So-net無料ブログ作成

2015年カンヌ国際映画祭|受賞作のトレーラー&ビデオクリップ(その1)|オフィシャル・セレクション|コンペティション

● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html


------------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 受賞作のトレーラー&ビデオクリップ
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival)




【コンペティション部門】 In Competition


パルム・ドール (=カンヌ国際映画祭の最高賞) Palme d'Or

ディーパンの闘い
原題:Dheepan
監督  ジャック・オーディアール Jacques Audiard
製作国 フランス 
撮影  Éponine Momenceau
出演  ヴァンサン・ロティエ、マルク・ジンガ、他



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕Dheepanはタミルのイーラム解放の虎の兵士です。スリランカの内戦が終息に向かい、敗戦が確実となって、Dheepanは逃げることを決めます。ヨーロッパへの亡命がより簡単になるだろうと見知らぬ女性と幼い少女を連れて。パリに到着したこの“家族”は受け入れ先を転々と変えながら、細々と暮らします。そして彼はついにパリの郊外で建物の管理人の職を得ます。Dheepanは新しい生活を築き、偽りの妻と娘のために真の家族を作りたいと考えます。しかし間もなく、彼らの暮らす集合住宅での日常的な暴力が、まだ戦争から癒えていない彼の傷を開かせることになります。 兵士Dheepanは、本当の家族を作りたいと願う彼の希望を守るため、戦士としての本能を再び燃え上がらせることになります。




Dheepan - Bande-annonce (Trailer)






Dheepan - Official Trailer






『ディーパンの闘い』日本版予告編




------------------------------------------------------------------------------------------


グランプリ(審査員特別グランプリ) Grand Prix

サウルの息子
英題:Son of Saul
原題:Saul fia
監督  ネメシュ・ラースロー Laszlo Nemes
製作国 ハンガリー  
撮影  Mátyás Erdély
出演  ルーリグ・ゲーザ(ゲザ・レーリヒ)、レヴェンテ・モルナール、
    Urs Rechn、Todd Charmont、他
※ 長編映画初監督作 1st Film
※ 日本での配給権はファインフィルムズが獲得。2016年公開予定。



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕1944年10月。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。Saul Ausländer は、ユダヤ人収容者グループ「ゾンダーコマンド(特別労務班員)」の一員です。彼らはほかのユダヤ人とは隔離され、ナチス党員によるユダヤ人殺戮を補助する役目を与えられています。 彼は焼却炉で働いている時、自分の息子だと思われる死体を発見します。 「ゾンダーコマンド(特別労務班員)」が蜂起を企む一方、彼は大それた計画を実行しようとします。子供の体を炎から守り、子供に真の墓を与えようとするのです。



Son of Saul - Clip






Son of Saul - Clip
(Saul fia - Laszlo Nemes - extrait)






Son of Saul - Trailer 1






『サウルの息子』日本版予告編




------------------------------------------------------------------------------------------


監督賞 Prix de la mise en scène (The Best Director Award)

黒衣の刺客
英題:The Assassin
原題:Nie yin niang / 聶隱娘(聶隱娘刺客)
監督  ホウ・シャオシェン(侯孝賢) Hou Hsiao-hsien
製作国 台湾 
撮影  リー・ピンビン
出演  スー・チー、チャン・チェン、
    チョウ・ユン、妻夫木聡、他



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕中国、9世紀。Nie Yinniang は数年にわたる流刑の後、家族のもとに戻ってきます。修道女に武道を仕込まれた彼女は正義の味方となって、専制者を退治することを使命とします。彼女の指導者は彼女に、いとこでWeibo軍地区の反体制派の総督Tian Ji'anを殺すことを命じます。Nie Yinniang は決めなければなりません。彼女の愛する男を捧げるか、あるいは“殺人団”と永遠に縁を切るのかを・・・。



The Assassin (聂隐娘) - Clip






The Assassin - Official Trailer 1






『黒衣の刺客』日本版予告編





------------------------------------------------------------------------------------------


脚本賞 Prix du scénario (The Best Screenplay Award)

受賞者|ミシェル・フランコ(脚本) Michel Franco
作品:Chronic
監督  ミシェル・フランコ Michel Franco
製作国 アメリカ  
撮影  イヴ・カペ
出演  ティム・ロス、ビッツィー・トゥロック、
    デヴィッド・ダストマルチャン、テイト・エリントン、
    クレア・ヴァン・ダー・ブーム、ジョー・サントス、他



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕介護員のダビッドは、末期患者の介護をしています。気が利いて要領がよく、仕事に強い情熱を持つ彼は介護員と患者という枠組みを越えて、患者との親密な関係を築いていきます。しかし職場を離れると、ダビッドは要領が悪くドジで、おとなしい男になります。患者が彼を必要としているように、彼も患者が必要なのです。



Chronic - Clip






Chronic - Trailer




------------------------------------------------------------------------------------------


2015年カンヌ国際映画祭|受賞作のトレーラー&ビデオクリップ(その2)|オフィシャル・セレクション|コンペティション|短編映画|カメラドール へつづく




共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭|受賞作のトレーラー&ビデオクリップ(その2)|オフィシャル・セレクション|コンペティション|短編映画|カメラドール

2015年カンヌ国際映画祭|受賞作のトレーラー&ビデオクリップ(その1)|オフィシャル・セレクション|コンペティション からのつづき


------------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 受賞作のトレーラー&ビデオクリップ
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival)


【コンペティション部門】 In Competition



女優賞 Prix d'interprétation féminine (The Best Actress Award)
※ 2名のタイ受賞

受賞者|エマニュエル・ベルコ Emmanuelle Bercot
作品:Mon roi(原題)
監督  マイウェン Maïwenn(Maiwenn)
製作国 フランス 
撮影  クレア・マトン
出演  ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、
    ルイ・ガレル、リュドヴィック・ベルティロ、他



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕Tトニーは、スキーで転落し大きな怪我を負った後、センターでリハビリを受けることになります。 医療スタッフや鎮痛剤に頼らなければならない彼女は、時間をかけてジョルジオとの辛い思い出を回想していきます。なぜふたりは愛し合ったのか?彼女が愛した男とは本当は誰だったのか?なぜ彼女は、このような重苦しくも破壊的な愛に服従したのか?トニーはこれから人生を再構築していかなければなりません。身体のリハビリを通じて彼女は最後には自らを解放することができるでしょうか。



Mon roi - Clip
(Mon Roi : Extrait du film de Maïwenn)





Mon roi - Clip





****

受賞者|ルーニー・マーラ Rooney Mara
作品:キャロル
英題:Carol
監督  トッド・ヘインズ Todd Haynes
製作国 イギリス / アメリカ 
撮影  エドワード・ラックマン
音楽  カーター・バーウェル
出演  ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、
    カイル・チャンドラー、サラ・ポールソン、
    ジェイク・レイシー、コーリー・マイケル・スミス、他
日本配給 ファントム・フィルム



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕1950年ニューヨーク。マンハッタンのデパートで働く若い販売員のテレーズは、魅力と気品に満ちた、それでも結婚生活には満足していない顧客のキャロルと知り合いになります。 彼女たちの関係は瞬く間に深いものとなり、ふたりの女性は、社会の慣習と互いへの魅力の狭間で苦しむことになるのです。




Carol (2015) - Official Clip #1






Carol (2015) - Official Clip #2





------------------------------------------------------------------------------------------


男優賞 Prix d'interprétation masculine (The Best Actor Award)

受賞者|ヴァンサン・ランドン Vincent Lindon
作品:The Measure of a Man
原題:La loi du marché
監督  ステファヌ・ブリゼ Stéphane Brizé(Stephane Brize)
製作国 フランス 
撮影  Éric Dumont
出演  ヴァンサン・ランドン、他



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕51歳、20ヶ月におよぶ失業生活の後、ティエリーは新しい仕事を始めます。そこで彼はすぐに精神的なジレンマに直面することになり・・・。失業を避けるには、何でも受け入れなければならないのでしょうか?



The Measure of a Man (La Loi du marché) (2015) - Trailer(1分23秒)





------------------------------------------------------------------------------------------


審査員賞 Prix du Jury (The Jury Prize)

ロブスター
英題:The Lobster
監督  ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos
製作国 ギリシャ / イギリス / アイルランド / オランダ / フランス 
撮影  ティミオス・バカタキス
出演  コリン・ファレル、レア・セドゥ、
    レイチェル・ワイズ、ベン・ウィショー、
    ジョン・C・ライリー、オリヴィア・コールマン、
    アシュレー・ジェンセン、他
※ 日本での配給権はファインフィルムズが獲得。2016年公開予定。



〔2015年カンヌ国際映画祭の作品紹介(こちら)より〕近い未来…。独り者はすべて逮捕され、ホテルに移送され、45日で伴侶を見つけなければなりません。この期限を過ぎると自分の好きな動物に変えられてしまいます。この運命から逃れるため、ある男が逃亡し、森の中のあるレジスタンスグループ-ソリテール(孤独者)-の一員となります。



The Lobster - Clip






The Lobster - Clip





------------------------------------------------------------------------------------------


【短編映画部門】  Short Film


短編映画部門:パルム・ドール
Palme d'Or du court métrage (The Short Film Palme d'Or)

Waves '98
監督:Ely Dagher
製作国:レバノン / カタール
ランタイム:14分



Waves '98 - Trailer




------------------------------------------------------------------------------------------


【カメラ・ドール】  Caméra d'Or


カメラ・ドール(新人監督賞) Caméra d'Or

Land and Shade ※「批評家週間」エントリー作品
原題:La tierra y la sombra
監督:セサル・アウグスト・アセベド César Augusto Acevedo(Cesar Augusto Acevedo)
製作国:コロンビア / フランス / オランダ / チリ / ブラジル
※「批評家週間」ヴィジョナリー賞とSACD賞の2賞を受賞。



Land and Shade (La tierra y la sombra) - Trailer






共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭|受賞結果|パルム・ドールはどの作品?

2015年(第68回)カンヌ国際映画祭の授賞式が行われ、受賞結果が発表されました。



【参照記事】
● The Wrap  2015/05/24付け記事
Cannes Film Festival Winners: The Complete List
( ttp://www.thewrap.com/cannes-awards-ceremony-updating-the-winners-live )


● indiewire  2015/05/24付け記事
The 2015 Cannes Film Festival Winners
( ttp://www.indiewire.com/article/the-2015-cannes-film-festival-winners-live-as-they-come-in-20150524 )


● 2015年カンヌ国際映画祭 公式サイト内での発表(2015/05/24付け)
 受賞作品 2015 : コンペティション部門(日本語ページ)
( ttp://www.festival-cannes.com/jp/archives/awardCompetition.html )




● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html



2015年(第68回)カンヌ国際映画祭は2015年5月13日(水)から5月24日(日)まででした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆2015年(第68回)カンヌ国際映画祭|審査員◆◆


【コンペティション部門】
 
審査員長
ジョエル・コーエン Joel Coen
イーサン・コーエン Ethan Coen
(アメリカの映画監督 / プロデューサー / 脚本家)


審査員
ロッシ・デ・パルマ Rossy de Palma
(スペインの女優)

ソフィー・マルソー Sophie Marceau
(フランスの女優 / 映画監督)

シエナ・ミラー Sienna Miller
(イギリスの女優)

ロキア・トラオル Rokia Traoré(Rokia Traore)
(マリ共和国出身の作曲家 / シンガーソングライター) ※ フランスを拠点に活動。

ギレルモ・デル・トロ Guillermo del Toro
(メキシコの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)

グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan
(カナダの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー / 男優)

ジェイク・ギレンホール Jake Gyllenhaal
(アメリカの男優)




【短編映画部門】 (シネフォンダシヨン部門審査員と兼任)

審査委員長
アブデラマン・シサコ Abderrahmane Sissako
(モーリタニアの映画監督)


審査員
ジョアナ・ハッジトーマス Joana Hadjithomas
(レバノンの映画監督 / 脚本家 / プロデューサー)

レベッカ・ズロトヴスキ Rebecca Zlotowski
(フランスの映画監督 / 脚本家)

セシル・ドゥ・フランス Cécile de France
(ベルギーの女優)

ダニエル・オルブリフスキー Daniel Olbrychski
(ポーランドの男優)




【カメラ・ドール】(=新人監督賞)

審査員長
サビーヌ・アゼマ Sabine Azéma(Sabine Azema)
(フランスの女優)


審査員
デルフィーヌ・グレイズ Delphine Gleize
(フランスの映画監督 / 脚本家)

メルヴィル・プポー Melvil Poupaud
(フランスの男優)

クロード・ガルニエ Claude Garnier
(撮影監督 / AFC〔French Association for Cinematographers〕代表)

Didier Huck
(FICAM〔Federation of Cinema, Audiovisual and Multimedia Industries〕代表)

ヤン・ゴンザレス Yann Gonzalez
(SRF〔Society of Film Directors〕代表)

Bernard Payen
(SFCC〔French Union of Cinema Critique〕代表)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 受賞結果
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival)

※ 各賞の記載順番はカンヌ国際映画祭公式サイトの発表(こちらの表示)に準じました。



【コンペティション部門】  Competition

パルム・ドール (=カンヌ国際映画祭の最高賞) Palme d'Or

ディーパンの闘い
原題:Dheepan
監督:ジャック・オーディアール Jacques Audiard
製作国:フランス




グランプリ(審査員特別グランプリ) Grand Prix

サウルの息子
英題:Son of Saul
原題:Saul fia
監督:ネメシュ・ラースロー Laszlo Nemes
製作国:ハンガリー




監督賞 Prix de la mise en scène (The Best Director Award)

ホウ・シャオシェン(侯孝賢) Hou Hsiao-hsien
作品:黒衣の刺客
英題:The Assassin
原題:Nie yin niang / 聶隱娘(聶隱娘刺客)
製作国:台湾




脚本賞 Prix du scénario (The Best Screenplay Award)

脚本:ミシェル・フランコ Michel Franco
作品:或る終焉
英題:Chronic
監督:ミシェル・フランコ Michel Franco
製作国:アメリカ




女優賞 Prix d'interprétation féminine (The Best Actress Award)
※ 2名のタイ受賞

エマニュエル・ベルコ Emmanuelle Bercot
  作品:Mon roi(原題)
  監督:マイウェン Maïwenn(Maiwenn)
  製作国:フランス


ルーニー・マーラ Rooney Mara
  作品:キャロル
  英題:Carol
  監督:トッド・ヘインズ Todd Haynes
  製作国:イギリス / アメリカ




男優賞 Prix d'interprétation masculine (The Best Actor Award)

ヴァンサン・ランドン Vincent Lindon
作品:ティエリー・トグルドーの憂鬱
英題:The Measure of a Man
原題:La loi du marché
監督:ステファヌ・ブリゼ Stéphane Brizé(Stephane Brize)
製作国:フランス




審査員賞 Prix du Jury (The Jury Prize)

ロブスター
英題:The Lobster
監督:ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos
製作国:ギリシャ / イギリス / アイルランド / オランダ / フランス



------------------------------------------------------------------------------------------

【短編映画部門】  Short Films


パルム・ドール Palme d'Or du court métrage (The Short Film Palme d'Or)

Waves '98
監督:Ely Dagher
製作国:レバノン / カタール
ランタイム:14分



------------------------------------------------------------------------------------------

【カメラ・ドール】(=新人監督賞) Caméra d'Or

Land and Shade ※「批評家週間」エントリー作品
原題:La tierra y la sombra
監督:セサル・アウグスト・アセベド César Augusto Acevedo(Cesar Augusto Acevedo)
製作国:コロンビア / フランス / オランダ / チリ / ブラジル
※「批評家週間」ヴィジョナリー賞とSACD賞の2賞を受賞。



------------------------------------------------------------------------------------------

【名誉パルム・ドール】 Palme d'honneur

アニエス・ヴァルダ Agnès Varda



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第二席であるグランプリを『Son of Saul』が獲った時点で「こりゃ、パルムドールはパオロ・ソレンティーノ監督作『Youth』対ナンニ・モレッティ監督作『My Mother』(原題:Mia madre)のイタリア対決か!?」なーんて思ってたら、あらまあ、フランスへ……。今回、フランスはコンペへ沢山ピックアップされたうえに最高賞は獲るわ男優賞と女優賞も獲るわで、なんだかなあ。審査員長の出身国アメリカも2賞獲ったし、お手盛り感満点の「フランス&アメリカ、万歳」大会だった!?

オープニング上映作品に自身の監督作『Standing Tall(英題)』が選ばれたエマニュエル・ベルコは、別の出演作品で女優として受賞。わが世の春、ですなあ。


---

(2015/06/11 追記)

結果としてお手盛り感があるものの、審査員団は当然自己判断で賞を決定した、と。「批評家のために決めているんじゃない」ってのはその通り。ただ、近年、審査員のメンツにちょっと偏りがあるような気はする。

産経新聞  2015/05/31付け記事
カンヌ最高賞に「驚きとブーイング」…審査員長のコーエン兄弟は批判一蹴 評価基準で沸騰する映画界( ttp://www.sankei.com/premium/news/150531/prm1505310016-n1.html )
この判断をめぐり、批評家やメディアが続々と批判の声をあげ、授賞式は荒れ模様に。審査員長を務めた米ハリウッドの奇才コーエン兄弟は「批評家ではなく作り手のために審査した結果だ」と真っ向から反論し、芸術性や話題性など映画の評価基準をめぐる論議を沸騰させている。 <中略> 9人の審査員を束ねる審査員長のジョエル監督(60)とイーサン監督(57)のコーエン兄弟は、授賞式後、審査員を務めたメキシコのギジェルモ・デル・トーロ監督(50)や米俳優、ジェイク・ギレンホールさん(34)らとともに記者会見し、「審査員全員、これが素晴らしい作品だと思った」と述べ、全員一致で「ディーパン」を選んだと明言。審査員たちは口々に、難民という時事問題に絡んだメッセージよりも、作品全体が持つ力強さで選んだと説明した。さらにコーエン兄弟は「(カンヌ国際映画祭の)審査は批評家のためではない。作り手であるアーティストのために行っているものだ」と言い切り、批評家やメディアの批判を真正面から退けた。




MovieWalker 2015年6月8日付け記事
“女性”を讃えた第68回カンヌ国際映画祭を振り返る( ttp://news.walkerplus.com/article/59675/ )
今年の第68回カンヌ国際映画祭は、カンヌ叩き上げの会長ジル・ジャコブが勇退し大手ケーブルテレビ局の元CEOピエール・レスキュールが新会長になって初めての映画祭だった。まずはアカデミー賞のようにパフォーマンスを入れるなどセレモニーのテレビ中継を意識したショーアップが図られ、さらに今年のテーマというものが発表された。「映画は女性です」と女性映画人たちを支え讃えることを宣言したのだ。これは来年から創設される新しい賞“Women in Motion”を見据えてのもの。この賞をスポンサードするのは総合ファッションブランド企業ケリングだが、実業界にも顔の利く新会長の色がよく出た試みではあった。カンヌは社会の雰囲気に敏感で、集められたコンペ作品にはその年の傾向というもの、世界や社会の動きが反映されてきた。その中から審査員たちが選ぶ賞は必ずしも傾向に従ったものではないところがカンヌの面白さでもある。

国も宗教も人種や老若男女すべてを越えて心に触れることができる、それが、映画の力というものである。そしてカンヌはそんな力を信ずる者たちの祭りの場なのだ。

女性監督のものを積極的に取り上げたいというカンヌ映画祭側の意思は特にここ数年明らかだと思うけれど(「女性監督を取り上げないのだ」と非難されるし。)でも ”実際のところ、なかなかレベルの高いものが見つからない” というところなのかも。それは良い題材は男性監督へ回っていってしまうという現実があって、女性監督のキャリアと映画製作に関する技量がうまく積み上げられないということかもしれないね。




共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭 ある視点部門|受賞作のトレーラー

● カンヌ国際映画祭 公式サイト(日本語ページ)
 http://www.festival-cannes.com/jp.html


------------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第68回)カンヌ国際映画祭 ある視点部門 受賞作トレーラー
(Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes)
(Cannes International Film Festival - Un Certain Regard)



ある視点賞(ある視点部門 グランプリ)
Prix Un Certain Regard (Un Certain Regard Award / Prize of Un Certain Regard)

Rams
原題:Hrútar
監督  グリーア・ハコナーソン Grímur Hákonarson(Grimur Hakonarson)
製作国 アイスランド
撮影  Sturla Brandth Grøvlen(Sturla Brandth Grovlen)


〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕アイスランドの人里離れた渓谷で、40年以来口をきいたことのないふたりの兄弟が、彼らの持っているものの中で最も貴重なもの-雄羊-を救うため、力を合わせることになります。



Rams (Hrútar) - Trailer
by Grímur Hákonarson|Un Cannes Certain Regard 2015





------------------------------------------------------------------------------------------


審査員賞 Prix du jury (Jury Prize)

The High Sun
原題:Zvizdan
監督  Dalibor Matanic
製作国 クロアチア / セルビア / スロベニア
撮影  Marko Brdar


〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕3つの異なる時代。歴史に翻弄されたふたつの隣り合う村。そして3つの愛の物語が、ひとつの禁じられた古典的な愛の物語で交錯します。



Zvizdan (The High Sun) - Trailer


おおっ、かっこいい(そして不穏な)トレーラー。(こうしてみると、しみじみ邦画の予告編はヘボヘボだねえ。)




------------------------------------------------------------------------------------------

監督賞 Best Director Prize

岸辺の旅
英題:Journey to the Shore
監督  黒沢清 Kiyoshi Kurosawa
製作国 日本
撮影  芦澤明子
日本配給 ショウゲート
※ 日本での劇場公開は2015年10月1日の予定。


〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕日本。夫 優介が妻 瑞希を田舎の村々や田んぼを巡る旅へと誘います。それは、彼が海で溺れて死んでから彼が過ごした3年間を辿る旅でした。彼はなぜ今帰ってきたのでしょうか?



『岸辺の旅』(2015年) 特報
Kishibe no Tabi(Journey to the Shore) (2015) - Official Teaser Trailer
directed by Kiyoshi Kurosawa (Japan)
Cast: Eri Fukatsu and Tadanobu Asano


本編もこういうBGMなの?



------------------------------------------------------------------------------------------

ある才能賞(ある視点 才能賞) Un Certain Talent Prize

The Treasure
原題:Comoara
監督  コルネリウ・ポルンボユ Corneliu Porumboiu
製作国 ルーマニア
撮影  Tudor Mircea

〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕ブカレスト。Costi は夜、息子を寝かしつけるため、ロビンフッドの物語を読むような完璧たる若き父親です。ある日、隣人が彼に自分の祖父母の家に宝が埋めてあると告白します。そして隣人はCosti が金属探知機を貸してくれたら、そして1日宝探しに付き合ってくれたら、その戦利品は分けてもいいといいます。半信半疑の彼でしたが、さまざまな困難を乗り越えながらCosti はついにこの冒険に入り込んでいくのです。



The Treasure (Comoara) - Theatrical Trailer





------------------------------------------------------------------------------------------

期待すべき新人賞(前途有望な将来性賞) Promising Future Prize
※ 2作品のタイ受賞


Fly Away Solo
 原題:Masaan
 監督  Neeraj Ghaywan
 製作国 インド
 撮影  Avinash Arun Dhaware
 ※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film


〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕ガンジス川のほとりの聖地ワーラーナシーは、伝統的な道徳に従わない者を厳しく罰します。カースト違いの若い女性に夢中の貧困地域出身の若い男Deepak。最初の恋人を失い、罪悪感に苛まれて、生きる力を失った女学生のDevi。警察の汚職の犠牲者で金のために理性を失うDeviの父親のPathak。そして家族を求める若い青年 Jhonta。急速に変わりゆく社会と伝統への忠誠の狭間に揺れ動きながら、よりよい未来を求める登場人物たち。そんな彼らの人生が交錯することになって…。



Masaan (Fly Away Solo) - Trailer


長編初監督でこういう画を撮れるのか……ますます進化するインド映画……。





Nahid(原題)
 監督  Ida Panahandeh
 製作国 イラン
 撮影  Morteza Gheidi
 ※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film


〔カンヌ国際映画祭公式サイト内の作品紹介(こちら)より〕Nahidは10歳の息子とふたりでカスピ海に臨む小さな村で暮らしています。イランの法律によれば、親権は父親にあるのですが、父親はその権利を再婚しないことを条件に元妻に譲ります。Nahidは自分を愛してくれる男性と出会い、結婚を望みます。しかしそれが女性であり、母親である彼女の人生を変えることになります。



Nahid - Trailer






共通テーマ:映画

2015年カンヌ国際映画祭|2015年 新設|「ルイユ・ドール」(L’Oeil d’Or) 受賞結果|ドキュメンタリー作品が審査対象の賞

カンヌ国際映画祭へ選出されたドキュメンタリー作品を対象とした「ルイユ・ドール」(L’Oeil d’Or)という賞が創設された模様。



【参照記事】
● The Wrap  2015/05/23付け記事
 Cannes: ‘Son of Saul,’ ‘Mia Madre’ Win FIPRESCI, Ecumenical Prizes
( ttp://www.thewrap.com/cannes-son-of-saul-mia-madre-win-fipresci-ecumenical-prizes/ )

 
● ScreenDaily.com 2015/05/23付け記事
 Cannes: ‘Son of Saul’, 'Masaan', 'Paulina' win Fipresci prizes
( ttp://www.screendaily.com/festivals/cannes/cannes-son-of-saul-masaan-paulina-win-fipresci-prizes/5088613.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS&contentID=40562 )


------------------------------------------------------------------------------------------

2015年カンヌ国際映画祭:ルイユ・ドール(L’Oeil d’Or) 受賞結果 
Le Festival International du Film de Cannes / Festival de Cannes
(Cannes International Film Festival )
L’Oeil d’Or



ルイユ・ドール(L’Oeil d’Or) L’Oeil d’Or (for Documentary)

Beyond My Grandfather Allende ※「監督週間」エントリー作品。
原題:Allende, mi abuelo Allende
監督  Marcia Tambutti(Marcia Tambutti Allende)
製作国 チリ / メキシコ
※ 長編映画初監督作(カメラ・ドール 対象者) 1st Film




ルイユ・ドール(L’Oeil d’Or):スペシャル・メンション
L’Oeil d’Or - Special mention

Ingrid Bergman - in Her Own Words ※カンヌ・クラシックス部門エントリー作品。
原題:Jag är Ingrid
監督:Stig Björkman
製作国:スウェーデン




共通テーマ:映画