So-net無料ブログ作成

【舞台演劇賞】2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション 発表 1

「レット・イット・ゴー」(映画『アナと雪の女王』)でおなじみとなったイディナ・メンゼルがミュージカル主演女優賞へノミネートされています。


● 公式サイト内での発表  Nominees 2014
ノミネーションのアナウンスはジョナサン・グロフ(Jonathan Groff)とルーシー・リュー(Lucy Liu)でした。



2014年(第68回)トニー賞の審査対象となるのは2013年-2014年シーズンのもので(2014年は04月24日まで)の作品です。対象作品の一覧はこちら(トニー賞公式サイト内)。



2014年(第68回)トニー賞の授賞式は、(現地日付で)2014年06月08日(日)の予定です。〔日本時間で06月09日(月)〕 授賞式会場は、ニューヨーク市のラジオシティ・ミュージックホール(Radio City Music Hall)。

授賞式の司会はヒュー・ジャックマンです。ヒュー・ジャックマンがトニー賞授賞式の司会を務めるのはこれで4回目となります。



● トニー賞(The Tony Awards)公式サイト(トップページ)  TonyAwards.com


● YouTube トニー賞(The Tony Awards)チャンネル
 http://www.youtube.com/user/OfficialTonyAwards/videos


---------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション
(The Tony Awards)


受賞結果はこちらに。
2014年(第68回)トニー賞受賞結果 1
2014年(第68回)トニー賞受賞結果 2
2014年(第68回)トニー賞受賞結果 3(特別賞&作品別受賞数)



演劇作品賞 Best Play
Act One
(英題の読み|アクト・ワン)
劇作家:ジェームズ・ラピン James Lapine


All The Way
(英題の読み|オール・ザ・ウェイ)
劇作家:ロバート・シェンカン Robert Schenkkan


Casa Valentina
(英題の読み|カーサ・ヴァレンティーナ)
劇作家:ハーヴェイ・ファイアスタイン Harvey Fierstein


Mothers and Sons
(英題の読み|マザーズ・アンド・サンズ)
劇作家:テレンス・マクナリー Terrence McNally


Outside Mullingar
(英題の読み|アウトサイド・ムリンガー)
劇作家:ジョン・パトリック・シャンリィ John Patrick Shanley




ミュージカル作品賞 Best Musical
After Midnight
(英題の読み|アフター・ミッドナイト)


Aladdin
(英題の読み|アラジン)


Beautiful – The Carole King Musical
(英題の読み|ビューティフル - ザ・キャロル・キング・ミュージカル)


A Gentleman’s Guide to Love & Murder
(英題の読み|ア・ジェントルマンズ・ガイド・トゥ・ラヴ・アンド・マーダー)




演劇リバイバル作品賞 Best Revival of a Play
夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan
(英題の読み|ザ・クリップル・オブ・イニシュマン)


ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie
(英題の読み|ザ・グラス・メナジェリー)


ア・レーズン・イン・ザ・サン
英題:A Raisin in the Sun
(英題の読み|ア・レーズン・イン・ザ・サン)


十二夜
英題:Twelfth Night
(英題の読み|トウェルフス・ナイト)




ミュージカル・リバイバル作品賞 Best Revival of a Musical
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


レ・ミゼラブル
英題:Les Misérables


Violet
(英題の読み|バイオレット)




脚本賞(ミュージカル部門) Best Book of a Musical
Aladdin
(英題の読み|アラジン)
脚本:チャド・ベグエリン Chad Beguelin


Beautiful – The Carole King Musical
(英題の読み|ビューティフル - ザ・キャロル・キング・ミュージカル)
脚本:ダグラス・マクグラス Douglas McGrath


ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway
(英題の読み|バレッツ・オーバー・ブロードウェイ)
脚本:ウディ・アレン Woody Allen


A Gentleman’s Guide to Love & Murder
(英題の読み|ア・ジェントルマンズ・ガイド・トゥ・ラヴ・アンド・マーダー)
脚本:ロバート・L・フリードマン Robert L. Freedman




作詞・作曲賞 <オリジナル楽曲賞>
Best Original Score (Music and/or Lyrics) Written for the Theatre
Aladdin
(英題の読み|アラジン)
作曲:アラン・メンケン Alan Menken
作詞:ハワード・アッシュマン Howard Ashman,
   ティム・ライス Tim Rice
   チャド・ベグエリン Chad Beguelin


マディソン郡の橋
英題:The Bridges of Madison County
(英題の読み|ザ・ブリッジズ・オブ・マディソン・カウンティ)
作曲:ジェイソン・ロバート・ブラウン Jason Robert Brown
作詞:ジェイソン・ロバート・ブラウン Jason Robert Brown


A Gentleman’s Guide to Love & Murder
(英題の読み|ア・ジェントルマンズ・ガイド・トゥ・ラヴ・アンド・マーダー)
作曲:スティーヴン・ルトヴァク Steven Lutvak
作詞:ロバート・L・フリードマン Robert L. Freedman
   スティーヴン・ルトヴァク Steven Lutvak


If/Then
(英題の読み|イフ・ゼン)
作曲:トム・キット Tom Kitt
作詞:ブライアン・ヨーキー Brian Yorkey




演劇主演男優賞
Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play
サミュエル・バーネット Samuel Barnett
作品:十二夜
英題:Twelfth Night


ブライアン・クランストン Bryan Cranston
作品:All The Way


クリス・オダウド Chris O’Dowd
作品:二十日鼠と人間
英題:Of Mice and Men


マーク・ライランス Mark Rylance
作品:リチャード三世
英題:Richard III


トニー・シャルーブ Tony Shalhoub
作品:Act One



演劇主演女優賞
Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Play
タイン・デイリー Tyne Daly
作品:Mothers and Sons


ラターニャ・リチャードソン・ジャクソン LaTanya Richardson Jackson
作品:ア・レーズン・イン・ザ・サン
英題:A Raisin in the Sun


チェリー・ジョーンズ Cherry Jones
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie


オードラ・マクドナルド Audra McDonald
作品:レディ・デイ
英題:Lady Day at Emerson’s Bar & Grill
(英題の読み|レディ・デイ・アット・エマーソンズ・バー・アンド・グリル)


エステル・パーソンズ Estelle Parsons
作品:The Velocity of Autumn
(英題の読み|ザ・ベロシティ・オブ・オータム)




ミュージカル主演男優賞
Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Musical
ニール・パトリック・ハリス Neil Patrick Harris
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


ラミン・カリムルー Ramin Karimloo
作品:レ・ミゼラブル
英題:Les Misérables


アンディ・カール Andy Karl
作品:Rocky


ジェファーソン・メイズ Jefferson Mays
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder


ブライス・ピンカム Bryce Pinkham
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder




ミュージカル主演女優賞
Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical
メアリー・ブリジット・デイヴィス Mary Bridget Davies
作品:A Night with Janis Joplin
(英題の読み:ナイト・ウィズ・ジャニス・ジョプリン)


サットン・フォスター Sutton Foster
作品:Violet


イディナ・メンゼル Idina Menzel
作品:If/Then


ジェシー・ミューラー Jessie Mueller
作品:Beautiful – The Carole King Musical


ケリー・オハラ Kelli O’Hara
作品:マディソン郡の橋
英題:The Bridges of Madison County




演劇助演男優賞
Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Play
リード・バーニー Reed Birney
作品:Casa Valentina


ポール・チャヒーディ Paul Chahidi
作品:十二夜
英題:Twelfth Night


スティーヴン・フライ Stephen Fry
作品:十二夜
英題:Twelfth Night


マーク・ライランス Mark Rylance
作品:十二夜
英題:Twelfth Night


ブライアン・J・スミス Brian J. Smith
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie




演劇助演女優賞
Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Play
サラ・グリーン Sarah Greene
作品:夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan


セリア・キーナン=ボルジャー( セリア・キーナン=ボルガー) Celia Keenan-Bolger
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie


ソフィー・オコネドー Sophie Okonedo
作品:ア・レーズン・イン・ザ・サン
英題:A Raisin in the Sun


アニカ・ノニ・ローズ Anika Noni Rose
作品:ア・レーズン・イン・ザ・サン
英題:A Raisin in the Sun


メア・ウィニンガム Mare Winningham
作品:Casa Valentina




ミュージカル助演男優賞
Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical
ダニー・バースタイン Danny Burstein
作品:キャバレー
英題:Cabaret


ニック・コルデロ Nick Cordero
作品:ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway


ジョシュア・ヘンリー Joshua Henry
作品:Violet


ジェームズ・モンロー・アイグルハート James Monroe Iglehart
作品:Aladdin


ジャロッド・スペクター Jarrod Spector
作品:Beautiful – The Carole King Musical



ミュージカル助演女優賞
Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical
リンダ・エモンド Linda Emond
作品:キャバレー
英題:Cabaret


レナ・ホール Lena Hall
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


アニカ・ラーセン Anika Larsen
作品:Beautiful – The Carole King Musical


エイドリアン・レノックス Adriane Lenox
作品:After Midnight


ローレン・ワーシャム Lauren Worsham
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder



2014年(第68回)トニー賞ノミネーション発表 2 へ つづく




共通テーマ:演劇

【舞台演劇賞】2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション 発表 2

● 公式サイト内での発表  Nominees 2014


● トニー賞(The Tony Awards)公式サイト(トップページ)  TonyAwards.com


● YouTube トニー賞(The Tony Awards)チャンネル
 http://www.youtube.com/user/OfficialTonyAwards/videos


--------------------------------------------------------------------------------

2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション
(The Tony Awards)


2014年(第68回)トニー賞ノミネーション発表 1 のつづき



演劇演出賞(演劇監督賞) Best Direction of a Play
ティム・キャロル Tim Carroll
作品:十二夜
英題:Twelfth Night


マイケル・グランデージ Michael Grandage
作品:夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan


ケニー・レオン Kenny Leon
作品:ア・レーズン・イン・ザ・サン
英題:A Raisin in the Sun


ジョン・ティファニー John Tiffany
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie



ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞) Best Direction of a Musical
ウォーレン・カーライル Warren Carlyle
作品:After Midnight


マイケル・メイヤー Michael Mayer
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


リー・シルヴァーマン Leigh Silverman
作品:Violet


Darko Tresnjak
作品: A Gentleman’s Guide to Love & Murder




振付賞 Best Choreography
ウォーレン・カーライル Warren Carlyle
作品:After Midnight


スティーヴン・ホゲット Steven Hoggett
ケリー・ディヴァイン Kelly Devine
作品:Rocky


ケイシー・ニコロウ Casey Nicholaw
作品:Aladdin


スーザン・ストローマン Susan Stroman
作品:ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway




編曲賞 Best Orchestrations
ダグ・ベスターマン Doug Besterman
作品:ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway


ジェイソン・ロバート・ブラウン Jason Robert Brown
作品:マディソン郡の橋
英題:The Bridges of Madison County


スティーヴ・シドウェル Steve Sidwell
作品:Beautiful – The Carole King Musical


ジョナサン・チューニック Jonathan Tunick
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder




演劇装置デザイン賞 Best Scenic Design of a Play
ベオウルフ・ボリット Beowulf Boritt
作品:Act One


ボブ・クロウリー Bob Crowley
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie


エス・デヴリン Es Devlin
作品:Machinal
(英題の読み|マシーナル)


クリストファー・オラム Christopher Oram
作品:夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan




ミュージカル装置デザイン賞 Best Scenic Design of a Musical
クリストファ・バーレカ Christopher Barreca
作品:Rocky


ジュリアン・クローチ Julian Crouch
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


アレキサンダー・ダッジ Alexander Dodge
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder


サント・ロカスト Santo Loquasto
作品:ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway




演劇衣装デザイン賞 Best Costume Design of a Play
ジェーン・グリーンウッド Jane Greenwood
作品:Act One


マイケル・クラス Michael Krass
作品:Machinal


リタ・ライアック Rita Ryack
作品:Casa Valentina


ジャニー・ティラマニ Jenny Tiramani
作品:十二夜
英題:Twelfth Night




ミュージカル衣装デザイン賞 Best Costume Design of a Musical
リンダ・チョー Linda Cho
作品:A Gentleman’s Guide to Love & Murder


ウィリアム・アイヴィ・ロング William Ivey Long
作品:ブロードウェイと銃弾
英題:Bullets Over Broadway


アリアンヌ・フィリップス Arianne Phillips
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


イザベル トレド Isabel Toledo
作品:After Midnight




演劇照明デザイン賞 Best Lighting Design of a Play
ポール・コンスタブル Paule Constable
作品:夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan


ジェーン・コックス Jane Cox
作品:Machinal


ナターシャ・カッツ Natasha Katz
作品:ガラスの動物園
英題:The Glass Menagerie


ジャフィー・ワイデマン Japhy Weideman
作品:二十日鼠と人間
英題:Of Mice and Men




ミュージカル照明デザイン賞 Best Lighting Design of a Musical
ケヴィン・アダムス Kevin Adams
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


クリストファー・ エイカーリンド Christopher Akerlind
作品:Rocky


ハウエル・ビンクリー Howell Binkley
作品:After Midnight


ドナルド・ ホルダー Donald Holder
作品:マディソン郡の橋
英題:The Bridges of Madison County




演劇音響デザイン賞 Best Sound Design of a Play
アレックス・バラノウスキ Alex Baranowski
作品:夢の島イニシュマン
英題:The Cripple of Inishmaan


スティーヴ・キャニオン・ケネディ Steve Canyon Kennedy
作品:レディ・デイ
英題:Lady Day at Emerson’s Bar & Grill


ダン・モーゼス・シュライアー Dan Moses Schreier
作品:Act One


マット・ティアニー Matt Tierney
作品:Machinal




ミュージカル音響デザイン賞 Best Sound Design of a Musical
ピーター・ハイレンスキ Peter Hylenski
作品:After Midnight


ティム・オヘア Tim O’Heir
作品:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
英題:Hedwig and the Angry Inch


ミック・ポッター Mick Potter
レ・ミゼラブル
英題:Les Misérables


ブライアン・ローナン Brian Ronan
作品:Beautiful – The Carole King Musical



2014年(第68回)トニー賞ノミネーション発表 3 へ つづく




共通テーマ:演劇

【舞台演劇賞】2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション 発表 3

● 公式サイト内での発表  Nominees 2014


● トニー賞(The Tony Awards)公式サイト(トップページ)  TonyAwards.com

---------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第68回)トニー賞 ノミネーション
(The Tony Awards)

2014年(第68回)トニー賞ノミネーション発表 2 の つづき




以下の賞は受賞決定済み。

★印 … 受賞


特別功労賞 Special Tony Award for Lifetime Achievement in the Theatre
ジェーン・グリーンウッド Jane Greenwood



地方劇場賞 Regional Theatre Tony Award
シグニチャー・シアター(ニューヨーク市)
 Signature Theatre, New York, N.Y.



イザベル・スティーヴンソン賞 Isabelle Stevenson Award
ロージー・オドネル Rosie O’Donnell



名誉賞(劇場におけるエクセレンスに対し) Tony Honor for Excellence in the Theatre
ジョゼフ・P・ベニンカサ Joseph P. Benincasa

ジョアン・マーカス Joan Marcus

シャーロット・ウィルコックス Charlotte Wilcox


------------------------------------------------------------------------------------------

作品別ノミネート数

【10】
A Gentleman’s Guide to Love & Murder – 10


【8】
Hedwig and the Angry Inch – 8


【7】
After Midnight – 7
Beautiful – The Carole King Musical – 7
The Glass Menagerie – 7
Twelfth Night – 7


【6】
Bullets Over Broadway – 6
The Cripple of Inishmaan – 6


【5】
Act One – 5
Aladdin – 5
A Raisin in the Sun – 5


【4】
The Bridges of Madison County – 4
Casa Valentina – 4
Machinal – 4
Rocky – 4
Violet – 4


【3】
Les Misérables – 3


【2】
All The Way – 2
Cabaret – 2
If/Then – 2
Lady Day at Emerson’s Bar & Grill – 2
Mothers and Sons – 2
Of Mice and Men – 2


【1】
A Night with Janis Joplin – 1
Outside Mullingar – 1
Richard III – 1
The Velocity of Autumn – 1




共通テーマ:演劇

2014年カンヌ国際映画祭:メイン・コンペティションの審査員、発表

メイン・コンペティションの審査員が発表になりました。


● カンヌ国際映画祭 公式サイト内での発表 (2014/04/28付け)
 The Jury of the 67th Festival de Cannes(英語版)
  第67回カンヌ映画祭 審査委員(日本語版)


2014年(第67回)カンヌ国際映画祭は、2014年05月14日から05月25日まで開催される予定です。



● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html


------------------------------------------------------------------------------------------


メイン・コンペティション 審査委員長&審査員

審査員長 (2014年01月07日付けで発表済み)
ジェーン・カンピオン Jane Campion 
(ニュージーランドの映画監督 / プロデューサー / 脚本家)


審査員
キャロル・ブーケ Carole Bouquet
(フランスの女優)

ソフィア・コッポラ Sofia Coppola
(アメリカの映画監督 / 脚本家)

レイラ・ハタミ Leila Hatami
(イランの女優)

チョン・ドヨン Jeon Do-yeon / Jeon To-Yeon / 全度妍
(韓国の女優)

ウィレム・デフォー Willem Dafoe
(アメリカの男優)

ガエル・ガルシア・ベルナル Gael García Bernal
(メキシコの男優 / 映画監督 / プロデューサー)

ニコラス・ウィンディング・レフン Nicolas Winding Refn
(デンマークの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)

ジャ・ジャンクー Jia Zhangke / 賈樟柯
(中国の映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)



審査員、豪華。 だけど、映画監督と俳優ばっかり揃っちゃった。




共通テーマ:映画

映画『ニード・フォー・スピード』(2014年)のプレミアにやってきたスティーヴ・ペリー、レッドカーペットでサム・クックの歌を口ずさむ

映画『ニード・フォー・スピード』(2014年)のプレミアにやってきたスティーヴ・ペリーがレッドカーペットで取材を受け、インタビュワーの女性に「何か歌って」と請われ、サム・クック(Sam Cooke)の「When a boy falls in love」をひと節口ずさんでおります!

『ニード・フォー・スピード』の音楽を担当しているネイサン・ファースト(Nathan Furst)と一緒に曲を書いている、とのことです。(今年出せたらいいね、とか言っていますが、リリースされるのかどうか。 今までも何度となく新しい曲をレコーディングしているとか思わせぶりな発言がありましたが、リリースされるということはなく現在に至っておりますので。)

なおスティーヴ・ペリーがジャーニーへ戻った(もしくは戻るのではないか?)というのは単なる噂であり事実ではない、とのこと。2014年2月の時点で噂を否定する公式のコメントが出ています。



Steve Perry of #Journeyat the Premiere of Need for Speed
2014年03月06日






Sam Cooke - When a boy falls in love (1965年リリース)



サム・クック「When a boy falls in love」歌詞(英語) (metrolyrics.comより)
http://www.metrolyrics.com/when-a-boy-falls-in-love-lyrics-sam-cooke.html



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


映画『ニード・フォー・スピード』(2014年)(英題:Need For Speed) 
日本版予告編


監督: スコット・ウォー Scott Waugh
出演: アーロン・ポール
   ドミニク・クーパー
   スコット・メスカディ
   イモージェン・プーツ
   ラモン・ロドリゲス
   マイケル・キートン
日本公開:2014年06月07日
日本配給:ディズニー・ジャパン



アヴリル・ラヴィーン:ミュージックビデオ「ハローキティ」|振付:井手茂太

GQ  2014/04/25付け記事
アヴリル・ラヴィーンの“親日”PVはレイシズムの表れなのか
日本版のオフィシャルサイトには、「デビュー以来『日本が大好き!』と公言し続けてきたアヴリル」とある。ビデオのテーマは「カラフルな街、TOKYO!」でロケ地、監督、振り付け、スタイリストなど、すべてのスタッフを日本人で揃えたとか。「アヴリルと日本のコラボレーション」と自信満々で送り出したこのビデオだが、海外メディアからは酷評のカウンターパンチを見舞われてしまった。撮影はカラフルなキャンディショップや原宿の遊歩道などで行われ、日本のポップカルチャーを体現する狙いがあったようだ。しかし、その派手すぎる表現方法や、寿司屋で焼酎を手酌するシーンなど、外国人が日本の文化に対して抱くステレオタイプなイメージを安易に、かつ唐突に挿入したことで、人種差別的な思想が透けて見える、とNY Daily Newsをはじめとした複数のメディアで指摘されている。<中略>批判の矛先は、この「Hello Kitty」を共作したラヴィーンの夫でNickelbackのフロントマン、チャド・クルーガーにも向けられ、「やっぱりセンスがない」「作詞能力が低すぎる」と散々な言われようだ。



アヴリル・ラヴィーン 日本版公式サイトより
アヴリル日本で初のミュージック・ビデオ撮影!「ハローキティ」MVが解禁! 本人のアイデアで創られたビデオのイメージは“ポップでカラフルな街=TOKYO”!
日本で「ハローキティ」のビデオを撮影したいというアイデアは、実は1年以上アヴリルが構想し続けてきたもので、ビデオの撮影場所のイメージや衣装、メイク、さらには振付のイメージに至るまで、すべて本人発信のアイデアだ。 <中略> そんなアヴリルのハッピーが伝わってくる、ポップでカラフルなこのビデオは、撮影地だけでなく、ビデオのプロデューサー、監督、スタイリスト、振付などなど、すべてが日本の制作チームによるもの。 <中略> 「日本に行くたび、ファンからハローキティのプレゼントをもらって、それでハローキティが大好きになって、この「Hello Kitty」っていう曲を作ったの。曲の中では覚えた日本語もちょっと使って歌っているのよ、ミンナサイコー!アリガトー!カワイイ!って。」



人種差別的とは感じなかったけど……。

アヴリル・ラヴィーン「ハローキティ」
Avril Lavigne - Hello Kitty (2014)
振付:井手茂太(いで・しげひろ) Choreographer:Shigehiro Ide





これ(下↓)が12年経ってこう(上↑)なれば、そりゃファンは戸惑うわなあ。



アヴリル・ラヴィーン「コンプリケイテッド」(2002年)
Avril Lavigne - Complicated (2002)





---------------------------------------------------------------------------------------

2013年11月24日
アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards)でのケイティ・ペリーのパフォーマンスも人種差別的と批判されたし、日本好きが高じてのパフォーマンスであっても見る側はそう受け取らない(もしくは、良いパフォーマンスと感じない/しっくりこない)ということでしょうね。


American Music Awards 2013
Katy Perry - Unconditionally




---------------------------------------------------------------------------------------

◆振付師 井手茂太(いで・しげひろ)さんのお仕事ぶり◆

星野源「夢の外へ」(2012年)
振付&ダンス:井手茂太
Voical and Guitar:Gen Hoshino  
Choreographer and Dancer:Shigehiro Ide






フラッシュモブの振付
F/T Mob
2012/11/3(土), 4(日) 池袋:東京芸術劇場
Choreographer:Shigehiro Ide





タグ:その他

2014年トライベッカ映画祭:受賞結果 発表

短編映画部門で日本からの作品が受賞しています。 2014年(第13回)トライベッカ映画祭の受賞結果が発表になりました。


● 公式サイト内での発表 (2014/04/24付け)  
 TFF 2014 Award Winners

 Heineken Audience Awards Winners



【参考記事】 indiewire
2014 Tribeca Film Festival Winners Include 'Zero Motivation,' 'Point and Shoot' and more



2014年(第13回)トライベッカ映画祭は、2014年04月16日から4月27日まで。


------------------------------------------------------------------------------------------

2014年トライベッカ映画祭 受賞結果
(Tribeca Film Festival)



【ワールド・ナラティブ部門】 World Narrative Competition Categories


作品賞 The Founders Award for Best Narrative Feature
Zero Motivation
監督:タリア・ラヴィ Talya Lavie
製作国:イスラエル



ワールド・ナラティブ部門:審査員特別賞 Special Jury Mention
The Kidnapping of Michel Houellebecq
原題:L'enlevement de Michel Houellebecq
監督:ギョーム・ニクルー Guillaume Nicloux
製作国:フランス



主演男優賞 Best Actor in a Narrative Feature Film
ポール・シュナイダー Paul Schneider
作品:Goodbye to All That
製作国:アメリカ



主演女優賞 Best Actress in a Narrative Feature Film
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ Valeria Bruni Tedeschi
作品:Human Capital
原題:Il capitale umano
製作国:イタリア / フランス



撮影賞 Best Cinematography in a Narrative Feature Film
撮影:ダミアン・ガルシア Damian Garcia(Damian Garcia)
作品:グエロス(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
原題:Güeros
監督:アロンソ・ルイス・パラシオス Alonso Ruiz Palacios
製作国:メキシコ




脚本賞 Best Screenplay for a Narrative Feature Film
脚本:ギョーム・ニクルー Guillaume Nicloux
作品:The Kidnapping of Michel Houellebecq
原題:L'enlevement de Michel Houellebecq
監督:ギョーム・ニクルー Guillaume Nicloux



編集賞 Best Editing in a Narrative Feature Film
編集:キース・ミラー Keith Miller
作品:Five Star
監督:キース・ミラー Keith Miller


------------------------------------------------------------------------------------------

【ワールド・ドキュメンタリー部門】 World Documentary Competition Categories


作品賞 Best Documentary Feature
Point and Shoot
監督:マーシャル・カリー Marshall Curry 
製作国:アメリカ



ワールド・ドキュメンタリー部門:審査員特別賞 Special Jury Mention
Regarding Susan Sontag
監督:ナンシー・ケイツ Nancy Kates 
製作国:アメリカ



編集賞 Best Editing in a Documentary Feature
編集:サビーヌ・ルッベ・バッカーSabine Lubbe Bakker
   Niels van Koevorden 
作品(原題):Ne Me Quitte Pas
監督:サビーヌ・ルッベ・バッカー Sabine Lubbe Bakker
   Niels van Koevorden
製作国:オランダ / ベルギー




------------------------------------------------------------------------------------------

【エマージング・コンペティション部門】 Emerging Competition Categories


新人監督賞 Best New Narrative Director
Josef Wladyka
作品:Manos sucias
製作国:アメリカ / コロンビア



新人監督賞:審査員特別賞 Special Jury Mention
アロンソ・ルイス・パラシオス Alonso Ruiz Palacios
作品:グエロス(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
原題:Güeros
製作国:メキシコ



ドキュメンタリー新人監督賞 Best New Documentary Director
アラン・ヒックス Alan Hicks
作品:Keep on Keepin' On
製作国:アメリカ



------------------------------------------------------------------------------------------

【短編映画部門】  Short Film Competition Categories

短編映画賞 Best Narrative Short
一本の電話(←SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2014での邦題)
英題:The Phone Call
監督:マット・カークビー Mat Kirkby
製作国:イギリス



短編ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary Short 
One Year Lease
監督:ブライアン・ボルスター Brian Bolster
製作国:アメリカ



短編ドキュメンタリー:審査員特別賞 Special Jury Mention
The Next Part
監督:エリン・サンガー Erin Sanger
製作国:アメリカ



学生ヴィジョナリー賞 Student Visionary Award
Nesma's Birds
監督:Najwan Ali
   Medoo Ali 



学生ヴィジョナリー賞:審査員特別賞 Special Jury Mention
CYCLOID(サイクロイド)
英題:Cycloid   
監督:黒木智輝 Tomoki Kurogi
製作国:日本



------------------------------------------------------------------------------------------

BOMBAY SAPPHIRE[レジスタードトレードマーク] Award for Transmedia
Clouds
制作:James George
   Jonathan Minard


------------------------------------------------------------------------------------------

【ノーラ・エフロン賞】  Nora Ephron Prize

ノーラ・エフロン賞 Nora Ephron Prize
タリア・ラヴィ Talya Lavie
作品:Zero Motivation
製作国:イスラエル



ノーラ・エフロン賞:審査員特別賞 Nora Ephron Prize - Special Jury Mention
イルマル・ラーグ Ilmar Raag
作品:I Won't Come Back / I'm Not Coming Back
原題:Ya ne vernus
製作国:カザフスタン / ロシア / エストニア / フィンランド / ベラルーシ



------------------------------------------------------------------------------------------

【トライベッカ(オンライン)映画祭】   Tribeca Online Film Festival Categories
※ トライベッカ映画祭へ来場した観客の投票による(tribecafilm.com.を通じての投票)。


トライベッカ(オンライン)映画祭:作品賞
Tribeca (Online) Film Festival Best Feature Film
Vara: A Blessing
監督:Knyentse Norbu 
製作国:ブータン / 香港 / スリランカ



トライベッカ(オンライン)映画祭:短編映画賞
Tribeca (Online) Film Festival Best Short Film
Love in the Time of March Madness
監督:Melissa Johnson
   Robertino Zambrano
製作国:アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------------

【観客賞】  Heineken Audience Awards
※ ハイネケン(Heineken)はスポンサー名。

ワールド・ナラティブ部門より
Chef
監督:ジョン・ファヴロー Jon Favreau
製作国:アメリカ



ワールド・ドキュメンタリー部門より
Keep On Keepin’ On
監督:アラン・ヒックス Alan Hicks
製作国:アメリカ
http://www.imdb.com/title/tt2674040/



タグ:映画祭

共通テーマ:映画

2014年カンヌ国際映画祭:監督週間 ラインナップ

日本映画が選出されています。 カンヌ国際映画祭と平行して開催される「監督週間」(The Directors' Fortnight)のラインナップです。


● Screendaily.com 2014/04/22付け
 Cannes Directors' Fortnight 2014 lineup unveiled

● In-Contention 2014/04/22付け
 Stacked lineup includes new works by John Boorman and Frederick Wiseman



「監督週間」はカンヌ映画祭と同時期に開催されますが、カンヌ映画祭主催とは別の組織が運営し表彰します。 公式サイトによると、「監督週間」はフランス監督組合(The French Directors Guild)によって組織されている、とのこと。



● The Directors' Fortnight(監督週間) 公式サイト(英語サイト)
 http://www.quinzaine-realisateurs.com/en/

-------------------------------------------------------------------------------------------

(2014年カンヌ国際映画祭 併催)監督週間 ラインナップ
Quinzaine des Réalisateurs (Directors Fortnight)



【長編作品 コンペティション】 feature Competition

(2014/05/01現在、オープニング作品&クロージング作品を含めて17作品)



オープニング上映作品 Opening Film
Girlhood
原題:Bande de Filles
監督  セリーヌ・シアマ Céline Sciamma
製作国 フランス



クロージング上映作品 Closing Film
パレードへようこそ
英題:Pride
監督  マシュー・ウォーカス Matthew Warchus
製作国 イギリス


----


Alleluia
監督  ファブリス・ドゥ・ヴェルツ Fabrice Du Welz
製作国 フランス / ベルギー




Next To Her
監督  アサフ・コーマン Asaf Korman
製作国 イスラエル
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Catch Me Daddy
監督 ダニエル・ウルフ Daniel Wolfe 
   (& マシュー・ウルフ Matthew Wolfe)
製作国 イギリス
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Cold in July
監督  ジム・ミックル(ジム・マイクル) Jim Mickle
製作国 アメリカ / フランス




Fighters Love at First Fight
原題:Les combattants
監督  Thomas Cailley
製作国 フランス
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Gett: The Trial of Viviane Amsalem
原題:Gett
仏題:Gett: Le procès de Viviane Amsalem
監督  ロニ・エルカベッツ Ronit Elkabetz(Ronit Elbaketz)
    シュロミ・エルカベッツ Shlomi Elkabetz(Shlomi Elbaketz)
製作国 イスラエル / フランス / ドイツ




かぐや姫の物語
英題:The Tale of Princess Kaguya
監督  高畑勲 Isao Takahata
製作国 日本




A Hard Day
原題: kkeut-kka-ji gan-da / 무덤까지 간다
監督  Seong-Hun Kim(Seong-hoon Kim) (김성훈)
製作国 韓国




Eat Your Bones
原題:Mange tes morts
監督  Jean-Charles Hue
製作国 フランス




ナショナル・ギャラリー 英国の至宝
英題:National Gallery
監督  フレデリック・ワイズマン Frederick Wiseman
製作国 フランス / アメリカ




Queen and Country
監督  ジョン・ブアマン John Boorman
製作国 イギリス




Refugiado
監督  ディエゴ・レルマン Diego Lerman
製作国 アルゼンチン / フランス / ドイツ




These Final Hours
監督  ザック・ヒルディッチ Zach Hilditch
製作国 豪州




Tu Dors Nicole
監督  ステファヌ・ラフルール Stéphane Lafleur(Stephane Lafleur)
製作国 カナダ
※ ステファヌ・ラフルールは『ぼくたちのムッシュ・ラザール』(2011年)の編集者。




セッション
英題:Whiplash
監督  デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作国 アメリカ
北米配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
※ 2014年サンダンス映画祭 USドラマ部門グランプリ(=審査員大賞) 受賞作。


-------------------------------------------------------------------------------------------

【短編作品部門】 Short Films Category

(2014/05/01現在、12作品)


April 4th, 1968
原題:4 Avril 1968
監督  Myriam Gharbi
製作国 フランス 



8 Bullets
原題:8 Balles
監督  Frank Ternier
製作国 フランス



The Revolution Hunter
原題:A Caça Revoluções
監督  マルガリダ・レゴ Margarida Rego
製作国 ポルトガル



Cambodia 2099
監督  ダヴィ・チュウ Davy Chou
製作国 フランス



In August
原題:En Août
監督  ジェンナ・ハッセ Jenna Hasse
製作国 スイス



Fragments
原題:Fragmenty
監督  Aga Woszczynska
製作国 ポーランド



Guy Moquet
監督  Demis Herenger
製作国 フランス



Jutra
監督  マリー・ジョゼ・サンピエール Marie-Jose Saint-Pierre
製作国 カナダ



Man on the Chair
監督  Dahee Jeong
製作国 フランス / 韓国



Heartless
原題:Sem Coração
監督  Nara Normande
    Tiao Tiao
製作国 ブラジル



Torn
監督  Elmar Imanov
    Engin Kundag
製作国 アゼルバイジャン



It Can Pass Through the Wall
原題:Trece şi prin perete
監督  ラデゥ・ジュード Radu Jude
製作国 ルーマニア


-------------------------------------------------------------------------------------------

【特別上映】 Special Screening


プティ・カンカン(←2015年〔第18回〕カイエ・デュ・シネマ週間での邦題)
英題:Li'l Quinquin
原題:P'tit Quinquin
監督 ブリュノ・デュモン Bruno Dumont
製作国 フランス




悪魔のいけにえ(修復版)
英題:The Texas Chainsaw Massacre
原題:Massacre à la tronçonneuse
監督 トビー・フーパー Tobe Hooper




共通テーマ:映画

2014年カンヌ国際映画祭|批評家週間 ラインナップ

カンヌ国際映画祭と平行して開催される「批評家週間」(The Critics’ Week)のラインナップです。「批評家週間」は、カンヌ映画祭と同時期に開催されますが、カンヌ映画祭主催とは別の組織が運営し表彰します。

コンペティションへ選出された作品は長編作品1,200本そして短編・中編作品1,770本の中から選ばれたそうです。


● Screendaily.com 2014/04/21付け
 Cannes Critics' Week unveils 2014 line-up



● Semaine de la Critique (批評家週間) 公式サイト(英語サイト)
 http://www.semainedelacritique.com/EN/index.php


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆批評家週間:大賞(グランプリ)◆ (Nespresso Grand Prize)

審査委員長
アンドレア・アーノルド Andrea Arnold
(イギリスの映画監督 / 脚本家 / 女優)


審査員
ダニエラ・ミッシェル Daniela Michel
(メキシコ:映画批評家 / モレリア国際映画祭 ディレクター / TV司会者)

フェルナンド・ガンゾ Fernando Ganzo
(スペイン:映画批評家 / 映画雑誌の編集長)

ジョーダン・ミンツァー Jordan Mintzer
(アメリカ:映画批評家 / パリ在住)

ジョナサン・ロムニー Jonathan Romney
(イギリス:映画批評家)



◆批評家週間:ディスカバリー賞/ヴィジョナリー賞◆
(the Sony CineAlta Discovery Prize and the France 4 Visionary Award)

審査委員長
レベッカ・ズロトヴスキ Rebecca Zlotowski
(フランスの映画監督 / 脚本家)


ディスカバリー賞 審査員 (the Sony CineAlta Discovery Prize)
Tine Fischer
(デンマーク:コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 ディレクター)

坂本安美 Abi Sakamoto
(日本:アンスティチュ・フランセ東京 プログラム主任)

ベニー・ドレクセ Benny Drechsel
(ドイツ:プロデューサー Producer, Rohfilm)

パブロ・ジョルジェッリ Pablo Giorgelli
(アルゼンチン:映画監督)



ヴィジョナリー賞 審査員 (the France 4 Visionary Award)

Louise RIOUSSE
(フランス:27歳:Cinématraque, Binge)

Sergio HUIDOBRO
(メキシコ:25歳:Corre Cámara)

Andrei RUS
(ルーマニア:28歳:Film Menu Magazine)

Guido SEGAL
(アルゼンチン:30歳:Buendiario)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2014年カンヌ国際映画祭 併設)批評家週間 ラインナップ
La Semaine Internationale de la Critique / Semaine de la Critique
(The International Critics’ Week / The Critics’ Week)



オープニング・ナイト上映作品 Opening Night
(※ 本作はコンペティション外です。)
Faire : L’Amour (FLA)
監督:Djinn Carrénard
製作国 フランス
出演  Maha、Laurette Lalande、
    Despo Rutti、Saül Williams、他




クロージング・ナイト上映作品 Closing Night
(※ 本作はコンペティション外です。)
ヒポクラテス
別邦題:ヒポクラテスの子供達
(↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
英題:Hippocrates
原題:Hippocrate
監督:トマ・リルティ Thomas Lilti
製作国 フランス
出演  ヴァンサン・ラコスト、ジャック・ガンブラン、
    レダ・カテブ、マリアンヌ・ドニクール、他



-------------------------------------------------------------------------------------------

【特別上映】 Special Screenings
(※ 本作はコンペティション外です。)


呼吸 ―友情と破壊
(↑2015年〔第5回〕マイ・ フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
英題:Breathe (Respire)
監督:メラニー・ロラン Mélanie Laurent
製作国 フランス
脚本  ジュリアン・ランブロスキーニ
    メラニー・ロラン
原作  アンヌ=ソフィ・ブラスム Anne-Sophie Brasme  
    「深く息を吸って」(原題:Respire)
撮影  Arnaud Potier
編集  Guerric Catala
出演  Lou de Laâge、ジョセフィーヌ・ジャピ、
    ロクサーヌ・デュラン、アレハンドロ・アルバラシン、
    イザベル・カレ、クレール・ケーム、他




The Kindergarten Teacher
原題:Haganenet
監督:ナダブ・ラピド  Nadav Lapid
製作国 フランス / イスラエル
脚本  ナダブ・ラピド 
撮影  シャイ・ゴールドマン
編集  Era Lapid
出演  Sarit Larry、Avi Shnaidman、
    Lior Raz、Ester Rada、Guy Oren、他



-------------------------------------------------------------------------------------------

【長編作品 コンペティション】 Feature Films Competition

Darker Than Midnight
原題:Più Buio di Mezzanotte
監督:Sebastiano Riso
製作国:イタリア
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Gente de bien
監督:Franco Lolli
製作国:コロンビア
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Hope
監督:Boris Lojkine
製作国:フランス




IT FOLLOWS イット・フォローズ
英題:It Follows
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル David Robert Mitchell
製作国:アメリカ




セルフ・メイド(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Self-Made
原題:Boreg
監督:シーラ・ゲフェン Shira Geffen
製作国:イスラエル




ザ・トライブ
英題:The Tribe
原題:Plemya
監督:ミロスラヴ・スラボシュピツキー Myroslav Slaboshpytskiy
製作国:ウクライナ
日本配給:彩プロ、ミモザフィルムズ
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




獣は月夜に夢を見る
英題:When Animals Dream
原題:Når dyrene drømmer
監督:ヨナス・アレクサンダー・アーンビー Jonas Alexander Arnby
製作国:デンマーク
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film


-------------------------------------------------------------------------------------------

【短編・中編作品 コンペティション】 Short and Medium Length Films Competition

Young Lions of Gyps
原題:A Ciambra
監督:Jonas Carpignano


Goodnight Cinderella
原題:Boa Noite Cinderella
監督:Carlos Conceição


The Chicken
監督:Una Gunjak


Back Alley
原題:La Contre–allée
監督:Cécile Ducrocq


Crocodile
監督:Gaëlle Denis


Les fleuves m'ont laissée descendre où je voulais
監督:Laurie De Lassale


Little Brother
仏題:Petit Frère
監督:Rémi St-Michel


Safari
監督:Gerardo Herrero


TrueLoveStory
監督:Gitanjali Rao


A Blue Room
原題:Niebieski Pokój
監督:Tomasz Siwinski





共通テーマ:映画

2014年度アカデミー賞授賞式のプロデューサーが決定

映画芸術科学アカデミーは、昨年度そして一昨年度に引き続いてクレイグ・ゼイダン(Craig Zadan)とニール・メロン(Neil Meron)が2014年度(第87回)アカデミー賞授賞式のプロデューサーを務めると発表しました。 (2014年04月21日付け)


クレイグ・ゼイダンとニール・メロンがアカデミー賞のプロデュースをするのは今回が三度目。クレイグ・ゼイダンとニール・メロンは2002年度(第75回)アカデミー賞作品賞受賞作『シカゴ』の製作総指揮を務めています。また、『フットルース 夢に向かって』(2011年)、『ヘアスプレー』(2007年)、『最高の人生の見つけ方』(2007年)のプロデューサーとしても名を連ねています。 昨年度の授賞式は視聴者数がここ10年で最高、視聴者数は3年連続で増加という好結果を出したことで三度目の登板と相成った、ということでしょう。


2014年度(第87回)アカデミー賞授賞式は、(現地日付)2015年2月22日(日)に行われる予定です。 授賞式は昨年度と同様にハリウッド&ハイランド・センターにある「ドルビー・シアター」で行われ、米・ABCテレビ・ネットワークを通じて放映されます。また、アカデミー賞授賞式の模様は世界225ヶ国以上の地域でも放映されます。



【参照】 
映画芸術科学アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)
公式サイト内 プレスリリース (2014年04月21日付)
Craig Zadan And Neil Meron Return To Produce The 2015 Oscars[レジスタードトレードマーク]




共通テーマ:映画