So-net無料ブログ作成

2016年度(第89回)アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞|審査対象となる145作品のリスト、公表

映画芸術科学アカデミーは2016年度(第89回)アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞部門の審査対象となるドキュメンタリー映画145作品のリストを公表しました。


このリストに含まれる作品には同部門への出品必須条件である「ロサンゼルスとニューヨークでの劇場公開(連続して7日間以上)」という条件を現段階で満たしていないものも含まれているそうです。


また、長編ドキュメンタリー映画賞部門の審査対象となっている作品であっても、条件さえ満たせば他の部門(作品賞を含む)でも審査の対象となることは可能だそうです。


この145作品から、さらに15作品に絞られますが、その15作品のショートリストは2016年12月に発表予定だそうです。そして、その15作品から 5作品 が2016年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞へノミネートされることになります。



【参照】
映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース (2016/10/28付け)
145 DOCUMENTARY FEATURES SUBMITTED FOR 2016 OSCAR[レジスタードトレードマーク] RACE( ttp://www.oscars.org/news/145-documentary-features-submitted-2016-oscarr-race )



2016年度(第89回)アカデミー賞ノミネーション発表は 2017年1月24日(火)です。


そして、2016年度(第89回)アカデミー賞授賞式は、(現地日付で)2017年2月26日(日)にハリウッド&ハイランドセンター内ドルビー・シアター(The Dolby Theatre)にて行われ、授賞式の模様は米・ABCテレビ・ネットワークを通じ225ヶ国を超える地域で放映されます。


-------------------------------------------------------------------------------------------

2016年度(第89回)アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞部門の審査対象となるドキュメンタリー映画145作品
145 Documentary Feature submitted for the 89th Academy Awards[レジスタードトレードマーク]


(英題のアルファベット順)



“The Abolitionists”


“Abortion: Stories Women Tell”


“All Governments Lie: Truth, Deception, and the Spirit of I.F. Stone”


“Almost Holy”


“Amanda Knox”


“Among the Believers”


“Anne Frank Then and Now”


“The Anthropologist”


“Apparition Hill”


“Art Bastard”


“The Ataxian”


“Audrie & Daisy”


“Author: The JT Leroy Story”


“The Bad Kids”


“Be Here Now (The Andy Whitfield Story)”


“The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years”


“A Beautiful Planet”


“Beauty Bites Beast”


“Becoming Mike Nichols”


“Before the Flood”


“Behind Bayonets and Barbed Wire”


“Behind the Cove - The Quiet Japanese Speak Out!”


“Best and Most Beautiful Things”


“The Best Democracy Money Can Buy: A Tale of Billionaires and Ballot Bandits”


“Best Worst Thing That Ever Could Have Happened”


“A Billion Lives”


“Black Women in Medicine”


“Blood on the Mountain”


“Boy 23: The Forgotten Boys of Brazil”


“The Brainwashing of My Dad”


“Bright Lights: Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds”


“By Sidney Lumet”


“The C Word”


“Cameraperson”


“Citizen Soldier”


“City of Gold”


“Class Divide”


“Colliding Dreams”


“Command and Control”


“Dancer”


“Danny Says”


“Defying the Nazis: The Sharps’ War”


“Disturbing the Peace”


“Do Not Resist”


“Don’t Blink - Robert Frank”(邦題『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』)


“The Eagle Huntress”


“Eat That Question: Frank Zappa in His Own Words”


“Eating You Alive”


“Equal Means Equal”


“Eva Hesse”


“Everything Is Copy - Nora Ephron: Scripted & Unscripted”


“A Family Affair”


“Finding Babel”


“Fire at Sea”


“The First Monday in May”


“Floyd Norman: An Animated Life”


“Francofonia”


“Generation Startup”


“Gimme Danger”


“Gleason”


“Harry & Snowman”


“Hate Rising with Jorge Ramos”


“Holy Hell”


“Hooligan Sparrow”


“How to Let Go of the World and Love All the Things Climate Can’t Change”


“Huntwatch”


“I Am Not Your Negro”


“Indian Point”


“Into the Inferno”


“Iron Moon”


“Ivory. A Crime Story”


“The Ivory Game”


“Jim: The James Foley Story”


“Kate Plays Christine”


“Keepers of the Game”


“Landfill Harmonic”


“The Last Man on the Moon”


“Life, Animated”


“Lo and Behold: Reveries of the Connected World”


“Look at Us Now, Mother!”


“The Lovers and the Despot”


“Magnus”


“Making a Killing: Guns, Greed, and the NRA”


“Mapplethorpe: Look at the Pictures”


“Marathon: The Patriots Day Bombing”


“Marinoni: The Fire in the Frame”


“Mavis!”


“Maya Angelou: And Still I Rise”


“Mifune: The Last Samurai”


“Miss Sharon Jones!”


“The Music of Strangers: Yo-Yo Ma and the Silk Road Ensemble”


“My Love, Don’t Cross That River”


“National Bird”


“National Parks Adventure”


“Never Surrender”


"Newtown”


“Norman Lear: Just Another Version of You”


“Notes on Blindness”


“Nuts!”


“O.J.: Made in America”


“Off the Rails”


“Older than Ireland”


“Olympic Pride, American Prejudice”


“On the Map”


“100 Years, One Woman’s Fight for Justice”


“Our Last Tango”


“Presenting Princess Shaw”


“The Red Pill”


“Rigged 2016”


“The Rolling Stones Ole Ole Ole!: A Trip across Latin America”


“Rooted in Peace”


“The Ruins of Lifta”


“Seasons”


“The Seventh Fire”


“Shadow World”


“Silicon Cowboys”


“Sky Ladder: The Art of Cai Guo-Qiang”


“Solitary”


“Southwest of Salem: The Story of the San Antonio Four”


“Starving the Beast”


“The Syndrome”


“Thank You for Your Service”


“Theo Who Lived”


“They Will Have to Kill Us First - Malian Music in Exile”


“13th”


“This Is Life”


“Tickled”


“Tony Robbins: I Am Not Your Guru”


“Tower”


“The Trans List”


“Trapped”


“Trezoros: The Lost Jews of Kastoria”


“USS Indianapolis The Legacy”


“The Uncondemned”


“Under the Gun”


“Under the Sun”


“Underfire: The Untold Story of Pfc. Tony Vaccaro”


“Unlocking the Cage”


“Vaxxed: From Cover-Up to Catastrophe”


“Voyage of Time: The IMAX Experience”


“We Are X”


“Weiner”


“When Two Worlds Collide”


“The Witness”


“Zero Days”


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

年々増え続ける、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞部門への出品作品。それにしても、なぜ、今年はこういうリストを発表したのか? 今までとおり、ショートリストだけで充分な気がするけど。




共通テーマ:映画

2016年度(第89回)アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞|エントリー10作品、発表

映画芸術科学アカデミーは2016年度(第89回)アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞へエントリーされた10作品を2016年10月26日付けで発表しました。(このエントリー10作品は、同部門のノミネート作品ではありません。)



なお、この10作品は61本の有資格作品の中から選ばれました。この10作品から5作品がアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞へノミネートされることになります。



【参照】
映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース (2016/10/26付け)
10 DOC SHORTS ON OSCAR’S 2016 SHORTLIST( ttp://www.oscars.org/news/10-doc-shorts-oscars-2016-shortlist )



2016年度(第89回)アカデミー賞ノミネーション発表は 2017年1月24日(火)です。


そして、2016年度(第89回)アカデミー賞授賞式は、(現地日付で)2017年2月26日(日)にハリウッド&ハイランドセンター内ドルビー・シアター(The Dolby Theatre)にて行われ、授賞式の模様は米・ABCテレビ・ネットワークを通じ225ヶ国を超える地域で放映されます。


-------------------------------------------------------------------------------------------

2016年度(第89回)アカデミー賞 短編ドキュメンタリー映画賞へエントリーされた10作品
Documentary Short Subject contenders for the 89th Academy Awards
(英題のアルファベット順)



Brillo Box (3¢ Off)
監督|リサンヌ・スカイラー Lisanne Skyler
製作会社|Brillo Box Documentary
製作国|アメリカ




Close Ties
原題|Więzi
監督|Zofia Kowalewska
製作会社|Munk Studio(Studio Munka)
     Polish Filmmakers Association
製作国|ポーランド




Extremis
監督|ダン・クラウス Dan Krauss
製作会社|f/8 Filmworks
     Motto Pictures(in association with)
製作国|アメリカ




4.1 Miles
監督|Daphne Matziaraki
製作|カリフォルニア大学バークレー校 University of California, Berkeley
製作国|アメリカ




Frame 394
監督|リッチ・ウィリアムソン Rich Williamson
製作会社|Compy Films
製作国|カナダ / アメリカ




Joe’s Violin
監督|Kahane Cooperman
製作会社|Lucky Two Productions
製作国|アメリカ




The Mute’s House
監督|Tamar Kay
製作|The Jerusalem Sam Spiegel Film School
製作国|イスラエル




The Other Side of Home http://www.imdb.com/title/tt5664922/
監督|Nare Mkrtchyan
製作会社|Feeln
製作国|アメリカ




Watani: My Homeland
監督|Marcel Mettelsiefen
製作会社|ITN Productions




The White Helmets
監督|オーランド・ヴォン・アインシーデル Orlando von Einsiedel
製作会社|Grain Media
     Violet Films
製作国|イギリス




共通テーマ:映画

2016年ゴッサム賞 ノミネーション発表

ゴッサム賞ノミネート作品群からアカデミー賞作品賞へノミネートするケースが増えつつあり、2年連続でゴッサム賞受賞作がアカデミー賞作品賞を受賞しているという現状。今年もアカデミー賞作品賞ノミネートを有望視されている作品がこのゴッサム賞にノミネートされています。

ゴッサム賞は(一応)アメリカのインディペンデント映画 / 映像作品(アメリカ人製作のインディペンデント映画 / 映像作品)を審査対象としています。




本年度ゴッサム賞のノミネーションの決定には、ライター/映画批評家/プログラマーなど29名が参加しています。作品賞/脚本賞/ブレイクスルー監督賞の選者は以下のとおり。

Justin Chang
(「ロサンゼルス・タイムズ」の映画批評家)

Ann Hornaday
(「ワシントン・ポスト」のチーフ映画批評家)

Eric Kohn
(「Indiewire」のチーフ映画批評家/副編集長)

Dana Stevens
(オンライン・マガジン「Slate Magazine」の映画批評家)

Stephanie Zacharek
(「TIME」のの映画批評家)




【参考記事】 
● indiewire 2016/10/20付け
Gotham Awards 2016: ‘Manchester By The Sea’ Leads With Four Nominations, ‘Moonlight’ and ‘Paterson’ Also Dominate( ttp://www.indiewire.com/2016/10/gotham-awards-2016-nominations-manchester-by-the-sea-paterson-moonlight-1201738596/ )


● Awardsdaily.com 2016/10/20付け
Manchester by the Sea Leads 26th Annual Gotham Awards( ttp://www.awardsdaily.com/2016/10/20/manchester-by-the-sea-leads-26th-annual-gotham-awards/ )



2016年(第26回)ゴッサム賞の授賞式は(現地日付で)2016年11月28日(月)の予定です。(Cipriani Wall Street 〔ニューヨーク〕 にて)



● ゴッサム賞 公式サイト(トップページ)
 The Gotham Independent Film Awards


---------------------------------------------------------------------------------------------

2016年(第26回)ゴッサム賞 ノミネーション
(The Gotham Independent Film Awards)



作品賞 Best Feature

Certain Women
監督|ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt
プロデューサー|ニール・コップ Neil Kopp
        ヴィンセント・サヴィーノ Vincent Savino
        アニシュ・サヴィアーニ Anish Savjani
米国配給|IFCフィルムズ




エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
英題|Everybody Wants Some!!
監督|リチャード・リンクレイター Richard Linklater
プロデューサー|ミーガン・エリソン Megan Ellison
        ジンジャー・スレッジ Ginger Sledge
        リチャード・リンクレイター Richard Linklater
米国配給|パラマウント・ピクチャーズ




Manchester by the Sea
監督|ケネス・ロナーガン Kenneth Lonergan
プロデューサー|Kimberly Steward
        マット・デイモン Matt Damon
        クリス・ムーア Chris Moore
        Lauren Beck
        ケヴィン・J・ウォルシュ Kevin J. Walsh
米国配給|アマゾン・スタジオズ
     ロードサイド・アトラクションズ




Moonlight
監督|バリー・ジェンキンス Barry Jenkins
プロデューサー|アデル・ロマンスキー Adele Romanski
        デデ・ガードナー Dede Gardner
        ジェレミー・クライナー Jeremy Kleiner
米国配給|A24




Paterson
監督|ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
プロデューサー|ジョシュア・アストラカン Joshua Astrachan
        Carter Logan
米国配給|アマゾン・スタジオズ




ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary

Cameraperson
監督|Kirsten Johnson
プロデューサー|Marilyn Ness
米国配給|ヤヌス・フィルムズ




I Am Not Your Negro
監督|ラウル・ペック Raoul Peck
プロデューサー|Remi Grellety
        Raoul Peck
        Hebert Peck
米国配給|マグノリア・ピクチャーズ




O.J.: Made in America
監督|Ezra Edelman
プロデューサー|Caroline Waterlow
        Ezra Edelman
        Tamara Rosenberg
        Nina Krstic
        Deirdre Fenton
        Erin Leyden
米国配給|ESPNフィルムズ




Tower
監督|Keith Maitland
プロデューサー|Keith Maitland
        Megan Gilbride
        Susan Thomson
米国配給|キノ・ローバー
     インディペンデント・レンズ



Weiner
監督|Josh Kriegman
   Elyse Steinberg
プロデューサー|Josh Kriegman
        Elyse Steinberg
米国配給|サンダンス・セレクツ
     ショータイム・ドキュメンタリー・フィルムズ




ビンガム・レイ ブレイクスルー監督賞
Bingham Ray Best Breakthrough Director Award

ロバート・エッガース Robert Eggers
作品|The Witch
別英題|The VVitch: A New-England Folktale
米国配給|A24




アナ・ローズ・ホルマー Anna Rose Holmer
作品|The Fits
米国配給|オシロスコープ・ラボラトリーズ




ダニエル・クワン Daniel Kwan
ダニエル・シャイナート Daniel Scheinert
作品|Swiss Army Man
米国配給|A24




トレイ・エドワード・シュルツ Trey Edward Shults
作品|Krisha
米国配給|A24




リチャード・タンネ Richard Tanne
作品|Southside with You
米国配給|ロードサイド・アトラクションズ
     ミラマックス




脚本賞 Best Screenplay

作品|Hell or High Water
脚本|テイラー・シェリダン Taylor Sheridan
米国配給|CBSフィルムズ




作品|Love & Friendship
脚本|ホイット・スティルマン Whit Stillman
米国配給|アマゾン・スタジオズ




作品|Manchester by the Sea
脚本|ケネス・ロナーガン Kenneth Lonergan
米国配給|アマゾン・スタジオズ
     ロードサイド・アトラクションズ




作品|Moonlight
脚本|(原案)Tarell Alvin McCraney
   (脚本)バリー・ジェンキンス Barry Jenkins
米国配給|A24




作品|Paterson
脚本|ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
米国配給|アマゾン・スタジオズ




男優賞 Best Actor

ケイシー・アフレック Casey Affleck
作品|Manchester by the Sea
米国配給|アマゾン・スタジオズ
     ロードサイド・アトラクションズ




ジェフ・ブリッジス Jeff Bridges
作品|Hell or High Water
米国配給|CBSフィルムズ




アダム・ドライヴァー Adam Driver
作品|Paterson
米国配給|アマゾン・スタジオズ




ジョエル・エドガートン Joel Edgerton
作品|Loving
米国配給|フォーカス・フィーチャーズ




クレイグ・ロビンソン Craig Robinson
作品|Morris from America
米国配給|A24




女優賞 Best Actress

ケイト・ベッキンセイル Kate Beckinsale
作品|Love & Friendship
米国配給|アマゾン・スタジオズ




アネット・ベニング Annette Bening
作品|20th Century Women
米国配給|A24




イザベル・ユペール Isabelle Huppert
作品|Elle
米国配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




ルース・ネッガ Ruth Negga
作品|Loving
米国配給|フォーカス・フィーチャーズ




ナタリー・ポートマン Natalie Portman
作品|Jackie
米国配給|フォックス・サーチライト




ブレイクスルー演技(男優/女優)賞 Best Breakthrough Actor/Actress

リリー・グラッドストーン Lily Gladstone
作品|Certain Women
米国配給|IFCフィルムズ




ルーカス・ヘッジズ Lucas Hedges
作品|Manchester by the Sea
米国配給|アマゾン・スタジオズ
     ロードサイド・アトラクションズ



ロイヤリティ・ハイタワー Royalty Hightower
作品|The Fits
米国配給|オシロスコープ・ラボラトリーズ




サシャ・レイン Sasha Lane
作品|American Honey
米国配給|A24




アニャ・テイラー=ジョイ Anya Taylor-Joy
作品|The Witch
米国配給|A24


----------------------------------------------------------------------------------------


※ なお、本年度も審査員特別賞(アンサンブル演技に対し)を授与することになったそうです。


ゴッサム賞 審査員特別賞(アンサンブル演技に対して)
Special Jury Award for Ensemble Cast

受賞
作品|Moonlight
  監督|バリー・ジェンキンス Barry Jenkins
  米国配給|A24
  キャスト|マハーシャラ・アリ Mahershala Ali
       ナオミ・ハリス Naomie Harris
       アレックス・ヒバート Alex Hibbert
       アンドレ・ホランド Andre Holland
       ジャレル・ジェローム Jharrel Jerome
       ジャネール・モネイ Janelle Monae
       Jaden Piner
       Trevante Rhodes
       アシュトン・サンダース Ashton Sanders


----------------------------------------------------------------------------------------

ブレイクスルー・シリーズ(ロング・フォーム)
Breakthrough Series – Long Form

Crazy Ex-Girlfriend
企画|レイチェル・ブルーム Rachel Bloom
   アライン・ブロッシュ・マッケンナ Aline Brosh McKenna
製作総指揮|マーク・ウェブ Marc Webb
      レイチェル・ブルーム Rachel Bloom
      アライン・ブロッシュ・マッケンナ Aline Brosh McKenna
      エリン・エーリッヒ Erin Ehrlich
放映 or 配信|The CW




ガールフレンド・エクスペリエンス
英題|The Girlfriend Experience
企画|ロッジ・ケリガン Lodge Kerrigan
   エイミー・サイメッツ Amy Seimetz
製作総指揮|スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh
      フィリップ・フライシュマン Philip Fleischman
      エイミー・サイメッツ Amy Seimetz
      ロッジ・ケリガン Lodge Kerrigan
      ジェフ・キューバン Jeff Cuban
      ゲイリー・マーカス Gary Marcus
放映 or 配信|Starz!




Horace and Pete
企画|ルイス・C・K Louis C.K.
製作総指揮|M・ブレア・ブレアード M. Blair Breard
      デイヴ・ベッキー Dave Becky
      ヴァーノン・チャットマン Vernon Chatman
      ディーノ・スタマトプロス Dino Stamatopoulos
放映 or 配信|LouisCK.net




Marvel ジェシカ・ジョーンズ
英題|Marvel’s Jessica Jones
企画|メリッサ・ローゼンバーグ Melissa Rosenberg
製作総指揮|メリッサ・ローゼンバーグ Melissa Rosenberg
      リズ・フリードマン Liz Friedman
      アラン・ファイン Alan Fine
      スタン・リー Stan Lee
      ジョー・クェサダ Joe Quesada
      ダン・バックレイ Dan Buckley
      ジム・コリー Jim Chory
      ジェフ・ローブ Jeph Loeb
      ハワード・クライン Howard Klein
放映 or 配信|Netflix




マスター・オブ・ゼロ
英題|Master of None
企画|アジズ・アンサリ Aziz Ansari
   アラン・ヤン Alan Yang
製作総指揮|マイケル・シュア Michael Schur
      デヴィッド・マイナー David Miner
      デイヴ・ベッキー Dave Becky
放映 or 配信|Netflix




ブレイクスルー・シリーズ(ショート・フォーム)
Breakthrough Series – Short Form

The Gay and Wondrous Life of Caleb Gallo
企画|ブライアン・ジョーダン・アルヴァレズ Brian Jordan Alvarez
放映 or 配信|YouTube




Her Story
企画|ジェン・リチャーズ Jen Richards
   ローラ・ザック Laura Zak
放映 or 配信|herstoryshow.com




The Movement
ホスト(司会)|ダーネル・ムーア Darnell Moore
放映 or 配信|Mic.com




Sitting in Bathrooms with Trans People
企画|ディラン・マロン Dylan Marron
放映 or 配信|Seriously.TV




Surviving
企画|リーガン・ゴメス Reagan Gomez
放映 or 配信|YouTube



----------------------------------------------------------------------------------------

カルバン・クライン 女性映画監督へのスポットライト 'Live the Dream' 奨学金
Calvin Klein Spotlight on Women Filmmakers 'Live the Dream' grant

シャズ・ベネット Shaz Bennett
作品|Alaska is a Drag




ケイティ・オア Katie Orr
作品|Poor Jane




Roxy Toporowych
作品|Julia Blue


------------------------------------------------------------------------------------------

以下は受賞決定済みです。


ゴッサム賞・トリビュート Gotham Award Tributes

エイミー・アダムス Amy Adams


イーサン・ホーク Ethan Hawke


オリヴァー・ストーン Oliver Stone


アーノン・ミルチャン Arnon Milchan


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

A24とアマゾン・スタジオの躍進ぶりが目立ちます。

『Loving』『Hell or High Water』『20th Century Women』『Jackie』は作品賞部門では落選。

賞レースに関し、特にここ数年、時代の大きな転換期に接している感、あり。

アカデミー賞は「映画批評家が大枠を決め、ギルド(組合)が固め、そして最終的にアカデミー会員が決定する」と言われていますが、まさにその通り。”一般観客そっちのけ” の傾向が進み過ぎると見放されるかも!?



タグ:映画賞

共通テーマ:映画

ジャーニー、初めて『ロックの殿堂』入りの候補となる|公式サイトからファン投票も可能

ジャーニーが初めて『ロックの殿堂』入りの候補となったそうです。(今まで殿堂入り候補にすらなってなかったのか。そうなんだ……。) ※ 2016年10月19日現在、候補になっただけで、『ロックの殿堂』入りが決まったわけではありません。 ※(2016/12/21追記)ジャーニーは2017年度『ロックの殿堂』入りが決定しました。


スティーヴ・ペリーは FanAsylum を通じて「僕たち(ジャーニーのメンバー)が共に作り上げた音楽が時の試練を乗り越えたことをとても感謝しています」というコメントを出しています。



ロックの殿堂 公式サイト(トップページ)
The Rock and Roll Hall of Fame and Museum

-------------------------------------------------------------------------------------------

『ロックの殿堂』はファンも投票できるようになっている模様。


ファン投票可能となっている2017年『ロックの殿堂』入り候補たちが載っている こちら(The Rock & Roll Hall of Fame Nominees Fan Vote)から投票できます。


FACEBOOKアカウントを使う、もしくはEメールを登録しログインし、投票。一日につき一回投票できます。(ということは、投票受付期間中は毎日一回投票できる、ってことですかね。) 投票受付期間は2016年10月18日から12月5日(アメリカ東部標準時 午後11時59分 締切)まで。


ファン投票上位5アーティストへ投票された票は、2017年『ロックの殿堂』入りアーティスト選考時の得票へ「ファン投票分」として組み込まれます。(ファン投票分が加算される)


2017年『ロックの殿堂』入りするアーティストたちは2016年12月に発表される予定。『ロックの殿堂』入りの式典は2017年4月にニューヨークのバークレイズ・センターで開催予定。


早速、投票してみました。投票後はページが真っ白になったままだった(”投票完了”のメッセージが出なかった)ので、うまく投票出来なかったのか?と思い、もう一回試したら「おまえ、ワイルドサイドへいこうとしているぞ。投票は一日一回だけ、って言っただろ」というメッセージが出て叱られたw 最初の投票で票はちゃんと投じられていたみたい。”投票完了”のメッセージは出たのかもしれないけれど、きっと私が見落としたのでしょう。 (2016/10/20 追記) やっぱり ”投票完了” のメッセージは出ない。そういう仕様なのですね。投票後真っ白だとちょっと不安になる。(2016/10/26 追記) 投票後にメッセージが出るようになった!最新の得票状況も出ます。今、ジャーニーが1位です。みんな、毎日、こつこつ投票しているんだね。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【参考】
● amass  2016年10月18日付け記事
<ロックの殿堂>2017年度ノミネート・アーティスト発表( ttp://amass.jp/79650/ )


● 日刊スポーツ  2016年10月19日付け記事
2017年度「ロックの殿堂」候補にJジャクソンら( ttp://www.nikkansports.com/entertainment/news/1726168.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp )
ジャネット・ジャクソン、トゥパック・シャカール、パール・ジャムらを含む19組が候補となっていると米ビルボード誌電子版が報じた。このうち9組が初ノミネートで、ジャクソンは2年連続で候補となっている。ロック音楽の進化と発展に貢献したアーティストを認定する「ロックの殿堂」に選ばれるためには、レコードが初めてリリースされてから25年が経過していることが条件となる。




【2017年『ロックの殿堂』入り候補】()内は今回も含め、これまでノミネートされた数。


バッド・ブレインズ Bad Brains(初)

チャカ・カーン Chaka Khan(2)

シック Chic(11)

デペッシュ・モード Depeche Mode(初)

エレクトリック・ライト・オーケストラ Electric Light Orchestra(ELO)(初)

J・ガイルズ・バンド J. Geils Band(4)

ジェーンズ・アディクション Jane’s Addiction(初)

ジャネット・ジャクソン Janet Jackson(2)

ジョーン・バエズ Joan Baez(初)

ジョー・テックス Joe Tex(5)

ジャーニー Journey(初)

クラフトワーク Kraftwerk(4)

MC5(2)

パール・ジャム Pearl Jam(初)

ステッペンウルフ Steppenwolf(初)

カーズ The Cars(2)

ゾンビーズ The Zombies(2)

トゥパック・シャカール Tupac Shakur(初)

イエス Yes(3)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2016/10/26 追記)


【得票状況】 2016/10/26現在(投票開始から約1週間後)
ファン投票上位5アーティストへ投票された票は、2017年『ロックの殿堂』入りアーティスト選考時の得票へ「ファン投票分」として組み込まれる。(ファン投票分が加算される)

46,638票 ジャーニー Journey
41,919票 エレクトリック・ライト・オーケストラ Electric Light Orchestra(ELO)
39,594票 カーズ The Cars
38,365票 パール・ジャム Pearl Jam
37,674票 イエス Yes
------------------- 上位5位 -----------------------
25,905票 ステッペンウルフ Steppenwolf
23,192票 デペッシュ・モード Depeche Mode
20,325票 J・ガイルズ・バンド J. Geils Band
16,451票 ジョーン・バエズ Joan Baez
16,080票 ジェーンズ・アディクション Jane’s Addiction
15,930票 ゾンビーズ The Zombies
15,374票 トゥパック・シャカール Tupac Shakur
14,929票 ジャネット・ジャクソン Janet Jackson
13,264票 チャカ・カーン Chaka Khan
10,467票 クラフトワーク Kraftwerk
10,426票 MC5
10,125票 シック Chic
9,757票 バッド・ブレインズ Bad Brains
3,315票 ジョー・テックス Joe Tex



2016年ロンドン映画祭 受賞結果発表

2016年(第60回)ロンドン映画祭は(現地日付で)2016年10月5日(水)から10月16日(日)まででした。



【参照】 ScreenDaily  2016/10/15付け
BFI London Film Festival: 'Certain Women' scoops top prize( ttp://www.screendaily.com/festivals/london/bfi-london-film-festival-certain-women-scoops-top-prize/5110422.article?blocktitle=LATEST-FILM-NEWS-HEADLINES&contentID=44435 )



● ロンドン映画祭 公式サイト(トップページ) BFI London Film Festival


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆【審査員】◆

オフィシャル・コンペティション部門
審査員長
アティナ・レイチェル・ツァンガリ Athina Rachel Tsangari

審査員
アビ・モーガン Abi Morgan

アンソニー・チェン Anthony Chen

ググ・ンバータ=ロー Gugu Mbatha-Raw

ラドゥ・ジュード(ラドゥ・ジュデ) Radu Jude



サザーランド賞(新人監督賞)
審査員長
サラ・ガヴロン Sarah Gavron

審査員
デヴィッド・ニコルズ David Nicholls

ジョージ・アンポンサー George Amponsah

ガイ・ロッジ Guy Lodge (ガイ・ロッジ、出世したなあ……)

マシュー・マクファディン Matthew Macfadyen

ニラ・パーク Nira Park



グリアスン賞(ドキュメンタリー映画賞)
審査員長
ルイーズ・オズモンド Louise Osmond


審査員
デヴィッド・ディヘイニー David Dehaney

エドマンド・クルサード Edmund Coulthard

Sanjay Singhal

シアン・マカリスター Sian Mcallister



短編映画賞
審査員長
マット・ カークビー Mat Kirkby

審査員
ボラ・アグバエ Bola Agbaje

ジョン・マクリーン John Maclean

ニコ・マンザノ Nico Manzano

オリ・ハイアット Oli Hyatt

サラ・アイザック Sara Ishaq



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


2016年(第60回)ロンドン映画祭 受賞結果
(BFI London Film Festival)



作品賞 Best Film

Certain Women
監督|ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt
製作国|アメリカ


------------------------------------------------------------------------------------------

サザーランド賞(新人監督賞) The Sutherland Award
〔第一回長編映画監督作(=長編映画デビュー作)が対象〕

Raw
監督|Julia Ducournau
製作国|フランス / ベルギー



(受賞作以外で)審査員団よりコメントのあった作品 The jury commended

Divines
監督|Houda Benyamina
製作国|フランス / カタール


------------------------------------------------------------------------------------------

グリアスン賞(ドキュメンタリー映画賞) The Grierson Award for Best Documentary

Starless Dreams
監督|Mehrdad Oskouei
製作国|イラン


------------------------------------------------------------------------------------------

短編映画賞 Best short film (Short Film Competition)

9 Days – From My Window in Aleppo
監督|Issa Touma
   Thomas Vroege
   Floor van de Muelen
製作国|オランダ
ランタイム|13分


------------------------------------------------------------------------------------------

BFI フェローシップ(功労賞) BFI Fellowship

スティーヴ・マックィーン Steve McQueen


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


なお、オフィシャル・コンペティション(Official Competition)部門のラインナップは以下の通り。


【参照】BFI London Film Festival Films in Official Competition




Brimstone
監督|マルティン・コールホーヴェン Martin Koolhoven



Certain Women
監督|ケリー・ライヒャルト Kelly Reichardt



クラッシュ(←2016年東京国際映画祭での邦題)
英題|Clash
原題|Eshtebak
監督|モハメド・ディアーブ(モハメド・ディアブ) Mohamed Diab



Elle
監督|ポール・ヴァーホーヴェン Paul Verhoeven



Frantz
監督|フランソワ・オゾン François Ozon



Goldstone
監督|アイヴァン ・セン Ivan Sen



Layla M
監督|マイケ・デ・ヨング Mijke de Jong



Moonlight
監督|バリー・ジェンキンス Barry Jenkins



Neruda
監督|パブロ・ラライン Pablo Larraín



A Quiet Passion
監督|テレンス・デイヴィス Terence Davies



Una
監督|ベネディクト・アンドリューズ Benedict Andrews



君の名は。
英題|Your Name.
監督|新海誠 Makoto Shinkai




ロンドン映画祭の過去の受賞作や審査員の顔ぶれからして『君の名は。』が作品賞を受賞するなんてことはちょっと考えにくい。そもそも、このコンペのラインナップの中に入っていること自体、不思議なくらいだ。(追記|新海監督のツイッターによるとアニメ作品がオフィシャル・コンペティションへ選出されたのは初、だそうで。)『君の名は。』ファンは何故この映画祭で『君の名は。』が作品賞を受賞するなんていう期待を持ったのか?………どうやらロンドン映画祭で『君の名は。』を見たひとりの批評家が絶賛したことで期待が高まったらしい。(追記|あと、『君の名は。』の公式ツイッターで ”受賞なるか!?” って煽ったからですね。) 映画祭は審査員がいて彼らが受賞者を決めるので、批評家の評価と受賞結果は必ずしも一致しないのに。

日本アカデミー賞のアニメーション作品賞はもらえるだろうから今年はもうそれでいいんじゃないでしょうかねえ。国内の映画賞なら他にも何かもらえるでしょう。来年は(米国配給会社がどう対応するか分からないけれど)アカデミー賞長編アニメーション賞やアニー賞で何らかの可能性も出てくるかもしれないし。(ただしアメリカで公開する際に先に配信で公開してしまうようだとアカデミー賞では権利が無くなるけ ど。) (2016/11/08 追記) 映画芸術科学アカデミーが公表する前に、米国配給元であるFUNimation(ファニメーション)が先走って今年度(=2016年度/第89回)アカデミー賞長編アニメーション賞へエントリーすることを決めたとのニュースを発表しました。来年度(=2017年度)に参戦するのだと思っていましたが2016年度にしたようです。FUNimation(ファニメーション)によると、2016年12月2日から8日までロサンゼルスの The Laemmle Music Hall にて(オスカー参戦の権利獲りの目的で)公開予定。米国での一般劇場公開は2017年初旬に予定されている模様。



タグ:映画祭

共通テーマ:映画