So-net無料ブログ作成

2014年度アカデミー賞|作品賞受賞作がアカデミー賞編集賞にノミネートされなかったのは1980年度(第53回)の『普通の人々』以来。

アカデミー賞編集賞は1934年度(第7回)に創設。2014年度(第87回)までに81作品が編集賞を受賞していますが、そのうちアカデミー賞編集賞へノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞した作品は『バードマン あるいは』を含めて10作品のみ。アカデミー賞編集賞へノミネートされなかった作品がアカデミー賞作品賞を受賞したのは1980年度(第53回)の『普通の人々』以来34年ぶり。



【参照】GoldDerby  2015年02月23日付け
'Birdman' makes Oscars history: First Best Picture winner since 1980 without editing nomination(『バードマン あるいは』、アカデミー賞史に残る記録を作る:アカデミー賞編集賞へノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞のは1980年度〔第53回〕以来。)




【アカデミー賞編集賞へノミネートされなかった作品がアカデミー賞作品賞を受賞した年】

…… 受賞作



1934年度(第7回)
作品賞受賞|或る夜の出来事  It Happened One Night
編集賞受賞|エスキモー  Eskimo


作品賞(ノミネート:12作品)
或る夜の出来事  It Happened One Night
 白い蘭  The Barretts of Wimpole Street
 クレオパトラ  Cleopatra
 お姫様大行進  Flirtation Walk
 コンチネンタル  The Gay Divorcee
 これがアメリカ艦隊  Here Comes the Navy
 ロスチャイルド  The House of Rothschild
 模倣の人生  Imitation of Life
 恋の一夜  One Night of Love
 影なき男  The Thin Man
 奇傑パンチョ  Viva Villa!  
 ホワイト・パレード  The White Parade


編集賞 (ノミネート:3作品)
エスキモー  Eskimo
 クレオパトラ  Cleopatra
 恋の一夜  One Night of Love


-----------------------------------------------------------------------------------------


1937年度(第10回)
作品賞受賞|ゾラの生涯  The Life of Emile Zola
編集賞受賞|失はれた地平線  Lost Horizon


作品賞(ノミネート:10作品)
ゾラの生涯  The Life of Emile Zola
 我は海の子  Captains Courageous
 デッドエンド  Dead End
 大地  The Good Earth
 シカゴ  In Old Chicago
 失はれた地平線  Lost Horizon
 オーケストラの少女  One Hundred Men and a Girl
 ステージ・ドア  Stage Door
 新婚道中記  The Awful Truth
 スタア誕生  A Star Is Born


編集賞(ノミネート:5作品)
失はれた地平線  Lost Horizon
 新婚道中記  The Awful Truth
 我は海の子  Captains Courageous
 大地  The Good Earth
 オーケストラの少女  One Hundred Men and a Girl

-----------------------------------------------------------------------------------------


1948年度(第21回)
作品賞受賞|ハムレット  Hamlet
編集賞受賞|裸の町  The Naked City

作品賞(ノミネート:5作品)
ハムレット  Hamlet
 ジョニー・ベリンダ  Johnny Belinda
 赤い靴  The Red Shoes
 蛇の穴  The Snake Pit  
 黄金  The Treasure of the Sierra Madre


編集賞(ノミネート:5作品)
裸の町  The Naked City
 ジャンヌ・ダーク  Joan of Arc
 ジョニー・ベリンダ  Johnny Belinda
 赤い河  Red River
 赤い靴  The Red Shoes


-----------------------------------------------------------------------------------------

1955年度(第28回)
作品賞受賞|マーティ  Marty
編集賞受賞|ピクニック  Picnic


作品賞(ノミネート:5作品)
マーティ  Marty
 慕情  Love Is a Many-Splendored Thing
 ミスタア・ロバーツ  Mister Roberts
 ピクニック  Picnic
 バラの刺青  The Rose Tattoo


編集賞(ノミネート:5作品)
ピクニック  Picnic
 暴力教室  Blackboard Jungle
 トコリの橋  The Bridges at Toko-Ri
 オクラホマ!  Oklahoma!
 バラの刺青  The Rose Tattoo


※ 1955年度当時、アメリカ映画編集者組合では組合独自で受賞者を選出するような表彰はしていなかった。(アメリカ映画編集者組合賞〔ACE賞〕が創設されたのは1962年度。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

1963年度(第36回)
作品賞受賞|トム・ジョーンズの華麗な冒険  Tom Jones
編集賞受賞|西部開拓史  How the West Was Won


作品賞(ノミネート:5作品)
トム・ジョーンズの華麗な冒険  Tom Jones
 アメリカ アメリカ  America, America
 クレオパトラ  Cleopatra
 西部開拓史  How the West Was Won
 野のユリ  Lilies of the Field


編集賞(ノミネート:5作品)
西部開拓史  How the West Was Won
 枢機卿  The Cardinal
 クレオパトラ  Cleopatra
 大脱走  The Great Escape
 おかしなおかしなおかしな世界 It's a Mad, Mad, Mad, Mad World


※ 『トム・ジョーンズの華麗な冒険』はアメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞)にはノミネートされています。(1963年度当時のACE賞の劇場用長編映画部門のノミネート数は5作品。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

1966年度(第39回)
作品賞受賞|わが命つきるとも  A Man For All Seasons
編集賞受賞|グラン・プリ  Grand Prix


作品賞(ノミネート:5作品)
わが命つきるとも  A Man For All Seasons
 アルフィー  Alfie
 アメリカ上陸作戦  The Russians Are Coming, The Russians Are Coming
 砲艦サンパブロ  The Sand Pebbles
 バージニア・ウルフなんかこわくない  Who's Afraid of Virginia Woolf?


編集賞(ノミネート:5作品)
グラン・プリ  Grand Prix
 ミクロの決死圏  Fantastic Voyage
 アメリカ上陸作戦 The Russians Are Coming, The Russians Are Coming
 砲艦サンパブロ  The Sand Pebbles
 バージニア・ウルフなんかこわくない  Who's Afraid of Virginia Woolf?


※ 『わが命つきるとも』はアメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞)にもノミネートされていません。(1966年度当時のACE賞の劇場用長編映画部門のノミネート数は5作品。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

1974年度(第47回)
作品賞受賞|ゴッドファーザーPART II  The Godfather: Part II
編集賞受賞|タワーリング・インフェルノ  The Towering Inferno


作品賞(ノミネート:5作品)
ゴッドファーザーPART II  The Godfather: Part II
 チャイナタウン  Chinatown
 カンバセーション…盗聴…  The Conversation
 レニー・ブルース  Lenny
 タワーリング・インフェルノ  The Towering Inferno


編集賞(ノミネート:5作品)
タワーリング・インフェルノ  The Towering Inferno
 ブレージングサドル  Blazing Saddles
 チャイナタウン  Chinatown
 大地震  Earthquake
 ロンゲスト・ヤード The Longest Yard


※ 『ゴッドファーザーPART II』はアメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞)にもノミネートされていません。(1974年度当時、ACE賞の劇場用長編映画部門は3作品しかノミネートされなかった。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

1977年度(第50回)
作品賞受賞|アニー・ホール  Annie Hall
編集賞受賞|スター・ウォーズ Star Wars


作品賞(ノミネート:5作品)
アニー・ホール  Annie Hall
 グッバイガール  The Goodbye Girl
 ジュリア  Julia
 スター・ウォーズ  Star Wars
 愛と喝采の日々  The Turning Point


編集賞(ノミネート:5作品)
スター・ウォーズ  Star Wars
 未知との遭遇  Close Encounters of the Third Kind
 ジュリア  Julia
 トランザム7000  Smokey and the Bandit
 愛と喝采の日々  The Turning Point


※ 『アニー・ホール』はアメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞)にもノミネートされていません。(1977年度当時、ACE賞の劇場用長編映画部門は3作品しかノミネートされなかった。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

1980年度(第53回)
作品賞受賞|普通の人々  英題:Ordinary People
編集賞受賞|レイジング・ブル 英題:Raging Bull


作品賞(ノミネート:5作品)
普通の人々  Ordinary People
 歌え!ロレッタ愛のために  Coal Miner's Daughter
 エレファント・マン  The Elephant Man
 レイジング・ブル  Raging Bull
 テス  Tess


編集賞(ノミネート:5作品)
レイジング・ブル  Raging Bull
 歌え!ロレッタ愛のために  Coal Miner's Daughter
 コンペティション  The Competition
 エレファント・マン  The Elephant Man
 フェーム  Fame


※ 『普通の人々』はアメリカ映画編集者組合賞(ACE賞/エディ賞)にもノミネートされていません。(1980年度当時、ACE賞の劇場用長編映画部門は3作品しかノミネートされなかった。)


-----------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第87回)
作品賞受賞|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
      英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
編集賞受賞|セッション  英題:Whiplash


作品賞(ノミネート:8作品)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or
 アメリカン・スナイパー  American Sniper
 6才のボクが、大人になるまで。  Boyhood
 グランド・ブダペスト・ホテル  The Grand Budapest Hotel
 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密  The Imitation Game
 グローリー/明日(あす)への行進  Selma
 博士と彼女のセオリー  The Theory of Everything
 セッション  Whiplash


編集賞(ノミネート:5作品)
セッション  Whiplash
 アメリカン・スナイパー  American Sniper
 6才のボクが、大人になるまで。  Boyhood
 グランド・ブダペスト・ホテル  The Grand Budapest Hotel
 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密  The Imitation Game


※ 『バードマン あるいは』はACE賞にはノミネート(ACE賞の「コメディ/ミュージカル映画部門」)されています。ただし、ACE賞でも受賞はしていません。




共通テーマ:映画

〔予想結果〕2014年度(第87回)アカデミー賞:受賞予想 結果(全24部門)

〔予想結果〕
2014年度(第87回)アカデミー賞:受賞予想(全24部門):予想結果

◎……当たり



【作品賞】 Best Film

×6才のボクが、大人になるまで。 
 英題:Boyhood
 監督:リチャード・リンクレイター Richard Linklater
 米国劇場配給:IFCフィルムズ
 北米ビデオ販売:パラマウント・ホーム・メディア


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
米国配給:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




【監督賞】 Best Directer

◎アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
 作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)




【主演男優賞】 Best Leading Actor

◎エディ・レッドメイン Eddie Redmayne
 作品:博士と彼女のセオリー
 英題:The Theory of Everything




【主演女優賞】 Best Leading Actress

◎ジュリアン・ムーア Julianne Moore
 作品:アリスのままで
 英題:Still Alice




【助演男優賞】 Best Supporting Actor

◎J・K・シモンズ J.K. Simmons
 作品:セッション
 英題:Whiplash




【助演女優賞】 Best Supporting Actress

◎パトリシア・アークエット Patricia Arquette
 作品:6才のボクが、大人になるまで。
 英題:Boyhood




【脚本賞】 Best Original Screenplay

×ウェス・アンダーソン Wes Anderson
 作品:グランド・ブダペスト・ホテル
 英題:The Grand Budapest Hotel

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
ニコラス・ヒアコボーネ Nicolás Giacobone
アルマンド・ボー Armando Bo
アレクサンダー・ディネラリス Alexander Dinelaris
 作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)




【脚色賞】 Best Adapted Screenplay

◎グレアム・ムーア Graham Moore
 作品:イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
 英題:The Imitation Game




【撮影賞】 Best Cinematography

◎エマニュエル・ルベツキ Emmanuel Lubezki
 作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)




【編集賞】 Best Editing

×サンドラ・エイデアー Sandra Adair
 作品:6才のボクが、大人になるまで。
 英題:Boyhood

トム・クロス Tom Cross
作品:セッション
英題:Whiplash



【プロダクション・デザイン賞】 Best Art Direction

◎アダム・ストックハウゼン Adam Stockhausen
◎アンナ・ピノック Anna Pinnock
 作品:グランド・ブダペスト・ホテル
 英題:The Grand Budapest Hotel




【衣装デザイン賞】 Best Costume Design

◎ミレーナ・カノネロ Milena Canonero
 作品:グランド・ブダペスト・ホテル
 英題:The Grand Budapest Hotel




【メイクアップ&ヘアスタイリング賞】 Makeup and Hairstyling

◎グランド・ブダペスト・ホテル
 英題:The Grand Budapest Hotel




【作曲賞】 Best Music (Original Score)

◎アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat
 作品:グランド・ブダペスト・ホテル
 英題:The Grand Budapest Hotel




【主題歌賞(歌曲賞)】 Best Original Song

◎「Glory」
 歌唱:ジョン・レジェンド John Legend
    コモン Common
 作詞/作曲:ジョン・レジェンド John Legend (as John Stephens)
       コモン Common (as Lonnie Lynn)
 作品:Selma(邦題『グローリー/明日(あす)への行進』)




【音響調整賞(録音賞)】 Best Sound Mixing

◎セッション
 英題:Whiplash




【音響編集賞(音響効果賞)】 Best Sound Editing

◎アメリカン・スナイパー
 英題:American Sniper




【視覚効果賞】 Best Visual Effects

×猿の惑星:新世紀(ライジング)
 英題:Dawn of the Planet of the Apes

インターステラー
英題:Interstellar



【外国語映画賞】 Best Foreign Language Film

◎イーダ
 原題/英題:Ida
 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski
 製作国:ポーランド




【長編アニメーション映画賞】 Best Animated Film

×How to Train Your Dragon 2(邦題『ヒックとドラゴン2』)
 監督:ディーン・デュボア Dean DeBlois
 北米配給:20世紀フォックス

ベイマックス
英題:Big Hero 6
監督:ドン・ホール Don Hall
   クリス・ウィリアムズ Chris Williams
北米配給:ウォルト・ディズニー・スタジオズ



【長編ドキュメンタリー映画賞】 Best Documentary Film

◎Citizenfour(邦題『シチズンフォー スノーデンの暴露』)
 監督:ローラ・ポイトラス Laura Poitras
 製作国:ドイツ / アメリカ
 製作会社:Praxis Films
 北米配給:RADiUS-TWC




【短編実写映画賞】 Best Live Action Short Film

×Boogaloo and Graham(英題)
 監督:マイケル・レノックス Michael Lennox
 製作国:イギリス

一本の電話(←SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2014での邦題)
英題:The Phone Call
監督:マット・カークビー Mat Kirkby
製作国:イギリス



【短編アニメーション映画賞】 Best Animated Short Film

×ダム・キーパー
 英題:The Dam Keeper
 監督:ロバート・コンドウ Robert Kondo
    堤大介 Daisuke 'Dice' Tsutsumi
 製作国:アメリカ

愛犬とごちそう
英題:Feast
監督:パトリック・オズボーン Patrick Osborne
製作国:アメリカ
制作:Walt Disney Animation Studios



【短編ドキュメンタリー映画賞】 Documentary, Short Subjects

◎Crisis Hotline: Veterans Press 1(英題)
 監督:Ellen Goosenberg Kent


17部門 的中でした。


------------------------------------------------------------------------------------------

作品別受賞数:予想結果


【5 】4】 グランド・ブダペスト・ホテル
脚本賞
プロダクション・デザイン賞
衣装デザイン賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞
作曲賞




【3】1 】 6才のボクが、大人になるまで。
作品賞
助演女優賞
編集賞




【2】 【 4 】 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 
作品賞
監督賞
撮影賞
脚本賞




【2】3 】 セッション
助演男優賞
編集賞
音響調整賞(録音賞/Sound Mixing)




【1】 博士と彼女のセオリー
主演男優賞



【1】 アリスのままで
主演女優賞



【1】 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
脚色賞



【1】 Selma(邦題『グローリー/明日(あす)への行進』)
主題歌賞(歌曲賞)



【1】 アメリカン・スナイパー
音響編集賞(音響効果賞/Sound Editing)



【1】0 】 猿の惑星:新世紀(ライジング)
視覚効果賞



【1】 イーダ
外国語映画賞



【1】0 】 How to Train Your Dragon 2(邦題『ヒックとドラゴン2』)
長編アニメーション映画賞



【1】 Citizenfour(邦題『シチズンフォー スノーデンの暴露』)
長編ドキュメンタリー映画賞



1 】 インターステラー
視覚効果賞



1 】 ベイマックス
長編アニメーション映画賞


※ 短編3賞は省略。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今年の受賞予想は難しかった(そのぶん、面白かった!)し、17部門的中なら上出来です。

投稿ボタンを押す直前に予想を変更した部門が2つあって(視覚効果賞と長編アニメーション映画賞) 、それが見事に外れた……初心を貫くべきだった。長編アニメーション映画賞は、評判はイマイチだった『メリダとおそろしの森』(2012年度)が受賞したことを鑑みるに ”ディズニー”というブランドの力はやはり今年も強いだろうと思っていたのだけれど、経営不振が伝えられるドリームワークス社の『How to Train Your Dragon 2』に同情票が集まるかも……なんて考え直して、変えちゃった。 視覚効果賞は、5候補のうちアカデミー会員が最も見ていそうな作品は『インターステラー』だろう(つまり、その他の4候補は見てない可能性が高いんじゃないか)と思って最初『インターステラー』にしたのだけれど、実際、映画館で見た時に(視覚効果に関しては)『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のほうが手間がかかっていそうな気がして……、それで自分の感覚を信じて変えたら外れた。もちろん、どの作品にも手間はかかっているんだろうけど、でもほら、なんていうかな……うん、なんとなくね。ま、とにかく、予想するときには自分の感覚を信じるな!ってことだね(笑)。

― できれば、1968年度(第41回)の主演女優賞部門のように、今年の主演男優賞部門は2名のタイ受賞になって欲しかった。そんな奇跡のようなことが起きたらいいな、なんて儚い期待をしていたんだけど。

「(何かを)予想する=金を賭ける」としか連想しない、のか。ふーむ。競馬を見るようになって20数年経ちますが、馬券を勝ったのは見始めた頃に数回のみ。それ以降は20年以上金を賭けずに見ていますがそのほうがずっと楽しいし、レースを見る/予想する面白さは金を賭けなくても損なわれることはありません。むしろ金を賭けないほうが楽しい。こういう感覚はギャンブラー気質の人には理解不能なんでしょうかねえ。



ニール・パトリック・ハリスのパフォーマンス動画|トニー賞&アカデミー賞

【アカデミー賞】


ニール・パトリック・ハリスは、2009年度(第82回)アカデミー賞授賞式でオープニング・パフォーマンスを務めています。(司会ではなく、パフォーマンスのみ。)


Neil Patrick Harris's Opening Number: 2010 Oscars


この時はアウェイ感満点で、オープニングなので場内もいまひとつ”温まって”おらず、ちょっと気の毒でした。



----------------------------------------------------------------------------------------


2014年度(第87回)アカデミー賞授賞式 オープニング・パフォーマンス。


Neil Patrick Harris Oscars 2015 Opening Oscar Song and Monologue




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【トニー賞】



最初のトニー賞の司会 ― 2009年(第63回)トニー賞授賞式。ニール・パトリック・ハリスが授賞式のエンディングに「トゥナイト」の節に乗せ受賞者をネタにして歌う!


Neil Patrick Harris singing 'Tonight' at the 63rd annual Tony Awards




----------------------------------------------------------------------------------------


ニール・パトリック・ハリスによる2011年(第65回)トニー賞のオープニング・パフォーマンス。2回目のトニー賞の司会。


Neil Patrick Harris' 2011 Tony Awards Opening Number






2011年のトニー賞授賞式ではヒュー・ジャックマンとこんなやり取りをしていました。(もちろん、台本ありきのやり取りです。)


Neil Patrick Harris and Hugh Jackman duet at 2011 Tony Awards




----------------------------------------------------------------------------------------


ニール・パトリック・ハリスによる2012年(第66回)トニー賞のオープニング・パフォーマンス。3回目のトニー賞の司会。


まず『The Book of Mormon』(ザ・ブック・オブ・モルモン)のパフォーマンスがあって、そのあと、ニール・パトリック・ハリス登場。3:12あたりから。

2012 Tonys Opening Numbers


『The Book of Mormon』のパフォーマンスのときに途中で壇へ上がってくる小太りな男優は映画『アナと雪の女王』の雪だるまオラフの英語版吹き替えを務めたジョシュ・ギャッド。 ミュージカル『アニー』のアニー役で登場した女の子は映画『イントゥ・ザ・ウッズ』で赤ずきんを演じているリラ・クロフォード(Lilla Crawford)ですね。





Neil Patrick Harris as Spider-Man at the 2012 Tony Awards




----------------------------------------------------------------------------------------


大盛り上がり!ニール・パトリック・ハリスによる2013年(第67回)トニー賞のオープニング・パフォーマンス。4回目のトニー賞の司会。


2013 Tony Awards: Neil Patrick Harris Opening Number


1年で妙に老けたねえ。忙しかったのかなあ?  ― ニール・パトリック・ハリスのトニー賞パフォーマンスの数々を見ちゃうと第87回アカデミー賞授賞式のオープニング・パフォーマンスは「え~、もっと出来るはずなのにぃ~」って思っちゃうのよ。


----------------------------------------------------------------------------------------


ニール・パトリック・ハリスは2014年(第68回)トニー賞にてミュージカル主演男優賞を受賞。その、2014年(第68回)トニー賞授賞式での『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』チームのパフォーマンス。


Hedwig and the Angry Inch: Cast Live Performance
2014 68th Tony Awards
(YouTube The Tony Awards 公式チャンネルより)


ニール・パトリック・ハリス、男性に(オーランド・ブルームだそうです)にまたがり腰をふる。サミュエル・L・ジャクソンのメガネをとり、舐め、顔へもどす。スティングの膝の上へ腰かけお尻を振る(スティング、笑いながらも嫌がる)。ケヴィン・ベーコンにしなだれかかり膝に乗る。 NPHのライフ・パートナー、デヴィッド・ブーティカに Sugar Daddy♪ の箇所でブチュとキス[ハート]




共通テーマ:映画

2014年度アジア・フィルム・アワード ノミネーション発表

2014年度(第9回)アジア・フィルム・アワード(アジア映画賞 / 亞洲電影大獎 / Asian Film Awards)のノミネーションが発表になりました。



● 公式サイト内での発表(2015/02/25付け)
 9th AFA Nominees



アジア・フィルム・アワード(アジア映画賞 / 亞洲電影大獎 / Asian Film Awards)の授賞式は、2015年3月25日の予定です。



● アジア・フィルム・アワード
(アジア映画賞 / 亞洲電影大獎 / Asian Film Awards)
 公式サイト(英語版トップページ) 8th Asian Film Awards / 亞洲電影大獎


----------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第9回)アジア・フィルム・アワード(アジア映画賞) ノミネーション 
(Asian Film Awards / 亞洲電影大獎)



作品賞 Best Film  (6作品)

薄氷の殺人
英題:Black Coal, Thin Ice
原題:白日焰火 / Bai Ri Yan Huo
監督:ティアオ・イーナン(勺奕男) Yi'nan Diao(Diao Yi Nan)
製作国:中国



ブラインド・マッサージ
英題:Blind Massage
原題:推拿 / Tui Na
監督:ロウ・イエ Lou Ye
製作国:中国 / フランス



Haider
監督:ヴィシャール・バールドワージ Vishal Bhardwaj
製作国:インド



自由が丘で
英題:Hill of Freedom
監督:ホン・サンス(洪尚秀) Sangsoo Hong(Hong Sangsoo)
製作国:韓国



国際市場で逢いましょう
英題:Ode to My Father
監督:ユン・ジェギュン Youn Jk
製作国:韓国



そこのみにて光輝く
英題:The Light Shines Only There
監督:呉美保(お・みぽ) Mipo Oh
製作国:日本




監督賞 Best Director (6名)

ロウ・イエ Lou Ye
作品:ブラインド・マッサージ
英題:Blind Massage
原題:推拿 / Tui Na
製作国:中国 / フランス



塚本晋也 Shin'ya Tsukamoto(Shinya Tsukamoto)
作品:野火 (のび)
英題:Fires On The Plain
製作国:日本



ラヴ・ディアス Lav Diaz
作品:昔のはじまり(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:From What is Before
原題:Mula sa kung ano ang noon
製作国:フィリピン



ヴィシャール・バールドワージ Vishal Bhardwaj
作品:Haider
製作国:インド



ホン・サンス(洪尚秀) Sangsoo Hong(Hong Sangsoo)
作品:自由が丘で
英題:Hill of Freedom
製作国:韓国



アン・ホイ(許鞍華) Ann Hui
作品:黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
製作国:香港 / 中国




主演男優賞 Best Actor (6名)

リャオ・ファン Liao Fan
作品:薄氷の殺人
英題:Black Coal, Thin Ice
原題:白日焰火 / Bai Ri Yan Huo
製作国:中国 / フランス



加瀬亮 Ryo Kase
作品:自由が丘で
英題:Hill of Freedom
製作国:韓国



ラウ・チンワン Sean Lau Ching-wan(Ching Wan Lau / Sean Lau)
作品:Overheard 3
監督:フェリックス・チョン Felix Chong
   アラン・マック Alan Mak
製作国:香港 / 中国



イーサン・ルァン Ethan Juan
作品(英題):Paradise in Service
監督:ニウ・チェンザー Doze Niu
製作国:台湾



チェ・ミンシク Choi Min-sik(Min-sik Choi)
作品|The Admiral: Roaring Currents(Roaring Currents)
監督|キム・ハンミン Han-min Kim
製作国|韓国



佐藤健 Takeru Satô
作品:るろうに剣心 伝説の最期編
英題:Rurouni Kenshin: The Legend Ends
製作国:日本




主演女優賞 Best Actress (6名)

ペ・ドゥナ Bae Doo-na(Doona Bae)
作品:私の少女
英題:A Girl at My Door
製作国:韓国



コン・リー Gong Li(Li Gong)
作品:妻への家路
英題:Coming Home
製作国:中国



ヴィッキー・チャオ Zhao Wei(Wei Zhao / Vicki Zhao / 趙薇)
作品:Dearest
原題:Qin Ai De Xiao Hai / 亲爱的(親愛的)
製作国:中国 / 香港



カルキ・ケクラン Kalki Koechlin
作品:マルガリータで乾杯を!
英題:Margarita, with a Straw
製作国:インド



宮沢りえ Rie Miyazawa
作品:紙の月
英題:Pale Moon
製作国:日本



タン・ウェイ Tang Wei(Wei Tang)
作品:黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
製作国:香港 / 中国




助演男優賞 Best Supporting Actor (5名)

チョ・ジヌン Cho Jin-woong(Jin-woong Jo)
英題:A Hard Day
原題: kkeut-kka-ji gan-da
製作国:韓国



チン・ハオ Qin Hao(Hao Qin)
作品:ブラインド・マッサージ
英題:Blind Massage
原題:推拿 / Tui Na
製作国:中国 / フランス



チェン・ジェンビン Chen Jianbin(Jianbin Chen)
作品(英題):Paradise in Service
製作国:台湾



ワン・チーウェン Wang Zhiwen(Zhiwen Wang)
作品:黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
製作国:香港 / 中国



伊藤英明 Hideaki Ito
作品:WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~
英題:Wood Job!
製作国:日本




助演女優賞 Best Supporting Actress (5名)

ハン・イェリ Han Ye-ri(Ye-ri Han)
作品:海にかかる霧
英題:Sea Fog
原題:Haemoo
製作国:韓国



タッブー Tabu(Tabassum Hashmi)
作品:Haider
製作国:インド



ワン・チェン Wan Qian
作品(英題):Paradise in Service
製作国:台湾



池脇千鶴 Chizuru Ikewaki
作品:そこのみにて光輝く
英題:The Light Shines Only There
製作国:日本



黒木華(くろき・はる) Haru Kuroki
作品:小さいおうち
英題:The Little House
製作国:日本




新人賞 Best Newcomer (5名)

ド・ギョンス Doh Kyung-soo
※ EXO(読み|エクソ)というボーイズ・グループのボーカル、D.O.(読み|ディオ)
作品:Cart
製作国:韓国



Zhang Huiwen(Huiwen Zhang)
作品:妻への家路
英題:Coming Home
製作国:中国



イヴァナ・ウォン Ivana Wong
作品(英題):Golden Chickensss
製作国:香港



登坂広臣 Hiro-omi Tosaka(Hiroomi Tosaka)
作品:ホットロード
英題:Hot Road
製作国:日本



Zhan Huaiyun(Huai-Yun Zhan)
作品(英題):Meeting Dr. Sun
製作国:台湾




脚本賞 Best Screenwriter

キム・ソンフン Kim Seong-hun
英題:A Hard Day
原題: kkeut-kka-ji gan-da
製作国:韓国



ディアオ・イーナン Diao Yinan(Yi'nan Diao)
作品:薄氷の殺人
英題:Black Coal, Thin Ice
原題:白日焰火 / Bai Ri Yan Huo
製作国:中国 / フランス



Chaitanya Tamhane
作品:Court
製作国:インド



Li Qiang
作品:黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
製作国:香港 / 中国



高田亮 Ryo Takada
英題:The Light Shines Only There
製作国:日本




撮影賞 Best Cinematographer

トン・ジンソン Dong Jinsong (Jingsong Dong / Dong Jin-Song)
作品:薄氷の殺人
英題:Black Coal, Thin Ice
原題:白日焰火 / Bai Ri Yan Huo
製作国:中国



ツォン・ジエン(ツアン・チアン) Zeng Jian(Jian Zeng)
作品:ブラインド・マッサージ
英題:Blind Massage
原題:推拿 / Tui Na
製作国:中国 / フランス



チェ・チャンミン Choi Chan-min(Chan-min Choi)
作品:群盗
英題:Kundo: Age of the Rampant
製作国:韓国



近藤龍人 Ryuto Kondo
作品:私の男
英題:My Man
製作国:日本



● マット・フラネリー Matt Flannery
● Dimas Imam Subhono
作品:ザ・レイド GOKUDO
英題:The Raid 2: Berandal
製作国:インドネシア




プロダクション・デザイン賞(美術賞) Best Production Designer

Liu Qing
英題:Gone with the Bullets
原題:Yi bu zhi yao / 一歩之遥
製作国:中国 / 香港 / アメリカ



● Subrata Chakraborthy
● アミット・レイ Amit Ray
作品:Haider
製作国:インド



パク・イルヒョン Park Il-hyun(Il-hyun Park)
作品:群盗
英題:Kundo: Age of the Rampant
製作国:韓国



● 林田裕至 Yuji Hayashida
● 佐久嶋依里 Eri Sakushima
作品:喰女 -クイメ-
英題:Over Your Dead Body
製作国:日本



イー・チェンチョウ Yi Zhenzhou
英題:The Taking of Tiger Mountain
原題:智取威虎山3D / Zhì qu weihu shan
製作国:中国




作曲賞 Best Composer

● ツイ・ジェン Cui Jian(Jian Cui)
● Liu Yuan(Yuan Liu)
英題:Blue Sky Bones
製作国:中国




● Zhang Yilin(Yilin Zhang)
● 久石譲 Joe Hisaishi
● ペン・ドウ Dou Peng(Peng Dou)
● ジョージ・アコニー George Acogny
● シュウ・ナン Shu Nan(Nan Shu)
英題:Gone with the Bullets
原題:Yi bu zhi yao / 一歩之遥
製作国:中国 / 香港 / アメリカ



マイキー・マクリアリー Mikey McCleary
作品:マルガリータで乾杯を!
英題:Margarita, with a Straw
製作国:インド



モグ Mowg
作品:王の涙 イ・サンの決断
英題:The Fatal Encounter
製作国:韓国



BCDMG
作品:TOKYO TRIBE
英題:Tokyo Tribe
製作国:日本




編集賞 Best Editor

キム・チャンジュ Kim Chang-ju(Changju Kim)
英題:A Hard Day
原題: kkeut-kka-ji gan-da
製作国:韓国



須永弘志 Hiroshi Sunaga
作品:サンブンノイチ
英題:One Third
製作国:日本



● パトリック・タム Patrick Tam
● カーレン・パン Curran Pang
作品:クリミナル・アフェア 魔警
英題:That Demon Within
製作国:香港



● コン・チーリョン Kwong Chi-leung(Chi-Leung Kwong / Kong Chi Leung)
● マンダ・ワイ Manda Wai
作品:黄金時代(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:The Golden Era
原題:Huang jin shi dai / 黄金时代
製作国:香港 / 中国



ギャレス・エヴァンス Gareth Evans
作品:ザ・レイド GOKUDO
英題:The Raid 2: Berandal
製作国:インドネシア




視覚効果賞 Best Visual Effects

● リック・サンダー Rick Sander
● クリストフ・ゾリンジャー Christoph Zollinger
英題:Gone with the Bullets
原題:Yi bu zhi yao / 一歩之遥
製作国:中国 / 香港 / アメリカ



山崎貴 Takashi Yamazaki
作品:寄生獣
英題:Parasyte: Part 1
製作国:日本



● Tong Ka-wai
● Ken Law
● Randy Tse
● Lucky Tracy Hannah
作品:ミッドナイト・アフター
英題:The Midnight After
原題:那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN
製作国:香港



Kang Jong-ik
作品:パイレーツ
英題:The Pirates
製作国:韓国



Kim Wook
英題:The Taking of Tiger Mountain
原題:智取威虎山3D / Zhì qu weihu shan
製作国:中国




衣装デザイン賞 Best Costume Designer

Liang Tingting(Tingting Liang)
英題:Brotherhood of Blades
原題:繡春刀
製作国:中国



ウィリアム・チャン William Chang Suk Ping(William Chang)
英題:Gone with the Bullets
原題:Yi bu zhi yao / 一歩之遥
製作国:中国 / 香港 / アメリカ



柘植伊佐夫 Isao Tsuge
作品:喰女 -クイメ-
英題:Over Your Dead Body
製作国:日本



チョン・ギョンヒ Chong Kyong-hee
作品:王の涙 イ・サンの決断
英題:The Fatal Encounter
製作国:韓国



Kwon Yoo-jin(Yoo-jin Kwon)
英題:The Taking of Tiger Mountain
原題:智取威虎山3D / Zhì qu weihu shan
製作国:中国


---------------------------------------------------------------------------------------

特別賞 Special Awards

to be announced



タグ:邦画 映画賞

共通テーマ:映画

2014年度アカデミー賞:作品別受賞数

2014年度(第87回)アカデミー賞:作品別受賞数



【4】 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) ノミネート数:9
作品賞 監督賞 脚本賞 撮影賞


【4】 グランド・ブダペスト・ホテル ノミネート数:9
プロダクション・デザイン賞 衣装デザイン賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 作曲賞


【3】 セッション 英題:Whiplash ノミネート数:5
助演男優賞 編集賞 音響調整賞(録音賞/Sound Mixing)


【1】 イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 ノミネート数:8
脚色賞


【1】 6才のボクが、大人になるまで。 ノミネート数:6
助演女優賞


【1】 アメリカン・スナイパー ノミネート数:6
音響編集賞(音響効果賞/Sound Editing)


【1】 博士と彼女のセオリー ノミネート数:5
主演男優賞


【1】 インターステラー ノミネート数:5
視覚効果賞


【1】 グローリー/明日(あす)への行進 英題:Selma ノミネート数:2
主題歌賞(歌曲賞)


【1】 イーダ ノミネート数:2
外国語映画賞


【1】 アリスのままで ノミネート数:1
主演女優賞


【1】 Citizenfour ノミネート数:1
長編ドキュメンタリー映画賞


【1】 ベイマックス ノミネート数:1
長編アニメーション映画賞


【1】 愛犬とごちそう ノミネート数:1
短編アニメーション映画賞


【1】 Crisis Hotline: Veterans Press 1 ノミネート数:1
短編ドキュメンタリー映画賞


【1】 一本の電話 ノミネート数:1
   (↑SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2014での邦題)
短編実写映画賞


【0】 フォックスキャッチャー ノミネート数:5


【0】 ターナー、光に愛を求めて ノミネート数:4


【0】 Unbroken ノミネート数:3


【0】 イントゥ・ザ・ウッズ ノミネート数:3


【0】 わたしに会うまでの1600キロ ノミネート数:2


【0】 インヒアレント・ヴァイス ノミネート数:2


【0】 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ノミネート数:2


【0】 ゴーン・ガール ノミネート数:1


【0】 サンドラの週末 ノミネート数:1


【0】 ナイトクローラー ノミネート数:1


【0】 ジャッジ 裁かれる判事 ノミネート数:1


【0】 マレフィセント ノミネート数:1


【0】 ホビット 決戦のゆくえ ノミネート数:1


【0】 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー ノミネート数:1


【0】 猿の惑星:新世紀(ライジング) ノミネート数:1


【0】 X-MEN:フューチャー&パスト ノミネート数:1


【0】 はじまりのうた ノミネート数:1


【0】 Glen Campbell: I'll Be Me ノミネート数:1


【0】 LEGO(R)ムービー ノミネート数:1


【0】 Beyond the Lights ノミネート数:1


【0】 人生スイッチ 英題:Wild Tales ノミネート数:1


【0】 タンジェリン 英題:Tangerines ノミネート数:1


【0】 Timbuktu ノミネート数:1


【0】 Leviathan ノミネート数:1


【0】 The Boxtrolls ノミネート数:1


【0】 ヒックとドラゴン2 ノミネート数:1


【0】 ソング・オブ・ザ・シー 海のうた ノミネート数:1


【0】 かぐや姫の物語 ノミネート数:1


※ 短編3賞、ノミネートのみの作品は省略。




共通テーマ:映画

2014年度(第87回)アカデミー賞 受賞結果

2014年度(第87回)アカデミー賞の授賞式が行われ、受賞結果が発表になりました。授賞式の司会はニール・パトリック・ハリス(Neil Patrick Harris)でした。



● 授賞式を放映するABCのアカデミー賞サイトでの発表
Winners - The 87th Academy Award Winners and Nominees for the 2015 Oscars



● 授賞式を放映するABCのアカデミー賞公式サイト(トップページ)
 http://oscar.go.com/


● 映画芸術科学アカデミーの公式 YouTube チャンネル
 Oscars(The official page of The Academy of Motion Picture Arts and Sciences)


● 映画芸術科学アカデミー 公式サイト(トップページ)
 The Academy of Motion Picture Arts and Sciences




Neil Patrick Harris Oscars 2015 Opening Oscar Song and Monologue


トニー賞授賞式だとオープニングはもっと多人数のパフォーマンスで華やかに大盛り上がりになるし、客席側も舞台上のパフォーマンスに積極的に乗っかって盛り上げようという雰囲気があるけれど、アカデミー賞だと ”外様(とざま)” な感じは否めない。トニー賞受賞者が二名で歌い出し、客席側も「ん? トニー賞を持ち込むわけ?」てなムード。

ニール・パトリック・ハリスがさまざまな授賞式の司会をした時のパフォーマンスを一度も見たことがなかった方はNPHのエンターテナーぶりに驚き楽しんだようなので……よかったのかな。

------------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第87回)アカデミー賞 受賞結果
The 87th Academy Awards : Winners and Nominees


★印 … 受賞



【作品賞】 Best Picture (ノミネート作品は8作品)
※ 作品賞は映画芸術科学アカデミーに当該作品のプロデューサーとして申請された人物に授与されます。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman
 プロデューサー|アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro G. Iñárritu
         ジョン・レッシャー John Lesher
         ジェームズ・W・スコッチドープル James W. Skotchdopole
 米国配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ

アカデミー賞編集賞へノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞したのはたぶん1980年度(第53回)の『普通の人々』以来ではないかと思います。




アメリカン・スナイパー
英題|American Sniper
プロデューサー|ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper
        クリント・イーストウッド Clint Eastwood
        アンドリュー・ラザー Andrew Lazar
        ロバート・ロレンツ Robert Lorenz
        ピーター・モーガン Peter Morgan
米国配給|ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ




6才のボクが、大人になるまで。
英題|Boyhood
プロデューサー|リチャード・リンクレイター Richard Linklater
        キャスリーン・サザーランド Cathleen Sutherland
米国劇場配給|IFCフィルムズ
北米ビデオ販売|パラマウント・ホーム・メディア




グランド・ブダペスト・ホテル
英題|The Grand Budapest Hotel
プロデューサー|ウェス・アンダーソン Wes Anderson
        スコット・ルーディン Scott Rudin
        ジェレミー・ドーソン Jeremy Dawson
        スティーヴン・レイルズ Steven Rales
米国配給|フォックス・サーチライト・ピクチャーズ




イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game
プロデューサー|ノーラ・グロスマン Nora Grossman
        イドー・オストロウスキー Ido Ostrowsky
        テディ・シュウォーツマン Teddy Schwarzman
米国配給|ザ・ワインスタイン・カンパニー




グローリー/明日(あす)への行進
英題|Selma
プロデューサー|クリスチャン・コルソン Christian Colson
        デデ・ガードナー Dede Gardner
        ジェレミー・クライナー Jeremy Kleiner
        オプラ・ウィンフリー Oprah Winfrey
米国配給|パラマウント・ピクチャーズ




博士と彼女のセオリー
英題|The Theory of Everything
プロデューサー|ティム・ビーヴァン Tim Bevan
        エリック・フェルナー Eric Fellner
        リサ・ブルース Lisa Bruce
        アンソニー・マッカーテン Anthony McCarten
米国配給|フォーカス・フィーチャーズ




セッション
英題|Whiplash
プロデューサー|ジェイソン・ブラム Jason Blum
        ヘレン・エスタブルック Helen Estabrook
        デヴィッド・ランカスター David Lancaster
米国配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




【監督賞】 Directing

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
 作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman




リチャード・リンクレイター Richard Linklater
作品|6才のボクが、大人になるまで。
英題|Boyhood




ベネット・ミラー Bennett Miller
作品|フォックスキャッチャー
英題|Foxcatcher




ウェス・アンダーソン Wes Anderson
作品|グランド・ブダペスト・ホテル
英題|The Grand Budapest Hotel




モルテン・ティルドゥム Morten Tyldum
作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game




【主演男優賞】 Actor in a Leading Role

エディ・レッドメイン Eddie Redmayne
 作品|博士と彼女のセオリー
 英題|The Theory of Everything




スティーヴ・カレル Steve Carell
作品|フォックスキャッチャー
英題|Foxcatcher




ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper
作品|アメリカン・スナイパー
英題|American Sniper




ベネディクト・カンバーバッチ Benedict Cumberbatch
作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game




マイケル・キートン Michael Keaton
作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




【主演女優賞】 Actress in a Leading Role

ジュリアン・ムーア Julianne Moore
 作品|アリスのままで
 英題|Still Alice




マリオン・コティヤール Marion Cotillard
作品|サンドラの週末
英題|Two Days, One Night
原題|Deux jours, une nuit




フェリシティ・ジョーンズ Felicity Jones
作品|博士と彼女のセオリー
英題|The Theory of Everything




ロザムンド・パイク Rosamund Pike
作品|ゴーン・ガール
英題|Gone Girl




リース・ウィザースプーン Reese Witherspoon
作品|わたしに会うまでの1600キロ
英題|Wild




【助演男優賞】 Actor in a Supporting Role

J・K・シモンズ J.K. Simmons
 作品|セッション
 英題|Whiplash




ロバート・デュバル Robert Duvall
作品|ジャッジ 裁かれる判事
英題|The Judge




イーサン・ホーク Ethan Hawke
作品|6才のボクが、大人になるまで。
英題|Boyhood




エドワード・ノートン Edward Norton
作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




マーク・ラファロ Mark Ruffalo
作品|フォックスキャッチャー
英題|Foxcatcher




【助演女優賞】 Actress in a Supporting Role

パトリシア・アークエット Patricia Arquette
 作品|6才のボクが、大人になるまで。
 英題|Boyhood




ローラ・ダーン Laura Dern
作品|わたしに会うまでの1600キロ
英題|Wild




キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game




エマ・ストーン Emma Stone
作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




メリル・ストリープ Meryl Streep
作品|イントゥ・ザ・ウッズ
英題|Into the Woods




【脚本賞】 Writing (Original Screenplay)

作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman
 脚本|アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
    ニコラス・ヒアコボーネ Nicolás Giacobone
    アルマンド・ボー Armando Bo
    アレクサンダー・ディネラリス Alexander Dinelaris




作品|6才のボクが、大人になるまで。
英題|Boyhood
脚本|リチャード・リンクレイター Richard Linklater




作品|フォックスキャッチャー
英題|Foxcatcher
脚本|E・マックス・フライ E. Max Frye
   ダン・ファターマン Dan Futterman




作品|グランド・ブダペスト・ホテル
英題|The Grand Budapest Hotel
脚本|ウェス・アンダーソン Wes Anderson




作品|ナイトクローラー
英題|Nightcrawler
脚本|ダン・ギルロイ Dan Gilory




【脚色賞】 Writing (Adapted Screenplay)

作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game
脚本|グレアム・ムーア Graham Moore




作品|アメリカン・スナイパー
英題|American Sniper
脚本|ジェイソン・ディーン・ホール Jason Dean Hall




作品|インヒアレント・ヴァイス
英題|Inherent Vice
脚本|ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson




作品|博士と彼女のセオリー
英題|The Theory of Everything
脚本|アンソニー・マッカーテン Anthony McCarten




作品|セッション
英題|Whiplash
脚本|デイミアン・チャゼル Damien Chazelle




【撮影賞】 Cinematography

作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman
 撮影|エマニュエル・ルベツキ Emmanuel Lubezki




作品|グランド・ブダペスト・ホテル
英題|The Grand Budapest Hotel
撮影|ロバート・D・イェーマン Robert D. Yeoman




作品|イーダ
英題/原題|Ida
撮影|ウカシュ・ジャル Lukasz Zal
   リシャルト・レンチェフスキ Ryszard Lenczewski




作品|ターナー、光に愛を求めて
英題|Mr. Turner
撮影|ディック・ポープ Dick Pope




作品|不屈の男 アンブロークン
英題|Unbroken
撮影|ロジャー・ディーキンス Roger Deakins




【編集賞】 Film Editing

作品|セッション
 英題|Whiplash
 編集|トム・クロス Tom Cross




作品|アメリカン・スナイパー
英題|American Sniper
編集|ジョエル・コックス Joel Cox
   ゲイリー・ローチ Gary Roach




作品|6才のボクが、大人になるまで。
英題|Boyhood
編集|サンドラ・エイデアー Sandra Adair




作品|グランド・ブダペスト・ホテル
英題|The Grand Budapest Hotel
編集|バーニー・ピリング Barney Pilling




作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game
編集|ウィリアム・ゴールデンバーグ William Goldenberg


【プロダクション・デザイン賞】 Production Design

作品|グランド・ブダペスト・ホテル
 英題|The Grand Budapest Hotel
 美術|アダム・ストックハウゼン Adam Stockhausen
    アンナ・ピノック Anna Pinnock




作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game
美術|マリア・ジャーコヴィク Marja Durjovic
   タチアナ・マクドナルド Tatiana MacDonald




作品|インターステラー
英題|Interstellar
美術|ネイサン・クロウリー Nathan Crowley
   ゲイリー・フェティス Gary Fettis




作品|イントゥ・ザ・ウッズ
英題|Into the Woods
美術|デニス・ガスナー Dennis Gassner
   アンナ・ピノック Anna Pinnock




作品|ターナー、光に愛を求めて
英題|Mr. Turner
美術|スージー・デイヴィス Suzie Davies
   シャーロット・ワッツ Charlotte Watts




【衣装デザイン賞】 Costume Design

作品|グランド・ブダペスト・ホテル
 英題|The Grand Budapest Hotel
 美術|ミレーナ・カノネロ Milena Canonero




作品|インヒアレント・ヴァイス
英題|Inherent Vice
美術|マーク・ブリッジス Mark Bridges




作品|イントゥ・ザ・ウッズ
英題|Into the Woods
美術|コリーン・アトウッド Colleen Atwood




作品|マレフィセント
英題|Maleficent
美術|アンナ・B・シェパード Anna B. Sheppard
   ジェーン・クライヴ Jane Clive




作品|ターナー、光に愛を求めて
英題|Mr. Turner
美術|ジャクリーヌ・デュラン Jacqueline Durran




【メイクアップ&ヘアスタイリング賞】 Makeup and Hairstyling

作品|グランド・ブダペスト・ホテル
 英題|The Grand Budapest Hotel
 ヘアメイク|Frances Hannon
       Mark Coulier




作品|フォックスキャッチャー
英題|Foxcatcher
ヘアメイク|Bill Corso
      Dennis Liddiard




作品|ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題|Guardians of the Galaxy
ヘアメイク|Elizabeth Yianni-Georgiou
      David White




【作曲賞】 Music (Original Score)

作品|グランド・ブダペスト・ホテル
 英題|The Grand Budapest Hotel
 作曲|アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat




作品|イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
英題|The Imitation Game
作曲|アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat




作品|インターステラー
英題|Interstellar
作曲|ハンス・ジマー Hans Zimmer




作品|ターナー、光に愛を求めて
英題|Mr. Turner
作曲|ゲイリー・ヤーション Gary Yershon




作品|博士と彼女のセオリー
英題|The Theory of Everything
作曲|ヨハン・ヨハンソン Jóhann Jóhannsson




【主題歌賞(歌曲賞)】 Music (Original Song)

楽曲|Glory(英題)
 作詞/作曲|ジョン・レジェンド John Legend (as John Stephens)
       コモン Common (as Lonnie Lynn)
 歌唱|ジョン・レジェンド John Legend
    コモン Common
 作品|グローリー/明日(あす)への行進
 英題|Selma




楽曲|Lost Stars(英題)
歌唱|キーラ・ナイトレイ Keira Knightley
   アダム・レヴィーン Adam Levine
作詞/作曲|Gregg Alexander
      Danielle Brisebois
作品|はじまりのうた
英題|Begin Again




楽曲|I’m Not Gonna Miss You(英題)
歌唱|グレン・キャンベル Glen Campbell
作詞/作曲|グレン・キャンベル Glen Campbell
      ジュリアン・レイモンド Julian Raymond
作品|Glen Campbell: I'll Be Me(英題)




楽曲|Everything Is Awesome(英題)
歌唱|ティーガン&サラ feat. ザ・ロンリー・アイランド
   Tegan and Sara featuring The Lonely Island
作詞/作曲|ショーン・パターソン Shawn Patterson
作品|LEGO(R)ムービー
英題|The Lego Movie




楽曲|Grateful(英題)
歌唱|リタ・オラ Rita Ora
作詞/作曲|ダイアン・ウォーレン Diane Warren
作品|Beyond the Lights(英題)




【音響調整賞(録音賞)】 Sound Mixing

作品|セッション
 英題|Whiplash
 音響|Craig Mann
    Ben Wilkins
    Thomas Curley




作品|アメリカン・スナイパー
英題|American Sniper
音響|John Reitz
   Gregg Rudloff
   Walt Martin




作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman
音響|Jon Taylor
   Frank A. Montaño
   Thomas Varga




作品|インターステラー
英題|Interstellar
音響|Gary A. Rizzo
   Gregg Landaker
   Mark Weingarten




作品|不屈の男 アンブロークン
英題|Unbroken
音響|Jon Taylor
   Frank A. Montaño
   David Lee




【音響編集賞(音響効果賞)】 Sound Editing

作品|アメリカン・スナイパー
 英題|American Sniper
 音響|Alan Robert Murray
    Bub Asman




作品|バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題|Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman
音響|Martin Hernández
   Aaron Glascock




作品|ホビット 決戦のゆくえ
英題|The Hobbit: The Battle of the Five Armies
音響|Brent Burge
   Jason Canovas




作品|インターステラー
英題|Interstellar
音響|Richard King




作品|不屈の男 アンブロークン
英題|Unbroken
音響|Becky Sullivan
   Andrew DeCristofaro




【視覚効果賞】 Visual Effects

作品|インターステラー
 英題|Interstellar
 音響|Paul Franklin
    Andrew Lockley
    Ian Hunter
    Scott Fisher




作品|キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
英題|Captain America: The Winter Soldier
音響|Dan DeLeeuw
   Russell Earl
   Bryan Grill
   Dan Sudick




作品|猿の惑星:新世紀(ライジング)
英題|Dawn of the Planet of the Apes
音響|Joe Letteri
   Dan Lemmon
   Daniel Barrett
   Erik Winquist




作品|ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
英題|Guardians of the Galaxy
音響|Stephane Ceretti
   Nicolas Aithadi
   Jonathan Fawkner
   Paul Corbould




作品|X-MEN:フューチャー&パスト
英題|X-Men: Days of Future Past
音響|Richard Stammers
   Lou Pecora
   Tim Crosbie
   Cameron Waldbauer




【外国語映画賞】 Foreign Language Film

イーダ
 原題/英題|Ida
 監督|パヴェウ・パヴリコフスキ Pawel Pawlikowski
 製作国|ポーランド




人生スイッチ
英題|Wild Tales
原題|Relatos salvajes
監督|ダミアン・ジフロン Damian Szifron(Damián Szifrón)
製作国|アルゼンチン




みかんの丘
別邦題|タンジェリン(←EUフィルムデーズ2015での邦題)
英題|Tangerines
原題|Mandariinid
監督|ザザ・ウルシャゼ Zaza Urushadze
製作国|エストニア




禁じられた歌声
原題/英題|Timbuktu
監督|アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
製作国|モーリタニア




裁かれるは善人のみ
英題|Leviathan
原題|Leviafan / Левиафан
監督|アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
製作国|ロシア




【長編アニメーション映画賞】 Animated Feature Film

ベイマックス
 英題|Big Hero 6
 監督|ドン・ホール Don Hall
    クリス・ウィリアムズ Chris Williams
 米国配給|ウォルト・ディズニー・スタジオズ




The Boxtrolls(英題)
監督|グラハム・アナベル Graham Annable
   アンソニー・スタッチ Anthony Stacchi
米国配給|フォーカス・フィーチャーズ




ヒックとドラゴン2
英題|How to Train Your Dragon 2
監督|ディーン・デュボア Dean DeBlois
米国配給|20世紀フォックス




ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
英題|Song of the Sea
監督|トム・ムーア Tomm Moore
米国配給|Gkids




かぐや姫の物語
英題|The Tale of Princess Kaguya
監督|高畑勲 Isao Takahata
米国配給|Gkids




【長編ドキュメンタリー映画賞】 Documentary (Feature)

シチズンフォー スノーデンの暴露
 英題|Citizenfour
 監督|ローラ・ポイトラス Laura Poitras
 製作国|ドイツ / アメリカ
 製作会社|Praxis Films
 米国配給|RADiUS-TWC




ヴィヴィアン・マイヤーを探して
英題|Finding Vivian Maier
監督|ジョン・マルーフ John Maloof
   チャーリー・シスケル Charlie Siskel
製作国|アメリカ
製作会社|Ravine Pictures
米国配給|サンダンス・セレクツ




Last Days in Vietnam(英題)
監督|ロリー・ケネディ Rory Kennedy
製作国|アメリカ
製作会社|Moxie Firecracker Films
米国配給|American Experience Films




セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
英題|The Salt of the Earth
監督|ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
   ジュリアーノ・リベイロ・サルガド Juliano Ribeiro Salgado
製作国|フランス / イタリア / ブラジル
製作会社|Decia Films
米国配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




ヴィルンガ
英題|Virunga
監督|オーランド・フォン・アインジーデル Orlando von Einsiedel
製作国|イギリス / コンゴ
製作会社|Grain Media
米国配給(配信)|ネットフリックス




【短編実写映画賞】 Short Film (Live Action)

一本の電話(←SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2014での邦題)
 英題|The Phone Call
 監督|マット・カークビー Mat Kirkby
 製作国|イギリス
 制作会社|RSA Films
 http://www.imdb.com/title/tt3071532/




Aya(原題)
監督|Oded Binnun
   Mihal Brezis
製作国|フランス / イスラエル
制作会社|Chasis Films
http://www.imdb.com/title/tt2326094/




Boogaloo and Graham(英題)
監督|マイケル・レノックス Michael Lennox
製作国|イギリス
制作会社|Out of Orbit
http://www.imdb.com/title/tt3612232/




チベットの埃
英題|Butter Lamp
原題|La lampe au beurre de yak
監督|Wei Hu
製作国|フランス / 中国
制作会社|AMA Productions
http://www.imdb.com/title/tt2922078/




Parvaneh(原題)
監督|Talkhon Hamzavi
製作国|スイス
制作会社|Zurich University of Arts
     Hiddenframe(←IMDb による)
http://www.imdb.com/title/tt3008010/




【短編アニメーション映画賞】 Short Film (Animated)

愛犬とごちそう
 英題|Feast
 監督|パトリック・オズボーン Patrick Osborne
 製作国|アメリカ
 制作|Walt Disney Animation Studios




ザ・ビガー・ピクチャー(←2014年〔第15回〕広島国際アニメーションフェスティバルでの邦題)
英題|The Bigger Picture
監督|デイジー・ジェイコブス Daisy Jacobs
製作国|イギリス
制作|National Film and Television School




ダム・キーパー
英題|The Dam Keeper
監督|ロバート・コンドウ Robert Kondo
   堤大介 Daisuke 'Dice' Tsutsumi
製作国|アメリカ
制作|Tonko House




Me and My Moulton(英題)
監督|トーリル・コーヴェ Torill Kove
製作国|カナダ / ノルウェイ
制作|Mikrofilm in co-production with the National Film Board of Canada




人間の一生
英題|A Single Life
監督|Joris Oprins
製作国|オランダ
制作|Job, Joris & Marieke




【短編ドキュメンタリー映画賞】 Documentary (Short Subject)

Crisis Hotline: Veterans Press 1(英題)
 監督|Ellen Goosenberg Kent
 制作会社|Perry Films
 製作国|アメリカ




ヨアンナ(←ポーランド映画祭2016での邦題)
原題/英題|Joanna http://www.imdb.com/title/tt2976354/
監督|アネタ・コパチ Aneta Kopacz
制作会社|Wajda Studio
製作国|ポーランド
『Joanna』の撮影は、『イーダ』の撮影監督のひとりであるウカシュ・ジャル(Lukasz Zal)が担当。




私たちの受難(←2014年札幌国際短編映画祭での邦題)
英題|Our Curse
原題|Nasza klatwa
監督|トーマシュ・シリヴィンスキ Tomasz Śliwiński(Tomasz Sliwinski)
制作会社|Warsaw Film School
製作国|ポーランド




パーカー(←2015年〔第12回〕ラテンビート映画祭での邦題)
英題|The Reaper
原題|La Parka
監督|ガブリエル・セラ・アルゲージョ Gabriel Serra
制作会社|Centro de Capacitación Cinematográfica
製作国|メキシコ




White Earth(英題)
監督|Christian Jensen ※ スタンフォード大学(Stanford University)
制作会社|Weary Traveler
製作国|アメリカ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Oscars 2015
Birdman Spoof - Oscars 2015 - Neil Patrick Harris


『バードマン あるいは』と『セッション』のパロディ。




共通テーマ:映画

「クランクイン!」の記事より|「意外な作品が受賞する可能性も!? 大逆転狙えるアカデミー賞の投票システム」

アカデミー賞関連の記事で最も有意義な記事ではないかと思います。全文を読んでみるとタメになりますよ、きっと。 日本の映画ポータルサイトは、(その存在意義などとっくの昔に失っている)ラジー賞のことなんて放っておいて、こういう内容の記事やインディペンデント・スピリット賞の結果を載せるべきじゃないのかなあ。



クランクイン!  2015年02月22日付け記事
意外な作品が受賞する可能性も!? 大逆転狙えるアカデミー賞の投票システム(文:猿渡由紀)
今年のアカデミー賞作品賞部門は、『6才のボクが、大人になるまで。』と『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の大接戦。どちらが取ってもおかしくない状況だが、その鍵となる投票システムについては、意外に知られていない。 <中略> アカデミー賞の作品部門は、投票者が候補作の中から1本を選ぶシンプルな投票方法ではなく、良いと思う順に候補作に番号をつける方式を取っている。今年は候補作が8作品なので、1番から8番まで順番をつけるわけだ。票が出揃った段階で、1番の票の獲得数が最も少なかった作品は除外され、その作品に投票した投票者の2番の票が1番に変わる。どれか1作品が、全投票者の50%を獲得するまで、そのプロセスが繰り返されるというわけだ。自分が1番に選んだ作品が賞を取らなかったにしても、2番、3番に良いと思ったのはこれだ、という意思表示が投票の結果に反映されるのが、この方法の利点。 <中略> アカデミー賞の集計を行うプライスウォーターハウス・クーパーズの代表は、Los Angeles Times紙に対して、「最終的に賞を取るのは、多くの人が3番、4番、あるいは5番に挙げた作品であることが多い」と明かしている。


ノミネーションを決める投票の時も、作品賞に関しては順位を付けるんですよね。今現在のルールでは最大10作品まで選べるので、自分が良いと思った順に最大10作品を選んで、自分が良いと思う順に1位から順番を付ける。ただし、最大10作品選べるけれど必ずしも10作品を選ぶ必要はなく、仮に良いと思った作品が3つしかなければその3作品に1位から3位まで順位をつけて投票してもいいそうです。1作品しかないと思えば1作品のみで投票してもよい、と。

受賞決定のための投票でもノミネート作品に1位から順に順位を付けて出してもいいし「受賞にふさわしいと自分が思う作品はこの作品」として1作品のみを選んで(=1位の欄にのみ記入して)投票してもいい。ただし今のルールでは(この記事内でも書かれているように)自分が受賞作としてふさわしいとして選んだ唯一の作品が「1位票の獲得数が最も少なかった作品」となってしまった場合は切り捨てられてしまうのでその人の意思は反映されない。2位以下の作品にも順位を付けておけば自分の意見が反映されやすくなる、と。そういうことですね。



「最終的に賞を取るのは、多くの人が3番、4番、あるいは5番に挙げた作品であることが多い」となると、さて、どうなるのか? こういうシステムだからこそ『グランド・ブダペスト・ホテル』『アメリカン・スナイパー』などの逆転受賞も有り、という予想も出てくるわけですね。でも、ここまで2強ムードが高まっていて、2強以外の作品が受賞!となったら……そりゃもう大騒ぎですよ。




共通テーマ:映画

2014年度インディペンデント・スピリット賞 受賞結果発表

明日のアカデミー賞も同じ結果になるのか?さて? ― 2014年度(第30回)インディペンデント・スピリット賞(The Independent Spirit Awards / 開催地:ロサンゼルス)の授賞式が行われ、受賞結果が発表されました。授賞式のホストはフレッド・アーミセン(Fred Armisen)とクリスティン・ベル(Kristen Bell)でした。なお、日本関連作品(『トレジャーハンター・クミコ(仮題)』『リノから来た男(仮題)』)は受賞を逃しました。



【参照記事】 
● indiewire  2015/02/21付け記事
 'Birdman' Wins Best Feature at 2015 Spirit Awards


● In-Contention  2015/02/21付け記事
 2015 Film Independent Spirit Awards winners and nominees


【公式サイト内での発表】 2015/02/21付け
2015 FILM INDEPENDENT SPIRIT AWARDS WINNERS ANNOUNCED



● インディペンデント・スピリット賞 公式サイト(トップページ)
 The Independent Spirit Awards

-------------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第30回)インディペンデント・スピリット賞 受賞結果
(The Independent Spirit Awards)


★印 … 受賞



作品賞 Best Film (Best Feature)
※ プロデューサーに与えられます。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman
 製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
    ジョン・レッシャー John Lesher
    アーノン・ミルチャン Arnon Milchan
    ジェームズ・W・スコッチドープル James W. Skotchdopole




6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
製作:リチャード・リンクレイター Richard Linklater
   ジョナサン・セリング Jonathan Sehring
   ジョン・スロス John Sloss
   キャスリーン・サザーランド Cathleen Sutherland




人生は小説よりも奇なり
英題:Love is Strange
製作:ルーカス・ホアキン Lucas Joaquin
   ラース・ヌードセン Lars Knudsen
   アイラ・サックス Ira Sachs
   ジェイン・バロン・シャーマン Jayne Baron Sherman
   ジェイ・ヴァン・ホイ Jay Van Hoy




グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma
製作:クリスチャン・コルソン Christian Colson
   デデ・ガードナー Dede Gardner
   ジェレミー・クライナー Jeremy Kleiner
   オプラ・ウィンフリー Oprah Winfrey




セッション
英題:Whiplash
製作:ジェイソン・ブラム Jason Blum
   ヘレン・エスタブルック Helen Estabrook
   デヴィッド・ランカスター David Lancaster
   マイケル・リトヴァク Michael Litvak




監督賞 Best Director

リチャード・リンクレイター Richard Linklater
 作品:6才のボクが、大人になるまで。
 英題:Boyhood



デイミアン・チャゼル Damien Chazelle
作品:セッション
英題:Whiplash



エヴァ・デュヴルネ Ava DuVernay
作品:グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro González Iñárritu
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman



デヴィッド・ゼルナー David Zellner
作品:トレジャーハンター・クミコ
英題:Kumiko, The Treasure Hunter




第一回作品賞 Best First Feature
※ 監督とプロデューサーに与えられます。

ナイトクローラー
 英題:Nightcrawler
 監督:ダン・ギルロイ Dan Gilroy
 製作:ジャニファー・フォックス Jennifer Fox
    トニー・ギルロイ Tony Gilroy
    ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
    デヴィッド・ランカスター David Lancaster
    マイケル・リトヴァク Michael Litvak




ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女
英題:A Girl Walks Home Alone at Night
監督:アナ・リリー・アマポアー Ana Lily Amirpour
製作:Justin Begnaud
   Sina Sayyah




Dear White People
監督:ジャスティン・シミエン Justin Simien
製作:ジャスティン・シミエン Justin Simien
   エフィー・T・ブラウン Effie T. Brown
   Ann Le
   ジュリア・レベデフ Julia Lebedev
   アンヘル・ロペス Angel Lopez
   Lena Waithe




Obvious Child
監督:Gillian Robespierre
製作:エリザベス・ホルム Elisabeth Holm




She’s Lost Control
監督:Anja Marquardt
製作:Anja Marquardt
   モリー・アッシャー Mollye Asher
   キアラ・C・ジョーンズ Kiara C. Jones




ジョン・カサヴェテス賞 John Cassavetes Award
※ 50万ドル以下の製作費の作品が対象。 賞は、脚本家・監督・プロデューサーに与えられます。

Land Ho!
 脚本/監督:アーロン・カッツ Aaron Katz
      マーサ・スティーブンス Martha Stephens
 製作:クリスティーナ・ジェニングス Christina Jennings
    マイネット・ルーイー Mynette Louie
    サラ・マーフィ Sara Murphy




ブルー・リベンジ
英題:Blue Ruin
脚本/監督 ジェレミー・ソルニエ Jeremy Saulnier
製作:リチャード・ピート Richard Peete
   ヴィンセント・サヴィーノ Vincent Savino
   アニシュ・サヴィアーニ Anish Savjan




It Felt Like Love
脚本/監督:エリザ・ヒットマン Eliza Hittman
製作:エリザ・ヒットマン Eliza Hittman
   Shrihari Sathe
   ローラ・ワグナー Laura Wagner



リノから来た男(仮題)
別邦題:マンフロムリノ(←2015年〔第10回〕大阪アジアン映画祭での邦題)
英題:Man From Reno
監督:デイヴ・ボイル Dave Boyle
脚本:デイヴ・ボイル Dave Boyle
   ジョエル・クラーク Joel Clark
   マイケル・ラーマン Michael Lerman
製作:コウ・モリ Ko Mori
出演:藤谷文子、北村一輝、ペペ・セルナ、他




Test
脚本/監督:クリス・メイソン・ジョンソン Chris Mason Johnson
製作:クリス・メイソン・ジョンソン Chris Mason Johnson
   クリス・マーティン Chris Martin




脚本賞 Best Screenplay

ダン・ギルロイ Dan Gilory
 作品:ナイトクローラー
 英題:Nightcrawler



スコット・アレクサンダー Scott Alexander
ラリー・カラゼウスキー Larry Karaszewski
作品:ビッグ・アイズ
英題:Big Eyes



J・C・チャンダー J.C. Chandor
作品:アメリカン・ドリーマー 理想の代償
英題:A Most Violent Year



ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
作品:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
英題:Only Lovers Left Alive



アイラ・サックス Ira Sachs
マウリシオ・ザカリーアス Mauricio Zacharias
作品:人生は小説よりも奇なり
英題:Love Is Strange




第一回脚本賞 Best First Screenplay

ジャスティン・シミエン Justin Simien
 作品:Dear White People



デジリー・アッカヴァン Desiree Akhavan 
作品:ハンパな私じゃダメかしら?(←2015年〔第24回〕東京国際レズビアン&ゲイ映画祭での邦題)
英題:Appropriate Behavior



サラ・コランジェロ Sara Colangelo
作品:リトル・アクシデント 闇に埋もれた真実
英題:Little Accidents



ジャスティン・レーダー Justin Lader
作品:The One I Love



Anja Marquardt
作品:She’s Lost Control




主演女優賞 Best Actress (Best Female Lead)

ジュリアン・ムーア Julianne Moore
 作品:アリスのままで
 英題:Still Alice



マリオン・コティヤール Marion Cotillard
作品:エヴァの告白
英題:The Immigrant



菊地凛子 Rinko Kikuchi
作品:トレジャーハンター・クミコ
英題:Kumiko, The Treasure Hunter



ジェニー・スレイト Jenny Slate
作品:Obvious Child



ティルダ・スウィントン Tilda Swinton
作品:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
英題:Only Lovers Left Alive




主演男優賞 Best Actor (Best Male Lead)

マイケル・キートン Michael Keaton
 作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman



アンドレ・ベンジャミン André Benjamin
作品|JIMI:栄光への軌跡
英題:All Is by My Side(Jimi: All Is By My Side)



ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



ジョン・リスゴー John Lithgow
作品:人生は小説よりも奇なり
英題:Love Is Strange




デヴィッド・オイェロウォ David Oyelowo
作品:グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma




助演女優賞 Best Supporting Actress (Best Supporting Female)

パトリシア・アークエット Patricia Arquette
 作品:6才のボクが、大人になるまで。
 英題:Boyhood



ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain
作品:アメリカン・ドリーマー 理想の代償
英題:A Most Violent Year



カーメン・イジョゴ Carmen Ejogo
作品:グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma



アンドレア・スアレス・パス Andrea Suarez Paz
作品:Stand Clear of the Closing Doors



エマ・ストーン Emma Stone
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




助演男優賞 Best Supporting Actor (Best Supporting Male)

J・K・シモンズ J.K. Simmons
 作品:セッション
 英題:Whiplash



リズ・アーメッド Riz Ahmed
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



イーサン・ホーク Ethan Hawke
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



アルフレッド・モリーナ Alfred Molina
作品:人生は小説よりも奇なり
英題:Love Is Strange



エドワード・ノートン Edward Norton
作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
   (短縮バージョンの英題)Birdman




撮影賞 Best Cinematography

エマニュエル・ルベツキ Emmanuel Lubezki
 作品:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 英題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
    (短縮バージョンの英題)Birdman



ダリウス・コンジ Darius Khondji
作品:エヴァの告白 
英題:The Immigrant



ショーン・ポーター Sean Porter
作品:It Felt Like Love



ライル・ヴィンセント Lyle Vincent
作品:ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女
英題:A Girl Walks Home Alone at Night



ブラッドフォード・ヤング Bradford Young
作品:グローリー/明日(あす)への行進
英題:Selma




編集賞 Best Editing

トム・クロス Tom Cross
 作品:セッション
 英題:Whiplash



サンドラ・エイデアー Sandra Adair
作品:6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood



ジョン・ギルロイ John Gilroy
作品:ナイトクローラー
英題:Nightcrawler



ロン・パテイン Ron Patane
作品:アメリカン・ドリーマー 理想の代償
英題:A Most Violent Year



アダム・ウィンガード Adam Wingard
作品:ザ・ゲスト
英題:The Guest




ドキュメンタリー賞 Best Documentary
※ 監督に与えられます。

シチズンフォー スノーデンの暴露
 英題:Citizenfour
 監督:ローラ・ポイトラス Laura Poitras
 製作:ローラ・ポイトラス Laura Poitras
    マティルド・ボンフォワ Mathilde Bonnefoy
    Dirk Wilutzky



ニック・ケイヴ 20,000デイズ・オン・アース
英題:20,000 Days on Earth
監督:イアン・フォーサイス Iain Forsyth
   ジェーン・ポラード Jane Pollard
製作:ダン・ボーエン Dan Bowen
   ジェームズ・ウィルソン James Wilson



Stray Dog
監督:デブラ・グラニック Debra Granik
製作:アン・ロッセリーニ Anne Rosellini



セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
英題:The Salt of the Earth
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
   ジュリアーノ・リベイロ・サルガド Juliano Ribeiro Salgado
製作:デイヴィッド・ロジエ David Rosier



ヴィルンガ
英題:Virunga
監督:オーランド・フォン・アインジーデル Orlando von Einsiedel
製作:オーランド・フォン・アインジーデル Orlando von Einsiedel
   Joanna Natasegara




外国映画賞(国際映画賞) Best International Film
※ 監督に与えられます。

イーダ
 原題/英題:Ida
 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ Pawel Pawlikowski
 製作国:ポーランド



フレンチアルプスで起きたこと
別邦題:ツーリスト(←2014年東京国際映画祭での邦題)
英題:Turist
原題:Force Majeure
監督:リューベン・オストルンド Ruben Östlund 
製作国:スウェーデン



裁かれるは善人のみ
英題:Leviathan
原題:Leviafan / Левиафан
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ Andrey Zvyagintsev
製作国:ロシア



Mommy/マミー
英題:Mommy
監督:グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
製作国:カナダ



北(ノルテ) ― 歴史の終わり(←2013年東京国際映画祭での邦題)
英題:Norte, The End of History
原題:Norte, Hangganan ng Kasaysayan
監督:ラヴ・ディアス Lav Diaz
製作国:フィリピン



アンダー・ザ・スキン 種の捕食
英題:Under the Skin
監督:ジョナサン・グレイザー Jonathan Glazer
製作国:イギリス




ロバート・アルトマン賞 Robert Altman Award
※ 監督、キャスティング・ディレクター、演者たち〔アンサンブル・キャスト〕に与えられます。

インヒアレント・ヴァイス(旧邦題:LAヴァイス) 
英題:Inherent Vice
監督:ポール・トーマス・アンダーソン Paul Thomas Anderson
キャスティング・ディレクター:カサンドラ・クルクンディス Cassandra Kulukundis
出演:ジョシュ・ブローリン Josh Brolin
   マーティン・ドノヴァン Martin Donovan
   ジェナ・マローン Jena Malone
   ジョアンナ・ニューサム Joanna Newsom
   ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix
   エリック・ロバーツ Eric Roberts
   マーヤ・ルドルフ Maya Rudolph
   マーティン・ショート Martin Short
   セレナ・スコット・トーマス Serena Scott Thomas
   ベニチオ・デル・トロ Benicio Del Toro
   キャサリン・ウォーターストン Katherine Waterston
   マイケル・ケネス・ウィリアムズ Michael Kenneth Williams
   オーウェン・ウィルソン Owen Wilson
   リース・ウィザースプーン Reese Witherspoon




特別栄誉賞 Special Distinction Award

フォックスキャッチャー
英題:Foxcatcher
監督:ベネット・ミラー Bennett Miller
製作:ベネット・ミラー Bennett Miller
   アンソニー・ブレグマン Anthony Bregman
   ミーガン・エリソン Megan Ellison
   ジョン・キリク Jon Kilik
脚本:E・マックス・フライ E. Max Frye
   ダン・ファターマン Dan Futterman
出演:スティーヴ・カレル Steve Carell
   マーク・ラファロ Mark Ruffalo
   チャニング・テイタム Channing Tatum




製作者賞 Piaget Producers Award
※ 新進のプロデューサーに贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

クリス・オルソン Chris Ohlson

チャド・バーリス Chad Burris

エリザベス・ホルム Elisabeth Holm



Someone to Watch Award
※ 適切な認知を受けていない映画製作者に贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

H.
 監督:Rania Attieh
    ダニエル・ガルシア Daniel Garcia



ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女
英題:A Girl Walks Home Alone at Night
監督:アナ・リリー・アマポアー Ana Lily Amirpour



The Retrieval
監督:クリス・エスカ Chris Eska




Truer Than Fiction Award
※ 大きな認知をまだ受けていないノンフィクション映画の映画製作者に贈られます。 25,000ドルの無制限の補助金も授与。

The Kill Team
 監督:ダン・クラウス Dan Krauss



Approaching the Elephant
監督:アマンダ・ローズ・ワイルダー Amanda Rose Wilder



Evolution of a Criminal
監督:ダリウス・クラーク・モンロー Darius Clark Monroe



The Last Season
監督:サラ・ドーサ Sara Dosa


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

● 明日はどうなるかなあ? 作品賞と監督賞が逆になる? さて………

● 『トレジャーハンター・クミコ(仮題)』チームも『リノから来た男(仮題)』も受賞ならずでしたが、ここにノミネートされたこと自体がおそらく ”勝ち” なので。菊地凛子さんは同伴者はいたのかどうなのか?菊地さんは映画の中のほうが若くみえますね。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

ヴァン・モリソン「サムワン・ライク・ユー」|映画『アメリカン・スナイパー』挿入曲

クリント・イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』(英題:American Sniper)には音楽のクレジット(="Music by" credit)が無いそうです。確かに、IMDb にも掲載がありません。(追加音楽〔additional music〕の作曲家として Joseph S. DeBeasi が載っています。)



サントラ曲として IMDb に載っている曲は3つ。


● Taya's Theme (英題の読み|タヤズ・テーマ)
 作曲:クリント・イーストウッド Clint Eastwood
 パフォーマー:Gennady Loktionov


● 「サムワン・ライク・ユー」 英題:Someone Like You
 作詞作曲:ヴァン・モリソン Van Morrison
 パフォーマー:ヴァン・モリソン Van Morrison


● The Funeral(英題の読み|ザ・フューネラル)
 作曲:エンニオ・モリコーネ Ennio Morricone
 指揮:エンニオ・モリコーネ Ennio Morricone




「サムワン・ライク・ユー」(Someone like You)は、ヴァン・モリソン(Van Morrison)が1987年にリリースしたアルバム「ポエティック・チャンピオンズ・コンポーズ」(Poetic Champions Compose)に収録され、同年にシングルカットされています。

今までにも映画の挿入曲として何回か使われています。『キスへのプレリュード』(1992年)、『フレンチ・キス』(1995年)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)、そして英題がサムワン・ライク・ユー(Someone like You)というそのものズバリの『恋する遺伝子』(2001年)など。



ヴァン・モリソン「サムワン・ライク・ユー」
Van Morrison - Someone like You


ヴァン・モリソンは2015年2月現在、69歳。

● ヴァン・モリソン「サムワン・ライク・ユー」 歌詞(英語) (LyricsFreak より)
http://www.lyricsfreak.com/v/van+morrison/someone+like+you_20143117.html






作曲:エンニオ・モリコーネ
American Sniper|Ending/Credits Song
Ennio Morricone - The Funeral


エンニオ・モリコーネは2015年2月現在、86歳。






作曲:クリント・イーストウッド
American Sniper|Clint Eastwood - Taya’s Theme


クリント・イーストウッドは2015年2月現在、84歳。



タグ:その他

共通テーマ:映画

【フランスの映画賞】2014年度セザール賞 受賞結果

2014年度(第40回)セザール賞の授賞式が行われ、受賞結果が発表になりました。

クリステン・スチュワートがアメリカ人の女優として初めてセザール賞を受賞(助演女優賞部門)しています。アメリカ人俳優で初受賞ではなく、アメリカ人女優で初受賞です。ちなみに、アメリカ人俳優の初受賞(アメリカ人男優の初受賞)は2003年度のエイドリアン・ブロディ。


【参照記事】 
● AwardsDaily  2015/02/20付け記事
Kristen Stewart becomes first American actress to win a Cesar award

● In-Contention  2015/02/20付け記事
'Timbuktu,' 'Mommy,' Kristen Stewart win César Awards


【公式サイト内での発表】
Palmares 2015 - 40 th cesar award ceremony



● セザール賞 公式サイト(トップページ) César du cinéma français

----------------------------------------------------------------------------------------

2014年度(第40回)セザール賞 受賞結果
(Cesar Awards/Cesar du cinema francais)

★印 … 受賞


作品賞 Best Film

Timbuktu



Les Combattants
英題:Love at First Fight



イースタン・ボーイズ
(↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題/英題:Eastern Boys



エール!
原題:La Famille Bélier
英題:The Bélier Family



Saint Laurent
(監督:ベルトラン・ボネロ Bertrand Bonello)



ヒポクラテスの子供達
(↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates



アクトレス 女たちの舞台
原題:Sils Maria
英題:Clouds of Sils Maria





監督賞 Best Director

アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
 作品:Timbuktu



セリーヌ・シアマ Céline Sciamma(Celine Sciamma)
作品:Bande De Filles
英題:Girlhood



トマ・カイリー(トーマス・カイリー) Thomas Cailley
作品:Les Combattants
英題:Love at First Fight



ロバン・カンピヨ Robin Campillo
作品:イースタン・ボーイズ
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題/英題:Eastern Boys



トマ・リルティ Thomas Lilti
作品:ヒポクラテスの子供達
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates



ベルトラン・ボネロ Bertrand Bonello
作品:Saint Laurent



オリヴィエ・アサヤス Olivier Assayas
作品:アクトレス 女たちの舞台
原題:Sils Maria
英題:Clouds of Sils Maria




新人監督作品賞(第一回監督賞) Best First Film

Les Combattants
 英題:Love at First Fight
 監督:トマ・カイリー(トーマス・カイリー) Thomas Cailley



Elle L’Adore
監督:Jeanne Herry



Fidelio, L’Odyssée D’Alice
英題:Fidelio, Alice's Odyssey
監督:Lucie Borleteau



Party Girl
監督:マリー・アマシューケリ Marie Amachoukeli (Marie Amachoukeli-Barsacq)
   クレール・ブルジェ Claire Burger
   サミュエル・セイス Samuel Theis



Qu’Allah Bénisse La France
英題:May Allah Bless France!
監督:Abd Al Malik



外国映画賞 Best Foreign Film

Mommy/マミー  
 英題:Mommy
 監督:グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan



6才のボクが、大人になるまで。
英題:Boyhood
監督:リチャード・リンクレイター Richard Linklater



グランド・ブダペスト・ホテル
英題:The Grand Budapest Hotel
監督:ウェス・アンダーソン Wes Anderson



サンドラの週末
英題:Two Days, One Night
原題:Deux jours, une nuit
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ Jean-Pierre Dardenne
   リュック・ダルデンヌ Luc Dardenne



イーダ
原題/英題:Ida
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ(パヴェル・パヴリコフスキー) Pawel Pawlikowski



それでも夜は明ける
英題:12 Years a Slave
監督:スティーブ・マックイーン Steve McQueen



雪の轍(わだち)
英題:Winter Sleep
原題:Kis Uykusu
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン Nuri Bilge Ceylan




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
 英題:The Salt of the Earth
 監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
    ジュリアーノ・リベイロ・サルガド Juliano Ribeiro Salgado



Caricaturistes – Fantassins De La Démocratie
英題:Cartoonists: Footsoldiers of Democracy
監督:Stéphanie Valloatto(Stephanie Valloatto)



Les Chèvres De Ma Mère
監督:ソフィー・オディエ Sophie Audier



La Cour De Babel
英題:School of Babel
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ Julie Bertuccelli



ナショナル・ギャラリー 英国の至宝
英題:National Gallery
監督:フレデリック・ワイズマン Frederick Wiseman




アニメーション映画賞 Best Animated Film

ミニスキュル 森の小さな仲間たち
 英題:Minuscule – Valley of the Lost Ants
 原題:Minuscule - La vallée des fourmis perdues
 監督:エレーヌ・ジロー Hélène Giraud(Helene Giraud)
    トマス・ザボ Thomas Szabo



Jack and the Cuckoo-Clock Heart
原題:Jack et la mécanique du coeur
監督:マティアス・マルジュー Mathias Malzieu
   Stéphane Berla(Stephane Berla)



ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
英題:Song of the Sea
原題:Le Chant De La Mer
監督:トム・ムーア Tomm Moore




主演男優賞 Best Actor

ピエール・ニネ Pierre Niney
 作品:イヴ・サンローラン(2014年)
 原題/英題:Yves Saint Laurent
 ※ イヴ・サンローラン財団が公認し製作協力しているほうの作品。



ロマン・デュリス Romain Duris
作品:彼は秘密の女ともだち
英題:The New Girlfriend
原題:Une Nouvelle Amie



ギャスパー・ウリエル Gaspard Ulliel
作品:Saint Laurent



ギョーム・カネ Guillaume Canet
作品:La Prochaine Fois Je Viserai Le Coeur
英題:Next Time I'll Aim for the Heart



ニエル・アレストリュプ Niels Arestrup
作品:パリよ、永遠に
原題:Diplomatie
英題:Diplomacy



フランソワ・ダミアン François Damiens(Francois Damiens)
作品:エール!
原題:La Famille Bélier
英題:The Bélier Family



ヴァンサン・ラコスト Vincent Lacoste
作品:ヒポクラテスの子供達
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates




主演女優賞 Best Actress

アデル・エネル Adèle Haenel(Adele Haenel)
 作品:Les Combattants
 英題:Love at First Fight



ジュリエット・ビノシュ Juliette Binoche
作品:アクトレス 女たちの舞台
原題:Sils Maria
英題:Clouds of Sils Maria



カトリーヌ・ドヌーヴ Catherine Deneuve
作品:Dans La Cour
英題:In the Courtyard



マリオン・コティヤール Marion Cotillard
作品:サンドラの週末
原題:Deux jours, une nuit
英題:Two Days, One Night



エミリー・ドゥケンヌ Émilie Dequenne(Emilie Dequenne)
作品:Pas son genre
英題:Not My Type



サンドリーヌ・キベルラン Sandrine Kiberlain
作品:Elle L’Adore



カリン・ヴィアール Karin Viard
作品:エール!
原題:La Famille Bélier
英題:The Bélier Family




助演男優賞 Best Supporting Actor

レダ・カテブ Reda Kateb
 作品:ヒポクラテスの子供達
    (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
 原題:Hippocrate
 英題:Hippocrates



エリック・エルモスニーノ Eric Elmosnino
作品:エール!
原題:La Famille Bélier
英題:The Bélier Family



ジェレミー・レニエ Jérémie Renier(Jeremie Renier)
作品:Saint Laurent



ギヨーム・ガリエンヌ Guillaume Gallienne
作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent



ルイ・ガレル Louis Garrel
作品:Saint Laurent




助演女優賞 Best Supporting Actress

クリステン・スチュワート Kristen Stewart
 作品:アクトレス 女たちの舞台
 原題:Sils Maria
 英題:Clouds of Sils Maria



マリアンヌ・ドニクール Marianne Denicourt
作品:ヒポクラテスの子供達
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates



クロード・ジャンサック Claude Gensac
作品:素顔のルル(←フランス映画祭2014での邦題)
原題:Lulu Femme Nue
英題:Lulu in the Nude



イジア・イジュラン Izïa Higelin(Izia Higelin)
作品:サンバ
原題/英題:Samba



シャルロット・ルボン Charlotte Le Bon
作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent




新人賞(男性) Best Newcomer (Male)

Kevin Azaïs(Kevin Azais)
 作品:Les Combattants
 英題:Love at First Fight



Ahmed Dramé(Ahmed Drame)
作品:Les Héritiers
英題:Once in a Lifetime



キリル・エミリヤーノフ Kirill Emelyanov
作品:イースタン・ボーイズ
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題/英題:Eastern Boys



ピエール・ロシュフォール Pierre Rochefort
作品:Un Beau Dimanche
英題:Going Away



マーク・ジンガ Marc Zinga
作品:Qu’Allah Bénisse La France
英題:May Allah Bless France!




新人賞(女性) Best Newcomer (Female)

ルアーヌ・エメラ Louane Emera
 作品:エール!
 原題:La Famille Bélier
 英題:The Bélier Family



Lou de Laâge(Lou d Laage)
作品:呼吸 ― 友情と破壊
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Respire
英題:Breathe



ジョセフィーヌ・ジャピ Joséphine Japy(Josehine Japy)
作品:呼吸 ― 友情と破壊
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Respire
英題:Breathe



アリアーヌ・ラベド Ariane Labed
作品:Fidelio, L’Odyssée D’Alice
英題:Fidelio, Alice's Odyssey



Karidja Touré(Karidja Toure)
作品:Bande De Filles
英題:Girlhood




脚本賞 Best Original Screenplay

作品:Timbuktu



作品:Les Combattants
英題:Love at First Fight



作品:エール!
原題:La Famille Bélier
英題:The Bélier Family



作品:ヒポクラテスの子供達
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates



作品:アクトレス 女たちの舞台
原題:Sils Maria
英題:Clouds of Sils Maria




脚色賞 Best Adapted Screenplay

作品:パリよ、永遠に
 原題:Diplomatie
 英題:Diplomacy



作品:The Blue Room
原題:La chambre bleue



作品:Pas son genre
英題:Not My Type



作品:素顔のルル(←フランス映画祭2014での邦題)
原題:Lulu Femme Nue
英題:Lulu in the Nude



作品:La Prochaine Fois Je Viserai Le Coeur
英題:Next Time I'll Aim for the Heart




撮影賞 Best Cinematography

フォフィアン・エル・ファニ Sofian El Fani
作品:Timbuktu



クリストフ・ボーカルヌ Christophe Beaucarne
作品:美女と野獣
原題:La belle et la bête
英題:Beauty and the Beast



ジョゼ・デエー Josée Deshaies(Josee Deshaies)
作品:Saint Laurent



ヨリック・ル・ソー Yorick Le Saux
作品:アクトレス 女たちの舞台
原題:Sils Maria
英題:Clouds of Sils Maria



トマス・ハードマイアー Thomas Hardmeier
作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent




編集賞 Best Editing

作品:Timbuktu



作品:Les Combattants
英題:Love at First Fight



作品:ヒポクラテスの子供達
   (↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:Hippocrate
英題:Hippocrates



作品:Party Girl



作品:Saint Laurent




作曲賞 Best Original Score

作品:Timbuktu



作品:Bande De Filles
英題:Girlhood



作品:Bird People



作品:Les Combattants
英題:Love at First Fight



作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent




音響賞 Best Sound

作品:Timbuktu



作品:Bande De Filles
英題:Girlhood



作品:Bird People



作品:Les Combattants
英題:Love at First Fight



作品:Saint Laurent



美術賞 Best Art Direction(Best Set design)

作品:美女と野獣
 原題:La belle et la bête
 英題:Beauty and the Beast



作品:マルセイユ・コネクション(←2014年東京国際映画祭での邦題)
原題:La French
英題:The Connection



作品:Saint Laurent



作品:Timbuktu



作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent



衣装デザイン賞 Best Costume Design

作品:Saint Laurent
※ イヴ・サンローラン財団が公認せず衣装提供の協力を一切しなかったほうの作品。



作品:美女と野獣
原題:La belle et la bête
英題:Beauty and the Beast



作品:マルセイユ・コネクション(←2014年東京国際映画祭での邦題)
原題:La French
英題:The Connection



作品:彼は秘密の女ともだち
英題:The New Girlfriend
原題:Une Nouvelle Amie



作品:イヴ・サンローラン(2014年)
原題/英題:Yves Saint Laurent



短編実写映画賞 Best Short Film

リオの女
 (↑ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014での邦題)
 原題:La Femme De Rio


Aïssa


Inupiluk


Les Jours D’Avant


Où Je Mets Ma Pudeur


パリまでの道
(↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:La Virée A Paname




短編アニメーション映画賞 Best Animated Short

石ころ
 (↑ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014での邦題)
 原題:Les Petits Cailloux



Bang Bang!



ブッシュ・ド・ノエル
(↑2015年〔第5回〕マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルでの邦題)
原題:La Bûche De Noël



アナトルの小さなお鍋
(↑ひめじ国際短編映画祭2014での邦題)
原題:La Petite Casserole D’Anatole


---------------------------------------------------------------------------------------

【名誉賞】

名誉セザール賞 Cesar d'honneur (Honorary Cesar)

ショーン・ペン Sean Penn


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

● モーリタニアとフランスの共同製作のアブデラマン・シサコ監督作『Timbuktu』の圧勝。『Timbuktu』はアカデミー賞外国語映画賞部門にはモーリタニア代表作として出品されています。外国語映画賞部門の大本命は『イーダ』ですが、逆転があるとしてその逆転筆頭候補は『Timbuktu』ではないかとする予想もあります。

● 恐怖のイヴ・サンローラン対決(?)ですが、軍配は主演男優賞部門ではイヴ・サンローラン財団が公認したジャリル・レスペール監督版へ、そして衣装部門ではイヴ・サンローラン財団が公認せず衣装提供の協力を一切しなかったベルトラン・ボネロ監督版へ上がりました。まぁ痛み分けってところでしょうか。ギャスパー・ウリエルにとってはキツイ結果。衣装部門でベルトラン・ボネロ監督版のほうへ票が集まったというのは、不都合なことを描かれるのを嫌い公認しなかった了見の狭いイヴ・サンローラン財団へ対するフランス映画業界からの非難ととれるかも。

● 外国映画賞部門ではカナダのグザヴィエ・ドラン監督作『Mommy/マミー』が受賞。『Mommy/マミー』はフランスにとって外国映画であっても完全なる外国語映画ではない(『Mommy/マミー』はフランス語と英語を使用している模様。)のが有利に働いた……とかではないよね?

● クリステン・スチュワートはこの『Clouds of Sils Maria』でもそして『アリスのままで』でも評価が高かったので、受賞という結果が出てよかったですね。クリステン・スチュワートは2015年度にも賞レースで戦えそうな作品があるそうで、この受賞が2015年度の賞レースにおいて弾みになるのではないかと予測する声もあります。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画