So-net無料ブログ作成

2014アカデミー賞外国語映画賞:エクアドルからの出品作が決定

エクアドル代表作は2014年グアダラハラ国際映画祭のイベロアメリカ長編映画部門へ選出されスペシャル・メンションを受賞した Tito Molina 監督作『Silence in Dreamland(英題)』に決まりました。



エクアドルからの出品作
Silence in Dreamland(2013年)
原題|Silencio en la tierra de los sueños
監督|Tito Molina


IMDb|Silencio en la tierra de los sueños
http://www.imdb.com/title/tt4097678/



●2014年(第29回)グアダラハラ国際映画祭(The Guadalajara International Film Festival / 開催国:メキシコ / 2014年9月30日から10月01日まで開催)公式サイト内での作品紹介ページ
Silence in Dreamland(Silencio en la tierra de los sueños)
<イベロアメリカ長編映画部門 エントリー>
https://www.ficg.mx/29/index.php/es/lif-ficg/1373-silencio-en-la-tierra-de-los-suenos




Silencio en la tierra de los sueños (Silence in Dreamland) - Trailer


とにかく「このワンコはおばあちゃんの事が大好き」ってことだけは把握できる動画。とても綺麗な映像(撮影監督も Tito Molina 監督自身だそうで。)……だけど(本編のランタイムはどのくらいなのか分かりませんが)この調子で1時間半~2時間(さらにもっと)だったら確実に鑑賞中に寝るな(笑)。

(2016/08/23 追記) ランタイムは94分。




共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:イギリスからの出品作が決定

イギリス代表作はイギリスとトルコの共同製作映画でトルコ語を使用している作品『Little Happiness(英題)』に決まりました。



イギリスからの出品作
Little Happiness(トルコ語使用映画)
トルコ語題|Uzun Yol
監督|Nihat Seven
製作国|イギリス / トルコ


IMDb|Uzun Yol
http://www.imdb.com/title/tt2717162/




Uzun Yol - Trailer


無事に出品受理されるといいですね。(2国の共同製作だし、出資比率やスタッフの出身等で出品規則に抵触し不受理になるケースも……。)

(2014/10/10 追記) イギリス代表作として受理されました。




共通テーマ:映画

2014年サン・セバスティアン国際映画祭:観客賞 結果 (順位&評価スコア)

サン・セバスティアン国際映画祭の観客賞はこの映画祭に来場した観客の投票によって決定されます。観客賞の投票対象はパールズ部門にエントリーされた作品です。パールズ部門は、他の国際映画祭で賞を受賞したり批評家に賞賛された作品で且つスペイン国内で劇場未公開の作品が選出されます。

サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞には2種あり、 Audience Award for Best Film (観客賞:投票の第一位作品)と Audience Award for Best European Film (観客賞:ヨーロッパ映画の中で第一位の作品)があります。 また、観客賞受賞作品には賞金も出ます。(ただし、賞金は受賞作をスペインで配給する配給会社が受け取ります。)



● 2014年サン・セバスティアン国際映画祭:観客賞 Audience Award
http://www.sansebastianfestival.com/2014/awards_and_jury_members/1/4120/in



2014年(第62回)サン・セバスティアン国際映画祭(サン・セバスチャン国際映画祭/The San Sebastian International Film Festival/スペイン)は、2014年09月19日(金)から09月27日(土)まででした。


● サン・セバスティアン国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  The San Sebastian International Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第62回)サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞:順位(評価スコア)
(The San Sebastian International Film Festival - Audience Award for the Pearls Section)



第1位(= 観客賞 受賞)  スコア|9.01
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター (ドキュメンタリー作品)
英題:The Salt of the Earth
監督  ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
    ジュリアーノ・リベイロ・サルガド Juliano Ribeiro Salgado
製作国 フランス / イタリア / ブラジル



第2位(=パールズ部門エントリーのヨーロッパ映画が対象の観客賞 受賞) スコア|8.59
人生スイッチ
英題:Wild Tales
原題 Relatos salvajes
監督 ダミアン・ジフロン Damian Szifron
製作国 アルゼンチン / スペイン



3位  スコア|8.37
雪の轍(わだち)
英題:Winter Sleep
原題:Kis Uykusu
監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン Nuri Bilge Ceylan
製作国 トルコ



4位  スコア|8.23
セザール・チャベス(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
英題/原題:Cesar Chavez(César Chávez)
監督  ディエゴ・ルナ Diego Luna
製作国 アメリカ / メキシコ



5位  スコア|8.15
Love is Strange
監督 アイラ・サックス Ira Sachs
製作国 アメリカ / フランス



6位  スコア|8.09
かぐや姫の物語
英題:The Tale of Princess Kaguya
監督 高畑勲 Isao Takahata
製作国 日本



7位  スコア|7.87
Difret
監督 Zeresenay Berhane Mehari(Zeresenay Mehari)
製作国 エチオピア / アメリカ



8位  スコア|7.83
Mommy
監督 グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
製作国 カナダ



9位  スコア|7.82
ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース (ドキュメンタリー作品)
英題:20,000 Days on Earth
監督 イアン・フォーサイス Iain Forsyth
   ジェーン・ポラード Jane Pollard
製作国 イギリス



10位  スコア|7.68
Gett: The Trial of Viviane Amsalem
原題|Gett
仏題|Gett: Le procès de Viviane Amsalem
監督:ロニ・エルカベッツ Ronit Elkabetz(Ronit Elbaketz)
   シュロミ・エルカベッツ Shlomi Elkabetz(Shlomi Elbaketz)
製作国 イスラエル / フランス / ドイツ



11位  スコア|7.63
Escobar: Paradise Lost
監督 アンドレア・ディ・ステファノ Andrea Di Stefano
製作国 フランス / スペイン / ベルギー



12位  スコア|7.53
Return to Ithaca
原題 Retour à Ithaque
監督 ローラン・カンテ Laurent Cantet
製作国 フランス



13位  スコア|7.35
Girlhood
原題 Bande de filles
監督 セリーヌ・シアマ Céline Sciamma
製作国 フランス



14位  スコア|7.14
2つ目の窓
英題:Still the Water
監督 河瀬直美 Naomi Kawase
製作国 日本



15位  スコア|6.60
ラブストーリーズ コナーの涙
ラブストーリーズ エリナーの愛情
英題:The Disappearance of Eleanor Rigby: Him and Her
監督 ネッド・ベンソン Ned Benson
製作国 アメリカ



16位  スコア|6.57
The Blue Room
原題 La chambre bleue
監督 マチュー・アマルリック Mathieu Amalric
製作国 フランス



17位  スコア|6.09
Pasolini
監督 アベル・フェラーラ Abel Ferrara
製作国 フランス / イタリア / ベルギー



18位  スコア|5.90
ザ・トライブ
英題 The Tribe
原題 Plemya
監督 ミロスラヴ・スラボシュピツキー Myroslav Slaboshpytskiy
製作国:ウクライナ



19位  スコア|5.76
Catch Me Daddy
監督 ダニエル・ウルフ Daniel Wolfe 
製作国 イギリス



20位  スコア|4.43
薄氷の殺人
英題 Black Coal, Thin Ice
原題 白日焰火 / Bai Ri Yan Huo
監督 ティアオ・イーナン(勺奕男) Yi'nan Diao(Diao Yi Nan)
製作国 中国


-----------------------------------------------------------------------------------------

共同製作作品もどんどん増えていて Audience Award for Best European Film という設定自体「なにをもってしてヨーロッパ映画とするのか?」という問題も出てくるので、観客賞授与の対象や賞の呼称は見直しの時期が来ているのかもしれない。今年の一位作品も二位作品もヨーロッパ映画と言えばそう言えるし南米映画と言えばこれまたそう言えるし、その区分けはびビミョーなんじゃないの?

2014年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作『薄氷の殺人』は最下位。『The Disappearance of Eleanor Rigby』なんかも indiewire あたりでは何度も記事で取り上げられていたけれど、サン・セバスティアンのお客さんにはあんまりピンとこなかった模様。カンヌ国際映画祭「批評家週間」大賞受賞のウクライナ映画『The Tribe』もカンヌではだいぶん評判を呼んだようですが、一般の映画ファンにはそれほどウケない作品なのかなあ。作品のビデオクリップなどを見ると面白そうに思えるのですが……何かが先鋭的過ぎてたりするのかなあ。

『Wild Tales』(原題:Relatos salvajes)はカンヌでは受賞できなかったけれど評判は悪くなかったし(TheWrap のカンヌ総括記事の中に「ダミアン・ジフロン(Damian Szifron)という監督の名は覚えておかなければいけない」という記述もあった)、やっぱり面白いんだね。カンヌ映画祭の時に出た予告編がすごく良かった。

……という具合に、映画祭の観客賞というのは非常に興味深いものであって、どの映画祭であっても「受賞作が何なのか?」は気になるところです。



タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画

2014年サン・セバスティアン国際映画祭 受賞結果発表

2014年(第62回)サン・セバスティアン国際映画祭の受賞結果が発表になりました。

2014年(第62回)サン・セバスティアン国際映画祭(サン・セバスチャン国際映画祭/The San Sebastian International Film Festival/スペイン)は、2014年09月19日(金)から09月27日(土)まででした。




◆審査員団|オフィシャル・セレクション◆
審査員長
  フェルナンド・ボバイラ Fernando Bovaira
  (スペインのプロデューサー) 

審査員
  ヴラド・イヴァノフ Vlad Ivanov
    (ルーマニアの男優)
  エリック・クー Eric Khoo
    (シンガポールの映画監督)
  ナスターシャ・キンスキー Nastassja Kinski
    (旧西ドイツ出身の女優)
  マリアナ・ロンドン Mariana Rondón
    (ベネズエラの映画監督)
  マルジャン・サトラピ Marjane Satrapi
    (イラン出身のフランスの漫画家 / イラストレーター / 映画監督)
  ラインホルト・フォルシュナイダー Reinhold Vorschneider
    (ドイツの撮影監督)
  オレグ・センツォフ Oleg Sentsov (Honorary Jury) ※ 名誉審査員
    (ウクライナの映画監督)



審査員団が(オフィシャル・セレクション内で)受賞を決定する部門は以下のとおり。
 ・ゴールデン・シェル(作品賞)
 ・シルバー・シェル(監督賞)
 ・シルバー・シェル(女優賞)
 ・シルバー・シェル(男優賞)
 ・審査員賞(撮影賞)
 ・審査員賞(脚本賞)
さらに、相応の理由があれば審査員特別賞も授与できる。


● サン・セバスティアン国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  The San Sebastian International Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年(第62回)サン・セバスティアン国際映画祭 受賞結果
(The San Sebastian International Film Festival)


ゴールデン・シェル(作品賞) Golden Shell for The Best Film
※ 賞はプロデューサーに対して贈られる。
マジカル・ガール
英題:Magical Girl
監督 カルロス・ベルムト Carlos Vermut
製作国 スペイン
製作 Amadeo Hernández Bueno ... producer
   Alvaro Portanet Hernández ... producer
   José Sámano ... associate producer
   Pedro Hernández Santos ... executive producer
※ 2014年トロント国際映画祭 ディスカバリー部門エントリー作品。



審査員特別賞 Special Jury Prize
ワイルド・ライフ(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Wild Life
原題 Vie sauvage
監督 セドリック・カーン Cédric Kahn
製作国 フランス



シルバー・シェル(監督賞) Silver Shell for the best director
カルロス・ベルムト Carlos Vermut
  作品 マジカル・ガール
  英題:Magical Girl
  製作国 スペイン



シルバー・シェル(女優賞) Silver Shell for the best actress
パプリカ・ステーン Paprika Steen
  作品 Silent Heart
  原題 Stille hjerte
  監督 ビレ・アウグスト Bille August
  製作国 デンマーク



シルバー・シェル(男優賞) Silver Shell for the best actor
ハビエル・グティエレス Javier Gutiérrez
  作品 マーシュランド
  英題 Marshland
  原題 La isla mínima
  監督 アルベルト・ロドリゲス Alberto Rodríguez
  製作国 スペイン



審査員賞(撮影賞) Jury Prize for the best cinematography
撮影 アレックス・カタラン Alex Catalán
  作品 マーシュランド
  英題 Marshland
  原題 La isla mínima
  監督 アルベルト・ロドリゲス Alberto Rodríguez
  製作国 スペイン



審査員賞(脚本賞) Jury Prize for the best screenplay
脚本 デニス・ルヘイン Dennis Lehane
  作品 The Drop
  監督 ミヒャエル・R・ロスカム Michaël R. Roskam
  製作国 アメリカ
※(劇場用映画における)ジェームズ・ガンドルフィーニの遺作。


------------------------------------------------------------------------------------------

新人監督賞 New Directors Award
ザ・レッスン/授業の代償(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:The Lesson
原題 Urok
監督 クリスティナ・グロゼヴァ Kristina Grozeva
   ペタル・ヴァルチャノフ Petar Valchanov
製作国 ブルガリア / ギリシャ
※ 2014年トロント国際映画祭 コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門エントリー作品。



新人監督賞|スペシャル・メンション Special Mention
Modris
監督 Juris Kursietis
製作国 ラトビア / ギリシャ / ドイツ
※ 2014年トロント国際映画祭 コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門エントリー作品。



------------------------------------------------------------------------------------------

オリゾンテ賞 Horizontes Award for the best film in the Horizontes Latinos section
オリゾンテ・ラテーノス部門出品作のうちで最優秀の作品を表彰。
Güeros
監督 Alonso Ruiz Palacios(Alonso Ruizpalacios)
製作国 メキシコ



オリゾンテ賞|スペシャル・メンション Special Mention ※ 2作品のタイ受賞
● Natural Sciences
原題 Ciencias naturales (2014年ベルリン国際映画祭時のタイトル:Naturkunde)
監督 Matías Lucchesi
製作国 アルゼンチン / フランス


● Gente de bien
監督 Franco Lolli
製作国 コロンビア / フランス


------------------------------------------------------------------------------------------


バスク映画賞 Basque Film Award
ワールド・プレミアとなるバスク映画(注:バスク自治州・・・スペインの自治州の一つ)に与えられる。エントリー部門は不問。作品全体の少なくとも20%がバスクでの製作ならばOK。未公開作品でも前記の条件を満たせば受賞可。

Negotiator
原題 Negociador
監督 Borja Cobeaga
製作国 スペイン



------------------------------------------------------------------------------------------

TVE アナザー・ルック賞 TVE Another Look Award 
〔TVE はスポンサー名/TVE …… スペインの国営TV局〕
"女性" に関した作品が対象。受賞作はTV放映される権利を得る。
Girlhood
原題 Bande de filles
監督 Céline Sciamma
製作国 フランス



TVE アナザー・ルック賞|スペシャル・メンション Special Mention
Gett: The Trial of Viviane Amsalem
原題:Gett
仏題:Gett: Le procès de Viviane Amsalem
監督|ロニ・エルカベッツ Ronit Elkabetz(Ronit Elbaketz)
   シュロミ・エルカベッツ Shlomi Elkabetz(Shlomi Elbaketz)
製作国 イスラエル / フランス / ドイツ
※ 2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞イスラエル代表作。


------------------------------------------------------------------------------------------


【併設賞】 Other awards of the 62nd edition


観客賞(パールズ部門エントリー作品が対象)  Audience Award for Best Film
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター(ドキュメンタリー作品)
英題:The Salt of the Earth
監督  ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
    ジュリアーノ・リベイロ・サルガド Juliano Ribeiro Salgado
製作国 フランス / イタリア / ブラジル
※ 2014年カンヌ国際映画祭:ある視点 特別賞 受賞作。



観客賞(パールズ部門エントリーのヨーロッパ映画が対象)
Audience Award for Best European Film

人生スイッチ
英題:Wild Tales
原題 Relatos salvajes     
監督 ダミアン・ジフロン Damian Szifron
製作国 アルゼンチン / スペイン
※ 2014年カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 エントリー作品。


※ 観客賞 評価スコア一覧
http://www.sansebastianfestival.com/2014/awards_and_jury_members/1/4120/in





ユース・アワード Youth Award by Desigual
一般の学校と映画学校の学生から抽選で選ばれた200名の審査員の投票により決定。新人監督作品、そしてオリゾンテ・ラテーノス部門にエントリーされている映画のうち第一回監督作品&第二回監督作品が審査対象作品となり、選ばれた200名の審査員は対象となる作品すべてを見ることに同意した上で投票。

Güeros
監督 Alonso Ruiz Palacios(Alonso Ruizpalacios)
製作国 メキシコ





東京ごはん映画祭賞(キュリナリー・シネマ部門|最優秀作品賞)
Tokyo Gohan Film Festival Award ※ 本年度、新設。
2014年度よりサン・セバスティアン国際映画祭と東京ごはん映画祭がオフィシャル・パートナーとなることが決定し、両映画祭の協力でサン・セバスティアン国際映画祭「キュリナリー・シネマ部門」の「最優秀作品賞(TOKYO GOHAN AWARD)」に賞金1万ユーロが授与。また本賞の審査員には、東京ごはん映画祭のディレクターらが参加。10月の東京ごはん映画祭にて受賞作品をアジア最速プレミア上映。第5回東京ごはん映画祭公式サイトの説明文より抜粋)

Finding Gastón
原題 Buscando a Gastón
監督 Patricia Perez(Julia Patricia Perez)
製作国 パルー / アメリカ





サン・セバスティアン国際映画祭:国際映画批評家連盟賞 FIPRESCI Award
あの日のように抱きしめて
英題:Phoenix
監督 クリスティアン・ペツォールト Christian Petzold
製作国 ドイツ





Feroz Zinemaldia Award
the Feroz Zinemaldia Award to the best film in the official selection ※ 本年度、新設。
The Asociación de Informadores Cinematográficos de España に所属する映画ジャーナリスト達(映画批評家を含む)による投票で決定。The Asociación de Informadores Cinematográficos de España に所属する映画ジャーナリストは170名を超えるとのこと。

マーシュランド
英題 Marshland
原題 La isla mínima
監督 アルベルト・ロドリゲス Alberto Rodríguez
製作国 スペイン





SIGNIS Award
SIGNIS …… 正式名称は World Catholic Association for Communication(カトリックメディア協議会)
真夜中のゆりかご
英題:A Second Chance
原題 En chance til
監督 スザンネ・ビア Susanne Bier
製作国 デンマーク / スウェーデン


SIGNIS Award スペシャル・メンション Special Mention
フラワーズ(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Flowers
原題:Loreak
監督 ジョン・ガラニョ Jon Garaño
   ホセ・マリア・ゴエナガ Jose Mari Goenaga
製作国 スペイン





Guipuzcoan Blood-Donors' Association Corresponding to The Solidarity Award
汚れたミルク あるセールスマンの告発
英題:Tigers
監督 ダニス・タノヴィッチ Danis Tanovic
製作国 インド / フランス / イギリス





セバスティアン2014賞 Sebastiane 2014 Award
GEHITU(バスク自治州のゲイ/レスビアン/性転換者/トランスジェンダー/バイセクシャルの協会)がLGTB(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシュアル、T=トランスジェンダー)をテーマにした映画を審査対象にし、賞を授与。

彼は秘密の女ともだち
英題:The New Girlfriend
原題:Une nouvelle amie
監督 フランソワ・オゾン François Ozon


------------------------------------------------------------------------------------------


【国際映画学生会議賞】 International Film Students Meeting Awards

映画製作技術習得を目指す若い学生による企画の支援を目的とした賞。受賞作の配給や国際進出も支援。短編映画が審査対象。



パナビジョン賞 The Panavision Award
「映画製作のために4週間 Sony EX IIIカメラをレンタル」もしくは「あらゆるパナビジョン用具をレンタルする費用に充てることの出来る商品券(10,000ユーロ相当)」のどちらかを授与。

Greenland
監督 Oren Gerner
学校名 Minshar for Art
製作国 イスラエル



インディペンデント・フィルム・エージェンシー賞
Freak Independent Film Agency Award
受賞作は50の国際映画祭に参加料無料で提供・上映される。また、来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典もあり。

● 受賞 Winner
Greenland
監督 Oren Gerner
学校名 Minshar for Art
製作国 イスラエル



● 第二位 The second prize
来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典付き。
Thunderbirds
原題:Les oiseaux-tonnerre
監督 Léa Mysius
学校名 La Fémis
製作国 フランス



● 第三位 The third prize
来年のカンヌ国際映画祭短編映画コーナー参加のご招待を受けることが出来るという特典付き。
Idle
監督 Raia Al Souliman
学校名 National University of Theatre and Film
製作国 ルーマニア



BioBio Cine – DuocUC賞 BioBio Cine – DuocUC Award
受賞作は来年の BioBio Cine 映画祭(開催地:チリ)のコンペティションに招待される。

Greenland
監督 Oren Gerner
学校名 Minshar for Art
製作国 イスラエル



オロナ賞 Orona Award
学生会議出品作のうち、最もカッティング・エッジ(先鋭的 / 最先端)な作品へ贈られる。

Onno de Onwetende / Onno the Oblivious
監督 Viktor van der Valk
学校名 Netherlands Film Academy
製作国 オランダ



トリノ賞 Torino Award
受賞者は受賞後2年間、TorinoFilmLab program への参加を保証される。

Mia Spengler
作品:Nicht den Boden berühren
英題:Don't Hit the Ground
学校名 Filmakademie Baden-Württemberg GmbH
製作国 ドイツ


------------------------------------------------------------------------------------------

フィルム・イン・プログレス賞 Films in Progress 27 Industry Award
協賛企業数社が受賞作の英語字幕付きDCPとスペインにおける配給を得るまでのポスト・プロダクションを請け負う。

Magallanes
監督 サルバドール・デル・ソラール Salvador del Solar
製作国 ペルー / アルゼンチン / コロンビア



フィルム・イン・プログレス賞|スペシャル・メンション Special Mention
Ixcanul
監督 Jayro Bustamante
製作国 グアテマラ / フランス


------------------------------------------------------------------------------------------

2014ヨーロッパ-ラテンアメリカ共同製作フォーラム賞(最優秀企画に対して) 
Europe-Latin America Co-Production Forum Award 2014 for the best Project

Agosto
監督 アーマンド・カポ Armando Capó
製作 La Feria Producciones
製作国 コスタリカ/キューバ



2014ヨーロッパ-ラテンアメリカ共同製作フォーラム賞|スペシャル・メンション 
Special Mention

Walls
監督 パブロ・イラブル Pablo Iraburu
   ミゲルチョ・モリナ Migueltxo Molina
製作 Arena Comunicación
製作国 スペイン



------------------------------------------------------------------------------------------

【名誉賞】

ドノスティア賞(生涯功労賞) ※ 2名が受賞
Donostia Award - Lifetime Achievement Award

● デンゼル・ワシントン Denzel Washington

● ベニチオ・デル・トロ Benicio del Toro


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

また、今映画祭のオープニング・ガラにて「国際映画批評家連盟賞グランプリ」の表彰が行われました。


国際映画批評家連盟賞:グランプリ FIPRESCI Award: Grand Prix
国際映画批評家連盟所属の批評家245名の投票により、この12ヶ月間に初公開された作品のうちから選出。

6才のボクが、大人になるまで。
英題 Boyhood
監督 リチャード・リンクレイター Richard Linklater



タグ:映画祭

共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:ロシアからの出品作が決定(『裁かれるは善人のみ』)

ロシア代表作は2014年カンヌ国際映画祭の脚本賞を受賞したアンドレイ・ズビャギンツェフ監督作『裁かれるは善人のみ』に決まりました。今作も2014年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの有望作のひとつに挙げられています。


●『裁かれるは善人のみ』は2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。(受賞ならず)


ロシアからの出品作
裁かれるは善人のみ
英題|Leviathan
原題|Leviafan / Левиафан
監督|アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev


IMDb|Leviafan
http://www.imdb.com/title/tt2802154/


(シネマトゥデイの作品紹介より)こちら)【ストーリー】コーリャはバレンツ海にほど近い、ロシア北部にある小さな町で家族と共に暮らしている。彼の家と自動車修理工場に目を付けた悪徳町長が土地家屋を押収しようとするが、コーリャは負けじと軍隊時代の仲間で、今はやり手弁護士に出世した友人に助けを求める。 【ここに注目】デビュー作『父、帰る』が第60回ベネチア国際映画祭で金獅子賞と新人監督賞に輝いたロシアの鬼才、アンドレイ・ズビャギンツェフ監督による社会派ドラマ。町の権力者に家屋敷を奪われそうになった主人公が、逆にその男の汚職の証拠をつかもうと奔走する姿を活写する。平凡な庶民の生活を描かせたら天下一品の監督手腕を今作でも大いに発揮。映像詩人アンドレイ・タルコフスキーの後継者として脚光を浴びる監督が放つ、叙情的な美しい映像にも注目したい。


(カンヌ国際映画祭公式サイト[日本語版]内の作品紹介より)こちら)【解説】Kolia(アレクセイ・セレブリャコフ)は、ロシアの北、バレンツ海を臨む小さな村に住んでいます。彼の経営する修理工場は自宅に接していて、その家には妻のLylia(エレーナ・リャードフ)、そして前の結婚で生まれたRomka(Sergey Pokhodaev)が生活しています。この村の村長Vadim Sergeyich(ロマン・マディアノフ)は、Koliaの土地、家、そして修理工場をある計画のために手に入れたいといいます。彼はまず買い取ろうとするのですが、Koliaはすべてを失うことを考えることはできません。それに彼が生まれた時から見慣れている美しい風景を手放すことなど考えられません。そこで Sergeyichはより攻撃的になり…。




Leviathan (2014) - Official Trailer(英語字幕付き)
撮影|ミハイル・クリチマン Mikhail Krichman


面白そう。見たい。




Левиафан / Leviathan (2014) - Cannes Teaser 2(英語字幕付き)


このビデオクリップ、好きだわー。セットも良いし、俳優も良い。芝居だから決められた台詞と段取りがあるはずなのに、そういうものがあるなんて到底思えないほどナチュラルな演技。




Левиафан / Leviathan (2014) - Cannes Teaser 3(英語字幕付き)



------------------------------------------------------------------------------------------


ロシア代表作品候補として挙げられていたとされる作品。(7作品)


裁かれるは善人のみ
英題|Leviathan
監督|アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
※ 2014年カンヌ国際映画祭 脚本賞 受賞。


白夜と配達人(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題|The Postman's White Nights
原題|Belye nochi pochtalona Alekseya Tryapitsyna
監督|アンドレイ・コンチャロフスキー Andrey Konchalovskiy
※ 2014年ベネチア国際映画祭 銀獅子賞(監督賞) 受賞。


Yes&Yes
原題|Da i Da
監督|Valeriya Gay Germanika


Corrections Class
原題|Klass korrektsii
監督|Ivan I. Tverdovsky
※ 2014年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 イースト・オブ・ウエスト賞 受賞。


Another Year
原題|Eshche odin god
監督|Oksana Bychkova
※ 2014年ロッテルダム国際映画祭 ビック・スクリーン賞 受賞。


The Fool
原題|Durak
監督|Yuriy Bykov
※ 2014年ロカルノ国際映画祭 男優賞はじめ4賞 受賞。


Test
監督|Alexander Kott(Aleksandr Kott)




共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:エジプトからの出品作が決定

エジプト代表作は2013年ドバイ国際映画祭のムア・アラブ長編映画部門へ選出され同部門女優賞と国際映画批評家連盟賞|最優秀アラブ長編映画賞を受賞した『Factory Girl(英題)』に決まりました。



エジプトからの出品作
Factory Girl(2013年)
原題|Fatat El Masnaa
監督|Mohamed Khan
製作国|エジプト / アラブ首長国連邦


IMDb|Fatat El Masnaa
http://www.imdb.com/title/tt3182596/




Fatat El Masnaa - Trailer


お綺麗な主演女優! Yasmine Raees さん。




Factory Girl - UAE Theatrical Trailer(英語字幕付き)


(作品内ではつらいことも起こっていそうだけれど、でも)愉しそうな、元気の良い映画のようです。生き生きとした女性たちがいっぱい登場している模様。今の邦画にこういう生き生きとした大人たちが大量に出てくる作品、無いような気がする。(私が知らないだけなんだろうか?あります?)




共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:ニュージーランドからの出品作が決定(『ザ・ラスト・ウォーリアー』)

ニュージーランド代表作は2014年トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門へピックアップされた、マオリ語使用映画『ザ・ラスト・ウォーリアー』に決まりました。


ニュージーランドは2011年度(第84回)に初めてアカデミー賞外国語映画賞部門へ出品。2011年度、2013年度に続き、今回で3度目の出品となります。



ニュージーランドからの出品作
ザ・ラスト・ウォーリアー
英題|The Dead Lands
別題|Hautoa
監督|トア・フレイザー Toa Fraser
製作国|ニュージーランド / イギリス


IMDb|The Dead Lands
http://www.imdb.com/title/tt3399916/



The Dead Lands (2014) - Trailer(英語字幕付き)


がたいの良い半裸のヤング・ウォリアーがうじゃうじゃ登場。……で、殺し合いをしている模様。ややグロめなアクション娯楽作、なのかなあ。マッチョ好きには垂涎の映画!?




共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:バングラデシュからの出品作が決定

バングラデシュ代表作は2014年ザ・ワールド・インディペンデント映画祭(The World’s Independent Film Festival|米国 カリフォルニア州 フリーモント)で Best Inspirational Family Drama 賞を受賞した、『Glow of the Firefly(英題)』に決まりました。



バングラデシュからの出品作
Glow of the Firefly
原題| Jonakir Alo
監督|Khalid Mahmood Mithu


IMDb|Jonakir Aalo
http://www.imdb.com/title/tt3902286/




Glow Of The Firefly, Promo(英語字幕付き)





共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:パレスチナからの出品作が決定

パレスチナ代表作はナジュワ・ナッジャール監督作『Eyes of a Thief(英題)』に決まりました。



パレスチナからの出品作
Eyes of a Thief
監督|ナジュワ・ナッジャール Najwa Najjar


IMDb|Eyes of a Thief
http://www.imdb.com/title/tt2993406/




Eyes of a Thief (Youn al Harameyeh) by Najwa Najjar(英語字幕付き)





共通テーマ:映画

2014アカデミー賞外国語映画賞:スペインからの出品作が決定(『「僕の戦争」を探して』)

スペイン代表作は2013年度ゴヤ賞(スペイン最大の映画賞)へ7部門ノミネート&作品賞/監督賞をはじめ6部門を受賞したダビド・トルエバ監督作『「僕の戦争」を探して』に決まりました。

ダビド・トルエバ監督作がアカデミー賞外国語映画賞部門のスペイン代表作に選出されるのはこれで2度目です。



スペインからの出品作
「僕の戦争」を探して(2013年)
英題|Living Is Easy with Eyes Closed
原題|Vivir es fácil con los ojos cerrados
監督|ダビド・トルエバ David Trueba


IMDb|Vivir es fácil con los ojos cerrados
http://www.imdb.com/title/tt2896036/



(『Living Is Easy with Eyes Closed』|第11回ラテンビート映画祭2014の作品紹介より)こちら)1966年、ジョン・レノンが映画の撮影でスペインを訪れると知った英語教師アントニオは、憧れのジョン・レノンに会いに旅に出る。道中、何かから逃げているベレン、家出少年のファンホと出会い、彼らを乗せてアントニオの旅は続く…。2014年ゴヤ賞で作品・監督・主演男優・新人女優・音楽等、主要6部門受賞したハートウォーミングなロード・ムービー。




Living Is Easy with Eyes Closed - Official Trailer(英語字幕付き)






映画『「僕の戦争」を探して』日本版予告編
(YouTube 松竹オンデマンド ShochikuOnDemand チャンネル)
https://youtu.be/bi7fGU0akK4

松竹、配給作の予告編の埋め込み禁止とは。観客に配給作をお知らせしたくないのかな。


------------------------------------------------------------------------------------------

スペインは、最終選考に残った3作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。 


10.000 KM
監督|Carlos Marquet-Marcet(Carlos Marques-Marcet)
※ 2014年サウスバイサウスウェスト映画祭(SXSW Film Festival) 長編映画部門 審査員特別賞 受賞



ザ・トランスポーター(2014年)
別邦題|エル・ニーニョ(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
原題|El Niño
監督|ダニエル・モンソン Daniel Monzón
(第11回ラテンビート映画祭2014の作品紹介より)こちら)麻薬取引に手を染めた命知らずの若者たちと、密売組織の捜査に全力を注ぐ二人の警官。麻薬密売の巣窟と言われる危険なジブラルタル海峡を舞台に繰り広げられる、犯罪組織と警察の攻防を描く。『プリズン211』の主演ルイス・トサルと監督ダニエル・モンソンが再びタッグを組んだアクション&サスペンス。




「僕の戦争」を探して
英題|Living Is Easy with Eyes Closed
原題|Vivir es fácil con los ojos cerrados
監督|ダビド・トルエバ David Trueba
※ 2013年度ゴヤ賞 7部門ノミネート、作品賞/監督賞をはじめ6部門受賞。




共通テーマ:映画