So-net無料ブログ作成

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|中国からの出品作 決定

中国代表作は 2015年北京国際映画祭監督賞を受賞したジャン=ジャック・アノー監督作『Wolf Totem(英題)』 Han Yan 監督の『Go Away Mr. Tumor(英題)』に決まりました。

(※ 2015/10/09 追記:ジャン=ジャック・アノー監督作『Wolf Totem(英題)』が中国代表作となったとの情報がありましたが、実際には選出されていなかった模様。)



中国からの出品作
Go Away Mr. Tumor
原題|Gun dan ba! Zhong liu jun / 滚蛋吧!肿瘤君
監督|Han Yan 
製作国|中国


IMDb|Gun dan ba! Zhong liu jun
http://www.imdb.com/title/tt4819514/




Go Away Mr. Tumor (滚蛋吧!肿瘤君) (2015 Film) - Trailer





共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|パレスチナからの出品作 決定

パレスチナ代表作は2014年アブダビ映画祭ドキュメンタリー部門作品賞(アラブ世界の作品が対象)を受賞した『The Wanted 18』に決まりました。『The Wanted 18』は2014年トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門へも選出されていました。



パレスチナからの出品作
The Wanted 18(2014年)
監督|ポール・コーワン Paul Cowan
   Amer Shomali
製作|カナダ / パレスチナ / フランス


IMDb|The Wanted 18
http://www.imdb.com/title/tt3946020/




The Wanted 18 - Teaser Trailer





共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|グアテマラからの出品作 決定(『火の山のマリア』)

グアテマラ代表作は2015年(第65回)ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(アルフレード・バウアー賞)を受賞した『火の山のマリア』に決まりました。



グアテマラからの出品作
火の山のマリア
英題|Ixcanul Volcano
原題|Ixcanul
監督|ハイロ・ブスタマンテ Jayro Bustamante
製作国|グアテマラ / フランス



IMDb|Ixcanul(Ixcanul Volcano)
http://www.imdb.com/title/tt4135844/




Ixcanul Volcano - Trailer





『火の山のマリア』日本版予告編





共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|スイスからの出品作 決定

スイス代表作は2015年(第65回)ベルリン国際映画祭パノラマ部門ドキュメンタリー映画観客賞の第3位を受賞したドキュメンタリー映画『Iraqi Odyssey』に決まりました。『Iraqi Odyssey』は2014年トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門へも選出されていました。



スイスからの出品作
Iraqi Odyssey ※ ドキュメンタリー作品
監督|サミール Samir


IMDb|Iraqi Odyssey
http://www.imdb.com/title/tt3904176/




Iraqi Odyssey - Trailer



------------------------------------------------------------------------------------------

スイスは、最終選考に残った7作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。

★印 …… 代表作



・War
 監督|Simon Jaquemet



・Pause
 監督|Mathieu Urfer



・L'oasis des mendiants
 監督|Janine Waeber
    Carole Pirker



・Dora or the Sexual Neuroses of Our Parents
 監督|Stina Werenfels



Iraqi Odyssey
 監督|サミール Samir



・La Vanité
 監督|リオネル・バイアー Lionel Baier
 製作国|スイス / フランス



・Chubby
 監督|Bruno Deville




共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|ドイツからの出品作 決定(『顔のないヒトラーたち』)

ドイツ代表作は2015年(第65回)ドイツ映画賞4部門(※ 5部門ノミネートの表記もありますが、公式では4部門のノミネート)ノミネートの『顔のないヒトラーたち』に決まりました。

『顔のないヒトラーたち』は2014年トロント国際映画祭コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門へも選出されています。



ドイツからの出品作
顔のないヒトラーたち
英題|Labyrinth of Lies
原題|Im Labyrinth des Schweigens
監督|ジュリオ・リッチャレッリ Giulio Ricciarelli
米国配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス


IMDb|Im Labyrinth des Schweigens
http://www.imdb.com/title/tt3825638/




Labyrinth of Lies - Official Trailer(英語字幕付き)






『顔のないヒトラーたち』日本版予告編


(2015/08/28 記) ドイツも高齢の選考委員が選んでいるんでしょうかね。こういうタイプの作品が今、”最終選考に残る9作品のリスト” 入りするのかどうか? 注目です。

(追記)なんと!『顔のないヒトラーたち』は ”最終選考に残る9作品のリスト” に入りました。あら~。


------------------------------------------------------------------------------------------


ドイツは、最終選考に残った8作品のショートリストを発表していました。
最終選考に残っていた作品は以下のとおり。

★印 …… 代表作



ヒトラー暗殺、13分の誤算
英題|13 Minutes
原題|Elser(Elser: Er hätte die Welt verändert)
監督|オリヴァー・ヒルシュビーゲル Oliver Hirschbiegel




Sanctuary
原題|Freistatt
監督|マーク・ブルンムンド Marc Brummund




Head Full of Honey
原題|Honig im Kopf
監督|ティル・シュヴァイガー Til Schweiger




顔のないヒトラーたち
 英題|Labyrinth of Lies
 原題|Im Labyrinth des Schweigens
 監督|ジュリオ・リッチャレッリ Giulio Ricciarelli




ぼくらの家路
原題/英題|Jack
監督|エドワード・ベルガー Edward Berger




Schmidt's Nine Lives(仮)
原題|Schmidts Katze
監督|Marc Schlegel




ヴィクトリア
英題|Victoria
別英題|My Name Is Victoria
監督|ゼバスチャン・シッパー Sebastian Schipper




ロストックの長い夜(←EUフィルムデーズ2016での邦題)
英題|We Are Young. We Are Strong.
原題|Wir sind jung. Wir sind stark.
監督|ブルハン・クルバニ Burhan Qurbani




共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|クロアチアからの出品作 決定(『灼熱』)

クロアチア代表作は2015年カンヌ国際映画祭 ある視点部門の審査員賞を受賞したダリボル・マタニッチ監督作『灼熱』(2015年)に決まりました。


ダリボル・マタニッチ監督作は2002年度(第75回)にもクロアチア代表に選出されています。(『Fine Dead Girls(英題)』)



クロアチアからの出品作
灼熱
別邦題|灼熱の太陽(←2015年東京国際映画祭での邦題)
英題|The High Sun
原題|Zvizdan
監督|ダリボル・マタニッチ Dalibor Matanic(Dalibor Matanić) 
製作国|クロアチア / セルビア / スロベニア


IMDb|Zvizdan
http://www.imdb.com/title/tt4593108/



【カンヌ国際映画祭公式サイト内での『Zvizdan』(英題:The High Sun)作品紹介(こちら)より】3つの異なる時代。歴史に翻弄されたふたつの隣り合う村。そして3つの愛の物語が、ひとつの禁じられた古典的な愛の物語で交錯します。




Zvizdan (The High Sun) - Trailer


(2015/08/27 記) 予告編自体が良い出来。かっこいい予告編だなあ。こういうのは日本映画の予告編ではまずお目にかかれない。





『灼熱』(2015年) 日本版予告編





共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|カザフスタンからの出品作 決定

カザフスタン代表作は Ermek Tursunov 監督作『Stranger(英題)』に決まりました。

ちなみに、カザフスタンは昨年度(2014年度 / 第87回)はアカデミー賞外国語映画賞部門へ出品していませんでした。


Ermek Tursunov 監督作は2009年度(第82回)と2013年度(第86回)にも同部門のカザフスタン代表に選出されています。(2009年度には ”アカデミー賞外国語映画賞部門の最終選考に残る9作品” に入っています。)



カザフスタンからの出品作
Stranger
原題|Zhat / Жат
監督|Yermek Tursunov


IMDb|Zhat
http://www.imdb.com/title/tt4649646/




Zhat (Жat) - Trailer


(2015/08/27 記) 自然と共に生きるカザフスタンの生活は厳しそうだなあ……。生々しい自然の風景と老齢俳優の顔力がすごい。




共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|ルクセンブルクからの出品作 決定

ルクセンブルク代表作はドネート・ロテュンノ監督作『Baby (a)lone』に決まりました。



ルクセンブルクからの出品作
Baby(a)lone
監督|ドネート・ロテュンノ Donato Rotunno


IMDb|Baby (a)lone
http://www.imdb.com/title/tt3301888/




Baby (a)lone - Trailer (英語字幕付き)





共通テーマ:映画

2015年度(第88回)アカデミー賞外国語映画賞|ボスニア・ヘルツェゴビナからの出品作 決定

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表作は2015年モントリオール世界映画祭の第一回監督作品ワールド・コンペティション部門へ選出されている『Our Everyday Life(英題)』に決まりました。



ボスニア・ヘルツェゴビナからの出品作 ■ 印 …… 女性監督
Our Everyday Life
原題|Nasa svakodnevna prica
監督|イネス・タノヴィック Ines Tanović(Ines Tanovic)
製作国|ボスニア・ヘルツェゴビナ / スロベニア


IMDb|Nasa svakodnevna prica
http://www.imdb.com/title/tt3805294/




Our Everyday Life (Naša svakodnevna priča) - Trailer





共通テーマ:映画

2015年サン・セバスティアン国際映画祭(San Sebastian International Film Festival)|ピックアップされた日本映画&日本関連作品

今後、追加される可能性もあります。



2015年(第63回)サン・セバスティアン国際映画祭(サン・セバスチャン国際映画祭/The San Sebastian International Film Festival/スペイン)は2015年9月18日(金)から9月26日(土)まで開催される予定です。



● サン・セバスティアン国際映画祭 公式サイト(英語版トップページ)
  The San Sebastian International Film Festival

------------------------------------------------------------------------------------------

2015年(第63回)サン・セバスティアン国際映画祭
各部門へピックアップされた日本映画
(The San Sebastian International Film Festival)


(2015/08/20 現在)



【オフィシャル・セレクション】(=メイン・コンペ) Official Selection


バケモノの子
英題|The Boy and the Beast
監督  細田守 Mamoru Hosoda
製作国 日本



------------------------------------------------------------------------------------------

【新人監督部門】 New Directors


なし



------------------------------------------------------------------------------------------

【パールズ(真珠)部門】 The Pearls Section

※ パールズ部門は、他の国際映画祭で賞を受賞したり批評家に賞賛された作品で且つスペイン国内で劇場未公開の作品が選出されます。 パールズ部門は観客賞(The Wuaki.TV Audience Award / "The Wuaki.TV" はスポンサー名)の審査対象となります。観客賞はこの映画祭に来場した観客の投票によって決定され、受賞作はスペイン国内で劇場公開されることになります。また、賞金も出ます。(ただし、賞金は受賞作をスペインで配給する配給会社が受け取ります。)



海街diary
英題|Our Little Sister
監督  是枝裕和 Hirokazu Kore-eda
製作国 日本





黒衣の刺客
英題|The Assassin
原題|Nie yin niang / 聶隱娘(聶隱娘刺客)
監督  ホウ・シャオシェン(侯孝賢) Hou Hsiao-hsien
製作国 台湾
出演  スー・チー、チャン・チェン、
    チョウ・ユン、妻夫木聡、他





Mountains May Depart
原題|Shan He Gu Ren / 山河故人
監督  ジャ・ジャンクー(賈樟柯) Jia Zhang-Ke
製作国 中国 / フランス / 日本
製作  Arte France Cinéma
    オフィス北野
脚本  ジャ・ジャンクー(賈樟柯)
音楽  半野喜弘
撮影  ユー・リクウァイ
編集  Matthieu Laclau
出演  チャオ・タオ(趙濤)、Zhang Yi、
    リャン・チントン(梁景東)、シルヴィア・チャン、他



------------------------------------------------------------------------------------------

【サバルテギ部門】 Zabaltegi
※ 非コンペティション部門。形式的な基準のない異質性を目指した部門。 サバルテギ(Zabaltegi)はバスク語で「自由」「オープン(open)」の意。


なし



------------------------------------------------------------------------------------------

【キュリナリー・シネマ部門(料理映画:映画と美食学部門)】
Culinary Zinema: Film and Gastronomy
※ キュリナリー・シネマ部門は、"食にまつわる良作"を上映する部門として2011年度(第59回)に新設。


The Birth of Saké
監督 エリック・シライ Erik Shirai
製作国 アメリカ / 日本





Kampai! For the Love of Sake
監督 小西未来 Mirai Konishi
製作国 アメリカ / 日本





リトル・フォレスト 冬・春
英題|Little Forest: Winter/Spring
監督 森淳一 Junichi Mori
製作国 日本


------------------------------------------------------------------------------------------

【サヴェージ・シネマ部門】 Savage Cinema
※ アドベンチャー(冒険)映画、アクション・スポーツ映画に特化した部門。こんな感じの野性味溢れる作品群。


なし



------------------------------------------------------------------------------------------

【ヴェロドローム部門】 Velodrome
※ The Velódromo de Anoeta に設置される巨大スクリーンで大勢の観客とともに見る上映企画。The Velódromo de Anoeta はサン・セバスティアンにある大型屋内競輪場。


なし



------------------------------------------------------------------------------------------

【児童映画部門】 Movies for kids
※ 子供のための映画。


なし



-----------------------------------------------------------------------------------------

【テマテック・レロトスペクティヴ部門】 Thematic retrospective
※ ひとつのテーマに沿った回顧展。


【日本のインディペンデント映画特集(2000年~2015年の作品)】(35作品)
 New Japanese independent cinema 2000-2015

【参照】35 films make up the ''Japanese Independent Cinema 2000-2015'' retrospective( ttp://www.sansebastianfestival.com/2015/news/1/5102/in )




H story(2001年) 
英題:H Story
監督:諏訪敦彦 Nobuhiro Suwa




空の穴(2001年)
英題:Hole in the Sky
監督:熊切和嘉 Kazuyoshi Kumakiri




BORDER LINE(2002年)
英題:Border Line
監督:李相日(リ・サンイル) Sang-il Lee




六月の蛇(2002年)
英題:A Snake of June
監督:塚本晋也 Shin'ya Tsukamoto




アカルイミライ(2003年)
英題:Bright Future
監督:黒沢清 Kiyoshi Kurosawa




ばかのハコ船(2003年)
英題:No One’s Ark
監督:山下敦弘 Nobuhiro Yamashita




ヴァイブレータ(2003年)
英題:Vibrator
監督:廣木隆一 Ryuichi Hiroki




カナリア(2004年 / 劇場公開:2005年)
英題:Canary
監督:塩田明彦 Akihiko Shiota




おそいひと(2004年 / 劇場公開:2007年)
英題:Late Bloomer
監督:柴田剛 Go Shibata(Gô Shibata)




ある朝スウプは(2004年 / 劇場公開:2005年)
英題:The Soup, One Morning
監督:高橋泉 Izumi Takahashi




バッシング(2005年)
英題:Bashing
監督:小林政広 Masahiro Kobayashi




運命じゃない人(2005年)
英題:A Stranger of Mine
監督:内田けんじ kenji Uchida




垂乳女〜TARACHIME〜(2006年)
英題:Birth-Mother
監督:河瀬直美 Naomi Kawase




人のセックスを笑うな(2007年)
英題:Sex Is Not Laughing Matter
監督:井口奈己 Nami Iguchi




実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(2007年 / 劇場公開:2008年)
英題:United Red Army
監督:若松孝二 Koji Wakamatsu




14歳(2007年)
英題:Fourteen
監督:廣末哲万 Hiromasa Hirosue




サッド ヴァケイション(2007年)
英題:Sad Vacation
監督:青山真治 Shinji Aoyama




愛のむきだし(2008年)
英題:Love Exposure
監督:園子温 Sion Sono(Shion Sono)




PASSION(2008年)
英題:Passion
監督:濱口竜介 Ryûsuke Hamaguchi




精神(2008年 / 劇場公開:2009年)
英題:Mental
監督:想田和弘 Kazuhiro Soda(Kazuhiro Sôda)




パレード(2009年 / 劇場公開:2010年)
英題:Parade
監督:行定勲 Isao Yukisada




イエローキッド(2009年)
英題:Yellow Kid
監督:真利子哲也 Tetsuya Mariko




ふゆの獣(2010年)
英題:Love Addiction
監督:内田伸輝 Nobuteru Uchida




ヘヴンズ ストーリー(2010年)
英題:Heaven's Story
監督:瀬々敬久 Takahisa Zeze




川の底からこんにちは(2010年)
英題:Sawako Decides
監督:石井裕也 Yuya Ishii(Yûya Ishii)




サウダーヂ(2011年)
英題:Saudade
監督:富田克也 Katsuya Tomita




ふがいない僕は空を見た(2012年)
英題:The Cowards Who Looked To The Sky
監督:タナダユキ Yuki Tanada



 
桐島、部活やめるってよ(2012年)
英題:The Kirishima Thing
監督:吉田大八 Daihachi Yoshida




無人地帯(2012年)
英題:No Man’s Zone
監督:藤原敏史 Toshifumi Fujiwara




桜並木の満開の下に(2012年)
英題:Cold Bloom
監督:舩橋淳 Atsushi Funahashi




ほとりの朔子(2013年)
外国語 題:Au revoir l’eté
監督:深田晃司 Kôji Fukada




祖谷物語 おくのひと(2013年)
英題:The Tale of Iya
監督:蔦哲一朗 Tetsuichirô Tsuta




Miss ZOMBIE(2013年)
英題:Miss Zombie
監督:SABU




そこのみにて光輝く(2014年)
英題:The Light Shines Only There
監督:呉美保 Mipo Oh




SHARING(2014年)
英題:Sharing
監督:篠崎誠 Makoto Shinozaki



タグ:邦画 映画祭

共通テーマ:映画