So-net無料ブログ作成

2014年アメリカで公開された映画のモンタージュ・クリップ

Miguel Branco さん製作
Cinefile 2014








The Sleepy Skunk さん製作
2014 Movie Trailer Mashup








Jakub Ignarski さん製作
Cinematic Retrospective 2014








Ben Zuk さん製作
2014 Salute to Cinema


Ben Zuk さんのビデオクリップは毎年素晴らしい。小気味好い編集。







WatchMojo.com 製作
Top 10 Best Movies of 2014





2013年アメリカで公開された映画のモンタージュ・クリップ

2012年アメリカで公開された作品のモンタージュ・クリップ

2011年アメリカで公開された作品のモンタージュ・クリップ

2010年アメリカで公開された映画のモンタージュ・クリップ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Jacob T. Swinney さん製作

Cinematography of 2014





タグ:その他

共通テーマ:映画

2014年 映画興行収入ベスト15(日本映画・外国映画共通)(文化通信社調べ)|The 15 highest-grossing movies of 2014 in Japan

映画.com 2014年12月11日 19:30
2014年洋画興収ベスト10、ディズニー2作品で320億円!

映画.com 2014年12月16日 19:30
2014年邦画ベスト10、山崎貴監督2作品で171億円!


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年 映画興行収入ベスト15(日本映画・外国映画共通)
(文化通信社調べ) 興行収入の数字は映画.com上記記事内にあるもの。
The 15 highest-grossing movies of 2014 in Japan
(from December 2013 to November 2014)



01. アナと雪の女王  
   英題:Frozen
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン Distributor: Walt Disney Japan
   劇場公開日:2014年03月14日  Release day: 14 March, 2014  
   興行収入:254億7,000万円  Gross (about): ¥25,470,000,000
   ● Animated movie





02. 永遠の0  
   Eien no zero (The Eternal Zero)
   配給:東宝  Distributor: Toho
   公開日:2013年12月21日  Release day: 21 December, 2013
   推定興行収入:87億6,000万円  Gross (about): ¥8,760,000,000
   ● Based on novel

Eien no zero (The Eternal Zero) - Trailer








03. STAND BY ME ドラえもん  
   Stand by Me Doraemon
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年08月08日  Release day: 08 August, 2014
   興行収入:83億8,000万円  Gross (about): ¥8,380,000,000
   ● Animated movie

Stand by Me Doraemon - Trailer #3








04. マレフィセント  
   英題:Maleficent
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン Distributor: Walt Disney Japan
   劇場公開日:2014年07月05日  Release day: 05 July , 2014
   興行収入:65億3,000万円  Gross (about): ¥6,530,000,000





05.  るろうに剣心 京都大火編
   Rurôni Kenshin: Kyôto Taika-hen (Rurouni Kenshin: Kyoto Inferno)
   配給:ワーナー・ブラザース映画 Distributor: Warner Bros. Japan
   劇場公開日:2014年08月01日  Release day: 01 August, 2014
   興行収入:52億1,000万円  Gross (about): ¥5,210,000,000
   ● Based on Manga (comic)

Rurouni Kenshin: Kyoto Inferno - Trailer (with English subtitles)








06.  テルマエ・ロマエⅡ
   Thermae Romae II
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年04月26日  Release day: 26 April, 2014
   興行収入:44億2,000万円  Gross (about): ¥4,420,000,000
   ● Based on Manga (comic)

Thermae Romae II - Trailer








07.  るろうに剣心 伝説の最期編
   Rurôni Kenshin: Densetsu no saigo-hen (Rurouni Kenshin: The Legend Ends)
   配給:ワーナー・ブラザース映画 Distributor: Warner Bros. Japan
   劇場公開日:2014年09月13日  Release day: 13 September, 2014
   興行収入:43億3,000万円  Gross (about): ¥4,330,000,000
   ● Based on Manga (comic)

Rurouni Kenshin: The Legend Ends - Trailer (with English subtitles)








08.  ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
   Lupin 3 Sei Tai Meitantei Conan the Movie (Lupin III vs. Conan)
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2013年12月07日  Release day: 07 December, 2013
   興行収入:42億6,000万円  Gross (about): ¥4,260,000,000
   ● Animated movie

Lupin 3 Sei Tai Meitantei Conan the Movie (Lupin III vs. Conan) - Trailer








09.  名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)
   Meitantei Conan: Ijigen no sunaipa
   (Detective Conan: The Sniper from Another Dimension)
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年04月19日  Release day: 19 April, 2014
   興行収入:41億1,000万円  Gross (about): ¥4,110,000,000
   ● Animated movie

Detective Conan: The Sniper from Another Dimension - Trailer








10.  映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~
   Doraemon Shin Nobita No Daimakyo-Peko To Gonin No Tankentai
   (Doraemon: New Nobita's Great Demon-Peko and the Exploration Party of Five)
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年03月08日  Release day: 08 March, 2014
   興行収入:35億8,000万円  Gross (about): ¥3,580,000,000
   ● Animated movie

Doraemon: New Nobita's Great Demon-Peko and the Exploration Party of Five - Trailer








11.  思い出のマーニー
   Omoide no Marnie (When Marnie Was There)
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年07月19日  Release day: 19 July, 2014
   興行収入:35億3,000万円  Gross (about) : ¥3,530,000,000
   ● Animated movie
   ● Based on novel

Omoide no Marnie (When Marnie Was There) - Trailer








12. GODZILLA ゴジラ
   英題:Godzilla
   日本配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年07月25日  Release day: 25 July, 2014
   興行収入:32億円  Gross (about): ¥3,200,000,000





13. ゼロ・グラビティ 
   英題:Gravity
   日本配給:ワーナー・ブラザース映画 Distributor: Warner Bros. Japan
   劇場公開日:2013年12月13日  Release day: 13 December, 2013
   興行収入:31億8,000万円  Gross (about): ¥3,180,000,000





14. アメイジング・スパイダーマン2 
   英題:The Amazing Spider-Man 2
   日本配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
   Distributor: Sony Pictures Entertainment Japan
   劇場公開日:2014年04月25日  Release day: 25 April, 2014
   興行収入:31億2,000万円  Gross (about): ¥3,120,000,000





15.  ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー
   Pokémon the Movie: Diancie and the Cocoon of Destruction
   配給:東宝  Distributor: Toho
   劇場公開日:2014年07月19日  Release day: 19 July, 2014
   興行収入:29億1,000万円  Gross (about): ¥2,910,000,000
   ● Animated movie

Pokémon the Movie: Diancie and the Cocoon of Destruction - Trailer





※ 上位10作品中、5作品がアニメーション映画(上位15作品中、7作品がアニメーション映画)

※ 上位10作品中、8作品が日本映画(=国産映画)




共通テーマ:映画

ジャパンタイムズ(The Japan Times)紙|「2014年 日本映画ベストテン」(マーク・シリング氏 選)&「2014年 日本公開外国映画ベストテン」(ジョバンニ・ファツィオ氏 選)

記事タイトルは「Top 10 films of 2014: made in Japan, for Japan」。何故「Top 10 Japanese films」とせず「Top 10 films : made in Japan」としたか?そして何故わざわざ「for Japan」と付けたか? タイトルに込められた皮肉(と奮起の要請)を感じるんですけど、さてどうでしょうか。


元記事
The Japan Times  2014年12月24日付け
Top 10 films of 2014: made in Japan, for Japan by Mark Schilling
(時間が経過してしまうと無料では見えなくなるかも。)



ジャパンタイムズ(The Japan Times)紙 マーク・シリング(Mark Schilling)氏による「2014年日本映画(国内需要向け日本映画)ベストテン」
Top 10 films of 2014: made in Japan, for Japan


01. そこのみにて光輝く
   Soko Nomi Nite Hikari Kagayaku (英題:The Light Shines Only There)


02. 紙の月
   Kami no Tsuki (英題:Pale Moon)


03. TOKYO TRIBE
   英題:Tokyo Tribe


04. 祖谷物語 -おくのひと-
   Iya Monogatari: Oku no Hito (英題:The Tale of Iya)


05. 0.5ミリ
   0.5 Miri (英題:0.5 mm)


06. 私の男
   Watashi no Otoko (英題:My Man)


07. 恋の渦
   Koi no Uzu (英題:Be My Baby)

『恋の渦』は2013年公開の作品なのですが、
This comedy drama by Hitoshi One, which began life as an actors’ workshop, features four women and five men on the social margins in a raucous romantic roundelay. Never condescending but often surprising in its twists, the film explodes beyond its stagy set-up to entertaining and revelatory effect.
……と記述しているので2014年公開『愛の渦』ではなく大根仁監督作の『恋の渦』のことだと思います。


08. FORMA
   英題:Forma


09. ほとりの朔子
   Hotori no Sakuko (仏題:Au Revoir l’Ete)


10. 福福荘の福ちゃん
   Fukufukuso no Fuku-chan (英題:Fuku-chan of Fukufuku Flats)





2013年度はどのようなラインナップだったかというと……
Mark Schilling’s 2013 Top 10: Farewell to Ghibli’s anime masters
残念ながら有料なので直接確認出来ませんでしたが、5位までは探し出せました。


マーク・シリング氏の「2013年日本映画トップ5」
  1位「かぐや姫の物語」
  2位「そして父になる」
  3位「横道世之介」
  4位「凶悪」
  5位「風立ちぬ」

……… だそうです。
 


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



元記事
The Japan Times  2014年12月24日付け
Top 10 films of 2014: in search of orginality(たぶん originality のタイプミス)
by Giovanni Fazio


ジャパンタイムズ(The Japan Times)紙 ジョバンニ・ファツィオ(Giovanni Fazio)氏による「2014年外国映画(日本国内で2014年に公開された外国語映画)ベストテン」 
Top 10 films of 2014: in search of originality
(「in search of originality(独創性/創造性/創意を探索するにおいて)」という副題が付いているので、そういう観点からのベストテン作品ということのようです。)


1. オーバー・ザ・ブルースカイ
  英題:The Broken Circle Breakdown


2. 6才のボクが、大人になるまで。
  英題:Boyhood


3. アクト・オブ・キリング
  英題:The Act of Killing


4. アデル、ブルーは熱い色
  英題:Blue is the Warmest Color


5. アメリカン・ハッスル
  英題:American Hustle


6. それでも僕は帰る シリア 若者たちが求め続けたふるさと
  別邦題|ホムスに生きる ~シリア 若者たちの戦場~
  (↑ NHK「BS世界のドキュメンタリー」にて放映されたときの邦題)
  英題:The Return to Homs  監督:タラール・デルキ Talal Derki


7. ホドロフスキーのDUNE
  英題:Jodorowsky’s Dune


8. 嗤う分身
  英題:The Double


9. TATSUMI マンガに革命を起こした男
  英題:Tatsumi


10. ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
  英題:Nebraska




共通テーマ:映画

2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞|最終選考に進む9作品のトレーラー

【2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞|最終選考に進む9作品】




人生スイッチ
英題:Wild Tales
原題:Relatos salvajes
監督:ダミアン・ジフロン Damian Szifron(Damián Szifrón)
製作国:アルゼンチン
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。
※ 日本公開は2015年夏の予定。配給はギャガ。


Relatos salvajes - Trailer (2分03秒)





"Relatos Salvajes" - Trailer #1. Oficial Warner Bros. Pictures (1分32秒)
(YouTube Warner Bros. Pictures Argentina 公式チャンネルより)




-----------------------------------------------------------------------------------------

タンジェリン
英題:Tangerines
原題:Mandariinid
監督:ザザ・ウルシャゼ Zaza Urushadze
製作国:エストニア
※ 2014年度(第72回)ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート。
※ 2013年ワルシャワ国際映画祭 監督賞 受賞。


Mandariinid (Tangerines) - Treiler (1分59秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------

コーン・アイランド(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Corn Island
原題:Simindis kundzuli
監督:ギオルギ・オヴァシヴィリ George Ovashvili
製作国:ジョージア(旧表記:グルジア)
※ 2014年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリ(=クリスタル・グローブ賞=最高賞)受賞。


Corn Island (Simindis kundzuli) - Trailer (1分35秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------

禁じられた歌声
原題/英題:Timbuktu
監督:アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
製作国:モーリタニア
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。エキュメニカル審査員賞を受賞。


Timbuktu - Official Trailer 1 (1分55秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------

Accused
原題:Lucia de B.
監督 パウラ・ファン・デル・ウースト Paula van der Oest
製作国:オランダ


Lucia de B. - Trailer (1分58秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------

イーダ
原題/英題:Ida
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski
製作国:ポーランド
※ 2014年ヨーロッパ映画賞 作品賞はじめ5賞を受賞。
※ 2013年トロント国際映画祭 国際映画批評家連盟賞(スペシャル・プレゼンテーション部門)受賞。


● 『イーダ』 日本版公式サイト http://mermaidfilms.co.jp/ida/


映画『イーダ』 日本版予告編
※ ナレーション:多部未華子


たとえオスカー受賞したとしても当地には今後も来そうにない。(ufotable CINEMAに来る?来ないよなあ)




Ida (2013) - Trailer (1分10秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------

裁かれるは善人のみ
英題:Leviathan
原題:Leviafan / Левиафан
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
製作国:ロシア
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。脚本賞を受賞。


Leviathan (2014) - Official Trailer(英語字幕付き)(1分49秒)
撮影:ミハイル・クリチマン Mikhail Krichman





Левиафан / Leviathan (2014) - Cannes Teaser 2
(英語字幕付き)




-----------------------------------------------------------------------------------------

フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督:リューベン・オストルンド Ruben Östlund
製作国:スウェーデン
※ 2014年カンヌ国際映画祭 ある視点部門審査員賞 受賞。


Force Majeure(Tourist) - Trailer | Toronto International Film Festival 2014
(英語字幕付き) (1分33秒)




-----------------------------------------------------------------------------------------


解放者ボリバル(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
英題:The Liberator
原題:Libertador
監督:アルベルト・アルベロ Alberto Arvelo
製作国:ベネスエラ


The Liberator - Official Trailer 1 (2分20秒)




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2015/12/19 追記)



ノミネートされたのは以下の5作品(★印は同部門を受賞した作品)



イーダ(ポーランド)


 裁かれるは善人のみ(ロシア)


 タンジェリン(エストニア)


 禁じられた歌声(モーリタニア)


 人生スイッチ(アルゼンチン)




共通テーマ:映画

2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞|最終選考に進む9作品(外国語映画賞 ショートリスト) 発表|日本代表作『そこのみにて光輝く』は落選

映画芸術科学アカデミーは、2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞の最終選考に進む9作品を発表しました。この9作品は、エントリーされた83作品(1ヶ国につき1作品の出品)の中から選ばれました。


この9作品の中から最終的なノミネート作品5作品が選ばれます。



2014年度(第87回)アカデミー賞ノミネーション発表は2015年1月15日(木)です。 そして、2014年度(第87回)アカデミー賞授賞式は(現地日付で)2015年2月22日(日)に開催される予定です。



● 映画芸術科学アカデミー 公式サイトのプレスリリース (2014年12月19日付け)
 9 Foreign Language Films Advance in Oscar[レジスタードトレードマーク] Race



アカデミー賞外国語映画賞の最終選考に進む9作品のうち6作品は、外国語映画賞部門を担当する委員会の一般会員(Foreign-Language Film Award General committee)による投票によって決まり、残りの3作品は外国語映画賞執行委員会(Foreign-Language Film Award Executive Committee)からの推薦で決まります。外国語映画賞執行委員会はロサンゼルスを活動拠点としているアカデミー会員20名から成り立っています。 (The Wrap のSteve Pond 氏の記事による)

さらに Steve Pond 氏によると「9作品のうちどれが General committee が選出した品でどれが Executive Committee が選んだ作品なのかは明らかにされないが、(おそらく)『イーダ』『Wild Tales』『ツーリスト(原題:Force Majeure)』『Tangerines』『解放者ボリバル(英題:The Liberator)』が General committee の選出作品ではないか」とのこと。

---------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞 最終選考に進む9作品
(出品国名のアルファベット順に)

■ …… 女性監督



人生スイッチ
英題:Wild Tales
原題:Relatos salvajes
監督:ダミアン・ジフロン Damian Szifron(Damián Szifrón)
製作国:アルゼンチン
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。




タンジェリン
英題:Tangerines
原題:Mandariinid
監督:ザザ・ウルシャゼ Zaza Urushadze
製作国:エストニア
※ 2014年度(第72回)ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート。
※ 2013年ワルシャワ国際映画祭 監督賞 受賞。




コーン・アイランド(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
英題:Corn Island
原題:Simindis kundzuli
監督:ギオルギ・オヴァシヴィリ George Ovashvili
製作国:ジョージア(旧表記:グルジア)
※ 2014年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリ(=クリスタル・グローブ賞=最高賞)受賞。




Timbuktu
監督:アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
製作国:モーリタニア
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。エキュメニカル審査員賞を受賞。




Accused
原題:Lucia de B.
監督 パウラ・ファン・デル・ウースト Paula van der Oest 
製作国:オランダ




イーダ
原題/英題:Ida
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski
製作国:ポーランド
※ 2014年ヨーロッパ映画賞 作品賞はじめ5賞を受賞。
※ 2013年トロント国際映画祭 国際映画批評家連盟賞(スペシャル・プレゼンテーション部門)受賞。




裁かれるは善人のみ
英題:Leviathan
原題:Leviafan / Левиафан
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
製作国:ロシア
※ 2014年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門へピックアップ。脚本賞を受賞。




フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督:リューベン・オストルンド Ruben Östlund
製作国:スウェーデン
※ 2014年カンヌ国際映画祭 ある視点部門審査員賞 受賞。




解放者ボリバル(←第11回ラテンビート映画祭2014での邦題)
英題:The Liberator
原題:Libertador
監督:アルベルト・アルベロ Alberto Arvelo
製作国:ベネスエラ


(カンヌ映画祭出品組でもアカデミー賞外国語映画賞の最終選考に残った作品もあれば落ちた作品もあり。なので、一概に「カンヌとアカデミー賞外国語映画賞部門では好みが違う」とは言えず。『Winter Sleep』『サンドラの週末』『Mommy』や『White God』など落選組ばかりに注目してると見誤る。)

(『Mommy』はアメリカ各地の批評家協会賞でもなかなか名が挙がってこなかったし、ルックスの良いスターを呼びたがるゴールデン・グローブ賞も落選しているし、トロント映画批評家協会賞でも受賞を逃しているところをみても ”(下馬評とは裏腹に)実は落選する可能性はけっこう有った” ということじゃないの?有望視されていて落ちた作品には毎年「何故これが落選するのか!」と落胆するコメントが飛び交うものだから、なにも特別なことでも無し。)

---------------------------------------------------------------------------------------

【内訳】

東ヨーロッパ(ロシア)
西ヨーロッパ(オランダ)
北ヨーロッパ(スウェーデン)
北ヨーロッパ(エストニア)
中央ヨーロッパ(ポーランド)

西アジア(ジョージア / 旧表記:グルジア)

アフリカ(モーリタニア)

南米(アルゼンチン)
南米(ベネスエラ)


---------------------------------------------------------------------------------------


最終選考に進む作品として有望視されていたけれど落選した、主な候補


サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
   リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne
製作国:ベルギー



Mommy/マミー
原題/英題:Mommy
監督:グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
製作国:カナダ



Gett: The Trial of Viviane Amsalem(Gett, the Trial of Viviane Amsalem)
原題:Gett
監督|ロニ・エルカベッツ Ronit Elkabetz(Ronit Elbaketz)
   シュロミ・エルカベッツ Shlomi Elkabetz(Shlomi Elbaketz)
製作国:イスラエル



雪の轍(わだち)
英題:Winter Sleep
原題:Kis Uykusu
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン Nuri Bilge Ceylan
製作国:トルコ



Cowboys
原題:Kauboji
監督:Tomislava Mršića(Tomislav Mrsic)
製作国:クロアチア



ナバット(←2014年東京国際映画祭時の邦題)
原題:Nabat
監督:エルチン・ムサオグル Elcin Musaoglu
製作国:アゼルバイジャン



ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
英題:White God
原題:Feher Isten
監督:コーネル・ムンドルッツォ Kornel Mundruczo
製作国:ハンガリー



Living Is Easy with Eyes Closed
原題:Vivir es facil con los ojos cerrados
監督:ダビド・トルエバ David Trueba
製作国:スペイン



1001 Grams
監督:ベント・ハーメル Bent Hamer
製作国:ノルウェイ



Difret
監督:Zeresenay Mehari(Zeresenay Berhane Mehari)
製作国:エチオピア



Kurmanjan Datka: Queen of the Mountains
原題:Kurmanjan datka
監督:Sadyk Sher-Niyaz
製作国:キルギスタン


---------------------------------------------------------------------------------------

アメリカ国内の批評家協会賞でなかなかの強さをみせていたダルデンヌ兄弟の『サンドラの週末』(ベルギー)、カンヌ国際映画祭のパルムドール受賞作『Winter Sleep』(トルコ)、同じくカンヌ受賞組である『Mommy』(カナダ)や『White God』(ハンガリー)は落選。

(カンヌで『Mommy』のグザヴィエ・ドラン監督が持ち上げられたのは ”アートハウス系映画界がスターと成り得る若い監督を欲している” という側面もあると思う。)

ノミネート常連国であるドイツやフランスの代表作も落選。

東南アジア地域からもショートリスト入り、成らず。(東アジア地域からショートリスト入りする可能性が最も高そうなのは韓国かなあと思ってたのですが……。韓国悲願の?ショートリストはまたもやお預け。)

もしも下馬評通り『イーダ』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞することになれば3年連続でヨーロッパ映画賞(European Film Awards)の作品賞受賞作がアカデミー賞外国語映画賞を受賞することになります。ヨーロッパ映画賞作品賞のノミネート傾向は必ずしもアカデミー賞外国語映画賞に直結してくるというものでもないけれど、今年度もヨーロッパ映画賞作品賞ノミネート作が3本ショートリストに残っているし、昨年度(2013年度)アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『オーバー・ザ・ブルー・スカイ』はヨーロッパ映画賞へノミネートされたことで注目度がぐっと上がったので、ヨーロッパ映画賞の存在はアカデミー賞外国語映画賞部門のノミネート/受賞を占う上で無視できなくなってきているという感触は……ある。

ショートリスト入りする作品には大きな国際映画祭への出品歴や受賞歴が無くても入ってくるものもありますね。(昨年もそうでした。)

ベント・ハーメル監督、またもや落選かあ。残念。でもアルゼンチンの『Wild Tales』がリスト入りしたので個人的には嬉しい。




共通テーマ:映画

2014年度ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)選|クリスマス映画ベスト25

Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)  2014 Best Christmas Movies


2013年度の「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)選|クリスマス映画ベスト25」は こちら


----------------------------------------------------------------------------------------

[クリスマス]【2014年度 クリスマス映画ベスト25】[クリスマス] (ロッテン・トマト Rotten Tomatoes 選)



01. 素晴らしき哉、人生! (1946年) 
   It's a Wonderful Life


02. 三十四丁目の奇蹟 (1947年)
   Miracle on 34th Street


03. スイング・ホテル (1942年) 
   Holiday Inn


04. 桃色(ピンク)の店 (1940年)
   The Shop Around the Corner


05. 第十七捕虜収容所 (1953年)
   Stalag 17


06. アパートの鍵貸します (1960年)
   The Apartment


07. ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (1993年)
   The Nightmare Before Christmas


08. ダイ・ハード (1988年)
   Die Hard


09. アーサー・クリスマスの大冒険 (2011年) 
   Arthur Christmas


10. A Christmas Story (1983年) 
   監督:ボブ・クラーク





11. 東京ゴッドファーザーズ (2003年) 
   英題:Tokyo Godfathers


12. 大逆転 (1983年) 
   Trading Places


13. モーガンズ・クリークの奇跡 (1944年)
   The Miracle of Morgan's Creek


14. ヒットマンズ・レクイエム (2008年)
   In Bruges


15. キスキス,バンバン -L.A.的殺人事件 (2005年) 
   Kiss Kiss, Bang Bang


16. クリスマス・ストーリー (2008年) 
   Un Conte de Noël  英題:A Christmas Tale


17. レア・エクスポーツ ~囚われのサンタクロース~ (2010年)
   Rare Exports: A Christmas Tale


18. Scrooge(英題:A Christmas Carol) (1951年) 
   監督:ブライアン・デズモンド・ハースト


19. グレムリン (1984年) 
   Gremlins


20. エルフ ~サンタの国からやってきた~ (2003年) 
   Elf




21. リーサル・ウェポン (1987年) 
   Lethal Weapon


22. 真夜中の戦場/クリスマスを贈ります (1992年) 
   A Midnight Clear


23. 気まぐれ天使 (1948年) 
   The Bishop's Wife


24. バットマン リターンズ (1992年) 
   Batman Returns


25. バッドサンタ (2003年) 
   Bad Santa


----------------------------------------------------------------------------------------

『ラブ・アクチュアリー』は何故入らない? ……… 調べてみると、『ラブ・アクチュアリー』はロッテン・トマトのトマトメーターが63%、25位の『バッドサンタ』のトマトメーターが78% 。 『ラブ・アクチュアリー』、批評家の評価は案外低いのね。




シネマトゥデイ 2014年12月17日付け記事
(2014年度)クリスマス映画ベスト25発表!1位は『素晴らしき哉、人生!』
「ベスト25作品、発表」と書いてあるのに、上位10作品しか載せてない。




共通テーマ:映画

2014年 外国映画&日本映画 興行収入ベストテン(文化通信社調べ)|映画.comより

映画.com 2014年12月11日 19:30
2014年洋画興収ベスト10、ディズニー2作品で320億円!

映画.com 2014年12月16日 19:30
2014年邦画ベスト10、山崎貴監督2作品で171億円!


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年 外国映画&日本映画 興行収入ベストテン
(文化通信社調べ) 興行収入の数字は映画.com上記記事内にあるもの。



【2014年外国映画 作品別興収ベストテン】


01. アナと雪の女王
   英題:Frozen
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2014年03月14日 
   興行収入:254億7,000万円 
   ※ 日本公開 歴代映画興行成績ランキングの第3位。(洋画に限定すれば第2位)



02. マレフィセント  
   英題:Maleficent
   日本配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
   劇場公開日:2014年07月05日
   興行収入:65億3,000万円



03. GODZILLA ゴジラ
   英題:Godzilla
   日本配給:東宝
   劇場公開日:2014年07月25日
   興行収入:32億円



04. ゼロ・グラビティ 
   英題:Gravity
   日本配給:ワーナー・ブラザース映画
   劇場公開日:2013年12月13日
   興行収入:31億8,000万円



05. アメイジング・スパイダーマン2 
   英題:The Amazing Spider-Man 2
   日本配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
   劇場公開日:2014年04月25日
   興行収入:31億2,000万円



06. トランスフォーマー/ロストエイジ
   英題:Transformers: Age of Extinction
   日本配給:パラマウント ジャパン
   劇場公開日:2014年08月08日
   興行収入:28億9,000万円



07. オール・ユー・ニード・イズ・キル  
   英題:Edge of Tomorrow(DVD英題|Live Die Repeat: Edge of Tomorrow)
   日本配給:ワーナー・ブラザース映画
   劇場公開日:2014年07月04日
   興行収入:15億7,000万円



08. 猿の惑星:新世紀(ライジング) 
   英題:Dawn of the Planet of the Apes
   日本配給:20世紀フォックス
   劇場公開日:2014年09月19日
   興行収入:14億2,000万円



09. ホビット 竜に奪われた王国
   英題:The Hobbit: The Desolation of Smaug
   日本配給:ワーナー・ブラザース映画
   劇場公開日:2014年02月28日
   興行収入:14億円



10. ノア 約束の舟 
   英題:Noah
   日本配給:パラマウント ジャパン
   劇場公開日:2014年06月13日
   興行収入:13億7,000万円



-----------------------------------------------------------------------------------------


【2014年日本映画 作品別興収ベストテン】

01.  永遠の0
   配給:東宝 
   公開日:2013年12月21日
   推定興行収入:87億6,000万円



02.  STAND BY ME ドラえもん
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年08月08日
   興行収入:83億8,000万円



03.  るろうに剣心 京都大火編
   配給:ワーナー・ブラザース映画
   劇場公開日:2014年08月01日
   興行収入:52億1,000万円



04.  テルマエ・ロマエⅡ
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年04月26日
   興行収入:44億2,000万円



05.  るろうに剣心 伝説の最期編
   配給:ワーナー・ブラザース映画
   劇場公開日:2014年09月13日
   興行収入:43億3,000万円



06.  ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
   配給:東宝
   劇場公開日:2013年12月07日
   興行収入:42億6,000万円



07.  名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年04月19日
   興行収入:41億1,000万円



08.  映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年03月08日
   興行収入:35億8,000万円



09.  思い出のマーニー
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年07月19日
   興行収入:35億3,000万円



10.  ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー
   配給:東宝
   劇場公開日:2014年07月19日
   興行収入:29億1,000万円



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2014年 外国映画 第10位の作品の興収 13億7,000万円(ノア 約束の舟)
2013年 外国映画 第10位の作品の興収 20億5,000万円(ワイルド・スピード EURO MISSION)
2012年 外国映画 第10位の作品の興収 18億2,000万円(TIME/タイム)
2011年 外国映画 第10位の作品の興収 21億2,000万円(トロン:レガシー)
2010年 外国映画 第10位の作品の興収 20億5,000万円(ソルト)



2014年 日本映画 第10位の作品の興収 29億1,000万円(ポケモン・ザ・ムービー XY)
2013年 日本映画 第10位の作品の興収 30億円(推定)(清須会議)
2012年 日本映画 第10位の作品の興収 31億3,000万円(映画 怪物くん)
2011年 日本映画 第10位の作品の興収 24億6,000万円(映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~
2010年 日本映画 第10位の作品の興収 32億円(名探偵コナン 天空の難破船)


-----------------------------------------------------------------------------------------


2014年外国映画上位10作品の興収合計:501億5,000万円
2014年の外国映画 興行収入 (to be announced)

2013年外国映画上位10作品の興収合計:360億3,000万円
2013年の外国映画 興行収入は765億5,200万円

2012年外国映画上位10作品の興収合計:290億4,000万円
2012年の外国映画 興行収入は670億900万円




2014年日本映画 上位10作品の興収合計:494億9,000万円
2014年の日本映画 興行収入 (to be announced)

2013年日本映画 上位10作品の興収合計:453億4,000万円
2013年の日本映画 興行収入は1,176億8,500万円

2012年日本映画 上位10作品の興収合計:458億9,000万円
2012年の日本映画 興行収入は1,281億8,100万円


-----------------------------------------------------------------------------------------


2014年外国映画
アニメ作品トップ……アナと雪の女王  興収:254億7,000万円
実写作品トップ………マレフィセント  興収:65億3,000万円


2013年外国映画
アニメ作品トップ……モンスターズ・ユニバーシティ  興収:89億6,000万円
実写作品トップ………レ・ミゼラブル  興収:59億円


2012年外国映画
アニメ作品トップ……マダガスカル3  興収:20億5,000万円
実写作品トップ………ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル  興収:53億8,000万円


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年日本映画
アニメ作品トップ……STAND BY ME ドラえもん  興収:83億8,000万円
実写作品トップ………永遠の0  興収:87億6,000万円


2013年日本映画
アニメ作品トップ……風立ちぬ  興収:120億円(推定)
実写作品トップ………真夏の方程式  興収:33億1,000万円


2012年日本映画
アニメ作品トップ……ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  興収:53億円
実写作品トップ………BRAVE HEARTS 海猿  興収:73億3,000万円



2014年度アカデミー賞:メイクアップ&ヘアスタイリング賞 エントリー7作品発表

映画芸術科学アカデミーは2014年度(第87回)アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞へエントリーされた7作品のリストを発表しました。この7作品の中から 3作品 が2014年度アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされます。


【参照】 映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース (2014/12/15付け)
7 FEATURES ADVANCE IN RACE FOR MAKEUP AND HAIRSTYLING OSCAR


メイクアップ&ヘアスタイリング分科会の会員は、エントリーされた7作品それぞれの短い(10分程度)ビデオクリップを見て審査しノミネート作として3作品を選出します。



2014年度(第87回)アカデミー賞ノミネーション発表は2015年01月15日(木)です。 そして、2014年度(第87回)アカデミー賞授賞式は、(現地日付で)2015年02月22日(日)に開催される予定です。


----------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第87回)アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞
エントリー作品(7作品) (英題のアルファベット順)


アメイジング・スパイダーマン2
英題:The Amazing Spider-Man 2



フォックスキャッチャー
英題:Foxcatcher



グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy



マレフィセント
英題:Maleficent



ノア 約束の舟
英題:Noah



博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything

以上


----------------------------------------------------------------------------------------

有力視されていて落選した作品

イントゥ・ザ・ウッズ
英題:Into the Woods


ホビット 決戦のゆくえ
英題|The Hobbit: The Battle of the Five Armies


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


スノーピアサー
英題:Snowpiercer


フューリー
英題:Fury


ターナー、光に愛を求めて
英題:Mr. Turner


エクソダス:神と王
英題|Exodus: Gods and Kings


----------------------------------------------------------------------------------------

有望視されていたものが予選であっさり落ちるのがこの部門。やっぱり素人とヘアメイク専業の人の見かたは違うんだろうねえ。




共通テーマ:映画

2014年度サンディエゴ映画批評家協会賞 受賞結果発表

12月11日付けでノミネーションが発表された2014年度サンディエゴ映画批評家協会賞。その受賞結果が発表になりました。 (”奇をてらって合議で決めているわけではなく、所属している18名の投票で決まる”とのこと。)



● サンディエゴ映画批評家協会賞公式サイト内の発表 (2014/12/15付け)
 2014 San Diego Film Critics Award Winners



● サンディエゴ映画批評家協会公式サイト(トップページ)
 The San Diego Film Critics Society

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年度サンディエゴ映画批評家協会賞 受賞結果
(The San Diego Film Critics Society Awards)

★印 …… 受賞



作品賞 Best Film
ナイトクローラー
英題:Nightcrawler

Nightcrawler (2014) - Official Trailer #1 (2分29秒)






6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood


ゴーン・ガール
英題:Gone Girl


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma


博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything




監督賞 Best Director
ダン・ギルロイ Dan Gilory
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



リチャード・リンクレイター Richard Linklater
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



ウェス・アンダーソン Wes Anderson
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



デヴィッド・フィンチャー David Fincher
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl




主演男優賞 Best Actor
ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



レイフ・ファインズ Ralph Fiennes
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



ブレンダン・グリーソン Brendan Gleeson
作品:ある神父の希望と絶望の7日間
英題:Calvary



トム・ハーディ Tom Hardy
作品:オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
英題:Locke



マイケル・キートン Michael Keaton
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



エディ・レッドメイン Eddie Redmayne
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything




主演女優賞 Best Actress
マリオン・コティヤール Marion Cotillard
作品:サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit



フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything



ロザムンド・パイク Rosamund Pike
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



ヒラリー・スワンク Hilary Swank
作品:The Homesman



ミア・ワシコウスカ Mia Wasikowska
作品:奇跡の2000マイル
英題:Tracks




助演男優賞 Best Supporting Actor
マーク・ラファロ Mark Ruffalo
作品:フォックスキャッチャー
英題:Foxcatcher



リズ・アーメッド Riz Ahmed
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



イーサン・ホーク Ethan Hawke
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



エドワード・ノートン Edward Norton
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



J・K・シモンズ J.K. Simmons
作品:セッション
英題:Whiplash




助演女優賞 Best Supporting Actress
レネ・ルッソ Rene Russo
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



パトリシア・アークエット Patricia Arquette
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



キャリー・クーン Carrie Coon
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
作品:イミテーション・ゲーム
英題:The Imitation Game



エマ・ストーン Emma Stone
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




脚本賞 Best Original Screenplay
ダン・ギルロイ Dan Gilory
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
ニコラス・ヒアコボーネ Nicolás Giacobone
アルマンド・ボー Armando Bo
アレクサンダー・ディネラリス Alexander Dinelaris
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



リチャード・リンクレイター Richard Linklater
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



ウェス・アンダーソン Wes Anderson
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



スティーヴン・ナイト Steven Knight
作品:オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
英題:Locke




脚色賞 Best Adapted Screenplay
ギリアン・フリン Gillian Flynn
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



スコット・ノイスタッター Scott Neustadter
マイケル・H・ウェバー Michael H. Weber
作品:きっと、星のせいじゃない。
英題:The Fault in Our Stars



アンソニー・マッカーテン Anthony McCarten
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything



ジョエル・コーエン Joel Coen
イーサン・コーエン Ethan Coen
リチャード・ラグラヴェネーズ Richard LaGravenese
ウィリアム・ニコルソン William Nicholson
作品:Unbroken



ニック・ホーンビィ Nick Hornby
作品:わたしに会うまでの1600キロ
英題:Wild




外国語映画賞 Best Foreign Language Film
フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督:リューベン・オストルンド Ruben Östlund
製作国:スウェーデン



エリ(←2013東京国際映画祭での邦題)
原題:Heli
監督:アマト・エスカランテ Amat Escalante
製作国:メキシコ



イーダ
原題/英題:Ida
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski
製作国:ポーランド



サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
   リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne
製作国:ベルギー



毛皮のヴィーナス
英題:Venus in Fur
原題:La Vénus à la fourrure 
監督:ロマン・ポランスキー Roman Polanski
製作国:フランス




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary
Citizenfour


Elaine Stritch: Shoot Me


Glen Campbell: I'll Be Me


Last Days in Vietnam


Life Itself




アニメーション映画賞 Best Animated Feature
The Boxtrolls


ベイマックス
英題:Big Hero 6


ヒックとドラゴン2
英題:How to Train Your Dragon 2


LEGO(R)ムービー
英題:The Lego Movie


ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!
英題:The Nut Job




撮影賞 Best Cinematography
ロバート・エルスウィット Robert Elswit
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



フレドリック・ヴェンツェル Fredrik Wenzel
作品:フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure



ホイテ・ヴァン・ホイテマ Hoyte Van Hoytema
作品:インターステラー
英題:Interstellar



ジェフ・クローネンウェス Jeff Cronenweth
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



ロジャー・ディーキンス Roger Deakins
作品:Unbroken




編集賞 Best Editing
ジェームズ・ハーバート James Herbert
ローラ・ジェニングス Laura Jennings
作品:オール・ユー・ニード・イズ・キル
英題:Edge of Tomorrow(Live Die Repeat: Edge of Tomorrow)



サンドラ・エイデアー Sandra Adair
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



カーク・バクスター Kirk Baxter
作品:ゴーン・ガール
原題:Gone Girl



バーニー・ピリング Barney Pilling
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



ジョン・ギルロイ John Gilroy
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler




プロダクション・デザイン賞 Best Production Design
アダム・ストックハウゼン Adam Stockhausen
アンナ・ピノック Anna Pinnock
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



デニス・ガスナー Dennis Gassner
アンナ・ピノック Anna Pinnock
作品:イントゥ・ザ・ウッズ
英題:Into the Woods



ジョン・ポール・ケリー John Paul Kelly
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything



マリア・ジャーコヴィク Marja Durjovic
作品:イミテーション・ゲーム
英題:The Imitation Game



ネイサン・クロウリー Nathan Crowley
作品:インターステラー
英題:Interstellar




作曲賞 Best Score
ジェームズ・ニュートン・ハワード James Newton Howard
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



アントニオ・サンチェス Antonio Sanchez
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



アッティカス・ロス Atticus Ross
トレント・レズナー Trent Reznor
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat
作品:イミテーション・ゲーム
英題:The Imitation Game




アンサンブル演技賞 Best Ensemble Performance
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


イミテーション・ゲーム
英題:The Imitation Game


グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma




Body of Work
ウィレム・デフォー Willem Dafoe
【作品】
  ジョン・ウィック
  英題:John Wick

  きっと、星のせいじゃない。
  英題:The Fault in Our Stars

  グランド・ブダペスト・ホテル
  英題:The Grand Budapest Hotel

  誰よりも狙われた男
  英題:A Most Wanted Man

  ニンフォマニアック Vol.2
  英題/原題:Nymphomaniac: Vol. II


------------------------------------------------------------------------------------------

例年通り、サンディエゴ映画批評家協会はナイスだ。(「敢えてこうしてみた」とかだと気どったふうで厭らしいんだけど、そうじゃないみたいだから。)



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

一番のお気に入りシーンは?|2014年度セントルイス映画批評家協会賞 受賞結果発表

2014年12月10日付けでノミネーションが発表されていた2014年度セントルイス映画批評家協会賞の受賞結果の発表がありました。



● 公式サイト内での発表 (2014/12/15付け)    
2014 WINNERS OF THE ST. LOUIS FILM CRITICS AWARDS ANNOUNCED!


【参考】 In-Contention
(ノミネーション発表)'Birdman,' 'Grand Budapest' lead St. Louis film critics nominations
(受賞結果発表)St. Louis critics award 'Boyhood,' Jake Gyllenhaal, Rosamund Pike



● セントルイス映画批評家協会 公式サイト(トップページ)
 St. Louis Film Critics Association

-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年度セントルイス映画批評家協会 受賞結果
(St. Louis Film Critics Association Awards)

★印 … 受賞



作品賞 Best Film
6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game




監督賞 Best Director
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



リチャード・リンクレイター Richard Linklater
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



ウェス・アンダーソン Wes Anderson
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



デヴィッド・フィンチャー David Fincher
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



モルテン・ティルドゥム Morten Tyldum
作品:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game




主演男優賞 Best Actor
ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
作品:Nightcrawler



ベネディクト・カンバーバッチ Benedict Cumberbatch
作品:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game



トム・ハーディ Tom Hardy
作品:Locke



マイケル・キートン Michael Keaton
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



エディ・レッドメイン Eddie Redmayne
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything




主演女優賞 Best Actress
ロザムンド・パイク Rosamund Pike
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



マリオン・コティヤール Marion Cotillard
作品:サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit



フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones
作品:博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything



ジュリアン・ムーア Julianne Moore
作品:Still Alice



リース・ウィザースプーン Reese Witherspoon
作品:Wild




助演男優賞 Best Supporting Actor
J・K・シモンズ J.K. Simmons
作品:Whiplash



ジョシュ・ブローリン Josh Brolin
作品:Inherent Vice



イーサン・ホーク Ethan Hawke
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



エドワード・ノートン Edward Norton
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



トニー・レヴォロリ Tony Revolori
作品:グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel



マーク・ラファロ Mark Ruffalo
作品:フォックスキャッチャー
英題:Foxcatcher




助演女優賞 Best Supporting Actress
パトリシア・アークエット Patricia Arquette
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain
作品:A Most Violent Year



キャリー・クーン Carrie Coon
作品:ゴーン・ガール
英題:Gone Girl



マッケンジー・フォイ Mackenzie Foy
作品:インターステラー
英題:Interstellar



キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
作品:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game



エマ・ストーン Emma Stone
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




脚本賞 Best Original Screenplay
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood


Locke


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


Nightcrawler


Whiplash




脚色賞 Best Adapted Screenplay
ゴーン・ガール
英題:Gone Girl


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy


作品:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題:The Imitation Game


博士と彼女のセオリー
英題:The Theory of Everything


Unbroken




撮影賞 Best Cinematography
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


ゴーン・ガール
英題:Gone Girl


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


インターステラー
英題:Interstellar


Nightcrawler


Unbroken




視覚効果賞 Best Visual Effects
インターステラー
英題:Interstellar


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


猿の惑星:新世紀(ライジング)
英題:Dawn of the Planet of the Apes


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy


ノア 約束の舟
英題:Noah




作曲賞 Best Music Score
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman


ゴーン・ガール
英題:Gone Girl


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


Inherent Vice


インターステラー
英題:Interstellar


アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




サウンドトラック賞 Best Soundtrack
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy


作品:はじまりのうた
英題:Begin Again


6歳のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood


ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男
英題:Get On Up


イントゥ・ザ・ウッズ
英題:Into the Woods


Whiplash




美術演出賞 Best Art Direction
グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


ゴーン・ガール
英題:Gone Girl


作品:ターナー、光に愛を求めて
英題:Mr. Turner


Nightcrawler


スノーピアサー
英題:Snowpiercer


アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin




アニメーション映画賞 Best Animated Feature
LEGO(R)ムービー
英題:The Lego Movie


ベイマックス
英題:Big Hero 6


The Book of Life


The Boxtrolls


How to Train Your Dragon 2


The Penguins of Madagascar




アートハウス系映画および映画祭映画賞 Best Art-House or Festival Film
※ アート系映画、映画祭でのみ上映された映画、限定公開作で当地域では1~3館ほどの映画館でしか公開されなかった映画が対象。
Whiplash


6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood


Calvary


FRANK -フランク-
英題:Frank


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


Locke




コメディ映画賞 Best Comedy
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy


グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel


Obvious Child


St. Vincent


22 Jump Street




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary
Citizenfour


Finding Vivian Maier


ホドロフスキーのDUNE
英題:Jodorowsky's Dune


Life Itself


Red Army


リッチヒル 貧困社会に生きる子どもたち
英題:Rich Hill




非英語映画賞(外国語映画賞) Best Non-English Language Film
ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督:リューベン・オストルンド Ruben Östlund
製作国:スウェーデン



グロリアの青春
原題/英題:Gloria
監督:セバスティアン・レリオ Sebastian Lelio
製作国:チリ



Human Capital
原題:Il capitale umano
監督:パオロ・ヴィルズィ Paolo Virzì
製作国:イタリア



イーダ
原題/英題:Ida
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski
製作国:ポーランド



サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
   リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne
製作国:ベルギー




ベスト・シーン賞(お気に入りのシーンまたはシークエンス) 
Best Scene - A favorite movie scene or sequence
X-Men:フューチャー&パスト
英題|X-Men: Days of Future Past
〔クイックシルバー:ペンタゴン脱獄シーン〕Quicksilver Pentagon Escape



バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman
〔タイムズ・スクエアのシーン〕Times Square



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題:Guardians of the Galaxy
〔刑務所破りのシーン〕Prison Break



Selma
〔教会での爆弾事件シーン〕Church Bombing



Whiplash
〔ドラム・ソロのシーン〕Finale drum solo



22 Jump Street
〔エンド・クレジット〕End Credits

以上



タグ:映画賞

共通テーマ:映画