリー・デイヴィス Jerry Davis
        ロリ・フォート Lori Forte
制作|20世紀フォックス・アニメーション / ブルー・スカイ・スタジオ
北米配給|20世紀フォックス




モンスターズ・ユニバーシティ
英題|Monsters University
プロデューサー|コーリー・レイ Kori Rae
制作|ピクサー・アニメーション・スタジオズ / ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
北米配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ


---------------------------------------------------------------------------------------------

劇場用ドキュメンタリー映画賞
The Award for Outstanding Producer of Documentary Theatrical Motion Pictures

We Steal Secrets: The Story of WikiLeaks(英題)
プロデューサー|アレクシス・ブルーム Alexis Bloom
        アレックス・ギブニー Alex Gibney
        マーク・シュミューガー Marc Shmuger
製作国|アメリカ
監督|アレックス・ギブニー Alex Gibney




A Place at the Table(英題)
プロデューサー|ジュリー・ゴールドマン Julie Goldman
        ライアン・ハリントン Ryan Harrington
        クリスティ・ジェイコブソン Kristi Jacobson
        ロリ・シルヴァーブッシュ Lori Silverbush
監督|クリスティ・ジェイコブソン Kristi Jacobson
   ロリ・シルヴァーブッシュ Lori Silverbush




Far Out Isn't Far Enough: The Tomi Ungerer Story(英題)
プロデューサー|ブラッド・バーンスタイン Brad Bernstein
        Rick Cikowski
監督|ブラッド・バーンスタイン Brad Bernstein




Life According to Sam(英題)
プロデューサー|アンドレア・ニックス・ファイン Andrea Nix Fine
        ショーン・ファイン Sean Fine
        ミリアム・ワイントローブ Miriam Weintraub
監督|ショーン・ファイン Sean Fine
   アンドレア・ニックス(アンドレア・ニックス・ファイン) Andrea Nix(Andrea Nix Fine)




Which Way Is the Front Line from Here? The Life and Time of Tim Hetherington(英題)
プロデューサー|ジェームズ・ブラバゾン James Brabazon
        ニック・クエステッド Nick Quested
監督|セバスチャン・ユンガー Sebastian Junger


---------------------------------------------------------------------------------------------

デヴィッド・L・ウォルパー賞(TV部門:長編作品賞)
The David L. Wolper Award for Outstanding Producer of Long-Form Television

恋するリベラーチェ
英題|Behind the Candelabra
放映局|HBO
プロデューサー|スーザン・イーキンス Susan Ekins
        グレゴリー・ジェイコブズ Gregory Jacobs
        マイケル・ポレール Michael Polaire
        ジェリー・ワイントローブ Jerry Weintraub




アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟
英題|American Horror Story: Asylum
放映局|FX(Fox extended)
プロデューサー|ブラッドリー・ビューカー Brad Buecker
        ダンテ・ディ・ロレート Dante Di Loreto
        ブラッド・ファルチャック Brad Falchuk
        アレクシス・マーティン・ウッダル Alexis Martin Woodall
        ライアン・マーフィー Ryan Murphy
        チップ・ヴューセリッチ Chip Vucelich




ケネディ大統領を殺した男
英題|Killing Kennedy
放映局|ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル National Geographic Channel
プロデューサー|メアリー・リシオ Mary Lisio
        ラリー・ラパポート Larry Rapaport
        リドリー・スコット Ridley Scott
        テリ・ワインバーグ Teri Weinberg
        デヴィッド・W・ザッカー David W. Zucker




Phil Spector(英題)
放映局|HBO
プロデューサー|マイケル・ハウスマン Michael Hausman
        バリー・レヴィンソン Barry Levinson




トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~
英題|Top of the Lake
放映局|サンダンス・チャンネル Sundance Channel
プロデューサー|フィリッパ・キャンペル Philippa Campbell
        ジェーン・カンピオン Jane Campion
        イアン・カニング Iain Canning
        エミール・シャーマン Emile Sherman


---------------------------------------------------------------------------------------------

以下の部門は、受賞作のみを載せております。
(ノミニーは上記の参照先をご覧ください。)



TV部門:ドラマ番組賞(連続ドラマシリーズもの)
The Norman Felton Award for Outstanding Producer of Episodic Television, Drama

ブレイキング・バッド
英題|Breaking Bad (AMC)
プロデューサー|Melissa Bernstein, Sam Catlin, Bryan Cranston, Vince Gilligan, Peter Gould, Mark Johnson, Stewart Lyons, Michelle MacLaren, George Mastras, Diane Mercer, Thomas Schnauz, Moira Walley-Beckett




TV部門:コメディ・ドラマ番組賞(連続ドラマシリーズもの)
The Danny Thomas Award for Outstanding Producer of Episodic Television, Comedy

モダン・ファミリー
英題|Modern Family (ABC)
プロデューサー|Paul Corrigan, Abraham Higginbotham, Ben Karlin, Elaine Ko, Steven Levitan, Christopher Lloyd, Jeffrey Morton, Dan O’Shannon, Jeffrey Richman, Chris Smirnoff, Brad Walsh, Bill Wrubel, Danny Zuker




TV部門:ノンフィクション番組賞
The Award for Outstanding Producer of Non-Fiction Television

アンソニー・ボーデイン 世界紀行
英題|Anthony Bourdain: Parts Unknown (CNN)
プロデューサー|Anthony Bourdain, Christopher Collins, Lydia Tenaglia, Sandra Zweig




TV部門:ライブ・エンターテインメント&トーク・ショー番組賞
The Award for Outstanding Producer of Live Entertainment & Talk Television

The Colbert Report(コルベア・レポート) (Comedy Central)
プロデューサー|Meredith Bennett, Stephen T. Colbert, Richard Dahm, Paul Dinello, Barry Julien, Matt Lappin, Emily Lazar, Tanya Michnevich Bracco, Tom Purcell, Jon Stewart




TV部門:コンペティション番組賞
The Award for Outstanding Producer of Competition Television

ザ・ヴォイス
英題|The Voice (NBC)
プロデューサー|Stijn Bakkers, Mark Burnett, John de Mol, Chad Hines, Lee Metzger, Audrey Morrissey, Jim Roush, Kyra Thompson, Nicolle Yaron, Mike Yurchuk, Amanda Zucker




TV部門:スポーツ番組賞
The Award for Outstanding Sports Program

ニュース スポーツセンターUSA
英題|SportsCenter (ESPN)




TV部門:子供向け番組賞
The Award for Outstanding Children’s Program

セサミストリート
英題|Sesame Street (Sprout)




デジタル・シリーズ賞
The Award for Outstanding Digital Series

Wired: What’s Inside(英題)
 (http://video.wired.com/series/what-s-inside)


---------------------------------------------------------------------------------------------

以下の賞は受賞決定済みでした。


スタンリー・クレイマー賞 The Stanley Kramer Award
※ 重要な社会的問題を取り上げ社会一般の認識を向上させた作品のプロダクション/プロデューサー/その他個人を表彰。

フルートベール駅で 
英題|Fruitvale Station
監督|ライアン・クーグラー Ryan Coogler
プロデューサー|フォレスト・ウィッテカー Forest Whitaker
        Nina Yang Bongiovi
北米配給|ワインスタイン・カンパニー




ヴァンガード・アワード(前衛賞)  Vanguard Award

ピーター・ジャクソン Peter Jackson

ジョー・レッテリ Joe Letteri (visual effects artist)

ウェタ・デジタル社 Weta Digital




2014年マイルストーン賞 2014 Milestone Award

ロバート・A・アイガー(ボブ・アイガー) Bob Iger
(ウォルト・ディズニー・ カンパニー 会長兼CEO The Walt Disney Company Chairman and Chief Executive Officer)




ノーマン・レア記念 業績賞(TV部門)
The 2014 Norman Lear Achievement Award In Television

チャック・ロリー Chuck Lorre


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いやー、これは……アカデミー賞作品賞受賞レースは本当に三つ巴だわね。近年稀にみる激戦。(現地日付で)25日のアメリカ監督組合賞も大方の予想ではあの人(ん?どの人?ふふっ)って言われていましたが、こうなってくると分かりませんよ。それに今年に関しては監督組合賞の受賞結果がアカデミー賞作品賞受賞へ向けての強力プッシュになるかはわからないし……でもやっぱり監督組合賞獲った人の作品が優位に立つのかも……うーん。でも面白い展開よね。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画