So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アメリカ映画協会(アメリカン・フィルム・インスティチュート / AFI)が選ぶ「2017年の映画トップ10作品」(アメリカ映画協会賞 / AFI Awards) 

アメリカ映画協会(アメリカン・フィルム・インスティチュート / American Film Institute, AFI )は、映画の保存と映画製作のための人材育成を行っている団体で、「AFIが選ぶ、アメリカ映画ベスト100」「AFIが選ぶ、感動の映画ベスト100」等“AFIアメリカ映画100年(AFI 100 Years...)”などを発表しています。



● アメリカ映画協会(アメリカン・フィルム・インスティチュート / American Film Institute / AFI)公式サイト内での発表(2017/12/07付け)
Here Are the AFI AWARDS 2017 Official Selections




アメリカ映画協会が選ぶ「その年のベスト10作品」はアメリカの作品から選ばれるものなので、他国製作の作品は入りません。外国語作品であってもアメリカ製作作品なら(アメリカと他国の共同製作作品も)リストに入りますし、英語作品でもアメリカ以外の国で製作されたものは入らない、ということになっています。(ただし、過去のラインナップをみると、規則や規定はあるもののその運用は弾力的であるように思えます。)



● アメリカ映画協会(アメリカン・フィルム・インスティチュート / American Film Institute / AFI) 公式サイト(トップページ) AFI.com


-------------------------------------------------------------------------------------------

2017年度 アメリカ映画協会(American Film Institute, AFI )が選ぶ、
「今年の映画10作品」(アメリカ映画協会賞) 
(AFI Awards 2017)



【2017年:今年の映画トップ10】 AFI’s Ten Films of the Year 
(英題のアルファベット順)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
英題|The Big Sick



君の名前で僕を呼んで
英題|Call Me by Your Name



ダンケルク
英題|Dunkirk



フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
英題|The Florida Project



ゲット・アウト
英題|Get Out



レディ・バード
英題|Lady Bird



ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
英題|The Post



シェイプ・オブ・ウォーター
英題|The Shape of Water



スリー・ビルボード
英題|Three Billboards Outside Ebbing, Missouri



ワンダーウーマン
英題|Wonder Woman






【2017年:今年のTV番組トップ10】 AFI TV Programs of the Year 
(英題のアルファベット順)

ビッグ・リトル・ライズ
英題|Big Little Lies



ザ・クラウン
英題|The Crown



フュード/確執 ベティ vs ジョーン
英題|Feud: Bette and Joan



ゲーム・オブ・スローンズ
英題|Game of Thrones



グッド・プレイス
英題|The Good Place



侍女の物語
英題|The Handmaid's Tale



インセキュア
英題|Insecure



マスター・オブ・ゼロ
英題|Master of None



ストレンジャー・シングス
英題|Stranger Things



THIS IS US 36歳、これから
英題|This Is Us





【AFI 特別賞】 AFI Special Awards

The Vietnam War(英題)






2017年度は「女性」をテーマとしている模様。

AFI AWARDS 2017 March Of Time



-------------------------------------------------------------------------------------------

リスト入りしなかった主な作品(映画部門)

マッドバウンド 哀しき友情
英題|Mudbound


ベイビー・ドライバー
英題|Baby Driver


ファントム・スレッド
英題|Phantom Thread


一応、漏れるのが不思議という作品を挙げてはみたものの「ほどんど無い」という状況。この1年を代表する作品が易々と10作品のなかに収まってしまうほど、劇場用映画に ”品不足” 感があるということかも。



タグ:映画賞