So-net無料ブログ作成

2016年アメリカで公開された映画のモンタージュ・クリップ


Andrew Rivard さん制作
Movies in 2016 - Mashup Movie Trailer









Tomos Surrey さん制作
The Best Films of 2016 || A Tribute









David Ehrlich さん制作
THE 25 BEST FILMS OF 2016: A VIDEO COUNTDOWN









Chris Santana さん制作
A YEAR IN FILM | 2016









WatchMojo.com さん制作
Top 10 Best Movies of 2016


#10. “Rogue One A Star Wars Story” (2016)
#09. “Silence” (2016)
#08. “Jackie” (2016)
#07. “Moana” (2016)
#06. “The Lobster” (2015)
#05. “Manchester by the Sea” (2016)
#04. “Captain America Civil War” (2016)
#03. “Arrival” (2016)
#02. “La La Land” (2016)
#01. “Moonlight” (2016)

【オナラブル・メンション】 Honorable Mentions
● Kubo and the Two Strings
● Fences
● The Nice Guys



タグ:その他

タロン・エガートン(タロン・エジャトン / Taron Egerton)が歌う『I'm Still Standing』|映画『SING/シング』(2016年)

Taron Egerton - I'm Still Standing
(SING 2016 Soundtrack) [with Lyrics]


Taron Egerton の日本語表記はタロン・エガートンなのか?タロン・エジャトンになったのか? 映画『SING/シング』の日本版予告編ではタロン・エガートン表記だったけど。




映画『SING/シング』(2016年)日本版公式サイト  ttp://sing-movie.jp/
日本公開は2017年3月17日より。日本配給は東宝東和。

さて、この映画、はたして当地へ来るだろうか。市内の映画館には来なくて県内にある同系列シネコンの別の映画館のほうへ行っちゃうのか?吹き替え版だけか?字幕版も来るのか?(どの映画に関しても、地方だと毎回、こんな不安な感覚が付きまとう。しかたないことだけど。)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【オリジナル】


エルトン・ジョン(Elton John)
「アイム・スティル・スタンディング」(I'm Still Standing)(1983年)

Elton John - I'm Still Standing
(YouTube EltonJohnVEVO チャンネルより)





タグ:その他

R.I.P.  デビー・レイノルズ Debbie Reynolds(1932 - 2016)

デビー・レイノルズ Debbie Reynolds
1932年4月1日 - 2016年12月28日

--------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月28日付け記事(AM11:29)
米女優デビー・レイノルズさん死去、急逝したC・フィッシャーさん母( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112722 )

【12月29日 AFP】(更新)ミュージカル映画『雨に唄えば(Singin' in the Rain)』で知られる米映画界の伝説的女優、デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)さんが28日、死去した。84歳。前日に急逝した米女優キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんの母親で、脳卒中とみられる症状で救急搬送されていた。レイノルズさんは28日、米カリフォルニア(California)州ビバリーヒルズ(Beverly Hills)にある息子トッド・フィッシャー(Todd Fisher)さんの自宅で倒れ、病院に救急搬送されていた。トッドさんはその数時間後、米娯楽誌バラエティ(Variety)に対し「母はキャリーと一緒にいたかったんだ」と語っていた。芸能情報サイト「TMZ」は家族に近い匿名情報筋の話として、レイノルズさんが息子宅に滞在していたのはフィッシャーさんの葬儀について話し合うためだったと伝えている。


レイノルズさんは、1952年公開の『雨に唄えば』で一躍スターとなった。64年公開の映画『不沈のモリ―・ブラウン(The Unsinkable Molly Brown)』では米アカデミー賞(Academy Awards)にノミネート。昨年、アカデミー賞特別賞「ジーン・ハーショルト博愛賞(Jean Hersholt Humanitarian Award)」を受賞した。55年に米歌手エディー・フィッシャー(Eddie Fisher)さんと結婚し、4年間の結婚生活でキャリーさんとトッドさんをもうけた。

高齢になっての逆縁はそうとう堪えているだろうということは想像にかたくないことだったけれど、でもまさかこのようなことになるとは。





AFPBB News 2016年12月28日付け記事(AM9:52)
米女優デビー・レイノルズさん救急搬送 急逝のC・フィッシャーさんの母( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112710 )

芸能情報サイト「TMZ」は、「(レイノルズさんが)たった今、救急搬送された。脳卒中の疑いがあるという」との一報を伝え、フィッシャーさんの急逝後、レイノルズさんが取り乱していたことについても報じた。人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で世界的に有名になったフィッシャーさんは、27日にロサンゼルスで死去したばかり。TMZはまた、家族に近い匿名の情報筋の話として、レイノルズさんはフィッシャーさんの葬儀についての話し合うために息子宅に滞在していたとも伝えている。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


IMDbによると、映画デビュー作はノンクレジット扱いですが1948年『花嫁の季節』になるようです。

 
1950年に、『土曜は貴方に』(英題|Three Little Words)と『Two Weeks with Love(英題)』と『The Daughter of Rosie O'Grady(英題) 』に出演。翌1951年に『Mr. Imperium(英題)』に出演。『土曜は貴方に』ではフレッド・アステアと、『Two Weeks with Love』ではジェーン・パウエルと、『Mr. Imperium』ではラナ・ターナーと共演しているので、若手の演者としては早い段階からそうとう期待されていたんでしょうかね。『土曜は貴方に』ではゴールデン・グローブ賞で有望新人賞を受賞しているし。



The Daughter of Rosie O'Grady (Preview Clip) (1950)
(YouTube warnerarchive チャンネルより)








そして……代表作となる、『雨に唄えば』(1952年)へ。

Singin' in the Rain (1952) |Movie CLIP "Good Morning"









主演作『タミーと独身者』(英題|Tammy and the Bachelor)(1957年)で歌った曲『Tammy(英題)』が1957年度(第30回)アカデミー賞歌曲賞へノミネート。(ただし、アカデミー賞歌曲賞は作詞作曲者に対して授与されます。)


『Tammy』ってこの曲か!…… 聞いたことある!

Tammy and the Bachelor (1957)|"Tammy"








オールスター・キャストの『西部開拓史』(1962年)でのデビー・レイノルズ歌唱シーン。

Debbie Reynolds - "Home in the Meadow"
(from "How the West Was Won")









『不沈のモリー・ブラウン』(1964年)で1964年度(第37回)アカデミー賞主演女優賞ノミネート。

The Unsinkable Molly Brown (1964) - Trailer
(YouTube Warner Movies On Demand チャンネルより)









『ミスター・コンプレックス/結婚恐怖症の男』(1996年)で1996年度(第54回)ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)ノミネート。

Mother (1996) - Trailer
(YouTube ParamountmoviesUK チャンネルより)








『恋するリベラーチェ』(2013年)

Behind The Candelabra (2013) - Trailer





謹んでご冥福をお祈りいたします。素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。



タグ:その他

R.I.P.  キャリー・フィッシャー Carrie Fisher(1956 - 2016)

キャリー・フィッシャー Carrie Fisher
1956年10月21日 - 2016年12月27日

--------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月28日付け記事
レイア姫、安らかに 女優キャリー・フィッシャーさん逝く 60歳( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112617 )

【12月28日 AFP】人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で知られる米女優のキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんが27日、死去した。60歳だった。フィッシャーさんは数日前、心臓発作に見舞われていた。 (中略) フィッシャーさんは23日、英ロンドン(London)で自著の出版イベントに出席した後、米ロサンゼルス(Los Angeles)に戻る機内で、着陸15分前に倒れた。その後、ロサンゼルスの病院に緊急搬送されたが、医師らの処置の甲斐なく回復には至らなかった。





Yahooニュースのヘッドラインは「レイア姫役の米女優 死去」。こんなヘッドライン……酷い。「レイア姫C・フィッシャー逝去」「SW出演 C・フィッシャー逝去」でギリギリ14文字で入るじゃん。なぜ名前を入れない?(てか、ヘッドラインの文字数をもう少し増やしてもいいんじゃない?)




Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版  2016年12月28日付け記事
レイア姫役、キャリー・フィッシャー逝去、享年60歳( ttp://rollingstonejapan.com/articles/detail/27420 )

「レイア姫には友達も家族もいないの。彼女が住んでいた惑星は専属の美容師と一緒にものの数秒で爆発されちゃったのよ - だからレイア姫には信念しかないの」とフィッシャーはこのようにレイア姫の役柄について83年、ローリングストーン誌に語っていた。「1作目(新たなる希望)から、レイア姫は最前線のど真ん中に陣取る戦闘員だったのよ。このキャラクターを際立たせる効果があると分かっていた唯一の方法が、彼女を怒らせることだったの。『ジェダイの帰還』ではもっと女性らしくなり、面倒見がよくなり、優しい人物になったわ。でも、忘れないで。スター・ウォーズ・シリーズは基本的には男の子向けのファンタジー映画なの。だから、このキャラクターをもっと女性らしくするには、脱ぐしかなかったのよ。」「ルーカスにはいつも"背筋を伸ばして立って!姫になるんだ!"って念を押されたわ。それで、私はユダヤのお姫様みたいに前かがみになって、猫背でガムを噛むのよ」とフィッシャーはかつて冗談をとばしていた。

「彼女が住んでいた惑星は専属の美容師と一緒にものの数秒で爆発されちゃった」w……Ep.4のレイア姫、そんなにひどい髪形だったかな? Ep.1のナタリー・ポートマンと比べればずいぶんとマシだったと思う。レイアのビキニ姿は見ているこちらも嫌だった。あんなビキニ……あれ、男の子ウケしたんだろうか?





Top 10 Star Wars Moments






Best Han and Leia Moments | The StarWars.com 10


私の中の ”お姫さま(プリンセス)像” が大逆転したのがこの『スター・ウォーズ』のレイア姫でした。エポック・メイキングだった。「こんな薄手の真っ白なロングドレス姿でもマシンガン的な銃をぶっ放し駆けずり回ってもいいんだ!」「お姫さまだからってなにも ”危ないですから後ろに隠れて!” と言われ屈強な男に守られ物陰からハラハラしながら成り行きを見守っているだけじゃなくてもいいんだな!」「お姫さまであっても、その能力がありさえすれば自ら戦闘に加わってもOKなんだ!(「身分を考えて控えめにしなければ……」と自重しなくてもいいんだな)」と、痛快で解放感がありました。

このビデオクリップで第一位になっているシーン、私にとっては『スター・ウォーズ』シリーズ中、最大のハイライト。

スターの両親のもとに生まれながらも ”ガール・ネクスト・ドア” なルックスのキャリー・フィッシャーがこのレイア姫を演じたのは大正解でした。どこからみても完璧なルックスの美人女優が演じていたら、逆に印象に残らなかったと思うな。







『恋人たちの予感』(1989年)

When Harry Met Sally... (1989) - Official Trailer


彼女のフィルモグラフィーを見てみると他にもいくつか出演作を見ているはずなのですが、彼女の出演シーンの記憶があんまり残っていなくて……(これは私側の問題ですが。)







『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)

Star Wars: The Force Awakens - Han and Leia


この『フォースの覚醒』を見たときに、かつてあった ”現役の俳優としての華” がちょっと失われている感じがして、けっこう驚いたのです。(それは加齢による容姿の変貌とは関係無く。)お母さんであるデビー・レイノルズも今だ現役の俳優として活動していますが、80歳を超えているデビー・レイノルズのほうが ”現役の俳優としての華” があるような気がして……。それはキャリー・フィッシャーが文筆作業のほうへも注力していたせいなのかもしれませんけど。それにしても、お母さんより先に逝くとは。高齢になってからの短期間による急激な減量やタイトになったであろうスケジュールの影響があったのかなあ。太りすぎもよくないけど、急に痩せるのも負担はあるかもね。若い頃にやった薬物の影響もあるのか?



タグ:その他

R.I.P.  ジョージ・マイケル George Michael(1963 - 2016)

ジョージ・マイケル(George Michael)(25 June 1963 – 25 December 2016)
本名|Georgios Kyriacos Panayiotou(ヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー )

「ジョージ・マイケル」というのは芸名だったんですね。

------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月26日付け記事
英歌手ジョージ・マイケルさん死去、53歳 「ワム!」で活躍( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112421 )

【12月26日 AFP】(更新)ポップデュオの「ワム!(Wham! )」で一世を風靡(ふうび)し、ソロでもヒット曲を放ってきた英歌手のジョージ・マイケル(George Michael)さんが死去した。53歳だった。広報担当者が25日明らかにした。広報担当者は声明で、マイケルさんはクリスマスの時期に自宅で安らかに息を引き取ったと発表。「私たちの愛する息子、兄弟、友人であるジョージが亡くなったと認めるのはとても悲しい」と述べた。英BBCは警察の話として、ロンドン(London)近郊ゴリン(Goring)にあるマイケルさんの自宅に25日午後、救急車が向かったと伝えた。警察は現段階では原因不明の死として扱っているが、不審な状況はみられないという。


マイケルさんは1963年にロンドン北部で、ギリシャ系キプロス人の父親と英国人の母親の間に生まれた。高校時代にアンドリュー・リッジリー(Andrew Ridgeley)さんと出会い、1981年にワム!を結成。クリスマスの定番ソングとなった「ラスト・クリスマス(Last Christmas)」や「ケアレス・ウィスパー(Careless Whisper)」などのヒット作を連発した。人気は世界に広がり、1985年には西側諸国の歌手グループとして初となる中国公演も行った。解散後はソロで活動。バンド・ソロ通算40年近くに及ぶキャリアで1億枚を超えるアルバムを売り上げた。しかし近年は公の場所にはめったに姿を見せず、音楽よりも薬物関連の話題などで取り上げられることが多かった。ただ、マイケルさんはインタビューでは私生活について率直に話し、1998年には米ロサンゼルス(Los Angeles)の公園の公衆トイレでわいせつな行為をしたとして逮捕された後、ゲイであることを公表している。2009年には英紙ガーディアン(Guardian)に対し「世間の人は僕のことを、ゲイの相手を求めて公衆トイレに行き、薬物も摂取する悲惨なやつと思いたいのだろう。でも僕はこうしたことを弱みとすら思わない。それが僕という人間なんだ」と述べている。





NHKニュース 2016年12月26日 8時51分
「ワム!」のジョージ・マイケルさん死去( ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20161226/k10010819811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001 )

1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られるイギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなりました。53歳でした。これはジョージ・マイケルさんの広報担当者が25日、明らかにしました。マイケルさんは1963年、イギリスのロンドン郊外で生まれました。1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」や「ケアレス・ウィスパー」それに「ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー」などの世界的ヒット曲を次々と世に送り出しました。1986年の「ワム!」の解散後はソロ歌手として活動し、1987年に発表したアルバム「フェイス」は、世界で1500万枚を売り上げる大ヒットとなり、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の「最優秀アルバム賞」を受賞しました。最近ではおととしソロアルバムを発表したほか、ことしに入ってからも新しいアルバムの制作に向けて準備を進めていたということです。(以下、略)



たくさんの素晴らしい楽曲をありがとう。どうぞ安らかに。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ものすごく若くして成功したんだよなあ。アルバム『Fantastic』ってジョージ・マイケルが二十歳の時のリリースだもの。そして「ワム!」としての活動期間は案外短い。(今、radikoのタイムフリー聞いたら、今朝(2016/12/26)のJ-WAVEで西寺豪太氏も同じようなことを指摘していた。)




アルバム『Fantastic』(1983年)より


『ワム・ラップ!』(シングルリリース 1982年)
Wham Rap! (Enjoy What You Do?)
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)







『クラブ・トロピカーナ』
Wham! - Club Tropicana
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)



--------------------------------------------------------------------------------------------


アルバム『Make It Big』(1984年) より



邦題『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』
(ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー)

Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)







『フリーダム』

Wham! - Freedom (Razzmatazz 1984)
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)


声良し/声量あり/ルックス良し/楽曲を自分で作れる……スターに成るべくして(スターに)なった人だと思う。(でも小さい頃は内気で、学生時代は太り気味だったんですね。相方のアンドリューは学校の人気者だった。)

(2016/12/27 追記)TBSラジオ 荻上チキ『Session-22』を今、タイムシフトで聞いているのですが、西寺さんが「女の子たちはアンドリューの魅力を分かっていた。ワム!にはバディ感がある」と語っていらっしゃるのですが……私、一応女だけど、当時アンドリューの魅力は分からなかったなあ。というか、二人のルックスは正直、そんなに気にしてなかった。







『ケアレス・ウィスパー』

George Michael - Careless Whisper (Official Video)
(YouTube georgemichaelVEVO チャンネルより)




--------------------------------------------------------------------------------------------

『ラスト・クリスマス』(シングルリリース 1984年)


Wham! - Last Christmas
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)


こういう代表曲があり、亡くなった日が12月25日(現地日付)……なんという因縁。この曲の場合 Last Christmas は「昨年のクリスマス」を意味するけれど、2016年のクリスマスはジョージ・マイケルにとって「最後のクリスマス」になったということですね。


------------------------------------------------------------------------------------------

アルバム『Music from the Edge of Heaven』(1984年)



邦題『哀愁のメキシコ』(シングルリリース 1986年)
(ホウェア・ディド・ユア・ハート・ゴー?)
※ ウォズ(ノット・ウォズ)(Was (Not Was))のカバー曲


Where Did Your Heart Go?


『ケアレス・ウィスパー』もそうなんだけど、どことなく日本の歌謡曲っぽいんだよなあ。



-----------------------------------------------------------------------------------------

バンド・エイド(Band Aid)へも参加。


『Do They Know It's Christmas?』(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)1984年

Band Aid - Do They Know Its Christmas


デヴィッド・ボウイもいる。



-------------------------------------------------------------------------------------------


Queen & George Micheal - Somebody To Love
(Freddie Mercury Tribute Concert) (20th April 1992)
(YouTube Queen Official チャンネルより)


この動画、2016年12月26日 12:50 現在、視聴回数が2,249,186回。クイーンのオフィシャルチャンネルから出ている公式動画なんだし、もっと見聞きしたほうがいいと思うのですが。これ、もはや伝説化しているシーンだと思うのだけど違うかなあ?






5年前。


Let Her Down Easy
(Live At The Palais Garnier Opera House, Paris, France, 2011)
(YouTube georgemichaelVEVO チャンネルより)


40代に入っても声や声量に衰えが無い。



タグ:その他

ミュージック・ビデオ・クリップ|2016年度ゴールデン・グローブ賞 主題歌賞 ノミネート曲

2016年度(第74回)ゴールデン・グローブ賞授賞式は(現地日付で)2017年1月8日(日)の予定です。



● ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人映画記者協会)公式サイト(トップページ)
 Golden Globes (Hollywood Foreign Press Association, HFPA)

----------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度(第74回)ゴールデン・グローブ賞|主題歌賞(Original Song) ノミネート曲】




楽曲名|Can't Stop the Feeling
歌唱|ジャスティン・ティンバーレイク Justin Timberlake 他

作品|Trolls(英題)



Can't Stop the Feeling (Official Video)
(From DreamWorks Animation's "Trolls")


作詞/作曲|ジャスティン・ティンバーレイク Justin Timberlake
      マックス・マーティン Max Martin
      シェルバック Shellback


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


楽曲名|City of Stars
歌唱|ライアン・ゴズリング Ryan Gosling
   エマ・ストーン Emma Stone

作品|ラ・ラ・ランド
英題|La La Land



La La Land (2016 Movie) Official Clip – “City Of Stars”


作曲|ジャスティン・ハーウィッツ Justin Hurwitz
作詞|ベンジ・パセック Benj Pasek
   ジャスティン・ポール Justin Paul


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


楽曲名|Faith
歌唱|スティーヴィー・ワンダー feat. アリアナ・グランデ Stevie Wonder feat. Ariana Grande

作品|SING/シング(2016年)
英題|Sing



Faith (From "Sing" Original Motion Picture Soundtrack/Lyric Video)


作詞/作曲|ライアン・テダー Ryan Tedder
     スティーヴィー・ワンダー Stevie Wonder
     フランシス・フェア ウェル・スターライト Francis Farewell Starlight


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


楽曲名|Gold
歌唱|イギー・ポップ Iggy Pop

作品|Gold(英題)


作詞/作曲|デンジャー・マウス Danger Mouse
     スティーヴン・ギャガン Stephen Gaghan
     ダニエル・ペンバートン Daniel Pemberton
     イギー・ポップ Iggy Pop


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


楽曲名|How Far I'll Go
歌唱|アウリイ・クラヴァーリョ Auli'i Cravalho

作品|モアナと伝説の海
英題|Moana



Auli'i Cravalho - How Far I'll Go (From "Moana")


作詞/作曲|リン=マヌエル・ミランダ Lin-Manuel Miranda






【おまけ】

24の言語で歌われたメドレー・バージョン『How Far I'll Go』です。
日本語版も含まれています。(誰が歌っているのか、2016年12月21日現在、発表されていません)



Various Artists - How Far I'll Go
Heard Around the World (24 Languages)
(From "Moana")




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2016年度(第74回)ゴールデン・グローブ賞 主題歌賞
★ …… 受賞


楽曲名|City of Stars
 作品|ラ・ラ・ランド
 英題|La La Land



楽曲名|Can't Stop the Feeling
作品|Trolls(英題)



楽曲名|Faith
作品|SING/シング(2016年)
英題|Sing



楽曲名|Gold
作品|Gold(英題)



楽曲名|How Far I'll Go
作品|モアナと伝説の海
英題|Moana



タグ:映画賞

ジャーニー|2017年度『ロックの殿堂』入り、決定

amass  2016/12/21付け記事
ロックの殿堂入り 2017年はイエス、ELO、ジャーニー、パール・ジャム、ジョーン・バエズ、2パック( ttp://amass.jp/82505/ )

2017年に<ロックの殿堂(The Rock And Roll Hall Of Fame)>入りするアーティストが決定。 (中略) ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)が、ノミネートされていたシックでの殿堂入りは逃したものの、特別賞にあたる「アワード・フォー・ミュージカル・エクセレンス」を受賞することが発表されています。式典は2017年4月7日にニューヨークのバークレイズ・センターにて行われます




ロックの殿堂 公式サイトでの発表
Class of 2017 Inductions( ttps://www.rockhall.com/class-2017-inductions )



ロックの殿堂 公式サイト(トップページ)
The Rock and Roll Hall of Fame and Museum


--------------------------------------------------------------------------------------------

【2017年に「ロックの殿堂」入りするアーティスト】 Class of 2017 Inductees


[Performer Category]

• ジョーン・バエズ Joan Baez


• エレクトリック・ライト・オーケストラ Electric Light Orchestra / ELO


• ジャーニー Journey


• パール・ジャム Pearl Jam


• 2パック(Tupac)ことトゥパック・シャクール Tupac Shakur


• イエス Yes




[Award for Musical Excellence]

• ナイル・ロジャース Nile Rodgers


--------------------------------------------------------------------------------------------


barks  2016/12/20付け記事
ロックの殿堂入り、ファン投票の結果を発表( ttps://www.barks.jp/news/?id=1000136316 )

間もなく、2017年にロックの殿堂入りを果たすアーティストが発表されるが、それを前に、ファン投票で人気があったアーティスト5組のランキングが公表された。 先週木曜日(12月15日)に締め切られた一般投票で1番人気だったのは、ジャーニーだったという。そして、エレクトリック・ライト・オーケストラ、イエス、パール・ジャム、ザ・カーズと続いたそうだ。


ザ・カーズは一般投票で上位5位内に入っていたのに、残念ながらまたもや落選ということになりました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


barks  2016/12/21付け記事
ジャーニー「ロックの殿堂セレモニーでスティーヴ・ペリーとプレイできたらいい」( ttps://www.barks.jp/news/?id=1000136321 )

ジャーニーが2017年ロックの殿堂入りすることが決まり、ニール・ショーンは4月に開かれるセレモニーでスティーヴ・ペリーとパフォーマンスできれば素晴らしいと考えているそうだ。 (中略) ショーンは『Ultimate Classic Rock』のインタビューで、「この数年、ペリーとのリユニオンに関してオープンなようだが、殿堂入りのセレモニーでそれが実現するのか?」と問われると、こう答えた。「わからない。僕は、彼はあの場にいる、いるべきだって間違いなく思っている。音楽的に言って、僕は彼と1曲、いや2曲、なんであれプレイしたい。彼とアーネル(現シンガー)が一緒に歌ったら、もっと素晴らしい。僕はなんにでもオープンだ」また、『Billboard』誌のインタビューでは、「スティーウに連絡を取り、おめでとうって言おうとしているところだ。彼がかけ直してくれることを期待している」「彼から返事があるのを楽しみにしている。もし彼が望むなら、それは起きる。やらないのは馬鹿げてる」と話した。ジョナサン・ケインも、ジャーニーが殿堂の候補に挙がった際、セレモニーではスティーヴ・ペリーとパフォーマンスすべきだと話していた。


ジャーニーは、ニール・ショーン(G)、ジョナサン・ケイン(Key)、スティーヴ・スミス(Dr)、ロス・ヴァロリー(B)の現メンバーに、元メンバーのエインズレー・ダンバー(Dr)、スティーヴ・ペリー(Vo)、グレッグ・ローリー(Key)が殿堂入りする。


殿堂入りには ”デビューしてから25年以上のミュージシャン” であることが条件となっているので致し方ないとはいえ、2007年に加入してジャーニーのメンバーとなってもうすぐ10年になろうとしているアーネル・ピネダが他のメンバーと一緒に『ロックの殿堂』入り出来ないのは気の毒だね。




スティーヴ・ペリーは2016年12月20日付けで FanAsylum を通じ「ジャーニーが『ロックの殿堂』入りしたことを本当に感謝しています(I'm truly grateful that Journey is being inducted into the Rock & Roll Hall of Fame. )」というコメントを出しています。

スティーヴ・ペリーにとって現メンバーと一緒にパフォーマンスをするということはハードル高いことだろうけど、ジャーニー側からアプローチもあったのだし、この際(たとえ仮初めでもいいから)わだかまりを捨て、ぜひ式典でのパフォーマンスを実現して欲しいな。



2016年度(第89回)アカデミー賞外国語映画賞|最終選考に進む9作品 発表|日本代表作『母と暮せば』は落選

映画芸術科学アカデミーは、2016年度(第89回)アカデミー賞外国語映画賞の最終選考に進む9作品を発表しました。この9作品は、エントリーされた85作品(1ヶ国につき1作品の出品)の中から選ばれました。

この9作品の中から最終的なノミネート作品5作品が選ばれます。



【参照】 映画芸術科学アカデミー公式サイト内 プレスリリース(2016/12/15付け)
9 FOREIGN LANGUAGE FILMS ADVANCE IN OSCAR RACE( ttp://www.oscars.org/news/9-foreign-language-films-advance-oscar-race )




アカデミー賞外国語映画賞の最終選考に進む9作品のうち6作品は、外国語映画賞部門を担当する委員会の一般会員(Foreign-Language Film Award General committee)による投票によって決まり、残りの3作品は外国語映画賞執行委員会(Foreign-Language Film Award Executive Committee)からの推薦で決まります。外国語映画賞執行委員会はロサンゼルスを活動拠点としているアカデミー会員20名から成り立っています。 (The Wrap のSteve Pond 氏の記事による)



2016年度(第89回)アカデミー賞のノミネーション発表はサミュエル・ゴールドウィン・シアター(Samuel Goldwyn Theater)にて(現地時間で)2017年1月24日(火)の朝5:18頃より開始される予定です。そして2016年度(第89回)アカデミー賞授賞式は2017年2月26日(日)にハリウッド&ハイランドセンター内ドルビー・シアター(The Dolby Theatre)にて行われ、授賞式の模様は米・ABCテレビ・ネットワークを通じ 225か国を超える地域で放映されます。



● 映画芸術科学アカデミー 公式サイト(トップページ)
 The Academy of Motion Picture Arts and Sciences

----------------------------------------------------------------------------------------

2016年度(第89回)アカデミー賞外国語映画賞最終選考に進む9作品
(出品国名のアルファベット順に)



豪州代表作
Tanna(原題)(2015年) ※ Navhal 語と Nafe 語使用作品
監督|マーティン・バトラー Martin Butler
   ベントレー・ディーン Bentley Dean




カナダ代表作
たかが世界の終わり
英題|It's Only the End of the World
仏題|Juste la fin du monde
監督|グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan




デンマーク代表作
ヒトラーの忘れもの(2015年)
別邦題|地雷と少年兵(←2015年[第28回]東京国際映画祭での邦題)
英題|Land of Mine
原題|Under sandet
監督|マルティン・サンフィリート(マーチン・ピータ・サンフリト) Martin Zandvliet




ドイツ代表作
Toni Erdmann(原題/英題)
監督|マーレン・アーデ Maren Ade




イラン代表作
The Salesman(英題)
原題|Forushande
監督|アスガー・ファルハディ Asghar Farhadi




ノルウェイ代表作
The King's Choice(英題)
原題|Kongens Nei
監督|エリック・ポッペ Erik Poppe




ロシア代表作
Paradise(英題)
原題|Rai / Рай
監督|アンドレイ・コンチャロフスキー Andrei Konchalovsky




スウェーデン代表作
幸せなひとりぼっち(2015年)
英題|A Man Called Ove
原題|En man som heter Ove
監督|ハンネス・ホルム Hannes Holm




スイス代表作
My Life as a Zucchini(英題)
別英題|My Life as a Courgette
原題|Ma Vie de Courgette
監督|クロード・バラス Claude Barras



昨年度あたりから、また戦争映画がほいほいショートリスト入りするようになってきちゃった……。あーあ。

----------------------------------------------------------------------------------------


【内訳】

北ヨーロッパ(スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク)
西ヨーロッパ(スイス、ドイツ)
東ヨーロッパ(ロシア)

西アジア(イラン)

北米大陸(カナダ)

オセアニア(豪州)


----------------------------------------------------------------------------------------

最終選考に進む作品として有望視されていたけれど落選した、主な候補


Elle(英題/原題)
監督|ポール・ヴァーホーヴェン Paul Verhoeven
製作国|フランス
米国配給|ソニー・ピクチャーズ・クラシックス




彼方から(←2016年ラテンビート映画祭での邦題)(2015年)
英題|From Afar
原題|Desde allá
監督|ロレンソ・ ビガス Lorenzo Vigas
製作国|ベネズエラ
米国配給|ストランド・リリーシング




The Age of Shadows(英題)
原題|Miljeong / Mil-jeong
監督|キム・ジウン Kim Jee-woon
製作国|韓国
米国配給|CJ エンターテインメント・アメリカ




ジュリエッタ
英題/原題|Julieta
監督|ペドロ・アルモドバル Pedro Almodóvar
製作国|スペイン




Neruda(原題/英題)
監督|パブロ・ラライン Pablo Larraín
製作国|チリ




シエラネバダ(←2016年東京国際映画祭での邦題)
英題/原題|Sieranevada
監督|クリスティ・プイユ(クリスティ・プイウ) Cristi Puiu
製作国|ルーマニア




Sand Storm
原題|Sufat Chol
監督|Elite Zexer
製作国|イスラエル




海は燃えている ~イタリア最南端の小さな島~
英題|Fire at Sea
原題|Fuocoammare
監督|ジャンフランコ・ロージ Gianfranco Rosi
製作国|イタリア




オリ・マキの人生で最も幸せな日(←2016年東京国際映画祭での邦題)
英題|The Happiest Day in the Life of Olli Maki
原題|Hymyileva mies
監督|ユホ・クオスマネン Juho Kuosmanen
製作国|フィンランド



今年は韓国代表作がショートリスト入りするのではないかと思ったのですが……。



2016年度アメリカ映画俳優組合賞 ノミネーション発表(テレビ部門)

2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞テレビ部門のノミネーション結果です。


ノミネーション発表のアナウンスはソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)とコモン(Common)でした。



【参照】 indiewire  2016/12/14付け記事
SAG Awards 2017 Full TV Nominations List: ‘Stranger Things,’ ‘The Crown,’ ‘People v. OJ’ Lead Pack( ttp://www.indiewire.com/2016/12/sag-nominations-2017-tv-screen-actors-guild-awards-1201757924/ )



● 公式サイト内での発表 (2016/12/14付け)
Nominees and Recipients( ttp://www.sagawards.org/awards/nominees-and-recipients/23rd-annual-screen-actors-guild-awards )



2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞授賞式は(現地時間で)2017年1月29日(日)の予定です。



● アメリカ映画俳優組合賞 公式サイト(トップページ)
 Screen Actors Guild Awards

-----------------------------------------------------------------------------------------------


2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞ノミネーション
The Screen Actors Guild Awards (SAG Awards)



【テレビ】Television


キャスト賞(アンサンブル演技賞)<ドラマシリーズ部門>
Outstanding Performance by an Ensemble in a Drama Series

ザ・クラウン
英題|The Crown
(Netflix)




ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~
英題|Downton Abbey
(PBS)




ゲーム・オブ・スローンズ
英題|Game of Thrones
(HBO)




ストレンジャー・シングス 未知の世界
英題|Stranger Things
(Netflix)




ウエストワールド
英題|Westworld
(HBO)




キャスト賞(アンサンブル演技賞)<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by an Ensemble in a Comedy Series

ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則
英題|The Big Bang Theory
(CBS)




Black-ish(英題)
(ABC)




モダン・ファミリー
英題|Modern Family
(ABC)




オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち
英題|Orange Is the New Black
(Netflix)




Veep/ヴィープ
英題|Veep
(HBO)




主演男優賞<テレビ映画/リミテッドシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Television Movie or Limited Series

リズ・アーメッド Riz Ahmed
作品|ナイト・オブ・キリング 失われた記憶
英題|The Night Of




スターリング・K・ブラウン Sterling K. Brown
作品|アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件
英題|The People v. O.J. Simpson: American Crime Story




ブライアン・クランストン Bryan Cranston
作品|オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男
英題|All the Way




ジョン・タートゥーロ John Turturro
作品|ナイト・オブ・キリング 失われた記憶
英題|The Night Of




コートニー・B・ヴァンス Courtney B. Vance
作品|アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件
英題|The People v. O.J. Simpson: American Crime Story




主演女優賞<テレビ映画/リミテッドシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Television Movie or Limited Series

ブライス・ダラス・ハワード Bryce Dallas Howard
作品|ブラック・ミラー
英題|Black Mirror




フェリシティ・ハフマン Felicity Huffman
作品|アメリカン・クライム
英題|American Crime




オードラ・マクドナルド Audra McDonald
作品|Lady Day at Emerson’s Bar and Grill(英題)




サラ・ポールソン Sarah Paulson
作品|アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件
英題|The People v. O.J. Simpson: American Crime Story




ケリー・ワシントン Kerry Washington
作品|アニタ ~世紀のセクハラ事件~
英題|Confirmation




主演男優賞<ドラマシリーズ部門> 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Drama Series

スターリング・K・ブラウン Sterling K. Brown
作品|This Is Us(英題)




ピーター・ディンクレイジ Peter Dinklage
作品|ゲーム・オブ・スローンズ
英題|Game of Thrones




ジョン・リスゴー John Lithgow
作品|ザ・クラウン
英題|The Crown




ラミ・マレック Rami Malek
作品|MR. ROBOT / ミスター・ロボット
英題|Mr. Robot




ケヴィン・スペイシー Kevin Spacey
作品|ハウス・オブ・カード 野望の階段
英題|House of Cards




主演女優賞<ドラマシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Drama Series

ミリー・ボビー・ブラウン Millie Bobby Brown
作品|ストレンジャー・シングス 未知の世界
英題|Stranger Things




クレア・フォイ Claire Foy
作品|ザ・クラウン
英題|The Crown




タンディ・ニュートン Thandie Newton
作品|ウエストワールド
英題|Westworld




ウィノナ・ライダー Winona Ryder
作品|ストレンジャー・シングス 未知の世界
英題|Stranger Things




ロビン・ライト Robin Wright
作品|ハウス・オブ・カード 野望の階段
英題|House of Cards




主演男優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Male Actor in a Comedy Series

アンソニー・アンダーソン Anthony Anderson
作品|Black-ish(英題)




タイタス・バージェス Tituss Burgess
作品|アンブレイカブル・キミー・シュミット
英題|Unbreakable Kimmy Schmidt




タイ・バーレル Ty Burrell
作品|モダン・ファミリー
英題|Modern Family




ウィリアム・H・メイシー William H. Macy
作品|シェイムレス 俺たちに恥はない
英題|Shameless




ジェフリー・タンバー Jeffrey Tambor
作品|トランスペアレント
英題|Transparent




主演女優賞<コメディシリーズ部門>
Outstanding Performance by a Female Actor in a Comedy Series

ウゾ・アドゥーバ Uzo Aduba
作品|オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち
英題|Orange Is the New Black




ジェーン・フォンダ Jane Fonda
作品|グレイス&フランキー
英題|Grace and Frankie




エリー・ケンパー Ellie Kemper
作品|アンブレイカブル・キミー・シュミット
英題|Unbreakable Kimmy Schmidt




ジュリア・ルイス=ドレイファス Julia Louis-Dreyfus
作品|Veep/ヴィープ
英題|Veep




リリー・トムリン Lily Tomlin
作品|グレイス&フランキー
英題|Grace and Frankie




スタントアンサンブル賞<コメディ/ドラマシリーズ> 
Outstanding Action Performance by a Stunt Ensemble in a Comedy or Drama Series

ゲーム・オブ・スローンズ
英題|Game of Thrones
(HBO)




Marvel デアデビル
英題|Marvel's Daredevil
(Netflix)




Marvel ルーク・ケイジ
英題|Marvel’s Luke Cage
(Netflix)




ウォーキング・デッド
英題|The Walking Dead
(AMC)




ウエストワールド
英題|Westworld
(HBO)



タグ:映画賞

2016年度アメリカ映画俳優組合賞 ノミネーション発表 (映画部門)

2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞のノミネーション発表がありました。ノミネーション発表のアナウンスはソフィア・ブッシュ(Sophia Bush)とコモン(Common)でした。


アメリカ映画俳優組合賞 映画部門 キャスト賞はアカデミー賞作品賞ノミネートの試金石とも言われています。



【参照】 indiewire  2016/12/14付け記事
SAG Awards 2017 Film Nominations: ‘Manchester’ Leads With Four, But ‘Captain Fantastic’ Surprises( ttp://www.indiewire.com/2016/12/sag-nominations-2017-screen-actors-guild-awards-1201757638/ )



● 公式サイト内での発表 (2016/12/14付け)
Nominees and Recipients( ttp://www.sagawards.org/awards/nominees-and-recipients/23rd-annual-screen-actors-guild-awards )



2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞授賞式は(現地時間で)2017年1月29日(日)の予定です。



● アメリカ映画俳優組合賞 公式サイト(トップページ)
 Screen Actors Guild Awards

---------------------------------------------------------------------------------------------

2016年度(第23回)アメリカ映画俳優組合賞ノミネーション
The Screen Actors Guild Awards (SAG Awards)



【映画】Film


キャスト賞(アンサンブル演技賞) 
Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture

はじまりへの旅
英題|Captain Fantastic




Fences(英題)




Hidden Figures(英題)




マンチェスター・バイ・ザ・シー
英題|Manchester By The Sea




ムーンライト
英題|Moonlight


過去21年において、アメリカ映画俳優組合賞 映画部門 キャスト賞(アンサンブル演技賞)にノミネートされずにアカデミー賞作品賞を受賞した作品は、たった1作品(1995年度の『ブレイブハート』)のみ。




主演男優賞
Outstanding Performance by a Male Actor in a Leading Role

ケイシー・アフレック Casey Affleck
作品|マンチェスター・バイ・ザ・シー
英題|Manchester By The Sea




アンドリュー・ガーフィールド Andrew Garfield
作品|Hacksaw Ridge(英題)




ライアン・ゴズリング Ryan Gosling
作品|ラ・ラ・ランド
英題|La La Land




ヴィゴ・モーテンセン Viggo Mortensen
作品|はじまりへの旅
英題|Captain Fantastic




デンゼル・ワシントン Denzel Washington
作品|Fences(英題)




主演女優賞
Outstanding Performance by a Female Actor in a Leading Role

エイミー・アダムス Amy Adams
作品|メッセージ(2016年)
英題|Arrival




エミリー・ブラント Emily Blunt
作品|ガール・オン・ザ・トレイン
英題|The Girl on the Train




ナタリー・ポートマン Natalie Portman
作品|ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
英題|Jackie




エマ・ストーン Emma Stone
作品|ラ・ラ・ランド
英題|La La Land




メリル・ストリープ Meryl Streep
作品|マダム・フローレンス! 夢見るふたり
英題|Florence Foster Jenkins




助演男優賞 
Outstanding Performance by a Male Actor in a Supporting Role

マハーシャラ・アリ Mahershala Ali
作品|ムーンライト
英題|Moonlight




ヒュー・グラント Hugh Grant
作品|マダム・フローレンス! 夢見るふたり
英題|Florence Foster Jenkins




ルーカス・ヘッジズ Lucas Hedges
作品|マンチェスター・バイ・ザ・シー
英題|Manchester By The Sea




デヴ・パテル Dev Patel
作品|Lion(英題)




ジェフ・ブリッジス Jeff Bridges
作品|最後の追跡
英題|Hell or High Water




助演女優賞 
Outstanding Performance by a Female Actor in a Supporting Role

ヴィオラ・デイヴィス Viola Davis
作品|Fences(英題)




ナオミ・ハリス Naomie Harris
作品|ムーンライト
英題|Moonlight




ニコール・キッドマン Nicole Kidman
作品|Lion(英題)




オクタヴィア・スペンサー Octavia Spencer
作品|Hidden Figures(英題)




ミシェル・ウィリアムズ Michelle Williams
作品|マンチェスター・バイ・ザ・シー
英題|Manchester By The Sea




スタントアンサンブル賞
Outstanding Performance by a Stunt Ensemble in a Motion Picture

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
英題|Captain America: Civil War




ドクター・ストレンジ
英題|Doctor Strange




Hacksaw Ridge(英題)




ジェイソン・ボーン
英題|Jason Bourne




Nocturnal Animals(英題)



---------------------------------------------------------------------------------------------

功労賞は受賞決定済みです。


【功労賞】 52nd Life Achievement Recipient, 2016

リリー・トムリン Lily Tomlin



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


アメリカ映画俳優組合賞ノミネートを有望視されながらも落選した、主な候補


【主演男優賞部門】

ジョエル・エドガートン Joel Edgerton
作品|ラビング 愛という名前のふたり
英題|Loving



トム・ハンクス Tom Hanks
作品|ハドソン川の奇跡
英題|Sully



マシュー・マコノヒー Matthew McConaughey
作品|Gold(英題)(2016年)



ウォーレン・ベイティ Warren Beatty
作品|Rules Don't Apply(英題)




【主演女優賞部門】

ルース・ネッガ Ruth Negga
作品|ラビング 愛という名前のふたり
英題|Loving



イザベル・ユペール Isabelle Huppert
作品|Elle(英題)



アネット・ベニング Annette Bening
作品|20th Century Women(英題)



ジェシカ・チャステイン
作品|Miss Sloane(英題)



タラジ・P・ヘンソン Taraji P. Henson
作品|Hidden Figures(英題)




【助演男優賞部門】

サイモン・ヘルバーグ Simon Helberg
作品|マダム・フローレンス! 夢見るふたり
英題|Florence Foster Jenkins



マイケル・シャノン Michael Shannon
作品|Nocturnal Animals(英題)



アーロン・テイラー=ジョンソン Aaron Taylor-Johnson
作品|Nocturnal Animals(英題)




【助演女優賞部門】

ググ・ンバータ=ロー Gugu Mbatha-Raw
作品|Miss Sloane(英題)



ジャネール・モネイ Janelle Monae
作品|Hidden Figures(英題)



ジュリアン・ムーア Julianne Moore
作品|マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
英題|Maggie’s Plan



エル・ファニング Elle Fanning
作品|20th Century Women



グレタ・ガーウィグ Greta Gerwig
作品|20th Century Women




【キャスト賞(アンサンブル演技賞)部門】

ラ・ラ・ランド
英題|La La Land



沈黙 -サイレンス-
英題|Silence



最後の追跡
英題|Hell or High Water



Lion(英題)



20th Century Women(英題)



Rules Don't Apply(英題)



タグ:映画賞