So-net無料ブログ作成

2017年(第74回)ベネチア国際映画祭|「ベネチア国際映画祭はNetflixやAmazonなど配信会社を差別しない」|シネマトゥデイ 2017年8月31日付け記事より       

シネマトゥデイ  2017年8月31日付け記事
ベネチア映画祭はNetflixを差別しない!カンヌ騒動にも言及( ttps://www.cinematoday.jp/news/N0094095 )

現地時間30日、第74回ベネチア国際映画祭にて審査員会見が行われ、今年5月にNetflix作品がコンペティション部門に選出され物議をかもしたフランスのカンヌ国際映画祭とは違い、Netflix作品がコンペティション部門に選出されなかったことについて、本映画祭ディレクターのアルバート・バルベーラが語った。 (中略) バルベーラは2015年にNetflix作品『ビースト・オブ・ノー・ネーション』がコンペティション部門に選ばれていたことに触れながら、「2年前は、誰も何も言わなかった」と口を開く


バルベーラは「あのような規制は他の国にはない」と、フランスには映画館を守るためにNetflixなどのオンラインストリーミングサービスでの映画配信が劇場公開後36か月経たないとできない厳密な規制があることを引き合いにだし、カンヌの大論争が特殊なケースであったことを指摘。 (中略) 「NetflixやAmazonは現在、映画製作や配給において大きな役割を担うようになっています。もし、(マーティン・)スコセッシやコーエン兄弟のような、監督たちが彼らと働くと決めたなら、単純に劇場公開されていないからという理由だけで、映画祭のディレクターがそれらの映画を差別する理由が私にはわかりません」と言い切り、今年こそ出品はなかったものの、劇場公開されていない作品もコンペティション部門に選出していく姿勢を見せた。

ベネチアがカンヌに追随したらサイテーだなっと思っていたけれど、やっぱりそうきますよね。「単純に劇場公開されていないからという理由だけで、映画祭のディレクターがそれらの映画を差別する理由が私にはわかりません」ほんと、そのとおり。




共通テーマ:映画

動画配信サービス「U - NEXT」、映画をネットで先行公開《映画『あゝ、荒野』》|日本経済新聞電子版 2017年8月30日付け記事より


日本経済新聞 電子版  2017年8月30日付け記事
U - NEXT、映画をネットで先行公開
(全文を読むには会員登録が必要。会員登録には月10本の記事が読める無料コースもあり)

動画配信のU―NEXTは新作映画を公開前にネットの動画配信サービスで視聴できるようにするサービスを始める。映画館やDVDの販売会社などと協力し、ネットで先行公開した場合の集客への影響など効果を検証する。動画配信業界と映画界との対立が目立つなか、共存の道を探る。


配信する映画は10月7日から公開する「あゝ、荒野」の前後編。9月29日から劇場公開版ではカットされるシーンなども含む完全版を配信する。ネットでは前後編を6回に分け、新しい話を毎週配信する。松竹系などの映画館が賛同し、公開前に配信サービスで見られる状況を作る。


「あゝ、荒野」の制作委員会には、U―NEXTも主な出資者の1社として参加している。この映画をきっかけにU―NEXTが新規顧客を獲得した場合は、制作委員会に同社が一定額の対価を支払う。米ネットフリックスなどに比べ資金力で劣る日本の動画配信事業者にとって制作委員会への参加は独自コンテンツを収集するための鍵になる。

以前、映画『風俗行ったら人生変わったwww』も劇場とネット配信でほぼ同時に公開していましたが、再度こういう形で公開する映画が登場してきたということですかね。好結果が出なければこの方式もまた止めちゃうかもしれませんけど。

外国映画も是非こういうのをお願いしたいところですが、配給だけの(当然制作は行っていない)外国映画だとこの方式は採れないですよね。外国映画の劇場での公開と配信とを(ほぼ)同時に開始し、それで儲けが生じるようにするにはどうしたらいいの? 配給会社と配信会社にいる頭のいい人達たち、考えて!





CNET Japan  2017年8月30日付け記事
U-NEXT、劇場公開に先駆け映画「あゝ、荒野」を先行配信--全6回を見放題で( ttps://japan.cnet.com/article/35106488/ )

劇場版は10月7日に前篇(157分)、10月21日に後篇(147分)の前後篇として公開する。U-NEXTでは9月29日に配信を見放題サービスとしてスタート。全6回に分け、毎週金曜日に更新する。今回の先行配信は、劇場、配信とウインドウごとにユーザーは異なるという仮説を元にプロジェクトを開始し、近くで公開されていない、映画館にいく時間ない、など生活スタイルに合わせた視聴の仕方を提案する。先行配信を記念して、11月30日までに新規加入した人の中から抽選で劇場版前篇の初日舞台あいさつチケットなどをプレゼント。あわせて先着5000人を「あゝ、荒野」完全版第1回のオンライン試写会に招待する。

前篇は157分後篇が147分とは。長い……そりゃ、分割してネット配信に回したくなるよね。原作からしてこのような超長編になるような物語なのだろうか。








『あゝ、荒野』予告編


こういう試みは是非試してみたいところなのですが、U-NEXTだとなあ……。以前は加入していたのですが、定額見放題に案外いい作品がなかった。(今、見放題のラインナップをちょっと見てみると、外国映画の見放題の品揃えは改善しているように思えます。『狩人の夜』やP・T・アンダーソンの『マグノリア』が見放題に入っていた!これらの作品、AmazonビデオやNetflixには無い) 新作や人気作は見放題にはならなくてポイントを使用して見なければならず、月々支給されるポイントだと月当たり2本程度しか新作・人気作を見られない。新作や準新作をもっと見たければ、月額料金(1,990円)に加えポイントに換算するためのお金を余分に払わなくてはならない!という不経済な料金体系なので、やめました。(見放題の作品ばかりを見る人にとっては逆にポイントが余ってしまって無駄使いしているように感じるとのこと。)

Amazonのようにプライム(=見放題)に入っていない作品はその都度料金を支払うという形のほうが分かりやすく、会員にとって精神衛生的によろしいと思うのだけれど。U-NEXTは料金体系を見直す気はないのだろうか。雑誌読み放題もあります!と言っても雑誌を読まない人にとっては必要ないサービスが付随してきて余分に金を取られているような気がするだけだし。「他社より高めの月額料金を顧客に支払わせ、そのうち半額程度をポイントとして支給し、個別に料金が設定されている作品を見させる」という、ややこしい形にしなくてもいいのに。ああいうのは顧客により多くの金を使わせるための手段なのでしょうが、印象悪い。/『あゝ、荒野』は見放題作品に入れるのかポイント使用作品に入れるのか、どっちにするのだろうか?






『あゝ、荒野』公式サイト http://kouya-film.jp/



『あゝ、荒野』(前篇) 157分
配信開始  2017年09月29日
劇場公開日 2017年10月07日


『あゝ、荒野』(後篇) 147分
劇場公開日 2017年10月21日



監督|岸善幸

脚本|港岳彦
   岸善幸

音楽|岩代太郎

主題歌|BRAHMAN「今夜」

撮影|夏海光造

美術|磯見俊裕
   徐賢先

衣装|宮本まさ江

制作・配給|スターサンズ

制作プロダクション|テレビマンユニオン



【出演】
菅田将暉 …… 新宿新次
ヤン・イクチュン …… バリカン建二
木下あかり …… 曽根芳子
ユースケ・サンタマリア …… 堀口/片目
でんでん …… 馬場
木村多江 …… 君塚京子
モロ師岡
高橋和也
今野杏南
山田裕貴
河井青葉
前原滉
萩原利久
小林且弥
川口覚
山本浩司
鈴木卓爾
山中崇




共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ベルギーからの出品作 決定(『ビヨンド・ザ・スピード』)

ベルギー代表作はマティアス・スーナールツとアデル・エグザルコプロス(『アデル、ブルーは熱い色』)出演のミヒャエル・R・ロスカム監督作『ビヨンド・ザ・スピード』(英題|Racer and the Jailbird)に決まりました。


『ビヨンド・ザ・スピード』は2017年(第74回)ベネチア国際映画祭 コンペティション外 部門へ選出されています。



マティアス・スーナールツ主演×ミヒャエル・R・ロスカム監督と言えば『闇を生きる男』ですが、『闇を生きる男』は2011年度(第84回)アカデミー賞外国語映画賞部門へノミネートを果たしています。



ベルギーからの出品作
ビヨンド・ザ・スピード
英題|Racer and the Jailbird
原題(ベルギー題)|Nar baği
  (フランス題)|Le Fidèle
監督|ミヒャエル・R・ロスカム
製作国|ベルギー / オランダ / フランス


IMDb|Le Fidèle
http://www.imdb.com/title/tt2586120/




Le Fidèle - Teaser Trailer


IMDb によるとミヒャエル・R・ロスカム監督の劇場用長編映画は3本あるようですが、マティアス・スーナールツはその3本すべてに出演しているんですね。





Le Fidèle - Officiële Trailer / Bande-Annonce





共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|トルコからの出品作 決定

トルコ代表作は Can Ulkay 監督作『Ayla: The Daughter of War(英題)』に決まりました。



トルコからの出品作
Ayla: The Daughter of War
原題|Ayla
監督|Can Ulkay
製作国|トルコ


IMDb|Ayla: The Daughter of War
http://www.imdb.com/title/tt6316138/




Ayla - Trailer





共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ドイツからの出品作 決定(『女は二度決断する』)

ドイツの代表作は2017年(第70回)カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ選出されダイアン・クルーガーが女優賞を受賞した、ファティ・アキン監督作『女は二度決断する』に決まりました。


ファティ・アキン監督作は2007年度(第80回)にも同国のドイツ代表作(作品|『そして、私たちは愛に帰る』)として選出されています。



ドイツは同部門のノミネート常連国。2000年度以降、受賞2回、ノミネート5回、「最終選考に進む9作品」に残ったのが3回と、好成績をあげています。



ドイツからの出品作
女は二度決断する
英題|In the Fade
原題|Aus dem Nichts
監督|ファティ・アキン Fatih Akin
製作国|ドイツ / フランス
米国配給|マグノリア・ピクチャーズ


IMDb|Aus dem Nichts
http://www.imdb.com/title/tt5723272/




Aus dem Nichts (In the Fade) (2017) - Trailer - German Deutsch


ドイツ国内の配給はワーナー・ブラザース、アメリカの配給はマグノリア・ピクチャーズ。




共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|スウェーデンからの出品作 決定(『ザ・スクエア 思いやりの聖域』)

スウェーデンの代表作は2017年(第70回)カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作であるリューベン・オストルンド監督作『ザ・スクエア 思いやりの聖域』に決まりました。


アカデミー賞外国語映画賞部門のノミネート有力候補として名を挙げられてもおかしくない作品です。でも、今作は英語作品だったはず。(IMDbによると、使用言語は「英語 / スウェーデン語 / デンマーク語」の3つとなっています。) 

英語の台詞が一定割合を超えてしまうと同部門のエントリーを受理されなくなるはずです。そのへんは大丈夫でしょうか。ちょっと心配ですね。



スウェーデンからの出品作
ザ・スクエア 思いやりの聖域
英題/原題|The Square
監督|リューベン・オストルンド Ruben Östlund
製作国|スウェーデン / デンマーク / アメリカ / フランス

使用言語|英語 / スウェーデン語 / デンマーク語

米国配給|マグノリア・ピクチャーズ



IMDb|The Square (2017)
http://www.imdb.com/title/tt4995790/




The Square (2017) - Official trailer #1


アメリカの配給がマグノリア・ピクチャーズってのも不安。この配給会社は今まで賞キャンペーンに熱心ではなかったので。




The Square – New clip (3/3) official from Cannes


猿のような声をあげる上半身裸体の人を演じているのはテリー・ノタリー(Terry Notary)さん。モーション・キャプチャー・パフォーマー&ムーヴメント・コレオグラファー&アクター。『猿の惑星』シリーズ、『ウォークラフト』、『キングコング:髑髏島の巨神』などに出演されているそうです。




このシーン ↓ はこの通り、英語。

The Square Clip | TIFF 2017



----------------------------------------------------------------------


リューベン・オストルンド監督は、『フレンチアルプスで起きたこと』(英題|Force Majeure / Turist)で2014年度(第87回)アカデミー賞外国語映画賞のスウェーデン代表作となり、同部門の「最終選考に進む9作品」に残り(言ってみれば「一次予選突破」というところですね)ノミネートされるかどうか発表の瞬間を迎えた時のビデオが話題にもなりました。


監督のリューベン・オストルンド(Ruben Östlund)とプロデューサーのエリク・ヘンメンドルフ(Erik Hemmendorff)の二人がニューヨークのトランプ・ホテル (!) の一室で発表を待っています。



Swedish director freaks out when he misses out on Oscar nomination.(2015年1月15日)(6分8秒)


ああ、切ない叫び……。『フレンチアルプスで起きたこと』はノミネートの有力候補に挙げられていたから期待がかなり高まっていたはず。でもさぁ、この2年後にはカンヌのパルムドールを獲るんだから。ねぇ。(エリク・ヘンメンドルフは『The Square』でもプロデューサーを務めています)



2014年度(第87回)アカデミー賞 外国語映画賞|ノミネート作品
イーダ(英題|Ida)(ポーランド)
裁かれるは善人のみ(英題|Leviathan)(ロシア)
みかんの丘(英題|Tangerines)(エストニア)
人生スイッチ(英題|Wild Tales)(アルゼンチン)
禁じられた歌声(英題|Timbuktu)(モーリタニア)




共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ドミニカ共和国からの出品作 決定

ドミニカ共和国の代表作は2017年(第33回)サンダンス映画祭ワールド・ドラマ部門へ選出された『Woodpeckers(英題)』に決まりました。


José María Cabral 監督作は2012年度(第85回)にも同国の代表作(作品|Check Mate(英題))として選出されています。



ドミニカ共和国からの出品作
Woodpeckers
原題|Carpinteros
監督|José María Cabral(Jose Maria Cabral)
製作国|ドミニカ共和国


IMDb|Carpinteros
http://www.imdb.com/title/tt5999770/




Carpinteros (Woodpeckers) - Official Trailer(英語字幕付き)
(YouTube Jose Maria Cabral チャンネルより)





共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ネパールからの出品作 決定

ネパール代表作は、2016年(第73回)ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門や2016年(第41回)トロント国際映画祭コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門に選出された『White Sun(英題)』に決まりました。

『White Sun(英題)』は2017年ロッテルダム国際映画祭のKNF賞を競う部門へも選出されています。



ネパールからの出品作
White Sun
原題|Seto Surya
監督|Deepak Rauniyar
製作国|ネパール / アメリカ / カタール / オランダ


IMDb|Seto Surya
http://www.imdb.com/title/tt3638644/




Seto Surya (2016) - Trailer(英語字幕付き)






共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|アゼルバイジャンからの出品作 決定

アゼルバイジャンの代表作は2017年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門へ選出された『Pomegranate Orchard(英題)』に決まりました。


Ilgar Najaf 監督作は2012年度(第85回)にも同国の代表作(作品|『Buta』)として選出されています。



アゼルバイジャンからの出品作
Pomegranate Orchard
原題|Nar baği
監督|Ilgar Najaf
製作国|アゼルバイジャン


IMDb|Pomegranate Orchard
http://www.imdb.com/title/tt7095054/




Nar baği / Pomegranate Orchard - Clip
[ Karlovy Vary International Film Festival (kviff) 2017 ]






共通テーマ:映画

2017年度(第90回)アカデミー賞外国語映画賞|ボスニア・ヘルツェゴビナからの出品作 決定

ボスニア・ヘルツェゴビナの代表作は2017年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭コンペティション部門へ選出され審査員特別賞をはじめ2賞を受賞した『Men Don't Cry(英題』に決まりました。



ボスニア・ヘルツェゴビナからの出品作
Men Don't Cry
原題|Muškarci ne plaču
監督|Alen Drljević
製作国|ボスニア・ヘルツェゴビナ / スロベニア / ドイツ / クロアチア


IMDb|Muskarci ne placu
http://www.imdb.com/title/tt5239558/





Muškarci ne plaču / Men Don’t Cry - Trailer(英語字幕付き)
[ Karlovy Vary International Film Festival (kviff) 2017 ]






共通テーマ:映画