So-net無料ブログ作成

2016年アメリカで公開された映画のモンタージュ・クリップ


Andrew Rivard さん制作
Movies in 2016 - Mashup Movie Trailer









Tomos Surrey さん制作
The Best Films of 2016 || A Tribute









David Ehrlich さん制作
THE 25 BEST FILMS OF 2016: A VIDEO COUNTDOWN









Chris Santana さん制作
A YEAR IN FILM | 2016









WatchMojo.com さん制作
Top 10 Best Movies of 2016


#10. “Rogue One A Star Wars Story” (2016)
#09. “Silence” (2016)
#08. “Jackie” (2016)
#07. “Moana” (2016)
#06. “The Lobster” (2015)
#05. “Manchester by the Sea” (2016)
#04. “Captain America Civil War” (2016)
#03. “Arrival” (2016)
#02. “La La Land” (2016)
#01. “Moonlight” (2016)

【オナラブル・メンション】 Honorable Mentions
● Kubo and the Two Strings
● Fences
● The Nice Guys



タグ:その他

タロン・エガートン(タロン・エジャトン / Taron Egerton)が歌う『I'm Still Standing』|映画『SING/シング』(2016年)


Taron Egerton - I'm Still Standing
(SING 2016 Soundtrack) [with Lyrics]


Taron Egerton の日本語表記はタロン・エガートンなのか?タロン・エジャトンになったのか?
映画『SING/シング』の日本版予告編ではタロン・エガートン表記だったけど。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【オリジナル】


エルトン・ジョン(Elton John)
「アイム・スティル・スタンディング」(I'm Still Standing)(1983年)



Elton John - I'm Still Standing
(YouTube EltonJohnVEVO チャンネルより)




タグ:その他

共通テーマ:映画

R.I.P.  デビー・レイノルズ Debbie Reynolds(1932 - 2016)

デビー・レイノルズ Debbie Reynolds
1932年4月1日 - 2016年12月28日

--------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月28日付け記事(AM11:29)
米女優デビー・レイノルズさん死去、急逝したC・フィッシャーさん母( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112722 )

【12月29日 AFP】(更新)ミュージカル映画『雨に唄えば(Singin' in the Rain)』で知られる米映画界の伝説的女優、デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)さんが28日、死去した。84歳。前日に急逝した米女優キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんの母親で、脳卒中とみられる症状で救急搬送されていた。レイノルズさんは28日、米カリフォルニア(California)州ビバリーヒルズ(Beverly Hills)にある息子トッド・フィッシャー(Todd Fisher)さんの自宅で倒れ、病院に救急搬送されていた。トッドさんはその数時間後、米娯楽誌バラエティ(Variety)に対し「母はキャリーと一緒にいたかったんだ」と語っていた。芸能情報サイト「TMZ」は家族に近い匿名情報筋の話として、レイノルズさんが息子宅に滞在していたのはフィッシャーさんの葬儀について話し合うためだったと伝えている。


レイノルズさんは、1952年公開の『雨に唄えば』で一躍スターとなった。64年公開の映画『不沈のモリ―・ブラウン(The Unsinkable Molly Brown)』では米アカデミー賞(Academy Awards)にノミネート。昨年、アカデミー賞特別賞「ジーン・ハーショルト博愛賞(Jean Hersholt Humanitarian Award)」を受賞した。55年に米歌手エディー・フィッシャー(Eddie Fisher)さんと結婚し、4年間の結婚生活でキャリーさんとトッドさんをもうけた。

高齢になっての逆縁はそうとう堪えているだろうということは想像にかたくないことだったけれど、でもまさかこのようなことになるとは。





AFPBB News 2016年12月28日付け記事(AM9:52)
米女優デビー・レイノルズさん救急搬送 急逝のC・フィッシャーさんの母( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112710 )

芸能情報サイト「TMZ」は、「(レイノルズさんが)たった今、救急搬送された。脳卒中の疑いがあるという」との一報を伝え、フィッシャーさんの急逝後、レイノルズさんが取り乱していたことについても報じた。人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で世界的に有名になったフィッシャーさんは、27日にロサンゼルスで死去したばかり。TMZはまた、家族に近い匿名の情報筋の話として、レイノルズさんはフィッシャーさんの葬儀についての話し合うために息子宅に滞在していたとも伝えている。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


IMDbによると、映画デビュー作はノンクレジット扱いですが1948年『花嫁の季節』になるようです。

 
1950年に、『土曜は貴方に』(英題|Three Little Words)と『Two Weeks with Love(英題)』と『The Daughter of Rosie O'Grady(英題) 』に出演。翌1951年に『Mr. Imperium(英題)』に出演。『土曜は貴方に』ではフレッド・アステアと、『Two Weeks with Love』ではジェーン・パウエルと、『Mr. Imperium』ではラナ・ターナーと共演しているので、若手の演者としては早い段階からそうとう期待されていたんでしょうかね。『土曜は貴方に』ではゴールデン・グローブ賞で有望新人賞を受賞しているし。



The Daughter of Rosie O'Grady (Preview Clip) (1950)
(YouTube warnerarchive チャンネルより)








そして……代表作となる、『雨に唄えば』(1952年)へ。

Singin' in the Rain (1952) |Movie CLIP "Good Morning"









主演作『タミーと独身者』(英題|Tammy and the Bachelor)(1957年)で歌った曲『Tammy(英題)』が1957年度(第30回)アカデミー賞歌曲賞へノミネート。(ただし、アカデミー賞歌曲賞は作詞作曲者に対して授与されます。)


『Tammy』ってこの曲か!…… 聞いたことある!

Tammy and the Bachelor (1957)|"Tammy"








オールスター・キャストの『西部開拓史』(1962年)でのデビー・レイノルズ歌唱シーン。

Debbie Reynolds - "Home in the Meadow"
(from "How the West Was Won")









『不沈のモリー・ブラウン』(1964年)で1964年度(第37回)アカデミー賞主演女優賞ノミネート。

The Unsinkable Molly Brown (1964) - Trailer
(YouTube Warner Movies On Demand チャンネルより)









『ミスター・コンプレックス/結婚恐怖症の男』(1996年)で1996年度(第54回)ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)ノミネート。

Mother (1996) - Trailer
(YouTube ParamountmoviesUK チャンネルより)








『恋するリベラーチェ』(2013年)

Behind The Candelabra (2013) - Trailer





謹んでご冥福をお祈りいたします。素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。



タグ:その他

R.I.P.  キャリー・フィッシャー Carrie Fisher(1956 - 2016)

キャリー・フィッシャー Carrie Fisher
1956年10月21日 - 2016年12月27日

--------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月28日付け記事
レイア姫、安らかに 女優キャリー・フィッシャーさん逝く 60歳( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112617 )

【12月28日 AFP】人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で知られる米女優のキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんが27日、死去した。60歳だった。フィッシャーさんは数日前、心臓発作に見舞われていた。 (中略) フィッシャーさんは23日、英ロンドン(London)で自著の出版イベントに出席した後、米ロサンゼルス(Los Angeles)に戻る機内で、着陸15分前に倒れた。その後、ロサンゼルスの病院に緊急搬送されたが、医師らの処置の甲斐なく回復には至らなかった。





Yahooニュースのヘッドラインは「レイア姫役の米女優 死去」。こんなヘッドライン……酷い。「レイア姫C・フィッシャー逝去」「SW出演 C・フィッシャー逝去」でギリギリ14文字で入るじゃん。なぜ名前を入れない?(てか、ヘッドラインの文字数をもう少し増やしてもいいんじゃない?)




Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版  2016年12月28日付け記事
レイア姫役、キャリー・フィッシャー逝去、享年60歳( ttp://rollingstonejapan.com/articles/detail/27420 )

「レイア姫には友達も家族もいないの。彼女が住んでいた惑星は専属の美容師と一緒にものの数秒で爆発されちゃったのよ - だからレイア姫には信念しかないの」とフィッシャーはこのようにレイア姫の役柄について83年、ローリングストーン誌に語っていた。「1作目(新たなる希望)から、レイア姫は最前線のど真ん中に陣取る戦闘員だったのよ。このキャラクターを際立たせる効果があると分かっていた唯一の方法が、彼女を怒らせることだったの。『ジェダイの帰還』ではもっと女性らしくなり、面倒見がよくなり、優しい人物になったわ。でも、忘れないで。スター・ウォーズ・シリーズは基本的には男の子向けのファンタジー映画なの。だから、このキャラクターをもっと女性らしくするには、脱ぐしかなかったのよ。」「ルーカスにはいつも"背筋を伸ばして立って!姫になるんだ!"って念を押されたわ。それで、私はユダヤのお姫様みたいに前かがみになって、猫背でガムを噛むのよ」とフィッシャーはかつて冗談をとばしていた。

「彼女が住んでいた惑星は専属の美容師と一緒にものの数秒で爆発されちゃった」w……Ep.4のレイア姫、そんなにひどい髪形だったかな? Ep.1のナタリー・ポートマンと比べればずいぶんとマシだったと思う。レイアのビキニ姿は見ているこちらも嫌だった。あんなビキニ……あれ、男の子ウケしたんだろうか?





Top 10 Star Wars Moments






Best Han and Leia Moments | The StarWars.com 10


私の中の ”お姫さま(プリンセス)像” が大逆転したのがこの『スター・ウォーズ』のレイア姫でした。エポック・メイキングだった。「こんな薄手の真っ白なロングドレス姿でもマシンガン的な銃をぶっ放し駆けずり回ってもいいんだ!」「お姫さまだからってなにも ”危ないですから後ろに隠れて!” と言われ屈強な男に守られ物陰からハラハラしながら成り行きを見守っているだけじゃなくてもいいんだな!」「お姫さまであっても、その能力がありさえすれば自ら戦闘に加わってもOKなんだ!(「身分を考えて控えめにしなければ……」と自重しなくてもいいんだな)」と、痛快で解放感がありました。

このビデオクリップで第一位になっているシーン、私にとっては『スター・ウォーズ』シリーズ中、最大のハイライト。

スターの両親のもとに生まれながらも ”ガール・ネクスト・ドア” なルックスのキャリー・フィッシャーがこのレイア姫を演じたのは大正解でした。どこからみても完璧なルックスの美人女優が演じていたら、逆に印象に残らなかったと思うな。







『恋人たちの予感』(1989年)

When Harry Met Sally... (1989) - Official Trailer


彼女のフィルモグラフィーを見てみると他にもいくつか出演作を見ているはずなのですが、彼女の出演シーンの記憶があんまり残っていなくて……(これは私側の問題ですが。)







『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)

Star Wars: The Force Awakens - Han and Leia


この『フォースの覚醒』を見たときに、かつてあった ”現役の俳優としての華” がちょっと失われている感じがして、けっこう驚いたのです。(それは加齢による容姿の変貌とは関係無く。)お母さんであるデビー・レイノルズも今だ現役の俳優として活動していますが、80歳を超えているデビー・レイノルズのほうが ”現役の俳優としての華” があるような気がして……。それはキャリー・フィッシャーが文筆作業のほうへも注力していたせいなのかもしれませんけど。それにしても、お母さんより先に逝くとは。高齢になってからの短期間による急激な減量やタイトになったであろうスケジュールの影響があったのかなあ。太りすぎもよくないけど、急に痩せるのも負担はあるかもね。若い頃にやった薬物の影響もあるのか?



タグ:その他

R.I.P.  ジョージ・マイケル George Michael(1963 - 2016)

ジョージ・マイケル(George Michael)(25 June 1963 – 25 December 2016)
本名|Georgios Kyriacos Panayiotou(ヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー )

「ジョージ・マイケル」というのは芸名だったんですね。

------------------------------------------------------------------------------------------

AFPBB News 2016年12月26日付け記事
英歌手ジョージ・マイケルさん死去、53歳 「ワム!」で活躍( ttp://www.afpbb.com/articles/-/3112421 )

【12月26日 AFP】(更新)ポップデュオの「ワム!(Wham! )」で一世を風靡(ふうび)し、ソロでもヒット曲を放ってきた英歌手のジョージ・マイケル(George Michael)さんが死去した。53歳だった。広報担当者が25日明らかにした。広報担当者は声明で、マイケルさんはクリスマスの時期に自宅で安らかに息を引き取ったと発表。「私たちの愛する息子、兄弟、友人であるジョージが亡くなったと認めるのはとても悲しい」と述べた。英BBCは警察の話として、ロンドン(London)近郊ゴリン(Goring)にあるマイケルさんの自宅に25日午後、救急車が向かったと伝えた。警察は現段階では原因不明の死として扱っているが、不審な状況はみられないという。


マイケルさんは1963年にロンドン北部で、ギリシャ系キプロス人の父親と英国人の母親の間に生まれた。高校時代にアンドリュー・リッジリー(Andrew Ridgeley)さんと出会い、1981年にワム!を結成。クリスマスの定番ソングとなった「ラスト・クリスマス(Last Christmas)」や「ケアレス・ウィスパー(Careless Whisper)」などのヒット作を連発した。人気は世界に広がり、1985年には西側諸国の歌手グループとして初となる中国公演も行った。解散後はソロで活動。バンド・ソロ通算40年近くに及ぶキャリアで1億枚を超えるアルバムを売り上げた。しかし近年は公の場所にはめったに姿を見せず、音楽よりも薬物関連の話題などで取り上げられることが多かった。ただ、マイケルさんはインタビューでは私生活について率直に話し、1998年には米ロサンゼルス(Los Angeles)の公園の公衆トイレでわいせつな行為をしたとして逮捕された後、ゲイであることを公表している。2009年には英紙ガーディアン(Guardian)に対し「世間の人は僕のことを、ゲイの相手を求めて公衆トイレに行き、薬物も摂取する悲惨なやつと思いたいのだろう。でも僕はこうしたことを弱みとすら思わない。それが僕という人間なんだ」と述べている。





NHKニュース 2016年12月26日 8時51分
「ワム!」のジョージ・マイケルさん死去( ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20161226/k10010819811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001 )

1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られるイギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなりました。53歳でした。これはジョージ・マイケルさんの広報担当者が25日、明らかにしました。マイケルさんは1963年、イギリスのロンドン郊外で生まれました。1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」や「ケアレス・ウィスパー」それに「ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー」などの世界的ヒット曲を次々と世に送り出しました。1986年の「ワム!」の解散後はソロ歌手として活動し、1987年に発表したアルバム「フェイス」は、世界で1500万枚を売り上げる大ヒットとなり、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の「最優秀アルバム賞」を受賞しました。最近ではおととしソロアルバムを発表したほか、ことしに入ってからも新しいアルバムの制作に向けて準備を進めていたということです。(以下、略)



たくさんの素晴らしい楽曲をありがとう。どうぞ安らかに。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ものすごく若くして成功したんだよなあ。アルバム『Fantastic』ってジョージ・マイケルが二十歳の時のリリースだもの。そして「ワム!」としての活動期間は案外短い。(今、radikoのタイムフリー聞いたら、今朝(2016/12/26)のJ-WAVEで西寺豪太氏も同じようなことを指摘していた。)




アルバム『Fantastic』(1983年)より


『ワム・ラップ!』(シングルリリース 1982年)
Wham Rap! (Enjoy What You Do?)
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)







『クラブ・トロピカーナ』
Wham! - Club Tropicana
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)



--------------------------------------------------------------------------------------------


アルバム『Make It Big』(1984年) より



邦題『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』
(ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー)

Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)







『フリーダム』

Wham! - Freedom (Razzmatazz 1984)
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)


声良し/声量あり/ルックス良し/楽曲を自分で作れる……スターに成るべくして(スターに)なった人だと思う。(でも小さい頃は内気で、学生時代は太り気味だったんですね。相方のアンドリューは学校の人気者だった。)

(2016/12/27 追記)TBSラジオ 荻上チキ『Session-22』を今、タイムシフトで聞いているのですが、西寺さんが「女の子たちはアンドリューの魅力を分かっていた。ワム!にはバディ感がある」と語っていらっしゃるのですが……私、一応女だけど、当時アンドリューの魅力は分からなかったなあ。というか、二人のルックスは正直、そんなに気にしてなかった。







『ケアレス・ウィスパー』

George Michael - Careless Whisper (Official Video)
(YouTube georgemichaelVEVO チャンネルより)




--------------------------------------------------------------------------------------------

『ラスト・クリスマス』(シングルリリース 1984年)


Wham! - Last Christmas
(YouTube WhamVEVO チャンネルより)


こういう代表曲があり、亡くなった日が12月25日(現地日付)……なんという因縁。この曲の場合 Last Christmas は「昨年のクリスマス」を意味するけれど、2016年のクリスマスはジョージ・マイケルにとって「最後のクリスマス」になったということですね。


------------------------------------------------------------------------------------------

アルバム『Music from the Edge of Heaven』(1984年)



邦題『哀愁のメキシコ』(シングルリリース 1986年)
(ホウェア・ディド・ユア・ハート・ゴー?)
※ ウォズ(ノット・ウォズ)(Was (Not Was))のカバー曲


Where Did Your Heart Go?


『ケアレス・ウィスパー』もそうなんだけど、どことなく日本の歌謡曲っぽいんだよなあ。



-----------------------------------------------------------------------------------------

バンド・エイド(Band Aid)へも参加。


『Do They Know It's Christmas?』(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)1984年

Band Aid - Do They Know Its Christmas


デヴィッド・ボウイもいる。



-------------------------------------------------------------------------------------------


Queen & George Micheal - Somebody To Love
(Freddie Mercury Tribute Concert) (20th April 1992)
(YouTube Queen Official チャンネルより)


この動画、2016年12月26日 12:50 現在、視聴回数が2,249,186回。クイーンのオフィシャルチャンネルから出ている公式動画なんだし、もっと見聞きしたほうがいいと思うのですが。これ、もはや伝説化しているシーンだと思うのだけど違うかなあ?






5年前。


Let Her Down Easy
(Live At The Palais Garnier Opera House, Paris, France, 2011)
(YouTube georgemichaelVEVO チャンネルより)


40代に入っても声や声量に衰えが無い。



タグ:その他

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。