So-net無料ブログ作成

2018年トロント国際映画祭|受賞結果 発表

2018年(第43回)トロント国際映画祭の受賞結果が発表になりました。




●公式サイトでの発表  2018/09/16付け
Announcing the TIFF '18 Award Winners




トロント国際映画祭では一応、『観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)』が同映画祭の最高賞とみなされています。

また、トロント国際映画祭は長らく ”コンペティションを行わない映画祭” でしたが、2015年にコンペティションを行う「Platform(プラットフォーム)」部門が創設されています。

ですから、もう ”コンペティションの無い映画祭” ではありません。

……が、コンペを行うプラットフォーム部門に選出されるのは主にアート系映画であり、また同部門は創設されてからまだ日も浅く、今後も長く存続していくか未詳でもありますので、「トロント国際映画祭の最高賞=(長編作品に対する)観客賞」という認識は変わっていません。



なお、観客賞には
 ●「ドキュメンタリー作品に対する観客賞」
 ●「ミッドナイト・マッドネス部門へエントリーされた作品に対する観客賞」
 ●(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)
  「(長編作品に対する)観客賞」
の3種があり、通常、トロント国際映画祭の最高賞とみなされるのは(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の)「(長編作品に対する)観客賞」になります。

国際映画批評家連盟賞 等の併設賞は、それぞれの賞を授与している団体に所属しているメンバーにより選出されます。




2018年(第43回)トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)は(現地日付で)2018年9月6日から9月16日まででした。



● トロント国際映画祭 (Tiff.'18) 公式サイト
  http://www.tiff.net/tiff/


● You-Tube トロント国際映画祭 (Tiff.'18) チャンネル
 https://www.youtube.com/user/tiff


-----------------------------------------------------------------------------------------

2018年(第43回)トロント国際映画祭 受賞結果
(Toronto International Film Festival)



(ドキュメンタリー作品&ミッドナイト・マッドネス部門エントリー作品以外の長編作品が対象の)
観客賞(一般的に、トロント映画祭の最高賞とみなされている)
Grolsch People’s Choice Award 〔Grolsch はスポンサー名〕

Green Book(英題)(ガラ・プレゼンテーション部門)
監督|
製作国|
米国配給|ユニバーサル・ピクチャーズ Universal Pictures



次点 Runners-up

次点|第一席 First Runner-up

If Beale Street Could Talk(英題)(スペシャル・プレゼンテーション部門)
監督|バリー・ジェンキンズ Barry Jenkins
製作国|アメリカ
米国配給|アンナプルナ・ ピクチャーズ Annapurna Pictures




次点|第二席 Second Runner-up

ROMA/ローマ(スペシャル・プレゼンテーション部門)
英題|Roma
監督|アルフォンソ・キュアロン Alfonso Cuarón
製作国|メキシコ / アメリカ
米国配給|ネットフリックス Netflix


-----------------------------------------------------------------------------------------


ドキュメンタリー作品 観客賞
Grolsch People’s Choice Award For Documentary
〔Grolsch はスポンサー名〕

Free Solo(英題)
監督|エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ Elizabeth Chai Vasarhelyi
   ジミー・チン Jimmy Chin
製作国|アメリカ
米国配給|National Geographic Documentary Films




次点 Runners-up

次点|第一席 First Runner-up

This Changes Everything(英題)
監督|トム・ドナヒュー Tom Donahue
製作国|アメリカ




次点|第二席 Second Runner-up

The Biggest Little Farm(英題)
監督|ジョン・チェスター John Chester
製作国|アメリカ


-----------------------------------------------------------------------------------------


ミッドナイト・マッドネス部門 観客賞
Grolsch People’s Choice Award For Midnight Madness
〔Grolsch はスポンサー名〕

The Man Who Feels No Pain(英題)
原題|Mard Ko Dard Nahin Hota
監督|ヴァサン・バラ Vasan Bala
製作国|インド




次点 Runners-up

次点|第一席 First Runner-up

Halloween(英題)
監督|デヴィッド・ゴードン・グリーン David Gordon Green
製作国|アメリカ




次点|第二席 Second Runner-up

Assassination Nation(英題)
監督|サム・レヴィンソン Sam Levinson
製作国|アメリカ


-----------------------------------------------------------------------------------------


プラットフォーム部門 プラットフォーム賞 Platform|Platform Prize
※ プラットフォーム部門はコンペティションを行う部門。

審査員|イ・チャンドン Lee Chang-dong
    タル・ベーラ Béla Tarr
    ミーラー・ナーイル Mira Nair



Cities of Last Things(英題)
原題|Xing Fu Cheng Shi/幸福城市
監督|Ho Wi Ding(何蔚庭)
製作国|台湾 / 中国 / フランス / アメリカ




オナラブル・メンション Honorable Mentions

ザ・リバー(2018年 [第31回] 東京国際映画祭での邦題)
英題|The River
原題|Ozen
監督|ミール・バイガジン Emir Baigazin
製作国|カザフスタン / ポーランド / ノルウェー


-----------------------------------------------------------------------------------------

【カナダ製作映画関連】


カナダ製作映画賞
Best Canadian Feature Film

The Fireflies Are Gone(英題)
仏題|La disparution des lucioles
監督|Sébastien Pilote
製作国|カナダ




カナダ製作映画賞(第一回監督作品限定)
City of Toronto Award For Best Canadian First Feature Film

Roads in February(英題)
仏題|Les routes en février
監督|Katherine Jerkovic
製作国|カナダ


-----------------------------------------------------------------------------------------

【短編映画関連】


カナダ製作短編映画賞 Short Cuts Award for Canadian Short Film

Brotherhood(英題)
(Ikhwène)
監督|Meryam Joobeur
製作国|カナダ / チュニジア / カタール / スウェーデン




カナダ製作短編映画:オナラブル・メンション Best Canadian Short Film, Honorable Mention

Fauve(原題)
監督|Jérémy Comte
製作国|カナダ




国際短編映画賞 Short Cuts Award for International Short Film

The Field(英題)
監督|Sandhya Suri
製作国|フランス / インド



国際短編映画:オナラブル・メンション Honorable Mention(2作品)

Fuck You(英題)
監督|Anette Sidor
製作国|スウェーデン


This Magnificent Cake(英題)
原題|Ce magnifique gâteau!
監督|Emma De Swaef
   Marc James Roels
製作国|ベルギー / フランス / オランダ


-----------------------------------------------------------------------------------------


以下の賞は観客の投票ではなく、それぞれ「国際映画批評家連盟」「NETPAC」 という組織に所属しているメンバーにより選出されています。

国際映画批評家連盟賞 ←←← 国際映画批評家連盟
NETPAC(ネットパック)賞 ←←← NETPAC(Network for the Promotion of Asian Cinema)



トロント国際映画祭:国際映画批評家連盟賞(スペシャル・プレゼンテーション部門限定)
Prizes of the International Critics (FIPRESCI Prize) for Special Presentations Section

Skin(英題)
監督|ギュイ・ナッティヴ Guy Nattiv
製作国|アメリカ




トロント国際映画祭:国際映画批評家連盟賞(スペシャル・プレゼンテーション部門限定):オナラブル・メンション
FIPRESCI Special Presentations, Honourable Mention

A Faithful Man(英題)
監督|ルイ・ガレル Louis Garrel
製作国|フランス





トロント国際映画祭:国際映画批評家連盟賞(ディスカバリー部門限定)
Prizes of the International Critics (FIPRESCI Prize) for Discovery Section

Float Like a Butterfly(英題)
監督|Carmel Winters
製作国|アイルランド




トロント国際映画祭:国際映画批評家連盟賞(ディスカバリー部門限定):オナラブル・メンション FIPRESCI Discovery Prize, Honourable Mention

Twin Flower(英題)
原題|Fiore gemello
監督|Laura Luchetti
製作国|イタリア





トロント国際映画祭:NETPAC(ネットパック)賞 - (最優秀アジア映画)
NETPAC Award for Best Asian Film(アジア映画が対象)
〔NETPAC …… Network for the Promotion of Asian Cinema の略〕

The Third Wife(英題)
監督|Ash Mayfair
製作国|ベトナム




トロント国際映画祭:NETPAC(ネットパック)賞:オナラブル・メンション
Netpac Award, Honourable Mention

The Crossing(英題)
監督|Bai Xue



-----------------------------------------------------------------------------------------


オーデンティア賞(女性監督に対する賞)
Eurimages Audentia Award for Best Female Director
〔Eurimages(=The Council of Europe’s Eurimages Fund) はスポンサー名〕

Fig Tree(英題)
監督|Alamork Davidian




オーデンティア賞:オナラブル・メンション
Eurimages Audentia Award, Honourable Mention

Phoenix(英題)
監督|Camilla Strøm Henriksen


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【トロント国際映画祭 観客賞(People's Choice Award)受賞作一覧】
http://en.wikipedia.org/wiki/Toronto_International_Film_Festival


これを見ると分かる通り、観客賞を受賞した作品が必ずしもアカデミー賞作品賞を受賞しているわけではないのです。2000年以降昨年度までにトロント映画祭観客賞を受賞し同時にアカデミー賞作品賞も受賞した作品は3作品のみ(=18回のうち3回)です。「トロント映画祭観客賞受賞→アカデミー賞作品賞受賞」という作品ばかりが強調されますが、毎年必ずしも受賞に直結しているわけではありません。

ただし、ここ10年に限定してみると2009年度(第82回)以降は作品賞ノミネート数が拡大した影響もあってトロント観客賞受賞作は(アカデミー賞作品賞受賞は無理でも)かなりの高確率でノミネートを果たしています。2008年度(第81回)以降、非英語作品である1作品を除いてトロント映画祭観客賞受賞作はすべてがアカデミー賞作品賞にノミネートしています。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。