So-net無料ブログ作成

【舞台演劇賞】2015年(第69回)トニー賞 ノミネーション 発表(その1)

(2015/06/08 追記)

2015年(第69回)トニー賞 受賞結果は こちら に載せてあります。


-----------------------------------------------------------------------------------------

(2015/04/29 記)


渡辺謙さん、快挙!!! 超特大の快挙!!! ブロードウェイでのミュージカル&演劇が審査対象のトニー賞で主演部門へ日本人俳優がノミネート、なんて!!

(加えて、ナンシー梅木〔=ミヨシ・ウメキ〕さんのキャリアの凄さにも改めてしみじみと感じ入ります。アカデミー賞受賞のみならずトニー賞のミュージカル主演女優賞部門やゴールデン・グローブ賞にもノミネートされていたなんて。ゴールデン・グローブ賞は計3回ノミネートされている。成人してから渡米し、アメリカのショービズ界でこんなに成功したなんて。ナンシー梅木さんがノミネートされた第13回トニー賞ミュージカル主演女優賞には2名しかノミネートされていないのですが、そのもう一人のノミニーはなんとグウェン・ヴァードン。)




【参照】
● Hollywood Reporter  2015/04/28付け記事
 Tony Awards Nominations Announced
( ttp://www.hollywoodreporter.com/news/tony-awards-nominations-announced-791965 )


● 公式サイト内での発表 (2015/04/28付け)
( ttp://www.tonyawards.com/en_US/nominees/index.html )


なお、今年(第69回)より、演劇音響デザイン賞(Best Sound Design of a Play)とミュージカル音響デザイン賞(Best Sound Design of a Musical)の表彰は無くなった模様。






2015年(第69回)トニー賞の審査対象となるのは2014年-2015年シーズンの作品(2015年は04月23日までに上演されたもの)です。


ノミネーションのアナウンスはメアリー=ルイーズ・パーカー(Mary-Louise Parker)とブルース・ウィリス(Bruce Willis)でした。



2015年(第69回)トニー賞ノミネーションアナウンスの様子。
渡辺謙さんがコールされるのは1:27あたり。

2015 Tony Awards - Nominations
(YouTube The Tony Awards 公式チャンネルより)







2015年(第69回)トニー賞の授賞式は、(現地日付で)2015年06月07日(日)の予定です。〔日本時間で06月08日(月)〕 授賞式会場は、ニューヨーク市のラジオシティ・ミュージックホール(Radio City Music Hall)。 トニー賞授賞式の司会はクリスティン・チェノウェス(Kristin Chenoweth)とアラン・カミング(Alan Cumming)です。




● トニー賞(The Tony Awards)公式サイト(トップページ)
 TonyAwards.com


● YouTube トニー賞(The Tony Awards)チャンネル
 http://www.youtube.com/user/OfficialTonyAwards/videos


---------------------------------------------------------------------------------------

シネマトゥデイ  2015/04/28付け記事
日本人初の快挙!渡辺謙、トニー賞主演男優賞にノミネート
( ttp://www.cinematoday.jp/page/N0072877 )

第69回トニー賞のノミネーションが、現地時間27日に発表され、俳優の渡辺謙(55)がミュージカル部門の主演男優賞にノミネートされたことがわかった。ミュージカル部門の主演男優賞には、日系アメリカ人のマコ岩松が「太平洋序曲」で1976年にノミネートされたことがあるが、同賞に日本人としてノミネートされるのは渡辺が初となる。

マコ岩松さんは、先に渡米していた両親を追う形で15歳でアメリカへ行き、アメリカで演劇活動を始めています。だから、マコさんがトニー賞へノミネートされた時にはマコさんの国籍はアメリカになっていたんじゃないでしょうかね。だからマコさんはアメリカ人扱いとされ、「同賞に日本人としてノミネートされるのは渡辺が初」ということになる、と。「日本人として初=日本国籍を持ったままの俳優として初」ということではないでしょうか。(推測ですが。) マコ岩松さんもナンシー梅木さん同様、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞とトニー賞にノミネートされています。(ナンシー梅木さんはアカデミー賞助演女優賞を受賞。) ナンシー梅木さんもトニー賞にノミネートされた1959年4月の段階ではアメリカ人の Win Opie 氏と結婚しているし、その時点でアメリカ国籍だったんじゃないでしょうか。

(2015/06/08 追記) マコ岩松さんがトニー賞にノミネートされた1976年の『太平洋序曲』からはミュージカル助演男優賞部門へ佐藤功さんもノミネートされているそうです。だから、渡辺謙さんが日本人として初ノミネートというのは「ミュージカル主演部門へ日本国籍を持ったままノミネートされたのが初」ということでしょうかね。

---------------------------------------------------------------------------------------


2015年(第69回)トニー賞 ノミネーション
(The Tony Awards)




2015年(第69回)トニー賞 ノミニーのモンタージュ・クリップ

2015 Tony Awards - Nominated Shows Montage
(YouTube The Tony Awards 公式チャンネルより)







演劇作品賞 Best Play

夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
(英題の読み|ザ・キュリアス・インシデント・オブ・ザ・ドッグ・イン・ザ・ナイト-タイム)
劇作家:サイモン・スティーヴンス Simon Stephens
※ 原作本の著者|マーク・ハッドン(Mark Haddon)




Disgraced
(英題の読み|ディスグレイスド)
劇作家:アヤド・アフタル Ayad Akhtar




Hand to God
(英題の読み|ハンド・トゥ・ゴット)
劇作家:ロバート・アスキンズ Robert Askins




Wolf Hall Parts One & Two
(英題の読み|ウルフ・ホール;パーツ・ワン・アンド・ツー)
(※ 原作本の邦題|「ウルフ・ホール」上下巻)
(※ 原作本の著者|ヒラリー・マンテル Hilary Mantel)
劇作家(共同):ヒラリー・マンテル Hilary Mantel
        マイク・ポールトン Mike Poulton




ミュージカル作品賞 Best Musical

巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris
(英題の読み|アン・アメリカン・イン・パリス)




Fun Home
(英題の読み|ファン・ホーム)
※ 原作本(グラフィック・ノベル)の邦題|「ファン・ホーム~ある家族の悲喜劇」
※ 原作本の著者|アリソン・ベクダル(Alison Bechdel)




Something Rotten!
(英題の読み|サムシング・ロッテン)




貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-
英題:The Visit
(英題の読み|ザ・ヴィジット)




演劇リバイバル作品賞 Best Revival of a Play

エレファント・マン
英題:The Elephant Man




スカイライト
英題:Skylight
【参考】「ナショナル・シアター・ライヴ2015」 OFFICIAL SITE
( ttp://www.ntlive.jp/program.html )




青春・最終章~僕たちの決算
英題:This Is Our Youth
(英題の読み|ディス・イズ・アワ・ユース)




我が家の楽園
英題:You Can’t Take It with You
(英題の読み|ユー・キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー)




ミュージカル・リバイバル作品賞 Best Revival of a Musical

王様と私
英題:The King and I
(英題の読み|ザ・キング・アンド・アイ)




ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)
英題:On the Town
※ 1949年に映画化された時の邦題は『踊る大紐育』




20世紀号に乗って
英題:On the Twentieth Century
(英題の読み|オン・ザ・トゥエンティース・センチュリー)

元は1932年の舞台劇『On the Twentieth Century』。1932年の舞台劇を基にして1934年に映画『特急二十世紀』(英題:Twentieth Century)が作られた。1978年にミュージカル化。(この1978年の舞台ミュージカル版は、1932年の舞台劇『On the Twentieth Century』と、1934年の映画『特急二十世紀』と、1932年の舞台劇『On the Twentieth Century』の元ネタで未制作で終わった戯曲『Napoleon of Broadway』の3つを合わせるようにして製作。)今回はその1978年の舞台ミュージカル版の再上演。






脚本賞(ミュージカル部門) Best Book of a Musical

巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris
脚本:クレイグ・ルーカス Craig Lucas




Fun Home
脚本:リサ・クロン Lisa Kron




Something Rotten!
脚本:カーリー・カートパトリック Karey Kirkpatrick
   ジョン・オファレル John O’Farrell




貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-
英題:The Visit
脚本:テレンス・マクナリー Terrence McNally




オリジナル楽曲賞(作詞・作曲賞)
Best Original Score (Music and/or Lyrics) Written for the Theatre

Fun Home
作曲:ジャニーヌ・テソーリ Jeanine Tesori
作詞:リサ・クロン Lisa Kron




The Last Ship(英題の読み|ザ・ラスト・シップ)
作詞/作曲:スティング Sting




Something Rotten!
作詞/作曲:ウェイン・カートパトリック Wayne Kirkpatrick
      カーリー・カートパトリック Karey Kirkpatrick




貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-
英題:The Visit
作曲:ジョン・カンダー John Kander
作詞:フレッド・エブ Fred Ebb




演劇主演男優賞
Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Play

スティーヴン・ボイヤー Steven Boyer
作品:Hand to God




ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper
作品:エレファント・マン
英題:The Elephant Man




ベン・マイルズ Ben Miles
作品:Wolf Hall Parts One & Two




ビル・ナイ Bill Nighy
作品:スカイライト
英題:Skylight




アレックス・シャープ Alex Sharp
作品:夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time




演劇主演女優賞
Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Play

ジェニーヴァ・カー Geneva Carr
作品:Hand to God




ヘレン・ミレン Helen Mirren
作品:ザ・オーディエンス
英題:The Audience
【参考】「ナショナル・シアター・ライヴ2015」 OFFICIAL SITE
( ttp://www.ntlive.jp/program.html )




エリザベス・モス Elisabeth Moss
作品:The Heidi Chronicles
(英題の読み|ザ・ハイジ・クロニクルズ)




キャリー・マリガン Carey Mulligan
作品:スカイライト
英題:Skylight




ルース・ウィルソン Ruth Wilson
作品:星ノ数ホド
英題:Constellations
(英題の読み|コンステレーションズ)




ミュージカル主演男優賞
Best Performance by an Actor in a Leading Role in a Musical

マイケル・セルヴェリス Michael Cerveris
作品:Fun Home




ロバート・フェアチャイルド Robert Fairchild
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ブライアン・ダーシー・ジェイムズ Brian d’Arcy James
作品:Something Rotten!




渡辺謙 Ken Watanabe
作品:王様と私
英題:The King and I




トニー・ヤズベック Tony Yazbeck
作品:ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)
英題:On the Town




ミュージカル主演女優賞
Best Performance by an Actress in a Leading Role in a Musical

クリスティン・チェノウェス Kristin Chenoweth
作品:20世紀号に乗って
英題:On the Twentieth Century




リアン・コープ Leanne Cope
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ベス・マローン Beth Malone
作品:Fun Home




ケリー・オハラ Kelli O’Hara
作品:王様と私
英題:The King and I




チタ・リベラ Chita Rivera
作品:貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-
英題:The Visit




演劇助演男優賞(6名)
Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Play

マシュー・ビアード Matthew Beard
作品:スカイライト
英題:Skylight




K・トッド・フリーマン K. Todd Freeman
作品:Airline Highway
(英題の読み|エアライン・ハイウェイ)




リチャード・マッケーブ Richard McCabe
作品:ザ・オーディエンス
英題:The Audience




アレッサンドロ・ニヴォラ Alessandro Nivola
作品:エレファント・マン
英題:The Elephant Man




ナサニエル・パーカー Nathaniel Parker
作品:Wolf Hall Parts One & Two




ミカ・ストック Micah Stock
作品:It’s Only a Play
(英題の読み|イッツ・オンリー・ア・プレイ)




演劇助演女優賞
Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Play

アナリー・アシュフォード Annaleigh Ashford
作品:我が家の楽園
英題:You Can’t Take It with You




パトリシア・クラークソン Patricia Clarkson
作品:エレファント・マン
英題:The Elephant Man




リディア・レオナルド Lydia Leonard
作品:Wolf Hall Parts One & Two




サラ・スタイルズ Sarah Stiles
作品:Hand to God




ジュリー・ホワイト Julie White
作品:Airline Highway




ミュージカル助演男優賞
Best Performance by an Actor in a Featured Role in a Musical

クリスチャン・ボール Christian Borle
作品:Something Rotten!




アンディ・カール Andy Karl
作品:20世紀号に乗って
英題:On the Twentieth Century




ブラッド・オスカー Brad Oscar
作品:Something Rotten!




ブランドン・ウラノウィッツ Brandon Uranowitz
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




マックス・フォン・エッセン Max von Essen
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ミュージカル助演女優賞
Best Performance by an Actress in a Featured Role in a Musical

ヴィクトリア・クラーク Victoria Clark
作品:Gigi
(英題の読み|ジジ)
※ 1958年に映画化された時の邦題は『恋の手ほどき』




ジュディ・カーン Judy Kuhn
作品:Fun Home




シドニー・ルーカス Sydney Lucas
作品:Fun Home




ルーシー・アン・マイルズ Ruthie Ann Miles
作品:王様と私
英題:The King and I




エミリー・スケッグス Emily Skeggs
作品:Fun Home




演劇演出賞(演劇監督賞) Best Direction of a Play

スティーヴン・ダルドリー Stephen Daldry
作品:スカイライト
英題:Skylight
【参考】「ナショナル・シアター・ライヴ2015」 OFFICIAL SITE
( ttp://www.ntlive.jp/program.html )




マリアンヌ・エリオット Marianne Elliott
作品:夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time




スコット・エリス Scott Ellis
作品:我が家の楽園
英題:You Can’t Take It with You




ジェレミー・ヘリン Jeremy Herrin
作品:Wolf Hall Parts One & Two




モーリッツ・フォン・シュテュルプナーゲル Moritz von Stuelpnagel
作品:Hand to God




ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞) Best Direction of a Musical

サム・ゴールド Sam Gold
作品:Fun Home




ケイシー・ニコロウ Casey Nicholaw
作品:Something Rotten!




ジョン・ランド John Rando
作品:ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)
英題:On the Town




バートレット・シャー Bartlett Sher
作品:王様と私
英題:The King and I




クリストファー・ウィールダン Christopher Wheeldon
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




振付賞 Best Choreography

ジョシュア・ベルガス Joshua Bergasse
作品:ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)
英題:On the Town




クリストファー・ガタリ Christopher Gattelli
作品:王様と私
英題:The King and I




スコット・グラハム Scott Graham
スティーヴン・ホゲット Steven Hoggett
(シアター・カンパニー「Frantic Assembly(フランティック・アセンブリー)」)
作品:夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time




ケイシー・ニコロウ Casey Nicholaw
作品:Something Rotten!




クリストファー・ウィールダン Christopher Wheeldon
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




編曲賞 Best Orchestrations

クリストファー・オースティン Christopher Austin
ドン・セベスキー Don Sebesky
ビル・エリオット Bill Elliott
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ジョン・クランシー John Clancy
作品:Fun Home




ラリー・ホックマン Larry Hochman
作品:Something Rotten!




ロブ・メイシズ Rob Mathes
作品:The Last Ship




演劇装置デザイン賞 Best Scenic Design of a Play

バニー・クリスティ Bunny Christie
フィン・ロス Finn Ross
作品:夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time




ボブ・クローリー(ボブ・クロウリー) Bob Crowley
作品:スカイライト
英題:Skylight




クリストファー・オラム Christopher Oram
作品:Wolf Hall Parts One & Two




デイヴィッド・ロックウェル David Rockwell
作品:我が家の楽園
英題:You Can’t Take It with You




ミュージカル装置デザイン賞 Best Scenic Design of a Musical

ボブ・クローリー(ボブ・クロウリー) Bob Crowley
59プロダクションズ  59 Productions(Fifty Nine Productions)
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris
※「59 Productions(Fifty Nine Productions)」…… ttp://59productions.co.uk/




デイヴィッド・ロックウェル David Rockwell
作品:20世紀号に乗って
英題:On the Twentieth Century




マイケル・イヤーガン Michael Yeargan
作品:王様と私
英題:The King and I




デイヴィッド・ジン David Zinn
作品:Fun Home




演劇衣装デザイン賞 Best Costume Design of a Play

ボブ・クローリー(ボブ・クロウリー) Bob Crowley
作品:ザ・オーディエンス
英題:The Audience
【参考】「ナショナル・シアター・ライヴ2015」 OFFICIAL SITE
( ttp://www.ntlive.jp/program.html )




ジェーン・グリーンウッド Jane Greenwood
作品:我が家の楽園
英題:You Can’t Take It with You




クリストファー・オラム Christopher Oram
作品:Wolf Hall Parts One & Two




デイヴィッド・ジン David Zinn
作品:Airline Highway




ミュージカル衣装デザイン賞 Best Costume Design of a Musical

グレッグ・バーンズ Gregg Barnes
作品:Something Rotten!




ボブ・クローリー(ボブ・クロウリー) Bob Crowley
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ウィリアム・アイヴィ・ロング William Ivey Long
作品:On the Twentieth Century




キャサリン・ズーバー Catherine Zuber
作品:王様と私
英題:The King and I




演劇照明デザイン賞 Best Lighting Design of a Play

ポール・コンスタブル Paule Constable
作品:夜中に犬に起こった奇妙な事件
英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time




ポール・コンスタブル Paule Constable
デイヴィッド・プラッター David Plater
作品:Wolf Hall Parts One & Two




ナターシャ・カッツ Natasha Katz
作品:スカイライト
英題:Skylight




ジャフィ・ヴァイデマン Japhy Weideman
作品:Airline Highway




ミュージカル照明デザイン賞 Best Lighting Design of a Musical

ドナルド・ホルダー Donald Holder
作品:王様と私
英題:The King and I




ナターシャ・カッツ Natasha Katz
作品:巴里のアメリカ人
英題:An American in Paris




ベン・スタントン Ben Stanton
作品:Fun Home




ジャフィ・ヴァイデマン Japhy Weideman
作品:貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-
英題:The Visit




2015年(第69回)トニー賞ノミネーション発表(その2) へ つづく




共通テーマ:演劇

【舞台演劇賞】2015年(第69回)トニー賞 ノミネーション 発表(その2)|特別賞受賞者名|作品別ノミネート数

● 公式サイト内での発表 (2015/04/28付け)
( ttp://www.tonyawards.com/en_US/nominees/index.html )



● トニー賞(The Tony Awards)公式サイト(トップページ)
 TonyAwards.com


---------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第69回)トニー賞 ノミネーション
(The Tony Awards)

2015年(第69回)トニー賞 ノミネーション 発表(その1) からつづき




以下の賞は受賞決定済み。

【特別賞】 Special Awards 
★印 … 受賞


特別功労賞 Special Tony Award for Lifetime Achievement in the Theatre
トミー・テューン Tommy Tune




特別トニー賞 Special Tony Award
ジョン・キャメロン・ミッチェル John Cameron Mitchell




地方劇場賞 Regional Theatre Tony Award
クリーブランド・プレイ・ハウス(オハイオ州:クリーヴランド)
 Cleveland Play House, Cleveland, Ohio




イザベル・スティーヴンソン賞 Isabelle Stevenson Award
スティーヴン・シュワルツ Stephen Schwartz




名誉賞(劇場におけるエクセレンスに対し) Tony Honor for Excellence in the Theatre
アーノルド・エブラムソン(アーノルド・アブラムソン) Arnold Abramson


エイドリアン・ブライアン=ブラウン Adrian Bryan-Brown


ジーン・オドノヴァン Gene O’Donovan


------------------------------------------------------------------------------------------


作品別ノミネート数


【12】 巴里のアメリカ人(英題:An American in Paris)
ミュージカル作品賞
脚本賞(ミュージカル部門)
ミュージカル主演男優賞
ミュージカル主演女優賞
ミュージカル助演男優賞(2名)
ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞)
振付賞
編曲賞
ミュージカル装置デザイン賞
ミュージカル衣装デザイン賞
ミュージカル照明デザイン賞




【12】 Fun Home
ミュージカル作品賞
脚本賞(ミュージカル部門)
オリジナル楽曲賞(作詞・作曲賞)
ミュージカル主演男優賞
ミュージカル主演女優賞
ミュージカル助演女優賞(3名)
ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞)
編曲賞
ミュージカル装置デザイン賞
ミュージカル照明デザイン賞




【10】 Something Rotten!
ミュージカル作品賞
脚本賞(ミュージカル部門)
オリジナル楽曲賞(作詞・作曲賞)
ミュージカル主演男優賞
ミュージカル助演男優賞(2名)
ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞)
振付賞
編曲賞
ミュージカル衣装デザイン賞




【9】 王様と私(英題:The King and I)
ミュージカル・リバイバル作品賞
ミュージカル主演男優賞
ミュージカル主演女優賞
ミュージカル助演女優賞
ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞)
振付賞
ミュージカル装置デザイン賞
ミュージカル衣装デザイン賞
ミュージカル照明デザイン賞




【8】 Wolf Hall Parts One & Two
演劇作品賞
演劇主演男優賞
演劇助演男優賞
演劇助演女優賞
演劇演出賞(演劇監督賞)
演劇装置デザイン賞
演劇衣装デザイン賞
演劇照明デザイン賞




【7】 スカイライト
演劇リバイバル作品賞
演劇主演男優賞
演劇主演女優賞
演劇助演男優賞
演劇演出賞(演劇監督賞)
演劇装置デザイン賞
演劇照明デザイン賞




【6】 夜中に犬に起こった奇妙な事件
(英題:The Curious Incident of the Dog in the Night-Time)
演劇作品賞
演劇主演男優賞
演劇演出賞(演劇監督賞)
振付賞
演劇装置デザイン賞
演劇照明デザイン賞




【5】 Hand to God
演劇作品賞
演劇主演男優賞
演劇主演女優賞
演劇助演女優賞
演劇演出賞(演劇監督賞)




【5】 Airline Highway
演劇助演男優賞
演劇助演男優賞
演劇助演女優賞
演劇衣装デザイン賞
演劇照明デザイン賞




【5】 貴婦人の訪問 THE VISIT-ザ・ビジット-(英題:The Visit)
ミュージカル作品賞
脚本賞(ミュージカル部門)
オリジナル楽曲賞(作詞・作曲賞)
ミュージカル主演女優賞
ミュージカル照明デザイン賞




【5】 我が家の楽園(英題:You Can’t Take It with You)
演劇リバイバル作品賞
演劇助演女優賞
演劇演出賞(演劇監督賞)
演劇装置デザイン賞
演劇衣装デザイン賞




【5】 20世紀号に乗って(英題:On the Twentieth Century)
ミュージカル・リバイバル作品賞
ミュージカル主演女優賞
ミュージカル助演男優賞
ミュージカル装置デザイン賞
ミュージカル衣装デザイン賞




【4】 エレファント・マン
演劇リバイバル作品賞
演劇主演男優賞
演劇助演男優賞
演劇助演女優賞




【4】 ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)
ミュージカル・リバイバル作品賞
ミュージカル主演男優賞
ミュージカル演出賞(ミュージカル監督賞)
振付賞




【3】 ザ・オーディエンス
演劇主演女優賞
演劇助演男優賞
演劇衣装デザイン賞




【2】 The Last Ship
オリジナル楽曲賞(作詞・作曲賞)
編曲賞




【1】 Disgraced
演劇作品賞




【1】 青春・最終章~僕たちの決算(英題:This Is Our Youth)
演劇リバイバル作品賞




【1】 The Heidi Chronicles
演劇主演女優賞




【1】 星ノ数ホド(英題:Constellations)
演劇主演女優賞




【1】 It’s Only a Play
演劇助演男優賞




【1】 Gigi
ミュージカル助演女優賞




共通テーマ:演劇

2015年トライベッカ映画祭|受賞結果 発表

2015年(第14回)トライベッカ映画祭の受賞結果が発表になりました。日本酒「手取川」の醸造過程を描いたドキュメンタリー作品『The Birth of Sake』がドキュメンタリー新人監督賞スペシャル・メンションを受賞しています。



【参考】
● ScreenDaily  2015/04/24付け記事
 Tribeca Film Festivalunveils winners; Danish cinema triumphs
( ttp://www.screendaily.com/festivals/tribeca/tribeca-unveils-winners-danish-cinema-triumphs/5086950.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS-HEADLINES&contentID=42422 )


● 公式サイト内での発表 (2015/04/24付け)
( ttps://tribecafilm.com/stories/and-the-winners-tribeca-film-festival-2015-virgin-mountain-bridgend-uncertain )



2015年(第14回)トライベッカ映画祭は、2015年04月15日から4月26日まで。


● トライベッカ映画祭
 https://tribecafilm.com/festival


------------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第14回)トライベッカ映画祭 受賞結果
(Tribeca Film Festival)



【ワールド・ナラティブ・コンペティション部門】
World Narrative Competition Categories


作品賞(ザ・ファウンダーズ・アワード)
The Founders Award for Best Narrative Feature

好きにならずにいられない
英題:Virgin Mountain
原題:Fúsi
監督:ダーグル・カウリ Dagur Kári(Dagur Kari)
製作国:アイスランド / デンマーク




主演男優賞 Best Actor in a Narrative Feature Film

グンナル・ヨンソン Gunnar Jónsson(Gunnar Jonsson)
作品:好きにならずにいられない
英題:Virgin Mountain
原題:Fúsi
製作国:アイスランド / デンマーク




主演女優賞 Best Actress in a Narrative Feature Film

ハンナ・マレー Hannah Murray
作品:Bridgend
製作国:デンマーク / アメリカ / イギリス




撮影賞 Best Cinematography in a Narrative Feature Film

撮影:Magnus Jønck(Magnus Jonck / Magnus Nordenhof Jønck)
作品:Bridgend
監督:Jeppe Rønde(Jeppe Ronde)
製作国:デンマーク / アメリカ / イギリス




脚本賞 Best Screenplay for a Narrative Feature Film

脚本:ダーグル・カウリ Dagur Kári(Dagur Kari)
作品:好きにならずにいられない
英題:Virgin Mountain
原題:Fúsi
監督:ダーグル・カウリ Dagur Kári(Dagur Kari)
製作国:アイスランド / デンマーク




編集賞 Best Editing in a Narrative Feature Film

編集:Olivier Bugge Coutté(Olivier Bugge Coutte)
作品:Bridgend
監督:Jeppe Rønde(Jeppe Ronde)
製作国:デンマーク / アメリカ / イギリス


------------------------------------------------------------------------------------------


【ワールド・ドキュメンタリー・コンペティション部門】
World Documentary Competition Categories


作品賞 Best Documentary Feature

Democrats
監督:カミラ・ニエルソン Camilla Nielsson
製作国:デンマーク




ワールド・ドキュメンタリー部門:スペシャル・メンション Special Jury Mention

In Transit
監督:アルバート・メイスルズ Albert Maysles
   ネルソン・ウォーカー Nelson Walker
   リン・トゥルー Lynn True
   デヴィッド・ウスイ David Usui
   ベン・ウー Ben Wu
製作国:アメリカ




編集賞 Best Editing in a Documentary Feature

編集:ヴァレリオ・ボネリ Valerio Bonelli
作品:Palio
監督:コジマ・スペンダー Cosima Spender
製作国:イギリス / イタリア


------------------------------------------------------------------------------------------


【ニュー・ナラティブ・ディレクター・コンペティション部門】
Best New Narrative Director Competition


新人監督賞 Best New Narrative Director

監督:ザカリー・トライツ Zachary Treitz
作品:Men Go To Battle
製作国:アメリカ




新人監督賞:スペシャル・メンション Special Jury Mention

監督:スティーブン・フィングルトン Stephen Fingleton
作品:The Survivalist
製作国:イギリス / 北アイルランド


-----------------------------------------------------------------------------------------


【ニュー・ドキュメンタリー・ディレクター・コンペティション部門】
Best New Documentary Director Competition


アルバート・メイスルズ ドキュメンタリー新人監督賞
Albert Maysles Best New Documentary Director

監督:ユアン・マクニコル Ewan McNicol
   アンナ・サンディランズ Anna Sandilands
作品:Uncertain
製作国:アメリカ




アルバート・メイスルズ ドキュメンタリー新人監督賞:スペシャル・メンション
Albert Maysles Best New Documentary Director, Special Jury Mention

監督:エリック・シライ Erik Shirai
作品:The Birth of Sake
製作国:アメリカ / 日本

【参考】シネマトゥデイ  2015年4月23日付け記事
日本酒「手取川」の醸造過程に密着!日系アメリカ人監督のドキュメンタリー【トライベッカ映画祭 2015】( ttp://www.cinematoday.jp/page/N0072576 )


------------------------------------------------------------------------------------------


【短編映画コンペティション部門】  Short Film Competition Categories


短編映画賞 Best Narrative Short

Listen
監督:Hamy Ramezan
   Rungano Nyoni
製作国:デンマーク / フィンランド / コロンビア




短編映画:スペシャル・メンション Best Narrative Short - Special Jury Mention

Statistical Analysis Of Your Failing Relationship
監督:マイルズ・ジェイ Miles Jay
製作国:アメリカ / カナダ




短編ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary Short

Body Team 12
監督:デヴィッド・ダーグ David Darg
製作国:リベリア




短編ドキュメンタリー:スペシャル・メンション
Special Jury Mention

We Live This
監督:ジェームズ・バーンズ James Burns
製作国:アメリカ




学生ヴィジョナリー賞 Student Visionary Award

Catwalk
監督:Ninja Thyberg
製作国:スウェーデン




学生ヴィジョナリー賞:スペシャル・メンション Special Jury Mention

Kingdom Of Garbage
監督:Yasir Kareem
製作国:イラク / イギリス


------------------------------------------------------------------------------------------

BOMBAY SAPPHIRE[レジスタードトレードマーク] Storyscapes Award

Door Into The Dark
制作:エイミー・ローズ Amy Rose
   メイ・アブダラ May Abdalla
製作国:イギリス


------------------------------------------------------------------------------------------


【ノーラ・エフロン賞】  Nora Ephron Prize


ノーラ・エフロン賞 Nora Ephron Prize

Laura Bispuri
作品:Sworn Virgin
原題:Vergine giurata
製作国:イタリア / スウェーデン / ドイツ / アルバニア / コソボ




ノーラ・エフロン賞:スペシャル・メンション
Nora Ephron Prize - Special Jury Mention

エレーヌ・ジマー Hélène Zimmer(Helene Zimmer)
作品:Being 14
原題:A 14 ans
製作国:フランス


------------------------------------------------------------------------------------------

デンマーク勢、強し。



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭|ある視点部門のオープニング作品、決定(河瀬直美監督作『あん』)|Official Trailer - " AN (Sweet Red Bean Paste) " (2015) directed by Naomi Kawase, starring Kirin Kiki, Masatoshi Nagase and Kyara Uchida

2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 ある視点部門のオープニング作品が河瀬直美監督作『あん』に決まりました。


【参照】
カンヌ国際映画祭 公式サイト内 プレスリリース (2015/04/23付け)
Updated Official Selection Line-up
( ttp://www.festival-cannes.com/en/article/61323.html )




第68回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 オープニング作品

あん(2015年) (ドラマ) 113分
英題:AN (Sweet Red Bean Paste)

日本公開 2015年5月30日(予定)
●『あん』公式サイト http://an-movie.com/

監督
  河瀬直美 Naomi Kawase

製作国
  日本 / フランス / ドイツ
プロデューサー
  福嶋更一郎
  大山義人
企画・制作
  組画
  Comme des Cinémas
日本配給
  エレファントハウス


原作 
  ドリアン助川 
  小説「あん」(ポプラ社 刊)  
脚本
  河瀬直美
撮影
  穐山茂樹 
照明
  太田康裕
録音
  森英司
編集
  Tina Baz
美術
  部谷京子
衣装デザイン
  小林身和子 
主題歌
  秦基博「水彩の月」


出演
樹木希林  徳江
永瀬正敏  千太郎
内田伽羅  ワカナ
市原悦子  佳子
水野美紀  ワカナの母
太賀    陽平
兼松若人  田中
浅田美代子 大将の奥さん




映画『あん』(2015年) 予告編
AN (Sweet Red Bean Paste) (2015) - Official Trailer
directed by Naomi Kawase (Japan)
Cast: Kirin Kiki, Masatoshi Nagase, Kyara Uchida,
   Miki Mizuno, Etsuko Ichihara, Miyoko Asada, and more.




-------------------------------------------------------------------------------------------


2015年(第68回)カンヌ国際映画祭は2015年5月13日(水)から5月24日(日)まで開催される予定です。



● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html




共通テーマ:映画

ビデオクリップ|「ビビディ・バビディ・ブー」(英題:Bibbidi-Bobbidi-Boo)|『シンデレラ』挿入歌

ビビディ・バビディ・ブー」〔英題:Bibbidi-Bobbidi-Boo(The Magic Song)〕
映画『シンデレラ』(1950年)(英題:Cinderella)|挿入歌


作詞:マーク・デイヴィッド Mack David
作曲:アル・ホフマン Al Hoffman
   ジェリー・リヴィングストン Jerry Livingston

歌唱:(1950年『シンデレラ』時)ヴェルナ・フェルトン Verna Felton



● ”Bibbidi-Bobbidi-Boo”(英語歌詞)(MetroLyrics より)
http://www.metrolyrics.com/bibbidibobbidiboo-lyrics-cinderella.html


---------------------------------------------------------------------------------------------

映画『シンデレラ』(2015年)  英題:Cinderella

フェアリー・ゴッドマザーを演じるヘレナ・ボナム・カーター(Helena Bonham Carter)が歌う「ビビディ・バビディ・ブー」〔英題:Bibbidi-Bobbidi-Boo(The Magic Song)〕



音声のみ。

Cinderella (2015)
Helena Bonham Carter - Bibbidi Bobbidi Boo(The Magic Song)





---------------------------------------------------------------------------------------------


1950年『シンデレラ』の「ビビディ・バビディ・ブー」

声/歌:ヴェルナ・フェルトン Verna Felton


Cinderella (1950) - Bibbidi-Bobbidi-Boo





タグ:その他

2015年カンヌ国際映画祭|コンペティション部門の審査員、発表

コンペティション部門の審査員が発表になりました。


● 公式サイト内 プレスリリース(2015年04月21日付け)
 The Jury of the 68th Festival de Cannes
( ttp://www.festival-cannes.fr/en/article/61318.html )



2015年(第68回)カンヌ国際映画祭は2015年5月13日(水)から5月24日(日)まで開催される予定です。



● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html


-----------------------------------------------------------------------------------------


◆【コンペティション部門|審査委員長&審査員】◆


審査員長 (2015年01月19日付けで発表済み)

ジョエル・コーエン Joel Coen
イーサン・コーエン Ethan Coen
(アメリカの映画監督 / プロデューサー / 脚本家)



審査員

ロッシ・デ・パルマ Rossy de Palma
(スペインの女優)


ソフィー・マルソー Sophie Marceau
(フランスの女優 / 映画監督)


シエナ・ミラー Sienna Miller
(イギリスの女優)


ロキア・トラオル Rokia Traoré(Rokia Traore)
(マリ共和国出身の作曲家 / シンガーソングライター) ※ フランスを拠点に活動。


ギレルモ・デル・トロ Guillermo del Toro
(メキシコの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)


グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
(カナダの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー / 男優)


ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
(アメリカの男優)





アジア人がいない……。 ― ドランはもう審査する側なのか。(どうしてもドランを”カンヌ育ちの次世代スター・フィルムメーカー”ってことにしたいんだ……。)




共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭 併催|監督週間 ラインナップ

カンヌ国際映画祭と併催される「監督週間」(The Directors' Fortnight)のラインナップです。特別上映作品として三池崇史監督作『極道大戦争』が選出されています。


「監督週間」はカンヌ国際映画祭と同時期に開催されますが、カンヌ国際映画祭主催とは別の組織が運営し表彰します。 公式サイトによると「監督週間」はフランス監督組合(The French Directors Guild)によって組織されている、とのこと。



【参照】
● ScreenDaily.com  2015/04/15付け記事
 Cannes: 'In the Shadow of Women' to open Directors' Fortnight
( ttp://www.screendaily.com/festivals/cannes/cannes-in-the-shadow-of-women-to-open-directors-fortnight/5086545.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS&contentID=40562 )


● Deadline.com  2015/04/21付け記事
 Directors’ Fortnight Includes Takashi Miike, Jeremy Saulnier, ‘Dope’ – Cannes
( ttp://deadline.com/2015/04/cannes-directors-fortnight-2015-movies-list-1201413342/ )


● 公式サイト内の発表 (2015/04/21付け)
 The Directors Fortnight 2015 Selection
( ttp://www.quinzaine-realisateurs.com/the-directors-fortnight-2015-selection-p487.html )



● The Directors' Fortnight(監督週間) 公式サイト(英語サイト)
 http://www.quinzaine-realisateurs.com/en/


-----------------------------------------------------------------------------------------

(2015年カンヌ国際映画祭 併催)監督週間 ラインナップ
Quinzaine des Réalisateurs (Directors Fortnight)


【長編作品】 feature Films

(2015/4/21現在、オープニング作品&クロージング作品&特別上映作品を含め17作品)




オープニング上映作品 Opening Film

パリ、恋人たちの影
英題:In the Shadow of Women
原題:L'ombre des femmes
監督  フィリップ・ガレル Philippe Garrel
製作国 フランス
脚本  フィリップ・ガレル
    カロリーヌ・ドゥリュアス
    アルレット・ラングマン
    Jean-Claude Carrière
音楽  ジャン=ルイ・オベール
出演  クロチルド・クロ、スタニスラス・メラール、
    ヴィマーラ・ポンズ、ムニール・マルグム、
    アントワネット・モヤ、他




クロージング上映作品 Closing Film

DOPE/ドープ!!
英題:Dope
監督  リック・ファムイーワ Rick Famuyiwa
製作国 アメリカ
脚本  リック・ファムイーワ
撮影  レイチェル・モリソン
編集  リー・ハウゲン
出演  ゾーイ・クラヴィッツ、カーシー・クレモンズ、
    フォレスト・ウィテカー、キース・スタンフィールド、
    キンバリー・エリス、ブレイク・アンダーソン、
    トニー・レヴォロリ、シャメイク・ムーア、他
※ 2015年サンダンス映画祭 USドラマ部門 ”編集におけるエクセレンス賞” 受賞作。



-------------------------------------------------------------------------------------------

特別上映作品 Special Screening

極道大戦争
英題|Yakuza Apocalypse : The Great War of the Underworld
監督  三池崇史 Takashi Miike
製作国 日本
日本配給 日活
出演  市原隼人、成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子、
    青柳翔、渋川清彦、三浦誠己、テイ龍進、ヤヤン・ルヒアン、
    三元雅芸、有薗芳記、中村靖日、坂口茉琴、優希美青、
    三津谷葉子、渡辺哲、ピエール瀧、でんでん、他


------------------------------------------------------------------------------------------


あの頃エッフェル塔の下で
英題:My Golden Days
原題:Trois souvenirs de ma jeunesse
監督  アルノー・デプレシャン Arnaud Desplechin
製作国 フランス
脚本  アルノー・デプレシャン
    ジュリー・ペール
撮影  イリナ・ルブチャンスキー
編集  ロランス・ブリオー
出演  カンタン・ドルメール、ルー・ロワ=ルコリネ、
    マチュー・アマルリック、他
※ マグノリア・ピクチャーズが米国での配給権を獲得。(2015/05/18付け)





Arabian Nights
 Volume 1, The Restless One – 2時間05分
 Volume 2, The Desolate One – 2時間11分
 Volume 3, The Enchanted One – 2時間05分  計|6時間21分
別英題:As 1001 Noites
原題:As mil e uma noites
監督  ミゲル・ゴメス Miguel Gomes
製作国 ポルトガル
脚本  ミゲル・ゴメス
    マリアナ・ヒカルド
    テルモ・シューロ
撮影  サヨムプー・ムックディープロム
編集  テルモ・シューロ
    ペドロ・マルケス
出演  ジョアナ・デ・ヴェローナ、アドリアーヌ・ルース、
    カルロト・コッタ、ディオゴ・ドリア、
    テレサ・マドゥルガ、イザベル・カルドーゾ、他




A Perfect Day
原題:Un día perfecto
監督  Fernando León de Aranoa(Fernando Leon de Aranoa)
製作国 スペイン
撮影  Alex Catalán
編集  ナチョ・ルイス・カピヤス
出演  オルガ・キュリレンコ、ベニチオ・デル・トロ、
    ティム・ロビンス、メラニー・ティエリー、他
※ IFCフィルムズが米国での配給権を獲得。(2015/05/20付け)




Beyond My Grandfather Allende (ドキュメンタリー作品)
原題:Allende, mi abuelo Allende
監督  Marcia Tambutti(Marcia Tambutti Allende)
製作国 チリ / メキシコ
撮影  David Bravo
    Eduardo Cruz-Coke
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Les Cowboys
監督  トーマス・ビデガン Thomas Bidegain
製作国 フランス
脚本  Noé Debré
出演  ジョン・C・ライリー、フランソワ・ダミアン、
    アントニア・キャンベル=ヒューズ、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




彷徨える河
別邦題:大河の抱擁(←2015年〔第7回〕京都ヒストリカ国際映画祭での邦題)
英題:Embrace of the Serpent
原題:El Abrazo de la Serpiente
監督  シーロ・ゲーラ Ciro Guerra
脚本  シーロ・ゲーラ Ciro Guerra
    Jacques Toulemonde Vidal
撮影  David Gallego
編集  エティエンヌ・ブサック
出演  ヤン・ベイヴート、ブリオン・デイビス、他
製作国 コロンビア / ベネズエラ / アルゼンチン




Fatima
監督  フィリップ・フォコン Philippe Faucon
製作国 フランス
脚本  フィリップ・フォコン 
撮影  ロラン・フェナー
編集  ソフィー・マンドネ




Green Room
監督  ジェレミー・ソルニエ Jeremy Saulnier
製作国 アメリカ
撮影  ショーン・ポーター
編集  ジュリア・ブロック
出演  イモージェン・プーツ、アリア・ショウカット、
    アントン・イェルチン、パトリック・スチュワート、
    マーク・ウェバー、ジョー・コール、
    メーコン・ブレア、エリック・エデルスタイン、他




Much Loved
監督  ナビル・アユチ Nabil Ayouch




裸足の季節
原題/英題:Mustang
監督  デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン Deniz Gamze Ergüven(Deniz Gamze Erguven)
製作国 フランス
脚本  デニズ・ガムゼ・エルギュヴェ
ン Deniz Gamze Ergüven(Deniz Gamze Erguven)
    アリス・ウィンクール
撮影  David Chizallet
    Ersin Gok
出演  Erol Afsin
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film
※ コーエン・メディア・グループ(Cohen Media Group )が米国での配給権を獲得。(2015/05/21付け)




Peace to Us in Our Dreams
監督  シャルナス・バルタス Sharunas Bartas
製作国 リトアニア / フランス
脚本  シャルナス・バルタス
出演  シャルナス・バルタス、Lora Kmieliauskaite、他




Songs My Brothers Taught Me
監督  クロエ・ツァオ Chloé Zhao(Chloe Zhao)
製作国 アメリカ
脚本  クロエ・ツァオ
撮影  ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ
編集  アラン・コナント
出演  アイリーン・ベダード、ダコタ・ブラウン、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




The Here After
原題:Efterskalv
監督  Magnus von Horn
製作国 ポーランド / フランス / スウェーデン
脚本  Magnus von Horn  
撮影  ウカシュ・ジャル
編集  アグニェシュカ・グリンスカ
出演  マッツ・ブロムグレン、ウルリック・マンター、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film





神様メール
英題:The Brand New Testament
原題:Le tout nouveau testament
監督  ジャコ・ヴァン・ドルマル Jaco Van Dormael
製作国 ルクセンブルグ / フランス / ベルギー
脚本  ジャコ・ヴァン・ドルマル  
    トマ・グンジグ
撮影  クリストフ・ボーカルヌ
編集  エルヴェ・ド・ルーズ
出演  カトリーヌ・ドヌーヴ、ブノワ・ポールヴールド、
    ヨランド・モロー、ピリ・グロワーヌ、他


-------------------------------------------------------------------------------------------

【短編作品】 Short Films

(2015/04/21現在、11作品)


Blue Thunder
ランタイム:21分
監督  Jean-Marc E. Roy
    Philippe David Gagné(Philippe David Gagne)



Calme ta joie(原題)
ランタイム:24分
監督  エマヌエル・ラスカー Emmanuel Laskar



The Broken Past
ランタイム:17分
監督  Martín Morgenfeld(Martin Morgenfeld)
    Sebastián Schjaer(Sebastian Schjaer)



Kung Fury
ランタイム:30分
監督  David Sandberg
製作国 スウェーデン



Pitchoune(原題)
ランタイム:23分
監督  レダ・カテブ Reda Kateb



Trials, Exorcisms
ランタイム:25分
監督  Susana Nobre



Pueblo(原題)
ランタイム:30分
監督  Elena Lopez Riera



A Few Secondes
ランタイム:16分
監督  Nora El Hourch



Backyard
ランタイム:18分
監督  André Novais Oliveira



Rate Me
ランタイム:15分
監督  ファイザル・ブリファ Fyzal Boulifa
製作国 イギリス



The Exquisite Corpus
ランタイム:18分
監督  ペーター・チェルカスキー Peter Tscherkassky




共通テーマ:映画

ビデオクリップ「Making Today A Perfect Day」|短編映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』(英題:Frozen Fever)主題歌|『シンデレラ』(2015年)併映

Making Today a Perfect Day
(邦題:「パーフェクト・デイ ~特別な一日~」


作詞/作曲:クリスティン・アンダーソン=ロペス Kristen Anderson-Lopez
      ロバート・ロペス Robert Lopez
歌唱:イディナ・メンゼル(エルサ役) Idina Menzel
   クリスティン・ベル(アナ役) Kristen Bell
   ジョナサン・グロフ(クリストフ役) Jonathan Groff
   ジョシュ・ギャッド(オラフ役) Josh Gad



Making Today A Perfect Day(From "Frozen Fever”) (Lyric Video)
(YouTube DisneyMusicVEVO より)


Making Today A Perfect Day 歌詞(英語) (azlyrics.com より)
( ttp://www.azlyrics.com/lyrics/idinamenzel/makingtodayaperfectday.html )





『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』日本語歌ミニアルバム
2015年4月22日発売予定

【参照】 ディズニー・ミュージック サウンドトラック
アナと雪の女王 / エルサのサプライズ : パーフェクト・デイ ~特別な一日~|ミュージック|ディズニー( ttp://www.disney.co.jp/music/soundtrack/AVCW-63084.html )

新曲「パーフェクト・デイ ~特別な一日~」の日本語歌、インスト、ピアノ・ソロ、オルゴールの計6トラック。日本盤限定EP仕様。

……だそうです。英語版の配信はもう始まっているようです。(2015/04/08配信開始)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


短編映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』 英題:Frozen Fever
日本公開日 2015年04月25日
※『シンデレラ』(英題:Cinderella)(2015年)との併映
ランタイム:7分


監督
ジェニファー・リー Jennifer Lee
クリス・バック Chris Buck


声の出演(英語版)
クリステン・ベル    アナ
イディナ・メンゼル   エルサ
ジョシュ・ギャッド   オラフ
ジョナサン・グロフ   クリストフ
サンティノ・フォンタナ ハンス
クリス・ウィリアムズ  オーケン
ポール・ブリックス   マシュマロ

声の出演(日本語版)
神田沙也加  アナ
松たか子   エルサ
ピエール瀧  オラフ





『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』日本版予告編
(YouTube ディズニー公式チャンネル Disneyjp より)


うちの県は『シンデレラ』吹替版しか上映されないようなので、「パーフェクト・デイ ~特別な一日~」も日本語吹替バージョンで……ということなんだろうねえ。



タグ:Movie Trailer

共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭 併催|批評家週間 ラインナップ

カンヌ国際映画祭と併催される「批評家週間」(The Critics’ Week)のラインナップです。「批評家週間」はカンヌ映画祭と同時期に開催されますが、カンヌ映画祭主催とは別の組織が運営し表彰します。


コンペティションへ選出された作品は長編作品1,000本そして短編・中編作品1,750本の中から選ばれたそうです。


2015年(第54回)批評家週間は2015年5月14日(木)から5月22日(金)まで開催される予定です。

 

【参照】
● 批評家週間 公式サイト内の発表 (2015/04/20付け)
SELECTION OF THE 54th SEMAINE DE LA CRITIQUE
( ttp://www.semainedelacritique.com/EN/films/2015/2015_selection.php )


● ScreenDaily.com  2015/04/20付け記事
Cannes: Critics’ Week unveils 2015 line-up
( ttp://www.screendaily.com/festivals/cannes/cannes-critics-week-unveils-2015-line-up/5086747.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS&contentID=40562 )


● indiewire  2015/04/20付け記事
Cannes Reveals This Year's Critics' Week Lineup; SXSW Winner 'Krisha' Makes Cut
( ttp://www.indiewire.com/article/cannes-reveals-this-years-critics-week-lineup-sxsw-winner-krisha-makes-cut-20150420 )




● Semaine de la Critique (批評家週間) 公式サイト(英語ページ)
 http://www.semainedelacritique.com/EN/index.php


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆【批評家週間|大賞(グランプリ)|審査員団】◆ The jury

審査委員長
ロニ・エルカベッツ Ronit Elkabetz
(イスラエルの女優 / 映画監督)



審査委員
カテル・キレヴェレ Katell Quillévéré
(フランスの映画監督)

ピーター・サシツキー Peter Suschitzky
(イギリスの撮影監督)

アンドレア・ピッカード Andréa Picard
(カナダ:トロント国際映画祭のプログラマー)

Boyd van Hoeij
(映画批評家 / ジャーナリスト)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2015年カンヌ国際映画祭 併催)第54回批評家週間 ラインナップ
La Semaine Internationale de la Critique / Semaine de la Critique
(The International Critics’ Week / The Critics’ Week)



オープニング・ナイト上映作品 Opening Night

The Anarchists(※ 本作はコンペティション外。)
原題:Les anarchistes
監督  Elie Wajeman
製作国 フランス
脚本  ガエル・マセ
    Elie Wajeman
編集  フランソワ・キクレ
出演  タハール・ラヒム、アデル・エグザルホプロス、
    ギョーム・グイ、スワン・アルロー、
    セドリック・カーン、他




クロージング・ナイト上映作品 Closing Night

Learn by Heart (※ 本作はコンペティション外。)
原題:La Vie En Grand
監督  マチュー・ヴァドピエ Mathieu Vadepied
製作国 フランス
※ 長編映画初監督作 1st Film


-------------------------------------------------------------------------------------------

【特別上映】 Special Screenings

Coin Locker Girl (※ 本作はコンペティション外。)
原題:Chainatawoon
監督  ハン・ジュニ Han Jun-hee(Jun-hee Han)
製作国 韓国
※ 長編映画初監督作 1st Film




Two Friends(※ 本作はコンペティション外。)
原題:Les deux amis
監督  ルイ・ガレル Louis Garrel
製作国 フランス
脚本  ルイ・ガレル
    クリストフ・オノレ
撮影  クレア・マトン
編集  Marie-Julie Maille
出演  ゴルシフテ・ファラハニ、ルイ・ガレル、
    ヴァンサン・マケーニュ、他
※ 長編映画初監督作 1st Film


-------------------------------------------------------------------------------------------

【長編作品 コンペティション】 Feature Films Competition


Dégradé(原題)
監督  Arab Nasser(Mohammed Abou Nasser)
    Tarzan Nasser
製作国 パレスチナ
脚本  Arab Nasser(Mohammed Abou Nasser)
    Tarzan Nasser
撮影  エリック・デヴィン
編集  ソフィー・レンヌ
    Eyas Salman
出演  ヒアム・アッバス、Raya Khatib、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Krisha
監督  トレイ・エドワード・シュルツ Trey Edward Shults
製作国 アメリカ
脚本  トレイ・エドワード・シュルツ
出演  オリヴィア・グレシス・アップルゲート、
    ブライアン・キャサリー、アレックス・ドブレンコ、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film
※ A24が米国での配給権を獲得。(2015/05/19付け)




Mediterranea
監督  Jonas Carpignano
製作国 イタリア / フランス / アメリカ / ドイツ
脚本  Jonas Carpignano
撮影  ワイアット・ガーフィールド
編集  アルフォンソ・ゴンサルヴェス
    ニコ・ルーネン  
    Sanabel Cherqaoui
出演  Koudous Seihon、Alassane Sy、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Paulina
原題:La Patota
監督  サンチアゴ・ミトレ Santiago Mitre
製作国 アルゼンチン / ブラジル / フランス
脚本  サンチアゴ・ミトレ  
    Mariano Llinás
出演  ドロレス・フォンシ、Oscar Martínez、他




Sleeping Giant
監督  アンドリュー・チヴィディーノ Andrew Cividino
製作国 カナダ
脚本  アンドリュー・チヴィディーノ  
    ブレイン・ワターズ
    Aaron Yeger
撮影  James Klopko
編集  ジェームズ・バンデウォーター
出演  ジャクソン・マーティン、ニック・セリノ、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




Land and Shade
原題:La tierra y la sombra
監督  セサル・アウグスト・アセベド César Augusto Acevedo(Cesar Augusto Acevedo)
製作国  コロンビア / フランス / オランダ / チリ / ブラジル
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




The Wakhan Front
原題:Ni le ciel, ni la terre
監督  Clément Cogitore
製作国 フランス / ベルギー
脚本  Clément Cogitore
撮影  Sylvain Verdet
編集  Isabelle Manquillet
出演  ジェレミー・レニエ、スワン・アルロー、
    Kévin Azaïs、フィネガン・オールドフィールド、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film


-------------------------------------------------------------------------------------------

【短編・中編作品 コンペティション】 Short and Medium Length Films Competition


Everything Will Be Okay
原題:Alles Wird Gut
監督  Patrick Vollrath
製作国 ドイツ



Boys
原題:Pojkarna
監督  Isabella Carbonell
製作国 スウェーデン



Command Action
監督  João Paulo Miranda
製作国 ブラジル



The Dragon's Demise
原題:La fin du dragon
監督  Marina Diaby
製作国 フランス



The Fox Exploits The Tiger's Might
監督  ラッキー・クスワンディ Lucky Kuswandi
製作国 インドネシア



Love Comes Later
監督  Sonejuhi Sinha
製作国 アメリカ



Monsters Turn Into Lovers
原題:Jeunesse des loups-garous
監督  Yann Delattre
製作国 フランス



Ramona
監督  Andrei Cretulescu
製作国 ルーマニア



Too Cool for School
監督  ケヴィン・フィリップス Kevin Phillips
製作国 アメリカ



Chickenpox
原題:Varicella
監督  Fulvio Risuleo
製作国 イタリア




共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭|コンペティション部門のラインナップ

是枝裕和監督作『海街diary』、そして、渡辺謙出演/ガス・ヴァン・サント監督作『The Sea of Trees』、妻夫木聡出演/ホウ・シャオシェン監督『黒衣の刺客』、また、オフィス北野が製作に関わっているジャ・ジャンクー監督作『Mountains May Depart』が選出されています。


今年のカンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクションは1,854作品から選出されたとのこと。


2015年(第68回)カンヌ国際映画祭は2015年5月13日(水)から5月24日(日)まで開催される予定です。

 
【参照】
カンヌ国際映画祭公式サイト内の発表 (2015/04/16付け)
2015 Official Selection
( ttp://www.festival-cannes.fr/en/article/61306.html )



● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆【コンペティション部門|審査員団】◆


審査員長
ジョエル・コーエン Joel Coen
イーサン・コーエン Ethan Coen
(アメリカの映画監督 / プロデューサー / 脚本家)



審査員
ロッシ・デ・パルマ Rossy de Palma
(スペインの女優)


ソフィー・マルソー Sophie Marceau
(フランスの女優 / 映画監督)


シエナ・ミラー Sienna Miller
(イギリスの女優)


ロキア・トラオル Rokia Traoré(Rokia Traore)
(マリ共和国出身の作曲家 / シンガーソングライター) ※ フランスを拠点に活動。


ギレルモ・デル・トロ Guillermo del Toro
(メキシコの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)


グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
(カナダの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー / 男優)


ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
(アメリカの男優)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 コンペティション ラインナップ 
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival - In Competition)


(2015/04/23現在、オープニング作品&クロージング作品を除き 19作品)




オープニング上映作品 Opening Film

Standing Tall(※ 本作はコンペティション外作品)
原題:La tête haute
監督  エマニュエル・ベルコ Emmanuelle Bercot
製作国 フランス
脚本  エマニュエル・ベルコ
    マルシア・ロマーノ
撮影  ギョーム・シフマン
編集  ジュリアン・ルルー
出演  Rod Paradot、カトリーヌ・ドヌーヴ、
    サラ・フォレスティエ、ブノワ・マジメル、他
※ コーエン・メディア・グループが米国での配給権を獲得。(2015/05/22付け)


----------


キャロル
英題:Carol
監督  トッド・ヘインズ Todd Haynes
製作国 イギリス / アメリカ
脚本  フィリス・ナジー
音楽  カーター・バーウェル
撮影  エドワード・ラックマン
編集  アフォンソ・ゴンサルヴェス
出演  ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、
    カイル・チャンドラー、サラ・ポールソン、
    ジェイク・レイシー、コーリー・マイケル・スミス、他
米国配給 ザ・ワインスタイン・カンパニー
日本配給 ファントム・フィルム





ディーパンの闘い
原題/英題:Dheepan
監督  ジャック・オーディアール Jacques Audiard
製作国 フランス
脚本  ジャック・オーディアール
    トーマス・ビデガン
    Noé Debré
音楽  ニコラス・ジャー
撮影  Éponine Momenceau
編集  ジュリエット・ウェルフラン
出演  Antonythasan Jesuthasan、Kalieaswari Srinivasan、
    Claudine Vinasithamby、ヴァンサン・ロティエ、
    マルク・ジンガ、他
米国配給 サンダンス・セレクツ
※ 日本での配給権はロングライドが獲得。2016年公開予定。






 
ティエリー・トグルドーの憂鬱
英題:A Simple Man The Measure of a Man
原題:La loi du marché
監督  ステファヌ・ブリゼ Stéphane Brizé(Stephane Brize)
製作国 フランス
脚本  ステファヌ・ブリゼ
    Olivier Gorce
撮影  Éric Dumont
編集  アンヌ・クロッツ
出演  ヴァンサン・ランドン





ロブスター
英題:The Lobster
監督  ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos
製作国 ギリシャ / イギリス / アイルランド / オランダ / フランス
脚本  ヨルゴス・ランティモス
    エフティミス・フィリップ
撮影  ティミオス・バカタキス
編集  ヨルゴス・マヴロプサリディス
出演  コリン・ファレル、レア・セドゥ、
    レイチェル・ワイズ、ベン・ウィショー、
    ジョン・C・ライリー、オリヴィア・コールマン、
    アシュレー・ジェンセン、他
※ アルケミー(Alchemy)が米国での配給権を獲得。(2015/05/21付け)
※ 日本での配給権はファインフィルムズが獲得。2016年公開予定。





母の残像
英題:Louder Than Bombs
仏題:Plus fort que les bombes
監督  ヨアキム・トリアー Joachim Trier
製作国 ノルウェイ / フランス / デンマーク
脚本  ヨアキム・トリアー
    エスキル・フォクト
音楽  オラ・フロットゥム
撮影  ヤコブ・イーレ
編集  Olivier Bugge Coutté
出演  ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、
    ジェシー・アイゼンバーグ、エイミー・ライアン、
    デヴィン・ドゥルイド、デヴィッド・ストラザーン、
    レイチェル・ブロズナハン、ルビー・ジェアリンズ、
    メーガン・ケッチ、他





マクベス
英題:Macbeth
監督  ジャスティン・カーゼル Justin Kurzel
製作国 イギリス / フランス / アメリカ
脚本  ジェイコブ・コスコフ
    マイケル・レスリー
    トッド・ルイーソ
撮影  アダム・アーカポー
編集  クリス・ディケンズ
美術  フィオナ・クロンビー
出演  マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、
    ジャック・レイナー、パディ・コンシダイン、
    デヴィッド・シューリス、ショーン・ハリス、
    エリザベス・デビッキ、デヴィッド・ヘイマン、他
米国配給 ザ・ワインスタイン・カンパニー
日本配給 吉本興業





Margeurite and Julien
原題:Marguerite et Julien
監督  ヴァレリー・ドンゼッリ Valerie Donzelli
製作国 フランス
脚本  ヴァレリー・ドンゼッリ
    ジェレミー・エルカイム
音楽  ユクセック Pierre-Alexandre "Yuksek" Busson
撮影  セリーヌ・ボゾン
編集  ポリーヌ・ガイヤール
出演  アナイス・ドゥムースティエ、ジェレミー・エルカイム、
    フレデリック・ピエロ、オレリア・プティ、
    Raoul Fernandez、カトリーヌ・ムシェ、
    バスティアン・ブイヨン、サミー・フレー、
    ジェラルディン・チャップリン、他





母よ、
英題:My Mother
原題:Mia madre
監督  ナンニ・モレッティ Nanni Moretti
製作国 イタリア / フランス
脚本  ナンニ・モレッティ
    フランチェスコ・ピッコロ
    ヴァリア・サンテッラ
撮影  アルナルド・カティナーリ
編集  Clelio Benevento
出演  マルゲリータ・ブイ、ジョン・タートゥーロ、
    ジューリア・ラッツァリーニ、ナンニ・モレッティ、
    ベアトリス・マンシーニ、他
日本配給 キノフィルムズ
※ アルケミー(Alchemy)が米国での配給権を獲得。(2015/05/20付け)





Mon roi(原題)
監督  マイウェン Maïwenn(Maiwenn)
製作国 フランス
脚本  マイウェン
    エチエンヌ・コマール
音楽  スティーヴン・ウォーベック
撮影  クレア・マトン
編集  シモン・ジャケ
出演  ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、
    ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコ、
    リュドヴィック・ベルティロ、他





黒衣の刺客
英題:The Assassin
原題:Nie yin niang / 聶隱娘(聶隱娘刺客)
監督  ホウ・シャオシェン(侯孝賢) Hou Hsiao-hsien
製作国 台湾
脚本  チュー・ティエンウェン(朱天文)
音楽  リン・チャン(林強)
撮影  リー・ピンビン
編集  リャオ・チン・スン
    Chih-Chia Huang
出演  スー・チー、チャン・チェン、
    チョウ・ユン、妻夫木聡、他
日本配給 松竹
※ Well Go USA が米国での配給権を獲得。(2015/05/11付け)





五日物語 -3つの王国と3人の女
英題:The Tale of Tales
原題:Il racconto dei racconti
監督  マッテオ・ガローネ Matteo Garrone
製作国 イタリア / フランス / イギリス
脚本  マッテオ・ガローネ
    ウーゴ・キーティ
    マッシモ・ガウディオソ
    Edoardo Albinati
音楽  アレクサンドル・デスプラ
撮影  ピーター・サシツキー
編集  マルコ・スポレンティーニ
美術  Dimitri Capuani
出演  サルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセル、
    トビー・ジョーンズ、シャーリー・ヘンダーソン、
    ヘイレー・カーマイケル、ベベ・ケイヴ、
    ステイシー・マーティン、クリスチャン・リーズ、
    ジョナ・リーズ、ギヨーム・ドロネー、
    アルバ・ロルヴァケル、マッシモ・チェッケリーニ、
    ジョン・C・ライリー、他





サウルの息子
英題:Son of Saul
原題:Saul fia
監督  ネメシュ・ラースロー Laszlo Nemes
製作国 ハンガリー
脚本  ネメシュ・ラースロー Laszlo Nemes
    クララ・ロワイエ
音楽  ネメシュ・ラースロー Laszlo Nemes
撮影  Mátyás Erdély
編集  Matthieu Taponier
出演  ゲザ・レーリヒ、レヴェンテ・モルナール、
    Urs Rechn、Todd Charmont、
    Marcin Czarnik、イェジー・ワルザック、他
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film
※ ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが米国での配給権を獲得。(2015/05/17付け)
※ 日本での配給権はファインフィルムズが獲得。2016年公開予定。





追憶の森
英題:The Sea of Trees
監督  ガス・ヴァン・サント Gus Van Sant
製作国 アメリカ
脚本  クリス・スパーリング
音楽  クリス・ドゥリダス
    メイソン・ベイツ
撮影  キャスパー・タクセン
編集  ピエトロ・スカリア
出演  マシュー・マコノヒー、ナオミ・ワッツ、
    渡辺謙、ケイティ・アセルトン、
    ジョーダン・ガヴァリス、ジェームズ・サイトウ、他
日本配給 東宝東和
※ ライオンズゲートとロードサイド・アトラクションズが米国での配給権を獲得。(2015/05/13付け)





山河ノスタルジア
英題:Mountains May Depart
原題:Shan He Gu Ren / 山河故人
監督  ジャ・ジャンクー(賈樟柯) Jia Zhang-Ke
製作国 中国 / 日本
製作  Arte France Cinéma
    オフィス北野
脚本  ジャ・ジャンクー(賈樟柯)
音楽  半野喜弘
撮影  ユー・リクウァイ
編集  Matthieu Laclau
出演  チャオ・タオ(趙濤)、Zhang Yi、
    リャン・チントン(梁景東)、シルヴィア・チャン、他





ボーダーライン
英題:Sicario
監督  ドゥニ・ヴィルヌーヴ Denis Villeneuve
製作国 アメリカ
脚本  テイラー・シェリダン
音楽  ヨハン・ヨハンソン
撮影  ロジャー・ディーキンス
編集  ジョー・ウォーカー
出演  エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、
    ジョシュ・ブローリン、ジョン・バーンサル、
    ヴィクター・ガーバー、ジェフリー・ドノヴァン、
    ラオール・トゥルヒージョ、他
米国配給 ライオンズゲート





海街diary
英題:Our Little Sister
仏題:Notre petite sœur
監督  是枝裕和 Hirokazu Kore-eda
製作国 日本
原作  吉田秋生 漫画「海街diary」
脚本  是枝裕和
音楽  菅野よう子
撮影  瀧本幹也
編集  是枝裕和
美術  三ツ松けいこ
出演  綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、
    加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、
    前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、
    風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ、他
日本配給 東宝
     ギャガ
※ 日本公開は2015年06月13日の予定。
※ ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが米国での配給権を獲得。(2015/05/14付け)




グランドフィナーレ
英題:Youth
別英題:The Early Years
原題:La giovinezza / Youth - La giovinezza
監督  パオロ・ソレンティーノ Paolo Sorrentino
製作国 イタリア / フランス / スイス / イギリス
脚本  パオロ・ソレンティーノ
音楽  デイヴィッド・ラング
撮影  ルカ・ビガッツィ
編集  クリスティアーノ・トラヴァリョーリ
美術  ルドヴィカ・フェラーリオ
出演  マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、
    レイチェル・ワイズ、ポール・ダノ、
    ジェーン・フォンダ、他
※ フォックス・サーチライト・ピクチャーズが米国での配給権を獲得。(2015/05/13付け)
※ 日本での配給権はギャガが獲得。




※ 2015年4月23日付けで追加された作品は以下の2作品。

或る終焉
英題:Chronic
監督  ミシェル・フランコ Michel Franco
製作国 アメリカ
脚本  ミシェル・フランコ
撮影  イヴ・カペ
編集  ミシェル・フランコ
    フリオ・C・ペレス4世  
出演  ティム・ロス、ロビン・バートレット、
    マイケル・クリストファー、サラ・サザーランド、
    Nailea Norvind、レイチェル・ピックアップ、
    ビッツィー・トゥロック、デヴィッド・ダストマルチャン、
    テイト・エリントン、クレア・ヴァン・ダー・ブーム、
    ジョー・サントス、他





愛と死の谷(←フランス映画祭2016での邦題)
英題:Valley of Love
監督  ギョーム・ニクルー Guillaume Nicloux
製作国 フランス
脚本  ギョーム・ニクルー
撮影  クリストフ・オーファンスタン
編集  ギイ・ルコルヌ
出演  ジェラール・ドパルデュー、イザベル・ユペール、
    ダン・ワーナー、Dionne Houle、他


-------

クロージング上映作品 Closing Film

Ice and the Sky (ドキュメンタリー作品)
原題:La glace et le ciel
監督  リュック・ジャケ Luc Jacquet
製作国 フランス
脚本  リュック・ジャケ
音楽  シリル・オフォール
撮影  ステファン・マルタン
編集  ステファーヌ・マザレーグ
音響  ティエリー・レボン
出演  クロード・ロリウス


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2015/05/18 追記)


日本経済新聞 2015年5月16日付け記事
国際化映す日本人作品 中堅・若手目立つコンペ カンヌ映画祭リポート(1)
( ttp://www.nikkei.com/article/DGXMZO86776860U5A510C1000000/ )

最高賞のパルムドールを競うコンペティション部門には19作品が選ばれた。近年は巨匠の作品がずらりと並んでいたカンヌだが、今年は全体に若い。最年長監督は68歳のホウ・シャオシェン(台湾)で、60代はホウ、ガス・ヴァン・サント(米国)、ジャック・オディアール(フランス)、ナンニ・モレッティ(イタリア)の4人だけ。50代もトッド・ヘインズ(米国)と是枝裕和の2人。中核はジャ・ジャンクー(中国)、パオロ・ソレンティーノ(イタリア)ら40代で、10人と過半を占める。30代の若手も3人いる。 国籍別でみるとフランス人監督の作品が5本と例年以上に多い。「愛されるために、ここにいる」のステファヌ・ブリゼ、「わたしたちの宣戦布告」のヴァレリー・ドンゼッリ、マイウェン、ギョーム・ニクルーの4人は40代以下。コンペ外だがオープニング作品のエマニュエル・ベルコ、クロージング作品のリュック・ジャケも40代のフランス人だ。 一方で英国人、ドイツ人の作品は1本も選ばれず、ハンガリーの38歳の新人ラスロ・ネメシュの長編第1作が入った。米国は2本。アジアはジャ、ホウ、是枝の3本で、西アジアからは選ばれなかった。 地域に関係なく気鋭の中堅・若手が目立つのが今年のコンペの特徴といえるだろう。

「巨匠おじいちゃまたちのお披露目会」ってだけじゃ先行きが明るくないでしょ。30~40代監督が増えるのはいいじゃない。


「批評家もジャーナリストも観客も、ここに来たら、映画についてのある価値基準を作ろうとする。この映画はいい、裏返すと、この映画はダメ。みんながカフェで楽しそうに、今みた映画がいかにダメだったかを話している」確かにそうだ。上映中にイスを蹴って出て行く反応も、翌朝の新聞に載る激烈な批評も、すべては「ある価値基準を作ろうとする」意識から来ている。

本職の映画批評家たちだって見た映画を腐すときは楽しそう。だけど、一般観客がSNSやブログで映画を腐していると映画批評家や映画ライターが「欠点ばかりをあげつらいダメ出しをするのは、けしからん」と言う……。 ”映画についてのある価値基準を作ろうとする” 崇高(?)な目的があれば意気揚々と貶してもOKだとさ。なんとも勝手な言い草……に聞こえなくもない。(それならば、一般観客だってそれぞれに「映画についてのある価値基準を作ろうとしているのだ」と主張してもよいのかもよ。ふふ。)




共通テーマ:映画