So-net無料ブログ作成

2014年トロント国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品

2014年トロント国際映画祭の各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品です。青文字の作品は追加エントリー作品です。



2014年(第39回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は(現地日付で)2014年9月04日から9月14日まで開催される予定です。

● 受賞結果が出ました。 こちら に載せてあります。




● トロント国際映画祭 (Tiff.'14) 公式サイト
 http://tiff.net/thefestival

● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'14) チャンネル
 http://www.youtube.com/user/tiff/featured

● You-Tube トロント国際映画祭出品作トレーラー一覧
 http://www.youtube.com/playlist?list=PLPJzOOpIAFE_uhlMUXeyViO2LGPJHmViZ


-----------------------------------------------------------------------------------------

【ガラ・プレゼンテーション部門】 Gara Presentations
※ スター俳優出演作 / レッドカーペット・プレミア / 大多数の観客の関心をひく作品が中心。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【マスターズ部門】 Masters
※ 世界的に最も影響力のあるアート・ハウス系(=アート系)映画監督の最新作。

自由が丘8丁目 自由が丘で
英題:Hill of Freedom
監督  ホン・サンス(洪尚秀) Sangsoo Hong(Hong Sangsoo)
製作国 韓国
出演  加瀬亮、ムン・ソリ、チョン・ウンチェ、
    Younghwa Seo、Kim Euisung、他



かぐや姫の物語
英題:The Tale of Princess Kaguya
監督 高畑勲 Isao Takahata



-----------------------------------------------------------------------------------------

【スペシャル・プレゼンテーション部門】 Special Presentations
※ 注目のプレミア作品と世界を牽引している主要な映画監督たちの作品。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【マーヴェリック部門】 Mavericks
※ 「映画産業の枠を超えた先導者たちとの舞台上の魅惑的な交流」とのこと。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【ディスカバリー部門】 Discovery
※ 見ておくべき映画監督たち。 映画界の将来を担う監督たちの作品。

(2014/08/19現在)なし




-----------------------------------------------------------------------------------------

【ドキュメンタリー部門】 TIFF Docs
※ 世界中から集まった最高のノンフィクション映画。

夢と狂気の王国
英題:The Kingdom of Dreams and Madness
監督 砂田麻美 Mami Sunada



-----------------------------------------------------------------------------------------

【コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門】 Contemporary World Cinema
※ 魅力的な物語、世界的視点・展望を持つ作品。

さよなら歌舞伎町
英題:Kabukicho Love Hotel
監督  廣木隆一 Ryuichi Hiroki  
日本配給 東京テアトル



2つ目の窓
英題:Still the Water
監督  河瀬直美 Naomi Kawase 
日本配給 アスミック・エース


-----------------------------------------------------------------------------------------

【コンテンポラリー・ワールド・スピーカーズ部門】 Contemporary World Speakers
※ 映画監督と映画専門家による作品上映後の討論会。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【ウェイブレングス部門】 Wavelengths
※ 大胆で、幻想的で、自主的な主張。 私たちの映画概念を広げてくれる映画。

長編作品

野火
英題:Fires on the Plain
監督  塚本晋也 Shinya Tsukamoto 
日本配給 海獣シアター



短編作品

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【キッズ部門】 TIFF Kids
※ 世界中から集まった、楽しく明るいファミリー映画。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【ショート・カッツ・インターナショナル部門】 Short Cuts International
※ 世界中から集まった短編作品。 ● 今年度、新設。

Oh Lucy! (”Short Cuts International Programme 5” 内)
監督  平柳敦子 Atsuko Hirayanagi 
製作国 シンガポール


-----------------------------------------------------------------------------------------

【シネマテーク部門】 TIFF Cinematheque
※ 歴史的価値があり保存されてきた、カナダ映画および国際的映画。

青春残酷物語 (フル4Kのデジタル修復版)
英題:Cruel Story of Youth
監督  大島渚 Nagisa Oshima 
製作国 日本


-----------------------------------------------------------------------------------------

【フューチャー・プロジェクション部門】  Future Projections
※ 映画からそして美術まで、またそれらの枠を超えて、感動的なイメージを得る映像。

(2014/08/19現在)なし


-----------------------------------------------------------------------------------------

【ヴァンガード部門】 Vanguard
※ 挑発的で、セクシーで、考えようによっては危険な作品。次に繋がる作品。

喰女 -クイメ-
英題:Over Your Dead Body
監督  三池崇史 Takashi Miike
日本配給 東映



渇き。
英題:The World of Kanako
監督  中島哲也 Tetsuya Nakashima
日本配給 ギャガ



-----------------------------------------------------------------------------------------

【ミッドナイト・マッドネス部門】 Midnight Madness
※ 最高のアクション映画・ホラー映画・ショック映画・ファンタジー映画。(深夜上映部門)

TOKYO TRIBE (トウキョウ・トライブ)
※ ミッドナイト・マッドネス部門/オープニング・ナイト作品
英題:Tokyo Tribe
監督  園子温 Sion Sono(Shion Sono)
日本配給 日活



-----------------------------------------------------------------------------------------

【ネクストウェーブ部門】 Nextwave
※ TIFF Next Wave Committee の若者が主導となって推奨する、次世代の映画ファンのためのセレクション。

(2014/08/19現在)なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【マニフェスト部門】 Manifesto
※ Manifesto Community Projects による 上映。

(2014/08/19現在)なし




間違いや記載漏れがあるかもしれません。
詳しくはトロント国際映画祭公式サイトをご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------

トロント国際映画祭には上記の部門のほかに以下の部門もあります。

【シティ・トゥ・シティ部門】 City to City
※ トロントの観客に国際的都市(異国の都市)の雰囲気をもたらす映画。

今年はソウル市(韓国)特集


【ショート・カッツ・カナダ部門】 Short Cuts Canada
※ 新進気鋭のカナダの映画監督たちの短編映画。



2014年トロント国際映画祭:ラインナップ発表 (ミッドナイト・マッドネス部門)

2014年トロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門のラインナップです。昨年度、同部門の観客賞を受賞した園子温監督の新作『TOKYO TRIBE』がミッドナイト・マッドネス部門オープニング・ナイト作品に選ばれています。 ※ ミッドナイト・マッドネス部門以外の部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品は こちら に載せてあります。

● 受賞結果が出ました。 こちら に載せてあります。



トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門は、アクション映画・ホラー映画・ショック映画・ファンタジー映画に特化した部門で、(現地時間で)夜遅い時間帯に上映されます。 


なお、ミッドナイト・マッドネス部門は同部門へエントリーされた作品のみで観客賞の投票が行われます。


【参照】
● indieWIRE 2014/07/29付け
TIFF Adds Ethan Hawke, Robert Kenner Docs, Announces Masters, Midnight Madness and Vanguard Programs


● トロント国際映画祭公式サイト内の発表 (ミッドナイト・マッドネス部門)
http://www.tiff.net/festivals/thefestival/programmes/midnight-madness


-----------------------------------------------------------------------------------------


トロント国際映画祭は審査員が居て賞を決めるというコンペティション(競争)形式ではありません。 一応、『観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)』が同映画祭の最高賞とみなされています。【News!!】(2015/07/18 記) トロント国際映画祭は2015年度よりコンペティションを行う部門を創設することになったそうです。コンペを行うのは「Platform(プラットフォーム)」という名称の部門で、作家性の強い映画/アート・シネマのコンペになる模様。 【参照】tiff.(トロント国際映画祭)2015年5月21日付け Platform programme to shine spotlight on artistically ambitious international films( ttp://tiff.net/whats-on/news-events/platform-festival )



なお、観客賞には
 ●「ドキュメンタリー作品に対する観客賞」
 ●「ミッドナイト・マッドネス部門へエントリーされた作品に対する観客賞」
 ●(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)
  「(長編作品に対する)観客賞」
の3種があり、通常、トロント国際映画祭の最高賞とみなされるのは(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)「(長編作品に対する)観客賞」になります。


 
2014年(第39回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は、(現地日付で)2014年9月04日から9月14日まで開催される予定です。




● トロント国際映画祭 (Tiff.'14) 公式サイト
 http://tiff.net/thefestival

● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'14) チャンネル
 http://www.youtube.com/user/tiff/featured

● You-Tube トロント国際映画祭出品作トレーラー一覧
  http://www.youtube.com/playlist?list=PLPJzOOpIAFE_uhlMUXeyViO2LGPJHmViZ


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第39回) トロント国際映画祭 ラインナップ
Toronto International Film Festival

間違いや記載漏れがあるかもしれません。
詳しくは、上記リンクのトロント国際映画祭公式サイトをご覧ください。




【ミッドナイト・マッドネス部門】 Midnight Madness
(2014/08/06現在 10作品)

青文字の作品は追加エントリー作品です。




ミッドナイト・マッドネス部門/オープニング・ナイト作品 
Midnight Madness Opening Night Film

TOKYO TRIBE (トウキョウ・トライブ)
監督  園子温 Sion Sono
英題:Tokyo Tribe
製作国 日本
出演  鈴木亮平、YOUNG DAIS(ヤング・ダイス)、
    清野菜名、佐藤隆太、大東駿介、石田卓也、
    市川由衣、でんでん、竹内力、窪塚洋介、
    叶美香、中川翔子、染谷将太、他
配給  日活


-----


ビッグゲーム 大統領と少年ハンター
英題:Big Game
監督  ヤルマリ・ヘランダー Jalmari Heleander
製作国 フィンランド / イギリス / ドイツ




Cub
監督  Jonas Govaerts
製作国 ベルギー




The Editor
監督  アダム・ブルックス Adam Brooks
    マシュー・ケネディ Matthew Kennedy   
製作国 カナダ




Electric Boogaloo: The Wild, Untold Story of Cannon Films
監督  マーク・ハートリー Mark Hartley
製作国 豪州




イット・フォローズ
英題:It Follows
監督  デイヴィッド・ロバート・ミッチェル David Robert Mitchell
製作国 アメリカ




ザ・ゲスト
英題:The Guest
監督  アダム・ウィンガード Adam Wingard
製作国 アメリカ




Mr. タスク
英題:Tusk
監督  ケヴィン・スミス Kevin Smith
製作国 アメリカ




シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
英題:What We Do in the Shadows
監督  タイカ・ワイティティ Taika Waititi
    ジェマイン・クレメント Jemaine Clement
製作国 ニュージーランド / アメリカ




REC/レック4 ワールドエンド
英題|[REC] 4: Apocalypse
監督  ジャウマ・バラゲロ Jaume Balaguero(Jaume Balagueró)
製作国 スペイン


--------------------------------------------------------------------------------------

● 2014年トロント国際映画祭:ガラ・プレゼンテーション部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品) ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション (英題または原題の頭文字がJ~Zの作品) ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:マスターズ部門 ラインナップ こちら 


● 2014年トロント国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品 こちら 



2014年トロント国際映画祭:ラインナップ発表(マスターズ部門)

なお、エントリー作品は今後、追加もしくは変更される可能性もあります。


2014年(第39回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は(現地日付で)2014年9月04日から9月14日まで開催される予定です。



【参照】
● indieWIRE 2014/07/29付け
TIFF Adds Ethan Hawke, Robert Kenner Docs, Announces Masters, Midnight Madness and Vanguard Programs


● トロント国際映画祭公式サイト内の発表 (マスターズ部門)
http://www.tiff.net/festivals/thefestival/programmes/masters




● トロント国際映画祭 (Tiff.'14) 公式サイト
 http://tiff.net/thefestival

● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'14) チャンネル
 http://www.youtube.com/user/tiff/featured

● You-Tube トロント国際映画祭出品作トレーラー一覧
  http://www.youtube.com/playlist?list=PLPJzOOpIAFE_uhlMUXeyViO2LGPJHmViZ


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第39回) トロント国際映画祭 ラインナップ
Toronto International Film Festival

間違いや記載漏れがあるかもしれません。
詳しくは、上記リンクのトロント国際映画祭公式サイトをご覧ください。



【マスターズ部門】 Masters
※ 世界的に最も影響力のあるアート・ハウス系(=アート系)映画監督の最新作。

(2014/08/19現在 14本)

青文字の作品は追加エントリー作品です。



1001グラム ハカリしれない愛のこと
別邦題:1001グラム(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題/原題:1001 Grams
監督  ベント・ハーメル Bent Hamer
製作国 ノルウェイ / ドイツ / フランス




天使が消えた街
英題:The Face of an Angel
監督  マイケル・ウィンターボトム Michael Winterbottom
製作国 イギリス




Foreign Body
原題:Obce Cialo
監督 クシシュトフ・ザヌッシ(クシシュトフ・ザヌーシ) Krzysztof Zanussi
製作国 ポーランド / イタリア / ロシア




黄金時代(←2014年東京国際映画祭時での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
監督  アン・ホイ(許鞍華 / Ann Hui)
製作国 中国 / 香港




さらば、愛の言葉よ(さらば、愛の言葉よ 3D)(3D)
英題:Goodbye to Language(Goodbye to Language 3D)
原題:Adieu au langage
監督  ジャン=リュック・ゴダール Jean-Luc Godard
製作国 フランス




自由が丘8丁目 自由が丘で
英題:Hill of Freedom
監督  ホン・サンス(洪尚秀) Sangsoo Hong(Hong Sangsoo)
製作国 韓国




裁かれるは善人のみ
英題:Leviathan
原題:Leviafan / Левиафан
監督  アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
製作国 ロシア




さよなら、人類
別邦題:実存を省みる枝の上の鳩(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence
原題:En duva satt på en gren och funderade på tillvaron
監督  ロイ・アンダーソン Roy Andersson
製作国 スウェーデン / ドイツ / ノルウェイ / フランス




Revivre
原題:Hwajang
監督  イム・グォンテク(林權澤) Im Kwon-taek
製作国 韓国




かぐや姫の物語
英題:The Tale of Princess Kaguya
監督 高畑勲 Isao Takahata
製作国 日本




禁じられた歌声
英題:Timbuktu
監督  アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
製作国 フランス / モーリタニア / マリ共和国




Trick or Treaty?
監督  アラニス・オボンサウィン Alanis Obomsawin  
製作国 カナダ




雪の轍(わだち)
英題:Winter Sleep
原題:Kis Uykusu
監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン Nuri Bilge Ceylan
製作国 トルコ / フランス / ドイツ




Murder in Pacot
原題:Meurtre à Pacot
監督 ラウル・ペック Raoul Peck
製作国 ハイチ / フランス / ノルウェイ


--------------------------------------------------------------------------------------


● 2014年トロント国際映画祭:ガラ・プレゼンテーション部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品) ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字がJ~Zの作品) ラインナップ こちら


● 2013年トロント国際映画祭:ミッドナイト・マッドネス部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品 こちら 



SMAP(スマップ)のメンバーが好きな映画は何?|2014年7月28日(月)放送『SMAP×SMAP』

2014年7月28日(月)放送『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP(ビストロ・スマップ)」コーナーのゲストの一人が映画好き俳優の斎藤工(さいとう・たくみ)だったこともあって、トークの話題のひとつとして「好きな映画は何?」という質問が出ました。

------------------------------------------------------------------------------------------

草なぎ剛(2作品)

オールド・ボーイ(2003年) 
   英題:Old Boy
   原題:Oldeuboi
   製作国:韓国
   監督:パク・チャヌク Chan-wook Park

Oldboy (2003) - Trailer









うつせみ(2004年)
   英題:3-Iron
   原題:Bin-jip
   製作国:韓国
   監督:キム・ギドク Ki-duk Kim

3-Iron (Bin-jip) - Theatrical Trailer




------------------------------------------------------------------------------------------

木村拓哉

アウトサイダー(1983年)
   英題:The Outsiders
   製作国:アメリカ
   監督:フランシス・フォード・コッポラ Francis Ford Coppola

The Outsiders (1983) - Official Trailer


映画『アウトサイダー』:日本公開当時のチラシ 
http://matome.naver.jp/odai/2139135497026480601/2139253451682252703

「コッポラ監督と全米ヤングが創った<新しい映画>」…… 全米ヤング!

” 全米ヤング ” な出演者のみなさん
  C・トーマス・ハウエル
  マット・ディロン
  ラルフ・マッチオ
  ダイアン・レイン
  ロブ・ロウ
  パトリック・スウェイジ
  エミリオ・エステベス
  トム・クルーズ
  レイフ・ギャレット

この映画の公開当時、日本国内では、子役としてすでに成功していたダイアン・レインやアイドル歌手としてヒット曲を出していたレイフ・ギャレットのほうが断然知名度があったと思う、たぶん。




The Outsiders (1983) - Trailer


思えば、こういうタイプの映画は今、アメリカでも見かけないような……私が知らないだけかもしれないけど。 他にも、「雄大な大自然をバックにした物語」(たとえば、『愛と哀しみの果て』『レジェンド・オブ・フォール』『コールド マウンテン』『リバー・ランズ・スルー・イット』など)も作られなくなったし。 需要が無い / コストパフォーマンスがよろしくない、ということでしょうかねえ。


------------------------------------------------------------------------------------------

香取慎吾(3作品)

ファイト・クラブ(1999年)
   英題:Fight Club
   製作国:アメリカ
   監督:デヴィッド・フィンチャー David Fincher

Fight Club (1999) - Trailer








アメリ(2001年)
   英題:Amélie
   仏題:Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain
   製作国:フランス
   監督:ジャン=ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet

Amelie (2001) - Trailer
撮影:ブリュノ・デルボネル Bruno Delbonnel








マルコヴィッチの穴(1999年)
   英題:Being John Malkovich
   製作国:アメリカ
   監督:スパイク・ジョーンズ Spike Jonze

Being John Malkovich (1999) - Official Trailer #1




------------------------------------------------------------------------------------------

稲垣吾郎

カイロの紫のバラ(1985年)
   英題:The Purple Rose of Cairo
   製作国:アメリカ
   監督:ウディ・アレン Woody Allen

The Purple Rose of Cairo (1985) - Trailer




------------------------------------------------------------------------------------------

(中居正広さんは司会なので、「好きな映画は何?」という質問への回答は無し。)



あと、話題に出た映画は……


レナードの朝(英題:Awakenings)(1990年)
稲垣吾郎曰く「メンバー全員そろって見た最後の映画は『レナードの朝』だった」 ですが、他のメンバーは「そうだったかなあ。覚えていない」「それって、ゴローちゃんの見た夢の中での話じゃないの?」とツレナイ返答。


Awakenings (1990) - Trailer


中居正広 1972年生まれ
木村拓哉 1972年生まれ
稲垣吾郎 1973年生まれ
草なぎ剛 1974年生まれ
香取慎吾 1977年生まれ

1990年、最年長の二人は18歳、最年少の香取さんは13歳。(稲垣さんの記憶が正しいとして)そういう年齢でよく『レナードの朝』のような医療モノ映画を見に行ったよねえ。年長者から「後学のため見ておけ」とアドバイスされたとかそういう事情がもしかしたらあったのかもしれないけど。全盛期のロビン・ウィリアムズ、そして(気の抜けた演技をするようになる前の)ロバート・デ・ニーロという知名度の高い名優2名の共演作ですが、それにしたって今の十代ならまずこういうタイプの映画は見に行かないんじゃないでしょうか。




ゴースト/ニューヨークの幻(英題:Ghost)(1990年)
木村拓哉曰く「中居と一緒に見に行った。映画開始早々、中居は爆睡していた」(「二人だけで見に行ったのではなく、同級生数名で見に行った」とのこと。)




半分ノ世界(2014年)
草なぎ剛曰く「(斎藤工さんが)監督された映画(短編映画『半分ノ世界』)も拝見しました」



------------------------------------------------------------------------------------------

米倉涼子 <BISTRO SMAP(ビストロ・スマップ)ゲスト>

セルピコ(1973年)
   英題:Serpico
   製作国:アメリカ / イタリア
   監督:シドニー・ルメット Sidney Lumet

Serpico (1973) - Trailer





------------------------------------------------------------------------------------------

<BISTRO SMAP(ビストロ・スマップ)ゲスト>

斎藤工の「スマップメンバーに対してお勧めする映画」

ホドロフスキーのDUNE(2013年)
   英題:Jodorowsky's Dune
   製作国:アメリカ
   監督:フランク・パヴィッチ Frank Pavich

映画『ホドロフスキーのDUNE』 日本版予告編





そういえば斎藤工さん自身が好きな映画は何も言っていませんでしたね。( ここ には「仁義なき戦い」「キッズ・リターン」「天空の城ラピュタ」 「アモーレス・ペロス」「第三の男」と、そして ここ には「大衆が観に行かないような映画。アート系映画が ”(自分の)本拠地” 」と書いてあります。)



ヒュー・ジャックマン、『あの素晴しい愛をもう一度』を英語歌詞にて歌う|TOYOTA(トヨタ) クラウンのCM「彼のクラウンはときどき」篇&「若草色のクラウン」篇|Hugh Jackman sings Japanese 70's Song "Ano Subarashii Ai wo Moichido" in TOYOTA's TV Spots which are broadcasting in Japan

ヒュー・ジャックマンがトヨタ「クラウン」のCMで「あの素晴しい愛をもう一度」を英語歌詞で歌っています。


Cinemacafe.net  2014/07/18付け記事
ヒュー・ジャックマン、トヨタ新CMに登場! 英語であの名曲も披露
ヒュー・ジャックマンが、このたび、トヨタの“ReBORN”を象徴する高級車クラウンの新CMに出演することが決定。70年代のヒット曲「あの素晴しい愛をもう一度」の英語版を歌い、美声も披露していることが分かった。 <中略> CM中に流れるのは、北山修作詞、加藤和彦作曲の名曲「あの素晴しい愛をもう一度」の英語版。もちろんヒュー自身が、『レ・ミゼラブル』でもすっかりお馴染みとなった抜群の歌唱力で披露している。


ヒュー・ジャックマンは豪州出身の俳優。2004年『ボーイ・フロム・オズ』にてトニー賞(米国の舞台演劇賞)ミュージカル主演男優賞受賞。2012年『レ・ミゼラブル』で米国アカデミー賞主演男優賞部門へもノミネートもされています。スーパーヒーローもの『X-メン』シリーズのウルヴァリン役でもおなじみ。






TOYOTOWN クラウン「彼のクラウンはときどき」篇 (CM部:30秒)
出演&歌:ヒュー・ジャックマン
曲名:原曲『あの素晴しい愛をもう一度』をアレンジ

ヒュー・ジャックマン、日本の名曲を歌う
ヒュー・ジャックマンのインタビューとメッセージ付きビデオクリップ
Jackman sings "Ano Subarashii Ai wo Moichido(あの素晴しい愛をもう一度)" by English lyric.


フルバージョンを聴きたいです。「踊りもある」ってインタビューで言っていますけど、踊っている別バージョンCMも今後公開されるんでしょうか? (2014/08/05 追記) ”踊りもある”というのは「空色のクラウン」篇のことなんですね。




● TOYOTA公式サイト内 TOYOTA CMギャラリー『彼のクラウンはときどき』篇
 http://toyota.jp/movie/#id=833087895002





2014 TOYOTA(トヨタ)クラウンCM 「若草色のクラウン」篇
出演&歌:ヒュー・ジャックマン

TOYOTA's TV Spot "BRIGHT GREEN CROWN"
Hugh Jackman - Ano Subarashii Ai wo Moichido
●「若草色のクラウン」篇……加藤和彦と北山修『あの素晴しい愛をもう一度』の英語版。


途中で登場するのは女優の満島ひかりさん。





こちらでも見ることが出来ます。

● TOYOTA公式サイト内 TOYOTA CMギャラリー『若草色のクラウン』篇
 http://toyota.jp/movie/#id=834634638002

 (↓こちらには英語の歌詞が載っています。各ビデオクリップをクリックすると出ます。) 
 http://crown-reborn.jp/#/specialmovie







Hugh Jackman
Ano Subarashii Ai wo Moichido(あの素晴しい愛をもう一度)




-----------------------------------------------------------------------------------------

2014 TOYOTA(トヨタ)クラウンCM 「空色のクラウン」篇
出演&歌:ヒュー・ジャックマン

TOYOTA's TV Spot "BLUE SKY CROWN"|Hugh Jackman - Kiseki
●「空色のクラウン」篇……GReeeeN(グリーン)「キセキ」の英語版。





こちらでも見ることが出来ます。

● TOYOTA公式サイト内 TOYOTA CMギャラリー『空色のクラウン』篇
 http://toyota.jp/movie/#id=834630239002

 (↓こちらには英語の歌詞が載っています。各ビデオクリップをクリックすると出ます。) 
 http://crown-reborn.jp/#/specialmovie




● TOYOTA公式サイト内 TOYOTA CMギャラリー
 http://www.toyotown.jp/cm/







ヒュー・ジャックマン「キセキ(Kiseki)」(一番/フル) 

Hugh Jackman - Kiseki




-----------------------------------------------------------------------------------------


【オリジナル】 The Original
「あの素晴しい愛をもう一度」"Ano Subarashii Ai wo Moichido"  1971年リリース


加藤和彦と北山修 
「あの素晴しい愛をもう一度」(ライブ音声)
(1971年6月19日 大阪毎日ホール)
Osamu Kitayama and Kazuhiko Katô (audio-only)
"Ano Subarashii Ai wo Moichido(あの素晴しい愛をもう一度)"


「あの素晴しい愛をもう一度」 歌詞 (J-Lyric.net より)
作詞 Lyric:北山修 Osamu Kitayama
作曲 Music:加藤和彦 Kazuhiko Katô
http://j-lyric.net/artist/a04ad98/l0057eb.html



--------------------------------------------------------------------------------------


【「あの素晴しい愛をもう一度」英語バージョン いろいろ】

英語歌詞は(ヒュー・ジャックマンのバージョンも含め)それぞれ異なってますよね。



ブラザース・フォア The Brothers Four
「Ano Subarashii Ai o Moichido(あの素晴しい愛をもう一度)」
英語詞:R. Flick (English lyric of this version by R. Flick)
※「あの素晴しい愛をもう一度」は6:30から。
(音声と映像がちょっとずれている気がしますけど、見聞きするのに特段支障はありません。)


The Brothers Four Number Medley
「Green Fields」グリーンフィールズ
「Michael, Row The Boat Ashore」漕げよマイケル
「Ano Subarashii Ai o Moichido」あの素晴しい愛をもう一度






中丸三千繪 Michiè Nakamaru 
あの素晴しい愛をもう一度
Michiè Nakamaru (Japanese female opera singer) 
"Ano Subarashii Ai wo Moichido(あの素晴しい愛をもう一度)"


♪ How many times I wish you could come back once more ♪ ― おおっ、深刻度がぐいっと増している。



タグ:その他

2014年ベネチア国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品

● 公式サイト内での発表  71st Venice International Film Festival LINE-UP



2014年(第71回)ベネチア国際映画祭は2014年08月27日から09月06日まで開催される予定です。



● You-Tube ベネチア国際映画祭チャンネル(la Biennale di Venezia Channel)
  http://www.youtube.com/user/BiennaleChannel/


● ベネチア国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  la Biennale di Venezia (Venice Film Festival)

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第71回)ベネチア国際映画祭
各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品
(la Biennale di Venezia / Venice International Film Festival)



【コンペティション部門】 In Competition (Venezia 71)
野火 (のび)
英題:Fires On The Plain
監督  塚本晋也 Shin'ya Tsukamoto(Shinya Tsukamoto)
製作国 日本
原作  大岡昇平「野火」
出演  塚本晋也、中村達也、リリー・フランキー、
    Yusaku Mori、Yuko Nakamura、他
日本配給 海獣シアター
● 映画『野火』(2014年) 公式サイト http://nobi-movie.com/





【オリゾンティ部門】 Orrizonti (Horizons)
自由が丘8丁目 自由が丘で
英題:Hill of Freedom
監督  ホン・サンス(洪尚秀) Sangsoo Hong(Hong Sangsoo)
製作国 韓国
出演  加瀬亮、ムン・ソリ、チョン・ウンチェ、
    Younghwa Seo、Kim Euisung、他
日本配給 ビターズ・エンド





【コンペティション外 部門】 Out of Competition
Words with Gods  (オムニバス作品)
監督 ギジェルモ・アリアガ Guillermo Arriaga (segment "La Sangre de Dios")
   エクトール・バベンコ(ヘクトール・バベンコ)Hector Babenco (segment "The Man That Stole a Duck")
   アレックス・デ・ラ・イグレシア Álex de la Iglesia (segment "The Confession")
   バフマン・ゴバディ Bahman Ghobadi (segment "Kaboki")
   アモス・ギタイ Amos Gitai (segment "The Book of Amos")
   エミール・クストリッツァ Emir Kusturica (segment "Our Life")
   ミーラー・ナーイル Mira Nair (segment "God Room")
   中田秀夫 Hideo Nakata  (segment『四苦八苦』英題:Sufferings)
   ワーウィック・ソーントン Warwick Thornton  (segment "True Gods")
製作国 イタリア





【ベネチア・クラシックス】 Venice Classics
彼女だけが知っている (1960年)
英題:Only She Knows
監督  高橋治 Osamu Takahashi
製作国 日本
出演  笠智衆、水戸光子、小山明子、渡辺文雄、
    松本克平、三井 弘次、千之赫子、他


---------------------------------------------------------------------------------------

******************* 
2014ヴェネツィア国際映画祭
2014ヴェネチア国際映画祭
2014ベネツィア国際映画祭
*******************


2014年ベネチア国際映画祭:コンペティション外部門のラインナップ

2014年ベネチア国際映画祭 コンペティション外 部門のラインナップです。


● 公式サイト内での発表 71st Festival - Line-up - Out of Competition



2014年(第71回)ベネチア国際映画祭は2014年08月27日から09月06日まで開催される予定です。



● You-Tube ベネチア国際映画祭チャンネル(la Biennale di Venezia Channel)
  http://www.youtube.com/user/BiennaleChannel/


● ベネチア国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  la Biennale di Venezia (Venice Film Festival)

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第71回)ベネチア国際映画祭 コンペティション外部門 ラインナップ
(la Biennale di Venezia / Venice International Film Festival)
Out of Competition



Words with Gods (オムニバス作品)
監督 ギジェルモ・アリアガ Guillermo Arriaga (segment "La Sangre de Dios")
   エクトール・バベンコ(ヘクトール・バベンコ)Hector Babenco (segment "The Man That Stole a Duck")
   アレックス・デ・ラ・イグレシア Álex de la Iglesia (segment "The Confession")
   バフマン・ゴバディ Bahman Ghobadi (segment "Kaboki")
   アモス・ギタイ Amos Gitai (segment "The Book of Amos")
   エミール・クストリッツァ Emir Kusturica (segment "Our Life")
   ミーラー・ナーイル Mira Nair (segment "God Room")
   中田秀夫 Hideo Nakata (segment『四苦八苦』英題:Sufferings)
   ワーウィック・ソーントン Warwick Thornton  (segment "True Gods")
製作国 イタリア





シーズ・ファニー・ザット・ウェイ(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:She's Funny That Way
監督  ピーター・ボグダノヴィッチ Peter Bogdanovich
製作国 アメリカ
出演  オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、
    ジェニファー・アニストン、キャスリン・ハーン、
    リス・エヴァンス(リス・アイファンズ)、他





Dearest
原題:Qin Ai De Xiao Hai / 亲爱的
監督  ピーター・チャン(陳可辛) Peter Ho-Sun Chan(Peter Chan)
製作国 中国 / 香港
出演  ヴィッキー・チャオ(趙薇)、ホァン・ボー、
    トン・ダーウェイ、Hao Lei、Zhang Yi、他





Olive Kitteredge (TVミニシリーズ)
監督  リサ・チョロデンコ Lisa Cholodenko
製作国 アメリカ
出演  フランシス・マクドーマンド、ビル・マーレイ、
    リチャード・ジェンキンス、ゾーイ・カザン、
    ジョン・ギャラガー・Jr、他





Burying the Ex
監督  ジョー・ダンテ Joe Dante
製作国 アメリカ
出演  アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン、
    アレクサンドラ・ダダリオ、オリヴァー・クーパー、他





Perez.
監督  Edoardo De Angelis
製作国 イタリア
出演  ルカ・ジンガレッティ、マルコ・ダモーレ、
    Simona Tabasco、Giampaolo Fabrizio、
    マッシミリアーノ・ガッロ、他





La Zuppa Del Demonio (ドキュメンタリー作品)
監督  デヴィデ・フェラーリオ Davide Ferrario
製作国 イタリア





The Sound and the Fury
監督  ジェームズ・フランコ James Franco
製作国 アメリカ
出演  ジェームズ・フランコ、スコット・ヘイズ、
    ティム・ブレイク・ネルソン、ジョーイ・キング、
    アナ・オライリー、セス・ローゲン、
    ジョン・ハム、他





ツィリ(←2014年東京フィルメックスでの邦題)
原題:Tsili
監督  アモス・ギタイ Amos Gitai
製作国 イスラエル / ロシア / イタリア / フランス
出演  サラ・アドラー、Meshi Olinski、
    Lea Koenig、アダム・ツェフマン、
    Andrey Kashkar、他





The State-Mafia Pact (ドキュメンタリー作品)
原題:La Trattavita
監督  Sabina Guzzanti
製作国 イタリア
出演  Sabina Guzzanti、Enzo Lombardo、
    ニニ・ブランチェッタ、フィリッポ・ルナ、
    Franz Cantalupo、Claudio Castrogiovanni、他





黄金時代 (2014年ベネチア国際映画祭のクロージング上映作品)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
監督 アン・ホイ(許鞍華 / Ann Hui)
製作国 中国 / 香港
出演  タン・ウェイ(湯唯)、Feng Shaofeng、
    Zhu Yawen、ワン・チーウェン(王志文)、他





Make-Up Revivre
原題:Hwajang
監督  Kwontaek Im
製作国 韓国
出演  アン・ソンギ、キム・ホジョン、Kim Qyuri、他





The Humbling
監督  バリー・レヴィンソン Barry Levinson
製作国 アメリカ
出演  アル・パチーノ、グレタ・ガーウィグ、
    ニナ・アリアンダ、バリー・レヴィンソン、
    ダイアン・ウィースト、チャールズ・グローディン、他





The Old Man Of Belem
原題:O Velho do Restelo
監督  マノエル・デ・オリヴェイラ Manoel de Oliveira
製作国 ポルトガル / フランス
出演  ディオゴ・ドリア、ルイス・ミゲル・シントラ、
    リカルド・トレパ、マリオ・バロッソ、他





Italy in a Day (ドキュメンタリー作品)
原題:Italy in a Day. Un giorno da italiani
監督  ガブリエレ・サルヴァトレス Gabriele Salvatores
製作国 イタリア / イギリス





In The Basement (ドキュメンタリー作品)
原題:Im Keller
監督  ウルリヒ・ザイドル Ulrich Seidl
製作国 オーストリア





The Boxtrolls (CGアニメーション作品)
監督  グラハム・アナベル Graham Annable
    アンソニー・スタッチ Anthony Stacchi
製作国 アメリカ
声の出演 アイザック・ヘンプステッド=ライト、
     ベン・キングズレー、エル・ファニング、
     トニ・コレット、サイモン・ペグ、
     ニック・フロスト、トレイシー・モーガン、
     ラレイン・ニューマン、サム・ラヴァニーノ、
     ジャレッド・ハリス、リチャード・アイオアディ、他
北米配給 フォーカス・フィーチャーズ




ニンフォマニアック Vol.1(ディレクターズ・カット)
ニンフォマニアック Vol.2(ディレクターズ・カット)
英題|Nymphomaniac: Vol. I
   Nymphomaniac: Vol. II
監督  ラース・フォン・トリアー Lars von Trier      
製作国 デンマーク / ドイツ / フランス / ベルギー / イギリス 
出演  シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、
    ステイシー・マーティン、シャイア・ラブーフ、  
    クリスチャン・スレーター、ジェイミー・ベル、
    ユマ・サーマン、ウィレム・デフォー、
    ウド・キアー、ジャン=マルク・バール、他
日本配給 ブロードメディア・スタジオ


------------------------------------------------------------------------------------------

******************* 
2014ヴェネツィア国際映画祭
2014ヴェネチア国際映画祭
2014ベネツィア国際映画祭
*******************


2014年ベネチア国際映画祭:コンペティションのラインナップ

2014年ベネチア国際映画祭コンペティションのラインナップが発表されました。塚本晋也監督作『野火(のび)』がピックアップされています。


● 公式サイト内 71st Festival - Line-up - Venezia 71


2014年(第71回)ベネチア国際映画祭は2014年08月27日から09月06日まで開催される予定です。



◆メイン・コンペティション|審査員団◆
審査員長
アレクサンドル・デスプラ(アレクサンドル・デプラ) Alexandre Desplat
  (フランスの作曲家)

審査員
ジョアン・チェン(陳冲) Joan Chen
  (中国出身の女優 / 映画監督)

フィリップ・グレーニング Philip Gröning
  (ドイツの映画監督 / 脚本家)

ジェシカ・ハウスナー Jessica Hausner
  (オーストリアの映画監督 / 脚本家)

ジュンパ・ラヒリ Jhumpa Lahiri
  (インド系アメリカ人の小説家)

サンディ・パウエル Sandy Powell
  (イギリスの衣裳デザイナー)

ティム・ロス Tim Roth
  (イギリスの俳優 / 映画監督)

エリア・スレイマン Elia Suleiman
  (イスラエル出身の映画監督 / 俳優)

カルロ・ヴェルドーネ Carlo Verdone
  (イタリアの俳優 / 映画監督)



● You-Tube ベネチア国際映画祭チャンネル(la Biennale di Venezia Channel) 
 http://www.youtube.com/user/BiennaleChannel/


● ベネチア国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
 la Biennale di Venezia (Venice Film Festival)


------------------------------------------------------------------------------------------


2014年(第71回)ベネチア国際映画祭 コンペティション ラインナップ
(la Biennale di Venezia / Venice International Film Festival)
In Competition (Venezia 71)
(20作品) ※クロージング作品を除く



オープニング上映作品 Opening Film

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
(※ 本作もコンペティションに参加します。)
英題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
監督  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
製作国 アメリカ
脚本  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    ニコラス・ヒアコボーネ
    アルマンド・ボー
    アレクサンダー・ディネラリス・Jr
音楽  アントニオ・サンチェス
撮影  エマニュエル・ルベツキ
編集  ダグラス・クライズ
出演  マイケル・キートン、エマ・ストーン、
    エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、
    ザック・ガリフィアナキス、ナオミ・ワッツ、
    エイミー・ライアン、ベンジャミン・ケインズ、他
北米配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ



-----

消えた声が、その名を呼ぶ
英題/原題:The Cut
監督  ファティ・アキン Fatih Akin
製作国 ドイツ / フランス / イタリア / ロシア / カナダ / ポーランド / トルコ
出演  タハール・ラヒム、アキン・ガジ、
    シモン・アブカリアン、George Georgiou、他
※ 2014年カンヌ国際映画祭へ一旦出品したにも関わらず「個人的な理由」で取り下げた『The Cut』はベネチア国際映画祭へ。





さよなら、人類
別邦題:実存を省みる枝の上の鳩(←2014年東京国際映画祭時)
英題:A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence
原題:En duva satt på en gren och funderade på tillvaron
監督  ロイ・アンダーソン Roy Andersson
製作国 スウェーデン / ドイツ / ノルウェイ / フランス
出演  Holger Andersson、Nisse Vestblom





ドリーム ホーム 99%を操る男たち
英題:99 Homes
監督  ラミン・バーラニ Ramin Bahrani
製作国 アメリカ
出演  アンドリュー・ガーフィールド、マイケル・シャノン、
    ローラ・ダーン、ノア・ロマックス、他





Tales
原題:Ghesse-ha(Ghesseha)
監督  ラフシャーン・バニー・エッテマード Rakhshan Bani-Etemad
製作国 イラン
出演  Golab Adineh、ファラッド・アスラニ、
    Mohammadreza Forootan、Mehdi Hashemi、他





チャップリンからの贈りもの
英題:The Price of Fame
原題:La rançon de la gloire
監督  グザヴィエ・ボーヴォワ Xavier Beauvois
製作国 フランス / ベルギー / スイス
出演  ブノワ・ポールヴールド、ロシュディ・ゼム、
    セリ・グマシュ、キアラ・マストロヤンニ、
    ナディーン・ラバキー、他





ハングリー・ハーツ
英題:Hungry Hearts
監督  サヴェリオ・コスタンツォ Saverio Costanzo
製作国 イタリア
出演  アダム・ドライバー、アルバ・ロルヴァケル、
    ロバータ・マクスウェル、他





The Last Hammer Blow
原題:Le dernier coup de marteau
監督  アリックス・ドラポルト Alix Delaporte
製作国 フランス
出演  Romain Paul、Clotilde Hesme、
    Grégory Gadebois、Candela Peña、
    トリスタン・ウヨア、他





Pasolini
監督  アベル・フェラーラ Abel Ferrara
製作国 フランス / イタリア / ベルギー
出演  ウィレム・デフォー、リッカルド・スカマルチョ、
    ニネット・ダヴォリ、ヴァレリオ・マスタンドレア、
    マリア・デ・メディロス、アドリアーナ・アスティ、他





Manglehorn
監督  デヴィッド・ゴードン・グリーン David Gordon Green
製作国 アメリカ
出演  アル・パチーノ、ホリー・ハンター、
    ハーモニー・コリン、クリス・メッシーナ、他





ラブ・トライアングル 秘密
英題:Three Hearts(3 Hearts)
原題:Trois coeurs(3 Coeurs)
監督  ブノワ・ジャコー Benoît Jacquot
製作国 フランス
出演  ブノワ・ポールヴールド、シャルロット・ゲンズブール、
    キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、他





白夜と配達人(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:The Postman's White Nights
原題:Belye nochi pochtalona Alekseya Tryapitsyna
監督  アンドレイ・コンチャロフスキー Andrey Konchalovskiy
製作国 ロシア
出演  Aleksey Tryapitsyn、Irina Ermolova、
    Timur Bondarenko、他





レオパルディ(←イタリア映画祭2015での邦題)
英題:Leopardi
原題:Il giovane favoloso
監督  マリオ・マルトーネ Mario Martone
製作国 イタリア
出演  エリオ・ジェルマーノ、ミケーレ・リオンディーノ、
    マッシモ・ポポリツィオ、アナ・ムグラリス、
    Valerio Binasco、イザベラ・ラゴネーゼ、他





シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語
別邦題:闘犬シーヴァス(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
原題/英題:Sivas
監督 カアン・ミュジデジ Kaan Müjdeci
製作国 トルコ
出演  Dogan Izci、 Ezgi Ergin、
    ハサン・オズデミール、Furkan Uyar、他





黒の魂
別邦題:黒い魂(←イタリア映画祭2015での邦題)
英題:Black Souls
原題:Anime nere
監督  フランチェスコ・ムンツィ Francesco Munzi
製作国 イタリア / フランス
出演  マルコ・レオナルディ、ペピーノ・マッツォッタ、
    Fabrizio Ferracane、Anna Ferruzzo、
    バルボラ・ボブローヴァ、他





ドローン・オブ・ウォー
英題:Good Kill
監督  アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
製作国 アメリカ
出演  イーサン・ホーク、ブルース・グリーンウッド、
    ジャニュアリー・ジョーンズ、ゾーイ・クラヴィッツ、
    ジェイク・アベル、他





涙するまで、生きる
英題:Far From Men
原題:Loin des Hommes
監督  ダヴィド・オールホッフェン David Oelhoffen
製作国 フランス
出演  ヴィゴ・モーテンセン、レダ・カテブ、他





ルック・オブ・サイレンス(ドキュメンタリー作品)
英題:The Look of Silence
監督  ジョシュア・オッペンハイマー Joshua Oppenheimer
製作国 デンマーク / フィンランド / インドネシア / ノルウェイ / イギリス





野火(のび)
英題:Fires On The Plain
監督  塚本晋也 Shin'ya Tsukamoto(Shinya Tsukamoto)
製作国 日本
原作  大岡昇平「野火」
出演  塚本晋也、中村達也、リリー・フランキー、
    Yusaku Mori、Yuko Nakamura、他
日本配給  海獣シアター
● 映画『野火』(2014年) 公式サイト http://nobi-movie.com/





Red Amnesia
原題:Chuangru Zhe / 闖入者
監督  ワン・シャオシュアイ Wang Xiaoshuai(Xiaoshuai Wang)
製作国 中国
出演  Lü Zhong、フェン・ヤンチャン、
    Amanda Qin、チン・ハオ、
    Shi Liu、チン・ハイルー、他


-----

クロージング上映作品 Closing Film  (※ 本作は コンペティション外
黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
監督 アン・ホイ(許鞍華 / Ann Hui)
製作国 中国 / 香港
出演  タン・ウェイ(湯唯)、Feng Shaofeng、
    Zhu Yawen、ワン・チーウェン(王志文)、他
※ アン・ホイは今映画祭オリゾンティ部門の審査員長を務めます。


------------------------------------------------------------------------------------------

(2014/08/28 追記)

映画.com 2014年8月28日付け記事
第71回ベネチア国際映画祭開幕!イニャリトゥ監督初のコメディに高い評価
映画祭ディレクターのアルベルト・バルベラは会見で、今年のセレクションについて昨年の流れを受け商業性よりもクオリティを重視したことを強調した。「ミッションは、伝統的なやり方ながら中身を重視することによって映画監督をサポートすること。それが我々にとって大切であり、ベネチアの独自性を得る最良の方法だと思う」と語った。確かに今年のラインナップをみると、華やかさのあるスターの出演作よりも監督のネームバリューやテーマの面白さに着目したものが多い印象だ。

結構スターさん出演作がピックアップされてると思うけどなあ。アンドリュー・ガーフィールドとかアル・パチーノとかイーサン・ホークとかヴィゴ・モーテンセンとか。(アル・パチーノはもうスターじゃないの?) 精いっぱい頑張って、知名度のある俳優が出ているプレミア作品を集めた、という感じするけどなあ。ベネチアとしては『Birdman』が確保出来たのは幸いだったんじゃないの?(トロント国際映画祭は『Birdman』を獲得できなかった。さすがのトロント映画祭も今年は目玉作品をニューヨーク映画祭へ持っていかれてしまい、いくつも取り逃がしている。) 監督のネームバリューで選んでいるのはカンヌだって同じこと。 /どこの映画祭も状況は厳しくなっている感じがする。目玉プレミア作品の奪い合いもさることながら、そもそも各地の映画祭が争奪戦をすることになるほどの目玉作品自体がそんなに無い(特に、秋シーズンは。)ってこともあるかも。

------------------------------------------------------------------------------------------

******************* 
2014ヴェネツィア国際映画祭
2014ヴェネチア国際映画祭
2014ベネツィア国際映画祭
*******************


2014年トロント国際映画祭:ラインナップ発表 (スペシャル・プレゼンテーション部門)(英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品)

2014年トロント国際映画祭 スペシャル・プレゼンテーション部門のラインナップです。


【参照】
● indieWIRE
Toronto International Film Festival Reveals First Slate of Titles: New Noah Baumbach and Jason Reitman Films Make Cut


● トロント国際映画祭公式サイト内の発表 (スペシャル・プレゼンテーション部門)
http://www.tiff.net/festivals/thefestival/programmes/specialpresentations





トロント国際映画祭は審査員が居て賞を決めるというコンペティション(競争)形式ではありません。 一応、『観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)』が同映画祭の最高賞とみなされています。【News!!】(2015/07/18 記) トロント国際映画祭は2015年度よりコンペティションを行う部門を創設することになったそうです。コンペを行うのは「Platform(プラットフォーム)」という名称の部門で、作家性の強い映画/アート・シネマのコンペになる模様。 【参照】tiff.(トロント国際映画祭)2015年5月21日付け Platform programme to shine spotlight on artistically ambitious international films( ttp://tiff.net/whats-on/news-events/platform-festival )



なお、観客賞には
 ●「ドキュメンタリー作品に対する観客賞」
 ●「ミッドナイト・マッドネス部門へエントリーされた作品に対する観客賞」
 ●(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)
  「(長編作品に対する)観客賞」
の3種があり、通常、トロント国際映画祭の最高賞とみなされるのは(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)「(長編作品に対する)観客賞」になります。


 
2014年(第39回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は、(現地日付で)2014年9月04日から9月14日まで開催される予定です。




● トロント国際映画祭 (Tiff.'14) 公式サイト
  http://tiff.net/thefestival

● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'14) チャンネル
  http://www.youtube.com/user/tiff/featured

● You-Tube トロント国際映画祭出品作トレーラー一覧
http://www.youtube.com/playlist?list=PLPJzOOpIAFE_uhlMUXeyViO2LGPJHmViZ


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第39回) トロント国際映画祭 ラインナップ
Toronto International Film Festival

間違いや記載漏れがあるかもしれません。
詳しくは、上記リンクのトロント国際映画祭公式サイトをご覧ください。



【スペシャル・プレゼンテーション部門】 Special Presentations
(2014/08/19現在 71作品)

(英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品) 29作品

青文字の作品は追加エントリー作品です。



ドリーム ホーム 99%を操る男たち
英題:99 Homes
監督  ラミン・バーラニ Ramin Bahrani
製作国 アメリカ




クライム・スピード
英題:American Heist
監督  サリク・アンドレアシアン Sarik Andreasyan
製作国 アメリカ




Before We Go
監督  クリス・エヴァンス Chris Evans
製作国 アメリカ



Beyond the Lights
監督  ジーナ・プリンス=バイスウッド Gina Prince-Bythewood
製作国 アメリカ




Breakup Buddies
監督  ニン・ハオ(甯浩) Ning Hao
製作国 中国




Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~
英題:Cake
監督  ダニエル・バーンズ Daniel Barnz
製作国 アメリカ




妻への家路
英題:Coming Home
原題:帰来 / 歸來 / Gui Lai
監督  チャン・イーモウ Zhang Yimou
製作国 中国




アクトレス 女たちの舞台
英題:Clouds of Sils Maria
仏題:Sils Maria
監督  オリヴィエ・アサイヤス Olivier Assayas
製作国 フランス / スイス / ドイツ




靴職人と魔法のミシン
英題:The Cobbler
監督  トーマス・マッカーシー Thomas McCarthy
製作国 アメリカ




ザ・ラスト・ウォーリアー
英題:The Dead Lands
別題:Hautoa
監督  トア・フレイザー Toa Fraser
製作国 ニュージーランド / イギリス




最愛の子
英題:Dearest
原題:親愛的 / Qin Ai De Xiao Hai
監督  ピーター・チャン(陳可辛) Peter Ho-Sun Chan(Peter Chan)
製作国 中国 / 香港




Don't Go Breaking My Heart 2
原題:Dan Shen Nan Nv 2 / 単身男女 2
監督  ジョニー・トー Johnnie To
製作国 




クライム・ヒート
英題:The Drop
監督  ミヒャエル・R・ロスカム Michael R. Roskam
製作国 アメリカ




EDEN エデン
原題/英題:Eden
監督  ミア・ハンセン=ラヴ Mia Hansen-Løve (Mia Hansen-Love)
製作国 フランス




エレファント・ソング
英題:The Elephant Song
監督  チャールズ・ビナメ Charles Binane
製作国 カナダ




昼下がりの背徳
英題:An Eye for Beauty
仏題:Le règne de la beauté
監督  ドゥニ・アルカン Denys Arcand
製作国 カナダ




涙するまで、生きる
英題:Far From Men
原題:Loin des Hommes
監督  ダヴィッド・オールホッフェン David Oelhoffen
製作国 フランス




フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト (←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督  リューベン・オストルンド Ruben Ostlund(Ruben Östlund)
製作国 スウェーデン / ノルウェイ / デンマーク / フランス




The Gate
原題:Le temps des aveux
監督  レジス・ヴァルニエ Règis Wargnier
製作国 フランス / カンボジア




ボヴァリー夫人とパン屋
英題:Gemma Bovery
監督  アンヌ・フォンテーヌ Anne Fontaine
製作国 フランス




Gentlemen
監督  ミカエル・マーシメイン Mikael Marcimain
製作国 スウェーデン




Gomorrah(連続TVドラマシリーズ『Gomorrah』の第一話め&第二話め)
(※ マッテオ・ガローネ監督作 2008年『ゴモラ』のTVドラマ版)
監督  ステファノ・ソッリマ Stefano Sollima
製作国 イタリア




ドローン・オブ・ウォー
英題:Good Kill
監督  アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
製作国 アメリカ




グッド・ライ いちばん優しい嘘
英題:The Good Lie
監督  フィリップ・ファラルドー Philippe Falardeau
製作国 アメリカ




しあわせはどこにある
英題:Hector and the Search for Happiness
独題:Hectors Reise oder die Suche nach dem Glück
監督  ピーター・チェルソム Peter Chelsom
製作国 ドイツ / カナダ / イギリス / 南アフリカ




Human Highway (1982年)(ディレクターズ・カット版)
監督  バーナード・シェイキー Bernard Shakey
    ディーン・ストックウェル Dean Stockwell
    ニール・ヤング Neil Young
製作国 アメリカ




The Humbling
監督  バリー・レヴィンソン Barry Levinson
製作国 アメリカ




ハングリー・ハーツ
英題:Hungry Hearts
監督  サヴェリオ・コスタンツォ Saverio Costanzo
製作国 イタリア




イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game
監督  モルテン・ティルドゥム Morten Tyldum
製作国 イギリス / アメリカ




2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字がJ~Zの作品) へつづく

--------------------------------------------------------------------------------------


● 2014年トロント国際映画祭:ガラ・プレゼンテーション部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字がJ~Zの作品) ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:マスターズ部門 ラインナップ こちら


● 2013年トロント国際映画祭:ミッドナイト・マッドネス部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品 こちら



2014年トロント国際映画祭:ラインナップ発表 (スペシャル・プレゼンテーション部門)(英題または原題の頭文字がJ~Zの作品)

2014年トロント国際映画祭 スペシャル・プレゼンテーション部門のラインナップです。


【参照】
● indieWIRE
Toronto International Film Festival Reveals First Slate of Titles: New Noah Baumbach and Jason Reitman Films Make Cut


● トロント国際映画祭公式サイト内の発表 (スペシャル・プレゼンテーション部門)
http://www.tiff.net/festivals/thefestival/programmes/specialpresentations




トロント国際映画祭は審査員が居て賞を決めるというコンペティション(競争)形式ではありません。 一応、『観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)』が同映画祭の最高賞とみなされています。【News!!】(2015/07/18 記) トロント国際映画祭は2015年度よりコンペティションを行う部門を創設することになったそうです。コンペを行うのは「Platform(プラットフォーム)」という名称の部門で、作家性の強い映画/アート・シネマのコンペになる模様。 【参照】tiff.(トロント国際映画祭)2015年5月21日付け Platform programme to shine spotlight on artistically ambitious international films( ttp://tiff.net/whats-on/news-events/platform-festival )



なお、観客賞には
 ●「ドキュメンタリー作品に対する観客賞」
 ●「ミッドナイト・マッドネス部門へエントリーされた作品に対する観客賞」
 ●(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)
  「(長編作品に対する)観客賞」
の3種があり、通常、トロント国際映画祭の最高賞とみなされるのは(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)「(長編作品に対する)観客賞」になります。


 
2014年(第39回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は、(現地日付で)2014年9月04日から9月14日まで開催される予定です。




● トロント国際映画祭 (Tiff.'14) 公式サイト
  http://tiff.net/thefestival

● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'14) チャンネル
  http://www.youtube.com/user/tiff/featured

● You-Tube トロント国際映画祭出品作トレーラー一覧
http://www.youtube.com/playlist?list=PLPJzOOpIAFE_uhlMUXeyViO2LGPJHmViZ


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第39回) トロント国際映画祭 ラインナップ
Toronto International Film Festival

間違いや記載漏れがあるかもしれません。
詳しくは、上記リンクのトロント国際映画祭公式サイトをご覧ください。




【スペシャル・プレゼンテーション部門】 Special Presentations
(2014/08/19現在 71作品)

(英題または原題の頭文字がJ~Zの作品) 42作品

青文字の作品は追加エントリー作品です。

2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品) のつづき




預言者
英題:Kahlil Gibran's The Prophet
別英題:The Prophet
監督  ロジャー・アラーズ Roger Allers
    ゲイトン・ブリッツィ Gaëtan Brizzi
    ポール・ブリッツィ Paul Brizzi
    ジョアン・C・グラッツ Joan C. Gratz
    モハメッド・サイード・ハリブ Mohammed Saeed Harib
    トム・ムーア Tomm Moore
    ニーナ・ペイリー Nina Paley
    ビル・プリントン Bill Plympton
    ジョアン・スファール Joann Sfar
    Michal Socha
製作国 カナダ / フランス / レバノン / カタール / アメリカ




キーピング・ルーム
英題:The Keeping Room
監督  ダニエル・バーバー Daniel Barber
製作国 アメリカ




ラスト5イヤーズ
英題:The Last Five Years(The Last 5 Years)
監督  リチャード・ラグラヴェネーズ Richard LaGravenese
製作国 アメリカ




しあわせへのまわり道
英題:Learning to Drive
監督  イザベル・コイシェ Isabel Coixet
製作国 アメリカ




ラブ&マーシー 終わらないメロディー
英題:Love & Mercy
監督  ビル・ポーラッド Bill Pohlad
製作国 アメリカ




ボヴァリー夫人
英題:Madame Bovary
監督  ソフィー・バルテス Sophie Barthes
製作国 アメリカ




マギー
英題:Maggie
監督  ヘンリー・ホブソン Henry Hobson
製作国 アメリカ




Manglehorn
監督  デヴィッド・ゴードン・グリーン David Gordon Green
製作国 アメリカ




Mary Kom
監督  Omung Kumar
製作国 インド




ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界
英題:Men, Women and Children(Men, Women & Children)
監督  ジェイソン・ライトマン Jason Reitman
製作国 アメリカ




Miss Julie
監督  リヴ・ウルマン Liv Ullmann
製作国 ノルウェイ / イギリス / アイルランド




Mommy/マミー
英題:Mommy
監督  グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
製作国 カナダ / フランス




ターナー、光に愛を求めて
英題:Mr. Turner
監督  マイク・リー Mike Leigh
製作国 イギリス




パリ3区の遺産相続人
英題:My Old Lady
監督  イスラエル・ホロヴィッツ Israel Horovitz
製作国 アメリカ




Ned Rifle
監督  ハル・ハートリー Hal Hartley
製作国 アメリカ




ナイトクローラー
英題:Nightcrawler
監督  ダン・ギルロイ Dan Gilroy
製作国 アメリカ




October Gale
監督  ルバ・ナッダ Ruba Nadda
製作国 カナダ




Pasolini
監督  アベル・フェラーラ Abel Ferrara
製作国 フランス / イタリア / ベルギー




あの日のように抱きしめて
英題:Phoenix
監督  クリスティアン・ペツォールト Christian Petzold
製作国 ドイツ




Preggoland
監督  ジェイコブ・ティアニー Jacob Tierney
製作国 カナダ




パレードへようこそ
英題:Pride
監督  マシュー・ウォーカス Matthew Warchus
製作国 イギリス




The Reach
監督  ジャン=バティスト・レオネッティ Jean-Baptiste Leonetti
製作国 アメリカ




Red Amnesia
原題:Chuangru Zhe
監督  ワン・シャオシュアイ Wang Xiaoshuai(Xiaoshuai Wang)
製作国 中国




Return to Ithaca
監督  ローラン・カンテ Laurent Cantet
製作国 フランス




リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン
英題:Revenge of the Green Dragons
監督  アンドリュー・ロー(盧弘軒) Andrew Loo
    アンドリュー・ラウ(劉偉強) Wai-keung Lau
製作国 アメリカ




Roger Waters The Wall
監督 ショーン・エヴァンス Sean Evans
   ロジャー・ウォーターズ Roger Waters
製作国 イギリス




Rosewater
監督  ジョン・スチュワート Jon Stewart
製作国 アメリカ




あの日の声を探して
英題:The Search
監督  ミシェル・アザナヴィシウス Michel Hazanavicius
製作国 フランス / グルジア




真夜中のゆりかご
英題:A Second Chance
原題:En chance til
監督  スサンネ・ビア Susanne Bier
製作国 デンマーク




Shelter
監督  ポール・ベタニー Paul Bettany
製作国 アメリカ




The Sound and the Fury
監督 ジェームズ・フランコ James Franco
製作国 アメリカ




ヴィンセントが教えてくれたこと
英題:St. Vincent
監督 セオドア・メルフィ Theodore Melfi
製作国 アメリカ




アリスのままで
英題:Still Alice
監督  リチャード・グラツァー Richard Glatzer
    ワッシュ・ウェストモーランド(ワッシュ・ウェストモアランド) Wash Westmoreland
製作国 アメリカ




博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything
監督  ジェームズ・マーシュ James Marsh
製作国 イギリス / アメリカ




ラブ・トライアングル 秘密
英題:Three Hearts(3 Hearts)
原題:3 Coeurs(Trois coeurs)
監督  ブノワ・ジャコー Benoît Jacquot
製作国 フランス




ロスト・イン・マンハッタン
英題:Time Out of Mind
監督  オーレン・ムーヴァーマン Oren Moverman
製作国 アメリカ




トップ・ファイブ
英題:Top Five
監督  クリス・ロック Chris Rock
製作国 アメリカ




サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit
監督  ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
    リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne
製作国 ベルギー / フランス / イタリア




Welcome to Me
監督  シーラ・ピヴェン Shira Piven
製作国 アメリカ




ヤング・アダルト・ニューヨーク
英題:While We're Young
監督  ノア・バームバック Noah Baumbach
製作国 アメリカ




セッション
英題:Whiplash
監督  デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
製作国 アメリカ




人生スイッチ
英題:Wild Tales
原題:Relatos salvajes
監督  ダミアン・ジフロン Damian Szifron(Damián Szifron) 
製作国 アルゼンチン / スペイン


--------------------------------------------------------------------------------------


● 2014年トロント国際映画祭:ガラ・プレゼンテーション部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:スペシャル・プレゼンテーション部門 (英題または原題の頭文字が数字&A~Iの作品) ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:マスターズ部門 ラインナップ こちら


● 2013年トロント国際映画祭:ミッドナイト・マッドネス部門 ラインナップ こちら


● 2014年トロント国際映画祭:各部門へピックアップされた日本映画&日本関連作品 こちら